教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

長男が中三で高校受験です。
真面目でマイペースですが、2年生からとにかくずっと成績が上がりません。
息子二人が小さい時から子供の興味はもちろん、学校の勉強、家庭学習など、私は熱心な方でした。

長男は小学校までは普通よりは上の成績でしたが、中学校からはずっと真ん中で、塾に入っても、私が手とり足とり教えても、とにかく成績が上がらず、塾の先生も「教え方が悪いのかなぁ」と頭を抱えています。
2年生の夏に本人が志望校を決めました。そしてこれからどんどん成績上げていこう!ということを前提に、頑張っていたのに、ま~ったく成績は上がらず、何も進歩しませんでした。ですので、当然志望校には全く及ばず、ほんの少しも上がらなかったので、第2志望にも及ばす・・・。

不思議で仕方がありません・・・・・。
次男は正反対で、ちっとも勉強しなくても、塾でも上位にいつも入っています・・・・。

そのような経験のある方がいらっしゃいましたら、参考に経験談など聞かせてください。
ご本人の場合、お子さんの場合、ともにお聞きしたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

gooドクター

A 回答 (5件)

成績が上がらないとしかお書きになっていませんが、「塾に入っても、私が手とり足とり教えても」教えられたことを理解できない、ということでしょうか? だとしたら私がそうでした。



家庭教師をつけてもらったり、塾に行ったり、予備校に行ったりしましたが、先生の言うことはまったく理解できませんでした。親の言うことに至っては「#%#)R#)#)#HSWEO」にしか聞こえませんでした。例えば数式を解いていて、塾の先生に「うん、そこまでできたね。ということは、ここがこうでしょ」と言われれば解けますが、定期テストで一人で解こうと思うとできません。予備校で歴史の人気講師が、黒板にいろいろなことを書きながら講義をしても、ずっと「つまり、何が言いたいんだろう。この勉強は私にとってどう役に立つんだろう」みたいなことばかり考えてしまって、ノートすらとることができませんでしたし、ノートをとっても自分で何を書いているのか理解できませんでした。重要事項だけをコンパクトにまとめた年表をお風呂に何ヶ月も貼っていましたが、1つも覚えられませんでした。自信がなかったし、それでいて良いカッコしいだったので、質問することすらできませんでした。先生にも友達にも。「わかった?」と言われれば、「いいえ」と言う勇気がないので、とりあえず「はい」と。全然わかっていませんでした。何かを言ったり書いたりするにしても、模範解答を求められているような気がどっかでしていて、自分の突飛な感性は封印し、わざと文部省推奨型のダサい答えを用意したものです。

ご長男ということですし、繊細なのかもしれません。自意識が邪魔をして何も手につかないのか、頭に入らないのかもしれません。ご次男はその点、良い意味で要領がいいのでしょう。私の場合は結局、大好きな小論文を活かして、いくつかの大学に合格しました。小論文の勉強は夢中でしましたね。止まりませんでした。高校最後の論述筆記テストでは、もう失うものはないとばかりに、やけくそになって、世の中について何年も前から日頃思っていたことをたくさん書いたら、それまでいつも30点代だったその科目で90点代をもらいました。「なんだ、そういうことを問うていた学問だったのか」と目からうろこが落ちましたね。おばさんになった今は、自信もつき「わかりません」と言えるようになり、歴史や、そして少しは数学も、理解できるようになりました。

ちなみに、私の場合、親の構いすぎということは、まずなかったと記憶しています。ただ、「成績、成績」とがみがみ言われた記憶もなかったのは幸運だったと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

!!!
私の方こそ、まさしく「目からうろこ」です!!
「自分の突飛な感性は封印し」←すごいですね。びっくりしました。
そうそう、そうなのです。長男は普段もなんだか突飛な行動をします。????な発言とか好みとか、行動をします。
で、本当に本当に人の話を聞いていません。私の話だけでなく、とにかくいつも頭の中がぼんやり?しているような感じなのです。常に「心ここにあらず」といった状態です。
でも、いつもニコニコして、やさしくて素直そうに見えるので、よその人からはとても評判がいいのですが・・・。内実はすんごい強情なんですが・・・(T_T)
つまり、他人のこととか全然耳にも目にも入らないようで、流されないんですよね・・・。まぁ、それはいいことはいいんですが、時と場合によりけりということもありますしね・・・。

「ご長男ということですし、繊細なのかもしれません。自意識が邪魔をして何も手につかないのか、頭に入らないのかもしれません。」そうかぁ・・・、そんな発想が私にはできませんでした!

そうですね、好きなことは同じように夢中になってやりますね。
ピアノが好きで、それは夢中にやりますし、推理小説が好きで読みまくって、ドラマや映画も見まくっています。将来は推理小説家か、松本清張や横溝正史の研究家になりたいとか言っています。

「もう失うものはないとばかりに、やけくそになって、世の中について何年も前から日頃思っていたことをたくさん書いたら」そうかぁ、機が熟すっていうことなのでしょうかね~。

私の場合、構い過ぎ、ということはないと思います。
仕事をしていて忙しいですし、自分のことは自分でやる!をモットーにしているのですが、全然身につかないので、それも不思議なのです(>_<)
勉強に関しては、今まで私が教えられること、アドバイスできることは精一杯していましたが・・・・。

いやぁ、ホントに素晴らしい回答をいただき、ありがとうございました。
そうかぁ、そういうことってあるんですねぇ、と「目からうろこ」でした!!
ありがとうございました(*^_^*)

お礼日時:2009/11/09 21:53

 貴方の次男にはあって長男にないもの。


記憶力や暗記力です。
 この二つは成績が上がる条件では?
 まぁ、言っても分からんのも分かるから説明しよう。
(Aさんの事例)
 真面目に深夜12時まで勉強している。だけど、勉強方法が分からないから無駄に終わってしまう。あと、参考書を読んでもちっとも分からない。いくら考えても、理解できない。
(Bさんの事例)
 勉強は嫌いだ。だけど、スムーズに参考書が読める。だから、問題を解かなくても、参考書を一読や二読しただけで分かる。だから、勉強は30分でも基礎的公式や読解力があるから、足元を救われない。
(Cさんの事例)
 参考書は読解力のあるため要点をしっかり読み公式が覚えられる。さらに、重要な単語や言葉や要点を大学ノートにメモを取り、自分の言葉で書いて覚える。さらに、問題集をしっかり勉強し、応用問題が解けるようになった。

 その中で一番理想的な学生は誰ですか。私なら迷わずCさんですね。大学では少しの話をするだけで理解でき、主体的に調べたり勉強してくれる学生がいいですね。だから、質問も要点を掴んで聞いてくるから答えやすい。

 一番悪いといえばBさんです。現状では上手くいかれてますが、上の学年や進学してから全く分からなくなりますよ。だから、消耗しているだけです。後々大変な事になるでしょう。

 Aさんは勉強方法を知らないだけです。だから、教え次第で伸びる子だと思います。

(概論 私の勉強方法について)
●教科書は汚せ
 綺麗な教科書は勉強していない証拠です。まず、重要なページは付箋(糊しろのついた紙)を貼り、すぐに引けるようにします。
 それは、いざという時に簡単に引けるからです。いわゆる検索のため。
 さらに、テキスト(教科書)で重要な語句や文節は赤ボールペン等でアンダーラインを付ける。だって、一目して暗記できるじゃない。
 最後の方法。破く。安い本なら同じ本を2つ同時購入せよ。1冊は分解して重要なページだけ切り取って使う。2冊目は普通に参考書として使う。切り取ったページはA4便箋やクリアファイルに入れて無くさないように保存しながら使う。

●ノートの使い方
 ノートは左半分のみを使う。参考書のメモはページ数が分かるように書く。例えば次のように書く。
ページ数 内容
1    人間の染色体は46本
 というように書けばいい。
 さらに、文章を多く写す時は、代わりに参考書をコピーしそのコピーを切り抜いて付ける。
 また、自分でボールペンの色の使い分けで、文章の単語の必要度ごとに分けて使う。
 左のノートの基本は、聞いたことや板書や教科書をそのまま写すのに使う。
 右は自分の意見や感想を書く。また、左のノートの内容の分からない個所を自分で調べ、分かった部分を書く。また、暗記のために同じ用語を何度も書く。そんな使い方。

●塾の講師は使いよう
 学校の先生はクラスの学生のレベルを中立にするため、ある一定以上の簡単あるいは難関な事は教えない。ただ、ほぼ標準の学生のためにする。
 だけど、塾では進学塾など進学実績を残るために必死に教えてくれる。
 分からない個所は塾の先生になるべく質問し分かるまで教えてもらうようにすること。
 人は使うためにある。それだけは覚えるべきだ。

最後に参考書案内
くもんの中学英文法―中学1~3年 基礎から受験まで くもん出版(http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8F%E3%82%82%E3%82 …
英単語VALUE1000 (データ分析) 数研出版(http://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E5%8D%98%E8%AA …

 他の教科は小学校から復習していったらいいのでは?または、中学校1年から教科書を読みなおす。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり申し訳ありません!!
とても詳しい説明をありがとうございました。
非常によい参考になりました!!!

子育てって大変ですよね・・・(T_T)

お礼日時:2009/12/08 23:41

#2欄にいただいたお礼を拝見しました。

おお、昔の自分を見るようで懐かしい(笑)。

たぶん、年齢的に言ってご長男は、ご自分の突飛さが誇りでもあると同時に、「自分っておかしいんじゃないだろうか」的な自信のなさというか、世間における居心地の悪さみたいなのを感じているのではないかと思います。今後、共通の趣味や価値観などを通じて、似たような人に出会えば、それは解消されていくでしょう。また、大人になるにつれて、突飛な彼を寛大に理解する人も同年代に増えていくはずです。

私はといえば、中学の担任に個人面接で「授業、聞いてないだろ。帰ったらどのレコード聞こうかなとか、そんなこと考えてるんだろ」と言われ、信頼していた先生だっただけに、かなりムッときた記憶がありますが、そう思われて当然だったでしょう。実際には、必死で聞いていました。ただ、聞こうとしても頭に入らなかったのです。というのは、授業中の先生のささいな言葉にいちいち触発されて、「世の中とは、社会とはいったい?」と果てしない思想や想像の世界に飛躍してしまい、知識や記憶の世界から取り残されていたのです。読書もそうで、1行読むたびに、想像はとめどなく広がり、小説ならそれをベースに頭の中で映画が出来上がり、文字を読み進むことができずにいました。

高校時代、やたらと勘の鋭い同級生がいて、そんな私を見ては「だま~って、ぼ~っとしてるように見えるけど、本当は頭の中でコンピュータ(パソコンのない時代だったので大型の)がカシャカシャ回ってるでしょ」と言ったものです。当時は、そんな高尚なもんじゃないと思っていましたが、今考えれば、無意識のうちに、そうしていたのかもしれません。事実、昔のことはかなり細かく記憶していて、心が安定してから、そのすべてがつながるようになってきました。

ご長男は趣味からいうと、日本文学を専攻するのが向いていそうですよね。今の時代については知りませんが、私が日本文学を専攻していた頃には、けっこう、私みたいな人がちらほらいて、きゃぴきゃぴしていた大学生をよそに、こじんまりと自分たちの居心地いい世界を楽しんでいました。自分の息子がご長男と同世代になった今、彼らとの付き合いが復活しています。

>自分のことは自分でやる!をモットーにしているのですが、全然身につかないので、それも不思議なのです(>_<)

いや、そのマイペースぶりからすると、じゅうぶんすぎるほど身についているでしょう。でも、確かに自分の息子のことだと、なかなかそうは思えませんよね。愚息がいい例です。でも最近、「こいつ、ぎりぎりの人生歩んでるな」ってことに気づいて、じっと見守ってみると、確かにぎりぎりになって奮起していますね。どうせ親の言うことなど聞く耳持ってくれないので、今までそう育ててきてしまったんだなと自分を律し、彼を信じるようにしています。

ただ、自分が息子さんくらいの年齢だった頃を思い返して「どうして、勉強とはこういうものだ、世の中ってこの程度のものだ、って誰も教えてくれなかったんだろう」と感じることがあるんですよね。とはいえ、たぶんみんな、教えようとしてくれていたのに自分に聞き入れる態勢が整っていなかったんだと思うです。でも、私がこのQ&Aサイトで、つい、たくさん多数の質問に回答してしまうのも、そういう思いが少し背景にあるからなのです。私でも誰でもいいから、誰かの言葉がこの人に届けばいいな、という思いが。息子さんも、もう親の言葉が届きにくい年齢になってしまっていると思いますが、きっとどこかで誰かの言葉に助けられていくんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

思い当たる節が、たくさんあります!!
「世間における居心地の悪さみたいなの」←たしかに、趣味が合う友達がいないので物足りなく、気の合わない人とつるむよりも、1人で映画を見に行ったり本屋に行ったりしています。

「果てしない思想や想像の世界に飛躍してしまい」←まさしく、これです!授業中にボ~っとしてるんでしょ?と聞いたら、「うん、全然関係ないこと考えてるんだ。心の内職だよ、エヘヘ」と、自慢気に言っていたことがあり、私は?で、知人の高校教師に相談したことがありました(笑)

「心が安定してから、そのすべてがつながるようになってきました。」←何か、これだ!と思えるものに出会い、手ごたえを感じられたらそのように思えるようになるのでしょうか。

本人は大学受験で挽回して、いい大学の英文科に入って、アガサ・クリスティーやエドガー・アラン・ポーを原書で読んで、横溝正史と松本清張の研究をして、どうのこうの・・・・と言っています(>_<)
第一希望は推理小説家だそうです・・・・。

以前に、私も国文科がいいのでは?とアドバイスしましたが、なんだか英文科にこだわっているようで・・・・、いつものことですが、本人なりの妙なこだわりがあって、誰もそれを理解できないことが多いので、そっとしておいてます(T_T)

いつもそうなんですが、自分が思っていることや考えをきちんと説明できないんですよね。
なので、聞いている私がイライラしてきて、「だから、何を言いたいわけ?」と怒っちゃうのです。

家族でよく話をするので、そんな会話が少しでも刺激になってくれれば、と思いますが、心に響いているのか、常に手ごたえを感じられません。
打っても響かない、といった表現がぴったりといったところでして。

「こいつ、ぎりぎりの人生歩んでるな」←そうなのです!
まさしく、いつもぎりぎり。
どんなに時間がなくても、遅れても、周りがドタバタしていても、彼は彼のペースで生きています。
私は彼を「ナマコ」と呼んでいます(^v^)
ご回答を読んで、すごくうれしくなって、長文になってしまいました。
申し訳ありません。
昨日から成績のことで、私の腹がおさまらず、ほとんど口をきいていません。大人げないと思いつつ。
これは私の修行ですね。

また息子のことで質問することがこれからもあると思いますので、その際には、どうぞよろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/11/10 18:11

人間には、言われたことをそのまま記憶するのが得意な人と、なんだかこういうことだった気がするというストーリー・流れで覚える人がいます。



実は、記憶するだけの人は、どんどん色々なものに接するとともに覚えきれなくなってパンクしてしまいます。一方で、多少曖昧でも、つながりを覚えている人は、たしかこれはこの関連だったよね、というところで記憶をたどれるのです。

勉強机に向かっている人でも、単純に他人が書いたものを写している(教科書や参考書、ノートや黒板など)では、自分の頭の整理にならないので、全く身に付きません。

一方で、流れで覚える人は、授業中に「ああ、この前のあれの関連か」と復習&自習も授業中に済んでしまうので、他人には全くわからないノートを書いていても、本人はしっかり思い出せることがあるのです。

勉強とは、自分で考えて道筋をつけることです。とにかく自分で考えるというクセをつけた人が、最終的には応用力もついて色々と融通がつくぶん、要領よくこなせるのです。

地道にこなすという性格を生かして、自分でひたすら考える、特に間違えたところを自力で考え直す、というスタイルで実直に着実に進まれるのが合っているかと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、「地道」「実直」「着実」ということって大切ですよね・・・。
そうですね・・・。
人に流されることもなく、我が道を行く、というタイプなので、私がキリキリしたところで、何がどうなるわけではないんですよね。

長い目で見ないといけませんね・・・・

お礼日時:2009/11/09 22:11

長男にかまいすぎでは?



私も中学ではそんなに良くなくて志望校にはいはいけませんでしたが
高校で偏差値が10上がり今では関西では有名な大学に通っています。

逆に私の家では妹が全然勉強できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長い目で見なくて・・・と思うのですが、つい・・・イライラしてしまいます。
そうですね、高校での3年間というのもありますものね・・・。
いけない、いけない、と思いつつ、自分を基準にしてしまうことが、よくないですよね(>_<)
私は高校は市内でトップのところに行ったのですが、高校3年間でものすごくダラダラしてしまい、大学受験に失敗したので、息子の受験に関してキリキリし過ぎていたのかもしれません。
反省しきりです・・・・。

人それぞれのペースやタイミングなど、ありますものね・・・。

本当にありがとうございました!!

お礼日時:2009/11/09 21:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング