父親が日本人、母親が外国人の場合国籍はどっちになるのですか?逆の場合・入籍しているか否か・入籍していない場合認知済かそうでないか。様々なケースでどうなるか教えて下さい。あと「どちらかを選択する」ということが発生することがあるのでしょうか?その場合、選択をしなかったらどうなるのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

詳しいことは分かりませんが、根拠法令として国籍法、法例を当たってみてはいかがでしょうか。

また、国籍(国籍選択)については、法務局若しくは地方法務局の国籍担当へ電話等により問い合わせるもの一つの方法だと思います。(*在留資格は入管です。)
    • good
    • 0

 父親が日本人の場合、通常結婚すれば結婚後生まれた子供は父親の戸籍に入り、名目とも日本人です。

それ以前生まれた子供も法務大臣に届出で日本国籍を取得できます。結婚しない場合ですと胎児認知であれば、生まれた時点で日本国籍が取得できますが、生まれた後の認知ですと、簡易ですが、日本国籍になりたい場合は帰化手続きになります。また、生まれた時点で日本国籍となっている場合で、韓国当局に届けないと、韓国国籍法により、韓国国籍を失うことになります。

参考URL:http://ww51.tiki.ne.jp/~tanimura/nizy.htm
    • good
    • 0

そうなんですか、言いづらい事を無理に聞いたようで、まことに申し訳ありません。


さて、ご質問の件ですが、夫、日本人 妻、在日(永住資格有り) 出生地日本とゆう条件で考えてみますと、いくつかのケースにわけて考えられます。
1 婚姻した場合 いわゆる二重国籍になります。
日本国籍及び韓国?のどちらか
この場合、認知は必要ではありません
2 婚姻しない場合 
1)認知を受けた場合 1と同様です。
2)認知を受けられなかった場合
 特別在留資格保有者の子として、韓国?籍及び、在留資格保有者となると思われます。
3 二重国籍について
 22才時点で国籍の選択をしなければならないようです。
 手続きについては、そこまでわかりませんでした。
市役所又は、大使館にお問い合わせなさってください。
ただ、参考アドレスの記述にあるように自分で選択しなかった場合、規定により強制的にどちらかになると思われます。
注 どう転んでも、生まれる子は、日本に合法的に滞在する資格が有ると思います。扱い上も、ほぼ日本国籍保有者と、変わらないでしょう。生まれるお子さんが幸せになるようにお祈りしています。
 ただ非常に微妙な問題でもありますので、良く調べて、子供に最善の選択をなさってください。

参考URL:http://www.amy.hi-ho.ne.jp/tatsumi-office/smmryj …
    • good
    • 0

下記の国籍法にあるように、男女による取り扱いの違いはありません。

ただし、婚姻届を出している正式な夫婦であることが必要です。認知によっても可能ですが、実務上の取り扱いについては、役所や専門家に相談されることをお勧めします。

参考URL:http://www.normanet.ne.jp/~hourei/h147iR/s250504 …
    • good
    • 0

日本では『父親の国籍』がほぼ無条件で最優先です。

ですから父親が日本人である場合は,無条件で日本国籍を有することができます。

逆に日本では,父親が日本人では無い場合は,「父親の国籍が最優先」の原則にのっとり,『無条件に日本国籍』は与えられません。父親の国の制度にも寄りますが,一般的には父親と母親が戸籍上での入籍がされていれば,父親の国籍,出生地,のいづれか,あるいは母親の国籍も加えたいづれかの選択式になる場合が多いと思います。

ところが入籍していない日本女性と外国人男性間の子供を巡っては,いろいろな問題が生じています。最悪の場合は子供は無国籍です。

戦後の沖縄で婚姻関係のない米兵と日本女性の間に生まれた『非嫡出子』たちの中には,現実として日本国籍を有していない人も居ます。
戦後20数年間の沖縄は日本でも,アメリカでもない地域でしたから,日本の法律にもアメリカの法律にも当てはまらない例外パターンが生じてしまったのです。

・父親が日本人でない
・母親が父親の籍に入っていない
・父親に認知されていない
・出生地が日本で無い
・出生地がアメリカでも無い

以上がその得意なシチュエーションです。

日本国籍を有さない人は日本の義務教育を受けられません。小学校にも中学校にも行けないのです。現実問題として,沖縄の混血児たちに義務教育を受けさせない訳には行かないので,あくまでも特例として沖縄では彼らは義務教育を受けることが出来たのです。
    • good
    • 0

母親の国籍、生まれた場所(国)、生まれた場所における夫婦の滞在資格(旅行中、ビジネスビザ、不法滞在等)で、千差万別ですので、かきこ

してくれないと、答えようがないような?

この回答への補足

事情があり、具体的には書きませんでしたが、父親は日本籍・母親が韓国籍です。母親が生まれたのは日本でいわゆる「在日」です。この場合「入籍」という行為があればその子供は日本国籍を取得できるのでしょうか?それとは別に「認知」も必要なのでしょうか?

補足日時:2001/03/20 22:45
    • good
    • 0

父親かあるいは、母親が日本人であれば、日本で生まれようと、外国で生まれようと、日本人となる資格があります。

母親が、あるいは、父親が外国人の場合、その国の法律がどうなっているかで異なります。日本におられる場合は、在日大使館に問い合わされるといいでしょう。選択が発生する場合もあります。アメリカとの二重国籍だと定められた年齢に達したとき自分でどちらかを選択できます。

この回答への補足

言葉足らずでした。申し訳ありません。今回のケースでは母親が在日2(3?)世で父親が日本人だそうです。この二人が入籍した時点で、生まれてきた子供は日本国籍を取得する権利を持っているのでしょうか?それとは別に「認知」などの行為が必要なのでしょうか?

補足日時:2001/03/20 22:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無国籍はどうやって生じるのか

無国籍という単語がありますが、無国籍てどうやってうまれるんでしょうか。国籍が剥奪される・・とか・・・?でしょうか

Aベストアンサー

昨日(1/18)、フジテレビの「とくだね!」という番組の中で、無国籍について放送していました。
日本では、離婚した女性は離婚後半年間は再婚ができないことになっています。また、離婚後、300日以内に生まれた子は法律上は前夫の子になるそうです。
正式に離婚が成立する前に夫以外の男性の子を妊娠、離婚が成立し、半年後に妊娠している子の事実上の父親と再婚した場合。再婚後に生まれても子の父親は前夫になります。
実の父母としての出生届けは受理されません。
実の父母との子として戸籍に載せるためには、裁判をして前夫の自分の子ではないという証言が必要だそうです。(証言だけでいいのか詳しくはわかりません)
番組の中では3組のケースについて実名、顔も出していました。
その中のひとつのケースは、離婚の原因がドメスティックバイオレンスで、離婚後前夫に居場所を知られないようにしている。証言してもらうには顔を会わせなくてはならない。これをきっかけに居場所を知られ子にも危害が及ぶのではということで、出生届けが受理されず、無国籍のまま。
正式に離婚後、再婚し妊娠したが、8ヶ月の早産で生まれてしまったため離婚後、300日以内に生まれてしまった。実の父母の子としての出生届けは受理されない。現在も無国籍。
もうひとつのケースは確か16歳の高校生でした。無国籍だと住民票もないし、学校にも行けないのですが、自治体の特別な措置で仮の住民票があるということでしょうか、学校には行っていました。
ところが、高校の修学旅行で海外に行くのですが、無国籍のためパスポートの申請が受理されませんでした。
また、国籍がないと、健康保険にはいれない、運転免許がとれない、選挙権がない、結婚ができない、国家資格がとれないなど。当然のことですが。
この方たちは、DNA鑑定で親子の証明をし、実の父母の子として出生届けの受理、戸籍に載せるという法改正を望んでいるようです。

昨日(1/18)、フジテレビの「とくだね!」という番組の中で、無国籍について放送していました。
日本では、離婚した女性は離婚後半年間は再婚ができないことになっています。また、離婚後、300日以内に生まれた子は法律上は前夫の子になるそうです。
正式に離婚が成立する前に夫以外の男性の子を妊娠、離婚が成立し、半年後に妊娠している子の事実上の父親と再婚した場合。再婚後に生まれても子の父親は前夫になります。
実の父母としての出生届けは受理されません。
実の父母との子として戸籍に載せるため...続きを読む

Q親が多重国籍だった場合の子どもの国籍

国籍についての質問です。

日本は国籍に関して血統主義を取っていますが、ハーフなどに限り22歳まで多重国籍を認めていたように思います。

そこで質問なのですが、

例えばイギリス国籍のイギリス人の男性と、21歳のロシアと日本のハーフで日本とロシアの両国の国籍を保有した女性が結婚してすぐに子どもが生まれたとします。

その子どもは日本で生まれ、各種申請などをして、
一時的ではありますが、
日本 ロシア イギリスの三国の国籍を保有することになるのでしょうか?

ふと思っただけの質問ですが、
回答を願いたく思います。

Aベストアンサー

そうですね、イギリスもロシアも原則血統主義であっても例外規定として出生地主義を認めていますので、親がイギリスとロシアの政府関係者でない限り(政府の要職の場合は多重国籍が禁止されるケースがあります)、生まれた子供は1時的に3つの国籍の保有ということになります。

Q日本国籍保持者→無国籍になった人

日本生まれ、日本育ちの日本国籍を保持している人が、
本人の志望による外国籍の取得以外に、日本国は『本人志望による日本国籍の離脱』を認めているのですか?
以前、無国籍者の発生を防ぐためそのような日本国籍の離脱は認めていないと書いてあったのを見たことがありますが、
日本国籍を本人の志望で離脱する事は本当にできないのでしょうか?
本人が強い志望により日本国籍を海外で失効し、無国籍になった人がいるというのを聞いた事があるのですが。間違えでしょうか?
例外はあるのでしょうか?

当方、国籍について調べている学生で無国籍についてのテーマがでましたので、情報の程を御願い致します。

Aベストアンサー

>日本国は『本人志望による日本国籍の離脱』を認めているのですか?
出来ません。そのための手続きは用意されていません。

ただ外国籍を取得して日本国籍を喪失、その後外国籍をその外国の法律により喪失出来たとすると、無国籍状態になります。

あと、外国籍と日本国籍同時取得となった(国際結婚での子供など)場合には、日本の国籍の留保の届けをしないと出生児にさかのぼって日本国籍を喪失しますが、このとき外国の国籍でも取得できる手続きをしていなければ無国籍になってしまうことが考えられます。

Q女性が離婚後入籍する場合、男性同様すぐ入籍出来ますか。

女性が離婚後、別の男性と結婚する場合、以前は離婚後半年(?)たたないと入籍できなかったと思いますが、法律が変わって男性同様すぐに入籍出来ると聞いたのですが本当でしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

民法の規定は変わっていません。デマです。

Q無国籍

運転免許証の本籍の欄に「無国籍」と
記載されている人がいるというのを聞きました。

こういうことはありえるのでしょうか?

ありえるとしたら、どういうことが原因で、
無国籍になってしまうのでしょうか?

また、無国籍の人には・・・
・選挙権
・戸籍
・納税
・教育
・永住権
・就職
・結婚
などなど
このような義務・権利に支障は
発生しないのでしょうか?

できれば、原因のところが
詳しく知りたいです。

Aベストアンサー

#3の方のような場合は、国籍が無いのではなく「二重国籍」と言って、
出生と同時に「国籍留保」という届をしていたと思いましたが...?
どちらの国籍も有しますので、他国の権利もあると思いますが、
日本の国籍も持ち日本人として戸籍にも載ります。
国籍留保とは、親が勝手に子供の国籍を決めてしまうことは出来ないので、
本人が判断が出来る成人になってから自分でどちらの国籍を取得するか決める制度です。

それが免許証にどう表示されているのかはわかりませんが...。

Qアメリカにて日本国籍での強制認知請求

未婚で出産しました。
子供はアメリカ カリフォルニア州で生まれたのでアメリカ国籍を持っていて
日本に出生届も出したので2重国籍です。

父親はアメリカ国籍での子供の認知はしたものの
日本国籍での認知をごねています。
私は日本に子供を連れて帰るつもりなのですが
「子供は日本に帰る必要がないから」との理由です。

ちなみに父親は子供に対しては良い父親で
強引に子供を連れて行こうとしている私に対しての反抗心で認知拒否をしていると思います。

Aベストアンサー

強制認知は裁判による必要がありますが、被告の住所が日本にないと
日本の裁判所の管轄にならないと思いますので難しいかもしれません。

米国籍では認知しているということなので、裁判によらず、
米国籍での認知証明のようなものを使って日本国籍での認知の手続きも
できるのかもしれませんが、わかりません。
日本の領事館か大使館に相談するのがいいような気がしますが、
聞いてみましたか?

Q無国籍の世界人口

最近は、ネットで何かと話題になっているのですが国籍法が
改正されましたよね。

そこで、多くの人に知ってもらおうと資料を作成しているのですが、
具体的な数値がわからなかったので質問させていただきました。
質問は二つです。

1、世界の無国籍の人の人口は何人くらいか?
2、中国の無国籍の子供の人口はどれくらいだと思いますか?(あくまでも予想で結構です。)

あさってには国籍法が通るかどうか決まってしまうので、今日中に
作成したいと思っております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

無国籍者については、その性質上どうしても実数を把握しづらい問題です。
手元にある資料によると、日本における無国籍者数は2005年末時点で1765人となっています。
が、これは入国管理局が把握している数字であり、実際はもっと多いと考えられます。
因みに、平成17年に行われた国勢調査によれば、「無国籍・不詳」は「119,280(在留外国人総数1,555,505)」となってます。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001012922&cycode=0

>1、世界の無国籍の人の人口は何人くらいか?

世界では国連難民高等弁務官事務所の推計で「未だ世界には1200万人以上(うち把握数は580万人)」と述べられています。
http://www.unhcr.or.jp/ref_unhcr/statistics/index.html


>2、中国の無国籍の子供の人口はどれくらいだと思いますか?

さて、、、見当も付きません。
取りあえず、中国統計局のホムペです。(中国語が出来ないので、他の方に任せます)
http://www.stats.gov.cn/tjsj/ndsj/index.htm

中国語が出来るなら、『中国統計年鑑』にあたってみるのもいいかもしれません。
http://www.ato-shoten.co.jp/blog/2008/10/10210350.html

日本の図書館の中には、収蔵しているところもあります。
近くの公共図書館で相談されてみてはいかがでしょ?
相互貸借制度や印刷を送ってもらうサービスとかもありますし。

無国籍者については、その性質上どうしても実数を把握しづらい問題です。
手元にある資料によると、日本における無国籍者数は2005年末時点で1765人となっています。
が、これは入国管理局が把握している数字であり、実際はもっと多いと考えられます。
因みに、平成17年に行われた国勢調査によれば、「無国籍・不詳」は「119,280(在留外国人総数1,555,505)」となってます。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001012922&cycode=0

>1、世界の無国籍の人の人口は何人くらいか?

世界で...続きを読む

Q認知症祖父の入籍について

認知症の祖父が入籍・養子縁組をされてしまい、困っています。
相手は家政婦として住み込んでいた後妻の娘です。

祖父(現在83歳)には二人の子供(叔父と母:60代)がいますが、
祖母が他界したのち76歳で再婚しました。
しかし、その後妻も1年足らずで他界してしまい、5年ほど前からその後妻の娘(50代)が息子(30代)を連れて住み込んでいました。
その娘が誰にも断りなく、先月、祖父と入籍し、息子を養子として縁組していたのです。

祖父は会社社長で、個人資産も2億円ほどあります。
しかし、3年ほど前から認知症で、今では自分の子供のことすら認識できず、
現在、会社は叔父が代行して経営し、母が毎日祖父の元へ通い、世話をしています。
介護認定も受けていて(会話も不成立)、訪問入浴介助も受けています。

このような状況下で、入籍・養子縁組を撤回させる方法はないでしょうか。どういう手順で何をしたらよいのか、わかりません。
または、撤回はできなくとも、これからでもやっておくべきこと等があったら、教えてください。

よろしくお願いします。

認知症の祖父が入籍・養子縁組をされてしまい、困っています。
相手は家政婦として住み込んでいた後妻の娘です。

祖父(現在83歳)には二人の子供(叔父と母:60代)がいますが、
祖母が他界したのち76歳で再婚しました。
しかし、その後妻も1年足らずで他界してしまい、5年ほど前からその後妻の娘(50代)が息子(30代)を連れて住み込んでいました。
その娘が誰にも断りなく、先月、祖父と入籍し、息子を養子として縁組していたのです。

祖父は会社社長で、個人資産も2億円ほどあります...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です
>母へ報告したところ、娘ではなく後妻の「妹」だったそうです

それならば、婚姻可能ですね。

>また、遺言書も既に作成されている形跡があるそうです。
この場合でも取り消しできる可能性はありますか?

まず、認知症の状態で遺言を作成しても効力は無効です。また、遺言の取消しは、新しい遺言状を作成し、前に書いたのは全部取り消すとすれば取消しになります。ただ、新しい遺言作成が認知症により無効ともなりますから、取消しは難しいかもしれません。

おじいさんの容態が、予測のつかない状況でしたら、これは早急に弁護士に相談してください。弁護士に頼まずにやるとなると、医師の診断書を集めたり、家庭裁判所に申立書面を作ったりとちょっと大変です。田舎で弁護士が居なければ、司法書士でもかまいませんから。司法書士なら裁判所に提出する書面を作成する仕事もしてますし、アドバイスも出来ます。(訴訟代理人にはなれませんが)
「戸籍謄本」と「どうしてこういう事情になったのかの時系列にかいたメモ」と、あと持っていたらでいいですが祖父の診断書を持っていけば、相談がスムーズに行くとおもいます。

>この場合でも取り消しできる可能性はありますか?確率的に何%くらいあるのでしょうか。

ケースバイケースで相手方のあることなので、パーセンテージでは述べる事は出来ませんが(すいません、法律相談に良くある事なんですがパーセンテージでは本当に答えられないんですよ・・・)、祖父が、お医者さんから認知症の診断を受けていて、その後、このような事件が起きていたのなら、取り消せると思いますよ。認知症になってから、婚姻、遺言作成したんですと証明できるかどうかがカギです。

No.1です
>母へ報告したところ、娘ではなく後妻の「妹」だったそうです

それならば、婚姻可能ですね。

>また、遺言書も既に作成されている形跡があるそうです。
この場合でも取り消しできる可能性はありますか?

まず、認知症の状態で遺言を作成しても効力は無効です。また、遺言の取消しは、新しい遺言状を作成し、前に書いたのは全部取り消すとすれば取消しになります。ただ、新しい遺言作成が認知症により無効ともなりますから、取消しは難しいかもしれません。

おじいさんの容態が、予測のつ...続きを読む

Q天神橋筋界隈で、おいしい無国籍料理が食べたい!

お昼もやってて、おいしい無国籍料理がたべたいのですが、どこかオススメはありますか??辛い料理だとうれしいです。

Aベストアンサー

http://nanmori.blog4.fc2.com/

こちらも参考になりますよ。

 わたしゃ、てんま のカレーうどんが好きですけどねぇ(^^;

夜メニューのミートボールにカレーを掛けたのがあるんだけど、それはお勧めです(あまり辛くないけど)、どんなお酒でも合います(^_^)v

Q認知と入籍に関して念書を取ることはできますか?

先日認知について皆さんから色々とお伺いしましたが、またお伺いしたいことがあります。

その後彼と話し合いましたが、どうにも結論が出ません。
彼自身は、入籍することに問題はなくなったようですが、彼の母親のことがかなり引っかかるみたいです。
というのも彼の母親は彼のことを異常にかわいがっており、私との結婚などとんでもない!という人で(気持ちはわからないでもないですが)、少し常識はずれの行動をするのです。
先日などは、彼が実家に帰り入籍する旨を伝えた所、いきなり泣いたと思ったら彼に飛びかかり殴る・蹴る・引っかく等、それはそれはすさまじかったそうです。彼はケガをして帰ってきました。その日から、毎日何度も電話がかかってくる始末…(出ていませんが)。同居している私の父も療養中ということもあり、かなり参ってしまっています。もちろん私も気が落ち着きません。彼が止めるように言ってももちろん聞く耳もありません。ちなみに彼の父親は見て見ぬ振りです。
すると私の父が、妥協案として、
『彼の就職が決まったら、子供の認知及び私と入籍する』という念書のようなものを彼に書いてもらえばどうかと言い出しました。
長々と説明しましたが、以上が現在の状況です。

そこで質問なのですが、
(1)上記のような内容の念書を法律的に有効な形で取ることはできるのでしょうか?
(2)念書を取れるとしたら、どの様に取ればいいのでしょうか?(書式など)
(3)もし取れない場合、どのような形にするのが一番有効でしょうか?ちなみに父としては、「子供に関してだけはきっちりして欲しい・認知に準じる形は取ってもらいたい」そうです。
変な質問ばかりで申し訳ありませんが、ぜひ皆さんの回答をお聞かせ下さい。
お願いします。

先日認知について皆さんから色々とお伺いしましたが、またお伺いしたいことがあります。

その後彼と話し合いましたが、どうにも結論が出ません。
彼自身は、入籍することに問題はなくなったようですが、彼の母親のことがかなり引っかかるみたいです。
というのも彼の母親は彼のことを異常にかわいがっており、私との結婚などとんでもない!という人で(気持ちはわからないでもないですが)、少し常識はずれの行動をするのです。
先日などは、彼が実家に帰り入籍する旨を伝えた所、いきなり泣いたと思ったら...続きを読む

Aベストアンサー

 入籍行為も認知行為も身分行為ですから、不履行の場合は、強制できません。つまり、法の力であったと同じ状態にはできません。この2つの行為は性質が違いますので分けて説明します。
 入籍行為は将来入籍するとの契約ですが、気が変わりますと、強制できません。ですが、不当な破棄は、慰謝料の請求原因になります。法律的には、婚姻の予約ともいいます。
 認知行為の予約というのは、認知自体によって父子関係が成立しますので、その予約行為と見ることができます。この行為について、不履行の場合は、任意認知については強制できませんが、後に否認しても、これと同じ効果のある強制認知はできます。子が父の子である限り、任意で認めなければ、裁判で強制できます。これについての不当破棄も慰謝料の対象になります。でもこれについては、認知行為の予約のようなことをせず、子が彼の子供であることを明確にして、その養育費をきちんと支払うようなものにした方がすっきりするような気がします。養育費については、相手の親を保証人にして、公正証書にした方が確実です。書式については、
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/form/kechsp.html 
を基本にして、これに婚姻予約のことを挿入し、父親を保証人にして、公正証書にすれば、いいでしょう。

 入籍行為も認知行為も身分行為ですから、不履行の場合は、強制できません。つまり、法の力であったと同じ状態にはできません。この2つの行為は性質が違いますので分けて説明します。
 入籍行為は将来入籍するとの契約ですが、気が変わりますと、強制できません。ですが、不当な破棄は、慰謝料の請求原因になります。法律的には、婚姻の予約ともいいます。
 認知行為の予約というのは、認知自体によって父子関係が成立しますので、その予約行為と見ることができます。この行為について、不履行の場合は、任意...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報