芥川龍之介の短篇に平安を舞台にしたものが多く、
それをきっかけとして、平安時代についての関心が高まりました。
さっそく、図書館で図版などを読んで得心していたのですが、
肝心の文学については、どれから手を着けて良いのか分かりません。
「平家物語」「源氏物語」のほか日記文学など色々あって、
当然の事ながら古文に属するので次々と読めるものではありません。

平安文学の入門書として、これを読め、という平安文学があれば、
是非教えて下さい。
寝る間も惜しんで浸ることの出来る文学はありますか・・?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「入門書」という位置付けになるかどうかはわかりませんが、


芥川龍之介がお好きであるなら、『堤中納言物語』なんて
面白いかもしれません。

『堤中納言物語』は、平安時代のショートショートみたいな
感じのもの(?)です。いつくかの掌編が集まっている物語集
で、文章も、別に難解ということもないものだったと思います。
旺文社あたりで、現代語対訳付きの文庫が出ていました。
特に「虫愛づる姫君」(だったかな?)が面白いんじゃないか
と思います。

ただ、それほどメジャーではないですね。
源氏物語を頂点とする芸術価値のヒエラルキーからはかなり
外れているような、あまりマジメではない(?)というか
「マニアック」な感じ(?)もないではないです。
でも(寝食を忘れるような類ではないけれども)面白いには
面白いと思います。
    • good
    • 0

私のイチ押しは枕草子です。

原文と現代語訳がついているもの(文庫版など)と、田辺聖子さんの「むかしあけぼの」という小説が大変わかりやすいので平行して読まれることをお勧めします。「むかしあけぼの」は清少納言を主人公にした小説ですが、「清少納言は本当にこんな考えで、枕草子を書いたのかもしれない・・・」と思わせるほどリアルに書かれています。ほとんど「むかしあけぼの」の宣伝になってしまいましたが、その後で原文やわかりにくい現代語訳を読んでも、内容や場面がすっと頭に浮かんできて、楽しいですよ。
    • good
    • 0

『竹取物語』!~物語の始めなむ・・・。



“入門書”とは言えないでしょうが、とっつきやすさで、
  ↓
『伊勢物語』~平安版『世にも奇妙な物語』?
    • good
    • 1

ありふれた答えのようになりますが、清少納言の[枕草子]だと思います。



まず一章が短いので気が向かないときは短い所を、古語辞典でも用意しながら長い所を、また適当に後ろの方から読んでもよく、その日の気分次第で読みわけれます。

内容も随筆あり、歳時記あり、日記風あり、評論、時評なんでもありのレパートリーの広さと彼女のヒラメキの良さは後世にもなかなか見当たらないと思います。

これと[徒然草]は社会人になってから「岩波文庫」で買いなおして読んでいますが受験に関係なく読んでいる方が面白いような気がします。

(時代は古いですが、万葉集の巻1、巻2は是非お薦めです)
    • good
    • 0

 全訳源氏物語(与謝野晶子訳)なんかどうでしょうか。

ワードかなんかで、縦書きにしたら読みやすくなります。
 また、別の書籍も

http://www.wao.or.jp/naniuji/
にたくさんあります。

参考URL:http://www.genji.co.jp/yosano/yosano.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京都駅~平安神宮付近でお風呂&食事のできるところ

3/12に京都シティーハーフマラソンを走ってきます。
レース後に、風呂と食事の出来るお勧めのところはないでしょうか。
スタート&ゴールは平安神宮です。
ゴール時刻は十時半、行動開始は十一時半からです。
20代半ばの男二人と女一人、選手は男二人で、女性は観に来てくれる友人です。風呂事情は男優先、食事は女優先です。
三人ともほぼ初京都。僕だけが若干地理に明るい。
アシは徒歩,電車,バス, タクシーですが、いずれも混雑は必至です。
風呂と食事は一所でも分かれてでも構いません。街中の銭湯でもOK。
条件が多いのですが、何でもご意見お待ちしています。

Aベストアンサー

マラソン後に、まずはお風呂、次が食事なのでしょうか?

検索をかけると京都の銭湯は14:00以降の営業が多いようです。

マラソンをする男性陣のみお風呂に入るなら
こちらの「桜湯」
http://www004.upp.so-net.ne.jp/ofuroyasan-teki/kawaramachi3.html
女性は、近くでお店を覗きながら散策していれば暇つぶしも出来ます。
四条まで下りればデパートもありますしね。
地下鉄東西線で東山駅から2駅の京都市役所前下車。
徒歩10分ぐらいのようです。

男女ともお風呂に入るなら、スーパー銭湯がいいと思います。
「やまとの湯 壬生店」は駅から近くていいですよ。
電車で動くなら、地下鉄東西線・東山駅から二条駅まで行き、
JR山陰本線に乗り換えて、京都駅方面に二条駅から1駅次の丹波口下車
線路沿いに北に上って徒歩5分程度だと思います。

食事はカフェの「さらさ」がいいかもしれません。
私は「さらさ西陣」にしか行っていませんが、とてもよかったです。
女性が喜びそうなお店ですよ。
「桜湯」さんの近くなら「さらさ富小路」があります。
・さらさ富小路
http://u.tabelog.com/bananamelon/r/rvwdtl/23278/

・さらさ西陣(大徳寺の南側付近)
http://www.jalan.net/kanko/SPT_161460.html
静かで落ち着けるのは西陣だと思いますが、ちょっと遠いですね。

マラソン後に、まずはお風呂、次が食事なのでしょうか?

検索をかけると京都の銭湯は14:00以降の営業が多いようです。

マラソンをする男性陣のみお風呂に入るなら
こちらの「桜湯」
http://www004.upp.so-net.ne.jp/ofuroyasan-teki/kawaramachi3.html
女性は、近くでお店を覗きながら散策していれば暇つぶしも出来ます。
四条まで下りればデパートもありますしね。
地下鉄東西線で東山駅から2駅の京都市役所前下車。
徒歩10分ぐらいのようです。

男女ともお風呂に入るなら、スーパー銭湯がいいと...続きを読む

Q平家物語の有名な始まりは「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり」ですが源氏物語の始まり又は源氏物語を教

平家物語の有名な始まりは「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり」ですが源氏物語の始まり又は源氏物語を教えてください。

Aベストアンサー

いづれの御時にか、女御・更衣あまたさぶらひ給ひけるなかに

うんぬんかんぬん

Qどうすれば心の平安が得られますか?

ひとりでお風呂に入ると無性に寂しい。ついつい近所の温泉に毎日行ってしまう。どうすれば心の平安が得られますか?教えてくださいね。

Aベストアンサー

まさかお礼がくるとは思いませんでした。

ありがとうございます。

心の平安は永遠の課題ですよね…

やはり、彼女みたいなのがベストなんでしょうね、でも、イチャイチャできるのも最初のうち、そのうち一人の方が心の平安に至ります。

子供がいれば、リアルに楽しいです。まあ、そためにいろいろ工夫もするわけではありますが、そういうのは嫌いじゃないので…

でも、一人の方が平安に至ります。別居中だとこれはこれで気楽です。

Q芥川龍之介のように凝った文体の作家

芥川龍之介、中島敦のように凝った文体の作家は他にいますか?
いたら作家名と代表作を教えてください。
できれば現代作家がよいのですが、古い作家でも構いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
>一字一句に意味があって省略できないような作品
となるとほとんどの明治・大正の作家が該当すると思いますが、例えば森鴎外、尾崎紅葉、志賀直哉。
比較的新しいところでは、言葉遣いに凝っているなら三島由紀夫。「山月記」「名人伝」「杜子春」など中国物がお好きなら(初期の)宮城谷昌光。

Q日本の風呂の歴史

 質問はタイトルの通りなんですが、先日外国人に「日本人はいつから風呂に入るようになったんだ?」と聞かれ、そういえばいつなんだ?と疑問に思ったので質問しました。平安時代とかはお香で体臭を消していたとか聞きますし、また江戸時代だと時代劇で見るように風呂入るのは普通だったのかと思うのですが、ほかの時代のことはそういえば聞いたことありません。いったい昔の人はどうやって体を洗っていたのか歴史に詳しい方教えてください。また参考文献があったら紹介していただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

お風呂は昔は 湯浴み って言って浴衣みたいのを着て
お湯をかぶって洗っていたそうですよ
湯殿っていう浴室もちゃんとあったって本で読んだか
マンガで見たかしたのでずっと昔からあったみたいですよ
ちなみに浴衣みたいのを着てやる湯浴みは何かの時代劇でも
やってるの見たことあるので時代劇を見れば出るかな??
持統天皇ものの本やマンガが好きで見たり読んだりしてたら
そんなことを書いていた気がします
でも持統天皇が子供の頃から温泉にはちゃんとつかって
いたみたいですよ
持統天皇のおばあさんが天皇だった頃はおりにふれて
皇子や皇女達が温泉に入ってたみたいですよ
有馬皇子は気が狂ったふりして温泉に湯治に行ってるし・・・
マンガの 天上の虹 の持統天皇が子供の頃の前半の方を
見れば温泉に入ってる場面が出てくるし
本にも温泉の場面があるのもあったのでその辺の本を読んでみては
大化の改新や壬申の乱などの面白い物語も読めますし
その辺のことはとっても本で読んでもマンガで見ても面白いです
でももっと前からあったのかも  ちょっとさかのぼって
聖徳太子の辺をチェックしてもあるような気もしますが??
聖徳太子もマンガも本もあるので調べるのも面白いかも

お風呂は昔は 湯浴み って言って浴衣みたいのを着て
お湯をかぶって洗っていたそうですよ
湯殿っていう浴室もちゃんとあったって本で読んだか
マンガで見たかしたのでずっと昔からあったみたいですよ
ちなみに浴衣みたいのを着てやる湯浴みは何かの時代劇でも
やってるの見たことあるので時代劇を見れば出るかな??
持統天皇ものの本やマンガが好きで見たり読んだりしてたら
そんなことを書いていた気がします
でも持統天皇が子供の頃から温泉にはちゃんとつかって
いたみたいですよ
持統天皇のおば...続きを読む

Q芥川龍之介の「羅生門」について教えて下さい。

青空文庫の芥川龍之介の「羅生門」を読んでいる外国人です。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/127_15260.html

わからないところがあるので、質問します。

>>どうにもならない事を、どうにかするためには、手段を選んでいる遑はない。選んでいれば、築土ついじの下か、道ばたの土の上で、饑死うえじにをするばかりである。そうして、この門の上へ持って来て、犬のように棄てられてしまうばかりである。選ばないとすれば――下人の考えは、何度も同じ道を低徊ていかいした揚句あげくに、やっとこの局所へ逢着した。しかしこの「すれば」は、いつまでたっても、結局「すれば」であった。下人は、手段を選ばないという事を肯定しながらも、この「すれば」のかたをつけるために、当然、その後に来る可き「盗人ぬすびとになるよりほかに仕方がない」と云う事を、積極的に肯定するだけの、勇気が出ずにいたのである。

>>下人は、頸をちぢめながら、山吹の汗袗に重ねた、紺の襖の肩を高くして門のまわりを見まわした。

①「この「すれば」のかたをつけるために」
②「その後に来る可き」
③「紺の襖の肩を高くして」
というところの意味を、教えて下さい。
よろしくお願いします。

青空文庫の芥川龍之介の「羅生門」を読んでいる外国人です。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/127_15260.html

わからないところがあるので、質問します。

>>どうにもならない事を、どうにかするためには、手段を選んでいる遑はない。選んでいれば、築土ついじの下か、道ばたの土の上で、饑死うえじにをするばかりである。そうして、この門の上へ持って来て、犬のように棄てられてしまうばかりである。選ばないとすれば――下人の考えは、何度も同じ道を低徊ていかいした揚句あげくに、やっとこ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、下人の思考の流れを押さえましょう。

①「どうにもならないことを、どうにかするためには、手段を選んでいる遑はない」
②「手段を選ばないとすれば」
③「盗人になるより仕方がない」
ということですね。

「当然、その後にくる可き(べき)…」というのは、②の後に③となるのは自然な結論だ、というような意味です。

しかし、下人は「盗人になるよりほかに仕方がない」ということを「積極的に肯定するだけの、勇気が出」ないのです。そのために、「すれば」のかたがつかないのです。

下人は、「仕方がない」と思いつつも、盗人になる決心がつかないようですね。

ここで、②から③への結論を、「積極的に肯定する」とき、下人はどう考えるでしょうか。
「手段を選ばない以上は、おれは盗人になるしかないのだ」といったところでしょう。

下人は、頭では他に手段がないと分かっています。
しかし、盗人になるより仕方がないのを「積極的に肯定するだけの勇気がない」ので、手段を選ばないと「すれば」という段階に あえて止まっているといえます。

この「選ばないとすれば」というのは、どういう意味でしょうか。これは、他にいい手段がある「かもしれない」という希望だといえるでしょう。

しかし手段はないのです。「とすれば」はありません。すがりつく希望はないのです。

「かたをつける」とは、「盗人になるのを積極的に肯定する勇気をもつ」ことで、その希望を切り捨てることを意味しています。

まず、下人の思考の流れを押さえましょう。

①「どうにもならないことを、どうにかするためには、手段を選んでいる遑はない」
②「手段を選ばないとすれば」
③「盗人になるより仕方がない」
ということですね。

「当然、その後にくる可き(べき)…」というのは、②の後に③となるのは自然な結論だ、というような意味です。

しかし、下人は「盗人になるよりほかに仕方がない」ということを「積極的に肯定するだけの、勇気が出」ないのです。そのために、「すれば」のかたがつかないのです。

下人は、「仕方がない」と...続きを読む

Q平安閣って?

平安閣という会社がありますが、
ネットで調べると、全国各地にグループや平安閣と名前の会社があり、しかも、どれもが本社と書かれてます。平安閣はフランチャイズなのでしょうか?本体はどれでしょうか?
それとも、「平安閣」とは冠婚葬祭にかかわる単なる名称で一般的にどこでも使っていい名称なのでしょうか?
ご存知の方、特に業界の方、解説お願いします。

Aベストアンサー

 再びです。

>ひとつの県に平安閣が複数ある場合もありますが、これはなんででしょう?営業地域が重なったら、競合すると思いますが・・・。

 決められている営業地域は都道府県単位、およびその周辺他都道府県であることが多く、たとえば東京の冠婚葬祭互助会A社が大阪に進出しようとすれば別会社設立、または大阪にある冠婚葬祭互助会を吸収合併、あるいは業務提携のような形で進出するので同じ会館名を使用します。これらの会社は独立採算制です。でもA社が千葉西部地域に進出だと営業地域であることが多く、同じA社の会館設立です。
 ですが千葉に本拠地をおく同じ会館名を使用している別の冠婚葬祭互助会B社があれば、競合することになりますね。
 通常であればライバル社の会館になるので避けたいところですが、別会社のため苦情は言えません。互助会加入者にとってはどちらの会館も利用できるので利便性がありますが。

 また一つの冠婚葬祭互助会は複数の会館を経営していることが多いです。

Q平安時代の女房文学の文学史的、社会的背景

平安時代の女房文学の隆盛について、文学史的、社会的背景は何ですか?
人名、作品名などの実例を示しながら、説明してくれませんか?

Aベストアンサー

お年が分からないのですが、高校生以上ですか? でしたら、高校の日本史の教科書の平安時代のページに社会的背景やら後の時代への影響やら代表的作品やら作家やらが簡潔に載っていると思いますので写すといいですよ。

Q百人一首 平安・嵯峨って何ですか?

百人一首を購入しようと思っています。
私が使ってたものは 「小倉百人一首 平安」です。
ネットを見てると「小倉百人一首 嵯峨」と言うものもあります。

この平安と嵯峨の違いはなんでしょうか?
中身が同じであれば構わないので すごく詳しい説明はいりませんが
何がどう違うのか 平安でやってたのであれば平安を購入したほうが良いのかどうか教えていただけたら・・・と思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

商品の裏紙の種類(印刷方法など)の違いだけです。
平安  緑銀印刷横染
嵯峨  紫金角銀砂子

嵯峨の方が高価です。

Q平家物語について

平家物語で平惟盛と六代についてどう思いますか?
個人的な感想でいいので、聞かせてください。

Aベストアンサー

歌舞伎などで観る限りではお二方とも
歴史的運命に翻弄される気の毒ではあるお方、という印象ですね。
この時代のいわゆる「偉い人達」は、でも皆運命に従うしかなかったとも
言えなくはないようにも思いますけれども・・・

頼朝しかり義経しかり。

あまり回答になっていないかもしれませんが、個人的な感想とありましたので、
書き込んでみました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報