中小企業の働き方改革をサポート>>

スキービンディングの取り付け関連の質問です。

プレート装着板の場合、ポジビスをその分長くしたいので、長いポジビスを探しています。
ビスのサイズ違いがどの程度あるのかも知りたいです。
ポジビスの一番お得な購入方法を教えてください。
(ちなみに、5~10セット欲しいです。)
(ビンディングはサロモンが多いです)

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

No,1です。



普通のショップでは、バインディングは箱から出して板に取り付けるだけなので、
スペアのビスはほとんど用意してないと思います。

以前、私が勤めていたショップでは、万が一の時の対応用に在庫しているバインディングメーカーの
各種ビスを用意していましたが、あくまでもビスを破損した時などに使う緊急用で、お客様への販売用ではありませんでした。

また、バインディングの取り付けはメーカーの講習会などを受講した有資格者が行う事となっていますので、
PLの関係でユーザーが取り付けする事を嫌がるショップが多いです。

専門店では補修用の部品として取り寄せる事は可能ですが、それをユーザー向けに販売してくれるショップは少ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧でわかりやすい回答をありがとうございました。
実情がわかったので、探す方法が絞れそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/11/16 18:49

バインディング取り付け用のビスは、一般的に片方で7~8本使用していますが、それぞれビスの頭の形状・長さは違います。


チロリアの場合、トウピース・ヒールピースで各4本ですが、ビスの形状は4種類ありますし、他のメーカーも場所によってビスの形状・長さは様々です。

また、1992年頃、プレートの初期の時代にはビスとプレートをロングビスで共締めするタイプもありましたが、時代とともに消えて行きました。
これは、ロングビスだとビスが緩んだ時にビス穴にかかる負荷が大きく、最悪の場合バインディングが抜ける問題があったためで、
現在では板とプレート、プレートとバインディングはそれぞれ別のプレートで固定するのが主流です。

質問者様がどのようなプレートの使用をお考えかわかりませんが、今時の板でしたら、あえてロングビスを使う必要はありません。
ロングビスを必要とするようなプレートを自作するのであれば、前述のような安全性の面から、お勧めはできません。

この回答への補足

回答いただき、本当にありがとうございます。
プレートに関する疑問は解決しました。

ビスを各種類そろえているような、お店などあるのでしょうか?
どういうお店で売っているのか知りたいです。
よろしくお願いします。

補足日時:2009/11/16 00:04
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング