1.記紀には聖徳太子が送った遣隋使が中国への最初の使いのように書かれていますが、中国側の史料には
邪馬台国や倭の五王の時代に使いが何度も来ている事が書かれています。
これらの時代の事はなんで記紀には無いのでしょうか?

2.遣唐使船はしばしば難破したり漂流したりで半分くらいしか辿り着けていないそうですが、
白村江の戦いでは日本軍は一千隻もの軍船に数万の兵を搭載して大陸まで送る航海技術があったのに、なんでこうなったのでしょうか?
白村江の戦いでも実際はその数倍の軍船が建造されていたけれど、途中でかなり沈んでいるのでしょうか?
でもそのような記述はありません。
また千に数倍する軍船が建造されていたとすれば、それ自体遣唐使の時代とかなりの技術力
や生産力の違いが感じられるのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

2についてですが、その白村江の戦いの結果、安全な半島経由のルートが使えなくなったため、直接海を渡るルートを使わざるを得なくなり、非常に危険なものになったそうです。



遣隋使、遣唐使も白村江まではわりと安全だったらしいですよ。
    • good
    • 0

>記紀には聖徳太子が送った遣隋使が中国への最初の使いのように書かれていますが、



確か、日本の古い書物には日本が隋に遣ったという言葉は、何処にも書いていないと聞いて居ります。唐に派遣したと書いてあるのみだそうです。それを、明治のお偉い先生方が、何を根拠にしたか知りませんが、それは間違いだ、隋に遣ったのだ、と言い出したと聞いて居ります。もしかしたら、私の聞き違いかもしれませんので、日本が隋に遣ったとどの部分に書いてあるのか、教えてくれませんか。私にとって、大変に参考になりますから。
    • good
    • 0

お初です


1.について・・・
邪馬臺国・倭の五王と近畿天皇家に繋がりがあるかどうかで考え方としては何通りもありますが、日本書紀は天皇をトップとした中央集権体制が整った後、中国の史書に倣って編纂された「日本の」歴史書です。時代を遡るにつれ国内史料が少なく、或いは全くないと言う事もありましょうし、自国の恥部であろう中国の属国(朝貢国)だった歴史を握りつぶした可能性もあります。「隋書」にあって「書紀」にない外交交渉の記事があります。
    • good
    • 0

>これらの時代の事はなんで記紀には無いのでしょうか?



未だに邪馬台国がどこにあったかわからない。
というような論争がされているように、
記紀にはそのあたりの時代の記述が非常に不明瞭のようです。

最近読んだ本では、
日本書紀は天武天皇の発願により開始されたが、
途中、藤原不比等の陰謀で事実関係が意図的に
隠蔽され、その結果その頃まで遡って歴史が歪められたのだ
というような話でした。

単なる憶測の域はでないでしょうけど、
説としては非常に面白いものでした。

私の拙い憶測では、記紀は大和朝廷の正史であって、
邪馬台国や倭の五王は正式な日本代表の使いではない
からあえて正史から外した
というようなことなのではないかと思われますが。

箸墓古墳や今公開中の桜井茶臼山古墳のように
その当時の古墳などの調査が進むとその当時の
諸事情も含めて解明されるのではないかと思われます。
    • good
    • 0

邪馬台国は三国志によって知られたわけですから当然その時代のことは日本には記録がありません



白村江の戦い:この時代は沿岸航海です
遣隋使になると沖縄や台湾あたりまで行ってから大陸に渡ったようです(古代日本の航海術参照)
白村江の戦の時に比べると非常に危険な航路を使用しています
理由はおわかりですよね
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白村江の戦いで、倭軍の兵力の42,000人は多過ぎ

Wikiによれば,白村江の戦いで、倭軍の渡航した兵力は、42,000人だったそうです。
ところで
1、地元の百済軍は、5,000人の兵力でした。
2、元寇の役では、来襲してきた蒙古軍の兵力は、27,000人~39,700人および140,000~156,989人でした。
以上のことを考えると、倭軍の42,000人は多過ぎるように思いますが、如何でしょうか?

Aベストアンサー

他の方も指摘するように、古代の戦争については文献が頼りにならないだけではなく、当時の状況を知る術も非常に少ないので実態を把握するのは非常に難しいと思います。

で、時代的には16世紀の戦国時代より、3世紀の三国志時代のほうが近いと思います。
三国志で最も有名な戦いは赤壁の戦いであり、なんとも都合がいいことに、こちらも水軍(河川海軍ですが)の戦いです。三国志演義では曹操軍100万、なーんていわれていますが、これが「白髪三千丈」であることは異論はありません。じゃあ実数はどんなものなのか。
中国でも資料が少ない時代なので極めて困難な作業ですが、頑張った人がいて、その人によると「だいたい曹操軍が2万からいいとこ2万5千。孫権・劉備連合軍は2千かその程度ではないか」ということでした。当時の人口と補給能力を考えると「現実的にはそんな数字だろう」という点では中らずと雖も遠からずというところではないかと思います。

でね、現実的にはおそらく当時は「兵力をきちんと勘定する習慣はなかった」と思うのですよ。古代の軍隊というのは今の軍隊と違って組織化されていませんし、戦闘員と非戦闘員の境界も曖昧です。それは戦国時代でもそうなんですけどね。馬の世話をする人は非戦闘員だけど、時と場合によっては戦う(戦わされる)ことだってあったでしょう。
例えば、暴力団が「抗争や。動員せえ」となったときに、若頭が「若い衆を200人集めました」といったときにちゃんと勘定しているかっていうとしていないでしょ、絶対。「そのくらい集めました」ってことだと思います。「佐藤組が200人、田中組が150人、鈴木組が100人。合わせてだいたい500人てところか」という感じだと思います。
当時の軍隊なんてヤクザと同じで、親分が子分を引き連れてやるものですから、実数をきちんと把握している人なんて誰もいなかったと思いますよ。自己申告を山積みしただけでしょう。

だから倭軍4万は私も多すぎると思います。「それだけの人員が、メシも食えば糞もする」ということを思えば組織だった補給システムがないと到底維持できないと思います。秀吉の朝鮮出兵のときはあの石田三成らがロジスティクス(補給)を担当し、彼らが優秀だったのでそれは破綻しなかったですが、朝鮮出兵を支えていたのは石田三成らですよ。
当時の倭軍にはロジスティクスに関しては個別に対応していたか、貧弱なシステムがあったに過ぎないと思うので、ロジスティクス面から考えればもっと少ない数にならざるを得ないと思います。
ただ、当時の倭軍としては持てる水上戦力はほぼ全て投入したのではないかなとは思います。その水上戦力を使い潰したからこそ、古代最大の争乱、壬申の乱を招いたのでしょうね。

他の方も指摘するように、古代の戦争については文献が頼りにならないだけではなく、当時の状況を知る術も非常に少ないので実態を把握するのは非常に難しいと思います。

で、時代的には16世紀の戦国時代より、3世紀の三国志時代のほうが近いと思います。
三国志で最も有名な戦いは赤壁の戦いであり、なんとも都合がいいことに、こちらも水軍(河川海軍ですが)の戦いです。三国志演義では曹操軍100万、なーんていわれていますが、これが「白髪三千丈」であることは異論はありません。じゃあ実数はどんなものなのか...続きを読む

Q夏休みの宿題で……。 夏休みの宿題で、「聖徳太子は生きた時代にどのような影響をあたえたのか。」 っ

夏休みの宿題で……。

夏休みの宿題で、「聖徳太子は生きた時代にどのような影響をあたえたのか。」
っていう歴史の宿題がでてます。

調べても、あまりでてこなくって。
知ってる方、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

四天王寺や斑鳩寺を建立し、仏教の隆盛に努めた。
遣隋使を派遣し、大陸文化を日本に取り入れた。
冠位十二階の制度を作り、中央集権国家の礎を作り上げた。

Q戦国時代の戦いの地形(野原?田んぼ、畑?)

 戦国時代の戦いをドラマで見ていると、
 戦は、みな、野原で起こっています。

 きれいな草が生えた、まるでサッカーでもできるような
 グランドが戦いの場所です。人家も全然ありません。

 でも、そんなことありえたのでしょうか?

 関ヶ原、桶狭間、設楽ケ原、川中島、摺上原、などなど
 今の地図を見てみると、みな水田か住宅地になっています。

 大軍が戦うなら、山の中では戦えないでしょう。
 でも、平らな土地だったら、当然、戦国時代だって真っ先に
 水田か畑になっていたんじゃないでしょうか?

 戦国時代の戦いは、現実にはどんな場所だったんでしょうか?

 実際は、結構、畑になっている場所で戦っているような
 気がしますが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

>ただ、大軍が戦える、荒地や畑が結構あったのでしょうか

結構あったと思いますよ。今と違って灌漑が難しい土地の多くは手つかずだったと思います。
水が引けないのなら畑にすればいいじゃないかとも思うでしょうが、そんな所に住んでると日照りでまったく作物がとれない年が来ると全員餓死してしまいますので、なかなか定住は難しいです。

>長篠の戦では、間に連呉川が流れており、屏風図でも川が書かれています。
そうなると、その周辺は水田があったのではないでしょうか?

もちろんまったく水田がなかったとは思いません。
ただ梅雨時の水田上で行動するのが最悪な時期に勝頼が決戦場に選び火力に勝る織田家と真っ向から対峙したからには、荒れ地が主だったと思います。水田が多い土地となると梅雨時の水田は歩けるものではないので限られた通路しか通行できず、細くなった大軍を鉄砲で打ち放題となる最悪の状況になります。どんなに馬鹿な指揮官でもそんなところでは戦わないですよ。

>戦国時代の戦場は、水田や荒地が入り乱れ、そのなかで
 戦いもあったように思えるのですが、どうでしょうか?

戦国時代の多くの戦いは収穫物の略奪が目的に含まれていますので、多くの戦いはnobuakeさんが思う通り水田が多い土地での争いになると思います。
ただnobuakeさんが選んだ戦いのうち川中島以外は決戦となる大きな戦なので、どちらかというと荒野のような場所が多いのではないでしょうか。

>ただ、大軍が戦える、荒地や畑が結構あったのでしょうか

結構あったと思いますよ。今と違って灌漑が難しい土地の多くは手つかずだったと思います。
水が引けないのなら畑にすればいいじゃないかとも思うでしょうが、そんな所に住んでると日照りでまったく作物がとれない年が来ると全員餓死してしまいますので、なかなか定住は難しいです。

>長篠の戦では、間に連呉川が流れており、屏風図でも川が書かれています。
そうなると、その周辺は水田があったのではないでしょうか?

もちろんまったく水田がなかった...続きを読む

Q原始時代から平安時代までと 奈良時代から室町時代までの 間にそれぞれ何がありますか?

原始時代から平安時代までと
奈良時代から室町時代までの
間にそれぞれ何がありますか?

Aベストアンサー

原始時代から平安時代までには「(古墳時代と飛鳥時代と)奈良時代」
奈良時代から室町時代までには「平安時代(と鎌倉時代)」がありますけど、試験範囲でしょう?
多分「そう言う話じゃない」はずで、事象は多岐に及ぶので、教科書や年表・資料をもう一度読み返しましょう。
としか言い様がないです。

Qソンムの戦い(フレール=クレスレットの戦い)で登場した戦車に関して質問です。

タイトル通りです。第一次世界大戦中の1916年7月から開始されたソンムの戦いでは、イギリス軍がドイツ軍相手に攻撃を仕掛け、多大な犠牲を被ったのち、1916年9月の調べてみるとフレール=クレスレットの戦いから戦車を投入したとの記載がありました。ただ、この時にイギリスは用意した49両もの戦車のうち、実際に戦闘に投入できたのはわずかに5両であったと聞きました。

第一次世界大戦のソンムの戦いではじめ投入された戦車というのは、ドイツの砲兵にやられたり砲弾でできた穴にはまって動けなくなるなどの情報もありますが、戦車というのはそれ単体では威力を発揮しなかったのでしょうか?

現在においても戦車単体では、敵の対戦車砲などによってすぐに潰されてしまいますが、第一次世界大戦だと防御側は有刺鉄線や塹壕、機関銃などによって圧倒的に優位であったため、あまり戦車は役に立たなかったという認識は合っていますか?それとも、違いますか?

Aベストアンサー

>フレール=クレスレットの戦い~の時にイギリスは用意した49両もの戦車のうち、実際に戦闘に投入できたのはわずかに5両であったと聞きました。

 49両中、10両が故障で前線まで移動できず、攻撃開始地点から実際に戦闘に参加したのは14両。戦闘開始で前進中5両が泥濘にはまって行動不能となった、ということでした。

> 第一次世界大戦のソンムの戦いではじめ投入された戦車というのは、ドイツの砲兵にやられたり砲弾でできた穴にはまって動けなくなるなどの情報もありますが、戦車というのはそれ単体では威力を発揮しなかったのでしょうか?

 そもそも、戦車が開発されたのは、塹壕や鉄条網を超越し、歩兵の進撃路を確保することによりこう着する戦況を打開するためで、戦車戦の用兵思想はなかったのです。

 ゆえに、防御装甲は船舶ボイラー用の鋼板を流用した程度で、ドイツ軍が敵の監視哨狙撃用に装備していた小銃用徹甲弾(smK弾)で戦車側板を打ち抜けていました。また、速度は時速約6キロていどでしたから、歩兵の協同がないばあい、ドイツ兵は容易に死角から戦車に迫って集束手榴弾を使用したり、開口部を銃剣でこじ開けたりして中の乗員を射殺しました。さらに、泥濘での立ち往生や故障などからドイツ軍に手に渡る例もありました。
 
 実際、のちにドイツ軍が戦車部隊を編成した際には、イギリス軍から鹵獲した改造戦車が主力となっていたほどでした。

 このように戦車が登場した初期は、前線のドイツ軍将兵に恐怖を与えた効果はありましたが、戦車戦闘の運用思想の欠如により戦況に大きな変化を出すには至りませんでした。
 
>第一次世界大戦だと防御側は有刺鉄線や塹壕、機関銃などによって圧倒的に優位であったため、あまり戦車は役に立たなかったという認識は合っていますか?それとも、違いますか?

 1917年11月、カンブレーにおけるイギリス軍の戦車大量投入(476両)による奇襲作戦は、それまで何度も失敗していたドイツ軍の前線を一日で突破するという画期的な戦果を挙げました。反面歩兵の協同を欠いた戦車群のみで前進したフレスキエルの戦闘ではドイツ軍野砲部隊により約30両の戦車が破壊されました。

 第一次大戦中の戦車の運用は、戦車の奇襲的な大量投入や、戦車と歩兵、砲兵などの諸兵科の連合的運用という大量殺りく戦へつながり、続いて起こった二次大戦、ついで現代までのきわめて重要な戦訓を生んだといえるでしょう。

資料:歴史群像 欧州戦史シリーズ『WWⅡ ドイツ軍装甲部隊全史Ⅰ』 学習研究社 2000年

>フレール=クレスレットの戦い~の時にイギリスは用意した49両もの戦車のうち、実際に戦闘に投入できたのはわずかに5両であったと聞きました。

 49両中、10両が故障で前線まで移動できず、攻撃開始地点から実際に戦闘に参加したのは14両。戦闘開始で前進中5両が泥濘にはまって行動不能となった、ということでした。

> 第一次世界大戦のソンムの戦いではじめ投入された戦車というのは、ドイツの砲兵にやられたり砲弾でできた穴にはまって動けなくなるなどの情報もありますが、戦車というのはそれ単体で...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報