【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

2ヶ月前に知人から松をもらい庭に植えました。しかし、ここ2週間前から まばらに葉が茶色に枯れ始めました。
どのような処置をすればよいのでしょうか。

樹高約2m、土はマサ土、日当たり良、根回しはしていませんでした。今のところ移植1年目は肥料を控えたほうが良いと聞いたので何もやっていません。

アドバイス宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

補足ありがとうございます。


枯れ方から推測するとあまりいい状況ではなさそうです。

#2の方が言っているように根巻はしてあったのでしょうか?
しっかり根鉢を作っていれば特に根回しは重要だとは思いませんが根鉢まで無いとなるとちょっと...

過去に赤松の苗ですが、同じように葉がなくなり枯れたようになってほっておいたら復活して元気になったことがあります。そのときは根鉢なしで移植したのですが。

この状態は松が自分を守るための行動とも考えられます。
春になり日差しが強くなり、呼吸しようとしているのですが、細根が出てないので水が上げれず生き抜く為に水分を奪う葉を自分で落とす行為です。

僕が思い浮かぶ解決方法は
1.1年ほどほっておく。
2.多く葉の付いている枝を切る。(樹形を乱さない程度)
今付いている葉を自ら取る。
3.もう一度掘り出して木を横にして、根鉢にマサ土を軽くかけておき細根が出るまで待つ。(決して乾燥させないように)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

続いてのアドバイスありがとうございます。
根巻きをしいましたが十分でなかったようです。自動車での移動中に土がかなりバラけていました。
新芽については良く良く見ると小さいものが出ていました。
・・・おっしゃるように危ない状態かもしれませんがアドバイスを頂いたように少し枝を落として様子を見てみたいと思います。

このたびはありがとうございました。  

お礼日時:2003/05/07 07:49

>根回しはしていませんでし た。



ここがまづ一番疑うところですね。 移植時期はまあよいとして、移植前の土を十分付けた状態で根巻をして持ってきているかですね。 
 土が落ちてあったりして根が裸状態でいくら土をかぶせても後の祭りでいけません。

 まづは補足が必要です。
1.知人からそちらに運んだときはきちんと根巻はしてありましたか。

2.移植した後、十分に添え木を施して風などで動かないようにしてますか
 以上2点。至急補足するように

 <注意点>
 1.肥料に関しては一年どころか十分に根が伸びきって元気な葉が毎年生え変わるのを見届けてからです。
 最低3年は肥料はいりません。

2.移植して松葉が茶色に枯れて一本一本落ちる分にはまだ救いようがあります。
 そのまま松の生命力に期待するだけです。 一番まづい状態は葉が落ちないで茶色く全体が変色したままついた状態のときは根が死にかかっているか、まったく死んでしまった状態です。
 この場合は諦めるか、強く剪定して樹勢回復剤をたっぷりかけて腐葉土で根の周りを囲って乾燥しないようにするしかないでしょう。
 
 
    • good
    • 3

補足お願いします。



枯れた葉の状況はどんな感じでしょうか?
全体にまばらの状態?
枝ごとにひどい?
幹に近い葉が枯れている?

新芽の出る季節ですが、芽の状況は?

植える時にたっぷり水を入れて土を泥ドロにしましたか?

この回答への補足

ありがとうございます。補足します。

> 枯れた葉の状況はどんな感じでしょうか?
茶色で明らかに枯れていると思います。
でも今のところ下には落ちていません。

> 全体にまばらの状態?
はい、まばらでどちらかと言えば下向きの葉に
枯れが多いように見えます。

> 枝ごとにひどい?
まばらですが5-6箇所集中的にいどい個所も
見受けられます。

> 幹に近い葉が枯れている?
いいえ。全体です。

> 新芽の出る季節ですが、芽の状況は?
新芽はでていません。

> 植える時にたっぷり水を入れて土を泥ドロにしましたか?
はい、水はバケツでしっかりとやって泥ドロにしました。

引き続き よろしくお願いします。

補足日時:2003/05/06 14:49
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松の木の葉が茶色・・・どうすれば?

一昨年の冬、松の木の葉が一部茶色くなりました。
そこで、昨年の6-10月頃にスミチオンとボルドー(orダイセン水和剤orベンレート)を水に溶かして噴霧しました。
複数の薬剤を使ったのは、当時ネットや本で調べたのですが、それぞれ違った薬剤が書いてありどれが適切かわからず、毎回変えていたからです。
 挙げてあったのは以下の薬剤です。
  スミチオン、ベンレート、ケルセン、ボルドー、
  マンネブダイセン、銅水和剤、ドウグリン水和剤、
  キノンドー水和剤、ダイセン水和剤

噴霧を2週間毎にやった効果か、茶色の葉が落ちた後出てきた葉は緑色のままでした。

今年、別の松の木の葉の色が変わったのですが、
 1)冬に入るこの時期にやれることは無いでしょうか?
 2)来年消毒するとしたら、どの薬剤を選べばいいのでしょうか?

庭木は祖父の代からあり私は興味が無く、噴霧器も昨年ホームセンターで2000円ほどのを買った素人です。剪定にくる植木屋に聞いても、樹木の病気については知らないようでした。

写真を添付しますので、アドバイスよろしくお願いします。

一昨年の冬、松の木の葉が一部茶色くなりました。
そこで、昨年の6-10月頃にスミチオンとボルドー(orダイセン水和剤orベンレート)を水に溶かして噴霧しました。
複数の薬剤を使ったのは、当時ネットや本で調べたのですが、それぞれ違った薬剤が書いてありどれが適切かわからず、毎回変えていたからです。
 挙げてあったのは以下の薬剤です。
  スミチオン、ベンレート、ケルセン、ボルドー、
  マンネブダイセン、銅水和剤、ドウグリン水和剤、
  キノンドー水和剤、ダイセン水和剤

噴霧を...続きを読む

Aベストアンサー

これは害虫ではなく病気だと思います。
肉眼で害虫は見えていないと思います。
マツクイムシやセンチュウなどは幹や枝の中にいて目には見えません。しかし、これらの被害で枯れてしまった松をたくさん見ていますがこれはに被害ではありません。
写真を見ると枝の先端までではなく枝の途中の一部分が茶色くなっているようですので、何らかの病気と考えるのが妥当かと思います。
またこの季節になると古い葉は茶色くなってしまいますが、この場合は木全体に現れこのように一部分ではありません。
その時も全部が茶色くならずに新しい葉は緑のまま残ります。
なんという病気かはわかりません。

害虫には殺虫剤、病気には殺菌剤を散布するのが原則です。
いろいろな薬剤を使われたようですが、
 
 この中で、   
殺虫剤は、、、、、スミチオン。
殺菌剤は、、、、、ベンレート、ボルドー、マンネブダイセン、銅水和剤、キノンドー水和剤、ダイセン水和剤

ケルセン、、、、は、葉ダニ用の殺虫剤ですが現在製造中止になっていますのでこれはしかるべき方法で廃棄したほうがよいでしょう。
ドウグリン水和剤、、、は芝用の殺菌剤ですのでこれは松には使わないほうがよいでしょう。

ということでこれは何らかの病気なので殺菌剤を散布すればいでしょう。
茶色くなった葉はきれいに全部取ってしまい、焼くかゴミとして出してしまう。
近くに置くと菌が付いているので他の枝にうつってしまいます。



 >1)冬に入るこの時期にやれることは無いでしょうか?

殺菌剤を散布し、1週間後にもう一度散布してください。
問題はどの殺菌剤を使うかですが、一昨年どの薬剤が効いたのかわかりません。
あるいはどの殺菌剤でも効くのかもしれません。 
なのでとりあえずは、ベンレートかマンネブダイセンを使ってみてください。
それで葉が黄色くなるのが止まればこれが効いたことになります。
薬剤が聞けば被害が広がらなくなり、来年春にはまた緑の葉が出てくるでしょう。
葉が黄色くなるのが止まらずもっと広がるようなら他の薬剤を使ってみるより方法はないと思います。

2)来年消毒するとしたら、どの薬剤を選べばいいのでしょうか?

上記の方法で効果のあった殺菌剤を年2~3回散布すればよいと思います。
ただ、葉が黄色くなることが、頻繁に、また広範囲にあるわけではなさそうなので、症状が出てから対応してもよいかなという気がします。

また、薬剤の散布のしすぎは環境への影響と、耐性菌といって薬に対して抵抗力を持つた菌がうまれてきますので要注意です。
散布回数や濃度に気を付けてください。

これは害虫ではなく病気だと思います。
肉眼で害虫は見えていないと思います。
マツクイムシやセンチュウなどは幹や枝の中にいて目には見えません。しかし、これらの被害で枯れてしまった松をたくさん見ていますがこれはに被害ではありません。
写真を見ると枝の先端までではなく枝の途中の一部分が茶色くなっているようですので、何らかの病気と考えるのが妥当かと思います。
またこの季節になると古い葉は茶色くなってしまいますが、この場合は木全体に現れこのように一部分ではありません。
その時も全部...続きを読む

Q松の植え替えについて

 松の植え替えについてお聞きしたいのですが、1.5メートルくらいに成長した松を他の場所へ植え替えるにはどうしたらよいのでしょうか?今は地植えしてあります。今動かしても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 松の根は直根です。 さらに側根は樹木を支える役割も担っていて根の先のほうに養分を吸収する髯根があります。
 松に限らず直根の植物は移植を嫌う傾向がありますので、そのままにしておくのがBESTなんですが、どうしても移動しなければならない場合は根回しをして夏を越し秋の終わり頃(落葉樹が葉を落としきった頃)に移植するのが一番安全です。

<根回し>
 幹の中心より半径30cm、深さ40cm程度ですり鉢状に土を掘ります。 当然人が中に入って作業できる範囲の幅の漉き取り幅は必要です。(つまり半径30cmより半径60cmの間の土をとるという感じです。)
 このとき直根や側根は絶対切断してはいけません。 皮を剥きとります。 これは剥ぎ取った場所から根を出させるためです。 
 この状態を全体に出来上がったら、縄でぐるぐる巻きにします。 この作業は慣れないと難しいですので、今回は園芸用で麻の帯があります。(100円ショップにもあります。)
 これで土が崩れないように巻いてから側面と上下を交差するように縄で縛ってください。
 完了後は漉き取った土を戻して丸太のようなもので軽くつき固めをして土を密着させてください。 水遣りはしないように
しましょう。 
 以上で根回しは完了ですので、後は晩秋に指定の場所へ移植してください。 移植したら必ず松の幹以上の丸太で支柱をしてください。
 これが成功すればあなたもセミプロ級の仲間入りです。

 松の根は直根です。 さらに側根は樹木を支える役割も担っていて根の先のほうに養分を吸収する髯根があります。
 松に限らず直根の植物は移植を嫌う傾向がありますので、そのままにしておくのがBESTなんですが、どうしても移動しなければならない場合は根回しをして夏を越し秋の終わり頃(落葉樹が葉を落としきった頃)に移植するのが一番安全です。

<根回し>
 幹の中心より半径30cm、深さ40cm程度ですり鉢状に土を掘ります。 当然人が中に入って作業できる範囲の幅の漉き取り幅は必要です。...続きを読む

Qつげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。

つげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。
垣根のつげの木がだんだん枯れてきていますが考えられる原因はどんなものがあるでしょうか。
かれこれ30年近くなる庭の垣根として植えているつげの木が近年少しずつかれてきています。
秋口に枯れが出てきます。垣根が歯抜けになり見苦しいのですが原因は何でしょうか。
モグラのトンエルをみかけます。また酷暑も関係しているのかと思ったりします。
肥料はできる範囲で化成肥料を年に1回春に施しています。暑い時は一日おきに
水もできる範囲でやりますが石垣の上に植えているので相当乾燥するものと思います。
原因と対策を是非教えてほしいのですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸性土質に傾いた事や、土壌が長年何もしな
かったため固くなり根張りが十分に出来なくなっている事、葉と葉との間
が密集しているため風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなっている
事などが考えられます。
枯れた物は元には戻りません。部分的に生きていても回復する事は難しい
ので、その内に枯れてしまうでしょうね。

垣根を元通りの状態に戻させるには、大掛かりになりますが植替えをして
仕立て直す事しかありません。
現在の垣根を見て、枯れた部分がどの程度あるかを調べます。それにより
何本不足しているのかが分かるはずです。
必要な本数を園芸店(樹木を扱っている店)に注文し、作業に必要な資材
などを準備します。
植替えるためには土壌改良が必要で、そのためには堆肥や腐葉土が必要で
す。また酸度調整のための苦土石灰も必要で、事前に用意します。
それと寒冷紗か遮光幕を用意して下さい。植替え時に必要です。
黒いビニールポットも用意します。掘り上げ時に必要です。

苗が自宅に到着したら、苗を一ヶ所に詰めて置いて寒冷紗か遮光幕を被せ
ます。苗を植え付けるまでは被せておき、乾かさないように水遣りだけは
行って下さい。次に枯れている物や枯れかけている物を抜きます。これら
は植付けをせずに処分するので、根に土は付いていなくても大丈夫です。
次に元気な物を掘り上げます。出来るだけ根に付いた土を残すようにして
掘り上げ、黒いポットに収まるようにするため、はみ出た根は切ります。
1本づつポットに入れて保管します。全て掘り上げたら、移植する場所を
スコップや鍬で掘り返し、出て来た根などを取り除きます。石が出て来た
時は撤去しなくても構いません。掘り返す深さは30~40cmを目安に
します。浅いと土壌改良にはなりません。
耕し終えた場所に苦土石灰や堆肥を入れ、鍬で耕すように十分に混ぜ合わ
せます。表面を均等に均したら土壌改良と酸度調整は完了です。

次は移植をします。植付けは千鳥植えにしますが、苗との間隔は苗の枝と
枝とが軽く触れる程度が理想ですが、初心者には分かりずらいので、株の
間隔を20~25cm程度にして下さい。植え場所に割箸を目印として1
本差します。日が良く当たる方向に新しい苗を植え、元々あった物は後ろ
に植えるようにします。移植ゴテで株より少し大きめな穴を掘り、高植え
にして植付けをします。高植えは根元に少し土が被る程度に植える方法で
す。間違っても深く植えないで下さい。

植付けが終わったら水を十分に与えます。根が完全に活着するまでは最低
でも1ヶ月は必要ですから、水切れにさせないように天気の良い日は朝夕
の水遣りは欠かさないようにします。水切れを起こすと枯れます。

肥料は与えません。与えるのは翌年で十分です。与えるのは化成肥料でも
構いませんが、堆肥に混ぜられて与えると手間が省けます。時期としては
8~9月の間に1回だけです。与える時は根元から離れた場所に与えるよ
うにします。現在は春のようですが、与える時期は樹木の種類で違います
から、何でも春に与えれば良いとは思わないで下さい。

暑い時こそ水は必要ですから、1日おきでは水不足になりますよ。朝夕の
2回は必要な時もあるかも知れません。また出来る範囲では与えた事には
なりません。石垣の上なら、多過ぎたかなと心配する位に与えます。

モグラは無罪です。今回の件に関しては関係ありません。

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸...続きを読む

Q3mくらいの樹木の移植費用を教えてください。

ドイツトウヒ3mくらいに成長したのですが、家の敷地内で別のところに移したいです。業者に頼むと、どのくらい費用と時間がかかるでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。
(自分でもできるでしょうか? 根回しとか。。。)

Aベストアンサー

トウヒはそれほど重くないので自分で移植できます。まず根回しの方法から、まず紐で幹の円周を測ります。例えば円周が50センチだとすると根鉢の大きさが50センチになります中心から25センチの周りを堀下の根を残し切断します。根鉢ができたらコモか麻布で荒縄を使いしっかりと巻きます。これが根回しです時期は3月から今頃までです。その後埋め戻し翌年の3月頃移植すれば枯れることはありません。業者に頼むと根回しを含めて7万円くらいします。重機が必要になると5~7万円加算されます。

Q松の盆栽を庭に植え替え

こんにちは
ちょっと教えてください。
松の盆栽を庭に植え替えしたら、どのようになるのでしょうか?
数年~数十年経過してる場合、それほど大きくはなれないのでしょうか?
また、自宅は北東北のため冬は雪に覆われますが、何年もの間、軒下などで育てられてきた松の場合、大きな環境変化には耐えられるのでしょうか?
私のところには盆栽はありませんが、不要な盆栽を譲り受けた場合、庭でそこそこの大きさで盆栽風の姿で育ってくれれば見栄えが良いかなぁと感じております。

Aベストアンサー

環境の変化はすぐに対応して元気になるでしょうが、そのままの姿で全体に大きくなることは有りません。
根を張ることが出来なかった盆栽が、十分に根を広げることが出来るように成るので一気に新しい枝を伸ばそうとします。
よほどこまめに手入れをして新芽の伸びを短くしないと、元の姿は一気にバランスを無くし上の方ばかり大きく育ってしまいます。

普通の植木に育てるつもりで有れば元の枝は短いままに残り、新たな枝はすぐに大きくなりますが、盆栽のままの姿を保つには相当の努力が必要になります。
いずれにしても、松の木の剪定は大変難しく大変です。
梅などと違い、松の場合は古い幹からは新たな新芽を出すことは有りませんので、一旦枝間を伸ばしてしまうとバランスを崩してしまい修正出来なく成ってしまいます。

Q五葉松の葉が枯れてきました。。

はじめまして。ご指南頂きたく存じます。とある方から頂いた五葉松なのですが、向かって正面と右側と背面の葉が赤くなって、一見枯れはじめているように思えます(写真参照)。一応小さくですが新芽は芽吹いてはいるのですが、左側部分の元気な葉よりも芽が小さく元気がありません。

昨年の春に新芽の処理をやや怠ってしまったため、昨年の古葉が抜け落ちているだけなのかとも思いつつ、大した知識がありませんので不安です。何かの病気にかかっているのでしょうか。このまま放っておくと完全に枯れてしまうでしょうか。ご教授どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

原因不明で片付けてしまう症状かと思います。

でも、それで片付けてしまったら、育てている人は面白くないでしょうから、それなりの管理法を。
原因は水切れかと思います。
雪が降る地域か、雪が根雪になる地域か、雪はほとんど降らない地域かで違いますが、雪が降る、根雪になる地域なら、早くても3月1日までは水分を雪から摂取出来る状態になっていないと、土の中の(鉢ならなおの事)水分が無くなり、2月の水揚げの時期に水を体内に充分に吸収して居ないと、芽出し後、ゴールデンウイーク辺りに赤くなります。
最初は去年の葉、それでも水分が足りないなら、今年の新芽を赤くします。
写真を見ると、古葉が先のほうから赤くなっているようですし、新芽はまだどうにか成長しているか、成長を止めて赤くなってきているか、判別できませんが、水を切らしてしまった症状と見えます。
何かやるには、葉面散布液肥をスプレーボトルなどで、朝晩スプレーして下さい。
鉢に水をやるのは続けているかと思いますので、そのまま継続して下さい。
ただし、葉面散布、水掛が多すぎると、二番芽が出たり、成長している今年の芽が葉を長く伸ばすかもしれません、葉が長すぎても、全体の芽が生きていれば、来年、修正できますので、今年は命を永らえる事を最優先に管理して下さい。

もし正面、右側、後ろが赤くなって芽が無くなったら、左側を正面にして枝振りを作り変えましょう。
それも盆栽の楽しみです。

原因不明で片付けてしまう症状かと思います。

でも、それで片付けてしまったら、育てている人は面白くないでしょうから、それなりの管理法を。
原因は水切れかと思います。
雪が降る地域か、雪が根雪になる地域か、雪はほとんど降らない地域かで違いますが、雪が降る、根雪になる地域なら、早くても3月1日までは水分を雪から摂取出来る状態になっていないと、土の中の(鉢ならなおの事)水分が無くなり、2月の水揚げの時期に水を体内に充分に吸収して居ないと、芽出し後、ゴールデンウイーク辺りに赤くなりま...続きを読む

Q松の剪定に適さない時期を教えてください

黒松の手入れをしないため繁茂してしまいました。
剪定をしようと思うのですが
8月から12月ぐらいの間に剪定すると枯れることなど
あるのでしょうか
剪定に適さない時期、注意事項等教えてください。

Aベストアンサー

>松の剪定に適さない時期を教えてください

地域や樹齢樹勢にもよりますが、樹形を整え樹高や枝張りを抑制したりするのであれば4~10月で良いと思います。
その間の梅雨を避けられたら特に問題はないでしょう。
むしろ、切り口の消毒やカバーと病害虫の被害に留意(剪定や移植は重大なストレス)が重要な要素だと思います。


※参考記事

http://www.google.co.jp/cse?cx=partner-pub-3264389164452911%3Afqusuu-lx29&ie=Shift_JIS&q=%8F%BC&sa=%8C%9F%8D%F5&siteurl=engeisoudan.com%2Flng.cgi&ref=&ss=3663j2587025j7#gsc.tab=0&gsc.q=%E6%9D%BE%E3%81%AE%E5%89%AA%E5%AE%9A%E6%99%82%E6%9C%9F


http://www.niwaki-sentei.com/jiki03.html

Qラカンマキとイヌマキが枯れてきたよ~

今年の春頃植えた、庭木のラカンマキとイヌマキが最近茶色っぽくなって枯れてきました。何か病気にかかっているのでしょうか?どなたか病名と治療方法を教えて下さい。よろしくお願いしま~す。

Aベストアンサー

イヌマキ、ラカンマキは、比較的病害虫に強いといわれている樹木ですが、それでも、ハマキムシの類、カイガラムシ、アブラムシはよくつきます。特にマキシンハアブラムシはたいていのイヌマキ、ラカンマキについています。病気では、マキ・ペスタロチア病か、白葉枯れ病か根頭がんしゅ病が見られます。

<茶色くなってきているのは、葉が部分的(所々)にです。

ということなので、葉がつづられていれば、ハマキムシの類(コカクモンハマキかチャハマキ)ですが、相でなければ、マキ・ペスタロチア病か、白葉枯れ病が考えられます。
マキ・ペスタロチア病と白葉枯れ病はいずれも6月から9月にかけて見られ、症状としては、葉が白葉枯れ病は葉先から枯れ始め、マキ・ペスタロチア病は葉に小班点ができ、灰色白色、円形から不整形の病斑ができます。マキ・ペスタロチア病の場合、大発生することはないけれど一度発生すると集中的に発生します。特に高温多湿になる6月に被害が拡大しやすく、いです。台風などの風害で葉摺れ傷や刈り込みの後に発生しやすいようです。

病斑はどちらのタイプでしょうか?

マキ・白葉枯れ病の場合は、被害葉は翌年の春まで着生していることが多いようです。こちらは、樹勢が弱ってくると羅病しやすい傾向があります。

対処方法としては、
マキ・白葉枯れ病の場合
被害葉は、見つけ次第つみ取り焼却処理する。
薬剤は6月下旬から9月下旬にかけて銅水和剤(400倍)、ダイファー水和剤(500倍)などを月に1、2回散布します。

マキ・ペスタロチア病の場合
薬剤は6月から9月にかけてダイファー水和剤(400~600倍)、4-4式ボルドー合剤、銅水和剤(500倍)などを月に1、2回散布します。
刈り込み直後には、トップジンM(1000倍)を散布して防ぐのが有効です。

ところで、イヌマキを植えられているところですが、少し、気になるのですが、

<カチグリ(化石が埋まっているような岩土)です

イヌマキ、ラカンマキは、きわめて強健で土質にあまり関係なく、植栽できることになっていますが(海岸の砂防にも使うくらい)本来は、重い土壌(荒木田とか重粘土地)でも水分の十分にあるところが生育のいい木です。
植えられた場所が、少し乾燥気味でないかと思われます。熟成有機質の補給や、夏季に根元をマルチングするなどして、樹勢の回復にもつとめられた方がよいように思われます。

イヌマキ、ラカンマキは、比較的病害虫に強いといわれている樹木ですが、それでも、ハマキムシの類、カイガラムシ、アブラムシはよくつきます。特にマキシンハアブラムシはたいていのイヌマキ、ラカンマキについています。病気では、マキ・ペスタロチア病か、白葉枯れ病か根頭がんしゅ病が見られます。

<茶色くなってきているのは、葉が部分的(所々)にです。

ということなので、葉がつづられていれば、ハマキムシの類(コカクモンハマキかチャハマキ)ですが、相でなければ、マキ・ペスタロチア病か、白...続きを読む

Q松が枯れてしまいました。

今年の7月まで元気に育っていた松が8月になって突然枯れてしまいました。
今では葉が全て落ち、木の姿そのままです。
考えられる原因は今年の暑さに対して、水遣りが少なかったかなっと思っているのですが・・・
もし元気に復活させる方法をご存知の方がいらっしゃれば教えて下さい。

Aベストアンサー

どのくらいの大きさの松でしょうか?
苔玉に括り付けて、売っているミニ盆栽のような奴だと、正直厳しいかもしれませんね。今年の暑さはちょっと酷でしたから。それでも、復活させる方法を質問なされていると言う事は何か見込みあっての事かな?
完全に枯れ切っていない根拠あっての話なら、ひとまずは
部屋の中に入れ、直射日光を避け、どちらかと言えば薄暗いくらいの場所でしばらくお休みさせてあげましょう。勿論、この間の水遣りを怠ってはいけませんが、表面が乾いたら霧吹きなどで浸透する程度に抑え、決してやり過ぎないことです。脇芽がでてくる事を辛抱強く待ちましょう。これしか方法はないと思います。

Q柚子の木を移植したら・・・

先日、我が家の猫の額ほどの庭にゴルフの練習ネットを設置するために5年ほど経過し150センチほどになった柚子の木を移動しました。
根は結構深く張っていたので幹から50センチ程度で2本だけ切断しました。まだ短く細い20センチほどの根は5本ほどでしたがそのままです。
土もやわらかくして植え替え水も充分にまいたのですが翌日には葉っぱがしなしなになってしまってます。
もう再生はしないのでしょうか?
手当ての方法はなにかありますでしょうか?
新築祝いに女房側の両親が植林したので女房はカンカンで3日間口をきいてくれません・・・。

Aベストアンサー

#3です。
我家の柚子は、祖母が亡くなり引き払うときに庭にあったものを持って帰ったものです。大きいのは持ち帰り難いので小さいものだけですが。先に書いたものの他、30センチ程のも。

30センチ柚子の復活話
せっかく元気になっていたのに、秋にこれにアゲハが卵を産んでしまい、木でサナギになってしまいました。仕方がないので、雨に濡れないようにと部屋に入れたりしてたのですが、日照不足で春には葉がしなびて落葉してしまいました。サナギもかえらず。ぎゃ~と思いましたが、一応水はやり続けました。

しかし、今から1ヶ月くらい前からだったか、新芽がぽちぽち出てきて、それなりに葉が大きくなってきました。

葉が落ちた→いぜんとして枝に元気がない。しかし何となく緑色っぽいのが残っている→新芽が出る枝と完全に枯れる枝(白くぽきっと折れる)がはっきりしてくる。

という感じになりました。梅雨は丁度良い時期だと思います。豪雨ではいけませんが、カンカン照りでもなく湿度もあります。梅雨明け後の暑さにも耐えられる葉を出せるようにしましょう。

枝先を少し切り詰めて様子を見て下さい。枝がまだ緑であるのは生きてます。切ってみると新芽が出やすくなるかもしれません。お互い頑張りましょう。

#3です。
我家の柚子は、祖母が亡くなり引き払うときに庭にあったものを持って帰ったものです。大きいのは持ち帰り難いので小さいものだけですが。先に書いたものの他、30センチ程のも。

30センチ柚子の復活話
せっかく元気になっていたのに、秋にこれにアゲハが卵を産んでしまい、木でサナギになってしまいました。仕方がないので、雨に濡れないようにと部屋に入れたりしてたのですが、日照不足で春には葉がしなびて落葉してしまいました。サナギもかえらず。ぎゃ~と思いましたが、一応水はやり続け...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング