「dポイント」が最大20倍になるお得な情報

実質的にドイツ軍とフィンランドは同じ敵(ソ連)と戦っていましたが、フィンランド側が枢軸国と見なされるのを避けようとして、あくまでもこれはドイツ軍との共同戦線であるといった記述(あくまでも偶然、敵が一緒だっただけでで同盟を組んでいるわけではない)を見ました。
 これは正しいのですか?また、それにあたる条約や、本に記述があれば教えてください。お願いします。

A 回答 (4件)

 冬戦争の後に続いて起きた継続戦争で、フィンランドは紆余曲折を経てソ連に宣戦布告を行い、結果的にドイツの対ソ戦に参加することになります。



 しかしこれはフィンランドに言わせれば、あくまでもドイツと共通の敵を持つだけであって、戦争はフィンランド対ソ連であって、ドイツ・フィンランド連合軍対ソ連ではないと主張し、ドイツを「同盟国」ではなくコービリジャレント・「共戦国」と呼んでいました。

 もっともこのような曖昧な主張が当時のヨーロッパでは通用するはずもなかったのですが、度重なるドイツ側の対ソ戦共同作戦を拒否し続けていることから、それなりに自説を押し通したといえると思います。

 参考文献ですが、「フィンランドの智恵」(中立国家の歩みと現実)
   マックス・ヤコブソン サイマル出版会 1989年

 が比較的読みやすくまとまっているかと思います。 
    • good
    • 0

>フィンランド側が勝手に言ってるだけで、



その主張は「フィンランド政府」が言っているのですか?
誰か他の人の見解ではなくて。
    • good
    • 0

国際連合旧敵国条項適用国は



日本・ドイツ・イタリア・フィンランド・ハンガリー・ルーマニア・ブルガリアですが…
    • good
    • 0

これを見る限りではそうは見えませんね。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%99%E7%B6%9A% …
軍事支援の上、援軍まで要請しています。
この中では同盟は結んでいないと強調しています。

初期にソ連が国際連盟から追放された時点ではそう言えます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%AC%E6%88%A6% …

その主張は詭弁としか受け止められません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フィンランド側が勝手に言ってるだけで、他の連合国からはそうは見られて無かったのですね。

お礼日時:2009/11/06 00:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィンランドの観光について

夏頃、ヘルシンキに1ヶ月滞在することになるですが、まったくフィンランドは縁がなく・・・。
遊びに行くわけではないので、観光するとしても金曜の夜から月曜日の朝までという感じなのかなと思うのですが。
そこでお聞きしたいのですが。
ヘルシンキからロヴァニエミ、ヘルシンキからムーミン谷?など、ヘルシンキからどのような交通手段で、どれくらいの時間と交通費がかかるものなのでしょうか?
乗り換え案内のようなものは見つけたのですが、英語やフィンランド語?のもので、まったくわかりません・・・。
距離も時間もわからないので勝手なことを言いますと・・・たとえば金曜の夜に夜行バスや夜行列車で出かけ、土曜の夜は1泊、月曜の朝までには戻る・・・というのが理想なのですが。
主要な観光地への、ヘルシンキからの交通手段、時間、交通費を具体的に教えて頂けるとありがたいです。
あと、白夜がきれいに見られる絶景スポットと、お勧め観光ガイドブックを教えて頂けたら幸いです。
漠然とした質問で申し訳ないのですが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私もまずガイドブックを1冊買って行きたくなる場所を探してみるのがいいと思いますけれど。

フィンランド政府観光局のサイトは使いにくくなりましたが,ある程度の情報はあります。→ http://www.moimoifinland.com/ja_JP/web/guest/finland-guide/home

ムーミン谷美術館があるのはタンペレで,列車で片道2時間ほどで行けます。日帰りも可能ですが湖に囲まれた街で他にも観光できるので,1泊してもいいと思います。

ムーミンワールドはトゥルクの近くのナーンタリという海沿いの町で,やはり片道2時間ほどです。トゥルク観光とセットにするといいと思います。

エストニアのタリンへはたくさんの船が出ています。タリンは中世の街並みがきれいなところです。日帰りでも行けますが宿泊してもいいと思います。

ストックホルムへの豪華客船で行き(船中泊です),日中観光してまた同じ船で戻ってくることもできます。トゥルク発の航路は昼便と夜便があります。

先日,サンクトペテルブルクへの高速列車Allegroが運行を開始しました。この列車や,船で行ってくるのもいいと思いますがビザが必要で,ヘルシンキにいる間に旅行会社を通して取る必要があります。事前に日本で取るのはたぶん難しいでしょう。

ラップランドはいわゆるサンタクロースエクスプレスという夜行列車で往復し現地で中1泊するか,現地に長くいたければロヴァニエミの他イヴァロ,キッティラなどへ飛行機で行けます。

東部の湖沼地帯もきれいです。古城のあるサヴォンリンナ,プンカハルユの辺がいいでしょう。列車でも可能ですが時間がかかるので飛行機も考えてみてください。

「夏頃」とは何月でしょうか。北欧の夏は始まるのも終わるのも早く,8月上旬を過ぎると秋風が吹き,テーマパークやクルーズなどがどんどん減っていきます。地域によりますが白夜も終わります。「白夜」といっても沈まない太陽はラップランドでないと見えないし時期と場所を勘案する必要があります。一晩中明るいのはヘルシンキでも味わえます。タンペレの展望塔では北側の湖の上に白夜の空が眺められます。

私もまずガイドブックを1冊買って行きたくなる場所を探してみるのがいいと思いますけれど。

フィンランド政府観光局のサイトは使いにくくなりましたが,ある程度の情報はあります。→ http://www.moimoifinland.com/ja_JP/web/guest/finland-guide/home

ムーミン谷美術館があるのはタンペレで,列車で片道2時間ほどで行けます。日帰りも可能ですが湖に囲まれた街で他にも観光できるので,1泊してもいいと思います。

ムーミンワールドはトゥルクの近くのナーンタリという海沿いの町で,やはり片道2時間ほどです...続きを読む

QWW2のドイツ軍について

なぜWW2のドイツ軍で電撃戦、弾道ミサイル、巡航ミサイルのプロトタイプ、ジェット戦闘機、原始的な対艦ミサイルなどの新戦術や新兵器がうまれたのでしょうか?

Aベストアンサー

・電撃戦
これは奇策でもなんでもなく、偵察部隊、戦車、自動車化歩兵、地上と密に連携した砲兵と空軍、という今まであったハードの使い方に新機軸を打ち立てたから、うまく行ったのです。実際損害はだしていますが、敵のいるところを察知し(偵察)、敵が「いないところ」に戦車を投入して敵を包囲・混乱させ、すばやく残った敵を掃討・降伏に追い込む、という発想がすごかったのです。戦車だけだったらポーランドもスウェーデン製の対戦車砲を有効に使っていますし、フランスは戦車の性能、大砲の数と性能、歩兵の数ではドイツ以上でしたし、空軍は事実上負けていません。それが、ロシアのように道はない、広すぎる、包囲されても死ぬまで戦う、ようなところで通用しなくなったわけです。

・ミサイル
戦前から研究していました。V2は陸軍、V1は空軍が計画していて、実用化したのが遅かっただけのことです。一部にはV2の弾頭に液化サリンをいれてロンドンに、という意見もあったのですが(1トン半のサリン!)、制空権をなくしたドイツ(ヒトラー)は、同様の報復を恐れて、やめさせています。あと、使い方がまずかったので(ロンドンとアントワープにバラバラに発射した)、戦争の帰趨に影響をあたえられませんでした。しかし、特にV2は、トレーラーで移動してから発射、をされると連合国にはなすすべがなく、英国は深刻に驚異と感じていました。湾岸でもスカッドを発射前にたたくことにはことごとく失敗しています。

・ジェット
ドイツ軍の燃料・油脂は石炭の液化プラントでつくられており(ついでにルーマニアの油田もあった)、1944年上半期に生産量がピークとなります。ジェットそのものの研究は戦前からやっていましたし、高速の高高度迎撃戦闘機にジェットを、という発想は健全なものです。それだけアメリカの第8空軍による戦略爆撃が驚異だったのです。事実、この昼間爆撃でドイツは燃料プラントを失い始め、継戦能力が急激に44年以降落ちていくのです。

・対艦ミサイル
というか、対空ミサイルも作っていたのですが、おそらくフリッツXのことでしょう。これは滑空爆弾で、ミサイルとは少しちがいます。で、これも戦前から研究していました。これはそこそこ使えたようですが、発射母機の損害が多く、使用が制限、中止されています。

つまり、ドイツのさまざまな研究は戦前からされていたものであり、実用化されるのにそれだけ時間がかかったということです。少しの手間と人がいらない兵器で大戦果、を普通に考えた。ただ、よその国より多少多くのジャンルで熱心に考えただけのことで、事実作ったもの、軍の運用における新機軸、は基本的に大はずしではなく、戦後に西側とソ連が競ってその技術をもとに実用化しました。
また、ドイツはレーダーの類、生産効率のよい強力な戦車の開発には失敗しています。お金と人を突っ込まなかったところでは、人並み以下だったというきわめて普通の国でした。

・電撃戦
これは奇策でもなんでもなく、偵察部隊、戦車、自動車化歩兵、地上と密に連携した砲兵と空軍、という今まであったハードの使い方に新機軸を打ち立てたから、うまく行ったのです。実際損害はだしていますが、敵のいるところを察知し(偵察)、敵が「いないところ」に戦車を投入して敵を包囲・混乱させ、すばやく残った敵を掃討・降伏に追い込む、という発想がすごかったのです。戦車だけだったらポーランドもスウェーデン製の対戦車砲を有効に使っていますし、フランスは戦車の性能、大砲の数と性能、歩...続きを読む

Qフィンランド旅行について

みなさん、こんにちは。
来年のお正月にフィンランドへ行って、オーロラを見に行こうと思っています。(^^)
一応、ツアーでレヴィに泊まる予定です。
ツアーと行っても、全てフリーなので、1日はサンタクロース村へ行きたいと思っており、
パンフレットを見ると、「レヴィから路線バスで2時間半」と書いてはあるのですが、
真冬に路線バスで、レヴィからサンタクロース村まで日帰りで行くことは可能でしょうか?
また、レヴィからサンタクロース村へ日帰りで行くような現地のオプショナルツアーみたいなものってあるのでしょうか?

そのほかにフリータイムに、フィンランドでおすすめの楽しみ方や、
おいしい食べ物、これはよい!というお土産などがありましたら、ぜひ教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フィンランド北部はそんなに交通の便は良くないです。
ロバニエミからなら、近くて行けそうですが、きついかもしれません。
レヴィから直行があるほど需要があるとは思えません。

私も北部ノルウェーとの国境越えのバス乗りましたが、1日1便でした。
(3泊だったので、問題なかったのですが、時間帯が悪く不便でした。)
また、国際線バスでも、運転手はほとんどフィンランド語だけでした。たまたま、
最初の方の乗客が、フィンランド語・英語・ノルウェー語ができ、通訳してました。
まして、同じ会社の国内線ですから、フィンランド語で問題なければいいのですが。
( もちろん、空港・ホテル・観光地や首都の人・若い人は英語が通じます。)

レヴィからロバニエミへのバス紹介します。サンタ村はロバニエミ北8kmとありま
すが、北東で、ルートは知りませんが、地図を見ると途中ではなく、乗り換えだと
思います。スケジュールが組めるか、↓の参考URL で調べてみてください。
http://www.eskelisen-lapinlinjat.com/
(曜日など注意。イギリス国旗クリックで、一部英語になります。)

時刻表のフィンランド語、念のため書きます。
asema 駅 , rautatieasema 中央駅 , autoasema バスターミナル , hotelli ホテル
maanantai 月曜日 , perjantai 金曜日 , lautantai 土曜日 , sunnuntai 日曜日

06:50 15:15 Sirkka, hotelli Levitunturi
09:20 17:15 Rovaniemi linja-autoasema
09:15 17:45 Rovaniemi rautatieasema

11:10 --:-- Rovaniemi rautatieasema
11:30 15:20 Rovaniemi linja-autoasema
13:55 17:50 Sirkka, hotelli Levitunturi

参考URL:http://www.eskelisen-lapinlinjat.com/

フィンランド北部はそんなに交通の便は良くないです。
ロバニエミからなら、近くて行けそうですが、きついかもしれません。
レヴィから直行があるほど需要があるとは思えません。

私も北部ノルウェーとの国境越えのバス乗りましたが、1日1便でした。
(3泊だったので、問題なかったのですが、時間帯が悪く不便でした。)
また、国際線バスでも、運転手はほとんどフィンランド語だけでした。たまたま、
最初の方の乗客が、フィンランド語・英語・ノルウェー語ができ、通訳してました。
まして、同じ会社...続きを読む

QWWⅡでドイツ占領下のフランス軍って何やってたんですか?

1940年にフランスが降伏後、フランスの軍隊は何をやっていたのでしょうか?当時のフランス人口はドイツとほぼ同じですし、工業力もあるので相当強力な軍隊が編成できるはずです。しかしフランス軍が独ソ戦に投入されたり、西部戦線に枢軸側で出陣したりといった記述が見当たりません。一体なぜドイツはフランス軍に協力させなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

占領地区の武器はドイツに引き渡されることとなり、自由地区(ヴィシー政権の支配地区)の武器はドイツ・イタリア両軍の監督下に置かれただけでなく、陸軍は10万人に限定され、新たな軍備装備の製造は禁止されました。 実質ヴィシー・フランスはドイツの傀儡政権ながら、表向きはイギリスを除く各国が承認した独立国家ゆえ、ドイツがフランス軍を編入させることはできないものの上述の通り武器を持てない軍隊であったため、何もできませんでした。 日本人としての教育を受けた植民地下の朝鮮人・台湾人は日本も安心して日本軍人にして戦場に送りましたが、占領したばかりで、ドイツに対し大きな反感を持っているフランスの軍隊に武器を持たせて戦場に送り込むことなどドイツ軍にとっても危険過ぎてできることではなかったでしょう。

Qフィンランド語留学について。

私は現在社会人22歳です。
最近付き合い始めたフィンランド人の恋人がいます。
彼は20歳でオウル大学で勉強をしています。
今までは文通相手だったのですが、
先月日本旅行へやってきて案内したのがきっかけで付き合うようになりました。
もともと私は、フィンランドに非常に関心があり、
1人で旅行したりフィンランド語を独学で勉強したりしていますが、
やはり1人では学べるものにも限りがあります。
実際、彼にフィン語で「素直ですね」と言ったつもりが、
「それは単純という言う意味だよ」と注意されたこともあります。
彼と付き合うことになり、さらにフィンランドへのきもちが増しました。

そこで、フィンランドに留学したいと考えました。
今はまだ貯金もありませんので、2011年の春ごろを考えています。
期間は1年ほどです。
フィンランド語があまりできない人間が、ついていけるレベルの学校を探しております。

インターネットやこちらの質問を検索してみたりしましたが、
納得いくようなものが見つからず、悩んでおります。

また、どれくらいの費用がいるかも把握しておりませんので、
どなたかお力を貸していただきたく思っております。

宜しくお願いします。

私は現在社会人22歳です。
最近付き合い始めたフィンランド人の恋人がいます。
彼は20歳でオウル大学で勉強をしています。
今までは文通相手だったのですが、
先月日本旅行へやってきて案内したのがきっかけで付き合うようになりました。
もともと私は、フィンランドに非常に関心があり、
1人で旅行したりフィンランド語を独学で勉強したりしていますが、
やはり1人では学べるものにも限りがあります。
実際、彼にフィン語で「素直ですね」と言ったつもりが、
「それは単純という言う意味だよ」と...続きを読む

Aベストアンサー

フィンランド語をフィンランドで勉強されたいのであれば、
公的サイトのCIMOが提供する下記をご確認頂ければ、
色々なコースの紹介があります。
http://www.studyinfinland.fi/links/studying_finnish_links.html

先ず手始めに、夏のコースと取ってはいかがですか?
kesayliopistoで検索が可能です。
金額は、ホームページから確認が出来ます。
Oulu大学ではありませんが、Oulu内にある大学で、
夏コースが開催されるので、
Ouluに行く事もできるかも知れませんね。
http://www.kesayliopistot.fi/english.htm

私も実際に、フィンランドにいるときに使用したサイトが、
オンラインで初歩的なフィンランド語を自宅でも勉強が出来ます。
発音等も確認できるので、大変便利ですよ。
http://donnerwetter.kielikeskus.helsinki.fi/FinnishForForeigners/

フィンランド留学を検討されているのであれば、
Cimoのサイトですべて確認が出来ますよ。

http://www.studyinfinland.fi/index.html

フィンランドは大変自然に恵まれた良い場所です。
良い留学が出来ると良いですね。

フィンランド語をフィンランドで勉強されたいのであれば、
公的サイトのCIMOが提供する下記をご確認頂ければ、
色々なコースの紹介があります。
http://www.studyinfinland.fi/links/studying_finnish_links.html

先ず手始めに、夏のコースと取ってはいかがですか?
kesayliopistoで検索が可能です。
金額は、ホームページから確認が出来ます。
Oulu大学ではありませんが、Oulu内にある大学で、
夏コースが開催されるので、
Ouluに行く事もできるかも知れませんね。
http://www.kesayliopistot.fi/engl...続きを読む

Q第二次大戦 枢軸国+その同盟国

枢軸国は日独伊と分かるんですが、その同盟国はどこの国だったんですか? 結構たくさんあると聞いたのですが! 

Aベストアンサー

第二次世界大戦の交戦国で、枢軸国側に組したのは9カ国です。

日本・ドイツ・イタリア・スロヴァキア・ハンガリー・フィンランド・ブルガリア・ルーマニア・タイ

以上となります。

Qフィンランド旅行のプランで悩んでいます

年末にフィンランドを旅行します。
観光する場所はヘルシンキ、トゥルク、タンペレ、エストニアのタリンと決めているのですが、
移動や滞在の仕方で悩んでいます。
以下、考えているプランです。

1.ヘルシンキを拠点に、トゥルク、タンペレ、タリンともに日帰り。
2.ヘルシンキを拠点に、トゥルク、タンペレは日帰り、タリンに渡って一泊して、タリンの空港から帰国。
3.ヘルシンキ観光後、タンペレ(一泊)→トゥルク(一泊)→ヘルシンキ(船に乗るために戻る)→タリン(一泊)→帰国

今のところプラン“2”を中心に考えているのですが、無理のないものでしょうか?
気になるのは、以下のようなことです。

(1) トゥルクとタンペレは交通の便、観光地としてのボリュームとして日帰りで十分なのかどうか
(2) エストニアの空港にはスムーズにたどり着けるのかどうか

トゥルクやタンペレも、泊まった方が便利、あるいは面白いなら、それでも構わない(プラン“3”)とも思っています。
ただ、一泊ずつする場合、午前中(できれば10時ぐらいまで)に次の街に着きたいのですが、
その場合、ホテルがそんな時間から荷物を預かってくれるのかどうかが気になります。

また、タリンの空港が不便、あるいは日帰りでも全然十分ということであれば、
タリン日帰りでもいいと思っています。

経験のある方がいらっしゃいましたら、アドバイスをいただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

年末にフィンランドを旅行します。
観光する場所はヘルシンキ、トゥルク、タンペレ、エストニアのタリンと決めているのですが、
移動や滞在の仕方で悩んでいます。
以下、考えているプランです。

1.ヘルシンキを拠点に、トゥルク、タンペレ、タリンともに日帰り。
2.ヘルシンキを拠点に、トゥルク、タンペレは日帰り、タリンに渡って一泊して、タリンの空港から帰国。
3.ヘルシンキ観光後、タンペレ(一泊)→トゥルク(一泊)→ヘルシンキ(船に乗るために戻る)→タリン(一泊)→帰国

今のところプラン“2...続きを読む

Aベストアンサー

3月にタリンに行きました。ヘルシンキ→タリン、タリン→ビリニュスを空路で行きましたので2回空港を利用しました。ヘルシンキ→タリンはエストニア航空を利用しました。
タリン空港ですが、地図をご覧になれば一目瞭然かもしれませんが、旧市街からとても近いです。自分が今まで使った空港のなかで一番近いと思います。タクシーで、自分のホテルからたしか120~150クローンぐらいでした。ホテルは、旧市街の外で、空港よりの位置だったこともあるのですが、10分かかったかかかってないかぐらいと思います。歩くことはまさかないとは思いますが、道をまっすぐ歩いていけば到着してしまうような、分かりやすい位置にあります。
旧市街自体は結構広いので、旧市街の一番北側のホテルを取ると、港からはとても近いですが、空港からは少し遠めという状態になります。
港から旧市街は近いので、もしその後にヘルシンキに滞在されるなら街にそのまま出れるフェリーの方が手軽な気がしますが、帰国されるなら、ヘルシンキ→ヴァンターは遠くて面倒なので空路でヴァンターまで行ってしまったほうが気楽かもしれないですね。

3月にタリンに行きました。ヘルシンキ→タリン、タリン→ビリニュスを空路で行きましたので2回空港を利用しました。ヘルシンキ→タリンはエストニア航空を利用しました。
タリン空港ですが、地図をご覧になれば一目瞭然かもしれませんが、旧市街からとても近いです。自分が今まで使った空港のなかで一番近いと思います。タクシーで、自分のホテルからたしか120~150クローンぐらいでした。ホテルは、旧市街の外で、空港よりの位置だったこともあるのですが、10分かかったかかかってないかぐらいと思います。歩くこと...続きを読む

Q旧日本軍とアメリカ軍 WW2

よく万歳突撃して格闘戦をしたらしいですが
体格的にすごく日本兵士は不利じゃないですか?

Aベストアンサー

戦争も負けが込んできて、南の島を守らなければいけない。
しかも補給路は立たれて、食料はもちろん、鉄砲の弾がない。
逃げるわけにもいかず、突撃。根性で、気合を入れて、神がかり。

今から見れば、かわいそうで、頭悪いんじゃない?と思うでしょうが、
当時はよく天皇の為にとよく言ったようですが、実際は、母親のため、恋人のため、妻のためが多かったと思いますね。
日本が負ければ、母親や、恋人、妻はどうなるかと考えれば、降伏はできない。
カタナ一本で、死ぬまで戦う。ごく当たり前の事だと思うけどね。

もし今、中国と戦争になって、日本が負けそうになった時、どうするだろうね。
アメリカなどはいないと考えてだ。
あの中国が、強姦などを抑えられるかな?国際法なども通用しないようだし。

あ、中国をばかにしてるんじゃなく、あくまで日本人としてだ。

Qこのフィンランド観光用映像のような美しい映画は何かありますか?

https://www.youtube.com/channel/UCZKFY6e2xTSKZlysoIX3DIg?sub_confirmation=1

白夜の映像を探していたらVisitFinlandというフィンランドの観光PR
用の映像を見つけました。
美少女と大自然、白夜、幻想的な表現、この映像のような映画はない
かと「フィンランド 映画」で検索しましたがピンときたのがありま
せんでした・・・
映画でなくても、このPR映像のようなものでも構いませんが、この
ような『楽園の美少女と自然』のコンセプトの美しい映像を何方かこれ
意外にご存じありませんでしょうか?

Aベストアンサー

最近だとヴィゴ・モーテンセンの「約束の地」という美術映画が良い出来でした。チリが舞台の映画です。

他に少女は出てきませんが「ガガーリン」「グラヴィティゼロ」みたいな宇宙もの映画が美術系の映画でした。

Q【WW2】枢軸と連合のグループ分けについて

第二次世界大戦の頃、どのようにして枢軸国と連合のグループに分かれたのですか?

私は今高校でこのあたりのヨーロッパ史を勉強しているのですが、なぜ枢軸国は日独伊で連合が米英仏露中なのか分かりません。
私日本人の見解から特に不思議に思うのがイタリアが枢軸のメンバーであることです。ただでさえ第一次世界大戦のときドイツを裏切っているし、連合は五カ国の集まりなのにイタリアのような戦争において弱い国はドイツと日本と肩を並べてこの時代三国同盟を組める国ではないと思います。(主要の国で)3対5というだけでも厳しいのに。。。それともすでに連合に大体の良い国は持っていかれてしまっていたのでしょうか。またはドイツの軍事力過信?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 第二次世界大戦の頃、どのようにして枢軸国と連合のグループに分かれたのですか?

国によって違いがあります。
ドイツは、第一次大戦後の賠償のために経済が崩壊し、復興に際し英米仏と、特に世界恐慌から始まるブロック経済や植民地に関して対立を深めていきます。
イタリアは、第一次大戦で国土と主張する地域の一部を認められなかったこと、およびムソリーニをはじめとしたファシスト政権によりドイツとの仲を深めていきます。
日本は、ドイツをソ連への牽制として必要とし、次第に仲を深めていきます。また植民地として欲している地域がバッティングしていない、という事情もあります。英仏やオランダはアジアで日本と植民地がバッティングしています(日本が宣戦布告した国にはオランダが入っています)。

一方の連合国側も国によって違いがあります。
イギリスとフランスは、第一次大戦からドイツと敵対関係にあります。また、大戦前夜はドイツの要求をのむことで収めようとしましたが、度重なるために遂にのめなくなった、という理解も成り立ちます。
アメリカは連合国参加がかなり後です。元々イギリスと仲が良く、またアメリカの主要な貿易相手の1つであったこと、および中国への利権を日本と争っていたことが主な理由です。真珠湾はきっかけに過ぎません。
ソ連(ロシア)は、ドイツが対ソ戦を開始したことが主な理由です。それ以上に深い意味はありません。当初は静観する予定だったようです。
中国(当時は中華民国)は、アメリカが多額の援助を行っていますし、当時日本と交戦状態(といっても、長期間大規模な戦闘がない時期がかなりあるが)でした。

その他の連合国・枢軸国の参加国も、ヨーロッパ諸国は戦闘に巻き込まれる形で、その他の国は大抵は列強の外交政策によって、参加していきました。


> 私日本人の見解から特に不思議に思うのがイタリアが枢軸のメンバーであることです。ただでさえ第一次世界大戦のときドイツを裏切っている

非常に面白いことに、イタリアは第一次大戦・第二次大戦共に敗戦国側として参戦し、戦勝国側で終戦を迎えています。フランスは共に国土の大半を占領されますが、それでも戦勝国として大きな顔をしています。

> 第二次世界大戦の頃、どのようにして枢軸国と連合のグループに分かれたのですか?

国によって違いがあります。
ドイツは、第一次大戦後の賠償のために経済が崩壊し、復興に際し英米仏と、特に世界恐慌から始まるブロック経済や植民地に関して対立を深めていきます。
イタリアは、第一次大戦で国土と主張する地域の一部を認められなかったこと、およびムソリーニをはじめとしたファシスト政権によりドイツとの仲を深めていきます。
日本は、ドイツをソ連への牽制として必要とし、次第に仲を深めていきます...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報