あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

トヨタbB(NCP31)のECUエンジンコンピュータ交換について教えてください。

2000年式トヨタbB(走行距離なんと18万キロ(^^;))に乗っているのですが、ある日突然ギアが4速に入りにくくなってしまいました。
4速に入らないワケではなく、3速⇒4速のタイミングが以前より遅くなった、引っ張り気味で走る感じです。

ディーラーで見てもらったところ、ECUエンジンコンピュータがおかしいとのことで交換を勧められたのですが、新品だとなんと工賃込みで10万円弱!
走行18万キロのクルマにそこまで払うつもりはなかったので、オークション等で中古品を購入しようと思っています。


そこで質問なのですが、

1.オークション等で中古品を選ぶ際の注意点はなんでしょうか?
 走行距離の少ないクルマから外されたものを選ぶとか、製造年の新しいものがいいとか…?

2.カーナビを取り付ける程度のウデはあるのですが、ECUを自分で交換することはできますか?
 助手席足元上側にECUがあることは確認出来たのですが、普通にバッテリを外して、コネクタを抜いて中古品と交換すれば良いのでしょうか?
 リセット操作等必要な作業はありますか?

3.走行距離の記録はECUに記録されているのですか?


以上3点について教えていただければありがたいです。

18万キロ走っても、いまだに街乗りで15-16km/L走っていた愛車ですので、大切に乗り続けたいなって思ってます。
皆さんからのアドバイスをお待ちしています、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1番さんが仰る通り


「う~~ん、本当にコンピューターかな!!」
とは思います。

さて、

1:必ず『全く同じ車体番号』の車から外した部品をお使い下さい。
  (意味、判りますね?)

2:拝見する限り無理だと思います。

3:距離は入っていませんが車体との整合性を取る為のデータ
(例えばユニットのシリアルナンバー)等が入っています。
    • good
    • 0

う~~ん、本当にコンピューターかな!!


18万キロだったら、ミッションの方が怪しいですけどね!!
もし、コンピューターだったとしても他が悪くなる様な...
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンピューターリセット?

bBの旧型のECUのリセットつうか初期化のやり方教えてください?あと注意点など教えてくれればありがたいです

Aベストアンサー

バッテリーを数分外して、再度繋げれば、
大体のECUはリセットすると思います。

初期化はさすがにディーラーさんに持ち込まないと無理かと。

QトヨタbB故障について

旧型のbBの故障について教えてください。年式はH12年式の1500ccです。距離数は18万キロです。故障はDに入れて走りだすとPやNが画面に点滅して回転数がすごく動いてPに入れるとエンジンが止まってしまいます。走るのは走るけどエンジンがブォンブォンって言います。とりあえず買った所に置いて今調べてもらってます。説明が下手ですいませんが分かる方いらっしゃったら費用と故障場所をだいたいでもいいんで教えてください。

Aベストアンサー

>故障はDに入れて走りだすとPやNが画面に点滅して回転数がすごく動いてPに入れるとエンジンが止まってしまいます。

それは、ATのコンピュータからのエラーサインです。
実際にNやPに変速されているわけではありません。
自己診断機能=セルフダイアグノーシス機能といいます。
点滅回数で何の不具合か読みとることができます。

たぶん。
買ったところで、トヨタのディーラーに入れていると思います
=診断機をつなぐとどこの何の不具合か解ります。

で、走行中にエラーサインが出ると、
たいてい2速か3速に固定されてしまいますので
べつにATやトルコンが滑っているわけではありません。
=コンピュータが変速させないのです。
深刻な変速不良が連続して起きると
変速しきれなくなり、自走不能に陥る可能性が高くなります。
それを防ぐために、ギアを固定して
とりあえず自走可能な状態で走るようにする機能です。
=どのAT車にも付いています。

そう。変速不良は端的に
バルブボディ詰まりによることがほとんどです。
ギアがいかれることは非常に希です。
そのギアに入れるための複雑な油圧経路が行かれています。

で、これを修理するには
AT専門の業者でなければ
ほとんど回復させることは出来ませんし、
AT降ろして完全分解して特殊な方法で洗浄し
故障箇所を修理して直すことも可能ですが

そうなると
リビルド(修理組み直した中古AT)を購入するのと変わらない
=最低20万円以上かかります。

過走行であること、10年前以上の車で車両価値が低いことも踏まえると
質問者さんの感じるとおり、廃車する方が良いと思います。

>故障はDに入れて走りだすとPやNが画面に点滅して回転数がすごく動いてPに入れるとエンジンが止まってしまいます。

それは、ATのコンピュータからのエラーサインです。
実際にNやPに変速されているわけではありません。
自己診断機能=セルフダイアグノーシス機能といいます。
点滅回数で何の不具合か読みとることができます。

たぶん。
買ったところで、トヨタのディーラーに入れていると思います
=診断機をつなぐとどこの何の不具合か解ります。

で、走行中にエラーサインが出ると、
たいてい2速か3速に...続きを読む

QBbに装着できるタイヤ・ホイルを教えてください

同様の質問は色々あるのですが、当方車にまったく素人ですので、教えてください。
私は、旧型Bbを使用しており、スタットレスタイヤをオークションで購入したいのですが、Bbに装着できるタイヤ・ホイルとして出品されている商品の中には、寸法が純正と異なっているものもあり、本当に装着できるのか不安です。タイヤ幅やオフセットなどの寸法が異なっていても装着できるのでしょうか。
当然純正の寸法が一番良いのは理解できるのですが、もし許容範囲があればお教えください。
Bbの純正タイヤ・ホイル寸法は以下のとおりです。
185/65R15 88S
J15×6JJ
オフセット 39
PCD 100
なお、インチアップ等のスタイルには一切こだわっておりません。年に二ヶ月ほど装着するために安価で購入を考えているだけです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

トヨタのbB、2005年12月以前のモデル(型式:NCP3#系)(http://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/bB/index.html#200507)ということでよろしいですね?

「オークションで購入したい」「安価で購入を考えている」とのことですが、中古品でしょうか?それとも新品でしょうか?
といいますのは、オークションでホイールを落札することって、結構大変ですよ。ホイールについての知識が ある程度ありませんと、かなりのリスクがあります。
もし、中古品をお考えの場合、年数が経ってしまったスタッドレスタイヤはそもそも冬タイヤとしての充分な偉力を発揮しませんし、中古でも使えそうな良いものは、この時期新品程度の金額が結局してしまいます。
オークションに記載のサイズ情報なども、ほとんどが素人が記載しているものですので、サイズ情報間違いなどは本当に多いです。これを見抜いて落札するためには、ある程度ホイールのことについて知っている必要があります。
出品者がショップ系でしたら そのようなこともないでしょうが、でしたら町のタイヤショップなどで 新品のアルミホイール付きのセットを購入したほうが安心でお得です。
また、ネット注文するにしても、新品を取り扱っている信頼のある通販を利用したほうがベストでしょう。
例えば、ご予算どの程度でお考えでしょうか? ホイールの通販で最大手のショップと思いますが、例えばフジコーポレーションさん
(http://www.fujicorporation.com/ecb/?direct=tireandwheel)
[TOYOTA]→[bB]→[スタッドレス]→[15インチ]→[検索]
とやってみて下さい。
ヨコハマ アイスガード IG10 185/65R15 とアルミホイールの4本セットで、バランス工賃込みで56600円ですよね。これに送料のみがプラスされます。お住まいの地域によりますが、送料も 高くなく、あとは お車に取り付けるだけの状態で来ます。(現在bB純正アルミホイール付きでしたら、トヨタの場合ナットが別に必要です。)
(↑わずかなプラスでタイヤの銘柄をグレードアップも出来ますね。)
この、フジさんの金額をメモしておき、町のタイヤショップでも見積もりをもらって、お好きなほうで新品を購入されてはいかがでしょうか。
理由(まとめ)
・ 時間が節約できる。
・ 余計なリスクがない。
・ 失敗のないお買い物。
・ 出所の確かな新品商品。
(オークションですと、仮に新品でも、いつの頃製造されたものかも分かりません。)

スタッドレスタイヤは、もし純正ホイールがスチールホイールでしたら、一番良い方法は、純正スチールホイールのほうにスタッドレスタイヤを付けてしまうことです。理由はいくつかありますので、詳しくは、
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2416332.html)の ANo.5
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2444368.html)の ANo.2
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2546151.html)の ANo.1
をご覧下さい。

町のタイヤショップ
・ ブリヂストンのタイヤ館(http://www.taiyakan.co.jp/shop/find/)
・ 先ほどのフジさん(http://www.fujicorporation.com/shop/)

-------------------------------------------------------------------------------------------------
そろそろ本題に入りますね。

>もし許容範囲があればお教えください。

『許容範囲は若干ありますが、詳しくはタイヤ専門ショップにてお聞き下さい。』

と回答して終わりにする回答がベストのようなお車ですね、本当は。
なぜなら、まず、14インチが使える可能性があるのですよね。もし、14インチが使えるのなら、アルミホイール付き新品スタッドレスタイヤ4本セットが非常にお求めやすい金額で購入可能です。この場合、インチダウンはかなり難しい知識(情報)が必要ですので、どの14インチホイールが可能か?などから含め、専門ショップにて調べてもらう必要があります。(専門ショップでしたら、資料がいくつもありますので、「良い専門ショップ」でしたらベストのものを選んで頂けます。)
※14インチをお考えの場合は、必ず専門ショップで確認して下さい。

もう1つの問題は、“適用リム幅”問題です。これも詳しくは専門店にお聞き願いたいのですが、簡単に説明すると、185/55R15 のタイヤは、6.5-15 のホイールにまでしか使えません。ホイールが 7-15 になりますと、タイヤは 195/60R15 のほうを選ぶ必要がでてきます。
15インチのホイールって、7-15 も多いですので注意が必要です。(NCP3#系bBに、7-15 & 195/60R15 は問題なく使えます。)

エンケイマッチングデータブックを見ますと、フェンダークリアランスがなぜかこの車の場合 多めにとってあるのですよね。
普通は、フェンダークリアランスは、1mm とか 0mm とかも普通に出てくるマッチングデータブックで、NCP3#系bB の場合、フェンダークリアランスは、16インチや17インチで最も出してもクリアランスは 11mm 余裕を持たせていますね。
例えば、6.5-15 のオフセットを +5~+45 の範囲で自由に指定できる[Racing J-Speed III]というホイールでも、オフセットは+35 に引っ込めてありますね。
これは、「フェンダーにタイヤが擦る可能性があるから、ツライチにはできない。」ということだと思います。
巷では、NCP3#系bB は、ツライチで決めている車もありますね。これは、きっとフェンダーに擦っているか、擦らない加工をしてあるか。そういう必要や可能性が高い車両のような雰囲気です。

何を私が言いたいかといいますと、NCP3#系bB には、“許容範囲”には二種類の意味があって、「フェンダーに擦らない、安全に使える許容範囲」と、「フェンダーにあたるかも知れないが、ツライチで決める許容範囲」の、2つが存在すると思います。
当然、ご質問者様は、「フェンダーに擦らない、安全に使える許容範囲」のほうの許容範囲が、お知りになりたい訳ですよね。


私が今ここで言えることは、「エンケイのマッチングデータブックのサイズまでが可能ではないでしょうか?」ということですね。
エンケイの情報を記載しておきます。

6.5-15 オフセット+35
185/65R15 (直径 621mm リム幅6.5インチ時のタイヤ幅外寸 199mm)
フェンダークリアランス
フロント -23mm(23mm引っ込んでいる) リア -36mm(36mm引っ込んでいる)

7-15 オフセット+35
195/60R15 (直径 615mm リム幅7インチ時のタイヤ幅外寸 211mm)
フェンダークリアランス
フロント -17mm(17mm引っ込んでいる) リア -30mm(30mm引っ込んでいる)

上記は、エンケイのRacing J-Speed III というホイールで、6.5-15 ホイールならオフセット+5~+45の範囲で、7-15 のホイールならオフセット+12~+45の範囲で、1mm 単位で自由にオフセットが設定できるホイールです。このホイールでNCP3#系bB はオフセット+35で設定されていますので、これ以上の、“参考になるオフセット値”も他にないでしょう。

純正は 6-15 オフセット+39 ですので、もし、ホイールを 6-15 (タイヤは 185/65R15)でしたら、オフセットは+39~+27 が可能。という計算ができます。
6-15 オフセット+27
185/65R15 (直径 621mm リム幅6インチ時のタイヤ幅外寸 194mm)
フェンダークリアランス
フロント -17.5mm(17.5mm引っ込んでいる) リア -30.5mm(30.5mm引っ込んでいる) (当方の計算)



先ほど、エンケイのマッチングデータの中で、NCP3#系bB のフェンダークリアランスが 11mmまであるという話をしましたね。これを一つの基準にして、さらに計算をしてみましょうか。
そうしますと、

ホイール : 5-15
タイヤ : 185/65R15
オフセットの範囲は、+34~+16

ホイール : 5.5-15
タイヤ : 185/65R15
オフセットの範囲は、+36~+18


ホイール : 6-15
タイヤ : 185/65R15
オフセットの範囲は、+39~+21

ホイール : 6.5-15
タイヤ : 185/65R15
オフセットの範囲は、+41~+23

ホイール : 7-15
タイヤ : 195/60R15
オフセットの範囲は、+35~+29

という結果です。

上記の範囲にオフセットが収まっていれば、問題はないです。


NCP3#系bB 純正データ
ホイール : 6-15 オフセット+39
H-P.C.D.=4穴-100
センターボア径(ハブ径)=54.0mm
ナット : M12 P1.5 工具二面幅:21mm
ナット座面  スチールホイール=60゜テーパー座  純正bBアルミホイール=平面座 (社外アルミホイールは通常は全て60゜テーパー座です)
(http://www.rakuten.co.jp/goodsdam/549374/#NUT)

-------------------------------------------------------------------------------------------------
参考資料(当方の計算です)

5-15 オフセット+34
185/65R15 (直径 621mm リム幅5インチ時のタイヤ幅外寸 184mm)
フェンダークリアランス
フロント -29.5mm(29.5mm引っ込んでいる) リア -42.5mm(42.5mm引っ込んでいる)

5-15 オフセット+16
185/65R15 (直径 621mm リム幅5インチ時のタイヤ幅外寸 184mm)
フェンダークリアランス
フロント -11.5mm(11.5mm引っ込んでいる) リア -24.5mm(24.5mm引っ込んでいる)

5.5-15 オフセット+36
185/65R15 (直径 621mm リム幅5.5インチ時のタイヤ幅外寸 189mm)
フェンダークリアランス
フロント -29mm(29mm引っ込んでいる) リア -42mm(42mm引っ込んでいる)

5.5-15 オフセット+18
185/65R15 (直径 621mm リム幅5.5インチ時のタイヤ幅外寸 189mm)
フェンダークリアランス
フロント -11mm(11mm引っ込んでいる) リア -24mm(24mm引っ込んでいる)

6-15 オフセット+39
185/65R15 (直径 621mm リム幅6インチ時のタイヤ幅外寸 194mm)
フェンダークリアランス
フロント -29.5mm(29.5mm引っ込んでいる) リア -42.5mm(42.5mm引っ込んでいる)

6-15 オフセット+21
185/65R15 (直径 621mm リム幅6インチ時のタイヤ幅外寸 194mm)
フェンダークリアランス
フロント -11.5mm(11.5mm引っ込んでいる) リア -24.5mm(24.5mm引っ込んでいる)

6.5-15 オフセット+41
185/65R15 (直径 621mm リム幅6.5インチ時のタイヤ幅外寸 199mm)
フェンダークリアランス
フロント -29mm(29mm引っ込んでいる) リア -42mm(42mm引っ込んでいる)

6.5-15 オフセット+23
185/65R15 (直径 621mm リム幅6.5インチ時のタイヤ幅外寸 199mm)
フェンダークリアランス
フロント -11mm(11mm引っ込んでいる) リア -24mm(24mm引っ込んでいる)

7-15 オフセット+35
195/60R15 (直径 615mm リム幅7インチ時のタイヤ幅外寸 211mm)
フェンダークリアランス
フロント -17mm(17mm引っ込んでいる) リア -30mm(30mm引っ込んでいる)

7-15 オフセット+29
195/60R15 (直径 615mm リム幅7インチ時のタイヤ幅外寸 211mm)
フェンダークリアランス
フロント -11mm(11mm引っ込んでいる) リア -24mm(24mm引っ込んでいる)



参考までに、ご覧下さい。

・ 「ホイール、オークションの、厄介なリスク。」
 (http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2430431.html)の ANo.3

・ その他、ホイールについて全般。(基礎的なこと)
 (http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2399021.html)の ANo.3



ホイールを入手される場合、次の点を確認する必要があります。
・リム径(15インチなど)とリム幅(6インチなど)。
・H-P.C.D.
・オフセット
・センターボア径
・ナット座面タイプ
特に、他車の純正ホイールの場合、
・キャリパーの逃げの有無
を確認することも、とても重要です。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2580638.html)(←他車純正ホイール流用の難しさの例)



>タイヤ幅やオフセットなどの寸法が異なっていても装着できるのでしょうか。

必ずそろえる必要があるのは、タイヤサイズの 『直径』 です。
詳しくは(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2613727.html)の ANo.2 と ANo.4 をご覧下さい。

タイヤ幅に関しては、お車によっては、純正サイズのままですとタイヤチェーンを巻くと車体パーツとの干渉が心配される場合などは細くしたりしますが、特に理由がない限り、純正よりも細くすることはしません。(夏タイヤが無駄に太い車両などは、普通の幅に戻したりしますが。)

185/65R15 の直径は 621mm です。



スタッドレスタイヤについて
(http://www.taiyakan.co.jp/service/studlessmaintenance/)
(http://www.blizzak.jp/snowdrive/check.html)
(http://www.blizzak.jp/snowdrive/reason.html)

当方の回答文中の、エンケイとは、(http://www.enkei.co.jp/home.html)のことです。

トヨタのbB、2005年12月以前のモデル(型式:NCP3#系)(http://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/bB/index.html#200507)ということでよろしいですね?

「オークションで購入したい」「安価で購入を考えている」とのことですが、中古品でしょうか?それとも新品でしょうか?
といいますのは、オークションでホイールを落札することって、結構大変ですよ。ホイールについての知識が ある程度ありませんと、かなりのリスクがあります。
もし、中古品をお考えの場合、年数が経ってしまったスタッドレスタイヤは...続きを読む

Q旧型bBのリアのスピーカーは交換出来ないの?カー用品店でスピーカーのカ

旧型bBのリアのスピーカーは交換出来ないの?カー用品店でスピーカーのカタログをみるとフロントとダッシュボードのちっちゃいやつしかのってないんですけど分かる人教えてください?

Aベストアンサー

ステルススピーカーというのが、カロッツェリアから出ています。

年式から見ても、装着可能ですので検討されてみてはどうでしょうか?

参考URL:http://pioneer.jp/carrozzeria/products/ts_sth1000/

QVSCランプとエンジンチェックランプ同時点灯

いつもお世話になっております。

平成13年式イプサム240S(TA-ACM26W)に乗っております。
昨年末(12/29)にエンジンかけたところ「VSCランプ」と「エンジンチェックランプ」が同時点灯しました。

年末年始がディーラーも休みのため、本日ディーラーに行き調べてもらいました。
「エンジンチェックランプ」については「O2センサー」のようでしたが、
「VSCランプ」についてはディーラーでもわからず。
作業の様子をみていたことろ、「Gセンサー未補正」というようなエラーを検出しているようですが、ディーラーの方も対象方法が不明な様子。
※Gセンサーの修理をしたことがないとのこと。

私的にはエンジンチェックランプとVSCランプが同時点灯したので
O2センサーを修理すれば治るのでは?素人考えしております。

走行距離140,000キロになりますが、愛着のある車でしてまだまだ乗りたいと考えております。
どなたか同じような現象にあわれた方はおいでしょうか?
また原因と対象方法(どういう修理をしたか)などご存知の方がおられましたら情報を教えて下さい。

Aベストアンサー

別メーカ車ですが、エンジンの警告灯とVSCと類似機能OFFの警告灯が同時に付いたことがあります。原因はイグニッションコイル異常で、点火ミスのためにエンジンの異常振動が起き、加速度等のセンサーも信頼できないためにVSC(と類似の機能)をOFFにした、との警告でした。
O2センサーでエンジンに振動等が起きるなら、治る可能性はあると思いますよ。

Qダッシュボードの取り外し方

旧bB前期に乗ってます。 ダッシュボードを取り外したいので外し方を教えてください!

Aベストアンサー

こんばんは~♪

 うかつに「ここのネジを外したらどうなるんだろう~?」ってやっちゃうと、もろーい爪を追ってしまいます~。

 ディーラーに行って(別に付き合いが有ろうが無かろうが、関係無いです)分解図のコピーを貰いましょう。

 私のクルマも、「この爪が折れやすいので注意」とか書いてあります。


 たぶん無料です。

・・・・・・臆せずディーラーへ行ってから取り掛かるべし!!・・・・


 下手にこじってしまうと、再起不能(下取り価格激減)です。

 とにかく「この部分を外したいので、分解図を下さい}・・と言ってみてください。

    めちゃくちゃな外し方をした「中古車」は、見れば「もろ見え」で、
      ・・「こんな物売るな!!!!!」って、話になります。


   ディーラーは、決して「敷居の高い」所ではないですよ ・~^^~・

 

Qアクセルを踏んでの発進・加速時に、もたつく感じがします

信号待ちとかでいったん停止して、発進させようとアクセルを踏むのですが、踏んだ時スムーズに加速せず、アクセル踏んで少しの間加速感が重い感じがして、変速ショックがある、という感じです。
どこか悪いんでしょうか?ディーラーで購入した車でないので、どこへ修理等の相談をしたらいいかわかりません。原因がいまいち素人の感覚では判りかねるところです。私が思うに、ATF交換したほうがいいのかな?と思ったのですが、今年の4月の車検の際にまだ交換しなくてよいと判断されています。
ちなみに、車検は民間整備工場(某車検専門チェーン店)で行いました。
どなたか原因等わかる方いましたら教えていただきたいと思います。
車は、ホンダ オデッセイ RA1です。

Aベストアンサー

可能性としては、
1.やっぱりATFの劣化

2.トルコン自体の故障

3.点火プラグの劣化

4.FIの詰まり、ホースの劣化

5.マフラーやエアクリの交換による、設定変更ミス

とくに1は走行距離で判断されたと思うのですが、絶対と言うことはないので、ディーラーなど複数の整備工場でみてもらってはどうでしょうか?

あとの2~5はもしかしたらという程度です。プラグであれば自分でもできますし、簡単にチェックしてもらえますので、試しにみてもらってはどうでしょうか?

Qブッシュ交換について

以前、車の雑誌で「ブッシュを交換すると走りが改善される」とあり、費用も小額だったと
記憶しているので交換しようと思うのですが、具体的にはブッシュとはどの部分の部品なのでしょうか?
某車用品店の店員さんのお話では、「バネとアッパーマウントの間のゴム」との事だったのですが
ほかにもありますでしょうか?
費用にもよりますが、できることならまとめて交換したいので。

Aベストアンサー

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こりませんが(^^; )、そこそこ走れてしまい、正直、一般のドライバーであればあまり気にならないことが多いです。
ですが、それ故、それらを交換すると、ゴム本来の弾力が戻り、しっかりさや、しなやかさの改善を実感できることが多いといわれます。
スポーツタイプの車種では特に顕著にそれが感じられ、足回りのチューニングでは、サスペンション調整とほぼ同時位にやるべき重要メニューとされているのが一般的です。

種類としては、メーカー純正品、強化タイプ、ウレタン、そして、ゴムではなくなって、金属ジョイントのピロボールとよばれるものがあります。
純正品以外は、使用目的やドライバーの腕に依存することが多く、逆に振動が大きくなったり、動きがピーキーなったり、寿命が短かったりすることがあり、基本的に一般ドライバーは純正品の新品で十分でしょう。

また、交換の費用内訳ですが、上記種類により、一応価格差は存在するものの、ブッシュそれ自体はそれほどでもありません。それよりも、labrakunさんがどの程度を高額と考えられているかはわかりませんが、このチューンは一般的に工賃が高い(もしくは、高いと感じられてしまう)ので有名ですw

油圧式の機材などを使用して、固いブッシュを、ひとつひとつアームより、抜いては入れ、抜いては入れを繰り返す為、どうしてもそうなってしまうようです。
車種や、交換箇所数、ショップにもよりますが、いわゆるブッシュ全交換メニューは、工賃のみで、安くても3万はまず下らないことが多いと思います。
また、これも車種で異なる可能性がありますが、一部のアームはブッシュを抜く際、アーム自体が痛んでしまうために、再利用できないものもあります。

そう言ったわけで、これらの費用を入れての総額は、結構な値になってしまう割に、なにかパーツをつけたぞ、というような目に見える分かりやすい変化がないため、ショップの方も、なかなかお客さんに勧めにくいそうです(^^;)

とはいえ、効果ははっきりいってお墨付きですし、スポーツ走行を前提としている方は、まず殆ど行っている、いわば、本質を考えた玄人的なチューンメニューです。
予算の都合がつきそうでしたら、ぜひ試してみてください。足回りのシャキッと感は結構嬉しいものですよ。(*^-^)

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こり...続きを読む

Q中古で買った車の事故歴、メーター改竄を調べたい。どこに出せばいいですか?

中古でスカイライン(R34)を買いました。無事故で17,000kmとの極上車で、高値で買いました。

しかし、直進性に問題があり、なんでもないところでハンドルをもっていかれます。
そこで、タイヤ館にアライメント調整に出したのですが、
担当者が試乗した結果、通常の車ではないとのことでした。
ノーマルですが、改造歴が多数あり(純正戻しですね)、
ぶつけているか、相当無理な運転をした車だとのことです。
無茶な運転をしても、走行17,000km程度で走行状態がおかしくなるとは考えにくいので、メーター改竄も疑われます。

このような事故歴、メーター改竄は、どこで調べてくれるのでしょうか。

事故歴は中古車買取センターなどに持っていってもいいのですが、できれば公の機関を教えて下さい。
また、メーター戻しは、どこで調べれてもらえるのか、まったくわかりません。

尚、メーターはデジタルメーターです。

Aベストアンサー

車の査定に関しては日本自動車査定協会なるものの支部が各都道府県にあります。そこで頼めば有料で査定をし、レポートも出してもらえます。と同時にメーターの検索もできます。

もしくは下記で相談されればどうですか?
不正車撲滅の運動をされてます。

参考URL:http://motor.geocities.jp/for_good_car_life

Qジャッキアップの位置について。

車載のジャッキアップポイントは取り説で分かるのですが、フロアジャッキを使って持ち上げるときはどこに当てればいいのでしょうか?やっぱりフレームというか骨の部分にあてればいいんでしょうか?
車載のポイントでは曲がったり、片側のみでしか上げれないのでフロアジャッキで前車輪の両方または後車輪両方をあげたいと思っています。
またウマもフレーム部にあてればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

フロントエンジンの場合は、エンジンの下にクロスメンバーという部材が縦に走っています。
左右に滑らず、前後にも動かない場所を探してジャッキを当ててください。
斜めの場所に当てると、上げている最中に滑って傷を付けたり、車を壊してしまったりすることがあります。
少しずつ観察しながら上げていきましょう。

奥の方に当てる場所があって、ジャッキのバーが振れないときは、雑誌やこんなもの、
http://store.yahoo.co.jp/astroproducts/0010459220.html
を、使って、隙間を作ると上げやすくなります。

リアの場合は、デフか、FF車の場合だとビームが走っているので中央付近にそれらしいところがあると思いますから、そこに当ててください。

フロントを上げすぎたり、リアを先に上げてしまったりすると、ジャッキのはいる隙間が無くなってしまうこともあります。
この場合は、リジッドラック(ウマ)を使いながら、少しずつ上げてゆきます。

リジッドラックを当てる場所は、正規ジャッキポイントで大丈夫です。
場合によっては、丈夫なところに置く場合もありますが、一時的なものです。
フレームも丈夫なようで、ジャッキの皿やリジッドラックの皿が強く当たれば凹むこともあります。

注意
リジッドラックを当てる場合は、車体の下に絶対入らないこと。
万が一、崩れて自分の方に倒れてきても、逃げられる体勢で当ててください。
フロアジャッキで揚げる場合は、車輪(上げない方)を軸とした円弧運動となります。(わずかですが)
降ろしてリジッドに掛けるときにずれることもありますから、一気に降ろさないこと。
また、一気に降ろすとジャッキポイントがリジッドラックで潰れることもありますので、くれぐれも注意してください。

フロントエンジンの場合は、エンジンの下にクロスメンバーという部材が縦に走っています。
左右に滑らず、前後にも動かない場所を探してジャッキを当ててください。
斜めの場所に当てると、上げている最中に滑って傷を付けたり、車を壊してしまったりすることがあります。
少しずつ観察しながら上げていきましょう。

奥の方に当てる場所があって、ジャッキのバーが振れないときは、雑誌やこんなもの、
http://store.yahoo.co.jp/astroproducts/0010459220.html
を、使って、隙間を作ると上げやすくなりま...続きを読む


人気Q&Aランキング