20代後半、既婚、子供は1年以内に予定、仕事は派遣で出産後も落ち着いたら何か仕事をしたい、といった女性がいるのですが、特に女性にお勧めの生命保険を教えてください。

最近、色々と日本国内、外資系と資料を取り寄せて検討中なのですが、もう少し情報が欲しいのです。

年収や考え方により一概には言えないことですが、経験的にこれが良かったといった情報を頂けるとうれしいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

高額な死亡保険金は必要としていないと思います。


多くの会社から出てきている医療保険+女性疾病保障がベストだと思います。
現在、2日の入院から給付金があるものや 日帰りの手術もOKの保険があります。
また、終身保障で保険料の払込が終身また、60歳払込終了というものもあります。ご主人の定年の年齢を考えて選択してください。
間違っても、ご主人の定期特約付終身保険の保険に妻型で入院保障を加えないようにしてください。
なぜなら、御主人が先に亡くなられると奥様の保障も無くなるからです。しかし、医療保険の場合は、夫婦型で加入の場合、ご主人が先に亡くなられた場合、保険料の払込が免除になり、保障が継続するものもありますので よく、調べてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんの回答を参考にもう少し考えてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/07 12:48

ご質問の内容を拝見する限りではご結婚されている上に


まだお若くていらっしゃるようなのでお亡くなりになられたときの補償よりも入通院時の費用保険に重点を置いて検討されてみてはと思います
またどうしても死亡補償や子宮がんなどの女性特有の疾病
についての補償に重点を置かれるのであれば大同生命など
数社で女性向のプランを組んでいますのでその辺からピックアップしてみてはいかがでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんの回答を参考にもう少し考えてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/07 12:48

独身時代、親戚の叔母が外交をしていた保険に義理で入りましたが、その後、腎盂腎炎で入院して、その時結構な金額がかかりましたが、高額医療ということで、国保からもお金が出て、生保から入院給付金が出ました。

結果、儲かってしまいました。(笑)だからというわけではありませんが、仕事ができない状態になった時に
とても助かりますよね。やはり入院した時に備えたほうが良いと思います。入院保障を重視した保険が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんの回答を参考にもう少し考えてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/07 12:48

とりあえずは、医療関係の保障が必要かと思いますので、医療保険+女性疾病特約を、終身タイプで選択するのがいいのではないかと思います。


医療保険の給付金は5000~1万円/日で考えれば良いのではないでしょうか。
会社によって、免責日数(最低入院日数が5日以上で5日目から給付、同8日以上で1日目から給付)に違いがありますから、どちらのタイプを選ぶか、についても考える必要があります。

また、女性疾病特約では、女性特有の疾患に対する備えを厚くするものですが、リューマチや貧血など、比較的女性に罹患する人が多いものについても保障の対象に含まれているので、付加することをお勧めします。

死亡時の保障は入院給付金の50倍、100倍程度と少額ですが、女性の方がお亡くなりになった場合に、家計に与える影響が大きいようでしたら、お子さんが大きくなるまでの間について掛け捨て型の定期保険などに別途加入すればよいでしょう。

その他、何かありましたら、補足してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんの回答を参考にもう少し考えてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/07 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腎盂炎と腎盂腎炎の違い

腎盂炎と腎盂腎炎の違いについて教えてください。

私は数年前に腎盂炎と診断された事があります。
医者の説明では「膀胱炎の悪化したもの」と聞いていますが初診の病院などでは、最初に書く問診表の大きな病気のところに腎盂炎と書いているのに「腎盂腎炎をした事があるのですか?」と聞かれます。
いつも「腎盂炎です」と答えるのですが、この二つの病気の違いは何でしょうか?
本屋さんで医学の本を見るとあまり違いがないように思えるのですが・・・

教えてください。よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「膀胱炎で悩んでます」
◎http://www.tokachi.co.jp/~takayama/db/3/jinuen.htm
(腎盂腎炎)
◎http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00145.html
(腎盂腎炎)
この中で「概論」に記載のあるのが正しいのではないでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arujinzo/kidney5.htm

Q外資系と日本の会社、外資系と外資系。違い、特徴は?

こんにちは。実は今加入している生命保険の見直しを考えています。

今入っているのは住友生命の定期保険15年タイプのもの。年14万もするものです。2年に1回生存給付金といって20万引き出しできるタイプです。あと3年で満期なのですが毎年14万の支払いがきつく感じるようになりました。

そこで保険料が安いアメリカンファミリーかアリコジャパン、もしくは全労災や県民共済を考えているのですが、これらを比較検討された方やFP、APの方どうか教えてください。

これらの特色、違いはなんでしょうか?
またこの4つのなかならどこがよいでしょうか?

30代前半女性・独身、来春結婚予定です。彼は第一生命に加入しています。
支払いの目安は年5万程度(年末の保険控除のギリギリ額)。入院5000円/日額、死亡保障は300万程度と考えています。

Aベストアンサー

まず根本的に、何のために生命保険に加入するかを考えてはいかがでしょうか。
そんなこと言われなくっても考えてるわよって言われそうですが、上記相談内容だけから見ると、年間14万円の保険料の支払がキツいから安いものに替えたい・・・と保険料のみでお考えのように感じます。
当然同じ内容での比較なら、安い方がいいに決まっていますが、保険料を抑えすぎて必要保障が買えない、逆に余分な保障が多すぎて保険料が払えない、どちらも考え物です。

●必要死亡保障額について
結婚後、専業主婦となるのなら、一般的に死亡保障は不必要な気がします。万が一neiさんが死亡されるとご主人は生活していけないでしょうか。お子さんが生まれたとき、あるいは働き出したときに必要な分のみ追加していけばいいのでは。
そう考えると、死後整理資金(葬儀代程度)の200~300万円くらいでいいでしょう。これは終身保険で用意し、一生解約しません。今ご加入の保険が定期保険付終身保険ならば終身部分のみを残します。または終身保険の中でも割安な変額終身保険に新たに入り直す手もあります。
【参考】変額終身保険 300万円 32歳女性 スカンディア生命 月額保険料3051円

●医療保障について
独身女性や専業主婦(一家の主な収入源ではないという意味)なら特に医療保障を充実させましょう。但し社会保険(健康保険・国民健康保険)からの支給もありますので、ここでも入りすぎには注意が必要です。
保険料を安く抑えたいのなら、10年更新型にする手もありますが、10年後の更新時に保険料が上がってしまうことと、将来の健康状態で更新できないかもというリスクが生じます。
10年後の収入増が見込める、または将来のことより今はめちゃくちゃ安くしたいというのなら別ですが、私は終身型をお薦めします。
終身型で一番安くなるのは、おそらくアメリカンファミリー生命のEVERでしょうか。
【参考】終身医療保険 EVER 日額5000円 32歳女性 月額保険料1800円

●共済について
共済関係は掛金と保障内容を見ると、かなりコストパフォーマンスの高いもので魅力を感じますが、注意しなければいけないのは60歳以降の保障が半減してしまうことです。
70歳までの老人保険適用までの10年間、また、保険が必要となる可能性も高い時ですし、インフレ(物価上昇による価値の目減り)にでもなれば目も当てられません。
共済は保険料のかさむ中高年の方々には魅力的ですが、折角若いのなら民間の医療保険でも安く入れる時期です。
保険は損得ではないという意見もありますが、なるかならないか分からないものに払うお金は無駄を省き、最低限にする方がいいと思っています。その予定より浮いた分を貯蓄や運用に回すほうがお得でしょう。
※上記参考保険は最低限の保障内容ですから、健康なときにできるだけ貯蓄し、療養時は貯蓄でまかなうという前提です。

まず根本的に、何のために生命保険に加入するかを考えてはいかがでしょうか。
そんなこと言われなくっても考えてるわよって言われそうですが、上記相談内容だけから見ると、年間14万円の保険料の支払がキツいから安いものに替えたい・・・と保険料のみでお考えのように感じます。
当然同じ内容での比較なら、安い方がいいに決まっていますが、保険料を抑えすぎて必要保障が買えない、逆に余分な保障が多すぎて保険料が払えない、どちらも考え物です。

●必要死亡保障額について
結婚後、専業主婦となるのなら...続きを読む

Q腎炎と腎盂腎炎、腎盂炎の違い

腎炎と腎盂腎炎、腎盂炎の違い

よろしくお願いいたします。昨年、膀胱炎が悪化し腎盂腎炎で一週間ほど入院したのですが、独学では上記三つの違いがまだ判然とせず気になっています。

・腎盂腎炎=腎盂炎で、最近呼び名が腎盂炎より腎盂腎炎が一般化しつつある。

・腎盂腎炎とは腎臓の腎盂という部分が細菌感染を起こしたもの。

この二つは理解が合っているでしょうか?また、資料を読んでいると、腎盂腎炎とは言うものの通常の腎炎とは扱いが違って深刻度が低いように感じます。腎盂腎炎はふつうの(?)腎炎とは違うのでしょうか?

実際、友人の親御さんで腎炎の方がいるのですが、タンパク質制限など食事療法もあると聞きましたが、私は退院支持書に「運動、食事制限なし、自宅休養不要、水を1日2リットル飲みトイレを我慢しないこと」とあります。

特に腎盂腎炎と腎炎の関係が気になっています。混乱したままの質問で申し訳ありませんが、ご教示いただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

普通の腎炎と書いておられるのは、糸球体腎炎とよばれます。
これについて調べてみられたら理解できるかもしれませんね。
炎症を起こしている場所が糸球体なのか腎盂なのか、ですね。場所が違えば、原因もかわってきますから、治療方法も変わってきます。
腎盂炎と腎盂腎炎はほぼ同義と思っていただいてもよいかと思います。

Q外資系のプルデンシャル生命に加入しておりますが今後の情報のアドバイスを

外資系のプルデンシャル生命に加入しておりますが、将来的に不安があります。継続か解約かで悩んでおります。外資系生保の今後の情報をお願い致します。

Aベストアンサー

結論から言えば、質問者様がおっしゃったような理由で、プルデンシャルの保険を解約する必要はありません。

No.3のga-ku氏がコメントしているように、AIGグループの危機といっても、保険会社であるアリコ、AIGスター、AIGエジソンが経営危機にある訳ではありません。
AIGグループというのは、保険だけでなく、航空機リース部門なども持っている会社です。
今回、問題になったのは、金融機関や会社間で取引をする債券の保障(CDS)をする部門がサブプライムローンの絡みで巨額な損失を出し、それがAIGグループ本体に波及し、さらにその傘下にある保険部門にも波及したものです。
たとえは悪いのですが……強いて言えば、弟が経営に失敗したので、親が乗り出し、親が融資を受け、借金返済のために健全である兄の保険グループを売りに出した……つまり、兄には何の落ち度もないのに、弟や親のために、泣く泣く……ということです。

また、破綻と買収は、全く異なります。
破綻とは、つまり、倒産であり、契約者が持っている保険にもキズが付きます。
しかし、買収とは、契約者が持っている保険を含めて買い取るのであり、保険は何の問題もなく、そのまま継続されます。
たとえて言えば、大きな銀行が小さな銀行を買うようなもので、買われたから預金が減るようなことがないのと同じです。

また、外資だから、外国の保険を売っている訳ではありません。
日本では、外国の保険を売ることが法律で禁止されています。つまり、外資といえども、売っているのは、日本独自の保険なのです。
外資でも、国内生保と同じく、金融庁の監督下で、保険業法に基いた経営をしています。
万一、破綻したときの保障(保険契約者保護機構)も、国内生保と同じです。
外資というのは、その会社の株を外資が持っているというだけで、保険金の支払に必要な資本(支払準備金)などは、日本においておかなければなりません。
つまり、資本もなにもないただの営業所が日本にあるというのとは、根本的に異なるのです。

国内、外資という分け方は、営業方針や商品構成の違いが明確だったことから、マスコミが付けた分け方ですが、最近では、そのような分け方では分けられなくなり、マスコミも国内・外資と分けることも少なくなっています。
例えば、最近の週刊朝日の記事では、国内で営業している生保すべてを同じ表の中で扱っています。
つまり、今は、保険会社の一つ一つを見て、色々なことを判断しなければならない時代なのです。

結論から言えば、質問者様がおっしゃったような理由で、プルデンシャルの保険を解約する必要はありません。

No.3のga-ku氏がコメントしているように、AIGグループの危機といっても、保険会社であるアリコ、AIGスター、AIGエジソンが経営危機にある訳ではありません。
AIGグループというのは、保険だけでなく、航空機リース部門なども持っている会社です。
今回、問題になったのは、金融機関や会社間で取引をする債券の保障(CDS)をする部門がサブプライムローンの絡みで巨額な損失を出し...続きを読む

Q膀胱炎から腎盂腎炎になって入院したい

腎盂炎は10年前から時々おこしています。昨年は3回入院しました。

いま膀胱炎になっているようで尿がとても汚れているそうです。(泌尿器科にて)血尿、蛋白などのおなじみがかなり出ているようですが、市販の検査薬(ウリエース)だと蛋白が+にならなかったり(顕微鏡ではどっさり出ているらしい)、潜血も出たりでなかったり、さきほど調べたら生まれて初めてブドウ糖が++でした。とにかくだいたいにおいて尿自体は肉眼で濁って見えます。もうこの状態で1週間たちますので、そろそろ腎盂炎かなと思っているのに(いつものパターンでは)一向に熱がでません。いろいろと事情があって、罰当たりですが、腎盂炎でもなんでもいいので早く入院したいのです。熱がでないのは自力で治ってしまう可能性があるのでしょうか?ちなみに医師からの投薬は一切飲んでいません。水分をできるだけ控え(でも喉が乾く)使うなと言われたウォシュレットやシャワーもつかっていますが。抗生物質のような薬を一切飲んでいないのに症状もさして悪くならないのは腎盂炎への道は遠いのでしょうか?バカな質問ですがお詳しい方、よろしくお願いします。毎回のことですが、排尿を我慢すれば右腎臓がキリキリ痛くなり(何度も検査しましたが逆流の可能性なし)、排尿後も痛いです。(その理屈にいつては医師から説明を伺いました)
腎盂炎は泌尿器の扱いで、腎臓内科の管轄ではないということぐらいは知っています。よろしくお願いします。

腎盂炎は10年前から時々おこしています。昨年は3回入院しました。

いま膀胱炎になっているようで尿がとても汚れているそうです。(泌尿器科にて)血尿、蛋白などのおなじみがかなり出ているようですが、市販の検査薬(ウリエース)だと蛋白が+にならなかったり(顕微鏡ではどっさり出ているらしい)、潜血も出たりでなかったり、さきほど調べたら生まれて初めてブドウ糖が++でした。とにかくだいたいにおいて尿自体は肉眼で濁って見えます。もうこの状態で1週間たちますので、そろそろ腎盂炎かなと思っているの...続きを読む

Aベストアンサー

私も慢性膀胱炎で、
腎盂腎炎によくかかります。
多分お医者さんにするなと言われていることが、
lune5さんに対する回答になるかと思います。
ただ悪化させて腎臓がどんどん悪くなると、
取り返しのつかない事態にもなりかねません。
くれぐれも無理はしないでくださいね。
透析が必要な身体になったら大変ですよ。

私が日頃しないように言われているのは、
(1)身体を冷やさない(特に下半身)
(2)刺激物を食べない(タバコや辛い物)
(3)塩分を取り過ぎない
(4)バイ菌が入らないようにトイレの後は清潔にする
などです。
身体が疲れているときもバイ菌が繁殖やすくなるので、
あまり疲れないように日頃から心がけています。
膀胱炎や腎盂炎はバイ菌が腎臓や膀胱に入り込むと起こります。
くれぐれも無理はしないでくださいね。
私もつらい思いをしている一人なので、
わざわざ悪化させるのは賛成出来ません。
事情がおありのようですが、
お大事にしてください。

Q生命保険見直しにアドバイスして頂けますか?

24歳のパート主婦です(子供なし)。現在加入している保険は15年更新60歳払込満了で、死亡高度障害時1500万、ケガ・病気・成人病・女性疾患・がんで入院時1~4日目5000円(日額)です。他に介護特約、3大成人病、重度慢性疾患も保証されます。
主人(25歳)も同等の保険に入っていて(死亡3500万)、合計で月額2万を越えています。(私1万、主人12000円)
貯蓄もできるタイプですが、毎月の保険料がキツクなっています。
私は契約して1年経って無いので変更していいのか困ってます。
見直すにしても何をどうしたらいいのかサッパリです。
毎月の保険料を低く尚且つ医療保障を硬くするにはどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

保険は考え方によって千差万別ですが、

目先の保険料だけと医療だけなら、
奥さんには『こくみん共済医療タイプ』はいかがですか?
http://www.zenrosai.or.jp/kyousai/kokumin/type_iryou.asp
これだけでも最低限は確保できると思いますよ。

目先も医療も大事ですが、旦那さんはしっかり保障を確保した方が良いかと思います。
1.終身保険を厚く持つ⇒安い変額終身保険など
2.生活費やお子さんの教育費の保証として
  毎年保障額が減っていく逓減定期保険を長く厚く。
3.どうしても必要ならば・・・終身医療保険。
  でも、医療って本当に必要ですか?
  社会保険制度、高額医療費貸付制度、同還付制度など
  を活用すれば無理して入る必要は・・・?
1~3だけでも悪くないと思いますよ。
それに付加する形で県民共済やこくみん共済も良いと
思います。

ただ、目先だけじゃなく、一生でお考えになられることを
強くオススメします!
一生でいくら保険に費やすのか?
死んでいくら払われるのか?
80歳まで生きて解約していくら返ってくるか?
これは絶対把握しておくべきです!!

自分の保険は自分で設計!
がんっばってください。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~kyo/index.htm

保険は考え方によって千差万別ですが、

目先の保険料だけと医療だけなら、
奥さんには『こくみん共済医療タイプ』はいかがですか?
http://www.zenrosai.or.jp/kyousai/kokumin/type_iryou.asp
これだけでも最低限は確保できると思いますよ。

目先も医療も大事ですが、旦那さんはしっかり保障を確保した方が良いかと思います。
1.終身保険を厚く持つ⇒安い変額終身保険など
2.生活費やお子さんの教育費の保証として
  毎年保障額が減っていく逓減定期保険を長く厚く。
3.どうしても必要ならば...続きを読む

Q腎盂腎炎について、いろいろ・・

30代、♀です。今、腎盂腎炎の通院治療中です。(毎日点滴、5日目)
4~5年前に初めて急性腎盂腎炎になり、その時は症状が激しく、即入院でした。
その後何度も、(特に生理前など)その縮小版のような症状があり、
以前の病歴や、症状が似てることを伝えて泌尿器科にいったこともありましたが
検尿で「異常なし、腎盂炎だったらまず尿・高熱にでますから」と言われ、
気のせいかな、とやりすごしてきてしまいました。(後悔。。)

今回も、高熱はありませんでしたが、似た症状でだるく、喉も痛かったので、風邪かも、
と今度は総合病院の内科にいくと、
やはり、腎盂腎炎と。その先生いわく、「尿にでないことだってある」とのことで・・
血液検査で、白血球の値が症状のわりにかなり高いそうでした。
思えば、最初に入院した病院でも、「菌がでない」と言われていました。
すでに慢性化してそうにおもうのですが、ここできっっぱりおさらばしたいです。

過去の質問や、いろいろなサイトをしらべていると、
「繰り返す場合はなにか原因がある場合も」・・とありました。
1:精密検査をしてもらおうと思うのですが、どんな検査になりますか?
  また、検査は完治後?今してもらう方がいいのでしょうか?
2:いわゆる腎炎(たんぱく尿がでる)と、この腎盂腎炎はまったく別なのですか?
  水分をとる、とらないなど対処が逆のようなのですが・・・
3:腎盂腎炎から、慢性腎炎や腎不全などになることはあるのでしょうか?
4:繰り返さないために、「水分補給・清潔に・・・etc」以外に気を付けることはありますか?

担当医に聞けばいいのでしょうが、
その時になるとうまくまとまらず、一部しか聞けません。
どうかよろしくお願いします。足りない点は補足しますので・・・  

30代、♀です。今、腎盂腎炎の通院治療中です。(毎日点滴、5日目)
4~5年前に初めて急性腎盂腎炎になり、その時は症状が激しく、即入院でした。
その後何度も、(特に生理前など)その縮小版のような症状があり、
以前の病歴や、症状が似てることを伝えて泌尿器科にいったこともありましたが
検尿で「異常なし、腎盂炎だったらまず尿・高熱にでますから」と言われ、
気のせいかな、とやりすごしてきてしまいました。(後悔。。)

今回も、高熱はありませんでしたが、似た症状でだるく、喉も痛かった...続きを読む

Aベストアンサー

腎盂腎炎の最も多い原因は、膀胱に侵入した細菌が尿管を逆行して腎臓の腎盂に感染を起こす事です。

>1:精密検査をしてもらおうと思うのですが、どんな検査になりますか?
  
膀胱尿管逆流現象の検査があります。膀胱に造影剤を入れて、尿管に造影剤が逆流するか否かを見ます。逆流が認められれば、今後も腎盂腎炎を繰り返す可能性が考えられます。これがあれば、手術による治療を行う場合があります。詳しくは泌尿器科の医師に聞いて下さい。

>また、検査は完治後?今してもらう方がいいのでしょうか?

感染がある間は、行わないと思います。

>2:いわゆる腎炎(たんぱく尿がでる)と、この腎盂腎炎はまったく別なのですか?  水分をとる、とらないなど対処が逆のようなのですが・・・

いわゆる腎炎は糸球体腎炎で全く別の疾患です。

>3:腎盂腎炎から、慢性腎炎や腎不全などになることはあるのでしょうか?

腎不全になる可能性はあります。但し、腎不全、透析の原因としては多くありません。慢性糸球体腎炎とは全く別の疾患ですが、慢性腎盂腎炎はありえます。

>4:繰り返さないために、「水分補給・清潔に・・・etc」以外に気を付けることはありますか?

膀胱炎を起こさないように気をつけてください。症状が無くても定期的な尿検査、尿細菌培養が必要です。

腎盂腎炎の最も多い原因は、膀胱に侵入した細菌が尿管を逆行して腎臓の腎盂に感染を起こす事です。

>1:精密検査をしてもらおうと思うのですが、どんな検査になりますか?
  
膀胱尿管逆流現象の検査があります。膀胱に造影剤を入れて、尿管に造影剤が逆流するか否かを見ます。逆流が認められれば、今後も腎盂腎炎を繰り返す可能性が考えられます。これがあれば、手術による治療を行う場合があります。詳しくは泌尿器科の医師に聞いて下さい。

>また、検査は完治後?今してもらう方がいいのでしょう...続きを読む

Q生命保険・損害保険・・・この違いから教えて頂けませんでしょうか?

保険について数点教えてください。まず、生命保険と損害保険の違いです。病気の際に通院費◎◎というような保険に入りましたが、生命保険に分類されているようです。どのような違いがあるのでしょうか?
もう一つお願いします。アフラックのガン保険に特約MAXというものを付加して加入しました。疾病保険に入っていることを思い出し、特約MAXはいらなかったかなぁ・・・と少々悩んでおります。特約MAXはどの程度の疾病まで保障されるのですか?という質問を代理店の方にしたところ、ほとんど全てカバーできます、と言われました。もしも全てをカバーしてくれるのならば疾病保険は解約したいと思っています。特約MAXで保障されない病気・ケガなどはどのようなものがあるのでしょうか?両方入っておいたほうが良いのでしょうか?(ちなみに特約MAXのケガというのは、転んだで通院・交通事故というようなものも保障になるのですか?)
漠然としていて申し訳ございませんが、保険代理店の方に聞いてもあいまいでよく分からないので、どうか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

お尋ねの、生命保険と損害保険の違いは、保険ができたいきさつの違いです。

生命保険は、その名の通り生命にかける保険。したがって、人間にしかかけられません。
損害保険は、自動車、火災といったものに対する保険という概念です。
では、医療保険はというと、業界では第3分野の保険として生保、損保両方の参入が認められています。

支払いに関しては、会社ごとの支払い基準による違いくらいしか見あたりません。
ただし、傷害通院に関しては、入院なしで給付されるものは、損保の傷害保険しかありません。

医療保険と特約MAXの併用ですが、1入院での給付限度日数、総給付金額を考慮して決めてください。
入院1日あたりの実費が15,200円かかると言われています。かける余裕があれば続けた方が良いのでは?

Q腎盂腎炎??乳腺炎??わからず悩んでいます。

現在3ヶ月の息子がおります。
母乳とミルクの混合で授乳中です。


昨日朝から何だか体がだるく、節々もちょっと痛く、まさか風邪ひいちゃったかな…、と思っていたら、夜に38度超えの発熱をしました。
夜中に37度台まで下がり、朝にまた38度4分まで上がりました。頭痛や咳、鼻水、嘔吐、下痢、腹痛などの風邪の症状は全くないんです。
でも、万が一インフルエンザだったらと思い内科に行き、インフルエンザの検査と尿検査と血液検査をしました。
インフルエンザは陰性で、尿検査と血液検査の結果を見ると腎盂炎ではないか、との話でした。
ただ、インフルエンザの菌がまだ少なくて反応が出ないだけかも、との話だったので、一応まだ子供とは隔離した部屋で生活してます。



帰ってきてネットで色々調べたのですが、突発的な発熱と倦怠感は症状に当てはまったのですが、他にある排尿時の痛みや残尿感、背中や腰の痛みは全くないんです。
ここ最近膀胱炎になったというのもありません。
それでも腎盂炎というのはありえるのでしょうか??


胸が見るからに赤くなってるとかではないのですが、何だかシクシク痛く、軽くしこりがあるのですが、乳腺炎で発熱してる可能性はありますでしょうか??
母乳の量は多くはありません。(40~100位しか出ません)それでも乳腺炎になったりしますか??


授乳中という事を医師に伝えたのですが、薬を飲んでる間は搾乳して捨てて下さい、と言われ、今授乳できないのも気がかりです…。
薬はとりあえず4日分処方され、5日は授乳できないと思って下さいと言われたのですが、搾乳してたらおっぱいは止まらないでしょうか??



子供がいる為、あっちもこっちもと色々な病院を渡り歩く訳にもいかず、このまままた内科に行くべきか、産婦人科で診てもらった方がいいのか迷っています。
どうかアドバイスよろしくお願い致します。

現在3ヶ月の息子がおります。
母乳とミルクの混合で授乳中です。


昨日朝から何だか体がだるく、節々もちょっと痛く、まさか風邪ひいちゃったかな…、と思っていたら、夜に38度超えの発熱をしました。
夜中に37度台まで下がり、朝にまた38度4分まで上がりました。頭痛や咳、鼻水、嘔吐、下痢、腹痛などの風邪の症状は全くないんです。
でも、万が一インフルエンザだったらと思い内科に行き、インフルエンザの検査と尿検査と血液検査をしました。
インフルエンザは陰性で、尿検査と血液検査の結果を見ると腎盂炎で...続きを読む

Aベストアンサー

まだ小さいお子さんがいるとの事、大変心配ですね。
わたしは全く知識はないので、体験談になってしまいますが、参考までにと思います。
私も3年位まえに、急に38度越えの発熱が3日くらい続きました。
きっとインフルエンザだと思い、病院で調べてもらいましたが、単なる風邪でした。
今の職場でも、今年インフルエンザではないのに、急な発熱で休む人が2人いましたよ。
検査の結果は気になりますが、なんともなければ良いですね。

Q終身保険(掛け捨てでない)お勧め教えて頂けますか?

死亡保障のみの保険で掛け捨てでないタイプの保険を探しています
掛け捨ての終身は自分なりに調べて『ソニー生命』が良いかとの結論に達したのですが、掛け捨てでない終身の場合はどこがお勧めですか?
簡保とアリコはHPでシュミレーション見てみました 同じ(1000千万)でも掛け金に差が有りましたが・・
大体どこも掛け金は同じ様な感じなのでしょうか?

医療保障不要
38才 男性
払い込み済み年齢希望無し
死亡時1000万円必要

もし 終身保険のお勧め会社有りましたら教えて下さい
(出来れば外資系希望です)
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

掛け捨てでないものを希望する理由は何でしょうか?

himarayan様のおっしゃるようにオリックス生命の定期保険は最も安いものと考えます。オリックスの定期と、どこかの終身保険を組み合わせての加入をお考えなのでしょうか。
終身保険はいずれ解約して自分の老後資金にするおつもりでしょうか。または必ず遺族にあげることのできる死亡保障としての1,000万円なのでしょうか。

いずれにしても、現在の予定利率では、終身保険のうまみは各社大同小異だと考えます。私は80歳ぐらいまでは定期保険を更新していき、終身保険に加入できる掛け金はすべて貯蓄(投資)にまわすことをおすすめしています。たぶん終身保険1,000万と定期保険1,000万との保険料(掛け金)差額で、80歳までは1,000万円近い現金を残すことができるのではと考えます。

また、終身保険ではありませんが、長期平準払定期保険というのも各社用意しております。これは満了が90歳や95歳といった定期保険ですが、その仕組み上、途中解約でかなり返戻金があるものです。なかなか面白いものです。

すみません、質問の回答にはなってませんが、参考にしていただけたら幸いです。

掛け捨てでないものを希望する理由は何でしょうか?

himarayan様のおっしゃるようにオリックス生命の定期保険は最も安いものと考えます。オリックスの定期と、どこかの終身保険を組み合わせての加入をお考えなのでしょうか。
終身保険はいずれ解約して自分の老後資金にするおつもりでしょうか。または必ず遺族にあげることのできる死亡保障としての1,000万円なのでしょうか。

いずれにしても、現在の予定利率では、終身保険のうまみは各社大同小異だと考えます。私は80歳ぐらいまでは定期保険を更新...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報