増改築相談員の資格をとるにはどういう手続きが必要でどんな受験資格が必要ですか?
また役に立ちますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

増改築相談員制度は、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営する資格制度です。

増改築相談員は建築に関する実務経験を10年以上有する者で、センターが承認した増改築相談員研修会実施団体及びセンターが実施する増改築相談員研修会を修了して登録することができます。
実施団体などは、

http://www.chord.or.jp/course/4_1.html

で確認できます。

相談員になったから、すぐに仕事が増えるというわけではありませんが、無いよりはあった方がアピールはできるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
おまけ程度に思った方がよさそうですね

お礼日時:2009/11/13 09:56

建築士の免許がないけど、素人ではないというていどの評価です。


工務店のおやじや大工で十分対抗でますので知識不足にならないよう勉強してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
資格より勉強して知識を身につけた方がいいみたいですね

お礼日時:2009/11/13 09:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q借地権の増改築承諾料について

借地権付き建物を購入して、リフォームをして住もうと考えています。

その場合、増改築承諾料というのがあると聞きました。

この増改築承諾料を払わなければいけないのは、どのような増改築を
指すのでしょうか。

購入後リフォームを考えているので、増改築承諾料の有無が関係するので
教えていただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

業者です。

結論から言えば、増改築の場合は必ず承諾料が必要ですが、リフォームの場合は地主次第です。

まず借地契約(賃貸借契約)は存在しますか?その借地契約は何時交わされた物ですか?つまり旧法の借地法か新法の借地借家法の適用かによって微妙に変わります。

また、増改築とリフォームは別物です。増築は床面積が増加する事、改築は同程度の建物を建てる事で、両方とも建物の耐用年数が増えます。リフォームは内装や外装の化粧直し、間取り変更の事を言い、躯体自体は変わりませんので、通常耐用年数が増える工事の事ではありません。

建物の耐用年数が増えると、地主の思惑にそぐわない問題が出てきます。例えば、旧法の場合は、建物が朽廃すると借地契約が終了しますが、その終了が伸びる事にもなります。
新法の場合は、耐用年数はさほど考慮されないまでも、契約更新を行わない場合、堅牢な建物ですと、建物買取請求権を行使された場合に価格が跳ね上がるので、やはり地主は嫌がる場合が多いものです。
もちろん、拒否されれば、後は裁判所預かりで結論を貰う事になるでしょうね。

耐用年数に関わらないリフォームの場合は承諾料は必要無い場合もありますが、旧法が適用されるような古い契約の場合は、地主から見れば、借主が強く、しかも安い借地料しか貰えない現状より、売却した方が資産としては有効だと考える人も多く、承諾料を取って阻止しようとする例が多いように思います。

新法の場合は、簡単なリフォームの場合は承諾料は必要無い場合が多いのですが、例えば屋根のリフォームや外壁の交換ですと、耐用年数も増えてしまい、改築と捉えて要求する事はあります。
ですので、事前に確認された方がよろしいかと。

業者です。

結論から言えば、増改築の場合は必ず承諾料が必要ですが、リフォームの場合は地主次第です。

まず借地契約(賃貸借契約)は存在しますか?その借地契約は何時交わされた物ですか?つまり旧法の借地法か新法の借地借家法の適用かによって微妙に変わります。

また、増改築とリフォームは別物です。増築は床面積が増加する事、改築は同程度の建物を建てる事で、両方とも建物の耐用年数が増えます。リフォームは内装や外装の化粧直し、間取り変更の事を言い、躯体自体は変わりませんので、通常耐用年数が...続きを読む

Q設計事務所で役に立つ資格など

こんにちは。

夫が設計の仕事をしているのですが、将来は独立を考えているようです。そこで、今から私もその時に少しでも役に立つことを勉強しておきたいと思うのですが、どのような資格(に限らないですが)がいいのでしょうか?

まず思いついたのはやはり「簿記」です。経理をするには役に立ちますよね?また、お客様の資金計画にアドバイスできればいいな、と思うのですが、こういうのは何の勉強をすればいいのでしょうか?ほか、CADなんかもできればもちろん役に立つのでしょうが、できれば事務系で何か、と思っています。

何でもいいので、役に立ちそうなことをお教えいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

設計って建築設計ですよね?設計事務所に関連がある資格は土地家屋調査士 宅地建物取引主任者 測量士 インテリアデザイナーなどが一般的に考えられます。

或いは資格ではないものの、CAD(ご主人の使っておられるもの)を動かす知識があるととても助けになります。急ぎ提出しなければならない図面などがあるはずですから。

簿記の資格は不要です。簿記のそこそこの知識さえ獲得して市販の経理ソフトを動かせば税理士さえも不要、貴方が申告に行きさえすれば良いので、申告に資格は不要です。とは言え、もし不安なら設立後何年かは税理事務所を利用するとして、その後は必要なときに相談に乗って貰う約束だけしておけば、と思います。これで毎年かなり節約出来ます。

人には得手不得手があります。上記のうちで気持が乗れるものを選んで勉強されては如何でしょうか。会社法を独学で勉強されてご自分の手で会社を設立登記するのもアリです。実はそんなに難しいものではないのに司法書士事務所を利用される方ばかりなのが不思議ですけど。

でもそんなお気持ちの貴方にご主人は感謝しておられるでしょうね。

設計って建築設計ですよね?設計事務所に関連がある資格は土地家屋調査士 宅地建物取引主任者 測量士 インテリアデザイナーなどが一般的に考えられます。

或いは資格ではないものの、CAD(ご主人の使っておられるもの)を動かす知識があるととても助けになります。急ぎ提出しなければならない図面などがあるはずですから。

簿記の資格は不要です。簿記のそこそこの知識さえ獲得して市販の経理ソフトを動かせば税理士さえも不要、貴方が申告に行きさえすれば良いので、申告に資格は不要です。とは言え、も...続きを読む

Q借地の増改築

地主です。

借地人とは借地上の建物の「無断増改築禁止」の借地契約をしております。

建物のペンキを全面塗り替えをしたのですが、
これは増改築にあたるのか、
承諾料を請求すべきなのか迷ってます。

Aベストアンサー

 借地上の建物の「無断増改築禁止」条項の趣旨は,増改築により従来よりも堅固な建物にし,付加価値を増大させると,
・借地契約の終了にあたり,借地人の不法な占有継続を容易にする。
・借地契約の終了にあたっての借地人の建物買取請求権(借地借家法13条)の行使により,地主の負担を増大させる。
等の弊害が予測されることから,それを避けて地主の利益を保護しようというものと考えられます。 

 「建物のペンキを全面塗り替え」によっては,建物が堅固となったり付加価値が高まることはないのですから,上記のような弊害は考えられません。

よって,同条項上の「増改築」にはあたらないといえるでしょう。

Q親子同居に伴う住宅増改築のお金の話

現在、親と同居するために家の増改築を考えているのですが、
家の所有者が父で、住宅ローンの名義を自分にしようと思っています。

そこで…
(1)家の所有権は将来、父から受け継ぐものと予想してますが、
 担保の関係から、この機会に所有者を自分に変えるか悩んでいます。
 どのタイミングで変更するのが、贈与税。不動産取得税等に
 関して、お得なのでしょうか?

それとは別に…
(2)住宅ローンの債務者を夫婦連帯にしようか悩んでいます。
 お互い年収400万円、所得税額8万円程度で、1200万の借入れを
 考えています。
 夫婦連帯にすることで、住宅ローン控除を二人で受けることが
 できれば、自分名義のみにするより、お得なのでしょうか?

どなたかご教授いただきますよう、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは、初めまして。

(1)について
 増改築を質問者さんの費用で行うのであれば、増えた部分について持分
登記をすればいいだけだと思います。
 既存部分の持分含めて全て質問者さんの名義にすると、贈与など手続き
が煩雑になると思われます。
 不動産取得税についても名義に関わらず、損得はないと思います。

(2)について
 ローン控除だけを考えれば、夫婦それぞれもしくは連帯債務として
夫婦で借り入れをした方が得でしょう(それぞれで控除を受けれます)。
 ただ、住宅名義を質問者さんだけにするなら、ローンは質問者さん名義
(返済を質問者さんだけがしている)にしないといけません。つまり、妻
もローンを組むならその割合によって持分も発生しないと、返済費用が妻
から質問者さんへの贈与とみなされるからです。
 奥様が今後長くお勤めになるなら夫婦でローンを組んだ方がよろしいか
と思いますが、そうでなかったり、建物名義に奥様を含めたくなければ、
質問者さん単独とすべきでしょう。
 また、ローンの担保ですが、既存住宅に抵当権が付いていなければ全く
問題ないですし、付いていたとしても増築(資産増加)部分次第では大丈
夫だと思います。
 最近は金融機関によっても担保の考え方に差があるようなので、複数の
金融機関に相談されてみてはいかがでしょうか。

こんにちは、初めまして。

(1)について
 増改築を質問者さんの費用で行うのであれば、増えた部分について持分
登記をすればいいだけだと思います。
 既存部分の持分含めて全て質問者さんの名義にすると、贈与など手続き
が煩雑になると思われます。
 不動産取得税についても名義に関わらず、損得はないと思います。

(2)について
 ローン控除だけを考えれば、夫婦それぞれもしくは連帯債務として
夫婦で借り入れをした方が得でしょう(それぞれで控除を受けれます)。
 ただ、住宅名義を質問者...続きを読む

Q増改築工事の住宅ローン控除の条件について

増改築工事の住宅ローン控除について教えてください。
昨年、1月15日に親から1戸建の贈与を受けました。
その後、1月31日から3月31日の工期で大規模増改築工事(約1400万円)を行い、全額ローンを組みました。
3月27日付で住民票を移し引っ越しました。
当然、ローン控除を受けられると思い書類を提出したところ、今回の場合増改築工事の際に自己所有であっても、住民票を移していないので控除が受けられないと税務署から言われました。
確かに、HPで調べると「自分で所有し居住のように供している住宅について云々」と書いてあるのですが、「増改築等をしてから6ヶ月以内に居住のように供し云々」ともあり、今ひとつ納得できません。
本当に、控除が受けられないのでしょうか?
仮に住民票だけでも先に移しておけば、控除が受けられたのでしょうか?
どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

この話は住民票の話ではありません。

>本当に、控除が受けられないのでしょうか?
増改築する前に居住していましたか?
居住していた事実があれば受けられます。ただ住民票にて証明できませんので、他の手段が必要です。たとえば水道代の請求書とかです。

>仮に住民票だけでも先に移しておけば、控除が受けられたのでしょうか?
だめです。形式的なものは認められません。
実際に居住していたかどうかが問題です。

増改築前に居住していて、かつ増改築後6ヶ月以内に居住する場合に適用となる特例ですから、どちらも満たしていなければ受けることは出来ません。

Q家を買うのに必要なお金や手続きなど

将来広くてきれいな家に住みたいという夢があります。

家を買ったりということの経験が全くないので見当はずれなことを
言ってしまうかもしれませんが、
たとえば家を買うとして、何千万というお金がかかると思うのですが、
そのお金をその場で一度に払えなければ無理なのでしょうか?

分割?で大丈夫な場合、どれくらいの収入があれば大丈夫、何年で
払わなければならない、など制約はあるでしょうか。

そのあたりの詳しいことを知りたいです。

Aベストアンサー

家を購入するに当たって、一括払い出来て、尚且つ日々の生活に支障の無いお金の余裕があればそれに越したことないでしょう。何故なら、ローンの金利を支払わなくて済むのですから。

しかし、一括払いで家を購入出来る人は少ない訳で、一括払いでしか購入出来なければほとんどの人が自分の家を持つことなど出来ません。なので、ローン(分割払い)で購入する人がほとんどです。

では、金融機関が年収に対してどのくらいの額を貸してくれるのかですが、大よそですが5倍~7倍くらいでしょう。年収が500万円であれば、2500万円~3500万円。
しかし、借り入れが多ければ多いほど返済が重くのしかかってきますし、不慮の怪我や病気などのことも考慮すれば、多くても年収の5倍以内には収めた方が無難だと思います。ですから、年収500万円であればローンは2500万円まで。

では、2500万円までの家しか購入できないのかと言えばそうではなく、貯金があれば頭金を多く支払えばいいのです。頭金は物件価格の2割程度はあった方が良いでしょうね。
そうすると、3000万円の物件に2割の頭金は600万円。残りが2400万ですので、この位の物件ならある程度の余裕を持って返済していけるのではないでしょうか。

返済期間は30年でも35年でもいいですが、当然のことながら、長くなるほどに多く金利を支払うことにはなります。
金利も固定型や変動型などがありますが、経済情勢によって一概にどちらがいいとは言えません。

ご参考まで。

家を購入するに当たって、一括払い出来て、尚且つ日々の生活に支障の無いお金の余裕があればそれに越したことないでしょう。何故なら、ローンの金利を支払わなくて済むのですから。

しかし、一括払いで家を購入出来る人は少ない訳で、一括払いでしか購入出来なければほとんどの人が自分の家を持つことなど出来ません。なので、ローン(分割払い)で購入する人がほとんどです。

では、金融機関が年収に対してどのくらいの額を貸してくれるのかですが、大よそですが5倍~7倍くらいでしょう。年収が500万円で...続きを読む

Q増改築した場合の「居住の用に供した年」

実家を増改築(大規模修繕)した場合、住宅借入金等特別控除の「居住の用に供した年」いつからになるのでしょう?

もともとアパートに住んでいて、具体的なスケジュールは
 平成17年7月中・・住民票のみを増改築する住所へ移転
 平成17年8月始・・増改築工事着工
 平成17年10月末・・引越し
 平成17年12月末・・工事完了
 平成18年1月中・・増改築後の保存登記依頼

ちなみに実家はすでに私の所有になっています。
引っ越した月でよければ、今年の確定申告ですが、
登記した月では来年の確定申告になりますよね?
ただ、最近最寄の税務署から住宅取得控除の講習会案内が届きましたが・・。
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

文字通りの解釈、つまり引越しして居住を始めたときです。

Q大規模増改築時の所有権保存登記は??

親名義の築35年の鉄骨プレハブ住宅(60坪)を
新たな2世帯用に建替える検討をしています。
費用は全額自分が負担し、建物名義は相続上自分名義に
する予定で、解体・新築を検討しましたが、基礎・主要
躯体は使えそうなので、できれば利用したいのです。

基礎・躯体以外の解体で建物滅失登記が可能なら問題
無いのですが、改修による表記変更登記のみとなると、
建物名義は仮に全額自己負担工事であっても、所有権
保存登記上は親の名義が残るのでしょうか?

基礎・躯体保存前提の築35年・親名義住宅の改修工
事で、建物名義を完全に自分にする事はできますか?

どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>所有権保存登記上は親の名義が残るのでしょうか?
登記上は抹消登記が出来るかどうかに関係なく、自由に名義人を設定できますので、それ自体は問題ありません。
問題があるとすれば相続税法上の問題点、つまり基礎・構造部分に関する父親の所有物がご質問者に移転することが贈与に当たるかどうかという点のみです。
ただ通常ですとご質問のような大規模な建て替えに近い場合には贈与にはあたらないとするものと思います。
ただ残さずに再建築した場合との差額が大きいようであれば、判断は微妙かもしれません。建物の規模などにもよるので、確認されるとよいでしょう。

詳細は税務署に確認するのがよいかと思います。

Q増改築相談員

増改築相談員の資格をとるにはどういう手続きが必要でどんな受験資格が必要ですか?
また役に立ちますか?

Aベストアンサー

増改築相談員制度は、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営する資格制度です。増改築相談員は建築に関する実務経験を10年以上有する者で、センターが承認した増改築相談員研修会実施団体及びセンターが実施する増改築相談員研修会を修了して登録することができます。
実施団体などは、

http://www.chord.or.jp/course/4_1.html

で確認できます。

相談員になったから、すぐに仕事が増えるというわけではありませんが、無いよりはあった方がアピールはできるのではないでしょうか。

Q建築基準法と、増改築 分筆不可の場合

こんにちは。
(1)主人の実家の土地(120坪)に分筆して家を建てようとしたところ、市道が、二方向道路なのですが分筆部分の道路幅員が3.9mで確定されており、2項道路の申請も受け付けられず、母屋側には6m道路があるのですが、土地の幅目一杯に建物があるので2mの接道も確保できません。隣地は白地で農地、購入は無理ですし、持ち主も子孫のために土地の売買は出来ないとのこと。

(2)実家近所に、主人の父名義の畑がありそこが候補にあがったのですが、そこも、実家敷地手前で2項道路が切れていて、4m幅員確保出来なければ建築不可の状況で、現在、市に2項道路の申請と平行してセットバックッで建築可能か審査中です。結果は来週出そうです。実際そこの畑の隣までは民家が立ち並んでおり、実家の土地周辺は畑や空き地です。

(1)についてですが、実家の方で分筆せずに増築と言う形で渡り廊下でつなげれば良いのではと言われ、こちらのサイトも見たのですが・・・
ー1)まず、現存する実家が、現在の建築基準法に適応している事は最低条件でしょうか?今現在は隣地との境界は50cm内状態で、軒を入れたら敷地とほぼぴったりです。

ー2)土地は角地ですが隅切りがありません。原稿では隅切りがなければダメなのでは?当市ではそうした隅切り部分は市に寄贈する事になっています。

-3)分筆していない場合建物の持ち主は誰になりますか?

-4)地盤調査で補強や改良が必要とされた場合現在ある実家もそれ相応の事をしなくてはならないのでしょうか。

-5)全体を一つの建築物と考えて24時間換気設置やシックハウス対策、構造の再チェックが必要になりますか?

(2)-1)現在は建築豪奢に動いてもらっていますが、建築不可(道路認定不可)となるかどうかは、市町村によりあいまいだと聞きました。又審査する方の主観も入るとのこと・・・
一度認可が下りなくても例えば持ち主がお願いにいったり再審査と言うのはしてもらえるのでしょうか?
結局4m道路の問題が絡んでくるわけで難しいですが。

-2)畑前の道路は2m幅員です。
実家の土地とあわせて4m幅員にしてもだめなのでしょうか?当市はその部分は市に寄贈です。前の土地の方や近隣の方々の更地接道部分も現時点で4m復員にしなければならないのでしょうか?

まとまらない文章で申し訳ありません。
毎日実家からの電話攻撃でほとほと困っています。どなたか知識のある方、よろしくお願いします。

こんにちは。
(1)主人の実家の土地(120坪)に分筆して家を建てようとしたところ、市道が、二方向道路なのですが分筆部分の道路幅員が3.9mで確定されており、2項道路の申請も受け付けられず、母屋側には6m道路があるのですが、土地の幅目一杯に建物があるので2mの接道も確保できません。隣地は白地で農地、購入は無理ですし、持ち主も子孫のために土地の売買は出来ないとのこと。

(2)実家近所に、主人の父名義の畑がありそこが候補にあがったのですが、そこも、実家敷地手前で2項道路が切れていて...続きを読む

Aベストアンサー

内容がなかなか複雑で、文字の記載のみですので、間違った理解をしているかもしれませんが。

>現存する実家が、現在の建築基準法に適応している事は最低条件でしょうか?
最低条件というわけではありません。
既存部分に現行法への不適合があっても、一定の範囲内で有れば増築が可能な場合があります。
問題となるかと思われる構造関係規定については、増築部分が既存部分の2分の1以上の場合は、既存も現行規定に適合する必要があります。
ま、実際は、既存部分の構造チェックなどはできませんが・・・。

>軒を入れたら敷地とほぼぴったりです。
外壁の後退距離の規定がある地域(低層住居専用地域)以外では、違法では無いと思われます。

>土地は角地ですが隅切りがありません~
状況が飲み込めないのですが、6m道路から私道を伸ばしたい、その部分の隅切りという意味でしょうか。
認定基準等に有れば必要ですが、ただし書き規定などが必ずありますので、市と協議してみるべきと思われます。

>分筆していない場合建物の持ち主は誰になりますか?
分割所有、共有などが可能です。

>地盤調査で補強や改良が必要とされた場合現在ある実家もそれ相応の事をしなくてはならないのでしょうか。
実態として不具合がないので有れば、行う必要は無いと思われます。

>全体を一つの建築物と考えて24時間換気設置やシックハウス対策、構造の再チェックが必要になりますか?
換気については、建具などで仕切られれば、既存部分のみの換気でOKです。
内装材等のシックハウス対策については、既存が築5年以上経過していれば、増築部分のみの対応でOKとなります。

>一度認可が下りなくても例えば持ち主がお願いにいったり再審査と言うのはしてもらえるのでしょうか?
本当は有ってはならないのでしょうが、実際にはよくあります。
やってみる価値はあります。

-2)畑前の道路は2m幅員です~
すいません、状況が解りません。

>毎日実家からの電話攻撃でほとほと困っています。
頼りにされてるのですね。
でも、専門家じゃないから解らない、ということはきちんと伝えましょう。
しっかりした業者を捕まえて、きちんと整理してもらうのが良いと思いますが。

いろいろと書きましたが、増築でなら建てられるのではないかなと思っています。頑張って下さい。

内容がなかなか複雑で、文字の記載のみですので、間違った理解をしているかもしれませんが。

>現存する実家が、現在の建築基準法に適応している事は最低条件でしょうか?
最低条件というわけではありません。
既存部分に現行法への不適合があっても、一定の範囲内で有れば増築が可能な場合があります。
問題となるかと思われる構造関係規定については、増築部分が既存部分の2分の1以上の場合は、既存も現行規定に適合する必要があります。
ま、実際は、既存部分の構造チェックなどはできませんが・・・...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング