http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=50786
から分岐して参りました。参考に。

アンテナの”受信”特性は、その目的とする電磁波の波長をλとして、λ/2や、λ/4の長さ(アンテナ形式による)が効率が良いとされますが、その理屈が知りたいです。
自分なりに仮説を立ててみました。

仮説1:「アンテナ中を電荷が電磁波の力によって光速で移動(振動)するので、その長さをλ/2とすると共振するのに都合が良い」
こうすると疑問なのが、「ホントに電荷の移動速度は光速なのか?」という事です。
電子の速度はそんなに速くないというのは理解しています。
電子の移動速度が速いのではなく、電圧伝播が早いのだという事ですね。

僕が疑問に思うのは、その電圧伝播の速度です(電荷の移動速度とはこういうものですよね?)。
僕の意見としては、タイムラグがあるとすれば、それはその導電線の静電容量によるものであって、電圧伝播にかかる時間はゼロ(伝播速度∞)だと思うのです。
ちなみにこれは伝播の速度で、物質の移動速度ではないので相対性理論は無視できますよね。
すると仮説1は成り立ちません。

仮説2:「アンテナ中の電位の固有振動数の様なものが目的電磁波の周波数と一致する」
こうするとその固有振動数はアンテナ長さ等ではなく、静電容量的なもので決定付けられる様な気がするのですが…?

仮説3:「アンテナの電位が変動するのであるが、その電位の変動を出来るだけ大きく得るために、半波長が都合(効率)が良い(半波で振動の片方全体、例えばその電磁波の正(負)電位全て)を受けるから)」
そうするとアンテナは電磁波送信源に対して平行がよいはずだと思うのですが?

どなたか僕を納得させられる方いらっしゃいますか?
はっきりした理屈を知ってらっしゃいましたら仮設は無視して回答を下さって結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

管理者に直接メールなどでコンタクトを取れば


パスワードの問題は解決できるかと存じます。

http://www.goo.ne.jp/help/search/oshiete.html#3

取り急ぎアドバイスまで。

参考URL:http://www.goo.ne.jp/help/search/oshiete.html#3
    • good
    • 0

こんにちは。

質問者の元sr-silviaです。
実は、パスワードを忘れてしまいまして、別名で登録してやってきました。
リマインダも役に立ちませんでした。覚えてるつもりだったのに間違ってました。
お礼ができません。。。ポイントもあげられません。。。。
ごめんなさい、迷惑かけてすみません。
パスワードの問題が解決した時にポイントをあげようと思います。

回答下さった方へ。

motsuanさんの回答に対して。
分かりました!
アンテナが電磁波に対して垂直になってるのは電界がその方向に発するためですね!
そうですね!有難うございます。
それでは、やはりアンテナ長がλ/2となるのは素子中の電圧伝播速度(ほぼ光速)
が関係してくるからで正しいんでしょうね。
そうそう、位相速度の発散の意味を理解したところで、「アンテナに電波が共鳴している場合は、そこに定在波ができるわけで、そのときそこにある波の一部だけ取り出して、その共鳴器中の伝搬を問題にしても意味がなくなってしまいます」
についてですが、もうわかってらっしゃるかもしれませんが、僕が聞きたかったのは何故共振するのか?(定在波が出来るまでの話)でした。
共鳴器素子長と振動数との関連性が知りたいのでした。
おかげさまで、大体わかりました。有難うございます。

ここで、まとめてみたいと思います。
簡単なイメージとしては波形がアンテナ素子上を移動しているという様な図が頭にあります(ありました)が、実際は空中を電場磁場が鎖の様なカタチで相互振動(電場はその電磁波の発射アンテナ方向(TVの電波だと横)、磁場がそれと垂直方向(TV波では縦)で相互振動)しながら伝播し、アンテナ上で電場が振動する、実はその様子を示したのが先の簡単なイメージでの波形です。
だから共鳴器中を横波が伝播しているというより、共鳴器周囲の電場が振動している、その電磁波と受信アンテナλ/2が共鳴するというのを理解するのに重要なのが、
アンテナ中の電場の伝播速度なんですね。
それがほぼ光速であるからλ/2だとちょうど定在波が発生する。
motsuanさんの2回目の回答(回答No3)「電力を取り出す部分が自由端のようになって」の様にして、学校の物理で習った「音波の共鳴管」の電磁波バージョンだと思えば分かりやすいですね。

mostrさんの回答に対して。
アンテナの指向性とは、二次元的な方向(水平方向)の指向性の話で、例えば八木アンテナとダイポールアンテナの様な違いじゃないのでしょうか?
3次元方向的な電磁波発射特性はどんなアンテナでも無指向性なものは無いと思います。点電荷となる様なものはアンテナとは呼べませんし。
現に、ダイポールアンテナは無指向性とされています。
    • good
    • 0

話の流れと違うのですが、アンテナの受信特性についてです。


アンテナの長さがλ/2やλ/4となっているのは、指向性の問題だと思います。
指向性とは、ある方向にどれだけの電波が出ているかを表すものです。
すべての方向に同じ強さの電波が出ているときは無指向性、ある方向のみに出ているときは、「指向性をもつ」と言ったりします。
で、受信特性の話に戻るのですが、まず同じ電力をアンテナに供給した場合に無指向性と単一指向性(一方向のみ指向性をもつ)とで、どちらが受信特性が良いか考えてください。無指向性だと全方向に電波を飛ばすために、ある方向での電波の強さが小さくなります。逆に単一指向性だとある特定方向にだけ電波を飛ばすため、その方向では電波が強くなります。つまり、受信特性が良いというのは、電波がどの方向にどれだけ出ているかという事で決まります。アンテナの長さがλ/2やλ/4のとき、そのアンテナ上の電流分布は山形となって指向性を持ちます。波長に比べてアンテナの長さが十分短くなると、点電荷と等価となり無指向性に近い特性となります。詳しいことは、言葉で説明するのが難しいので、電気磁気学なんかの本を読むと載っていると思います。また、私でよければわかる範囲でお答えします。
わかりづらい文章ですいません。
    • good
    • 0

sr-silviaさん、こんにちは


返事が遅くなりましてもうしわけありません。

位相速度の発散というのは共振器があってそれがずーっと連なっている(何本も平行に並んでいる様子を考えてください)ときに、その中で共振器一本一本に波長の半分の波が立ち、平行に並んだ共振器では位相がすべて一致し、一番端の共振器とつぎもそのつぎも・・・最後の共振器も一緒の位相で変化するため、位相の伝わり方としては、無限大のスピードになっているということです。ちょっと分かりにくしてしまってようで申し訳ございません。

アンテナの専門家ではないのでアンテナに関する書籍をみたところ、電波の方向に対してアンテナが垂直になっているのは電磁波が進行方向に対して横波であるからというのが理由のようです。つまり、電界を棒の長軸方向に掛ける(電流はこの方向に流れています)ためには、この方向でなくてはならないということです。

以上です。
    • good
    • 0

 どうも話しをややこしくしているようで申し訳ありません。

電流の振動は伝導率σ、電界EとしたときσEで与えられます。つまり、(電波の通信で使っている振動数程度であれば)電流は電磁界といっしょに動くということです。電界の動き(電圧)で説明しようが、電流で説明しようが伝搬の速度という意味では同じということです。(ただし、信号増幅や伝搬を考えた場合インピーダンスのマッチングが問題になってくるので、電圧源のようなものとみなすか電流源のようなものとべきかは問題になると思います)。さらに、アンテナの信号はケーブルで引きまわさなければ、たんなる局在した振動と見なせばよいような気がするのですがあるいは、引きまわしたとしても、そのケーブルの先の出力としては、やはり、単なる電流/電圧の振動になると思います。(なお、ケーブル中の群速度=情報の伝搬速度は構造的に真空中の電磁波の伝搬より若干遅いはずです。)

 以上のことはさておいて、電波として伝搬する電磁界の速さは光速と同じですが、位相速度は光速を超えてもかまいません。たとえば、共振器のなかでは位相速度はあるいみ発散しているとも言えます。さきのアドバイスではそのあたりのニュアンスを伝えたかったのでした。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=34312
を参考にしてみてください。

 共振器の共振条件は共振器のなかで、端っこで跳ね返された波の位相が揃う(ギターの弦の振動のように)ということです。λ/2はこれで理解できると思います(腹が弦の真中にある振動)。したがって、共振器の真中から電力を取り出す。λ/4は片方の端に節をつくって、もう一方の端から電力を取り出す。こうすると、電力を取り出す部分が自由端のようになって、そこで跳ね返された電界がもうλ/4だけ進んで再び端で節をつくる。というようなものなのでしょうか?(この辺り全然しらないので)URLを検索していたら、パンにアンテナをつけて電子レンジで焼く(?)ページがありました。(パンが焦げる理由は??という感じでしたが)
http://www.cds.co.jp/ff/bread.htm

仮説ごとにいうと仮説1に関しては全体で振動しているだけなので、電子の動きの都合で共鳴が決まるわけではない(あくまでも、電波の波長の都合できまります)。ましてや電子1個1個がポールの端でぶつかって定在波をつくっているわけではない。(でも、電流の振動としては、電磁界にそって振動することは可能)。仮説2に関しては、固有振動数のようなものと一致することを共鳴というと思ってもらえばいいんじゃないでしょうか?インピーダンスの共鳴として考えてもらえばいいと思いますが、静電容量的であるか、インダクティブなものであるかはアンテナによると思います。(基本的には電磁波なので両方だと思います。)仮説3はよく分かりませんでした。電圧(電流)の取りだしとしては、確かに、共鳴の腹の部分(振幅が一番おおきな部分)から取り出すのが効率がいいと思います。

こんなところなのですが。

この回答への補足

パンの焦げる理由ですが、アンテナに生じた(アースとの)電位差によって、パンを介して電流が流れ、その仕事(ジュール熱)によって焦げたと思います。

補足日時:2001/03/24 21:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

位相速度と群速度についての質問も見て参りました。
すみません、位相速度の発散とはどういう事でしょうか?
アンテナが電磁波送信源から無限遠にあるとすると、電磁波はそれぞれ平行であるとみなして、アンテナ素子は電磁波に垂直なのでアンテナ素子が受ける電磁波の位相というのは素子全体どこでも同じであるという事で正しいでしょうか?

話は変わりますが、
「全体で振動しているだけなので、電子の動きの都合で共鳴が決まるわけではない(あくまでも、電波の波長の都合できまります)」
との事ですが、電磁波の波長を共振理由とするからには、アンテナの素子は電磁波に平行でなければならないと思うのですが?
全然波長とアンテナ素子長に関連性が見出せないのです。
ダイポールアンテナも八木アンテナでも垂直ですよね。
確認ですが、仮説1は電磁波の波長ではなくアンテナ中の部分電位変動(振動)の振動数(電磁波進行方向と垂直)を共振理由としています。

「端っこで跳ね返された波の位相が揃う(ギターの弦の振動のように)」
というのはなるほどとても納得できます。
確かに八木アンテナは真ん中から電位変動を取り出してますね。
が、上記の様にアンテナ素子が電磁波進行方向に平行でないと納得いきません。

お礼が遅くなったのをお詫び申し上げます。
よろしければもう少し補足お願いします。

お礼日時:2001/03/24 21:15

 アドバイスになっているかどうかわかりませんが、私のイメージは以下の通りです。


 電磁波(よって、電圧の振動も含む)にしろなににしろ、光の速度を超えて情報が伝わることはありません。そして、アンテナの周りの電磁界は電波に追随して変動し、電子もそれに合せて振動します。このとき、電子の動きは水道管を流れる水のようなものですから、光の速度で位相が動いているのであれば、それに追随して変動することも可能です(さすがに光ぐらいの周波数でもとはいかないとおもいますが)。
と前振りをしておいて、
 けれども、アンテナに電波が共鳴している場合は、そこに定在波ができるわけで、そのときそこにある波の一部だけ取り出して、その共鳴器中の伝搬を問題にしても意味がなくなってしまいます(つまり、伝わるという意味で位相の概念が崩れてしまいます)。
ギターの元を弾いたとき、弦の上を信号が伝わるのではなく、弦全体が揺れるのと同じです。揺れはあるけど伝わっているわけではないのです。このときの振動の速さは電波の振動の速さと同じです。電波をアンテナが受ける場合、この揺れを、電荷の揺れ=電圧のゆれとして取り出して増幅します。ただし、アンテナの種類によって、アンテナの周りにできる界が違って、ダイポールアンテナは電界がループアンテナは磁界が強くなり、その界が主に電荷を揺することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「そこにある波の一部だけ取り出して、その共鳴器中の伝搬を問題にしても意味がなくなってしまいます」という発言の意味の理解に時間がかかってしまいました。
はい、それは理解しております。
だから、それ(共鳴器中の伝播)を理由としている僕の仮設1は電圧伝播の速度が光速だとしてもおかしいと思います。
でもやっぱり大体がこう説明付けられているんですよねー…。???
アンテナが電流が流れる構造(ループ状)でない事もこう思わせる理由の1つです。電子でなくて電荷だから納得はできますが(電位の部分的変動と考えて)。
やっぱり僕も電位(電圧)の変動(揺れ)で説明付けるべきだと思います。

ダイポールアンテナ:電界、ループアンテナ:磁界である事もわかります。

「共鳴器」という言葉を出されている様に、アンテナが共鳴器になり得る理由、共振する事が出来る理由、共振するのに都合が良いのは何故λ/2なのか?が知りたいのです。

「motsuanさんの言う様に、電界の揺れを電荷の揺れ=電圧の揺れとして取り出す」のであれば、なぜλ/2が都合が良くなるのか?その理屈が理解できずにこまっているのです。

「なににしろ、光の速度を超えて情報が伝わることはありません。」
という発言で、いろいろ考えを巡らさせられました。
結果、面白い?事に気が付きました。
電磁波とは、電界磁界の相互振動によって伝播するものの事である。
という事は電界や磁界の伝播速度=光速である。
という事は電気の速度(静電容量による遅延を除いた電圧伝播速度)も光速である。

電圧の伝播速度=電磁波の伝播速度=光速だという事に気が付きました。
正しいですよね?

お礼日時:2001/03/22 00:38

昔に勉強した事なので忘れてしまいましたが…(汗



アマチュア無線の資格を取るための本があります。
その本には結構詳しく解説が書いてありますので
一度読んでみるのも良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
実は僕、4級ですがアマチュア無線免許持ってます。でもアンテナの受信に関しての詳しい理屈までは勉強していません。
3級とか2級とかになると出てくるのでしょうか。今度探してみます。

お礼日時:2001/03/21 13:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBSアンテナへの電通ができません・・・

戸建の家で、屋根に地デジ+BSアンテナが設置してあり、リビングと寝室の壁にアンテナの口が付いています。
リビングのテレビでは、地デジ、BSとも全く問題なく見れます(テレビとレコーダのアンテナ線は直列です)。
ところが、寝室のテレビではBSの受信がリビング側のテレビがオンの時しかできません(地デジは見れます)。

リビング側のテレビ、HDDレコーダともBSアンテナ電源は供給に設定してあり、卓上ブースターの電通ランプもオンになっています。

寝室側のチューナーも、BSアンテナ電源供給に設定してあるのですが、チューナーの先の分波器の電通ランプがオンになりません。当然ですが、その先の卓上ブースターの電通ランプもオンになりません。
寝室のチューナーは、I-OデータのHVT-BT200です。

何がいけないのでしょうか??教えてください。

Aベストアンサー

リビングと寝室の分配に分配器を使用しているなら、リビングからだけ電源供給可能な1端子電流通過型分配器を使用している可能性があります。
もしくは、寝室の壁コンセントが電流通過型でない可能性もあります。

リビングのTVがONの時は、寝室のTVでBSが視聴可能なら、アンテナ線の不良は考えにくいです。

Qケーブルを伝播する電磁波の波長(速度)

ケーブルを伝播する電磁波の速度は、真空中での速度より遅く、結果としてケーブル中では波長が短くなるようですが、なぜ速度は遅くなるのでしょうか?

Maxwellの方程式から電磁波が伝わる速度は 1/(ε・μ)^(1/2) なので、誘電率の違いなのでしょうが、物理的なイメージが掴めなくて、具体的にどのようなことがケーブルの中で起こっているのか理解できなくて悩んでいます。どなたか、わかりやすく説明していただけないでしょうか?

Aベストアンサー

No.4です。
古典論は具体的なイメージを描きやすいのですが、正確さという点では限界があります。

量子力学の範囲でのイメージは以下の様なものです。
・電子は、低エネルギーの基底状態と、高エネルギーの励起状態の2つのエネルギー状態をとることが出来る物とする
・電磁波は光子の集団である
・個々の光子は、波長に反比例し、周波数に比例する決まったエネルギーを持つ
・基底状態にある電子は、基底状態と励起状態とのエネルギー差に一致する光子がきた場合、それを吸収して励起状態になることができる
(これを実遷移と呼ぶ)
・電子が1つ励起状態になると、光子が1つ減る。
・エネルギー保存則から、状態間のエネルギー差と、光子のエネルギーは一致する。つまり、別のエネルギーの光子は実遷移を起こす事が出来ない
・電子は励起状態に一定時間とどまる事が出来る
・励起状態に有る電子は、寿命がくると光子を放出して基底状態に戻る
・ここで放出される光子のエネルギーは、エネルギー保存則から吸収された光子のエネルギーと一致する

ここまでは、一般の量子力学の講義で良く聞く話かと思います。
屈折率を考えるには、以下で説明するエネルギーがずれた光子の挙動が重要になります。
・エネルギーと時間の不確定性関係と呼ばれるものが存在する。これは以下の式で表す事が出来る
(エネルギーの不確実さ)×(時間の不確実さ)~(一定)
・つまり、時間の不確実さが少ないと、エネルギーの不確実さが増える
・短時間とは時間の不確実さが少ないことに対応する
・したがって、短時間であれば本来のエネルギーとずれたように振る舞うことができる
・このエネルギーの不確実さを利用して、電子はエネルギーのずれた光子を吸収して励起状態になることができる
・ところが、励起状態にとどまる事はエネルギー保存則から許されない。そのため、不確定性関係で決まった時間がくると、かならず光子を放出して基底状態に戻る
・この時放出される光子は、エネルギー保存則から吸収された光子のエネルギーと同じエネルギーを持つ
・つまり不確定性原理で決まった時間以上のスケールで観測しても、光子は物質に吸収されなかったように見える。このような遷移を仮想遷移と呼ぶ

・しかしながら、不確定性原理で決まった時間だけ光子は吸収されていたため、光子の位相がずれる
・この光子の位相のずれが、巨視的には光の速度の遅れに見える。これを表す量が屈折率である
・実遷移を起こすエネルギーから光子のエネルギーが離れるほど、大きなエネルギーの不確実さが要求される。したがって、時間の不確実さは小さくなる。そのため、吸収が起こるエネルギーの近傍で屈折率は大きく変化する

ここで、基底状態と励起状態のエネルギー差に相当する周波数が、古典論の固有振動に対応します。実際の物質では、基底状態と励起状態は一組ではなく、多く存在します。例えば価電子帯と伝導帯(いわゆるバンドギャップ)、分子の振動状態の違いなど。実際の屈折率は、これらすべての実遷移の影響を足し合わせたもので決まっています。

 なお、量子力学と電磁気学を統合した量子電磁気学の範囲でこの問題を扱ったものとして、ファインマン著『光と物質のふしぎな理論―私の量子電磁力学』が岩波現代文庫から出版されています。この本は、一般の方むけの講演をもとにしており、数式は最小限に抑えられていて、非常に読みやすくなっています。ご一読をお勧めします。

No.4です。
古典論は具体的なイメージを描きやすいのですが、正確さという点では限界があります。

量子力学の範囲でのイメージは以下の様なものです。
・電子は、低エネルギーの基底状態と、高エネルギーの励起状態の2つのエネルギー状態をとることが出来る物とする
・電磁波は光子の集団である
・個々の光子は、波長に反比例し、周波数に比例する決まったエネルギーを持つ
・基底状態にある電子は、基底状態と励起状態とのエネルギー差に一致する光子がきた場合、それを吸収して励起状態になることがで...続きを読む

QBSアンテナに電源供給をするのにU/Vブースターの電源が使えますか?

通常BSアンテナへはチューナー本体から電源を供給すると思いますが、
電源部がセパレート型のU/Vブースターの電源からBSアンテナへ電源供給できますか?

例えば以下の接続時に、BSアンテナとU/Vアンテナブースターに各々に電源供給されますか?また問題はありますか?

(1)U/Vアンテナ→U/Vブースター↓
(2)BSアンテナ→BSブースター(BS、U/V混合器)→U/Vブースター電源→分配器→壁アンテナ端子。

なお分配器は1電流通過型です。

Aベストアンサー

 最近のUVブースターはほとんどが直流の+15V電源となっていますので、BS電源に利用はできます。
最近はブースターにBSアンテナに電源を送ることのできるBS混合型のUVブースター(BS増幅兼用
型もOK)を使用するが一般的です。
 基本的にはdoecoさんの接続で、分配器が電流通過型ならUVブースター電源は最後でもOKです。
ただしブースターの電源が直流の+15Vかどうかは前以て調べておきましょう。
 

QR(λ),G(λ),B(λ) =?

 波長λの光が持つ色彩を,パソコンのディスプレイ上で再現したいと思っております。R 値,G 値,B 値の波長の関数,すなわち R(λ),G(λ),B(λ) の式(多少大雑把でも構いません)をご存知の方がおられましたら,是非教えていただきたいと思います。

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

興味があったので検索してみました。
同色関数という名前がついているようですね。
(正確にはひとによって違うとおもいますが標準化されているようです。)

参考URL:http://www.cybernet.co.jp/maple/document/hiroba/iro/iro4.html

QBSアンテナの電源をUVブースターの電源部から供給

BS・110度CSアンテナを設置しようと思うのですが、UVブースターの電源部からの電圧が15Vなので、BS・110度CSアンテナにも電源を供給することは可能ですか?

UHFアンテナ━ブースター━混合器━ブースター電源部━分波器━TV
BS・110度CSアンテナ━━━┛

Aベストアンサー

図を見ると混合器の前後にブースターが存在していますがどうしてなのか不明です(UHFアンテナ直後が不明、またブースターからアンテナに向かって電流を流すのはBS対応型のみ)。

BS混合器内蔵型のブースターであればなんの問題もありませんが、U/V混合器だけだと電流容量が不足して時間が経過してくると映らなくなってしまいます(混合器と電源ユニットはペアですからBS対応していないとアンプの分だけでBSアンテナの消費分は備えていない場合が多いと思います)、提示された図だけで判断するとダメという可能性が高いです。

Q平面電荷と点電荷の作る電位

http://web.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~masiyama/ube-k/deni2.pdf

ここのページにありますように
点電荷が作る電位は

V = Q / εr

で表されます。

一方で、点電荷を平面状に並べることで作られる平面電荷による電位は

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~saitoh/parts/lectures/staticelectricity.pdf

ここの5ページにありますように

-σr / 2ε

で表されます。

つまり、点電荷の場合、電荷の上で電位が無限大で、
電荷から離れるに従って電位はゼロになるということになります。

一方で、平面電荷の場合には、
電荷の上で電位がゼロで、電荷から離れるに従って電位はマイナス無限大に発散するということになります。

なぜ、平面電荷の場合で、電荷の上で電位がゼロになるのかということと、
距離無限大で電位が無限大に発散するのかということが理解できません。

点電荷上で電位が無限大になるのであれば平面電荷であっても同様に無限大になり、
遠い距離では同様に電位はゼロにならないのはなぜでしょうか?

電場を積分することで電位が得られ、平面電荷の場合には電場が距離によらず
一定であるために、このようなことが起きることは数式的には理解できるのですが
直感的に理解することができません。

どなたかわかりやすい説明をよろしくお願いいたします。

http://web.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~masiyama/ube-k/deni2.pdf

ここのページにありますように
点電荷が作る電位は

V = Q / εr

で表されます。

一方で、点電荷を平面状に並べることで作られる平面電荷による電位は

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~saitoh/parts/lectures/staticelectricity.pdf

ここの5ページにありますように

-σr / 2ε

で表されます。

つまり、点電荷の場合、電荷の上で電位が無限大で、
電荷から離れるに従って電位はゼロになるということになります。

一方で、平面電荷の場合には、...続きを読む

Aベストアンサー

Quarks さん:
> 電位は、基準点をどこに取るかで、違った値を持ちます。
> 無限遠点を基準に取ることが多いですが、これは、有限の大きさを持った電荷が有るとき、
> その電荷から無限の距離離れた地点では、その電荷の影響は無くなる、
> ということと関連させて、影響が無いなら、そこを電位が0とすると、
> 何となくスッキリするだろう、くらいの意味でそうするに過ぎないのではないでしょうか。
> 繰り返しますが、基準点はどこに取っても問題ないのなら、
> 無限遠点を基準にしても、電荷の有る位置を基準にしても、
> はたまた別の適当な位置を基準にとっても構わないわけです。

電位の基準点はどこにとっても構わないのは Quarks さんのおっしゃるとおりです.
(可能ならば)基準点を無限遠にとることについては
無限遠はどこから見ても無限遠なので,
たとえば点電荷が2個あったときに共通の基準点に取れることが極めて大事です.
点電荷から 1 [m] の点を基準点にするというような約束をしたら,
2個の点電荷があったときに違う基準点で電位を測ることになりますから,
基準点の調整が必要になります.

なお,電場の線積分を無限遠まで延ばして積分が収束しても無限遠を基準点に取れるとは
限りません.
例えば,x=+a (a>0) に一様な面密度 +σ(σ>0)の平面電荷があり,
x=-a に一様な面密度 -σの平面電荷がある,という場合,
x → +∞ の無限遠点と x → -∞ の無限遠点とでは電位が 2aσ/ε_0 だけ違います.

Quarks さん:
> 電位は、基準点をどこに取るかで、違った値を持ちます。
> 無限遠点を基準に取ることが多いですが、これは、有限の大きさを持った電荷が有るとき、
> その電荷から無限の距離離れた地点では、その電荷の影響は無くなる、
> ということと関連させて、影響が無いなら、そこを電位が0とすると、
> 何となくスッキリするだろう、くらいの意味でそうするに過ぎないのではないでしょうか。
> 繰り返しますが、基準点はどこに取っても問題ないのなら、
> 無限遠点を基準にしても、電荷の有る位置を基準...続きを読む

Qテレビのアンテナ端子の分配とブースターについて

テレビのアンテナ端子の分配とブースターについて

自室でTVを見たいと考えていますが一つ問題があります。
現在、1つしかない自室のアンテナ端子にブースターが繋がっていて
以下のような構成になっています。

屋根裏の分配機⇒自室のアンテナ端子⇒ブースター
         |__他の部屋のアンテナ端子⇒テレビ


これを以下のようにできないかと考えています。

屋根裏の分配機⇒自室のアンテナ端子⇒分配機(新規購入)⇒ブースター
         |                      |__自室テレビ
         |__他の部屋のアンテナ端子⇒テレビ

これで問題なく全ての部屋でTVは見られますでしょうか?

以上です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アンテナケーブル(同軸ケーブル)は次のような接続にすると良いと思います。

屋根裏-->[ブースター(*1)]-->[分配器(*2)]-->アンテナ端子(各部屋)-->
分波器(UHF)--------->テレビ(地デジ入力端子)
(*3)└(BS/110°CS)-->テレビ(BS/110°CS入力端子)

(*1)[ブースター]は[地デジ放送(UHF)]、[BS/110°CS]の電波に対応
した物を用意する必要があります。
(*2)視聴するテレビの台数分の[分配器]を購入します。
(*3)[BS/110°CS放送]を視聴しない場合は[分波器]は不要です。

次のURLをクリックして、必要な機材と接続方法を参考にして下さい。
http://www.yagi-antenna.co.jp/method/pdf/7_3_1.pdf
http://www.yagi-antenna.co.jp/method/pdf/7_3_2.pdf

Q 光速についてご質問します。観測者からの光の速度は不変ですね。仮に光速

 光速についてご質問します。観測者からの光の速度は不変ですね。仮に光速の99%で移動する宇宙船aとそれを外から見ている観測者bとします。aの船内から前方へライトを付けました。ライトが船内の前方へ到達する時間をkとします。とすると観測者bから見た到達時間はkより多くかからなければなりませよね。光速の99%なんで、到達するのがスローに見えるのでしょうか?
 光速は超えられないのですが、仮に光速で移動したとすると観測者は前方に到達することを確認できません。だから光速を超えることはできないということですか?また、宇宙船内の光は速度cで進みます。とすると宇宙船a内のライトは宇宙船にとっては観測者bに対して(1+99/100)cとなり、宇宙船にとっての観測者に対するライトの速さは光速を超えてしまうのですか?うまく表現できませんが、どこに間違いが有るのか教えてください。

Aベストアンサー

>ライトが船内の前方へ到達する時間をkとします。とすると観測者bから見た到達時間はkより多くかからなければなりませよね。
はい。

>光速の99%なんで、到達するのがスローに見えるのでしょうか?
観測者bから見ても光はcで進みます。
宇宙船の前方は光から逃げる形になるわけで、光が追いつくのに時間がかかる、というだけの事です。

>光速は超えられないのですが、仮に光速で移動したとすると観測者は前方に到達することを確認できません。だから光速を超えることはできないということですか?
いいえ。
相対論に基づいて光速を超えられないと解釈されているのは、もしそれができたとすると、因果律が破れるからです。


>また、宇宙船内の光は速度cで進みます。とすると宇宙船a内のライトは宇宙船にとっては観測者bに対して(1+99/100)cとなり、宇宙船にとっての観測者に対するライトの速さは光速を超えてしまうのですか?
はい、「観測者aから見た,光の速度と観測者bの速度の差」はcを超えます。
しかし、それは
「観測者aから見た,光の速度(と観測者aの速度の差)」
「観測者bから見た,光の速度(と観測者bの速度の差)」
のいずれとも異なりますので、光速度不変の原理と矛盾するものではありません。

>ライトが船内の前方へ到達する時間をkとします。とすると観測者bから見た到達時間はkより多くかからなければなりませよね。
はい。

>光速の99%なんで、到達するのがスローに見えるのでしょうか?
観測者bから見ても光はcで進みます。
宇宙船の前方は光から逃げる形になるわけで、光が追いつくのに時間がかかる、というだけの事です。

>光速は超えられないのですが、仮に光速で移動したとすると観測者は前方に到達することを確認できません。だから光速を超えることはできないということですか?
いいえ。...続きを読む

Qテレビのアンテナブースターについて

TVのアンテナブースターについて教えて下さい。
現在、リビングのメインTVのアンテナ接続にアンテナブースター(電源あり)がついています。 今回、部屋の模様替えをするにあたって、アンテナブースターを別の部屋のTVの接続にかましましたが、家中のTVがうまく映りません。
どうしてでしょうか?どうすればいいですか?
TVはアナログTVです。

Aベストアンサー

補足します。分配器の交換ですが、ある程度手先が器用な人なら図解もしくは作業手順写真をみれば作業できます。
同軸ケーブルの芯線と網線をショートさせない配慮が欲しいのが注意点です。
カッター、ニッパー、ハサミ、ペンチ、場合によってはドライバーがあれば、工作できます。別段特殊な工具は必要ありません。

屋根裏でも天井を踏み抜かない足場に配慮をしながら小さなLEDライトを持って入れば、作業出来ます。
現在屋根裏にあるであろう分配器が、シールド型のF型接栓ねじ込みタイプであれば交換は非常に簡単ですが、一昔前の直接ネジ止めタイプだった場合、同軸ケーブルにF型接栓を組み付ける作業が必要で、作業自体は特殊ではありませんが面倒になります。

添付画像は以前F型接線の組み付け作業の質問の為に作業工程を撮影したものの一部です。その気になればちゃんと出来ます。

なお、前回の回答で大失敗がありました。#2さまの回答のように、片通電の分配器の場合、電源部を引っ越した部屋に繋がっている同軸ケーブルを導通端子に差し替える事で、簡単に解決できます。全通電タイプにすれば、どの部屋のアンテナコンセント(アンテナコンセントも全部屋導通タイプである必要があります。)からでも導通出来るようになり対処は楽になります。

解る範囲内でしたら補足回答可能です。

補足します。分配器の交換ですが、ある程度手先が器用な人なら図解もしくは作業手順写真をみれば作業できます。
同軸ケーブルの芯線と網線をショートさせない配慮が欲しいのが注意点です。
カッター、ニッパー、ハサミ、ペンチ、場合によってはドライバーがあれば、工作できます。別段特殊な工具は必要ありません。

屋根裏でも天井を踏み抜かない足場に配慮をしながら小さなLEDライトを持って入れば、作業出来ます。
現在屋根裏にあるであろう分配器が、シールド型のF型接栓ねじ込みタイプであれば交換は非常に簡...続きを読む

Qλ/4波長垂直接地アンテナのアンテナ利得について

λ/4波長垂直接地アンテナのアンテナ利得についてWebで調べたところ、
λ/2ダイポールアンテナの利得とほぼ同じと説明がありました。

なぜでしょうか?どなたか教えて下さい。

またdBiを倍に変換する方法も教えて下さい。

Aベストアンサー

>λ/4波長垂直接地アンテナのアンテナ利得についてWebで調べたところ、
>λ/2ダイポールアンテナの利得とほぼ同じと説明がありました。
>なぜでしょうか?どなたか教えて下さい。

そこに説明があったと思いますが、

λ/4アンテナは、片方の電極を地面(グランド)に肩代わりしてもらうから。
電磁気で考える鏡像をイメージしてもらうと良いと思います。



>またdBiを倍に変換する方法も教えて下さい。

意図が不明です。dBiを倍には変換できません。


強いて言えば、3dBで2倍です。
数値に変換したい場合は、dBの定義を確認して計算してください。

[dBi]=log(10)[I1/I2]です。 log(10)は常用対数(底が10)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報