そのは、という集まりのようなものがあったそうですが、一体なんのことでしょうか?どなたか教えて下さい。どんな人達なのか、どんな考えをする人達なのか気になってしかたがありません。

A 回答 (1件)

これは、音楽とかじゃないですよね?


音楽についてなら、私には、分かりませんが、絵画、彫刻に関することならおそらく、もの派のことではないですか?
もし、そうでしたら、下記のURLを参照下さい。

参考URL:http://www.dnp.co.jp/museum/nmp/artscape/artword …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物を制作するにあたり・・・・一体どんな・・・?

美術系の専門学校に在学中の19歳(女)です。

物を制作する場合にいろいろな表現方法がありますよね。
キャンバスに絵を描くことから粘土を使って立体を作る等等・・・。

線引きは難しいですが美術に少しでも関わってるものの範囲内で、一体どれくらいの表現方法があるのか気になっています。

油絵・版画・オブジェ・CG・水墨画・・・こんな感じで「他にもこんなのがあるよ~・・」程度でも教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

すごいご質問ですね。
無限にある、としか、お答えができないのではないかと思います。
平面的な具体物に限っても、私の乏しい知識でも
油絵、日本画、パステル画、水彩画、テンペラ画、ちぎりえ、影絵、きりえ、版画(これだけでも、木版、紙版画、エッチング、ゴム版画、芋版、けしゴム版画、石版・・・・)、きりがないですよ。
まして、立体物となれば、それこそ、川原の石を磨くのだって、立派なアートとして成り立っているわけですから。きる、磨く、壊す、包む、爆破する、重ねる、並べる、ありとあらゆるものをありとあらゆる方法で「アート」することが想定されます。

Q移調のしかた。

変ロ長調から変イ長調への移調のさせかたが良くわかりません。
どういう風にすればいいのか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、The Highwayと申します。
まず、変イ長調は『シ』、『ミ』、『ラ』、『レ』に♭がつきます。更に、変ロ長調から見れば1音低い調性と言うことになります。

というわけで、方法としては、♭のつく音をふまえつつ、元の楽譜の音を全て1音下げればいいわけです。

こんな説明で、お分かりいただけるでしょうか?

Q基礎練のしかた

ユーフォニウムの基礎練のやり方でいい方法を教えてください。

Aベストアンサー

ロングトーン、リップスラー、タンギングは絶対ですね。
でも、一番大事なのはどんな音を出したいか、です。それがないと、どんな練習をしてもいい音は出ないでしょう。

Q暗譜のしかた

繰り返してもなかなか頭に入ってきません
質の良い暗譜のしかた、繰り返しかたみたいなものはありますか?
暗譜のこつがあれば教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

 
 写譜のすすめ ~ 読む・聴く・口笛・鼻歌・書く・弾く ~
 
── ごかん【五感】目・耳・舌・鼻・皮膚を通して生じる五つの感覚。
視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚。── 大辞林(三省堂)
 
── 極上のおすすめは、気に入った曲の楽譜を写譜することです。
 誰もが文字を覚えるとき、なにがなんでも書き写したはずです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6566078.html
 

Qマイバラードの指揮のしかた

私は中学2年生の者ですが、「マイバラード」という曲の指揮をやる事になりました。ですが、いまいち指揮のしかたが分かりません。特に三連譜の所あたりがよく分かりません。お手数ですが、教えて下さい。

Aベストアンサー

○前奏、「みんなで歌おう~」
自分の体の幅くらいで、教科書どおりの4拍子を振りましょう。
前奏の終わりニ小節から小さめに振り、最後一拍は「ポン」と叩くように、そして叩いた手が頭の上まで行くようにはっきりと。

○「心もえる歌が 歌がきっと君のもとへ」
の部分は、
力強く、一拍ずつ、上下に振るのがいいと思います。
このとき、腕の最低点の位置に板があり、それを叩くイメージで、アタックをはっきりすると良いでしょう。
※このフレーズの一拍前(「恥ずかしがらず歌おうよ」の最後)も、「ポン」と叩くように、そして叩いた手が頭の上まで行くようにはっきりと。

○その後、「きらめけ世界中に~」のゆったりした部分は、指揮も大きくゆったりと。
2拍目が左の肩をよりさらに左へいくように、平たく大きく振りましょう。

○最後のハミング部分
自分の胸すぐ前の位置から、上向きに自然に丸めた手を、4拍かけて正面へ移動させ、切るところで優しく指をすぼめ、空気をつかむようにして静止しましょう。

指揮に答えはありません。自分ならこうするかなと思って、文章で表現できる部分だけ書きました。
手の位置を、からだより離すようにすると、堂々と見えます。
がんばってくださいね。

○前奏、「みんなで歌おう~」
自分の体の幅くらいで、教科書どおりの4拍子を振りましょう。
前奏の終わりニ小節から小さめに振り、最後一拍は「ポン」と叩くように、そして叩いた手が頭の上まで行くようにはっきりと。

○「心もえる歌が 歌がきっと君のもとへ」
の部分は、
力強く、一拍ずつ、上下に振るのがいいと思います。
このとき、腕の最低点の位置に板があり、それを叩くイメージで、アタックをはっきりすると良いでしょう。
※このフレーズの一拍前(「恥ずかしがらず歌おうよ」の最後)も、「ポン...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報