相当昔の曲で、(たぶん25年以上前)
8分の7拍子の曲です。
メインになっているのはウッドベースで、シンプルなリフを繰り返しています。
次に出てくるのはハンド・クラップ(手拍子)で、
ベースの裏拍を打っていきます。
ンタ・ンタ・ンタタ・ンタ・ンタ・ンタタ…こんな感じです。
パーカッションが入ってきますが、最初はスティックでリムを叩いています。
ピアノも聞こえますが、ほとんどフィル・インで、あくまでもメインはWベースです。
何度かリフレインしますが、スパっとカットオフしてしまう、2,3分の短い曲です。
こんなんで判るでしょうか?
ずっと頭から離れない曲です。どなたか、おしえてください。

A 回答 (3件)

25年くらい前、FM東京の「フジフィルム ミュージック・スコープ」のオープニングに流れていた曲ではありませんか?


あれは「テイク・ファイブ」で有名なデイブ・ブルーベックの「アンスクエア・ダンス」という曲です。自分でLPを持っていたので自信があります。

7/8拍子、ウッドベースのリフ、ハンド・クラップの裏拍、スティックのリム、ピアノのフィル・イン、全て該当します。
「スパっとカットオフ」する前に、「わらの中の七面鳥」のフレーズが一瞬入りますよね?

下のURLで試聴できますので確認してみてください。

参考URL:http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B0000049L …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやあ、ありがとうございます。
まさにこの曲ですね。
スッキリしましたぁ。まるで25年以上のべ○ぴが直ったみたいに。
でも、あの七面鳥のフレーズ、気が付かなかったなあ・・・
ラジオのオープニングの時も流れていたんですよね?あのアレンジで。

お礼日時:2001/04/12 17:57

何度もすみません。

原曲に近いMIDIがここにありました。↓

参考URL:http://www.apassion4jazz.net/juke-2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

紹介していただいたサイトはかなり強烈ですね。ナミダものです。
ジャズ・バンドをやってるんで、つかえます、かなり。ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/12 18:08

すみません補足です。


上のURLは全然アレンジが違っていました。でもデイブ・ブルーベック・カルテットが演奏する「アンスクエア・ダンス」であることは確信がもてます。
avantiさん別のところで「あいつ」のテーマについて聞いてらっしゃいましたね。つくづくラジオを聞いていた時間帯が一緒なんだなあと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ところで、「あいつ」のほうは何かご存知ないですか?
いつ始まって、いつ終わったのか、どんな終わり方だったのか
全然記憶がないんですよ。「聞いていた」のは確かなんですが・・・

お礼日時:2001/04/12 18:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWe heard him tell the same jokes yesterday. A tea

We heard him tell the same jokes yesterday.

A teacher praises the diligent and scolds the lazy.
これを受動態にして下さいm(_ _)mお願いします

Aベストアンサー

We heard him tell the same jokes yesterday. → He was heard to tell the same jokes yesterday by us.

A teacher praises the diligent and scolds the lazy. → The diligent is praised and the lazy scolded by a teacher.

Q付点2分音符=54とはどのぐらいのテンポでしょうか?拍子は4分の6拍子です。

付点2分音符=54とはどのぐらいのテンポでしょうか?拍子は4分の6拍子です。

Aベストアンサー

>付点2分音符=54とはどのぐらいのテンポでしょうか?拍子は4分の6拍子です。

メトロノーム記号の数は、「1分間にいくつ」という意味だということは知っています?

4分の6拍子は、「付点2分音符」を1ビートとして、2ビートで1小節です。このビートが、1分間に54回ということです。時計の秒針の進み方(1秒、つまり1分間に60回)より少し遅いぐらい。

1ビートが「4分音符3つ」ですから、4分音符1個にすると1分間に 54×3=162です。かなり早いですね。

>2分音符=80のテンポ

同じく、「2分音符」を1ビートとして、1分間に80回です。秒針よりちょっと早いです。

正確にテンポを知りたければ、「メトロノーム」を買いましょう。
スマホの無料アプリにもあるけど。
http://app-liv.jp/hobbies/musics/1455/?tab=Free
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.andymstone.metronome&hl=ja

メトロノームだけなら
https://www.amazon.co.jp/KORG-%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E3%83%BB%E6%B9%BF%E5%BA%A6%E8%A8%88%E4%BB%98%E3%81%8D%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A0-Humidi-Beat-HB-1J-WH-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88/dp/B007FN2CGA/ref=pd_sim_267_3?ie=UTF8&psc=1&refRID=6T2GPAFMSC1G7HKJW1K7

チューナー兼用なら
https://www.amazon.co.jp/KORG-KORG-CA40-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-CA-40/dp/B000EE8YPK/ref=lp_2129861051_1_7?s=musical-instruments&ie=UTF8&qid=1471880144&sr=1-7

>付点2分音符=54とはどのぐらいのテンポでしょうか?拍子は4分の6拍子です。

メトロノーム記号の数は、「1分間にいくつ」という意味だということは知っています?

4分の6拍子は、「付点2分音符」を1ビートとして、2ビートで1小節です。このビートが、1分間に54回ということです。時計の秒針の進み方(1秒、つまり1分間に60回)より少し遅いぐらい。

1ビートが「4分音符3つ」ですから、4分音符1個にすると1分間に 54×3=162です。かなり早いですね。

>2分音符=80のテンポ

同じく、「2分音符...続きを読む

Q日本版2チャンネル化進行中?

最近、2チャンネル風の質問、回答を目にするようになった
此処も、2チャンネル化するのか?
皆さんはどう思いますか、教えて下さい、お願いします

Aベストアンサー

夏休みになると暇を持て余した学生さんが
退屈しのぎにたくさんここに表れますが、
普通の会員さんはまともに相手にしないので、
休みの終わりとともにそういう人たちは消えていきます。

また年末年始にお会いしましょうという感じです。

Q8分の6拍子の休符

8分の6拍子で、一小節全部休む時の休符は
何を使えばいいのでしょう?
普通に帽子がひっくり返ったようなやつで良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>普通に帽子がひっくり返ったようなやつで良いのでしょうか?

帽子のひっくりかえったやつは、「全休符」と言いまして、「全」なので、何拍子の曲でも使える便利な休符で、これでOKですが、譜面によって8分の6拍子の場合は、帽子に点の付いた「付点二分休符」が使われている場合、さらには、正確を期して、カモメに付点の付いた「付点四分音符」を二個書かれている場合があります。楽典的には「付点四分音符」二個が一番良いのですが、お休みが長いときには、譜面を書くときにもっとも素早く書ける「全休符」を使う人が多いです。

Q『 beat the crap out of 』の意味について

 『 I beat the crap out of him. 』

 上記の文章を、どう訳したらいいのかわかりません。

特に“the crap out of”のところがわかりません。

わかる方がいましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://eow.alc.co.jp/%22beat+the+crap+out+of/UTF-8/
・・・いかがでしょうか。

Q2拍子と4拍子の違い

2拍子と4拍子とはどう違うのでしょうか。

フルートを習い始めたのですが、自分では、4拍子で吹いているつもりなのに、先生からは、「君のは2拍子だ」と指摘されました。「こういう感じ」とイメージで話されるばかりで、きちんと納得のいく説明がないので当惑するばかりです。

Aベストアンサー

私は長年ピアノをやっており、今はドラムをやっているので、この「拍子の取り方」の基礎はかなり役立ってると思います。

2拍子と4拍子の違いは、「1小節に4分音符がいくつ入ってるか」で違うのですが、何も考えずに弾くと、2拍子も4拍子も変わらず聞こえてしまうと思います。
そこで各音の強さが重要になってきます。

2拍子の場合、「強、弱/強、弱/・・・」の繰り返し。
4拍子の場合は「強、弱、中強、弱/・・・・」になります。

試しにスケールを2拍子と4拍子で吹いて見られてください。2拍子の場合「ド、ミ、ソ・・・」が強く、4拍子の場合は「ド、ソ」が強くなります。最初は大げさかな~?と思うくらいでやってみると表紙の感覚がつかめると思いますよ。

ちなみに3拍子の場合は「強、弱、弱」になります。また全ての曲がこの強弱の関係が当てはまるとも限らず、時に2拍目が強くなっているような曲もあります。そういう曲が「シンコペーション」と言われる曲です。すべてこの基本の音の強弱関係がどうなってるかで決まります。(実際はそんなに激しくアクセントをつけるわけではないですけどね)

よく4拍子曲の曲などで、4拍目から始まっているような曲を「弱起の曲」と言いますが、これは4拍子の強さの「弱」から始まっていることからそう呼ばれます。これが体で分かるようになると、自然に2拍子・4拍子や3拍子・8分の6拍子の違いが分かると思います。
体で覚えるまで何度も練習してくださいね。メトロノームを使うとなんとなく分かると思いますよ。(拍子ごとにチーンと言う音が入るものがつかみやすいです)頑張ってくださいね。

私は長年ピアノをやっており、今はドラムをやっているので、この「拍子の取り方」の基礎はかなり役立ってると思います。

2拍子と4拍子の違いは、「1小節に4分音符がいくつ入ってるか」で違うのですが、何も考えずに弾くと、2拍子も4拍子も変わらず聞こえてしまうと思います。
そこで各音の強さが重要になってきます。

2拍子の場合、「強、弱/強、弱/・・・」の繰り返し。
4拍子の場合は「強、弱、中強、弱/・・・・」になります。

試しにスケールを2拍子と4拍子で吹いて見られてください。2...続きを読む

Q下ネタのことを英語でblue jokesと言いますが、なぜblue(青)なのでしょうか?

下ネタのことを英語でblue jokesと言いますが、なぜblue(青)なのでしょうか?
どちらかというとpink(桃色)のほうがあっているような気がするのですが・・・

ご存知の方がおられましたらご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

米国でテレビもまだ普及していなかった頃、八ミリ映写フィルムに収録した白黒アダルト映像が法律の関係でブルーに着色されて供給されていたため、「ブルーフィルム」と呼ばれていたことから来ていると思います。

参考URL:http://www.ldoceonline.com/dictionary/blue_1

Q左手で縦に四拍子、右手で横に8拍子のリズムを同時にとる練習

右手は速いので手首だけでもいいのですが、今のところ左右の手が同じ拍子になってしまいます。右手は倍のスピードで動かせば良いはずなのですが、無茶苦茶になってしまいます。何か良い段階的な練習方法はありませんか?
これは、リズムパターンで英語をマスターしようと言うもので、それの練習方法の一つなのですが、頭が痛くなってきてできません。体験レッスンでは私以外の生徒はできていました。私は授業料を払えないためレッスンには、もう行けないので皆様、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4です。
>左手も同じになってしまいます(~o~)

左手については説明不足だったように思いましたので補足します。

右手は(1と2と3と4と)で8往復する間に,左手は4往復することになります。

左手は,数字の1234と数える時には下に向かい,
(と)と数える時には,意識的に強く跳ね上げてください。

最初は,ゴツゴツした動きになると思いますが,
慣れてくるとしなやかに動けると思います。

それと,始める前に,頭の中で(3と4と)と数えてから動いてください。
音楽でも,いきなり始めなくて,「イチ・ニイ・サン・ハイ」とか声を掛けますね。

この始める前の(3と4と)と数える時から,右手はそのリズムに合わせて先に動いておいて,
その時,左手は下げておき,4の次の(と)の時に跳ね上げると,
勢いがついて入りやすいです。

Qデュアルチャンネル化

デュアルチャンネル化を検討しているのです。
当然同一製品X2が前提である事は承知なのですが、
例えば、同一容量(1G)であるが、
PC2-4200製品とPC2-5300(下位互換使用)各1枚の計2枚差し使用でもデュアルチャンネル化が可能なのでしょうか?

ご存じの方がいらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

同一仕様(搭載チップ数とか)で対応クロックが違うだけなら理屈の上からはデュアルチャンネルで動作するはずと認識してました。
Wikipediaではダメな様に書かれてますね。
で、納得できないなので実際に手持ちのPC数機種でやってみましたがBIOS上の認識状態はデュアルチャンネルです。
BIOS表示がウソついてたら「わたしゃ知らん・・・」になりますけど。
やってみたのはDELL PrecisionM20,LatitudeD520,LatitudeD610
PC5300/512MB,PC4200/512MBの組み合わせ。
やろうと思えば他にも手持ち多機種で可能だけど・・・PC5300:PC6400とかも

しかし仕様が同じというのは、現物(貼ってあるシール)を見て初めて判断できる事なので容量だけ見て判断するにはリスクがありすぎます。
私自身は万一無用なトラブルが出るのもイヤなので、同一型式メモリーのセット以外は使わない人です。

Q4分の4拍子とC表記

4分の4拍子には、4/4、と、数字で表記する場合と、Cという文字で表記する場合とがあります。

物理的には同じですが、意味が違うという話を聞いたことがあります。

アクセントの位置のような、グルーヴ的な事柄でしょうか。
どなたか情報お持ちの方、ご教授ください。

Aベストアンサー

いいえ、意味も同じです。 C=4/4 と考えて間違いありません。

ただ、歴史的にはもともと3拍子と2拍子しか無く、その2拍子の中から派生して4拍子が出来上がりました。

Cというのは文字ではなく「欠けた円」です。キリスト教の三位一体という言葉から、3拍子が「完璧な円」、つまり3点を通る円は一つしか存在しない、という意味で「〇」が使われました。「〇」が拍子記号だったのです。そしてその3つから一つ欠けた物は「不完全な円」という意味で「C」が使われるようになりました。

下のサイトにも出ています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D%E5%AD%90%E8%A8%98%E5%8F%B7


人気Q&Aランキング