fostexのFE167(95dB)とFT28D(90dB)の2Wayのバスレフスピーカーを作ろうと考えています。
いくつか質問があります。
~能率に関して~
1 FE167に可変式アッテネーターを使う
2 FE167に固定式アッテネーターを使う(90dBにする)
3 FE167に固定式アッテネーターを使い(90dB)さらにFT28Dに可変式アッテネーターを使う
4 アッテネーターを使わない
1~4どの方法がいいと思いますか?
~-6dBネットワークに関して~
FT28Dに組み合わせるコンデンサーはどのくらいがいいと思いますか?
また、FE167はスルーで使った方がいいですか?コイルを組み合わせたほうがいいですか?
~箱の材料に関して~
3000円ぐらいで木目が綺麗で音響的にもいい材料はありますか?
これらの回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

音圧を気にされているので、補足です。

(データも頂いたし)

揃えるというのも一つの方法なのですが、
フルレンジ+ツイーターの場合は、ツイーターはあくまでも
高音の+@としてセッティングした方が良い結果となります。
また、音圧は測定周波数で大きく変りますし、
その変り方はスピーカーのドライブ方法で変ります。
(低インピーダンスドライブ、定インピーダンスドライブ)

下のセッティングだと、10KHz弱までフラット
そこからゆっくりと下がっていくような感じで
結構自然な音になるはずです.
想定は低インピーダンスドライブ(半導体アンプ)
想定音源はpops、jazzです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。結局コンデンサーは3.3をかませました。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/04/02 13:10

こんにちは。



私もフルレンジにアッテネータを入れるのはお勧めしません。
特に低域でアンプからの制動力が効かなくなるのが,どうにも・・。
実際にどうかではなくて,精神衛生上だけなんですけどね。

能率差5dBとのことですが,それは軸上での値ですよね。
両ユニットの30~45度方向のレベルを比べてみてどうですか?
斜め出てくる音を聴くリスニングポイントでは,5dBも差が出ないような気もします。
(指向特性を見ないで言ってますから,ハズしてるかも)
箱にもよりますが,そんなに低音は期待出来ないでしょうから
私も,ツイーターは欲張らずに高域に少し色を付ける程度で良いと思います。

でも,ユニット間のレベル差がどうにも気になると言う事でしたら
選択肢にアッテネーターの使用をあげられているので,
故・長岡鉄男氏の言っていた「PST方式」を使う手もあります。
方式自体は大昔からあったみたいですが,要はスピーカーに簡単な
パッシブ型のイコライザーを追加する方法です。
・スピーカーと直列に8Ωを入れる。
・その抵抗と並列に数mHのコイルを接続する。
これで,超低域の能率はそのまま。8Ωとコイルの定数で決まる
ある周波数から能率が低下し始め,ある周波数以上では一様に6dBの
能率低下となります。
この「ある周波数」は,コイルのインダクタンス値で変えます。
スピーカーのインピーダンスカーブ(高域で上昇)の影響も受けますので
この場で何mHとは言えませんが,やってみよう!と言うことであれば
ご自身で計算してみて下さい。

この方法だと,能率を低下させながら,低域でのアンプからの制動力もあり
ハイ上がりの周波数特性も補正出来ます。やるとしたらこれでしょうか。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。結局フルレンジはスルーで使うことにしました。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/04/02 13:14

スピーカーユニットの詳細が不明なのですが、


他に回答が無いようなので書き込みます。

たぶん、167はフルレンジ系のユニットだと思います。
だとすると、スルー使用、アッテネーター無しが良いです.
アッテネーターありだとダンピング特性が悪化します。
イメージとしては、FT-28Dは167の高域を補うものとなります。
コンデンサは1uF、もしくは3.3uFぐらいではどうでしょう。

箱の材料ですが、やはり合板、それも形成材を使ったものが良いです.
加工しやすく、厚い材料を使えます.
また、音の吸収性も良いので、箱鳴りが防げます。
値段も3000円で収まります。ただ、木目がきれいかと聞かれると
???です。

この回答への補足

音圧はそろえない方がいいと言うことですか?
FE167 フルレンジ 8Ω

最低共振周波数 50Hz
再生周波数帯域 fo~22kHz
出力音圧レベル 95dB/w(1m)
入力 65w(Mus.)
mo 7.1g
Qo 0.39
実行振動半径 6.5cm
マグネット重量 362g
総重量 1.32kg

FT-28D トゥイーター 8Ω

再生周波数帯域 1kHz~50kHz
出力音圧レベル 90dB/w(1m)
入力 40w(Mus.)
推奨クロスオーバー周波数 2kHz以上
マグネット重量 228.3g
総重量 528g

補足日時:2001/03/22 13:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抵抗値(色の配列)を教えてください。

写真は、酸化金属皮膜抵抗ではないかという事ですが、はっきりしてません。
ワット数も抵抗値も分かっていません。

色の識別の出来る方教えてください。

Aベストアンサー

抵抗の全長書けば何wかははっきりするかも。
後ろに写っている100μFの背低電解コンデンサの幅からすると1Wか1/2Wのような‥
色は茶、緑に見えるけど外して測った方が早いような‥
いずれにしろ焼損したらこんな色じゃ済まないから
一昨日は焼損した金属抵抗あったんだけど仕事納め掃除で捨ててしまって写真見せてあげられないのが残念。

μPC29M33A  入力電圧4.3V~16V 出力3.3Vのレギュレーターね 0.5Aと小さ目。

この回路だと入力(左)が9Vくらいで出力(右)3.3Vが出てれば正常ですな。
出力出て無くても色々保護回路入っているからレギュレーター助かっててOUT側に接続されているダイオード短絡とか
OUT→アース間の抵抗値が0Ωになっている可能性アリ。
真ん中のフィン外すにもハンダこては二本必要かも

Qレコーダーによって録音レベルが‐∞dB~+8dBまで表示と最高が0dBまで表示されているのは何故ですか?

カセットテープのレコーダー(ソニーの業務用カセットレコーダー)には録音レベルが‐∞dB~+8dBまで表示がありますが、『SoundEngine』の録音レベルには最高が0dBまでしか表示されておりません。
どのような理由があるのでしょうか?

また、『SoundEngine』のレコーディングガイドによりますと、録音の適正レベルは-3dB~-6dBとかいてありますが、Web等で色々と調べてみますと、CDの最高音量は0dBと書いております。何故最高適正レベルが0dBではないのでしょうか?

以上、まだ初心者ですので宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

カセットテープのようなアナログ録音は、0dBより大きい音も、多少の歪は出るものの録音できなくはありません。
一方、デジタル録音は、きっちり0dBが最大値でありそれより大きい音が絶対に録音できません。(オーバーした波形が切り捨てられるため急激に歪が生じます。)

> また、『SoundEngine』のレコーディングガイドによりますと、録音の適正レベルは-3dB~-6dBとかいてありますが、Web等で色々と調べてみますと、CDの最高音量は0dBと書いております。何故最高適正レベルが0dBではないのでしょうか?

一例ですが、たとえば、ステレオをモノラルにする場合、RとLを足し合わせることになり、およそ2倍の音量になります。dBでは3dBに相当します。
前述のように0dBを超えると音質が急に悪くなることに加えて、こういうモノラル化などの処理がしやすいように、あらかじめその分、低めに録音しましょうということだろうと思います。-3dB~-6dBという値そのものに厳密な意味はないと思います。

Q抵抗器の色の覚え方

電子回路の抵抗器の帯の色と数の対応を覚えるための語呂合せで、その一節が

ハイパワーのシロクマくん ・・・灰(ハイ)=8(パ) 白(シロ)=9(く)

であるものの全文をご存知の教えてください。
高校時代に習った覚えがあるのですが、ここ数年来気になっています。

Aベストアンサー

抵抗値のカラーコードについて denden keiさんの虹の色の配列が同じという覚え方もあります。
0:黒 黒い礼服
1:茶 お茶を一杯
2:赤 赤いにんじん             虹色の順
3:橙 第三の男               虹色の順          
4:黄 岸恵子                虹色の順
5:緑 みどり児               虹色の順
6:青 青二才のろくでなし          虹色の順
7:紫 紫式部                虹色の順
8:灰 ハイヤー
9:白 ホワイトクリスマス
以上 電子基礎マスターブック 岩本洋 監修 
森田克巳、天野一美 共書 オーム社より。

QFE167Eでバックロードホーンは可能か

現在バスレフ型のBS-92(「世界でただひとつ自分だけの手作りスピーカーを作る」に掲載)にFE167Eを入れて使っています。
エンクロージャーの塗装等が気に入らず、FE167Eはそのままに、新しくエンクロージャーを製作しようと考えています。
バックロードホーンに前から興味があったのでD-16(同じく「世界でただひとつ自分だけの手作りスピーカーを作る」に掲載)挑戦してみようと思っています。
FE167EとFE168EΣの出力音圧レベルは0.5dB違うだけですが、Qoが0.31と高く、バックロードホーンに使えるか心配です。
実際このユニットで製作された方の意見も伺いたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こちらのURLでFE167Eの相性を調べてみましたがFE168EΣほどはよくないようです。
http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/backload.htm
D101Sで机上シミュレーションして見ましたが200Hzくらいでレベルが上がりますが、概ね良好ではないでしょうか。
製作したことはありませんが、もともとFE167Eが優れている事もあいまってホーンもいけそうですね。
確かにΣと比べるとQo値が高いですが、聴感上はさほど気にならないと思います。

Q抵抗器の見分け方を教えてください。

金属皮膜抵抗と炭素皮膜抵抗の外見上の見分け方を教えてください。
通販で金属皮膜抵抗を購入したのですが本体の色が青いものと茶色のものがありました。
これまで青いものが金属皮膜抵抗で茶色のものが炭素皮膜と思っていましたがそうではないようです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カラーバーの数が多い(5環)と金皮の可能性が高いですが。
少ない時、メーカー・ロットにより、確実ではありません。

デジタルテスターで抵抗を測りながら、半田こてを当てれば直ぐに判ります。
金皮はあまり、ドリフトしません。これは絶対OKです。

QFOSTEX FE167の代替機についてアドバイスください

FOSTEX FE167の代替機についてアドバイスください

FOSTEXのFE167+FT17Hを自作バスレフ(内容量35L、fb=55Hz)に組み込み、10数年サブスピーカとして使ってきましたが、FE167の1本が故障してしまいました。

秋葉原に交換ユニットを購入に行ったのですが、FE167は廃番になっており、やむを得ずFF165Kを購入してきました。

Qoが低いのと、単体のf特が5-10kHz付近で盛り上がっているのが気にはなっていたのですが、鳴らしてみて、スペック通りの音(つまり、低音が全然出なくてキンキン鳴る)に落胆しました。
今までの経験ではエージングで何とかなるレベルではありません。

他に候補となるのはFE166Enですが、スペック的には、QoはFF165Kよりは若干高めで中高域のf特もまずまずフラットなので、多少の期待が持てます。
ただ、こちらはBH向きとのことでFF165Kにした経緯があります。

そこで質問です。

1)FE167を入手する方法はないでしょうか?
2)FE166EnはFE167の代替えとしてバスレフで使えるでしょうか?
3)FE166En、FF165K以外に代替え可能なユニットはあるでしょうか?

以上、アドバイスのほど、よろしくお願いします。

FOSTEX FE167の代替機についてアドバイスください

FOSTEXのFE167+FT17Hを自作バスレフ(内容量35L、fb=55Hz)に組み込み、10数年サブスピーカとして使ってきましたが、FE167の1本が故障してしまいました。

秋葉原に交換ユニットを購入に行ったのですが、FE167は廃番になっており、やむを得ずFF165Kを購入してきました。

Qoが低いのと、単体のf特が5-10kHz付近で盛り上がっているのが気にはなっていたのですが、鳴らしてみて、スペック通りの音(つまり、低音が全然出なくてキンキン鳴る)に落胆しました。
今ま...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、自作の長岡派の者です。
(1)フォステクス042-546-3151にリコーン出来るか是非確認して下さい。
料金はユニットの半額程度です。
可能なら2個とも張り替えましょう(左右で音色が変わるから)
(2)僕はFE166Enで代替可能と思います。
先日スーパーが発売されましたが、これ位のパワーが無いとバックロードはドライブできません。
レギュラーのEnですとバスレフとなんちゃってBH位にしか無理と判断します。
ユニットの価格をみれば一目瞭然でしょう。
(3)
167E、166E、166や167(中古)
167E、166Eあたりだと在庫を持っている電気屋もありそうですよ。
使えないのは166シグマ、168シグマ、ES、ES-R、165K

Q抵抗のW数

今まではすべて大きさで決まるものだと思っていました。
先日ネットで購入した抵抗(炭素皮膜)が小さかったのでクレームを付けたことろ、1/2Wの抵抗も小さめで茶色なら1/4W、ピンクなら1/2Wです。と返答があり、恥をかいてしまいました。
W数はどのような定義で決められているのでしょうか?
以前に店で買った1/2Wの抵抗は大きさは同じでも抵抗値によって茶色とピンクのものがありました。
また、買う時ではなく、既に持っている抵抗のW数を調べるにはどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

一般的な話として,大きいものほど定格電力が大きい,は正解です。ただし,ご質問者さんが経験されたとおり,炭素皮膜抵抗の1/2Wと1/4Wは同じサイズのものがあります。定義ですが,メーカが一定の条件のもとで試験をして,それにパスすればよい(1000~数1000時間くらい定格電力をかけて抵抗値変化率が数%以下,といった感じのテストです)という事で,メーカの1/2Wの試験にパスすれば小さくても1/2W保証の抵抗器になります。

色での見分け方というのはおそらくメーカの独自仕様であって,業界として決まっているわけではないと思います。

今持っている抵抗の定格の見分け方ですが,カラーコードからは定格電力は読み取れませんので,今お持ちの1/4Wと同じ大きさのものは1/4Wと考えるのが安全と思います。

なお,すでにご存知かもしれませんが,1/4W定格の抵抗であっても,通常はその半分以下くらいの電力で使用する(ディレーティングといいます)のが一般的である,という事を補足しておきます。
そうする理由は,
 ・抵抗器からの発熱が周囲の部品(特に電解コンデンサ)へ影響を及ぼすのをさける
 ・抵抗器にかける負担を少なくして抵抗器自体の長寿命化をはかる
   (実際には抵抗器は他の電子部品よりもはるかに長寿命ですが)

です。

こんにちは。

一般的な話として,大きいものほど定格電力が大きい,は正解です。ただし,ご質問者さんが経験されたとおり,炭素皮膜抵抗の1/2Wと1/4Wは同じサイズのものがあります。定義ですが,メーカが一定の条件のもとで試験をして,それにパスすればよい(1000~数1000時間くらい定格電力をかけて抵抗値変化率が数%以下,といった感じのテストです)という事で,メーカの1/2Wの試験にパスすれば小さくても1/2W保証の抵抗器になります。

色での見分け方というのはおそらくメーカの独自仕様であって,業...続きを読む

QFOSTEX FW100 代用品

かつてのFOSTEX FW100のように、低能率・重いコーン・強力マグネットの小口径ユニットを探しています。2~3リットル程度の小型密閉箱で鳴らしたいと考えています。
どんな候補がありますでしょうか?

Aベストアンサー

FOSTEXFW108は。2~3リットルでは小さいです。

最低6リットル必要です。

小型密閉箱ですと低音がこもりますのでバスレスにしてダクト調整します。

設計が非常に難しいで゜す。

私が利用しているスピカ-専門店 主に海外製品

http://mx-spk.shop-pro.jp

Qこれらはなんという種類の固定抵抗でしょか。

オンキョーのパワーアンプでM-506RSの基盤に他の固定抵抗より
背の高い(足の長い)青色(紫?)の、(グリーンのもあります)が、
この抵抗の種類を教えてください。
これを交換したいのですが、なんていう種類の抵抗なんでしょうか。
普通のカーボン抵抗を代用としてもいいのでしょうか。

Aベストアンサー

酸化金属皮膜抵抗と思います。
同種の物で代替して下さい。

QJBL STUDIO MONITOR 4406 の アッテネーターのガリの取り方

STUDIO MONITOR 4410 のガリの取り方を教えて下さい。
アッテネーターのツマミ部にcaigを吹きかけたのですが、効果が有りませんでした。アッテネーター部を外してみたのですが、どのように分解したらよいのかが分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

4406(ですよね?)であれば、アッテネーターは
簡単には分解できません。

ただ、ガリ取りは簡単で、
ある程度の音を出しながら、アッテネーター部分を
何度もグリグリと動かせばガリはとれます。

caigというのがわからないのですが、
もしも接点復活材でしたら、すぐにふき取って下さい。
接点復活材は他の部分(たとえば軸受け)のグリスを
溶かしてしまいますから、
きっちりと接点に吹きかけないと
スイッチ(アッテネーター)そのものの寿命を
縮めてしまいます


人気Q&Aランキング