新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

そういうことでしょうか。
それとも別のところ?
それとも全国均等?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

基本的には答えは「YES」です。



日本の標準時間は、明石を通る東経135゜の子午線を基準にして決められています。
しかし厳密に言うと明石でも1年中毎日正午に太陽が真南に来るかというと、そうではないようです。

詳しくは↓URLに出ています。

http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso01- …

参考URL:http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso01- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

答えは複雑なんですね。
とてもよいサイトをありがとうございます。

お礼日時:2003/05/11 11:54

1年間で平均すれば,まあそう言ってもよいかもしれません。


しかし,1年の間のほとんどの日においては,明石ではありません。

どういうことか,なるべくやさしく説明してみましょう。
ある場所で(明石でも東京でも沖縄でも構いません),今日の昼間,太陽の南中を観測したとします。
翌日,同じ場所で太陽が南中するのはそのちょうど24時間後かというと,そうではないのです。
たとえば,東京(厳密に言うと,港区にあった旧東京天文台の跡地)で今日(5月11日)に太陽が南中するのは,11時37分25秒です(『理科年表』2003年版による)。
同じく,明日の南中時刻は,11時37分24秒で,今日より1秒早くなっています。
これはたまたま,今ごろの時期ですとほとんど同じ時刻になってしまうからで,12月の後半では,南中時刻は前の日よりも毎日30秒ぐらいずつ遅れていきます。
(No.5で紹介された質問でも少し書きました。ご参照ください。)

時間の刻みは,もともと太陽の動きが基準になって決められたわけですが,厳密に太陽に時計を合わせようとすると(つまり,1年中毎日,正午には明石で南中するようにすると),1日の長さが30秒程度長くなったり短くなったりして不便です。
そこで,実際の太陽(真太陽,しんたいよう,という)の動きをならして,天球上を(さらに厳密に言えば天の赤道上を)1年中同じ速度で動く,仮の天体を考えます。これを平均太陽といいます。
つまり,平均太陽が明石で南中する(はずの)時刻を正午とするのです。こうすれば,1日の長さはいつでも24時間ちょうどです。

平均太陽の動きに合わせた時刻を「平均太陽時」といいます。私たちがふだん使っているのはこちらです。テレビや電話などの時報で報じられるのももちろん平均太陽時です。
これに対して,真太陽の動きに合わせた時刻を「真太陽時」といいます。日時計が指し示す時刻がこれです。
平均太陽時を基準にして,「真太陽時がどれだけ進んでいるか」を「均時差」といいます。遅れていればマイナスです。
いいかえれば,明石に設置した日時計が,時報の示す時刻よりどれだけ進んでいるか,です。

均時差は1年を周期として変動します。No.3で紹介されているページにグラフがありますのでご覧ください(上から2番目の図。クリックすると大きくなる)。
この値が0になる日(グラフを見るとわかるように1年で4回あります)なら,兵庫県の明石で正午に太陽が南中します。
それ以外の日は,正午の太陽は明石の真南からは,ずれたところにいます。

>それとも全国均等?
「全国均等」の意味がよくわからないのですが,たとえば東京で太陽が南中している瞬間には,東京のちょうど真北や真南にある地点でも,同時に南中しています。太陽の見える高さが違うだけです。
従って,明石で正午に太陽が南中する日には,明石と同じ東経135度の線上の地点でも太陽が正午に南中しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすいご説明で、知らなかったことも、よくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/11 11:45

#1のものです。


説明不足でしたね、すみません(^^;

>正確に言えば…ですけど、全国均等ではありません。

全国均等というのは北海道でも沖縄でも兵庫でも
同じ時間に真南に太陽がくる、ということですよね?
それは違います。

日本はご存知の通り小さな国ですが、
沖縄と北海道など、やはり位置が違うため
微妙にですが時間は違ってきます。

>あとは季節(日)によって多少は変わると思います。

地球は公転する軌道が円ではないため
毎日観測しても少しずつずれていくようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです、同じ時間に真南に太陽がくるのかという質問でした。違うのですね。
公転も影響するのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/11 11:47

基本的にはその通りです。


が、1日の長さが正確に24時間ではないため、日々違ってきます。
ある日の正午に明石で南中したとしても、翌日の正午には違っています。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=259526
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/05/11 11:59

 基本的には、明石で良いと思います。

東京は経度が異なりますので、それより約20分早くなります。

 ただし、正確には地球の公転などの影響で月によって少しずれているそうです。↓

参考URL:http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso01- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東京は20分も早く、太陽が南に来るんですね。
経度の問題ですね。
よくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/11 11:57

明石在住のものです


東経135度の子午線を基準に日本標準時にしています。これが明石市を通っているので、12時に太陽が真南に来ます。もちろん実際に確認したことは有りません。。
余談ですが、実は、明石市内では国道、JRが方位の東西に対して微妙に傾いて走っているため、これに惑わされてしまってあまり東西南北の正確な方向はわかりにくいです。

参考URL:http://www.city.akashi.hyogo.jp/enjoy/tokimono/r …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「東経135度が明石市」だったんですね。
そこらへんが、結びついていませんでした。

お礼日時:2003/05/11 11:52

正確に言えば…ですけど、全国均等ではありません。


おそらく10分前後の差ではないでしょうか。

あとは季節(日)によって多少は変わると思います。

この回答への補足

早速ありがたいのですが、よく把握できません。

補足日時:2003/05/10 23:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正午の太陽の方角は一年中、真南ですか?

小学生の頃から、教科書で正午の太陽は南に来ると習ったと思うのですが、最近ちょっと疑問に思うようになりました。
地球の地軸が傾いていなければそれでいいと思うのですが、傾きがあればそうとも限らないのではと思いうのですが、どうでしょうか?
春分、秋分の日の太陽は真東から上り、真西に沈みますよね?そして、お昼は太陽は真南ですね?夏至や冬至も太陽はお昼には真南でしょうか?
初歩的な質問で恐縮ですが、ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です

#5の回答に補足します

公転速度が不均一であることや公転軌道が正円でないこと自転速度が不均一であることももちろん南中時刻がふらつくことの原因ですが
自転軸に傾きがあることは、時刻基準点と観測地点との差(太陽の動きから見た)が季節によって異なる原因です
春分・秋分の日前後は経度差そのものです
春分・秋分の日は太陽は経線と直角方向に移動するが、春分・秋分の日から離れるほど、経線との角度が小さくなります、夏至・冬至のとき最も小さくなります
冬至の頃は時刻基準点との南中時刻の差が小さく、夏至の頃は大きくなります

文章での表現は難しいですが、地球儀で片方から光を当て(太陽光線)その光の当たり方を見れば実感できます
(当てる方向を変えれば春夏秋冬に対応します)

たとえば東京と福岡の日の出の時刻を調べれば、冬至の頃と夏至の頃では時間差が異なることが判ります(もちろん緯度による影響もあります)

Q太陽が真南の子午線を通るときの時刻が正午とはどういう意味ですか?

中学3年生、理科の問題です。
太陽はまず子午線を通るんですか?でも、子午線は南北と天頂を結ぶものですよね。
なのに、太陽が真南の子午線を通るとはどういうことなのでしょうか。
わかりやすく説明してほしいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

なぜ「真南の子午線」というかというと、子午線がいっぱいあるからです。子午線というのは決まっている線ではなく、南北と天頂を結ぶ線をすべていいます。

日本の子午線は明石市にある子午線でこれを「日本標準時子午線」とよびますが、質問者様の頭の上にも「南北と天頂を結ぶ線」は通っているわけです。それはすべて子午線といいます。

そして「正午」というのはいくつかの意味があります。正午というのは12時という時間ではなく、太陽が真南に来た時を本来は言うのです。

・日本標準時の正午は昼の12時ちょうど、これは明石市を通る東経135度に太陽が来た時であり、明石市では正午、そして日本標準時の12時になるわけです。
・質問者様の住んでいるところが、明石市から離れた場所なら、その場所で観測できる太陽が「真南の子午線を通るとき」が正午になります。そして正午は12時ではなく、東経135度よりも東側なら12時よりも早く、西側なら遅く正午になります。

正午を観測すると地球上の自分の位置が分かります。たとえば東京は東経139度で、明石の子午線から4度東側にあります。経度は15度違うと1時間の時差になりますから、4度だと16分ほど早く正午になります。

これが正午の意味で、東京の真南の子午線を太陽が通るのは11:44分、東京で観測される正午になるということです。

もう少し分かりやすく書けば「太陽が(自分のいる場所の)南北と天頂を結ぶ線の真南に来た時の時刻が正午」です。

なぜ「真南の子午線」というかというと、子午線がいっぱいあるからです。子午線というのは決まっている線ではなく、南北と天頂を結ぶ線をすべていいます。

日本の子午線は明石市にある子午線でこれを「日本標準時子午線」とよびますが、質問者様の頭の上にも「南北と天頂を結ぶ線」は通っているわけです。それはすべて子午線といいます。

そして「正午」というのはいくつかの意味があります。正午というのは12時という時間ではなく、太陽が真南に来た時を本来は言うのです。

・日本標準時の正午は昼の12時ちょ...続きを読む

Q太陽は正午に南中しますが、なぜ365日くるわないのでしょうか?

太陽は正午に南中しますが、なぜ365日くるわないのでしょうか?
太陽は一年を通して日の出・日の入の時間が刻々と変わります。
なぜ南中時間だけはくるわず、正午なのでしょうか?
この方面に詳しい皆様方からのご回答を、暇な時で構いませんのでお待ちしています。

Aベストアンサー

地球の地軸は、公転面の法線に対して、約23.4度傾いているのは知ってますよね。
つまり、地球は太陽に対して常に約23.4度傾いて地球は自転しています。

日本における夏では北半球側の地軸の中心(北極)が太陽側に向いていて、逆に冬は南半球側(南極側)が太陽に向いていることになります。
なので、北半球側にある地域は、必然的に光が当たる時間が長くなります。
これは地軸の中心に近づけば近づくほど長くなりますよね。北側の地軸の中心は、常に太陽を向いているわけですから。つまり、緯度によって太陽の当たる時間が変わるわけです。
なので、逆に太陽側に南半球が向いている冬は、日のあたっている時間が短くなります。

さて、正午についてですが、日の出、日の入りは地軸の傾きによって光の当たる場所が年間通して異なるため常に変わり続けます。ですが、地軸がどっちを向いていようと、ある1点が(例えば日本)が太陽に真っ直ぐ向き合う時間は常に一定間隔でやってきます。
これは、地球が常に同速度で自転しているから当然なのです。

つまり、地球は常に一定の速度で自転しているから、太陽が真上に来る時間は常に一定間隔でやってきます。だから、南中時間は狂わない。
でも、地軸の傾きによってギリギリ太陽の光が届く場所が変わってしまうので、日の出、日の入りの時間は変わってしまう。

言葉だけだとちょっと難しいかも知れませんが、そう言うことです。
ご参考まで。

地球の地軸は、公転面の法線に対して、約23.4度傾いているのは知ってますよね。
つまり、地球は太陽に対して常に約23.4度傾いて地球は自転しています。

日本における夏では北半球側の地軸の中心(北極)が太陽側に向いていて、逆に冬は南半球側(南極側)が太陽に向いていることになります。
なので、北半球側にある地域は、必然的に光が当たる時間が長くなります。
これは地軸の中心に近づけば近づくほど長くなりますよね。北側の地軸の中心は、常に太陽を向いているわけですから。つまり、緯度によって太陽の当...続きを読む

Q太陽の南中について

小学校で習う、太陽の動きの所で、
太陽は正午に真南で高度が一番高くなる、とあります。
青森県で観察したところ、正午に高度は一番高くなりましたが
真南ではなく、南西よりでした。
なぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

できれば,
○測定方法。どんな装置なり道具なりを使って,どうやって測定したのか。
○測定の時間間隔。1分ごとに測定して「12時00分」となったのか,1時間ごとに測定したのか。
○南西よりとは,真南より何度ぐらい西よりだったか。
などもわかると,より具体的なコメントができると思います。
一昔前なら,時計の精度なども問題になったでしょうが,今のクォーツ時計なら,事前にきちんとあわせてあれば(この程度の観察に用いる際は)まず差し支えないでしょう。

で,いずれにせよ,授業で扱うとしたら「測定に伴う誤差」の話を,小学生用にかみ砕いてとりあげるのがいいと思います。
○青森では正午より早く南中(真南に来ることです。念のため)しているはずが,正午になったのはなぜか
○どこであっても高度が最も高いのは南中した時のはずが,南西よりになったのはなぜか
を分けて考える必要があるでしょう。

後者はたぶん,測定誤差とか,方角の決め方とか,装置自体の問題とか(観測時に台をきちんと固定していたか等)といったあたりで落ち着くでしょう。
また,朝夕に比べて正午前後は,(一般的にいうと天体が南中する頃は,)高度の変化がゆるやかなので,どこで一番高くなったかを正確に見極めるのは難しい,ということも考えさせていいかもしれません。(ちょっと小学生には難しいかな)
一方,前者はちょっとやっかいです。
これは,「明石と青森との経度差」に加えて,No.2の回答にあった「均時差」の両者がからんでくるからです。
ただ,小学校ですから,均時差まで取り上げるとなるとかなりやっかい(高校の地学の範囲。大学センター試験に出たこともある)になりますし,単元の内容からちょっと深入りしすぎと思われるので,青森と明石間の“時差”だけでもいいと思います。
わが家は東京ですが,九州にしばらく滞在してから東京に帰ってくると,夕方日が沈むのが早いなあと感じます。(40分ぐらい違う)
そのへんの話にとどめておくほうが無難でしょう。

ただ,聞かれた時のために均時差について知っておくことは無駄ではないでしょうから,少し説明しておきます。
一般に,東経135度(明石市を通る)の線上では正午に太陽が南中すると言われています。しかし,これは1年を平均した時の話です。
実際には,正午より早い時もあれば遅い時もあります。
明石市での太陽の南中時刻が,1年間でどう変化するか,簡単に書いてみると,

1月1日は12時03分→だんだん遅くなる→2月11日ごろ最も遅くて12:14
→だんだん早くなる→4月15日頃12:00→もう少し早くなる→5月14日頃最も早くなって11:57
→今度はまた遅くなる→6月13日頃12:00→もっと遅くなる→7月26日頃最も遅くて12:07
→今度はまた早くなる→9月1日頃12:00→もっと早くなる→11月3日頃最も早くて11:44
→また遅くなる→12月25日頃12:00→最初に戻る

こんな感じです(あまり簡単ではないですね)。
この「明石市の南中時刻の,正午からのずれ」を均時差といい,早い時はプラス,遅い時はマイナスとします。
詳しい値は,『理科年表』(という本が丸善から毎年発行されている)に載っています。

均時差の値は全国(全世界)で共通ですので,上の表(?)は全国で使えます。
たとえば,東経140度の線上の都市(千葉とか秋田あたり)なら,それぞれの時刻を20分(注)早めるだけです。日付は変わりません。
上の表では,最も遅いのが2月初めの12:14ですので,20分引くと11:54となります。つまり,1年中どの時期であっても,正午には太陽は真南を行きすぎて少し南西のほうにある,ということです。
青森県はほとんどのところで東経140度よりさらに東ですので,時刻はさらに早まります。

(注)「20分」の出し方……明石(東経135°)との経度差15°=時間差1時間,経度差1°=時間差4分,の割合で換算できます。

均時差の生じる理由はさらに複雑になりますので,詳しくは省きますが,要点だけ書くと
(1)地軸が23.4度傾いている
(2)地球が太陽の周りを回る軌道が,円ではなくて少し楕円になっている
ためです。

長々とすみませんでした。残りの実習期間も頑張って下さいね。

できれば,
○測定方法。どんな装置なり道具なりを使って,どうやって測定したのか。
○測定の時間間隔。1分ごとに測定して「12時00分」となったのか,1時間ごとに測定したのか。
○南西よりとは,真南より何度ぐらい西よりだったか。
などもわかると,より具体的なコメントができると思います。
一昔前なら,時計の精度なども問題になったでしょうが,今のクォーツ時計なら,事前にきちんとあわせてあれば(この程度の観察に用いる際は)まず差し支えないでしょう。

で,いずれにせよ,授業で扱うとしたら「...続きを読む

Q太陽が真南にきたこと

恥ずかしい質問になりますが、宜しくお願い致します。
子供の宿題を手伝っていたんですが、問題に太陽が真南にきて一番高くなる事とありました。
これがどうしても答えが出てきません。
分かる方いらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

南中といいます.

Qワットをルーメンに換算すると?

お願いします。

ワットをルーメンに換算?すると何ルーメン必要なのか教えてください。

40Wだと、何ルーメン必要なのか?60Wだと?80W、100Wだと?

詳しい換算表などのサイトを探したのですが、見つかりませんでした。

お詳しい方、教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

20W-170lm 30W-325lm 40W-485lm 60W-810lm 100W-1520lm 日本電球工業会の資料より。数値はE26口金一般電球の場合。
ずいぶん前の新聞の記事にありました。
お役に立つかどうか。

日本電球工業会のHPに同様な記載があります。
http://www.jelma.or.jp/05tisiki/pdf/shoumeiYougo_tan-i.pdf


人気Q&Aランキング