AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

台風の被害がいつの場合も大変なことは分かっているつもりですが、
この台風というのは、いったい高度どの位から活動しているものでしょうか、たとえば飛行機は安定高度10kmで飛んでいますが、全然関係ないものでしょうか? 私60代になっても考えたことがなかったんですけど、ふと考えたら台風の中心は高度どの位から上下の幅で活動するものでしょうか高度何キロ以上からが安全なものでしょうか、子供の質問の
用ですが教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

『台風(たいふう、颱風)は、太平洋や南シナ海(赤道以北、東経180度以西100度以東)で


発生する熱帯低気圧で、最大風速(10分間平均)が34ノット (17.2m/s)以上のものを指す。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E9%A2%A8

『実際の台風はもっともっと薄いのです。台風の眼を囲む雲の筒の高さは、
強い台風で15km程度。周辺部はもう少し低く10km強になっています。
これに対し、渦巻き状の雲の範囲で見た台風の直径は、中くらいの台風
でも1000kmを越え、大型台風なら1500~2000kmに及ぶものもザラ。』
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091094538897. …

とあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有難うございます。勉強になりました。

お礼日時:2010/04/10 16:37

台風の高さは「対流圏界面」(地表から14~16km)までの対流圏いっぱいまで広がるとされています。


対流圏を飛んでいる飛行機は台風を避けて飛びます
成層圏を飛んでいる飛行機には影響は少ないと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有難うございます。参考になりました。
お礼が遅れてすみません。

お礼日時:2010/04/10 16:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング