個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

貸借対照表に減価償却累計額が表記されている場合に、固定比率や固定資産回転率を求めるときは、固定資産の額から減価償却累計額を引いた上で計算しなければならないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

貸借対照表上に累計額があれば、減価償却費の計上が間接法ですのでおっしゃるとおりです。



直接法で、注記で累計額をただ表示している場合は、控除の必要がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は、後段の方(別表で累計額を表示している場合)の貸借対照表があり、どうしたらよいか迷っておりました。累計額を注記で表示している場合は、貸借対照表ではそれを控除済みということなのですね。どうも有り難うございました。

お礼日時:2009/10/26 09:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング