最新閲覧日:

芥川龍之介の短篇に平安を舞台にしたものが多く、
それをきっかけとして、平安時代についての関心が高まりました。
さっそく、図書館で図版などを読んで得心していたのですが、
肝心の文学については、どれから手を着けて良いのか分かりません。
「平家物語」「源氏物語」のほか日記文学など色々あって、
当然の事ながら古文に属するので次々と読めるものではありません。

平安文学の入門書として、これを読め、という平安文学があれば、
是非教えて下さい。
寝る間も惜しんで浸ることの出来る文学はありますか・・?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私のイチ押しは枕草子です。

原文と現代語訳がついているもの(文庫版など)と、田辺聖子さんの「むかしあけぼの」という小説が大変わかりやすいので平行して読まれることをお勧めします。「むかしあけぼの」は清少納言を主人公にした小説ですが、「清少納言は本当にこんな考えで、枕草子を書いたのかもしれない・・・」と思わせるほどリアルに書かれています。ほとんど「むかしあけぼの」の宣伝になってしまいましたが、その後で原文やわかりにくい現代語訳を読んでも、内容や場面がすっと頭に浮かんできて、楽しいですよ。
    • good
    • 0

『竹取物語』!~物語の始めなむ・・・。



“入門書”とは言えないでしょうが、とっつきやすさで、
  ↓
『伊勢物語』~平安版『世にも奇妙な物語』?
    • good
    • 1

「入門書」という位置付けになるかどうかはわかりませんが、


芥川龍之介がお好きであるなら、『堤中納言物語』なんて
面白いかもしれません。

『堤中納言物語』は、平安時代のショートショートみたいな
感じのもの(?)です。いつくかの掌編が集まっている物語集
で、文章も、別に難解ということもないものだったと思います。
旺文社あたりで、現代語対訳付きの文庫が出ていました。
特に「虫愛づる姫君」(だったかな?)が面白いんじゃないか
と思います。

ただ、それほどメジャーではないですね。
源氏物語を頂点とする芸術価値のヒエラルキーからはかなり
外れているような、あまりマジメではない(?)というか
「マニアック」な感じ(?)もないではないです。
でも(寝食を忘れるような類ではないけれども)面白いには
面白いと思います。
    • good
    • 0

ありふれた答えのようになりますが、清少納言の[枕草子]だと思います。



まず一章が短いので気が向かないときは短い所を、古語辞典でも用意しながら長い所を、また適当に後ろの方から読んでもよく、その日の気分次第で読みわけれます。

内容も随筆あり、歳時記あり、日記風あり、評論、時評なんでもありのレパートリーの広さと彼女のヒラメキの良さは後世にもなかなか見当たらないと思います。

これと[徒然草]は社会人になってから「岩波文庫」で買いなおして読んでいますが受験に関係なく読んでいる方が面白いような気がします。

(時代は古いですが、万葉集の巻1、巻2は是非お薦めです)
    • good
    • 0

 全訳源氏物語(与謝野晶子訳)なんかどうでしょうか。

ワードかなんかで、縦書きにしたら読みやすくなります。
 また、別の書籍も

http://www.wao.or.jp/naniuji/
にたくさんあります。

参考URL:http://www.genji.co.jp/yosano/yosano.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報