人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

以前から左足の足の裏に水泡が出来ていたのですが、(夏の間だけ)痛くも痒くもなかったので、いつも潰していましたが、最近2週間ほど前から数も多くなって歩くにも違和感が増すようになってきました、又潰すと腫れて痛みを感じるようになって歩行困難な状態になっています。日本に住んで居た時は冬になると自然に消えてしまいましたが、ここフリピンは一年中夏なので消えることがありません、病名と対象方法が有りました教えていただきたくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

おそらく水虫です


皮膚科に行きましょう、先生が皮膚の一部を取り顕微鏡で見て、菌がいれば決定です、乾燥した状態でも判断できるみたいです。

薬を塗ってればすぐ治ります(ついでに踵なんかが角質で硬くなっているのも治るでしょう(その薬を出されればですが))

恥ずかしがらず、行きましょう
    • good
    • 1

竹酢液または木酢液を試してください。



"竹酢液 水虫" 或いは
"木酢液 水虫" と左上の検索窓に入力すると多くの人の回答が出てきます。

一番簡単なのは、脱脂綿にたっぷり浸して足全体につけ、しばらく乾くのを待つやりかたです。
軟膏のようにべとついたりせず、一番安くて確実です。
そちらにも有るかも知れませんね。
    • good
    • 0

質問者さんと同じような症状で20年位完治しないで困っています。


あちこちの皮膚科に診てもらっても水虫菌はいないという診断で、2か所の医師よりリンデロン-VGという軟膏を処方されました。
私の場合は時々ですが、場所は足の裏側や側面の硬い皮質部にも水泡ができるので潰して軟膏をぬると1-2日で皮が白くなってめくりやすくなるのではがします。
多分、hiro200812さんの記述されているのが当っていると思います。
あまりその部分を刺激すると腫れて痛みが出ます。
現地の医者の診断を受けられたら如何でしょうか。
    • good
    • 1

No.1の回答補足への回答です。



セブ市内の大学病院に皮膚を扱う診療科はありませんか。
水虫は命にかかわる病気ではないので、
帰国した際に受診してはどうですか。
苦しみに耐えかねてのご相談とは思いますが、
近々帰国の予定があれば日本国内の
『皮膚科』に行かれてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

了解です!こちらの病院は病院内に専門医がスペースを間借りして開業しているので、非常に解りにくいので!いずれにせよ、有難う御座いました!今日にでも病院に行って見ます!

お礼日時:2009/10/27 10:35

水虫の『水疱型』タイプかもしれません。


そうだとすれば患部の潰れた汁から他人に感染すると思われます。
似た症状で汗疱(かんぽう)や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)という病気があります。
どちらも水疱型水虫と間違えやすく、前者は夏になりやすく後者は季節を問いません。
自分で治そうにも判断できないので、皮膚科にて診断、治療したほうがよさそうです。
市販の水虫薬を試してみるのも一案ですが、自己診断は無意味どころか悪化させる危険性もあるので
おススメできません。

この回答への補足

フィリピンなので、何処の医者に行っていいのか解りません?(CEBUです)

補足日時:2009/10/26 16:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q足の裏側に出来た水泡が増えて行く

足の裏側(土ふまずより指側)に1ヵ月程前に、ポツンと小さな水泡が出来て、それが、どんどん大きくなってきて、その周りにも小さな水泡が出来てきたので、大きな水泡を針で刺したら、黄色い水が出てきました。そこにサビオを張っておいたら周りに又小さな水泡が出来てきて、今では水泡同士が繋がって大きな水泡になってしまいました。針で刺した水泡は皮がむけて新しい皮ができています。最初に小さな水泡が出来る前にも足の小指の外側に水泡が出来ていましたが、それは硬くなって治ってしまったので、今回の水泡も硬くなると思っていたら、こんな状態になってしまいました。痛くも痒くもないのですが、どんどん広がっていくような気がします。歩くと痛い状態です。足の指の間には時々水泡が出来る事はあったのですが、足の裏は初めてです。水泡は潰さないで、医者に行ったほうがいいのでしょうか。医者に行くとすると皮膚科でいいのでしょうか。わかる方がいたら教えて下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

針で刺すのは辞めておいたほうが良いかと思います。

皮膚の異常ですから、皮膚科の受診でよいかと思います。

普通に水虫のようなものなら良いのですが、別の病気かもしれませんし。


一人でお悩みのようですから、その病気に関わらず、一般論としての

私の成功?w体験をご参考までに。


水虫だと診断されたら、内科に行くのも手です。

私の場合は、皮膚科で診断された後、

内科にいったらそちらも診てもらえて、

同じ様に診断をしてくれました。

顕微鏡をもっている内科のお医者さんでした。

二十年以上悩んでいた水虫が3ヶ月くらいで治りました。

足の裏が真っ白になって、

水泡があちこちにでき、足の弓の間に皮膚がいつもボボボロ、カサカサ。

角質化が進んでしまい、皮膚が分厚くなり、相当酷かったですね。

これの始まりが、質問者さんに言う水疱みたいなものからです。

直径1mmくらいの小さいモノが出来て、それが固まっていくつか。

出来たり、消えたりしていて気にしていなかったんです。

それが段々と酷くなっていきました。


今では、本当に綺麗にツルツルになってます。

皮膚科に何度も通ったのですが、あまり改善しなかったので、

水虫は強くて治り辛いと信じており、諦めておりました。

手で触ったあとに、体の別の部分に触ると、そこにも移ります。

非常に面倒なものでした。



内科にいったとき先生が教えてくれたのは、

水虫の場合は、内科に相談するのが本当はよいそうです。

というのは、血糖値が高いと、水虫やその他雑菌による感染が直り辛いからだそうです。

採血をして、バランスがどう崩れているか調べていただき、

他の科の受診も指示された後、治療計画を作ってもらいました。

根本原因が他にあると、そこも一緒に治さないと悩みが消えません。

水虫が内服薬であっという間に治ってしまい、感動し、痛感しました。

しかし、強力な治療をしている以上、どんな病気があって、どんな投薬をしているか、

専門医が味方になって自分を診てくれている状態じゃないといけません。


せっかくですから他例を挙げますと、

うつ病じゃないかと悩んでいたときも、

これを救ってくれたのが健康診断から産業医(会社所属の医師)です。

原因が無呼吸症候群でした。

こちらもそこに手を打ったとき、綺麗に全てが改善したのを覚えています。


また昨今では成人病対策について内科のほうで手厚く準備をしています。

病院の数が減ったせいでしょうか、

昨今の開業医は、病院と変わらない診断と治療をじっくりとやってくれます。

医療器具もコンパクトになり、色んな検査が出来るようです。



定期健康診断や人間ドックという発想は昭和ぽいなと思いました。

信頼できる主治医を選び、一月に一回くらいの頻度で軽い相談をする。

すると、ちょっとした会話から検査に進み、隠れた病気を見つけてくれたり、

一般で噂される病気ではないと安心させてくれたりします。

また(私の性格まで考えて)、モチベーションがあがるための方法を考えてくれます。


虫歯で悩んでいたんですが、これにも手をうってくれる。

もちろん歯科医の治療が必要ですが、

痛み、膿み、そうした部分が普通より酷いのかどうかを医者のほうが知っており、

本来の痛み、本来の治癒力に戻してくれるので、

これについても「別の体調の特質が原因である」というのが痛感されました。


色んな人が不摂生を注意して、諭してくるのですが、

「注意して本人が出来ていたら、ここにきていない」

と良く分かっていてくれて、

「xxさんの場合は、それは関係ないです。むしろこれです。」

とデータをもとに教えてくれます。


人一番いい加減に生きていますが、相当な安心感を得ています。


昭和の人は、節制を続け、人間ドックで大病がないか調べる。

しかし昨今は医療機関の変革と意識改革が進んでいますから、

治療ではなく予防に力が入っています。

病気でないと知っていても、一月に一回は、自分の状態を話しに行き、

そこでデータベースに蓄積する。

主治医のサポートを受けながら、病気をする前に一緒に戦うのが大事です。


どこまで凄いかというと、

普通の会話で暑くてだるいという話をしましたら、

体温が下がる漢方を処方してくれました。

これが相当効きます。

また、不眠、肥満、過食など、普通じゃないか?と思える部分でも、

原因がどこにあり、どこに手をうつと良いか、薬を飲む時間まで指定して、

それが何故なのか? 一人の人間の生活スタイル、習慣をもとに教えてくれます。


夜寝る前に胃薬を飲むことで、胃の上側の胸焼けが防げるそうです。

これで口臭の原因になる、胃の不調などが防止できる。

これも会話の中で教えてくれました。


こうした細かい部分から全体の体調を作り上げ、

どんなに自分が不摂生をしても、車のディーラーのように完璧に戻してくれる。



いっぺんに集中して人間ドックのようなものに通うよりも、

定期的に通って自分の情報を与えるのが本当に効果があるようです。


いまは、皮膚の異常かもしれませんが、

これを切っ掛けにして、最新の医療、おまかせ健康維持スタイルをお試ししては

いかがでしょうか?


ちなみに暴飲暴食を続けて、運動もしていませんが、

人に痩せて来たといわれてびっくりしました。

先生に聞いたら、

「モチベーションをあげるために、そうした効果もある治療にしていました」

と言われて驚きました。


根性や自己を律して思い悩む時代ではない。

これは前から言われてきました。

いまはやっと科学と専門家のサービス精神が結びついて良いものに変わっています。


是非ご参考にしてください。

針で刺すのは辞めておいたほうが良いかと思います。

皮膚の異常ですから、皮膚科の受診でよいかと思います。

普通に水虫のようなものなら良いのですが、別の病気かもしれませんし。


一人でお悩みのようですから、その病気に関わらず、一般論としての

私の成功?w体験をご参考までに。


水虫だと診断されたら、内科に行くのも手です。

私の場合は、皮膚科で診断された後、

内科にいったらそちらも診てもらえて、

同じ様に診断をしてくれました。

顕微鏡をもっている内科のお医者さんでした。

二十年以...続きを読む

Q足の裏に水疱・・・水虫ではなくてあせも!そんなものあるの?

7~8年前から、夏になると左足に小さな水疱が出来るようになり、痛くも痒くもなかったので気にしていなかったのですが、年々水疱の出来る範囲が広くなっていき、(当初は指の間や爪の脇などに出来ていて、現在はかかとや足の裏の側面、時々は土踏まずにも出来る)痒くない水虫もあると知りもしかして水虫?と思い市販の水虫薬を使いました。一月半ほど毎日使用して多少水疱自体が小さくなってきたものの完全にはよくならず、まだほんの小さな水疱が見られます。長年菌を保有していて外用薬くらいのことでは治らないのかな?と思い皮膚科を受診し検査してもらいましたが、菌は見当たらないと言われ念のため左足のいたるところの皮膚を検査したのですが、やはり菌は見当たらないから足に汗をかきやすい人に時々みられるあせものようなものじゃないか、と言われました。
もしくは、薬が効いていて表面に菌が現れていないのかも、でも水虫が7、8年もたっていれば症状はもっと悪化しているはずとも言われ、見た感じキレイだから今の様子では放っておいてもよいとのことでした。
確かに私は手足が汗ばみやすいのですが、右足は全く出来たことがなく左足のみというのも気になります。
足の裏に出来る水疱のようなあせもは、ほんとに存在するのでしょうか?
また、もし水虫だったとしてまだ水疱が見られるのに薬が効いていて表面に水虫の菌がいないってことはあるのでしょうか?もしそうなら、一般的に病院で水虫が完治しているかどうかの判断はどのようにされているのでしょう・・・皮膚内部まで調べるのですか?
水虫ではないという確信がもてないため使用していた市販の水虫薬をその後も使用し続けていますが、もし水虫ではなかった場合何か問題があるでしょうか?
水虫の可能性があるなら是非完治させたいので、場合によっては別の皮膚科を受診したほうがよいかとも思っていますが・・・。

7~8年前から、夏になると左足に小さな水疱が出来るようになり、痛くも痒くもなかったので気にしていなかったのですが、年々水疱の出来る範囲が広くなっていき、(当初は指の間や爪の脇などに出来ていて、現在はかかとや足の裏の側面、時々は土踏まずにも出来る)痒くない水虫もあると知りもしかして水虫?と思い市販の水虫薬を使いました。一月半ほど毎日使用して多少水疱自体が小さくなってきたものの完全にはよくならず、まだほんの小さな水疱が見られます。長年菌を保有していて外用薬くらいのことでは治ら...続きを読む

