廣済堂文庫の、世界の妖怪事典によれば、かぐや姫は「罪人(つみびと)」とか書かれてあったぐらいでしたが。
より詳しく知りたいので教えて下さい。
何故、落ちて来て竹の中で輝いていたのでしょうか?

続きについてはどうなのでしょうか。
あのままかぐや姫は、おじゃる丸みたいにまた帰って来たり、
帰ってもまた爺や婆やの元へ顔を出しに偶に戻って来たりとかはしているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

先ほど、書き忘れました。



>地球に落とされた理由
一般的に言われているのは、契りに関わる罪です。
月の住人ではないと思っているので、すっかり忘れていました…。
    • good
    • 1

>何故、落ちて来て竹の中で輝いていたのでしょうか?


以前読んだ本が見つからなかったので、以下をお勧めします。
http://take-tanabe.hp.infoseek.co.jp/take-sono2. …
最近読んだ本では、こちらをお勧めします。
http://www5.tokyo-shoseki-ptg.co.jp/tosho_new/bo …

かぐや姫も、ある意図を持って創られた書物だそうです。
語り継がれる中で変わっている、元は二つの話であったのではないかとも言う人もいますし…。多くの物語には真実が形が変えられ秘められているものです。
また、七夕伝説も合わせて調べると更に見えてくると思います。
鉄分のある温泉で笹濁りって言葉が使われるのをご存じですか?これを竹取物語と重ねたらどうでしょうか?竹=笹として。当時、鉄は貴重なものだったと思います。その鉄を巡る戦いではないかと私は思っています。
    • good
    • 0

もう20年も前のことでしたか、かぐや姫に関する本を読んだことがあります。


かぐや姫の文章の構成について語り、竹の中から生まれた「異常出生説話」、求婚者が次々に難題をふっかけられる「求婚難題説話」、そしてかぐや姫が天に還る「羽衣説話」の3つの部分に分け、それぞれについて類似の伝説が残っていないかアジアの伝承伝説との対比をしつつ、竹取物語のルーツを中国やインドネシア、チベットの方まで探ってみるという内容でした。

その中では、かぐや姫の出生前の罪について語られている部分はありませんでしたので、今回のご質問を興味深く感じ、いくつか検索してみたところ、折口信夫の「竹取物語」に類似するくだりが出てくるようです。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000933/files/18412 …
この文章の、「かぐや姫」に関する言及のところにも
  姫がどうして、竹のよの中に這入つたかなどゝ言ふことも
  言はれてはない。天で失敗があつて下界に降り、或期間を地上に居て
  また天へ還つたといふ風に、きれいに作られてゐる。
とあるようですが、天にいて神につかえていたような神秘の女性が地上に降りて来る過程には何らかの事情(天女の羽衣のように水遊びばかりでもなく)を求めるくだりがあったということでしょう。

私は、折口信夫氏の竹取物語を直接読んではいないのですが、検索したところ、日本語ジェンダー学会第6号に載せられていた「竹取物語から見たジェンダー  高木香世子」という文章にも関連する記述がありました。
大本のサイトが見つからないので、グーグルのキャッシュのURLをあげておきます。
これからも、かぐや姫の天上での罪、に関する詳細はどうもありません。
地上に降りてきて物語を展開するための一つの必然的な要素だったかと思います。

http://74.125.153.132/search?q=cache:FA2RSBcvCZc …

かぐや姫のルーツや解読にかかる解説書も色々と出ていると思います。ご自身の研究のきっかけになればいいと思います。頑張ってくださいね。
    • good
    • 1

衣を通して光輝いた、衣通姫とも言われます。


歴史的観点からでしょうか?
竹取物語は、大和朝廷と地方豪族の戦いだと言いたいところですが、果たしてどこまで書きましょうか。
ロマンを壊しそうなので、取り敢えずここで失礼しておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うと言わなくてはなりませんが、何でも良いので御願いしたかったですね。

お礼日時:2009/10/29 22:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qかぐや姫が主人公のはずなのに『竹取物語』???

・・・竹取物語ってなんで竹取物語でしょう。この物語で「竹取」とよばれるのは例の翁です。主人公はかぐや姫のはずなのに、どうして「かぐや姫物語」ではないの?・・・

竹取物語に関するレポートが出されていて、色々調べ物をしたのですが、ネットでこんな質問を目にしました(どこかの大学のシラバスに書いてありました)。
レポートの内容には含めませんが個人的に気になったので質問させていただきます。
確かにこの質問のとおりですよね?わかる人いらっしゃいましたらご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

 むかしの物語には題名がわからないものが多く(なかには失われてしまったものもあるし、もともとないものもある)、しかしそれでは不便なので、通称がつけられています。これが固定化すると現在のような題名になるわけです。
 王朝物語でいちばん多いのは主人公の名前をとったもので、伊勢物語の在五中将物語という古名や平仲物語、源氏物語、狭衣物語、浜松中納言物語などがあります。
 これに対して、物語冒頭の一文をそのまま使って通称をつける場合があります。「夜半の寝覚」などがその典型例ですが、竹取物語もこの一種で、冒頭におじいさんのことが書いてあるので竹取物語という通称が出たのではないかと思われます。
 冒頭の文章で題名を決めるのは漢文によくある方法で(論語の章の名前がこれ)、それが日本にも入ってきたものだと思います。ずっと下って漱石の『吾輩は猫である』もこの類で、漢文が得意で、題をつけるのが苦手だった漱石の苦心の名案のようです。

Q『フランス革命事典』という事典について

フランソワ・フュレとモナ・オズーフが編集したみすず書房から出版されている『フランス革命事典』という事典についてお聞きします。
この事典の英訳版があるらしいのですが、その出版年と出版社、図版がカラーかどうかについて知りたいのですが、どなたかご存知の方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

英訳版の標題は「A critical dictionary of the French Revolution」です。
出版社等は英国図書館の目録データをご覧ください。
http://zz.tc/blcataloguerecord
Googleブックで中身も見られますが、図版は削除されているためカラー/モノクロの区別はわかりません。
http://zz.tc/gbookdfr
ですがなんとなくモノクロのような気がします。

↓この本を持っている大学図書館の一覧
http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BA07677591

Q竹取物語の「かぐや姫の昇天」について…

竹取物語の「かぐや姫の昇天」の本文に

「土より五尺ばかりあがりたるほどに立ち」

というのがあるんですが、

なぜ天人は地面から五尺ぐらい
上がった所に立ち並んで
着地しなかったんでしょうか?

Aベストアンサー

「かぐや姫は罪を償うために地上に降りてきた」

天人にとって、地上とは下等な下人の住む地であり、罪人の島流しの場所。
つまり穢(けが)れている所とみなしているのでしょう。
「本来ならばこんな汚らわしい所、降り立つのも触るのも嫌でおじゃる」と。

Qブリタニカ百科事典、印刷版打ち切り

ブリタニカ百科事典の印刷がなくなるそうです。今後は実物の本はなくなっていくんでしょうか? 図書館などもデジタル閲覧に変わっていくんですかね

http://www.cnn.co.jp/business/30005913.html

Aベストアンサー

質問文の中の「実物の本」というのが、「紙で作られた本」であると仮定して書きます。

まず、全体の流れとして、紙の書籍の発行部数が下がっていく、ということは避けられないと思います。
ただ、その書籍の取り扱う中身によって、異なるのではないかと思います。

例えば、質問文でも例として挙げられている「百科事典」。それに近いものである「辞書」。
No.1さんが仰っている「ぴあ」のような情報誌。
こういうものは、電子情報に取って代わられる部分が強いものだと思います。
というのは、これらは、1冊を通読して楽しむ本というよりも、必要に応じて、必要な部分を見る「道具」としての側面が強いものだからです。「道具」であると考えた場合、数十巻もある百科事典や分厚い辞書というのは、どうしても不便になります。必要なとき、必要な部分だけを引き出せる電子情報の方が優れている、ということになります。
また、「ぴあ」というのは、コンサート情報などを記し、チケット予約などのサービスもかねた雑誌でした。読者が求めているもの、というのは、速報性、利便性だと思います。刊行から1年を経過した「ぴあ」を見ても、ごく一部の人が、それを見て「このコンサート楽しかった」と思うことはあっても、それに価値を見出せないでしょう。そういうものの場合、随時更新が出来るネットの方が紙媒体より優れている、ということになり、取って代わられるのは当然のことといえるでしょう。同様のケースとしては、バイト情報誌や、不動産情報誌などが廃刊になっている、というのもあげられると思います。


ただ、その一方で、文芸作品などは、(部数が減ったとしても)しぶとく残ると思います。
小説などの文芸作品というのは、基本的に、速報性などを求めたものではありません。1年後だろうが、10年後だろうが、場合によっては100年後だろうが、読者がいる限り、読み続けられるものです。
この場合、「保存性」という観点から見て、紙の書籍のほうが優れています。
というのは、電子情報というのは、ちょっとした操作ミスや記憶媒体のダメージなどで簡単に消失してしまいます。また、情報は残っていても、リーダーなどの機械の互換性がないと、情報を受け継ぐことが出来ない、ということも起こりえます。
紙の本であれば、燃やすとか、水に沈めるとか、物理的に破壊しない限りは残り続けるわけなので、保存性が良い、ということが言えます。仮に、数百年が経過したとしても、物理的に残っていれば、その時代の人がその本を読むことが可能だからです。これは、電子情報ではまず出来ないことと言えるでしょう。

また、読者の視点にたって言うなら、紙の書籍という物理的な存在を伴ったものであれば、古本屋などに売るとか、知人・友人に上げるとかが出来ます。
しかし、現在の著作権の法律からして、電子情報ではそれが出来ません。
新刊で、千円で買った本を、読み終わったら、古本屋に500円で売ったとすれば、実質的に読者は500円で本が読めた、ということになるわけですが、これは、文芸本などが時間が経過したあとでも十分に読む意味を持っているから出来ることです。
それを考えたとき、速報性を伴わないものであれば、紙の書籍はしぶとく残るように思ったわけです。



と、長くなりましたが、速報性や道具としての側面を強く出すような書籍は、今後、電子情報にとってかわられるものと思います。
しかし、そうでないものは、しぶとく残るのではないかと思います。

質問文の中の「実物の本」というのが、「紙で作られた本」であると仮定して書きます。

まず、全体の流れとして、紙の書籍の発行部数が下がっていく、ということは避けられないと思います。
ただ、その書籍の取り扱う中身によって、異なるのではないかと思います。

例えば、質問文でも例として挙げられている「百科事典」。それに近いものである「辞書」。
No.1さんが仰っている「ぴあ」のような情報誌。
こういうものは、電子情報に取って代わられる部分が強いものだと思います。
というのは、これらは、1...続きを読む

Q竹取物語かぐや姫の昇天

竹取物語かぐや姫の昇天の中に

御衣を取り出でて着せむとす。

とありますが、「御衣」の動作の対象は誰なのでしょう?

「御衣」は名詞の尊敬語で、作者からの敬意というのは分かるのですが・・・


どなたかお願いします。

Aベストアンサー

かぐや姫

http://eva.genji.cc/boujin/taketorimonogatari-038.htm

天界から来た人が、かぐや姫に着せようとした。

QWebデザイン配色事典について

Webデザイン配色事典を購入しようか迷っています。
出版社である西東社のホームページに行ったところ、他のパソコン誌(本)は詳細情報が見れ、本の中も一部観覧できるようになっています。
しかし、Webデザイン配色事典のみ表示されませんでした。
本屋に行けば良いのですが、なかなか行けません。
この本のページの一部が観覧できるサイトありませんか?
また、この本の意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

私も見たことは無いのですが、アマゾンにレビューがある程度載ってましたから、リンクします。

単純に色→コードの対応を知りたいということでしたら、#1の方が紹介してくださったようなサイトはいくらでもあると思います。
レビューを見る限り、この本は色の組み合わせ方とか、同系色の作り方とか、そのあたりも解説してあるようなので、いいかもしれませんね。私もちょっと見てみたくなりました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791611721/

Q竹取物語かぐや姫の昇天 敬語

竹取物語かぐや姫の昇天で、
かぐや姫から帝への手紙の中に

かくあまたの人をたまひてとどめさせたまへど、許さぬ迎へまうで来て、取り率ゐてまかりぬれば、~


とありますが、その中の「まうづ」「まかる」の謙譲語の動作の対象が分かりません。

かぐや姫から誰への敬意なのでしょうか?

分かる方解答お願いします。

Aベストアンサー

帝です。
「迎へ(帝の治めるこの国に)まうで来て~(帝のもとから)まかる」からです。

Qまつざきあけみさん挿絵の妖精の百科事典を探しています。

20年ぐらい前に手のひらサイズの妖精百科(タイトルはうろ覚えです)と言う本を愛読していたのですが、紛失してしまい、大人になった今、もう一度読んでみたいのですが本屋さんなどにも無く、出版社や本のタイトルもはっきりと思い出せません。漫画家のまつざきあけみさんがほとんど挿絵を担当しており色んな妖精の解説が書いてありました。どなたか何かご存知の方情報をお願いします!

Aベストアンサー

>どうやったら手に入るのか分かりませんが、いつかは手に入れたいと思います。

↓復刊ドットコム
http://www.fukkan.com/

絶版や品切れ・重版未定の作品の復刊活動をしているところです。
「エミールの妖精トランプ占い」は、まだ誰も復刊リクエストしていません。しかし、エミール・シェラザードさんやまつざきあけみさんの作品が何作かリクエストされています。
ここでリクエストした上で、エミール・シェラザードさんやまつざきあけみさんの他の作品のリクエストコーナーの掲示板で、「エミールの妖精トランプ占い」を紹介したら、興味を持ってくれる人が出てくるかも知れませんね。

中古でよかったら、ネットオークションを時々覗いて、出品されていないか確認するのが、てっとり早いかも知れません。

↓Yahoo!オークション
  http://auctions.yahoo.co.jp/
↓楽天オークション
  http://auction.rakuten.co.jp/
↓BIDDERS(ビッダーズ)
  http://www.bidders.co.jp/

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?qid=1434749

>どうやったら手に入るのか分かりませんが、いつかは手に入れたいと思います。

↓復刊ドットコム
http://www.fukkan.com/

絶版や品切れ・重版未定の作品の復刊活動をしているところです。
「エミールの妖精トランプ占い」は、まだ誰も復刊リクエストしていません。しかし、エミール・シェラザードさんやまつざきあけみさんの作品が何作かリクエストされています。
ここでリクエストした上で、エミール・シェラザードさんやまつざきあけみさんの他の作品のリクエストコーナーの掲示板で、「エミールの妖精...続きを読む

Q桃太郎の鬼退治や竹取物語のかぐや姫や七夕の織姫彦星物語は日本書記から作られたのでしょうか? 桃太郎は

桃太郎の鬼退治や竹取物語のかぐや姫や七夕の織姫彦星物語は日本書記から作られたのでしょうか?

桃太郎は天穂日命のことでは?

で、鬼は葦原中国のこと?

七夕の織姫彦星物語の話も八坂入彦皇子の次女が弟媛と書いておりひめと読む美人がいた。

天皇は美人の弟媛(おりひめ)の噂を聞いて、弟媛がいるところに出向くと言い出した。

弟媛は天皇が妃としようとこっちに向かっていると聞いて竹林に逃げ隠れた。

天皇は弟媛の家に着いたが、弟媛がいないので、近くの池に鯉を離して朝夕見て過ごしていた。

弟媛は鯉の話を聞いて、どうしても鯉が見たくて竹林を出て池に出て来てしまった。

天皇は弟媛に気付いて、妃となるように言ったら、弟媛は私は美人ではないので、姉の方が美人なので姉を妃としてくださいとお願いをし、天皇はそれを受け入れて弟媛の姉を妃とした。

そして姉の入媛は11人の子を産み、7人の男子と4人の女子を産んだ。

日本書記って竹取物語のかぐや姫と七夕の織姫彦星物語の元になってませんか?

気のせいですか?

Aベストアンサー

気のせいでしょう。

かぐや姫の話の原型は、広く世界に分布していることが知られていて、西洋に伝わったものはトゥーランドットというオペラになってたりします。七夕の話は中国原産です。桃太郎は、成立は江戸時代と言われていて、結構新しい昔話だったりします。

Q平凡社「世界大百科事典」を安く手に入れたい。

平凡社から刊行されている、何十巻にも及ぶ「世界大百科事典」が、
とても欲しいのですが、平凡社のHPで調べてみると、
定価二十七万円とありました。
高いナーと思い、あちこちのネットオークションで世界大百科を探すと、
幾つか出品されているのですが、どれも発行年が古いものばかりです。
何ヶ月か、ずっとチェックしているのですが、古いものしか出品されません。
仕方なく、CD-ROM版の世界大百科を買ったのですが、
やはり書籍の形の世界大百科も、手元に置いておきたいと思います。
だけど、どこで買えばいいのかな。
古本でもいいので、比較的新しい年度の世界大百科を、
安く手に入れるには、どうすればいいでしょうか。

Aベストアンサー

http://kbic.ardour.co.jp/~newgenji/oldbook/sgenji.html

No.490447  世界大百科事典 A四 平凡社//昭和47発行/ \15,000 (有)葦書房

No.770991  世界大百科事典 39冊 下中 邦彦・編集/平凡社 全36巻(1981年鑑含む)(地図欠)+/1981発行/ \15,000 まつおか書房

No.1495585  世界大百科事典 全36巻 データブック、スペシャル(計7巻付) 計43冊 /平凡社/S56発行/ \8,000 太田書店

No.1612027  世界大百科事典〈特装本〉32冊揃 /平凡社/1963発行/ \9,000 大成堂書店







http://www.easyseek.net/book/

1142281 平凡社世界大百科事典 年鑑・地図・共 全35巻 15,000円

946953 世界大百科事典 全35巻内地図2巻 15,000円

837877 平凡社 世界大百科事典 1985年版 20,000円






http://www.takahara.co.jp/search_takahara.html

41302 世界大百科事典 函欠 地図付平凡社 1981 全35巻 50,000





http://www.kosho.or.jp/kosho/user/kensaku/top.asp

『世界大百科事典』 平凡社 平6 35冊 熊本県 舒文堂河島書店 65000 

『平凡社 世界大百科事典 1985年版』 1985  北海道  角口書店 
20000 【解説】全37 平凡社

参考URL:http://www.kosho.or.jp/kosho/user/kensaku/top.asp

http://kbic.ardour.co.jp/~newgenji/oldbook/sgenji.html

No.490447  世界大百科事典 A四 平凡社//昭和47発行/ \15,000 (有)葦書房

No.770991  世界大百科事典 39冊 下中 邦彦・編集/平凡社 全36巻(1981年鑑含む)(地図欠)+/1981発行/ \15,000 まつおか書房

No.1495585  世界大百科事典 全36巻 データブック、スペシャル(計7巻付) 計43冊 /平凡社/S56発行/ \8,000 太田書店

No.1612027  世界大百科事典〈特装本〉32冊揃 /平凡社/1963発行/ \9,000 大成堂書店 ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報