4月17日はQueenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

他の質問のページを見たり、県の方にも質問したのですが、納得した理解ができないので宜しくお願いします。

この度、居宅介護と訪問介護を立ち上げたいと思い、申請書類と格闘している所なのですが、常勤換算について理解ができずに困っています。
私はケアマネージャーなのですが、居宅と訪問介護の管理者の兼務は可能でしょうか?居宅の管理者はケアマネージャとなっているので、もう一人ケアマネージャーがいないと、兼務はできないのではないかと考えています。(今の段階では私一人で居宅をするように考えています)

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)常勤換算は難しく考え過ぎですね。



事業所で常勤の職員が勤務すべき時間数を基準に考えることが一番です。
就業規則で土日祝日が休みであれば、この休日数で計算して月の週当たり勤務時間を算出してください。
(例)
11月は30日ですが、土日休みが9日、祝日が2日なので勤務日数は19日です。
19日×8時間=152時間/月に勤務する時間数ですね。
これから1週間に勤務すべき勤務時間を算出すると
152時間÷30日×7日(1週間なので)=35.4時間
*32時間以下の場合は32時間とします。
 40時間以上の場合は40時間とします
 (8月等盆休み規定が無ければ超過します)

これを基準に非常勤のパートさんの員数を算出です。
週に4日(一日は6時間)働いて頂くパートだと
4日×6時間=24時間/週
常勤換算は24時間÷35.4時間=0.6人(小数点第2位は切り捨て)です。
同様のパートさんが二人いれば
24時間×二人=48時間÷35.4時間=1.3人になります。

国は1週間を40時間として考えるので、休日を増やす流れに反していますが、事業所で勤務すべき日数としているので32時間以上であれば何も言いませんよ。
40時間の例があるから混乱しますね。
*施設系では1年単位の変形労働時間制を取り入れて、年間休日を105日で限りなく週40時間に近い勤務になっています。

(2)管理者の兼務について
同一所在地であれば兼務に支障が無いとして、訪問介護と居宅支援事業所の管理者を兼務する事は可能です。
ただし、サービス提供責任者を兼務する事はできません。
兼務する場合は常勤換算で0.5になりますが、常勤1名として取り扱います。
*居宅のプランを持つ場合に0.5と判断されるので要介護者は35件の1/2だし、予防も8件の1/2です。

●訪問介護は立ち上げ時に介護職員処遇改善交付金の申請を忘れないようにして下さい。
給与に加算すると業績が変動するので賞与として付与すると考えれば処理が容易です。
会社負担分を除いた額を配分できるので、少しは職員に報いることができますね。

●常勤換算で難しいとしたら登録ヘルパーさんでしょう。
契約上の時間を勤務時間予定と考えれば理解しやすいですね。


*今後は福祉の介護として相談される事をお勧めします。
 偶然ここを見ましたが、普段は福祉・介護の質問に回答しています。
    • good
    • 3

同一所在地(敷地内)なら可能です。


ただし、管理職の兼務をした場合、同一事業所内の兼務は出来ません。
たとえば、居宅介護支援事業所で管理者と介護支援専門員を兼任する場合、 同じ敷地内に併設している訪問介護(介護予防訪問介護)事業所の管理者は兼務できません。
逆に同一敷地内の併設された事業所の管理者を兼務した場合、同一事業所内の」兼務が出来なくなります。

常勤換算ですが、
どこがわからないのか書いていただかないと。
まずは勤務表を組んでみたほうがよいかと思います。
こちらご覧になっていますか。
http://www.caresapo.jp/fukushi/qa/houmon/83dn3a0 …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q居宅介護支援の管理者とは

居宅介護支援事業で管理者には 介護支援専門員が必要なことはわかるのですが、法人でその他に事業もある場合、管理者とは何をする人でしょう?

社長が介護支援専門員でなければいけないわけではないと思うのですが、どうなのでしょう。


具体的には新規の法人で、居宅介護支援と訪問介護を無資格の自分が資格者を雇用して経営したいと考えています。

1.最低限の人数は自分以外に、「ケアマネ1人」「2級以上の訪問看護員2.5人」でいいのでしょうか?
2.訪問介護のサービス提供責任者はケアマネが兼務できるのでしょうか?

Aベストアンサー

管理者とは、文字通りですが、その事業(居宅介護支援、訪問介護など、それぞれの業務)を管理する責任者です。社長とは違います。
小規模法人で代表者が居宅の管理者を兼ねる場合は、当然ケアマネ資格が必要ですが、無資格であれば有資格者を雇用すれば足ります。


制度上必要最小限の人数を配置するという前提で、
・居宅の管理者、訪問介護の管理者、サー責、いずれも常勤専従とされています。
・訪問介護の管理者が訪問介護に従事することは差し支えありませんが、
 管理業務に従事する時間は訪問介護の常勤換算できません。
・サー責が訪問介護に従事することは差し支えありません。
・居宅の管理者がケアマネと兼務することは、管理業務に支障ない範囲で認められます。
・ケアマネが訪問介護に従事することも差し支えありませんが、
 居宅の管理者が訪問介護に従事することはできません。
・訪問介護の管理者は資格要件ありませんので、無資格の社長が管理業務を行うことは可能です(ただし常勤専従の場合)。

以上から、
・ケアマネ1人(居宅の管理者を兼任)
・サー責1人(常勤ヘルパーを兼任)
・2級以上のヘルパー1.5人
を配置すれば足りるでしょう。

もし社長自らが訪問介護の管理業務に常勤で専従できないのであれば、
・訪問の管理者を1人配置する
・ヘルパーを1人追加し、サー責に訪問の管理者を兼務させる
・ケアマネを1人追加し、居宅の訪問介護の各管理者を兼務させる
などの必要があると思います。

実際には稼動時間数などによっても違ってきますから、
計画が具体的になってくれば、都道府県に問合せるのが確実です。

管理者とは、文字通りですが、その事業(居宅介護支援、訪問介護など、それぞれの業務)を管理する責任者です。社長とは違います。
小規模法人で代表者が居宅の管理者を兼ねる場合は、当然ケアマネ資格が必要ですが、無資格であれば有資格者を雇用すれば足ります。


制度上必要最小限の人数を配置するという前提で、
・居宅の管理者、訪問介護の管理者、サー責、いずれも常勤専従とされています。
・訪問介護の管理者が訪問介護に従事することは差し支えありませんが、
 管理業務に従事する時間は訪問介...続きを読む

Q介護事業所の管理者の仕事について  

介護事業所の管理者に、という話があります。資格は持っていません。管理者には資格がいらない。働いている人のまとめ役、相談役。といわれています。管理者の具体的な仕事内容、苦労など 教えてください。

Aベストアンサー

今現在小さな訪問事業所の所長兼管理者をしております。

訪問に関しては管理者は特に資格はいりませんね。
大体の小さい訪問事業所は社長(所長)兼管理者って多いんじゃないですかね。
質問者様は今どういう仕事をしてるのかわかりませんが
ものすごい平たく言うと会社の課長とかいわゆる中間管理職のような感じですね最高責任者は社長とか所長ってなります 管理者のしたに
サービス提供責任者、主任、等がくることになりますね
確かに相談役としては各ヘルパーの状態や愚痴聴きも(笑)ありますし
利用者さんからのクレーム、ケアマネさんへの現状報告とかいろいろありますし
そのほかはサービス提供責任者が大体シフトを組むと思うのですが
一人に偏りがないかとかのチェックとか
私の事業所は小さいので私が給与や保険の請求業務なんかもしてますね
確かに責任のある仕事ではありますがそんなに身構えなくてもいいですよ(^^;

Q居宅介護支援事業所の緊急時対応マニュアル

居宅介護支援事業所の緊急時対応マニュアルを探しています。
どちらか掲載されているサイト、もしくはダウンロードできる
場所があれば教えていただけませんか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

緊急といってもどのようなケースを想定されているのかわかりませんが・・・

事故などを想定するのか災害等を想定するのか。また御社の体制等によってもその内容は変わってくると思いますが、たたき台になるものが欲しいということだと解釈しました。

以下のサイトを参考にされてはいかがでしょうか。
介護関連事業に係る様々な書式やツールが掲載されています。
ダウンロードするには会員登録が必要になりますが、登録は無料です。

参考までに。

参考URL:http://www.caremanagement.jp/tools/index.php?action_Download=true&cid=17

Qケアマネは、これだけの専業職?他との兼務は駄目?

お世話になります。

母の在宅介護をして一年が経ちます。
現在、ケアマネは訪看の方が兼務してくれています。

先日、用事があって、市の高齢介護課に行ったんですが・・・。
ふとしたことから、ケアマネの話になり、
うちケアマネさんは、現在来てくれている訪看さんがしてくれていると言ったところ、

「ケアマネは専業職で他と兼務する事は出来ない。」
「法令(?)違反です。名前を教えてください」
と言われたんですが・・・。

その場は、ケアマネさんに迷惑がかかっては悪いと思い、上手くごまかして名前を云いませんでした。

そこで、教えて欲しいんですが、

ケアマネジャーは専業職で、他の仕事と兼務しては駄目なんですか?
兼業していると判れば、何らかのペナルティ、(ケアマネ剥奪?)とかになるんでしょうか?

ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

 これ、気になったので私が住んでいる市の担当課に尋ねてきました。
結論から言うと「これだけの情報ではどちらのケース(違法・合法)も考えられる。ただし担当課が理由も無くそうしたことを言うとは思えないので、何か判断材料を持っている可能性がある。」ということです。

「指定居宅介護支援等の事業の人員および運営に関する基準」および「指定居宅介護支援等の事業の人員および運営に関する基準について」にどう人員を配置するのか決めてあります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11F03601000038.html
http://www.marimo.or.jp/~momo/siteikijuntuuti.html

 まずケアマネジャーは、最低一人は常勤でなければなりません。
『常勤』とは、その事業所の就業規則で決められた就業時間を満たした状態です。
複数いる場合は非常勤の者がいても構いません。

ケアマネジャーが他の業務を兼ねる場合、必ず事業所と連絡が付く状態でなければなりません。
この規定から兼職は可能と判断できます。
ただしその場合でもケアマネジャー業務がメインとなることが望ましいです。

管理者とケアマネジャーを兼務することがあります。
『管理者』はもっぱら事業所での業務に当たる必要があるので、訪問介護に向かうことはできません。
ちなみにこの場合の『管理者』とは、介護事業の管理者であって、事業所経営の管理者ではありません。

 こうしたことから、あなたのお宅に来られる『ケアマネジャー』さんが、どういう立場にいるのかがはっきりしないと判断できないということはお分かりいただけるでしょう。
利用者からは『ケアマネジャー』兼『訪問介護員』と思われているけど、実は『管理者』兼『ケアマネジャー』が人員の都合で訪問しているとも考えられるからです。

 もし法令違反であったとしたら、その事業所に処分が下ります。
「~はいけません。**しなさい。」という『行政指導』、報酬返還、事業停止(新しく受け入れることができない『受入れ停止』、全ての業務が止められる『全面停止』)、事業所資格を取り消す『指定取り消し』があります。
これらは順を追って処分ということではなく、悪質だと判断されるといきなり『指定取り消し』もありえます。

 これ、気になったので私が住んでいる市の担当課に尋ねてきました。
結論から言うと「これだけの情報ではどちらのケース(違法・合法)も考えられる。ただし担当課が理由も無くそうしたことを言うとは思えないので、何か判断材料を持っている可能性がある。」ということです。

「指定居宅介護支援等の事業の人員および運営に関する基準」および「指定居宅介護支援等の事業の人員および運営に関する基準について」にどう人員を配置するのか決めてあります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11F03601000038...続きを読む

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q居宅介護支援事業所申請について

居宅介護支援事業所の申請をしたのですが
営業日を月曜から金曜の午前9時から午後5時までとしたところ
時間が足りないからとの理由で土曜の午前9時から午後12時まで
を追加したそうです。39時間以上必要といわれたそうなんです。
調べてみても週32時間以上であることとなっていますし
他の事業所の運営規則を見ても月金の9時5時までとしているところは
たくさんあり、なぜそのように言われたのかがわからないのですが・・・。どなたかご存知の方いらっしゃいましたら回答を
お願いいたします。

Aベストアンサー

32時間について

介護保険事業の上では就業規則で事業所の常勤職員の勤務時間が定められていれば、それも適正です。
例えば、36時間と規定してあれば事業の申請書とあわせて届出済みの就業規則を添付して提出すれば可能です。
32時間も同様に添付資料等で確認できて、事業所としての考え方を通せば認めていただけます。

ただ、担当者は「要望」「希望」「望まれる」等の言葉を持って40時間を求めるでしょうね。

一方で居宅介護支援事業所の実働時間数は週40時時間を越えるのが実態です。超過勤務が残業として出せない(報酬が限られてるからね)。
さて、困りましたね。

*重要事項説明書には
営業時間 9:00~18:00
受付時間 9:00~17:00
と両方を表記してください。
受付時間は、10:00~16:30でも結構ですよ。
9:00~10:00までは打ち合わせもあり、受付ることが難しい。
16:30までに受け付けても、内容によっては18:00まで時間が掛かるのでオーダーストップだと説明すれば大丈夫です。

常勤換算の落とし穴
*研修、有給休暇の時間数は常勤換算には参入できません。
 更新制度が始まって、実質一人のケアマネ事業所は研修月は配置基準の1名を下回ることになります。
 絶対にバカな考え方ですが、独立性を唱えながら不合理な制度になっています。
 国は単独ケアマネの事業所を想定していないようです。
◎実際に研修に参加しても常勤換算でクレームを付けられた情報はないので大丈夫(今のところは)と思い込んでいます。
トラブルが起きたり、不正事案の場合は違反行為として取り上げられる可能性は否定できません。
◎今年、摘発された事業所の不適切事項に、届け出た勤務表と乖離する勤務実態があったとされた事業所がありました。
指定する時には、届出と変わることはあるでしょうと理解しながら、状況が変わると態度も一変します。

普通に利用者第一に保険者と相談しながら運営していれば何も問題は起きません。
不安な事は良く相談する。
でも、藪から大蛇を出すような事は聞かない。
冷静な判断が必要ですね。

32時間について

介護保険事業の上では就業規則で事業所の常勤職員の勤務時間が定められていれば、それも適正です。
例えば、36時間と規定してあれば事業の申請書とあわせて届出済みの就業規則を添付して提出すれば可能です。
32時間も同様に添付資料等で確認できて、事業所としての考え方を通せば認めていただけます。

ただ、担当者は「要望」「希望」「望まれる」等の言葉を持って40時間を求めるでしょうね。

一方で居宅介護支援事業所の実働時間数は週40時時間を越えるのが実態です。超過勤務...続きを読む

Q居宅サービス計画のアセスメントツール選びで迷ってます

ケアマネージャー実務研修を受けるにあたり、アセスメントツールの講義がありますが、MDS-HC方式・三団体ケアプラン策定研究会方式・日本訪問看護振興財団方式・全国社会福祉協議会方式より一つ選ぶように通知が来ました。過去の質問で1件それぞれを説明した記述を見つけました。出来れば実際の現場で多く用いられているもの、支持されている方式を受講したいと考えています。現在、病棟で看護師をしている為その点がわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的に使用されているアセスメントツールは7種類
記載の4種に包括自立支援プログラム、介護福祉士協会、社会福祉士協会作成の3種が含まれます。

全国社会福祉協議会(全社協)版はケアプラン連動型で単体でアセスメントするには少し不向きですね。

どうすればよいか
実務研修期間中にモデルケースを1件担当することになります。
利用者は自分で探すか、事業所へお願いするか、自治体の介護保険担当課に相談して紹介してもらう…(社会福祉協議会なか)
特に懇意な事業所やグループ内の事業所であれば、実際にアセスメントツールを使用することが可能なので、選択は容易ですね。

それ以外の場合は、
使用頻度の多い、MDS、三団体、(包括自立支援)、全社協から選ぶんですね。
*基本は同じなんだけど、表示が異なったりと違いますが、応用は利きますよ。(柔軟な頭が必要ですが…)

アセスメントはケアプラン作成の第一歩
問題点を把握する大切な事です。
アセスメントを適当に行うと全てが間違うので確り勉強が必要ですね。

Q介護タクシーの料金について

宜しく御願い致します。
叔父(寝たきり、移動時は車椅子)が通院する際、家人の負担が大きい為、初めて介護タクシーを使用しました。病院迄の道のりは片道2km程、料金は往復で一万六千円。別な病院へ通院した際には片道約12kmで往復一万八千円の請求が有ったそうです。素人目からはちょっと高価で、安易に利用出来る価格設定ではない様に思えますが、地域差は多少あれ、この請求額は妥当と言うか、普通世間一般で言う処の相場額なのでしょうか?搭乗者は本人と付添人一人、車はリフト付きワゴン型。運転手は(恐らく)介護ヘルパーの免許を所有していらっしゃると思います。関係者の方や使用経験者の方の御回答を特に歓迎致します。

Aベストアンサー

地域差はあると思いますが、うちも2ヶ月ほど前から介護タクシー(まさにリフト付き。車椅子タクシー)を利用しています。
料金体系は(うちが利用した会社のことしかわかりませんが)
一回の出動で2800円プラス普通のタクシー料金です。
いままでは、片道2400円の距離でしたので、プラス2800円で5200円。その往復ですので10400円です。
本人と付き添いの二人で乗っています。これが本人だけで乗れば介護保険から1割負担ですむらしいですが、本人だけで乗って通院……なんて、ムリです。健康な人なら可能でしょう。
介護保険ってなんなんだ!と、時々思います。

Q地域包括支援センターの事業所番号

このカテゴリでいいのかどうかわからないのですが
各市町村の地域包括支援センターの事業所番号の載っているサイト
等ありますでしょうか?あれば教えていただけませんでしょうか

Aベストアンサー

ワムネットか、各都道府県の社協(情報公表をしているから)だったらのってますよ。ただし、全国の包括一覧は無いですので、該当する区市町村をクリックしていちいち探す必要がありますがね。

ついでに、地域包括支援センターなんですが、大きな区市によっては民間に委託しているので、区や市が運営する地域包括支援センター自体が無いところ(例:青森市・弘前市など)もあるんで、一覧には出来ないのではないかと思います。

ちなみに、私の働く施設がある町には町が運営する地域包括支援センターがあります。町の規模が小さいからですがね。

参考URL:http://www.wam.go.jp/

Qホームヘルパーの出来る事・出来ない事

初めまして
私は去年から訪問介護と通所介護(デイサービス)に勤め始めた者です。
きついながらも、介護の仕事に「やりがい」を感じることもあり、この仕事を続けて行きたいと思っています。

ただ、最近気になる事があります。
受講中も、就業してる現在も「決められた事以外はしてはならない!」と教えられているのですが、現実として


利用者、又は家族から「爪を切って」「薬を整理して」「来る途中で買い物をしてきて(お金は私が立替)」「薬を塗って」等、色々と私が受け取っているサービス提供票には無い依頼を度々頼まれます。
事務所の先輩方や上司に出来るだけ尋ねて、許可を貰ってから行うようにしたいのですが、現場では「早く、お願いよ!」と急かされる場面が多く。
次回へ返答の持ち越しをお願いして戻ったところ、「ヘルパーが不親切だ!」とクレームが来てしまった事もありました。
又、尋ねた人によっても「これは大丈夫」「これはダメ」と同じ事柄なのに話が違ったり、「これは訪問ならいいけど通所ではダメ」なんて話も出てきたり。

資格を取る際に「ヘルパーは医療行為を行ってはならない」とは教わったのですが、正直 私にはどこまでの行為が「医療行為」になるのかがわかりません。
他にも、訪問のサービス開始前に「後で払うから立替ておいて」と買い物をしてくるように言われたり、「次回買っておいて欲しいから」と財布を預かってくれと言われたり。
利用者の為の調理で利用者と家族が食べる分(1人前でなく5人前)を作ってと言われたり。
私ではないのですが、掃除中に利用者が外出してしまい、戸締りが出来ないので戻られるまで留守番する羽目になった同僚もいました。


時間が許し、且つ問題がないのであれば出来る限りの事はしたいとは思うのですが。
ヘルパーの身として、自分がどこまでの行為が許されるのかが非常に不安です。
自分なりに調べてはみたのですがなかなかハッキリとした線引きが見つからず、出てくるのは難しい抽象的な文章ばかりで。


ヘルパーの身で出来る事・出来ない事を明確に教えてもらえないでしょうか?

初めまして
私は去年から訪問介護と通所介護(デイサービス)に勤め始めた者です。
きついながらも、介護の仕事に「やりがい」を感じることもあり、この仕事を続けて行きたいと思っています。

ただ、最近気になる事があります。
受講中も、就業してる現在も「決められた事以外はしてはならない!」と教えられているのですが、現実として


利用者、又は家族から「爪を切って」「薬を整理して」「来る途中で買い物をしてきて(お金は私が立替)」「薬を塗って」等、色々と私が受け取っているサービス提供...続きを読む

Aベストアンサー

訪問介護のサ責をしていました。

提供表に買い物のプランがあれば、来る途中で買い物をするしかない場合、店に着いた時点から生活援助がスタートです。家で行ってもらう援助の時間が減りますが、利用者がそれでもよければ行います。料金の立替に関しては、必ず商品と現金を引き換える。ヘルパーはおつりを必ず用意しておく。

利用者以外の食事の準備ですが「思ったより多くできてしまいました。家族の分もできてしまいましたね(棒読み)」と高齢二人暮らしの利用者二人分取れるように多めに作ることはありますが、5人分はあんまりです(笑)家族が5人いれば食事の準備のプランはたたない筈なんですが・・毎月ケアマネは訪問しますので責任者に相談後、ケアマネから注意してもらってください。

利用者が留守にする間、自宅にヘルパーが残るのは怖いですね。盗難被害を言われれば、無実を証明することはできません。「お留守になるのでしたら、私を自由にして下さい」と冗談のように話をしながら一緒に出てください。

明確にできないのは、国の言い分と現場の言い分が異なるからです。本音と建前です。自治体の解釈も違うんです。カクカクの解釈をするケアマネのいればま~るい解釈のケアマネもいるので、明確にはなりません。

知っている事業所で「私は奥様のヘルパーとして入っています。この部屋はお二人で使いますので半分だけ掃除をいたします。トイレも半分だけいたします」と言い切って実際にそうしたヘルパーを知っています。コレがお国の建前に忠実な方。ケアマネ・事業所もこのヘルパーを笑いませんでした。質問者様は笑ってしまうのでは?私がいた事務所では大爆笑しました。

「本当はできませんが、時間もありますのでやっときましょう。よそのお友達にヘルパーにしてもらったと大声で言っちゃ駄目ですよ。し~ですよ」などが現場の本音でしょうか。

今はツメきり。自動血圧計での測定などはできることになっています。
早くして」とせかされる場合が多いかと思います。もし、判断に困ったら携帯で一本電話を入れてください。人の家で仕事をするわけですから色んなクレームはきますよ。今後のお仕事に生かしてください。

訪問介護のサ責をしていました。

提供表に買い物のプランがあれば、来る途中で買い物をするしかない場合、店に着いた時点から生活援助がスタートです。家で行ってもらう援助の時間が減りますが、利用者がそれでもよければ行います。料金の立替に関しては、必ず商品と現金を引き換える。ヘルパーはおつりを必ず用意しておく。

利用者以外の食事の準備ですが「思ったより多くできてしまいました。家族の分もできてしまいましたね(棒読み)」と高齢二人暮らしの利用者二人分取れるように多めに作ることはあり...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較