Aベストアンサー

「あせもみたいなもの」というのは「汗疱(カンポウ)」のことを言われたのではないでしょうか。
水虫とよく間違えるのは、汗疱、掌蹠膿胞症(ショウセキノウホウショウ)です。
誤診されてる方も多いと聞きます。
水虫との違いは菌が居るかどうかですね。
調べるには皮膚の一部を顕微鏡で見ることです。
菌がいなかったら水虫ではないでしょう。
この顕微鏡で見ずに診断をする皮膚科医も居るので、この点は気を付けてください。
ただ、汗疱、掌蹠膿胞症は少し症状が進まないと診断を出すことが難しいようです。
汗疱は文字の通り汗に関するもの。
掌蹠膿胞症は別物です。
どちらも水泡のようなものが出てきます。

私は掌蹠膿胞症のほうです。これは皮膚科と内科のお世話になることになると思います。
(他には扁桃腺で耳鼻科、金属アレルギーで歯科)
でも、貴方は掌蹠膿胞症ではないような気がしますが?
見てはいないので鵜呑みにしないでください。
季節によって出てくるということ(汗が出てくるようになる季節)、あせもみたいなものと言われたこと、菌がないといわれたこと、これらで汗疱のようだと思いましたが?

私自身、足に出てきて同じように水虫?と思いました^^;
親の水虫の薬をつけてましたがすぐに違うことがわかりました。
何といっても小さな胞が同じ場所に出来ないことでした。
菌が原因なら大体は同じ場所に出てきますからね。

お勧めするのは「木酢液(竹酢液)」です。
これは皮膚に使用してもいいものを選んでください。
中には園芸用とかありますから確認はきちんとしてください。
水虫でもない、何でもない方でもこれはベトベトした皮膚をすっきりさせてくれます。
普通に足を洗うだけだと30分後にはベトベトしてきますが、これは2時間ほどすっきり、サラサラしてます。
(少々、独特な匂いがあります。人によっては嫌う方もいるようですが)
私も経験してますが、気持ちいいものでした。
バケツ、洗面器など使用してもいいですが、私はお風呂を洗うのに履く「バススリッパ?」に原液を入れてぬるま湯で薄めて履いています^^;
(両足が離れて便利だから)
(本来は水などに濡れないように履くものですが、その反対で利用してます^^;)
物によっては入浴剤として販売しているものもあるようです。

本題に戻ります^^;
現在の皮膚科は???と思いなら、セカンドオピニオンもいいかも?しれません。
しかし、ご質問を読む限りでは顕微鏡で見たようでもありますし、あせもという言葉も出てきてるようですし問題もないような気がしますが。
でも、本人としては早くどうにかしたいという気持ちもあって当然ですから、評判がいいと聞く皮膚科医に見てもらってもいいと思います。
何はともあれ、疑問に思ったことは納得がいくまで医師に聞いてください。遠慮する必要はないと思います。

「あせもみたいなもの」というのは「汗疱(カンポウ)」のことを言われたのではないでしょうか。
水虫とよく間違えるのは、汗疱、掌蹠膿胞症(ショウセキノウホウショウ)です。
誤診されてる方も多いと聞きます。
水虫との違いは菌が居るかどうかですね。
調べるには皮膚の一部を顕微鏡で見ることです。
菌がいなかったら水虫ではないでしょう。
この顕微鏡で見ずに診断をする皮膚科医も居るので、この点は気を付けてください。
ただ、汗疱、掌蹠膿胞症は少し症状が進まないと診断を出すことが難しいよう...続きを読む

Q足の裏の水疱

足の裏に水疱ができて困っています。3年ほど前からできて、良くなったり悪くなったりを繰り返しています。強い痒みを伴う時があります。皮膚科にも3度行きました。最初水虫かと思ったのですが、水虫の菌はいないらしく、稀に手や足に水疱を繰り返し作る体質の人がいると言われました。あなたもそうかもしれないねと言われました。塗り薬をもらって塗っていますが、良くなる気配がありません。だんだん悪くなってるような気がします。皮膚科でも今のところ曖昧な回答しかもらえていないので、もしよろしければどなたか何でも良いのでアドバイス、意見、いただけないでしょうか?ちなみに今塗っている薬はステロイドホルモン剤のアンテベート軟膏0.05%というものです。

Aベストアンサー

辛いですね・・・。
>あなたもそうかもしれないね
これだけしか・・・他には何もいわれませんでしたか。

セカンドオピニオンを検討してみては?と思うのですが。いかがでしょう。
水虫に関しては白癬菌がいなかったということなのでしょうね。
水疱が出るということでもいろいろあるようです。
私が知っているのは掌蹠膿胞症(ショウセキノウホウショウ)と汗庖(カンポウ)というものですが、区別をするのは専門家でも結構難しいところがあるようです。
専門知識がある専門家も少ないかもしれません。
(実際、私自身が誤診されて発見が遅れましたから)
で、セカンドオピニオンをお勧めしたいのですが。
今行かれている医師にもっと詳しく説明してもらうこともいいことだと思います。
ひとつ言えることは、皮膚疾患は体内の悲鳴ということがありますから、外からだけ治そうとしても無理なことがある・・・ということです。
好き嫌いはないですか。便秘が慢性化していませんか。
適度な運動はされてますか。
不眠症、生活リズムがよくない・・・ここらあたりも少し検討してみてくださいね。

辛いですね・・・。
>あなたもそうかもしれないね
これだけしか・・・他には何もいわれませんでしたか。

セカンドオピニオンを検討してみては?と思うのですが。いかがでしょう。
水虫に関しては白癬菌がいなかったということなのでしょうね。
水疱が出るということでもいろいろあるようです。
私が知っているのは掌蹠膿胞症(ショウセキノウホウショウ)と汗庖(カンポウ)というものですが、区別をするのは専門家でも結構難しいところがあるようです。
専門知識がある専門家も少ないかもしれません。
...続きを読む

Q尿検査でよく潜血反応があるのですが

40代女性です。
尿検査でよく潜血反応があり、検査を受けに行くことが
あっても、たいてい「異常なし」です。
では(生理以外に)何故尿に血液が混ざるのでしょうか?

食事には気をつけている方ですが、痩せ型で疲れ易い
体質ではあります。 
何か生活習慣を変えた方がいいのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
突然ですが回答させてもらいます。

>何故尿に血液が混ざるのでしょうか?
尿の潜血反応は、通常試験紙法によって検査されます。
この検査は、非常に鋭敏な検査で、わずかの血液が混ざつただけで
も陽性となるため、健康診断では、かなりの比率で陽性になってしま
います。
特に女性では、生理の影響で陽性率が高くなつてしまいます。また、
生理の直後などでもほんの少しの血液が尿に混入して陽性となりま
す。

痩せ型の方は、ナットクラトカー(くるみわり)現象(先天的に動脈が挟
まれて血管から赤血球が染み出しておしっこに混ざってくる) が多い
です。これは、あっても問題ないです

尿潜血反応が陽性になる原因には、非常に多くのものがあります。
健康診断で陽性となり、二次検査にまわった方は、尿検査のほか、
血液検査、超音波検査、レントゲン検査など、非常にたくさんの検査
をおこなった記憶があるかもしれません。
その結果、「原因がはっきりしないので、このまま様子を見ましょう」
という結論になった方も少なくないでしょう。

>何か生活習慣を変えた方がいいのでしょうか?
尿潜血が陽性となる病気の多くは、ほかにこれといった症状がみら
れません。
したがって、健康診断などでたまたま見つかることが大半です。

腎臓病などでは、以前から健康診断のたびに 尿潜血をいわれてい
たが症状もないため放っておいて、気がついたら腎不全で透析をし
なくてはならなかった、ということもありますので、原因がはっきりわ
からない場合でも定期的な健診が有効になります。

塩分の摂りすぎに注意して、疲労を貯めない生活を心がけましょう。

こんにちは。
突然ですが回答させてもらいます。

>何故尿に血液が混ざるのでしょうか?
尿の潜血反応は、通常試験紙法によって検査されます。
この検査は、非常に鋭敏な検査で、わずかの血液が混ざつただけで
も陽性となるため、健康診断では、かなりの比率で陽性になってしま
います。
特に女性では、生理の影響で陽性率が高くなつてしまいます。また、
生理の直後などでもほんの少しの血液が尿に混入して陽性となりま
す。

痩せ型の方は、ナットクラトカー(くるみわり)現象(先天的に動脈が挟
まれて血管から...続きを読む


人気Q&Aランキング