マンガでよめる痔のこと・薬のこと

はじめまして。
当方自作PC(MB:ASUS・P5K)のハードディスクを増設しようと考えて、IDE延長ケーブルを購入しました。ところが、既存のケーブルと購入した延長ケーブルのコネクタ部分を見て愕然・・。延長ケーブルのピン数が多いんです。そこで、延長側のピンをペンチで折り曲げて既存のケーブルに接続が完了。恐る恐る起動しましたが、動作しています。この場合、ハード系にダメージを与えるのか?はたして大丈夫なのか?詳しい方、ご伝授をお願いします。

A 回答 (2件)

一応ケーブルは45センチまでということになっていたのではなかったかな? (それ以上は誤動作の原因になるかもしれないです。



それとピン数が多いというのは真ん中あたりのピンのことでしょうか?
そうであれば古いタイプのケーブルなのかもしれません。そういうケーブルを使うとデバイスの認識がおかしくなることもありますね。
http://www.atmarkit.co.jp/fpc/pchints/011choisid …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。いろいろ考えた結果、ATA133対応 80cmのロングケーブルに換装しました。ちなみにATA133対応延長ケーブルはどのPCショップで探しても結局ありませんでした・・

お礼日時:2009/10/27 07:21

文章だけだと、どういう物かピンときませんけど。


40Pinのコネクタ全てにピンが生えてたという事でしょうか?
そうであれば、単に誤挿入防止タイプでない物であるだけなので不要な(干渉する)ピンを折り飛ばして使用しても何ら問題はありません。
しかし、「折り曲げて」というのがちょっと気になります。
コネクタ外形やサイズは同じ物で、中の1Pin分が余分に付いてたという事ですよね。

この回答への補足

ご一報有難うございます。
→40Pinのコネクタ全てにピンが生えてたという事でしょうか?
その通りです。
最初はピンをニッパー等で切断したかったのですが、なかなか難しくて断念。結局、ピンを折り曲げ尚且つ、他のピンや穴に接触しない用に”曲げた”だけです。

補足日時:2009/10/26 12:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にします。有難うございました。

お礼日時:2009/10/27 07:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIDE延長ケーブルを挿してから、HDDが焦げ臭い。

HDDをPCが認識しない上に、焦げ臭くなりました。
何が悪かったの?HDDは、もしかして壊れた?

Aベストアンサー

起動ドライブか増設ドライブか不明ですが、見当違い
でしたらごめん。

>補足なんですが、どうやらケーブルの差込方向を間違
>えたようなのです。
>ちなみに方向を間違えるとHDDは壊れると断定して
>よいですか?

当方もうっかりミスでHDDのIDEフラットケーブルを逆差し
した事がありますが、HDDの認識以前の問題でBIOS画面すら
起動出来なかったよ。
(ASUS A7N8X-Eマザーでの起動ドライブです)

PCケース内のラックがブラインド状態ですと、HDDのIDE
コネクタに切込みがあっても柔いプラスチックですから
逆差しで入ってしまうんですよね。

理由が中々わからず苦慮しましたが、フラットケーブルを
正常に繋ぎ変えたら何ら問題なく復旧しました。
(電源4ピン間違いでなく信号ケーブルだから大丈夫かも)

「IDE延長ケーブル」は好ましくないと思うので標準的な
IDEケーブルにして確認、HDDのジャンパ設定がプライマリ
&マスタ又はスレーブになってるか再確認する事ですね。

QIDEドライブのフラットケーブル自作コネクタ

10GB制限のある古いMTR基盤に、50pin SCSIのスロットがありまして、そこから 50pinSCSIフラットケーブルを通じ、さらに変換コネクターを介し 2.5incHDD(44pin)が繋がれている現状なのですが・・

44pin > 40pin変換コネクターを使って、UATA100・120GBの3.5インチHDDを取り付けてみましたところ、予想外にフォーマットも録音再生もできていました。静穏度や取り扱い速度も非ではないようです。

50pin SCSIのケーブルを切断して、40pin IDEのコネクターを取り付けたく考えています。

電源用の電圧が何処に来ているのか分かりませんが、多分、5Vでしょうから、3.5インチHDDを動かすには不足しますので、USB外付けHDD用のものを用いて、外部電源としてみようと考えています。

電子部品やさんをあたってみたのですが、正式名称も分かりませんし、何処にもありませんでした。40pin(40芯か80芯かは不明)フラットケーブル用の「自作コネクター」を取り扱っているお店などがありましたら、教えて頂けますと助かります。

10GB制限のある古いMTR基盤に、50pin SCSIのスロットがありまして、そこから 50pinSCSIフラットケーブルを通じ、さらに変換コネクターを介し 2.5incHDD(44pin)が繋がれている現状なのですが・・

44pin > 40pin変換コネクターを使って、UATA100・120GBの3.5インチHDDを取り付けてみましたところ、予想外にフォーマットも録音再生もできていました。静穏度や取り扱い速度も非ではないようです。

50pin SCSIのケーブルを切断して、40pin IDEのコネクターを取り付けたく考えています。

電源用の電圧が何処に来て...続きを読む

Aベストアンサー

以前はフラットケーブル用のコネクタはいくらでも入手できましたが、最近はそういったお店が少なくなってしまいました。秋葉原の東京ラジオデパートの1Fのケーブル店、B1の中古PC店あたりにあるのではないかと思います。
貴殿のおっしゃる通り、50Pinのコネクタを使っているが、配列はIDEというのは事実だと思います。現にIDEのHDDが動いているので。
コネクタが入手できないときは、IDE(ATAPI)接続のCD/DVDドライブ用のケーブル(40Pin、40芯)を購入して、コネクタを取り外して使います。コネクタの両サイドにあるフックを尖ったものを使って慎重に外し、コネクタのボディ部分とケーブルを押さえている部分を離します。フックはもろくて折れやすいので注意してください。
分解したらケーブルをむしり取り、そこに50芯のケーブルから40芯だけ選び出した部分を載せ、ケーブルを押さえる方の部分を載せて、プライヤで圧着します。圧着する前に、ケーブルを前後に動かしてなじませ、コネクタとケーブルの芯線の位置がぴったりとくるようにします。
プライヤを使うと、コネクタ全体に均等に力を加えることはできないので、挟む場所を右、左、中と変えてながら、少しづつ押さえていきます。コネクタを傷つけないようにプライヤの先にテープでも巻いておくといいと思います。ペンチは、大きく開かないし、押さえが平行にならないのでうまくいきません。
40Pin-80芯のケーブルはこのような荒っぽい工作では隣の芯線を踏んでしまってまことに難しいです。コネクタは40Pinですが、ケーブルを圧着する部分は3列になっていて、間隔が狭いのです。
ATA66以後は、40Pin-80芯のケーブルを使うようになっているようですが、長さが短ければ40Pin-40芯でも使えます。

以前はフラットケーブル用のコネクタはいくらでも入手できましたが、最近はそういったお店が少なくなってしまいました。秋葉原の東京ラジオデパートの1Fのケーブル店、B1の中古PC店あたりにあるのではないかと思います。
貴殿のおっしゃる通り、50Pinのコネクタを使っているが、配列はIDEというのは事実だと思います。現にIDEのHDDが動いているので。
コネクタが入手できないときは、IDE(ATAPI)接続のCD/DVDドライブ用のケーブル(40Pin、40芯)を購入して、コネクタを取り外して使います。コネクタの両サイドに...続きを読む


人気Q&Aランキング