痔になりやすい生活習慣とは?

教えてください。

昭和33年生まれの独身の未婚の子供なしの弟が、ずっと同じ会社に勤めています。健康面では今、問題はありません。
公的年金の厚生年金の加入の時の際、同じ市内に住んでいる父母が弟の
遺族年金を受給できるのかと聞かれました。
父母は後期高齢者の年齢で、弟は駅に近いところに、別に住んでいます。父母とは、別居の現在ですが、将来的には父母の住んでいる家を
立て直して、父母と両親は同居する予定ですが、弟が仕事が出張が多いため、建て直しが進みません。
公的年金の生計維持関係を証明をするものは何になりますか。
弟の収入は父母の公的年金より多く、同じ市内ですので出張の際は
連絡も取り合っていますし、助け合って別居ですが、暮らしています。
生計維持の関係がどのように証明するのか、教えてください。
弟は50歳で忙しく、出張も多く、自分でなかなか調べられません。
教えてください。姉貴、調べてくれと言われてまして、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(所得税上の同居、別居の場合)以前別居の扶養について地元の税務署に聞いたところ、毎月口座送金しているかどうか通帳面でわかる旨言われました。

(見せるように指示があった時のために)手渡しは証拠がないから駄目と言われました。


>父母が弟の遺族年金を受給できるのかと聞かれました

意味がわからないのですが、弟さんが死んだ場合ですか?

「対象者は、死亡した人に生計を維持されていた妻
子、孫(18歳到達年度の年度末を経過していない者または20歳未満で障害年金の障害等級1・2級の者)
55歳以上の夫、「父母」、祖父母(60歳から支給)」で父母は該当します。
但し、老齢厚生年金、退職共済年金を受けている場合、遺族厚生年金の支給額の決定のため、年金の裁定の請求が必要。(父母の公的年金が多い金額の場合裁定される)
参考URLをご覧ください。

生計維持・・・別居の場合には、継続的に、定期的に、生活費の仕送りを受けているかどうかで判断される。

今回の事例のように、対象者は父母で該当しますが、別居の場合ですから、今までは送金していないで、急遽送金(通帳作成など)の事実を作っても(裁定権者から)生計維持とは認められないと思います。
(妻や子、特に「未成年の子」や「無職の妻」の場合、社会通念上別居していても生計維持と認められる)

参考URL:http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikum …

この回答への補足

早い、回答、ありがとうございました。
参考URL:も確認しました。
通帳に、毎月、送金していることが、継続していることが証明になるんですね。

ありがとうございました。今月は父の80歳のお祝いで、弟に今日にでも電話連絡する予定にでした。

弟に説明します。

補足日時:2009/11/03 07:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早朝に、お返事いただきまして、驚きました。
気になっていた点が、判明しましたので、すっきり致しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/11/03 07:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生計同一ではないのに生計同一証明の記入を迫られる

生涯独身だった叔母さんが何年も前に障害者になり、入退院をくりかえしていました。諸手続が親戚に比べ親子だとスムーズなことが多かったため、養子縁組をして叔母さんの養子になりました。3年くらい前に完全にねたきりになってしまい、介護施設に入っていましたが、このたび亡くなりました。年金を止めてもらおうと近所の年金機構の相談センターに行った時のことです。除籍謄本など、持っていく資料の説明を受けた際に「生計維持・同一証明書」というものを記入して持ってきてくださいとわたされました。 その内容が「受給者と生計を同じくしていたもの」「別居しているまたは住民票が別住所になっている理由」「生計維持・生計が同一である具体的な事実について」というものなのです。「生計維持・生計が同一である」人しか書けない書類なのです。
私の養母はもともと一人暮らしの人で養子縁組したのだから住所は違って当然ですし、施設の費用も本人の年金の範囲内から引き落としていたので私とは生計を同じくしていません。それを説明し、書く必要はないでしょうというと、「通帳を管理した」などでも書けと言います。そんなバカなことがあるかといってもこれを提出しないと通りませんの一点張りです。ただ年金を止めたいのになんで嘘を書くことを強要するのかといっても「こういう書式なので・・・」とわけのわからない説明の繰り返し、センター長まで出てきてとにかく書いてくれと言います。世の中には子の援助を受けず自立した親はたくさんいると思うのですがなぜこの書式しかないのでしょうか?

生涯独身だった叔母さんが何年も前に障害者になり、入退院をくりかえしていました。諸手続が親戚に比べ親子だとスムーズなことが多かったため、養子縁組をして叔母さんの養子になりました。3年くらい前に完全にねたきりになってしまい、介護施設に入っていましたが、このたび亡くなりました。年金を止めてもらおうと近所の年金機構の相談センターに行った時のことです。除籍謄本など、持っていく資料の説明を受けた際に「生計維持・同一証明書」というものを記入して持ってきてくださいとわたされました。 その内...続きを読む

Aベストアンサー

何月に亡くなられましたか?
最近だと生計同一証明を出せば、貴方は未支給分の年金が貰えます。
金銭負担をしていなくても、定期的に介護施設を訪れて身の回りの
世話をしているという事でもOKです。介護施設の施設長の証明でOKです。
そうでなければ民生委員の証明となります。

また、死亡届出が遅れている場合には本来、未支給年金になる月の年金まで
振り込みがされてしまう場合があります、この場合m、未支給年金受給資格者
が存在しない場合には、年金機構は通帳の所有者を捜し返金を求めなければ
なりませんが、未支給年金受給資格者がいて、その者が通帳を管理していれば、
その事務の必要がなくなります。
今回は、こちらの理由があるのでは?と推測されます。

なお、未支給年金は相続財産ではなく、未支給遠近受給者の雑所得となります。

Q別居中の母が遺族厚生年金を受取れますでしょうか

母は去年再婚した男性に多額の借金があることを知り、しかもこの男性は母に月3万円ほどしか渡していなかったようです。

母もこれでは生活が難しく、現在別居して私のところに身を寄せていますが、別居中に再婚した男性が亡くなってしまいまいした。

この男性との結婚暦は1年にも満たさず、別居中にも生活費を請求しましたが、一向に返事をもらえない情況が続いていました。

遺族年金受給するのに、生計をともにした何かの証拠が必要でしょうか。
もし扶養義務のある夫が、生前扶養義務を果たさなかった場合は、もちろん生計をともにする証明はできず、遺族年金も受給出来なければ、話の筋が通らないような気がしますが、母のケースは遺族厚生年金を受取ることができますか。

*詳しい方がいれば、以下のことも教えて下さい。
 この男性(協会健保さん加入)は、生前何故か母の第3号扶養手続きをしてくれませんでした。何回も喧嘩したようですが、それでも・・・
 結局別居中の母はずっと国民年金を払うことになりました。
 第3号の扶養手続が終わっていないうちに、男性が亡くなってしまった場合は、遺族年金を受取ることができますか。

 

母は去年再婚した男性に多額の借金があることを知り、しかもこの男性は母に月3万円ほどしか渡していなかったようです。

母もこれでは生活が難しく、現在別居して私のところに身を寄せていますが、別居中に再婚した男性が亡くなってしまいまいした。

この男性との結婚暦は1年にも満たさず、別居中にも生活費を請求しましたが、一向に返事をもらえない情況が続いていました。

遺族年金受給するのに、生計をともにした何かの証拠が必要でしょうか。
もし扶養義務のある夫が、生前扶養義務を果たさなかった場合は...続きを読む

Aベストアンサー

No.1の方のご回答で詳しく書かれていますが、まずは遺族年金受給権があるかどうかを御調べになってください。


受給権があるとしたら、生計維持関係の証明は必要になります。
これは送金などしていた事実があれば確実なのですが、それがなくても、別居状態でも行き来していたということを第三者(身内ではダメ)が証明すれば大丈夫です。
お葬式の喪主をお母様が務めた証明とか、夫婦ふたりに宛てた年賀状なども、添付してください。
ただし、なぜ別居していたかの理由も書いた方がよいです。例えば、老人ホームに入っているからとか、借金取りに追われているからなどの正当な理由があり、その上で生計維持関係があったことを証明できないと、遺族年金受給権は認められません。
この点は未支給年金(受給者が受け取れなかった分)と違います。未支給は生計維持関係の証明を第三者のサインだけで十分ですが、遺族年金は今後永続的に支給されるものですから、審査も厳しくなります。


>もし扶養義務のある夫が、生前扶養義務を果たさなかった場合は、もちろん生計をともにする証明はできず、遺族年金も受給出来なければ、話の筋が通らないような気がしますが


年金というのは、本人と、その生計維持している家族のためのものですから、ご質問のケースのようにお母様が別居しても食べていけたのならば、年金で養ってやる必要はない・・・という考え方になります。
逆に遺族年金を受け取りたかったら別居しなければよかったということになります。(実際、そのために別居しない夫婦もいます)
余談ですが、生計維持関係があれば内縁関係でも、遺族年金受給権はあります。


>この男性(協会健保さん加入)は、生前何故か母の第3号扶養手続きをしてくれませんでした。何回も喧嘩したようですが、それでも・・・結局別居中の母はずっと国民年金を払うことになりました。第3号の扶養手続が終わっていないうちに、男性が亡くなってしまった場合は、遺族年金を受取ることができますか。

協会けんぽに加入されていたのならば、厚生年金被保険者であったともいえますが、年齢によっては健保のみの加入であったかもしれませんしねえ・・・・

第3号であったことと遺族年金の受給権は別のものですから、それによって遺族年金受給権が発生しないということはありません。

No.1の方のご回答で詳しく書かれていますが、まずは遺族年金受給権があるかどうかを御調べになってください。


受給権があるとしたら、生計維持関係の証明は必要になります。
これは送金などしていた事実があれば確実なのですが、それがなくても、別居状態でも行き来していたということを第三者(身内ではダメ)が証明すれば大丈夫です。
お葬式の喪主をお母様が務めた証明とか、夫婦ふたりに宛てた年賀状なども、添付してください。
ただし、なぜ別居していたかの理由も書いた方がよいです。例えば、老人ホーム...続きを読む

Q年金請求書の生計維持証明について

母親(昭和28年生まれ59歳)の年金について悩みがあります。

両親は戸籍上婚姻関係にありますが、20年近く別居状態(音信普通で生計維持関係なし)です。
その間母親は別の男性A(昭和19年生まれ68歳/年金のみの生活)と同居しており、現在もその方に生計を維持されております。
しかし父親(昭和23年生まれ65歳/おそらく年金のみの生活)に母親の生活を悟られないため、母親の住民票の現住所は私の現住所にしてあります。

離婚したいのも山々ですが、父親はすぐにキレる性格のため逆上して事件を起こしかねません。
私も10年近く音信普通で、顔をあわせるのも正直嫌です。

************************************************

先日私の家に母親の年金請求書が届きました。

10ページの配偶者記入欄と12ページの生計維持証明記入欄をどのように書けば良いのか困惑しております。
男性Aが亡くなった場合に母親が遺族年金を受給できるよう、同記入欄が重要となると思います。
年金ダイヤルや近くの年金事務所では明確な回答をいただけず、最終的に弁護士さんにお願いしてくれと言われました。
レアなケースだと思いますが母親の老後の生活もかかっているのに、その軽々しい対応にショックを受けました。

母親の昨年の年間所得は150万円程度です。
父親が受け取っている年金の加給年金も申請しておりません。

***********************************************

私なりに色々調べてみた上で、
配偶者記入欄に男性Aの名前と住所を記入し、
生計維持証明欄には母親が男性Aと10年以上同居している現在のマンションのオーナーに、
記入及び捺印をお願いしようかと思っております。
これで申請がおりるのかどうか分かりませんが。

***********************************************

以上長文駄文になってしまいましたが、ご存知の方がいらしたらどうかご教示くださいませ。
宜しくお願い致します。

母親(昭和28年生まれ59歳)の年金について悩みがあります。

両親は戸籍上婚姻関係にありますが、20年近く別居状態(音信普通で生計維持関係なし)です。
その間母親は別の男性A(昭和19年生まれ68歳/年金のみの生活)と同居しており、現在もその方に生計を維持されております。
しかし父親(昭和23年生まれ65歳/おそらく年金のみの生活)に母親の生活を悟られないため、母親の住民票の現住所は私の現住所にしてあります。

離婚したいのも山々ですが、父親はすぐにキレる性格のため逆上して事件を起こしかねません...続きを読む

Aベストアンサー

下記「参考URL」にお示しした通達にしたがって処理が行われることと思います。
(そちらに、事実婚関係の取扱方法も明記されています。)

したがって、できれば、当該通達をプリントアウトの上、最寄りの年金事務所に直接お出かけになって、詳細をもう1度お聞きになったほうがよろしいかと思います。
仮に「第三者証明」を要する場合は、その第三者たる範囲も確認されたほうが良いでしょう。
なお、考え方としては、私も、おおむね回答1に記されている考え方に拠ると思います。
そちらの回答でも言及されていますが、年金の種別を混同なさらないように、十分注意して下さい。

参考URL(PDF)
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T110512T0080.pdf
 

参考URL:http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T110512T0080.pdf


人気Q&Aランキング