証言を証拠採用しない「免責」と書いているものを見ても、何の事だかさっぱりわかりません。誰か分かりやすく説明して下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

艦長としては全部本当のことを証言してしまうと、自分に対する罰則を決める裁判(のようなもの)の時にその証言が採用され、自分に不利になってしまいます。


なので「原因究明のためならしゃべるけど、その証言を自分を罰するときの証拠に採用しないで欲しい。ダメなら証言はしない」という取引をもちかけました。
調べる方としては、艦長の証言がなければ原因の追及ができない時には、「証言してくれれば罰則はなし(=これが免責)」と約束し、証言を引き出す場合も考えられます。

今回は会議の開催側の方が
 ・艦長の証言がなくても原因究明はできる。
 ・ここでの証言が無くても艦長を罪に問える
のどちらか(または両方)の判断をしたため、免責は認められず艦長は証言をしないという状況になりました。

米国では通常の裁判でも同様の制度(司法取引)があり、例えば「共犯のことをしゃべれば罪を軽くする」などという例が割と多くあります。
    • good
    • 0

日本の法律では「過失責任」に対して罰則規定を設けています。

 その為、警察でも、マスコミやTVニュース等でも「パイロットの操縦ミス」とか、「運転手の前方不注意」とか安易に結論を出そうとしていますし、事故後数時間くらいから「事故原因は何だったか?」、「誰が原因か」と言う事が話題になります。

一昔前の単純事故であればそれで良かった事と思いますが、最近の複合原因事故の場合、数々の要因が重ね合わさって事故が発生した場合等、「それらの原因の一つでも回避できればこの事故は起きなかった。」と言う事も考えられる訳です。 その場合、その件に関わった全ての人に過失責任があり、かつそれだけでは事故が起こらないのであればそれぞれ一人ひとりには過失責任は無いと言う事もできます。

関係した人の過失責任を問うよりも「次に同じ様な事故を起こさない為には何を改善すれば良いのか。」、「何が要因で、それに伴って誘発されたミスは何なのか。」、「どうすればミスが誘発されなくなるのか。」、あるいは「どうすれば事故を最小限に抑えられるのか。」を考える事が重要なのではないでしょうか?

これら原因究明の為には関係者には本当の事を述べてもらわなければ事故時の状況把握も何も出来ません。
免責とは「正直に証言するかわりに、個人の過失責任を問わない。」、「貴方を罰しないから本当の事を言って。」と言う意味です。

この考え方は日本でもどしどし取り入れるべきだと思います。 交通事故があるとすぐ運転手の責任だけを問われ、道路管理責任はどうなっていたのか、廻りに違法駐車している車は無かったのか、どうすれば事故は防げたのか等を調査し、再発防止をする機関が欲しいものです。
    • good
    • 0

皆さんからすでに回答をえてますが、「免責」について一つだけ補足します。



例えば、旅客機がおっこちたとかの事故などでは、例えパイロットの誤操作が直接の原因だったとしても、パイロットを罰するよりも、同じ操作による事故を防ぐ方が、後々、飛行機の安全性の確保と犠牲者を減らすためには非常に有効な事です。また、医師を初めとする医療従事者などでも同じことが言えます。
ですから、そういう高度な安全確保を要求される場所では、刑を免除する代わりに、その事故が起こる過程の全ての出来事を、どんな言いにくいことでも包み隠さず明らかにすることで、後の安全性の確保に役立てようというもので、それらの方面では非常に役立ち、それによって現在の安全が維持されているといってもいいくらいで、先進諸国では、安全確保の基本的な流れとなりつつあります。

その意味では日本は安全性確保では後進国と言えますけど。

とまあ、本来はこういう意味なんだけど、今度の場合ってどうなんでしょうね?

私は免責に値するような問題なのか・・・?って思うけど。
    • good
    • 0

これは、アメリカ独特の司法取引の一つで、罪に問わないという条件で、真実を証言するというものです。


最近、事故を起こした潜水艦艦長の免責が却下されました。
これにより、証言並びに証拠によっては裁判で有罪になれば、懲罰を課せられる可能性があります。
潜水艦クルーについては、免責の条件で何人かは証言しています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q環境問題のテスト さっぱり分かりません

.次の文章の中で間違っているものを教えて下さい。

テストに出ましたがさっぱり分かりませんでした。

(ア)ドイツのヴッパータール研究所が示したファクター4では、資源生産性の向上を提案している。
(イ)大気汚染によって発生する酸性雨の原因物質は、ノックスやソックスなどである。
(ウ)オゾン層破壊による紫外線増加は、フロン類(CFCs)を規制している京都議定書によって国際的に排出抑制が図られている。
(エ)バイオ燃料は、バイオマスエネルギーの一種であり、農作物、廃材、雑草などから作ることができる。

Aベストアンサー

この手の質問は利用規約で禁止されていることは知っていますか?
拝見したところ、今ではちゃんと授業を聞いていれば、小学生でも
分る問題です。

ご自分で調べることをお勧めします。
全てネットで調べられます。

Qハッチョウトンボが世界最小の証拠?

インターネット検索で、(ハッチョウトンボ 世界最小)と検索してみますと、
・ ハッチョウトンボは、世界最小である 
・ ハッチョウトンボは、世界最小と言われる。 
・ ハッチョウトンボは、世界最小のトンボのひとつである。 
とサイトによって、まちまちです。 
ハッチョウトンボは、本当に、世界最小のトンボなんですか? その証拠を教えて下さい(例えば、ギネスブックに公認されている。 とか ハッチョウトンボに並ぶ最小のトンボは、~国の○○トンボである。 とか、証拠をお待ちしております。 

Aベストアンサー

なかなか回答が付かないようですので,「証拠」といえるかどうか不明ですが検索してみました。

「British Dragonfly Society」(参考 URL)が見付かりました。ここの「F.A.Q.」の所に「What's the biggest/smallest dragonfly?」というのがあって,「Perhaps the smallest Dragonfly is Nannophya pygmaea from east Asia including Malaysia and Japan. This species is only 15 mm long with a wing span of about 20 mm.」とハッチョウトンボが世界最小と出ています。

これで証拠と言えるかどうかですが,少なくともイギリスの団体が認めているとは言えますので,有望な状況証拠ぐらいにはなりませんか。

参考URL:http://www.dragonflysoc.org.uk/index.htm

Q沸騰水型原子炉採用の理由

沸騰水型原子炉で、相次いで制御棒脱落の事故がおきています。沸騰水型原始炉は制御棒を下から押し上げなきゃいけないという、加圧水型原子炉にはない根本的な安全性上の弱点を抱えていると思います。(加圧水型では起きない)
さらに沸騰水型では、放射能にさらされた一次冷却水を沸騰させるので、放射能の管理上も不利だと思います。
では逆に何が沸騰水型が有利なんでしょうか?なぜ安全上不利な点を抱える沸騰水型が採用されるのかわかりません。加圧水型が不利な点とはなんでしょうか?

Aベストアンサー

思いつく感じで書いてみます。

プラントの構造の単純化
ループが二つの加圧水型に対して、沸騰水型はループがひとつであり、発電プラントとしての構造が単純である。機械は単純なほうが信頼性が高くなる。コストも安くなる。
たぶん、将来的な廃炉費用等のことはあまり吟味されていないのではないかなとも思いますが。

格納容器の小型化
蒸気発生器を格納容器の中に納め無ければならない加圧水型は格納容器が大型化し、建設コストがかかるが、沸騰水型ではその点建設コストがかからない。

炉心の冷却水流量を調整することによって、出力制御が比較的容易である。

優れた自己制御性
燃料が加熱すると、沸騰が促進され、沸騰したときの水泡(ボイド)が多くなることによって、出力が下がる方向に自己制御される。

なお、原子炉を止める装置として制御棒だけではありません。
ホウ酸を注入して、原子炉を止める方法もあり、沸騰水型の弱点を補う装置がついています。
つまり、制御棒が動かない イコール 暴走ということにはなりません。
安全上不利な点があるとしても、優れた点もあります。不利な点を補う手段があり、安全が確保されているのならば、採用されるのはおかしいことではないと思います。

あとは想像になりますが、
原子力発電所を導入するには巨大な資金・労力が必要となります。
海外で実績が詰まれつつあるといっても、日本原子力の黎明期に、ひとつの形に絞って導入することは冒険だったのではないでしょうか。加圧水、沸騰水どちらかの方式が将来的に縮小される方向になっても大丈夫なように、二つの方式を導入するよう進めていったという政治的な意向もあったのではないでしょうか。

また、加圧水型も、蒸気発生器が技術的なネックだと、聞いたことがあります(これは間違ってたら訂正願います。)

------------------------
以下のURLには沸騰水型の有利な点としてこんなことも書いてありました。

第1に、水の蒸発の潜熱を利用し、能率のよい熱除去を達成することができること、
第2に、原子炉内で直接的に蒸気が作られるので、熱交換器なしに直接タービンに蒸気を送ることができ、経済的である、
第3に、自然循環を利用することによって、高価な循環ポンプが不要になる、などの理由からであった。

http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/16030107_1.html

参考URL:http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/16030107_1.html

思いつく感じで書いてみます。

プラントの構造の単純化
ループが二つの加圧水型に対して、沸騰水型はループがひとつであり、発電プラントとしての構造が単純である。機械は単純なほうが信頼性が高くなる。コストも安くなる。
たぶん、将来的な廃炉費用等のことはあまり吟味されていないのではないかなとも思いますが。

格納容器の小型化
蒸気発生器を格納容器の中に納め無ければならない加圧水型は格納容器が大型化し、建設コストがかかるが、沸騰水型ではその点建設コストがかからない。

炉心の冷却...続きを読む

Q省エネ法トップランナー変圧器採用時期について

2006年4月1日以降に出荷される変圧器についてはトップランナー方式とする必要があるようですが、
現段階で一般型変圧器を確保しておき、4月以降に納品されるキュービクルに換装することは法的に問題はありますか。
キュービクル製造各社に問い合わせても、各社明確な回答がありませんので、
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

従来型とトップランナー、値段の差があまりにも大きいですね。サイズもひとまわり大きくなり薄型キュービクルに収まらなくなるようです。
私の会社でも、質問者様と同じ発想した人がいます。
一般にキュービクルを発注する場合、中に納めるTr.SCなどは、別途購入し盤屋さんに支給して取付てもらいます。もちろん別別に搬入して現地で取り付けることもあります。
新品のキュービクルに中古(新古)のTrを設置しても問題ないでしょう。
Trのメーカーや代理店で預かってもらう事は無理だと思いますので、保管場所は自分で確保しなければならないでしょう。
ちなみに、トップランナー導入後は従来型のTrはいっさい出荷しないとのことです。。

Q燃料電池その生活を簡単に説明してください

燃料電池とはどのような物でしょうか。
発電機の事なのでしょうか。
また、今の化石燃料が燃料電池に変わると(言い方おかしい??)どのような社会になると考えられるでしょうか。
今は油で車も走るし電気も起こすし服も作るし農作物を作るにも油が必要ですが、それが全て燃料電池に置き換わる様な性質の物なのでしょうか?
小6の子にわかるように説明したいのですが、私が理解出来ていないのでどなたかご教授ください。
その子は結構賢いので子供だましでは通用しないのです。
簡単でありながらしっかりと理屈を教えて頂きたいです。
ちなみに私の子ではないです。

Aベストアンサー

>燃料電池とはどのような物でしょうか。

水の電気分解は中1で習うんでしたっけ?
そこが分かってないと理解は難しいかも。

水の電気分解とは逆に酸素と水素から電気と水を作り出す。これが燃料電池。
発電機という認識でよいと思います。

>それが全て燃料電池に置き換わる様な性質の物なのでしょうか?

全て置き換わる、ということはないかと。
結局のところ水素が必要なわけですから。(水素が安いとも限らない)
電気で繊維は作れませんし。タイヤやオイル、油脂(グリス等)、各種のゴム部品も車には必要ですからね。
燃料としてはバイオマスエタノールやメタンガスの利用も考えられます。
また、リスク管理という点から見ても一つの燃料に偏るのも問題があります。

>どのような社会になると考えられるでしょうか。

クリーンにはなるが、それなりの代償は払わないといけない社会。


燃料電池
http://search.msn.co.jp/results.aspx?q=%E7%87%83%E6%96%99%E9%9B%BB%E6%B1%A0&FORM=MSNH

>燃料電池とはどのような物でしょうか。

水の電気分解は中1で習うんでしたっけ?
そこが分かってないと理解は難しいかも。

水の電気分解とは逆に酸素と水素から電気と水を作り出す。これが燃料電池。
発電機という認識でよいと思います。

>それが全て燃料電池に置き換わる様な性質の物なのでしょうか?

全て置き換わる、ということはないかと。
結局のところ水素が必要なわけですから。(水素が安いとも限らない)
電気で繊維は作れませんし。タイヤやオイル、油脂(グリス等)、各種のゴム部品...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報