パソコンの修理をやったりする、個人事業者を開こうと計画していますが、
必要な手続きをすべて教えてください。(一応こちらでも調べました)ので確認のため。
年齢が17歳なので国民年金には加入いたしません。

それと パソコンの修理を事業としてやる際には何か国家資格が必要でしょうか?
教えてください。

長野県在住

A 回答 (1件)

まず、税務署に事業開始届けを出します。


ついでに、青色申告の申請も出されたほうが、税制上有利です。

詳細は、下記のページを参考にしてください。
開業にあたっての手続きなどの詳細が掲載されています。

パソコンの修理事業には特に国家資格などは必要ありません。ただ、中古品を引き取って販売するようなら、古物商の許可が必要になります。

参考URL:http://www.ccis-toyama.or.jp/scci/cci/kaigyo2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
特に中古品取り扱いについての補足説明ありがとうございました

お礼日時:2001/03/21 14:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q取締役は 個人事業者も 取締役といいますか? 解体事業者登録を承ける ときに この経歴が必要らしいの

取締役は
個人事業者も
取締役といいますか?
解体事業者登録を承ける
ときに
この経歴が必要らしいので
教えてください!

Aベストアンサー

取締役とは、株式会社の機関ですから、個人事業主は、取締役ではありません。ただの社長です。

Q個人事業について。個人事業をするにあたり、角印は必要な事は分かりますが、丸印も作ったほうがよいでし

個人事業について。
個人事業をするにあたり、角印は必要な事は分かりますが、丸印も作ったほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

必要に応じてお好きなように…と言うのが正直なところです。

先の回答と重複しますが…

角印は見積書や請求書など会社発行である印として押印します。
実印は公の書類など特別な時にしか使いません。個人事業主であれば使うことはあまりありません。
銀行印はその名の通りで、口座を作るときの届け出印です。
認印は仕事関係で押印の必要があるときに必要

角印だけは見た目から違いますが、無くても問題はありません。
また、実印・銀行印・認印は丸印ですからひとつのものを併用する事は可能です。

ただ、どんな書類にも実印や銀行印を使うのは不安要素があるのでお勧めは出来ませんね。


個人名であっても良いと思いますが、銀行印(実印)と認印の2種類があると良いと思います。

Q事業計画

新しく事業を始めようと思うのですが、銀行で融資を受けるための事業計画書など

国の補助金などの手続きや書類の作成などをしてもらえるような(ファイナンシャルプランナー?)

てきな行政書士?見たいなのはないのでしょうか?あるならどのような項目で検索したら

よいのでしょうか、教えてください。

自分にかわかっててつずきなどを行ってもらえるような

Aベストアンサー

1)司法書士で企業設立やベンチャー好きの人が結構いますので、
  行政書士よりは司法書士事務所の方が良いと思います。
  ”ベンチャー 司法書士 場所”位の検索で沢山出てきます。
2)いわゆるコンサルタントという人達が沢山います。
  ”ベンチャー コンサル 金融”
  ”ベンチャー 補助金代行”位の検索で結構出ます。

経験則ですが、起業した時にこの様な人たちを何社か入れて
それなりに経費も払ってましたが、成果はイマイチでした。
もちろん頼んだ先の腕が悪かったのかも知れませんが、
結局、社員では無いので他人事みたいになってしまいます。

自分(社長)の人物評価、事業内容で決まる場合がほとんどで
事業計画書の善し悪しは大きなウェートを占めてはいないと思います。
余裕が有れば管理部長的なスタッフを雇われる方が良いと思います。

外注を入れても色々と紹介はしてくれるでしょうが、
決め手には成らないと言うことです。

参考になれば幸いです。

Q事業計画書

起業する前の状態でベンチャーキャピタルから出資してもらうため事業計画書を作っているのですが、起業前の状態で計画書に記載する項目で「会計処理の基準」や「主たる取引先」、「予測資金繰表」、「損益計画」は必要ですか?

Aベストアンサー

新規創業の企業が失敗する原因はいくつかありますが、中小企業白書などの調査では

製品の買い手が見つからなかった
現金が足りなくなった
思ったほどの利益が出せなかった

の3つは常にワースト5に入っています。
「主たる取引先」、「予測資金繰表」、「損益計画」の3つがないということは、いつ失敗してもおかしくない新規創業だということになります。

ベンチャーキャピタルの審査基準はそれぞれのキャピタルごとに異なりますが、上記の3つに関しては、たとえ基準として挙げられていなかったとしても、これがない場合は審査に通りにくくなります。場合によっては上記3点は作ってあるのが常識であってこれを提出できない起業家は、起業する能力がないとみなされる可能性もあります。

起業するにあたっては当然必要なものです。提出してくれといわれたときにその場でかばんから出して、「これです」と見せることができないようであるなら、その新規創業は失敗すると考えた方が良いでしょう。

Q事業計画書について

銀行から融資をうける際、事業計画書を提出すると思うのですが、
決まった書式や、記載しなければならない事などアドバイス
いただけたらと思います。

また、株式会社設立の手順を簡単に教えていただけるとありがたい
です。本などで勉強をしているのですが見慣れない専門用語が多く
苦戦しているもので。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人事業者です。

どのような事業を計画しているかは分りませんが
そもそも事業開始に当たり銀行からの融資を前提として考えるのはリスクがあると思います。

銀行からの融資がなくても成り立つ事業計画を立ててみてはどうでしょうか。
銀行からの融資を前提とした事業はは二番手ではないでしょうか。

お役に立てれば幸いです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報