個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

とても初歩的で基本的な質問で大変恐縮なんですが、、

太郎さんは、父から100万円、母から100万円、祖父から100万円、祖母から100万円それぞれ贈与を受けました。
その年の贈与は、その合計額400万円しかありません。
贈与税は「0円」、でいいですよね。
まさか合計額(400万円-110万円)=290万円に贈与税率を…なんてことにならないですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>まさか合計額(400万円-110万円)=290万円に贈与税率を…なんてことにならないですよね。


いいえ。
その「まさか」が正解です。

お父様、お母様の年齢が65歳以上なら「相続時精算課税」が使えますので、それを使えば200万円には贈与税はかかりませんが…。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さまご回答ありがとうございます。

ややこしくならないよう「暦年贈与」に限定して話したいのですが、
完全に一対一で判定と勘違いしていました。
これ、数年前までは「一対一」だった、、、ということないでしょうか。

お礼日時:2009/11/07 16:02

No.13です。



>これ、数年前までは「一対一」だった、、、ということないでしょうか。
いいえ。
そんなことはありません。

「相続時精算課税」の場合は、贈与者ごとに2500万円の特別控除があります。
でも、これは1年ではなく一生涯にわたっての控除額です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2009/11/08 12:25

 贈与税の計算は、まず、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の価額を合計します。

(国税庁のサイトより)

 税額は、
(400万ー110万)×0.15-10万=33.5万
 335000円です。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm
    • good
    • 0

まさか?の方が正解です

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング