Jeffrey Archerの「kane und Aber」という本
なのですが、どなたかご存知の方いらっしゃいませんか?
 どこの国の作家か知らないのですが、上記の題名はドイツ語です。この本の
日本語での題名と、どこの出版社から出ているかを知りたいです。
 どうかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「ケインとアベル」の題名で


新潮社から新潮文庫上下2巻ででています
ジェフリー アーチャー 永井淳 訳

下記の紀伊國屋のHPで本の題名をいれて
検索してみてください

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。
参考URLで検索したところ、大変役に立ちました。
これで購入ができそうです。
助かりました。

お礼日時:2001/03/22 04:30

ジェフリー・アーチャーの「ケインとアベル」でしょう。



上下にわかれて、新潮社の文庫にあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答、ありがとう御座います。
これでやっと購入できます。
ありがとう御座いました。

お礼日時:2001/03/22 04:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重松清さんの本の題名が知りたいのですが

国語の文章問題の題材になっていた小説なのですが、
小学生の男の子が転校した先になじめなくて
「おっちゃん」と「どんぐりころころ」を歌ったりして
仲良くなる話です。
お母さんは、周りの人の評判から嫌がっていたように思います。

全文を読んでみたいので、ネットで検索をかけてみたのですが
題名がわからず、ご存知の方がいらっしゃったら
教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

重松清の「きよしこ」に収められている「どんぐりココロ」ですね。この短編集は、重松作品の中でマイベスト3に入れています。

参考URL:http://blogs.dion.ne.jp/white_night/archives/1697123.html

Q急いでいます。 ダンテの地獄(神曲)の現代語訳版は、どこかで出版されていたり、手に入ったりしないのでしょうか?

急いでいます。

ダンテの地獄(神曲)の現代語訳版は、
どこかで出版されていたり、
どこかのサイトで入手したりは、はたしてできないのでしょうかね?

急いでいるので、教えてくださる方がいらっしゃると、助かります。
お願いします。

Aベストアンサー

一番入手しやすいのは、
集英社文庫の「神曲〈1〉地獄篇 」です。
526p 15cm(A6)
集英社 (2003-01-22出版)
アリギエーリ,ダンテ【著】〈Alighieri,Dante〉・寿岳 文章【訳】
[文庫 判] NDC分類:971 販売価:\1,000(税込) (本体価:\952)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9976544243

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9976544243

QSFで鉄を食うバクテリアを退治する話の題名・作者・出版社を教えてください。

お世話になります。今私は、若い時に読んだ本を思い出しては読み直しております。記憶が不確かですが、1960~70年代に出版されたSFで文庫本だったと思います。その内容は、鉄を食うバクテリアのために、兵器類がぼろぼろとなり、鉄筋鉄骨でできている建築物や運輸装置までぼろぼろになって、文明の危機にさらされたときに、そのバクテリアして危機を脱したという話でした。
 大雑把なことしか書けなくて恐縮ですが、こういう内容の本をご存知でしたら、題名や著者名や出版社名を教えてください。また、ほぼ類似した質問は、十数年前に、こことは別のカテゴリーでいたしておりますが、回答も反応も得られませんでした。そのことも思い出して、読みたい気持ちがこみあげてきました。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

光瀬龍の「その列車を止めろ!」(秋元文庫、S49.10.20初版)に収録されている「シャットアウト!“B”」という作品の中に鉄を食うバクテリアが出てきます。捜している作品からどうかは分かりませんが……。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/hayakawa/comics/book/sfakimoto.htm
http://www004.upp.so-net.ne.jp/hayakawa/comics/book/sfakimotolast.htm

Q自費出版本の売り込み

今度、自費出版で詩集を出します。
夏までには完成すると思います。
多くの人に読んでもらいたいので
内容も独りよがりにならないように気をつけました。
完成した後、
できるだけ多くの人に知ってもらうためには
どのようにすればよいでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

友人の場合は、作品そのものを売り込みに行った出版社側に気に入られ、
自費出版といっても出版社と五分五分の出費でした。
担当者の方もいい方だったらしく、何かと相談に乗っていただいたようです。

実際の『行商』ですが、地元の新聞社へ直に書籍を持って伺い
(当然事前にアポをとって)売り込みに行ってました。
小さな記事ではありましたが、何社かの新聞に載せてもらい、
(市民版とかによくある”個展”なんかのお知らせが載ってるとことか、
運がよいと地元の記事としてとりあげられたり・・。)
このおかげか書店への問い合わせなどもあったようですよ。
最近では、フリーペーパーという手もありますよね。

とにかく出版後、すぐに行動を起こすというのがよいそうです。

出版される出版社の方ともご相談なさってみてくださいね。
モチは餅屋ですから♪

Q出版関係社の方に質問です!ビジネス本の広告紹介について

よく新聞にビジネス本の紹介で広告が掲載されていますが、
「重版」「重版出来」「増刷」「○○万部」などの売り文句的な
紹介キャッチコピーがありますが、それぞれどういう意味で、
どの順番に売れているという評価なのでしょうか?

また、ビジネス本では、何万部売れればすごいのでしょうか?

教えてください!

Aベストアンサー

「重版」は、文字通り「版を重ねること」で、売れ行きがよく品切れしていた書籍を、再度、印刷製本しましたよ、ということです。
また「出来(しゅったい)」は「できあがること」ですので、「重版出来」で「重版ができました」ということです。

「増刷」も「重版」と似たような意味で、「増し刷り」、つまりさらに追加して印刷しましたよ、という意味です。

ですから、「重版」された商品の方がよく売れているとか、「増刷」の方が売れているとか、そういう違いはありません。どちらも「売れ行きがよくて品切れしていましたが、再度、印刷して店に並びましたから買ってください」という売り文句です。

あと、何万部売れたらすごいのか、という質問ですが、これは難しいですね。
ビジネス書ならば、1万部も売れたら、私ならすごいと思いますが、大ヒット!と言われるのは何十万部以上だと思います。
ヒットと言われる部数の基準は、ビジネス書の出版社の方にお答えいただけたらと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報