今のサラリーマンと昭和のサラリーマン(例えばフレックスすら一般的ではなかったり、給料が手渡しだったり)の違いがほのぼのと感じられる、お勧め小説がありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/41011110 …

直木賞受賞作のこの作品です。
感想文が出ているので参考になると思います。
設定は昭和30年代です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/11/08 21:11

フレックスどころか土曜日もお昼まで出勤だったり、職場でこんなにのんびりしてていいのか!ってくらいくつろいでいたり、電話が黒いダイヤル式だったり、とほのぼのできるのは小沼丹さんの小説ではないでしょうか。


軽く読めるわりに読後感は深いです。

松本清張作品にもサラリーマンがたくさん出てきますが、「昭和ってこんなことがありえたのだろうか」と口がふさがらないシーンも多くて、ストーリーのサスペンスとディテールのドッパズレが好対照をなしていることがあり、興味をそそられます。
有名な『砂の器』では、大企業の役員が料亭の離れで、囲炉裏に肉の串刺しをならべてバーベキューをしています。こんな料亭、ほんとにあったんでしょうか・・・。
    • good
    • 0

昭和のサラリーマン小説と言えば、第一人者は源氏鶏太さんでしょう。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサラリーマンの副業に関して質問です。

サラリーマンの副業に関して質問です。

今まで私は、アフィリエイトを中心に

副業をした事がありますが、殆ど

儲かりませんでした。

今、一番メジャーで一般的な

副業というと、どの様な物が

ありますか?平日はサラリーマンで

アフターファイブを利用した、副業を

ご紹介下さい。また情報を頂ければ

助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 私が稼いだのは「文筆業」地元ラジオなど5分ほどの番組でも1万円ですから。時間的には、集中すれば1時間もかかりません。お勤め先の会社でも「文筆業」を規制してはいないのでは?アルバイト禁止といっても、この分野は「別」のようですしね。私は、本業(会社員)よりサブのほうが収入が多かったですから、会社の厚生年金や健康保険は助かりました。本業の給与で計算されていますよね。
 大手企業に勤めながら、原稿料を稼いだり印税を貰ったりしている人、案外居ますよ。そこから脱サラして、本格的に作家デビューされた方もいらっしゃいますしね。

Q戦後~昭和30年ごろの日本が舞台の小説

「質問タイトル」の内容の小説を探しております。歴史の教科書を見てもさらっとしか書かれていなかったので、いったいこの時代の人は何を考えて暮らしていたのだろう?と思ったのです。有名な作家がいくつか作品を書いていますが、必ずしもリアルタイムで作品は書かないものですしね。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

松本清張の新潮文庫の短編集「駅路」「張込み」「或る『小倉日記伝』」「黒地の絵」をお奨めします。
戦後の混乱期から「もはや戦後ではない」と謳われた昭和30年頃までの日本の市井の人々の生活や風俗などを読みやすく簡潔でありながら余韻嫋々の文体でサスペンスも交えて描いています。たしかにその時代を書いているのですが今読んでも新しく、再読に耐える作品ばかりで損はしません。強くお奨めします。

Qサラリーマンの副業と所得税について教えてください

現在務めている会社の給料では食べていけないので、副業をしています。
本業と副業あわせると700万円ほどの年収があるのですが、どの程度所得税が取られるのか不安です。

だいたい、
サラリーマン年収:300万円
副業年収:400万円
合計して700万円
として考えると、経費や保険代が全くない状態と考えて、

所得税率
330万円を超え 695万円以下 20%427,500
695万円を超え 900万円以下 23%636,000

のどちらかに当てはまるのでしょうか?
それともサラリーマン収入と、副業収入はそれぞれ別として考えて所得税が取られるのでしょうか

Aベストアンサー

NO2です。
本業は「給与所得」副業は「事業所得」ですね。先の回答は「両方とも給与所得」としての回答です。無視してください。

給与については
「一年間に受け取った給与の総額」-「給与所得控除額」=給与所得。
事業所得については
「一年間の総収入金額」-「一年間の総経費」=事業所得。

ですから「年収400万円」では総収入を言ってるのか、事業所得を言ってるのかが不明だということになります。
税金の話は「収入」か「所得」です。そして収入と所得では全く違う意味ですので、ここで覚えてしまってください。
経費額が全くないとしますと事業所得は400万円。
給与所得額は
3,000,000円ー1,800,000円(給与所得控除額)=1,920,000円(給与所得額)

総所得額は
192万円+400万円=592万円
ここから基礎控除額38万円を引きます。554万円です。
この554万円に税率をかけます。
554万円×20%=1,108,000円。
但し、この計算だと税率5%部分や10%の部分にも20%をかけた額になってしまってます(この理屈はわかってください。もしわからないなら、別スレで質問を)。
1,108,000円から427,500円を引きます。
これはあなたが言うところの「基礎控除」ではありません。税金の計算上全部に20%をかけて、5%部分10%部分にまで20%をかけてしまってる分を引くという算数です。控除額というのは「引く」というだけの意味です。

1,108,000円ー427,500円=680,500円
これが「一年間に払うべき所得税」です。
給与から引かれてる源泉所得税をこの金額から引いて出た額が、確定申告によって納める所得税になります。

NO2です。
本業は「給与所得」副業は「事業所得」ですね。先の回答は「両方とも給与所得」としての回答です。無視してください。

給与については
「一年間に受け取った給与の総額」-「給与所得控除額」=給与所得。
事業所得については
「一年間の総収入金額」-「一年間の総経費」=事業所得。

ですから「年収400万円」では総収入を言ってるのか、事業所得を言ってるのかが不明だということになります。
税金の話は「収入」か「所得」です。そして収入と所得では全く違う意味ですので、ここで覚えてしま...続きを読む

Q昭和20年~30年頃が舞台の推理小説

昭和20年~30年頃が舞台の推理小説が読みたいのです。

当方横溝正史ファンですが、その理由は、戦後の時代の情景描写にあります。
そこで、昭和20年~30年頃が舞台の推理小説、お勧めがありましたら作者、作品を教えてください。

そのほか、実際の事件をヒントにしたもので、お勧めがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

篠田秀幸の下記の作品(いずれも角川春樹事務所刊)
人形村の殺人が「狭山事件」
帝銀村の殺人が「帝銀事件」
鬼首村の殺人が「下山事件」
を題材にしています。

Qサラリーマンの副業、給与と通算できる?できない?

お世話になります。

概要
サラリーマンが副業を行って副業で赤字を出した場合、
「給与から源泉徴収された所得税を還付させること」
ってできましたっけ?


詳細

こんな記事がありました。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130215-OYT1T00768.htm
引用開始

サラリーマンに不正還付指南、コンサル社長逮捕
 全国のサラリーマンら四十数人に、不正に所得税の還付を受ける手口を指南していた疑いが強まったとして、東京地検特捜部は15日、コンサルタント会社「グローバルワークス」(東京都新宿区)社長・本多弘樹容疑者(34)を所得税法違反(脱税)の疑いで逮捕した。

 架空の副業で赤字を作り出して給与所得と損益通算することで、昨年までの3年間に計約2500万円の不正還付を受けさせていたという。

 関係者によると、同社はホームページなどで「正しく還付申告すれば、払いすぎた分の税金が戻ってきます」などとうたい、セミナーを開催。参加した会社員らに対し、還付申告の方法を説明していた。その後、本多容疑者は会社員らと個別に面接し、架空の副業で赤字が出たように装った収支内訳書などを税務署に提出すれば、勤め先が源泉徴収して納めた所得税が戻ってくると指南したという。

 還付申告は過去5年に遡って行うことができ、同社は還付金から1年分につき7万~8万円の手数料を受け取っていたという。
(2013年2月15日14時34分 読売新聞)

引用終了

上記の記事においては
「架空の副業で赤字が出たように装って」
とあります。これは幾らなんでもやりすぎです。

しかし、逆に読めば
「サラリーマンが副業を実際に行って赤字を出せば、給与と通算できる」
かのように読めます。

実際、税務署は彼らコンサル会社の顧客のサラリーマン達が申告していた副業が、架空であることを見抜けなかった間は、
その赤字を穴埋めするために勤務先から受け取った給与の中から源泉徴収された所得税を還付していた訳です。

あれ? こんなことできましたっけ?
こんなことが可能ならば、サラリーマン同士で一杯飲み屋に行っても
「商談のための接待費(あるいは会議費)」
自家用車を買っても
「仕事に必要な車両」
ゴルフに行っても
「交際費」
趣味の本を買っても、自宅で一般新聞、スポーツ新聞、経済新聞を定期購読しても
「新聞書籍費」
奥さんや子供にお小遣いをあげても
「専従者に対する給与」
コドモに玩具を買い与えても
「玩具市場の研究」
と、何でもかんでも経費に計上できてしまうではないですか?

私の記憶では、サラリーマンの副業で経費計上できるのは、あくまで副業の儲けの範囲で購入したものだけであり、
そこでいくら高価なものを買っても、副業で赤字が出ても、本業の給与との通算はできないはず、
と思っていたのですが。

このコンサル会社はもっとすごい裏技を使っていたのでしょうか?

お世話になります。

概要
サラリーマンが副業を行って副業で赤字を出した場合、
「給与から源泉徴収された所得税を還付させること」
ってできましたっけ?


詳細

こんな記事がありました。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130215-OYT1T00768.htm
引用開始

サラリーマンに不正還付指南、コンサル社長逮捕
 全国のサラリーマンら四十数人に、不正に所得税の還付を受ける手口を指南していた疑いが強まったとして、東京地検特捜部は15日、コンサルタント会社「グローバルワークス」(東京都新宿区...続きを読む

Aベストアンサー

>サラリーマンが副業を行って副業で赤字を出した場合、「給与から源泉徴収された所得税を還付させること」ってできましたっけ?
できます。

>サラリーマンが副業を実際に行って赤字を出せば、給与と通算できる…
そのとおりです。
給与所得、事業所得、不動産所得税などは、総合課税です。
つまり、それぞれの所得を合算し税金を計算します。
副業に利益がでれば当然合計所得は増え税金も増えますが、副業に赤字分が出れば合計所得は給与所得より少なくなり源泉徴収された所得税は還付されます。

>何でもかんでも経費に計上できてしまうではないですか?
いいえ。
その副業の所得を得るためにかかった経費しか計上できません。
ただ、実際は”かかったものとして”計上してしまうことは可能でしょう。
自営業で4000万円年収がある人が、所得税0円の人知ってます。
常識で考えて、本当にもうかっていない、もしくは赤字なら仕事やめると思いますが…。

>私の記憶では、サラリーマンの副業で経費計上できるのは、あくまで副業の儲けの範囲で購入したものだけであり、そこでいくら高価なものを買っても、副業で赤字が出ても、本業の給与との通算はできないはず…
そのとおりです。
前に書いたとおりです。
でも、本当に副業にかかった経費で赤字なら通損できます。

>このコンサル会社はもっとすごい裏技を使っていたのでしょうか?
虚偽の申告をしようと思えばできるでしょう。
私用で使ったものもすべて経費に計上してしまえばいいでしょうから。
クロヨン(9・6.4)とかトウゴウサン(10・5・3)とか言われます。
税務署が正確な所得を捕捉できるとされる割合で、それぞれ給与所得者、自営業者、農業従事者の順です。

>サラリーマンが副業を行って副業で赤字を出した場合、「給与から源泉徴収された所得税を還付させること」ってできましたっけ?
できます。

>サラリーマンが副業を実際に行って赤字を出せば、給与と通算できる…
そのとおりです。
給与所得、事業所得、不動産所得税などは、総合課税です。
つまり、それぞれの所得を合算し税金を計算します。
副業に利益がでれば当然合計所得は増え税金も増えますが、副業に赤字分が出れば合計所得は給与所得より少なくなり源泉徴収された所得税は還付されます。

>何でもかん...続きを読む

Qサラリーマンが主人公の小説、マンガ、ドラマ

サラリーマンってかっこいいなって思えるような本、映画なんでもけっこうなのでありますか?
特命係長只野仁や、サラリーマン金太郎のようなあまりにも非現実的なものは全く興味ありません

逆に映画サンキュー・スモーキングや長瀬智也主演のビックマネーなどは大好きです。特に原田泰三演じる銀行員はかなり好きです。

勧めをお願いします

Aベストアンサー

藤原伊織「シリウスの道」はどうでしょう。
大手広告代理店が舞台ですが、作者本人が電通に勤務なさってたのでとてもリアルです。

Qサラリーマンの副業についての青色申告

 サラリーマンは給与所得控除を受けることができます。また副業をしてもちゃんと青色申告をすれば
青色申告控除をとして最高65万円まで控除できます。
ということは、ちゃんと帳簿をつけて青色申告していれば副業しても65万円まで非課税ということでしょうか?
 その場合は会社にも副業はばれないのでしょうか?

Aベストアンサー

青色申告の特典として「青色申告特別控除」がありますが、これは複式簿記の方法で記帳をして「貸借対照表」と損益計算書」を作成している場合に65万円が控除されます。

たんに青色申告をしているだけでは、65万円の控除は受けられません。

参考urlをご覧ください。

従って、その場合は副業の所得が65万円以下であれば、副業については課税されません。

又、副業の所得が65万円を超えて、所得税や住民税が課税されても、確定申告書の「住民税に関する事項」欄で、事業所得の住民税は「普通徴収」を選択することにすれば、事業分の住民税は会社を通さずに、直接本人に納付書が送られて来ますから、会社に知られることは有りません。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2072.htm

Q1970年から1980年代の昭和のお菓子の本

1970年から1980年代の昭和のお菓子の本
探しています。当時のお菓子の写真つきの本で何かありましたら
教えてください。

Aベストアンサー

「おやつストーリー」泉麻人

出版社/著者からの内容紹介
セブン・イレブンやニコマート、あるいは町のお菓子やさんの戸を開けた瞬間、遠足の前の日みたく胸がワクワクときめいてしまう──。そんな気持ちを忘れないすべての人に捧げる、嬉し懐かしとっても美味しいお菓子コラム。ミルキー、つくんこ、おっとっと……etc。いっぱい詰まった究極のスウィート・メモリー。


内容(「BOOK」データベースより)
チョコミント、アーモンドグリコ、雪見だいふく、えびせんチョコレート、集中せんべい。珈琲中毒飴…。この10年間のお菓子世界の移ろいを綴る。

Qサラリーマンの副業

サラリーマンが副業をする時は会社にバレない様にする為には
確定申告書の時に住民税を普通徴収にすれば良いと聞いたのですが、
この場合、会社は特別徴収で副業分は普通徴収にすることができるのでしょうか? また、会社と副業で徴収方法が分かれた場合税額の総額は変わってくるのでしょうか?

以上 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

会社で給与引き(特別徴収)の場合は、給与外の所得についての納付方法は確定申告書の二表で選択します。書かれてるとおりです。

二表にて
「普通徴収」を選択・・・給与に係る税額は特別徴収、給与外所得は普通徴収で、併合徴収といいます。
「特別徴収」を選択・・・すべての所得に係る税額を特別徴収。
いずれの場合も税額総額は変わりありません。併合徴収の場合は給与外の所得については会社は知る由もありません。

ただし、以上は副業が給与外所得であった場合です。副業も給与である場合は、通常は給与合算して特別徴収となります。これを避けるには市区町村と相談です。

Q今上天皇または昭和天皇の逸話を紹介した本を教えてください

今まで日本で生まれていながら、天皇陛下の事をほとんど何も知らないことに気づきました。
今上天皇または昭和天皇の逸話や、天皇がいることの利点や欠点、他の国の人々からはどう評価されているかなどを紹介したわかりやすい本があれば教えてください。

Aベストアンサー

出雲井晶編著「昭和天皇」をお勧めします。日本教文社、もしくは、出雲井晶著作で、検索してみてください。本の 紹介文を掲載しておきます。
「未曾有の国難におかれた日本を身命に書け護り給うた昭和天皇のご生涯を その時々のお言葉を中心に側近の手記、新聞記事などによって、生き生きとよみがえらせた画期的な昭和天皇伝」

参考URL:http://www.excite.co.jp/book/product/?k=%8Fo%89_%88%E4+%8F%BB&target=author


人気Q&Aランキング

おすすめ情報