今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

3ヶ月前、母が亡くなり父一人残されたのですが、
その後の遺品整理について教えてください。

今は末娘の私が一時的に父と暮らしています。
ただ、四十九日前あたりからやたらとお嫁さんや親戚たちが
遺品整理の話をしはじめ、とうとう今週末母の兄弟3人とお嫁さんが来て
片付けてしまおう!という話になってしまいました。

私としては、あと一ヶ月ぐらいは父と同居してもかまわないので、
(その後父はしばらく一人暮らしになる予定、でも定期的に私が帰省します)
まずは父が一人でも暮らせるように、
家の壊れて危ない部分や、安全を考えてガスコンロや階段などを直したり、
あと、お金の事もきちんとしていきたいと思っています。
(自営業だったので、会社を閉める手続きなど)

なので正直遺品整理よりこちらを優先させたいのです。
また、今までばたばたしていたので、母の遺品もすべて見ているわけではなく、まだ開けていない箪笥やら箱があります。
そういったものをいきなり皆で開けて整理されるのは
悲しいと言うかなんと言うか・・・。

父は母の遺品があることで生活に困っている事はありません。
ただ、片付けられればそれに越した事はないようですが。
皆さんは「遺品整理大変でしょ!」と親切心で言ってくれているのかもしれませんが、
それよりも、きちんと管理できていない通帳や年金、今後の生活についてきちんと家族で話し合いの時間を持ちたいのです。お嫁さんや他の兄弟は仕事をしていて時間がないので。

なので、遺品整理などは、1年かけてゆっくり片付けて捨てていけばいいと、後回しで考えていたのですが、やはりそれは他人から見て、
変でしょうか?何時までも遺品が残っているのはおかしいでしょうか?

そもそも、やたらとお嫁さんが「いらんのはさっさと捨てちゃえばいいんだって~、きれいになるよ!」とサクサク笑って言うので、
気に障るのかもしれません(心が狭くてすみません)
また、いろいろな手続きを気にかけることなく、もらえるお金ももらい忘れ、
支払うお金も忘れても気になっていない態度をみて
焦る気持ちがあるのも正直なところです。
小姑根性や、娘として母の思い出をひっくり返して捨てられる事に
冷静な判断ができていないのでしょうか・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

遺品整理のご用命、ご相談は遺品整理屋に頼むのが一番です。


相談も聞いてくれますよ!

http://ihinnoseiriyasan.com
http://kanagawa-ihin.com
    • good
    • 0

遺品整理を娘がするとなると


思い出の品とか色々あって
確かにはかどらないかもしれませんね。

でも2年前に亡くなった私の母の場合は
認知症でしたので
まさにお宝探し状態でした。
私は一人っ子でしたので
信用の出来る母方の従姉と
そして私が生まれたときからいた乳母のような女性が
二人で全て片付けてくれました。

金庫以外の色んな場所から
現金が何度も20~50万単位で発見されて。
あと、指輪宝石未使用の着物帯などなど・・。
介護からお世話になった従姉には着物帯全て
50~60枚くらいを譲りました。

それ以外に気の利く従姉は
「これは形見分け用に使いなさい」といって
親戚の多いことを考慮して
自分に不要なものを適当に分けておいてくれました。

主人の友人はご両親亡くなって
そのご兄弟が誰もが遠い地で仕事で忙しく
全く手のつけられないまま
何年か放置している実家があるといってました。

信頼のできる手助けがあれば
本当にいいんでしょうけどでも
相続税の申告や保険銀行などの手続きさえすめば
後は心が落ち着かれてなさればいいと思いますよ。
    • good
    • 2

こんにちわ。


早急にすることは、年金や預金の手続き関係ですね。
もしお母さん名義の口座から引き落とされるものがあったら
亡くなった時点で口座が凍結されますので、それらの手続きが先です。
遺品整理はそれが済んでからで充分です。

何だかこのお嫁さん、遺品整理の大義名分のもとに
お母さんのお宝探しをしたいように私には思えてしまいました。
自分一人ではその場で分けられないし、であれば形見分けの該当者である
お母さんの兄弟にも声をかけて、みんなで「遺品整理」をすれば
当然、形見分けの品もでてくるでしょうから
その場で皆で分けれるし・・・そんな意図があるように想像してしまいました。
今週末に集まるということは、今からでは中止も難しいと思います。
ただ、娘としては、嫁には見られたくないであろう下着類などは
先に処分しておきたいところでしょうね。

夫の実家でも義母が亡くなり、一人になった義父ですが
形見分けは義父が出してきたものを該当者で分けましたが
「母さんの遺品を処分すると寂しくなる」と義父が言ったので、
遺品は、義父が元気なうちはそのままにしていました。
サラリーマンの妻だった義母ですから、みんなが羨む様なお宝は持っていませんし
物で分ける以上、金額も平等になるわけもないのに
分けたものに不満を言ったり、「○○もあったでしょ」と言い出してきたり
中には義母の葬儀に来て、早速、義母の愛用していたものを
事後承諾で持ち帰った者もいました。

dooondonさんの場合。残されたお父さんが一番すごしやすいようにして
あげるのが、一番いいように思います。
    • good
    • 3

>遺品整理などは、1年かけてゆっくり片付けて捨てていけばいいと、


そう思っているなら、いったほうがいいですよ。
遺品整理は、いつしてもいいと思います。
    • good
    • 8

人それぞれだと思います。



お母さんが一人暮らしをしていて痴呆となりその後しばらくしてなくなった方などは
家に入るだけで乱雑なその家の中にエネルギーを吸い取られたり
生前のいろんなことが思い出されたりで動けずに
結局何年もかかった、というエッセイを読んだことがあります。
その方の亡くなった方の遺骨の一部が出てきたりと
意外な面に驚いたり、とにかく大変だったみたいです。

また「遺品整理は縁遠い人に率先してやってもらう方がよい」という人もいます。
身近で思い入れがある場合、どれもこれも故人の名残や思い出があって
どうしても捨てられずいつまでもズルズルと伸びてしまうからです。
なのであえて、捨てる作業が冷静に出来る人が分担してほしい、と。

いつまでも残っていても、結局はそれを大切に思う人が亡くなれば
誰かが捨てなければならない。
捨てるのにはけっこうな時間やお金もかかる。
それなら早くに終わらせたい、という場合もあります。
特に一人暮らしで賃貸だったりしたら、退去の関係もありますしね。
家族が遠方だったりすると、本当に時間なんてかけられませんし。

母も母の母(私の祖母)の時にお嫁さんが
「それはそれはあっさりと捨ててた」と言っています。
でもやっぱり母自身はあれもこれもと引き取ってきてしまい込んでいます。
結局それもいずれ母が亡くなれば処分するしかないのですが…

身内だと片づかないから、と有料の業者さんにお願いする人だっています。

結局遺族がどう感じるかで違ってくると思います。

お父さんがご健在なら、まずその意志を聞く。

遺品整理についても「それより先にお金関係だけ整理したいから」と
率先して集合をかけても良いと思います。

質問者さんも遠方みたいなので、周囲もそれを気遣ってるというのもあるのでは。

あなたがまだ心情的な面で遺品を片づけるのに抵抗があるなら
そうおっしゃってはどうでしょうか。

帰省の負担なども考えて声をかけてくれているかもしれませんし
あなたがご自分でなされたいなら意志を伝えてみることでは。
また、お父さんの意見も聞いてみてくださいね

私は実家に往復すると5万はかかるし子供達もいるので
一緒にとなると10万は超えるし学校とかもあるだろうし…
なので一気に片づけたいと思うかな。
まして、触れたり触ったりしてるとやっぱり辛いから
知らないうちに片づいてて欲しいな~と感じます。

近しい方ご本人が辛くない方を選ぶのが一番ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

今までに理由を話してお金関係だけは
先に整理したいと話してきたのですが、
それを忘れて片付けの事ばかりのお嫁さんが気になって。

親戚たちは多分親切心だけで言ってくれていると思うのですが。

よく考えて決めたいと思います。

お礼日時:2009/11/05 15:55

ここはまずお父さんの気持ちを最優先させてはどうですか。


亡くなって3ケ月。葬儀やその後の色んな処理が一段落付いて、少し
落ち着いたと同時に悲しみや喪失感が次から次に襲ってくる時期でも
あります。お父さんとしては「まだそっとしておいてほしい」のか
「みんなの手を借りて一気に片付けてしまいたい」と思っているのか
その気持ちを聞くのが一番大事ではないでしょうか。

お嫁さんに関しては他人ですから。そんなものです。手伝う意志が
あるだけありがたいと思っておけばいいでしょう。会社の件などは
まったなしでしょうから、まずは最優先で。お母さんの通帳、印鑑の
確認も忘れずに。役所の手続きなども「ついうっかり」というものが
結構ありますから、しっかり確認をしながら手続きを進めて下さい。

そう考えると「遺品整理を今すぐに」というのはなかなか難しいかも
知れませんね。お嫁さんには「お気持ちは有り難いですが、父の方が
まだ気持ちの整理が出来ていないようなので。片付けは私が手伝います
からぼちぼちやっていきます」と伝えておけばいいと思います。
あんまり急かされると、何か遺産を狙ってるのか、なんて勘ぐっちゃい
ますよね(笑)

また遺品というのは非常にプライベートなものです。去年、私の兄(独身)が
亡くなった後に部屋の片付けをしたのですがエロ本が大量に出てきて、私の
夫と大笑いしました。二人ともそういう物に理解があるから良かった
ですが、兄弟のお嫁さんとか親戚の人が見たらもしかすると嫌な顔を
したかも知れませんね。お母さんももしかすると人に見られたくない物
をお遺しになってるかも知れません。個人的にはみんな揃って一斉清掃
というよりも、ゆっくりお母さんを偲びながら、でもいいと思います。
不要なお布団など大きい物は処分をお願いしてもいいとは思いますが。

それでもお父さんが「いや、片付けちゃおう」とおっしゃるなら、ぜひ
気持ちに添ってあげてください。

ただ、いずれにしてもお金の管理はしっかりと。あまり品のない話かも
知れませんが、実はそれが一番大事です。

質問者様もお疲れが出ませんように。お母さんのご冥福をお祈りします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

優しいお言葉ありがとうございます。

そうなんですよね~、私も何が出てくるのか心配もあります(^^;
なので、とりあえず私が一通り目を通した上でなら、
皆さんでやってもらってかまわないのですが・・・。

父自体は、ちょっと娘としては腹が立つのですが、
皆にやってもらう事はあまり好きではないのですが、
とっとと捨ててかまわない、と言った感じなので、
早く片付けたい気持ちもあるのですが。
でも別に、自分が困らなければ、片付いていなくても
とくにどうでもいいみたいです。

なので、お金の事も含め、父は当てにならないと言うか、
しっかりしてほしいと言うか(^^;

お礼日時:2009/11/05 15:44

シビアな話ですが、遺産だけはしっかり把握して、あとはやらしておいたほうが後々の関係が楽です。

金銭的にはるようなもの、通帳や印鑑などはくすねられないようにどこかに片付けておきましょう。

うちの父方の祖父母が亡くなった後の話ですが、うちの父には2人姉がいまして。でも後の遺品整理やらなにやら、一切手伝おうともせず。母は独りで全てやりました。年も年なのに、重労働したせいでしょう。背骨がいがんでしまい、左半身がしびれて力が入らなくなってしまいました。そんな母に父の姉2人は、『遺産は一円でも多くよこせ』と言いました。しかも母の体の異常に気づいたのは三回忌のとき。なんでそんなになったの?ときましたよ。ボコボコにしてやろうかと思いました。

とまあ私事でしたが、親戚なんてややこしいことになりやすいので、機嫌を損ねないようにうまくやってったほうがいいと思います。辛い気持ちも重々承知してますが…遺品整理が済んだって母親の思い出は消えるわけではないですから。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご経験談をありがとうございます。

お恥ずかしいのですが、それほど悲しみにくれているわけではないのですが、
お手伝いしてもらえるのは嬉しいのですが、なにぶん、まだ私の見ていない物があり、勝手に処分されるのが嫌で・・・。

でも手伝ってもらえる人がいるだけありがたいと思わなくてはいけませんよね。
よく考えて結論を出したいと思います。

お礼日時:2009/11/05 15:39

大切なお母様を亡くされて3か月、


まだ気持ちの整理がつかない気持ち、わかります。

私も夫が突然亡くなって、2年が過ぎましたが、
遺品整理がまだできていません。
突然の死だったこともありますが、
できないのです。
遺品に触れる度、涙があふれて、止まってしまうのです。
普段の私はものを処分するのに躊躇しないタイプです。
それでも、できないのです。

なので、他人の言葉に反応してしまう気持ちは
わかりますが、任せてみませんか?
捨てること自体が苦痛です。

その代り、お金のことはお嫁さんたちにはできないので、
きっちりしてみては?

>家の壊れて危ない部分や、安全を考えてガスコンロや階段などを直したり
これも優先順位が高いと思います。
子の手配もお願いしましょう。

時間はあっという間に過ぎます。
今考えているより、することも多いです。
ノートにしなければいけないことを書いて
周りと情報を共有してください。

それから、頭にくる気持ちはわかりますが、
今回のことは、とてもありがたい申し出ですので、
ありがとうの気持ちを持って下さいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とてもお優しい方なんですね。
なんだか自分が恥ずかしくなってしまいます。

私自身は母のいらない物を捨てる事にはあまり執着はないのですが、
私が見ないうちに捨てられる事が嫌だというか、
私とお嫁さんでは「大切」のレベルが違うのはわかっているのに、
こちらに聞きもしないで捨てられる事がわかっているだけに、
任せる事ができません。

お手伝いが、私が一区切りついたところだったら
喜んでお願いしたいのですけどね。

何より、今の時点で父の生活の安全を考える事を
優先してほしいと何度お願いしても、
なぜか話が進むのは片付けの事ばかりで・・・。

ご主人様は天国でitigoobasaさんの想いに幸せを感じていらっしゃるでしょうね。ありがとうございました。

お礼日時:2009/11/05 15:32

自分の祖父母の時の話ですが・・・


亡くなって、みんなが集まっている間に片付けてしまいました。

1つ1つゆっくりと思い出を大事にしながら片付けたい気持ちはとてもよく解りますが、それだとずっと1人で片付けなきゃいけませんよー。
これが、人間1人の持ち物って、全て出してみると結構な量なんですよね。

ご兄弟・お嫁さん、みなさんがいるうちに、「お母さんはこうだったね。あぁだったね。」って、お母様の話をしながら遺品整理をされた方が良いかなって思います。
そういう時間があった方が、今後のお金の管理や生活の事も話しやすいでしょう。

親が亡くなった後で、兄弟間で揉めるのはよくある事です。(うちもそうでした)

遺品整理だって、こちら側が良かれと思って「1人でゆっくりしますから」って言っても、「あの人、自分だけ財産を貰うつもりなんじゃないか」なんて考えを持つ人がいるかもしれません。

主人の母が亡くなった時、「全て任せるから、片付けていて」と言われ、嫁である私が1人で頑張って片付けて、(私しかいなかったので)要るモノ・要らないモノに分けたんです。
形見となるような物はみんなの前で広げて、形見を皆さんにもらってもらって。
私的にはちゃんとしたつもりですが、後日、要らないと判断して捨てたモノまで「あれは勿論、とっているんでしょう?何処にあるの?」とか、「あの嫁が全部財産になるような物は貰って行った。」とか文句を言われれました・・・。
(じゃぁ、最初から自分たちも一緒に片付けてくれたら良かったじゃない?って頭にきましたが。)
それまで仲良くしていても、お金が絡むと人が変わる人もいますし・・・。

お母様の思い出をひっくり返されて捨てられるって気持ちになるのは解りますが、全て兄弟で最初から最後までオープンにして遺品整理や形見をもらうなどした方が良いと思います。
揉めてしまえば、亡くなったお母様も悲しむでしょうから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なお話ありがとうございます。
おかげさまで親戚たちは本当に親切心だけなのですが、
お嫁さんが何を考えているのか良くわからなくて・・・。

でもお話を参考に、よく考えて結論を出したいと思います。

お礼日時:2009/11/05 15:25

あなたの大切なお母さんの遺品なんだから、1年かけようが2年かけようが、あなたが思うようにやればいいんじゃないですか。



嫁さんとか親戚が口を出すべき問題じゃないと思います。

私なら
「お母さんの思い出にゆっくり浸りたいから、私が全部やるよ」
と言います。

他人がどう思うなんか関係ありません。
自分の母親の事なんだから。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お優しいお言葉ありがとうございます。

お礼日時:2009/11/05 15:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q故人の遺品整理や処分を行う日はいつでもいいか?

父が最近死去したのですが、
故人の遺品整理や処分はいつまでにする必要があるかなど、決まりはありますでしょうか。

予定では、来月に49日を行う(納骨も行う)予定ですが、

息子である私が父の家から遠方に住んでおり、遠方から行くため、
49日の前日に父の家で遺品整理と処分を行う予定です。

そこで、質問です。

<質問>

1.故人の遺品整理や処分は、49日の前日に行うのは問題ないでしょうか?

2.故人の遺品整理や処分は、49日を過ぎてから行っても問題ないでしょうか?

3.故人の遺品整理や処分は、葬儀・告別式の翌日から実施しても問題なかったでしょうか?

Aベストアンサー

1~3 いずれも問題ありませんが一般的にはすぐにはできません。

相続に関係する品が出てくるかもしれません。

現代の遺品はトラック1台の量になることがあります。
1日ではできません。全部捨てるということは・・・業者にお宝も渡すことになるかも知れません。

へそくりが出てくるかもしれません。

意外な事実がわかるかも知れません。

物品のなかには金銭的価値があるものもあるかも知れません。

遺品整理業者は、一手に整理をやってくれる一方、そのようなお宝を狙っています。

・切手 古銭 カード類 
・有価証券など出てくるかも
・書籍 中には価値あるものも
・カメラ 骨董品 貴金属類 入れ歯の金歯なども
・模型の趣味などある人大変ですよ。 鉄道模型などとても高価なものがあります。
・お父様の写真などすぐに全部捨てられますか?

最近良くある 「お売り下さい」系のところは買いたたかれます。

ご注意ください。

すぐに退去しなければならないのでなければゆっくりお父様の思い出に浸りながら
整理された方が良いと思います。

(3年経ってもまだ終わりません。困っています。収集物を売却に回っています。)

価値あるものを失わないために、

1~3 いずれも問題ありませんが一般的にはすぐにはできません。

相続に関係する品が出てくるかもしれません。

現代の遺品はトラック1台の量になることがあります。
1日ではできません。全部捨てるということは・・・業者にお宝も渡すことになるかも知れません。

へそくりが出てくるかもしれません。

意外な事実がわかるかも知れません。

物品のなかには金銭的価値があるものもあるかも知れません。

遺品整理業者は、一手に整理をやってくれる一方、そのようなお宝を狙っています。

・切手 古銭 カー...続きを読む

Q亡くなった家族の遺品や部屋の整理を行う時期

亡くなった家族の遺品の整理や部屋の片付けは、普通、葬儀後いつからするのが良いものですか?

Aベストアンサー

こんにちわ。

うちも昨年、遺品整理を経験しました。
他の方も言っておられますが、特に日にちに決まりはないと聞きました。

ですが、うちの経験談で以下のようなことがありました。
故人が時計のコレクターだったので、葬儀後少ししてから、形見分けもかねて親戚に「沢山あるんだけど、どれでもいい?」と電話で聞きました。
高価で大切にしていた時計ほど、近しい人に貰って欲しいと思っていたので先に聞きました。
ですが、ある親戚から、「四十九日も終わってないのに、さっさと処分しようとするな!可愛そうだろう!そんなのは故人があっちに行ってから考えることだ!」と怒られたことがあります。
こちらは、早く処分したい気持ちで聞いた訳ではないので、言葉足らずで怒られた所もありますが、四十九日(魂がこちらにある)という考え方はあると感じました。

様々なご事情があると思いますので一概には言えませんが、状況が許されるなら四十九日以降が無難と感じます。
ちなみに形見は、目上の方で申し出がない人には差し上げなくて良いとされていますが、整理した後になって申し出て来る方も沢山います。多少は対応出来るようにしておくと良いと思います。

こんにちわ。

うちも昨年、遺品整理を経験しました。
他の方も言っておられますが、特に日にちに決まりはないと聞きました。

ですが、うちの経験談で以下のようなことがありました。
故人が時計のコレクターだったので、葬儀後少ししてから、形見分けもかねて親戚に「沢山あるんだけど、どれでもいい?」と電話で聞きました。
高価で大切にしていた時計ほど、近しい人に貰って欲しいと思っていたので先に聞きました。
ですが、ある親戚から、「四十九日も終わってないのに、さっさと処分しようとするな!可愛そ...続きを読む

Q母の遺品。たくさん残った服はどうしたらよい?

一週間前に母親が亡くなりました。

実家には父が一人で住むことになりますが、
母の遺品が山のようにあります。

母は服を大事にしている人だったので、母の部屋には
きちんとしまわれたり壁に掛けられた服が
本当にたくさん残っています。

父は
「落ち着いたら要るものだけ持っていっていいよ。
 あとは全部捨てる」
と言っています。

遺品なのでどうしようもないのでしょうが、捨てると聞いて少し寂しい気もしました。
母曰く、ちょっと流行遅れになったものはもう着られない・・それでたまってしまった服ですが、状態よくしまってあるので何とかならないかなぁと思いました。

何かよい考えや、遺品に対する考えなどがありましたら何でもお願いします。

Aベストアンサー

よくお世話になった方などに形見分けとして配る所もありますが、最近はしなくなってきたので捨てる他ないのではないでしょうか?
新品のお洋服でしたらあげても迷惑にはならないと思いますが。亡くなった方に対する気持ちは人それぞれ、残った遺品に対する気持ちもそれぞれです。

私はお母様の遺品を捨てると選んだお父様の気持ちをくんではいかがかな?と思います。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q四十九日までの自宅での供養を教えてください

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄土真宗)の檀家ではなくなり、仏壇は置いていません。
お盆やお彼岸はお墓参りだけで、自宅で祀ることはしていません。

現在、遺骨はローボードの上で、写真とろうそく立て・線香立て・花入れを並べています。
これもわからないまま、なんとなくです。
(住宅事情で後飾り壇・中陰壇というものを設置できません。)
仏壇があった頃は平常、仏飯器と華瓶を仏壇に供えていました。
この時期も同じようにしてもよいのかどうか。
故人の好物などを供えてもよいのかもわかりません。

お参りに来られる方も呼ぶべき人もいませんので、対面を気にする必要はありません。
信仰している宗教はないのだから好きなようにしていいのじゃないかと思いつつ、腑に落ちないまま日が過ぎています。
最初に初七日・逮夜・四十九日といった言葉を使いましたが、法要や、お骨やお墓をどうするかもまだ考えていません。
十分に悲しんで母との別れを納得したいです。
含めて助言をいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄...続きを読む

Aベストアンサー

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されていました。奥様が他界される1週間前、病床で私は生まれ育った故郷の墓に入りたいと言われたので離婚届を提出され、奥様を故郷の菩提寺に供養されたそうです。お墓参りには中々、行けないけど、奥様と過ごした写真を部屋中に貼られているそうで毎日、行って来ます、ただいま、と声を掛けられ、、その日の出来事を奥様の写真に話しをされているそうです。
 何が言いたいのかと言うと供養の方法等どうでもよいのです。ただ、悲しみが癒えるまでお母様との思い出に浸り、納得が行ったときにお墓に供養されればいいのです。そして、たまには故人を思い出すことが大切だと思います。

 大体、多くの日本人はクリスマスを祝った1週間後に初詣に行き、春になったらお墓参りしているんです。質問者様がどうかわかりませんが、そんな宗教にいい加減な人が仏教の供養方法にこだわっても無意味だと思いませんか?

 お墓は、離婚をされていなければお父様のお墓に供養されればいいです。ただ、遠くてお参りできないのなら近所に建てるのも良い思います。質問者様がご結婚されていて息子さんがいらっしゃるのなら、外墓地を探されるのもよいし、未婚、あるいは息子さんがいらっしゃらないのであれば納骨堂での永代供養墓というのもあります。納骨堂は比較的、費用を安く抑えられると思います。
 お墓に納骨する時期ですが、一般的には四十九日前にされる方が多いですが、それを過ぎたらいつ納骨しても同じです。ただ、永代供養墓の場合、契約期間が、十三回忌までとか三十三回忌までとなっているので手元にお骨を置いて供養する期間が長ければ、お墓の使用期間が短くなります。納骨堂の場合、使用期間を過ぎると合祀墓に合祀されます。
 話が前後しますが、故人を忘れないために、法事を行い、子孫に故人を語り継いでいく、そのことで故人の2度目の死を避ける事ができます。

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されて...続きを読む

Q親の葬式に際して、実家を出た子どもの立場は?

私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの兄弟が継いだ形で両親と同居しています。

親が健在のうちからこんなことを考えるのはどうかとも思う反面、両方の親ともかなり高齢になってきて、健康上の問題も出てきて入院することも度々となっており、いずれは来る日の事を考えておかなければとも思い、質問いたします。

親が亡くなり葬儀となった場合、喪主は同居していた兄弟がするのが自然だと思うのですが、実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか、それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか、どちらなのでしょうか。

それによって、お金のことも含めて、心づもりしておかなければならないことが全く違ってくると思うのです。

ネットで「親の葬儀」などのキーワードで検索すると、「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか、という疑問もあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。
逆に、香典だけで支払分に足りなければ、補填するのは喪主の責であり、親戚が赤字を肩代わりする必用はありません。

要するに、葬儀や法事を営むことは、いずれ故人と同じ墓に入る者の責務なのです。
故人と同じ墓に入ることはできない分家した者や他家へ嫁いだ者は、あくまでもお参り客に過ぎないのです。

>それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか…

喪主・喪家にもっとも近い親戚として、香典とともに供花や供物などが必用です。

>「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか…

10万円では足りないとお考えなのですか。
まあ、あなたの懐にお金が有り余っているならいくらでも出せば良いですけど、親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。
慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。
多ければ多いほどよいというわけでは決してなく、多すぎてももらったほうで迷惑することがあるのです。

冠婚葬祭をド派手にやる地域でなければ、香典 5万円に供物や供花なども含めて 10万円弱も用意しておけばじゅうぶんでしょう。

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。...続きを読む

Q母の死

4/17 夕方、最愛の母が永眠しました。

昨年の10月に膵臓がんが見つかり、約半年の闘病をしていました。私は小さい時から母が大好きで、この世で絶対に起って欲しくないことは「母の死」でした。

母が死ぬくらいなら、自分が死にたい、死んだ後、精神的に耐えられないと思ってました。ですから、昨年夏頃から調子が悪く、行きつけの病院に行っても原因が分からないとの事で、地域の大病院で精密検査した結果、家族が先生に呼ばれ「病気と治療方針」について病院で説明がしたいと連絡を受けた時は、非常に嫌な予感がしました。

その日の朝は朝一番で近くの神社に行き、神主さんに祈祷をして頂きました。家族と病院に向かう途中「痛いのは胃だと言っていたので、最悪胃がんかも知れない、しかし、胃がんであれば手術が間に合うかもしれないし、今日はその説明かも知れない」とそれだけが頭の中にこだましていました。

しかし、医師から出てきた言葉は「膵臓にがんがある、進行がんでステージ4a、がん摘出手術は出来ない、バイパス手術も出来ない、ステント挿入手術をしたいがそれも成功するか分からない」との事でした。母はその時点でも毎日の様に嘔吐していましたので、元々小太りだった体型はかなり痩せてしまっておりました。

涙がボロボロと流れて止まりませんでした。医師からは具体的な余命は告げられませんでしたが、事の深刻さは分かりました。

それから母は放射線治療と抗癌剤治療を受けることを選択し、3週間後に退院してからは自宅からの通院治療を続けました。

退院後も母は前向きに生きていました。それは恐らく、がんになっても何年も生きている人が居ると言う事や治療の効果を期待していたんだと思いますが、私はネットや本、がん患者の家族会に参加したりして聞こえてくる手術が適応出来なかった場合の末期すい臓がんの現実を知ると1年は持たないだろうとは思っていました。

ただ、その時は現実には母は生きているし、同じ家に住んで話もしたり、TVを一緒に見たりしていたので絶望と言う気持ちではなかったのです。ただ、今年の正月の時に家族が集った時に全員で迎える正月は最後だろうなと思って凄く寂しくなりました。

今年の2月に主治医から「検査の結果、抗癌剤治療は中止し、今後は緩和ケアに移行したい」と説明を受けたと母が言いました。その時に母は非常に不安になり初めて弱気になりました。

母、そして家族と相談し、病院が斡旋する在宅看護を受けつつ、他の治療法を探す事にしました。
そこで、4月の初めにセカンドオピニオンとして国立がんセンターに資料を提出し、見解を聞きました。当初、母も同行する予定でしたが、すでに家から外出するだけの体力も無くなっており、私一人で訪問しました。

そこの先生の話では「データを見る限り、早ければ2週間後、長くても一ヶ月持たないでしょう」と言われました。私は久々に大泣きしました。

家に帰ると母は「どうだった?何か他の治療とか紹介された?」と聞いてきました。
私は本当の事は言えずに「先生は、薬は無い訳じゃないけれど、今は体力が落ちているので、その薬が飲めるようになるまで体力を戻す事が先決だと言っていたよ」と伝えました。

母は久々に嬉しそうな顔をして「じゃ、お母さん頑張って食事取るね」と言いました。私は自分の部屋でわんわん泣きました。

実はもう一つ、母には隠していた事がありました。3月一杯で10数年務めた会社を辞めていました。
退職は会社から解雇通告されたからです。解雇理由は「ここ一年の仕事のパフォーマンスが低い」からとの事でした。

私の会社は外資(アメリカ)で確かに成果に厳しく、社員の出入りは激しいです。自分自身良くこんな自分でも10年以上居れたなと思っていました。パフォーマンスの低下は精神的な影響は多分にあったと思います。会社からはパッケージの提案があり、私はそれを承諾しましたが、1つお願いをしました。

それは退職時期を1、2ヶ月遅らせて欲しいと言う事です。理由は、母は私が働く姿を喜んで居てくれていて、このタイミングで自分が無職になったら母に余計な精神的ストレスを与えてしまう、それで死期を早めるような事があっては絶対にならないと考えたからです。

会社が提示した退職は3月末でしたが、自分は母の状況の事を説明し、4月若しくは5月まで延期してくれないか。3月一杯で社員待遇は終わり、身分はバイトでも何で良いから、そして約束の時期がきたら必ず退社すると必死に食い下がりました。上司は一旦は懐柔を見せ、マネージャー会で検討させてくれと言ってきました。

1週間後に上司に呼ばれ「検討したが、決定は変更できない」と言われ3月退職が決まりました。
その時点で私は会社には完全に愛想が尽きていたので、すぐにパッケージにサインし、4月からは「会社からは家族の状況を相談したら介護休暇と言うのをもらえた、だから、当分は自分が母さんの身の回りの世話をする」と家族に説明しました。母は喜んでいました。

母が「あんたは良い会社に入っているね」と喜んでいるのを凄く苦々しく感じましたが、一方これで一緒に入られると嬉しかったです。

在宅でしたので、自力ではトイレも行けなくなっていて、おむつの交換、座薬を入れるなど私と家族で行いました。母は「男の子にこんな事してもらうの恥ずかしい」と嫌がっていましたが、私は「そんな事気にするな、恥ずかしがっている場合ではない」と言いました。確かにおむつの交換、座薬などは最愛の母とは言え、きついです。でも他人に任せたくなった。そう言う汚い部分だけ人に任せて、臨終の時に「お母さん」って泣くのは嫌だったからです。

そして、4/17 夕方母は家族全員に看取られて、最後は私の手を握って、痛みに苦しみながら、荒い呼吸が段々と小さくなって呼吸が完全に停止し、永眠しました。

そして、その日のうちに葬儀会社が来て、葬式が終わり今日に至るのです。

なんかだらだらと長くなってすみません。何が質問かと言うと私は母が死んでから、殆ど泣かないのです。がん告知を受けた時やがんセンターで余命を聞いた時はあれほど取り乱したのに今は何故か冷静なのです。一方、母の葬儀以降、毎日空虚で無気力になってしまい、無職だし、仕事探すとかしなければとは思うのですが、やる気が起きず、母の写真を見たりして過ごしています。

感情が消えたみたいです。抜け殻の様な感じです。
同じような経験をお持ちの方アドバイス頂けたら幸いです。
宜しくお願いします。

4/17 夕方、最愛の母が永眠しました。

昨年の10月に膵臓がんが見つかり、約半年の闘病をしていました。私は小さい時から母が大好きで、この世で絶対に起って欲しくないことは「母の死」でした。

母が死ぬくらいなら、自分が死にたい、死んだ後、精神的に耐えられないと思ってました。ですから、昨年夏頃から調子が悪く、行きつけの病院に行っても原因が分からないとの事で、地域の大病院で精密検査した結果、家族が先生に呼ばれ「病気と治療方針」について病院で説明がしたいと連絡を受けた時は、非常に嫌な予...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

今あなたの文章を読んで泣いてしまいました。

私のお父さんも膵臓ガンでした。
あれから約3年経ちましたが、記憶の中のお父さんと被って、久々に泣きました。

私のときは、お父さんが発病したのは、私が中学二年のときでした。
三人家族で私がまだ精神的に幼いと両親は考えたのか、お父さんの病気のことをまだ受け止められないと思い病気のことは黙っていました。

何時間にも及ぶ手術に集まる親戚、心配そうなお母さんの顔…
今思えば自分は本当に幼かった
そんな空気の中でさえ、事の異常に気付かず、盲腸の手術程度に思ってました。
その後の抗がん剤治療も順調に進み、やっとガンだったのかと知りました。

でも中学三年の秋、突然お母さんに涙目で一言
「パパ後3ヶ月しかもたないって…」

頭が真っ白でした。
ガンを克服し会社にまで復活して頑張ってたのに…
この世に神様はいないのかと本気で思いました。
夜一人部屋の中で色んな思いが溢れて泣きました。
私は身近な人で死んだ人がいなかったので、お父さんの死ということがあまり上手く理解できませんでした。
でも、ふとある時、よぎったのは
3ヶ月後は自分の誕生日……
ということ。
なんだか急に現実味がまして怖くなり、これからの人生の色々な思い出のなかにお父さんはあといくつ居られるのだろう…そう思うようになった。

それからお父さんは余命宣告よりも5か月も長く生きました。
でも、みるみる痩せていく体、何度も繰り返す嘔吐…色々なことが私には死が迫ってくるようで怖くて怖くて耳を塞ぎ目を閉じ、この世現実が夢だったらと願いました。
今までずっとお父さんを支えていたのはお母さんだったので、当時の私には一緒に支える方法を知りませんでした。
支えようとするどころか、部屋で一人で泣くことしか出来ませんでした。
だからお父さんはお母さんの前でしか泣きません。
それを見て、私は二人を困らせてはいけないと、泣いてはいけないと誓いました。

高校一年になってすぐ、お父さんは病気と闘いながら死にました。
今でも、お父さんが焼かれて骨になった姿は焼き付いて消えません。

お父さんが死んだあと、家は母子家庭になり、お母さんは自分が守らなくてはと思うようになりました。
当時私は私立の女子高に通っていました。
親の死は女子には格好の話のネタなのは以前別の人がそうだったので黙ってもらってました。
可哀想だとか惨めだと思われたくなくて、学校ではバカみたいにテンションをあげてましたが、家では、部屋で泣きながら勉強してました。
というのも、私立は学費が高かったので、あまり成績はよくありませんでしたが、奨学金を目指し必死で頑張りました。
そのお陰か、高一は奨学金ももらえ、クラスでも1位の成績でした。
でももう心はギリギリで高二の夏に精神を病み学校へは行けなくなりました。
半年ほど、何もやる気がせずただ泣いたり、今の自分に失望したり…
こんなんじゃ、お父さんより私が死んだ方が…なんてことを永遠と考えてました。

だけどある時、自分が心から楽しめるものを見つけ、その時からこんなんじゃダメだと思いました。
もう一度高二からやり直すために転入しました。
今私は一年遅れの高校三年生です。
やっとお父さんの死から立ち直ることができたんです。

私はあなたの文を読んで、隣でお母さんをずっと支えていたあなたを心から尊敬します。
私が目をそむけ、現実逃避しようとした現実から最後まで逃げなかったあなたは誰よりも強いと思います。
今まであなたもずっと闘ってきたのだから、何もやる気がしなかったり、脱け殻のような状態から無理に抜け出そうとしないでください。
そんないまを悲観しないでください。
今は少し心が疲れてるんです。

こんな私が言うのはなんですが、今はあなたのやりたいように、好きなだけ休ませてあげてください。
そうすれば、ある時からきっと生きる気力が湧いてきて前向きにいまを考えることができると思います。
私がそうだったように。

人にはいつか自力で乗り越えなければならないとてつもなく高くて厚い壁が一度は来ると思います。
それを乗り越えたらのなら、私は、あなたは人の痛みや苦しみを、人よりなん十倍も身に染みて理解し、やさしくなれるんです。

壁は逃げれば自分についてきてどんどん高く厚くなります。
だから、たまには外にも出て、壊そうとする努力をしてください。
努力なしに得られるものなんてたかが知れてます。

最後にあなたは一人ではありません。
苦しくなったら、こうやって、いまみたいな場で良いから、吐き出して見てください。

そうすればあなたが一人ではないことに気がつくでしょう。
だから、いまのこの自分をどうか否定しないであげてください。
長文失礼しました。

はじめまして。

今あなたの文章を読んで泣いてしまいました。

私のお父さんも膵臓ガンでした。
あれから約3年経ちましたが、記憶の中のお父さんと被って、久々に泣きました。

私のときは、お父さんが発病したのは、私が中学二年のときでした。
三人家族で私がまだ精神的に幼いと両親は考えたのか、お父さんの病気のことをまだ受け止められないと思い病気のことは黙っていました。

何時間にも及ぶ手術に集まる親戚、心配そうなお母さんの顔…
今思えば自分は本当に幼かった
そんな空気の中でさえ、事の異常に気...続きを読む

Q親がある日突然死んだショックを引きずっています

去年母を亡くしました。父はすでに死んでいるので私は一人暮らしになりました。
ある日突然死んだので、心の準備ができておらず、今でもつらいです。

母が入退院を繰り返すなどしてたら心の準備もでき、母の死を受け入れられ、悲しみや寂しさも時間とともにやわらいでくると思います。突然死だったから辛いのです。それまでふつうに暮らしてたのに
ある日突然倒れ、そのまま死んでしまいました。70代でした。

私は独身男性ですので「お嫁さんをさがしたら?」と言う人もいますが、そう簡単に結婚相手が見つかるものではありません。

今でも時々母を亡くした悲しみや寂しさに襲われ、胸が締め付けられるような辛さを感じたり、うつ状態になることもあり病院で相談して薬を出してもらっていますが、それでもどうしようもない辛さに襲われることがあります。

「予測できる死」と「突然死」では同じ死でも悲しみの度合は違うと思いますか?

親の突然死の悲しみをやわらげるいい方法はありますでしょうか?

Aベストアンサー

申し訳ないけど、悲しみをやわらげるいい方法は無いです。

私も19の時と22の時に両親を突然死で無くしました。どちらも60に満たなくて、突然死という割には若年齢でしたが、その後、若いからと人の足元みたような態度や発言をする大人と喧嘩したり、それこそクスリも飲みましたが結局何も変わらなかったし、自殺未遂も、彼女やその他のことでそれを相殺すればしようすればするほど、精神的に浮き沈みが激しかったし随分苦しみました。

「予測できる死」と「突然死」の悲しみの値について安直には計れないんじゃないかなと思います。それでも貴方が現在おいくつか分からないですが、少なくとも20代、30代で両親を亡くすというのは普通じゃないことですし、「予測できる死」と「突然死」という死の基準よりも、死という現実を受け入れる年齢が、「早いのか」、「遅いのか」ということ。

親が死ぬと言うことは誰でも経験することではありますが、実際若い身空で親の死を経てフラットになった時、何にもない自分に喪失感が出てくる気持ちは非常によく分かります。

結論からいいますと22歳の私はその踏ん切りつまり親の死を乗り越えたと、自分で思えたのは26の頃でした。質問者さんと同じく22ぐらいの時にはわかったような口を聞く大人に「はやく結婚すれば?」と言われました。結果、26で結婚しました。そのとき初めて肩の荷が降りる思いでした。

19の頃は絶望感ばかりがあり22の時にその加速度が増しました。大学もやめ、バイトをしながら親の貯金を食いつぶし、親が残した有り難くないコトを整理して俺が何をしたっていうんだよ!って毎日思ってました。23、4のとき就職をきっかけに地元を離れ違う土地へ行き、それこそ色んな年相応のことを経験してに両親のことに対して前向きな諦めをつけた瞬間に彼女が出来て、すぐに結婚~という流れになりました。ただし結婚して全てのことが払拭されたわけでもなく10年経っても未だ悩みはつきません。
だけど、自分の経験したことは確実に同世代にはない経験でしたし、自分の友人らにもし突然のことがおきても冷静に対応できるだけの能力は備わったと思っています。

できれば10年前の絶望感ばかりだった自分に今、まともに生きていることを教えてあげたい。

質問者様へも私自身、早く結婚しろとはいいませんが、今すべきこと、10年後のよりカッコいい自分を想像してみてはいかがでしょうか?そのために今自分がなにをすべきなのかが見えてくると思います。
それが答えです。

申し訳ないけど、悲しみをやわらげるいい方法は無いです。

私も19の時と22の時に両親を突然死で無くしました。どちらも60に満たなくて、突然死という割には若年齢でしたが、その後、若いからと人の足元みたような態度や発言をする大人と喧嘩したり、それこそクスリも飲みましたが結局何も変わらなかったし、自殺未遂も、彼女やその他のことでそれを相殺すればしようすればするほど、精神的に浮き沈みが激しかったし随分苦しみました。

「予測できる死」と「突然死」の悲しみの値について安直には計れないんじゃ...続きを読む

Q癌の末期症状を教えてください。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している感じです)せん妄らしき意識障害もしばしばみられます。微熱も続いています。
数日前からは痰がよくからむようになってきました。息苦しい時もあるようです。目も見えにくくなっているようです。

このような病状なのですが、どういう状況にあると考えればいいのでしょうか。主治医の先生に聞いても的を得た答えを得られずにいます。
また今後はどういう状態に気をつければいいのでしょうか。
少しでも楽になるように、私たち家族は何をしてあげればよいのでしょうか。
どんな小さなことでもいいです。ご存知のことがあれば教えていただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している...続きを読む

Aベストアンサー

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最も考えられますが他の場所への転移、浸潤、潰瘍形成などによる出血の可能性もあります。 
せん妄、抑うつ、不安等などの精神症状は癌の末期にはしばしば出現します。疼痛コントロールがうまくいっていないときは出現の頻度も当然高くなります。
熱については、一般的に感染に伴うものと癌による腫瘍熱の二つが最も考えられます。
痰や呼吸困難は、呼吸器感染症の合併もしくは心不全徴候などの可能性があります。

この状態であれば御本人の苦痛をいかに取り除くかは、ご家族ばかりでなく医療側の比重が大きくなると思います。
まずは、御本人の意識を保った状態で苦痛を取り除くことが目標ですが、それが困難になればある程度鎮静させ意識レベルを落とすことも必要になります。肺に転移しているようですが、呼吸不全が進行してくると酸素投与だけでは呼吸困難が改善されないこともあり、そのような場合は体力の消耗がはげしく悪循環に陥りますから、積極的に鎮静させます。結果的に、ご家族との直接の会話はなくなることも多いですが、話すことができなくても完全に意識をなくしているとは限りませんから、気持ちの平安のためにも御本人に話しかけてあげることが大切だと思います。
最終的な症状は、血圧が下がる、尿の出が悪くなる、呼吸が浅くなるなどです。自分で痰を出すことができなくなると、常に痰が詰まることによる窒息が心配になります。喘鳴が強くなったときは、すぐに痰の吸引をしてもらうようにして下さい。

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最...続きを読む

Q母親や姑からの形見分けについてご意見を伺います。

母親や姑からの形見分けについてご意見を伺います。


今年70歳を迎える母、姑の立場の者です。

過日投稿した質問には若い世代の方々から沢山のご意見を頂き、本当に参考になりました。

ずっと気になっている問題があるので、今一度皆様のお考えをお聞かせ頂きたく存じます。


私は3年前主人を亡くし、その後、家を2世帯住宅に改築して息子家族と暮らしています。

主人の生前の差配により、土地は私(私の死後は息子が相続)が、建物は息子が相続しました。

嫁いだ娘(48)には、家を購入する際に多額のの援助(生前贈与)をしたので相続放棄させていました。

相続税を納めた後でもかなりの預貯金が残りました。

私の老後の資金、今後の病気に備えたり介護が必要な状態になった場合に施設に入る資金です。

私の死後残ったお金は子供達で均等に分けてもらうことになっています。


問題は、女性ならではの品々です。

主人から記念日などに贈られた宝飾品、姑や母から受け継いだり長年かけて集めてきた食器や漆器、作家ものの着物や帯、ブランド物のバッグ(バーキンは二人とも狙っている様子)、日本画や置物など。

特に大した家柄というわけではないのですけれど、それなりに価値のあるものも多いですし、何よりも思い入れのある品々です。

娘や嫁にこれらをどんな風に分けたらよいものやら・・と悩んでいます。

知り合いが亡くなった後で、実のお嬢さん方2人が欲しいものの奪い合いをしてケンカになったとか、反対に生前とても大切にしていたものが何の未練もなく処分されてしまったとか・・色々な話を聞いたもので。

できれば私が生きているうちに、私の大切な品々の行く末(大げさですか・・)を見届けて、もし娘も嫁も欲しがらないものがあれば、ボランティアで通っている集まりの方々にでももらっていただけたらなあ、と考えているのです。

皆様は、お母様やお姑様からどんな風にして思い出の品を受け継がれましたか? 

その方法の良かった点、不都合だった点も教えていただければ嬉しいです。

また、お母さまやお姑様がご存命の方は、大切にされている品をどんな風に受け継ぎたいですか?

実の、もしくは義理の姉妹で仲良く分けあって、さらに孫の代まで残していってほしいと願ってしまって。

年寄りの押し付け、と言われればそれまでなのですけれど。

若い世代の皆様のお知恵を拝借したく、お願い申し上げます。

母親や姑からの形見分けについてご意見を伺います。


今年70歳を迎える母、姑の立場の者です。

過日投稿した質問には若い世代の方々から沢山のご意見を頂き、本当に参考になりました。

ずっと気になっている問題があるので、今一度皆様のお考えをお聞かせ頂きたく存じます。


私は3年前主人を亡くし、その後、家を2世帯住宅に改築して息子家族と暮らしています。

主人の生前の差配により、土地は私(私の死後は息子が相続)が、建物は息子が相続しました。

嫁いだ娘(48)には、家を購入する際に多額...続きを読む

Aベストアンサー

30代です。

実例1、姑さんのお着物
娘はすでに他界。同居息子の嫁は処分するというので、次男の嫁が好きなものを貰い、残りを長男嫁が古着屋に売ってました。

実例2、お姑さんの着物。
娘と敷地内同居の嫁にそれとなく聞いたものの、はっきり返事がなかったため、姑は自分で処分。敷地内同居嫁が気づいたときには着物はありませんでした。

実例3、母の着物
箪笥3棹ありました。娘と孫娘が1棹分、汚れのあるもの、残す価値のなさそうなものを古着屋に売りました。

実例4、母の着物
息子が燃やしました。箪笥1棹軽くあり、良いものだったそうですが。さずがに、噂になりました。

これらからすると、リストづくりは有効かつ助かります。
買値、買ったお店(できたら)、年月日、特に気に入っている理由。大島とか絹100%草木染め、総刺繍とか初心者用に簡単に。
アルバム形式に、写真があれば最高です。ですが、基本、品物は買った時点で終わりです。受けついでもらえるのは凄くラッキーだと思います。夫は祖父母の家具は要らない、と断言し、もらえませんでした。嫁の私は欲しかったです。

ご年配の方のご質問に非情な答えもあり、忍びないですが、受け継ぐのは<心>や<思い出>と思ってくださればと存じます。

30代です。

実例1、姑さんのお着物
娘はすでに他界。同居息子の嫁は処分するというので、次男の嫁が好きなものを貰い、残りを長男嫁が古着屋に売ってました。

実例2、お姑さんの着物。
娘と敷地内同居の嫁にそれとなく聞いたものの、はっきり返事がなかったため、姑は自分で処分。敷地内同居嫁が気づいたときには着物はありませんでした。

実例3、母の着物
箪笥3棹ありました。娘と孫娘が1棹分、汚れのあるもの、残す価値のなさそうなものを古着屋に売りました。

実例4、母の着物
息子が燃やしました...続きを読む


人気Q&Aランキング