gooID利用規約 改定のお知らせ

まずはじめに言うと、自分は大学受験生です。1000語以上ある英文を問題もふくめて20分で読まなくてはいけません。
でもある程度の正確さもいります。それなので以下の勉強方は受験には向いてないのかなぁとも思い少し心配です。
大人とかが英字新聞とかを読むにはいいのかも知れませんが・・・


http://www.ymtkha.com/english%20training.html​​

↑のサイトとかをみててなんとなくはわかったのですが、
一度に見る英語の数を増やしたって結局はその大きい一塊の英語を読むのですよねぇ?



I met Suzan when I was a first year students

という英文があったとき
自分の場合は
I met Suzan というところまで見てやっと「スーザンに出会った」と訳せるのですが、上級者というのは  I met Suzan を一塊で見て訳をいえるのでしょうか?
この例文はとても簡単なのでそれぐらいなら自分でもできるのですが、受験英語となるとけっこう難しい英文なので今の例のようには行きません。


immigration controls are relatively recent policy which became comoon

という文でwhichまでの文をぱっと見て、一瞬で訳せるものなんでしょうか?自分の場合はやはり1~2秒かけてpolicyまで目を通してしまいますが・・・

/00000/ccccccc/ddddddd

※ 0cd  は英文だとします


だとしたら、000000を一瞬で見て理解するのはたぶん無理だと思うので結局は0/0/0/0/0とよまなくてはいけないのではないでしょうか?

それとも上級者になったら/00000/と見たら瞬間的に訳が出てくるものなんでしょうか?

自分は大きな一塊を読もうとしてもその塊の中で左から見ていかなくては読めません。
この読み方でいいのでしょうか?



すごいまとまりのない文章なので不明な点があればどしどし言ってください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も昔は細切れにしか読めずにすごく苦労してました。



もしかすると、質問者さんは英文をいちいち日本語に訳していらっしゃるのではないでしょうか?
確かに訳す問題などの練習は必須ですが、訳せと書いてあるところ以外を訳す癖をつけてしまうのは時間の無駄です。

また、急いで読まなければ!と必要以上に焦って、読んだのに内容が頭に入っていなかった…というのではこれも時間の無駄です。

私がおすすめする英語を速く、正確に読めるようにするやり方は
まず、それなりに長めの入試問題を時間を計ってといてみる(コピーをとってそれにかきこむこと)
時間がきたらいったん切るが、そこから自分で満足のいくまでじっくりやってみる。
答え合わせをして、どこが読めなかったかなどをチェックし、わからなかった単語は全部調べる
それを確認したら、とっておいた白紙の入試問題の方の文章をできるだけ英語から日本語に直さず
英語を英語のままとして読む(最低10回ほど)

このようにして、この文章だったら一度もつまづくことなく全ての内容を理解できる、むしろ暗記した
というくらいになってる英文の数を増やします。

また、最初のうちは、読んでるだけで論理構造を捉えられていないといけないので、余白に日本語でパラグラフごとに短い要約をかいていくことをおすすめします。
要約は訳ではありません。
英語を英語のまま理解したあとに、自分のことばでまとめなおします。
これができないということは、そのパラグラフの意味をつかめていないということになります。

英語を速く読めるようになるためには、新しい文章に触れることも大事ですが、既読の文章を何度も読むことも大切だとおもいます。一度やって、文章の意味や構造をつかんであるので、既読の文章を読むときは、次になにがあるのかを予想して読むことになります。
これを繰り返すと、読んだことのない文章でも、以前でてきた文構造があると、自然と先を予測して読めるようになります。

たとえば日本語でも、私は今日朝せっかく朝早くおきたのに…
という文章をみかけたら、次の内容は~てしまった
のような残念なことがおこりそう。とどこかで思って読むわけです。
どの言語であっても、このような予測なしにすらすら読めるわけはありません。

質問者さんは、難解な文章だと理解できる範囲が短いとおっしゃってましたが、一度読んだ文章をそのまま放置されているのではないでしょうか。
きちんと解答の訳とてらしあわせてからもう一度読むと、きっとすらすら理解できる範囲が広がっていると思います。
解答をみてからだと意味がないと思いがちですが、そういうわけではありません。

私もこの方法で、かなり速く正確に英文を読むことができるようになり、早稲田の国際教養学部、教育学部、慶応文学部、立教文学部、東京外国語大学外国語学部に合格できたので、ぜひ参考にしてください。
    • good
    • 0

リンクが見えないのですが、他の回答者さんの答えがもし方向違いであったなら(方向違いであって、書かれている内容は間違ってないと思います)、昔なにかの速読の本で「文字は画像として認識すべし」と書いてありましたが、もしかしたらそのような事じゃないですかね。

読みながら、つまり頭の中で音を再生しながら読んでいると、スピードに限界があるわけで、画像として認識出来れば一気に脳に入ってくるわけです。

ちなみに、自分には無理だと思ってあきらめましたが(笑)
    • good
    • 0

 まず自国語で読む時のことを考えてください。



 上から下へ、あるいは左から右へ、絨毯を掃除するように満遍なく同じ速度で、いわばスキャナーのようにお読みになりますか?

 私は、これ何が書いてあるのか、という小さな好奇心をまず持ちます、そしてその答えを求めて読みます。

 だから読んだあとで、何文字、何行読んだか、と聞かれても答えられませんが、何が書いてあったか、と聞かれれば、釜山で、日本人が何人焼け死んだ、ということは言えます。

 英語でも絨毯掃除機的に読み、速度を延ばそう、何秒間に何語読めなくては、という方法は、伸びません。

 少し視点を変えて、試験の問題でも「今あなたは何語読みましたか」という問ではなく「何が書いてありましたか」であることをもういちどお考えになるといいでしょう。ファーストにギアを入れたままで、アクセルを幾ら踏んでも出せる速度に限界があるようなものだと思います。

 
    • good
    • 0

リンクがうまく繋がらずサイトが見えないのですが、多分速読のことを書いていると思います。

速読では一語一語を拾わずに、キーとなる単語を拾って読んでいきます。いわゆる斜めに読むという奴です。

入試で試験問題を読むとき、速読で一別し、再度問題を見て精読すると言う方法もありますが、いずれにしても精読での早さが必要と思います。精読で早さを上げたいのなら、少なくとも英語の文章を日本語訳に合わせて前後せず、タダひたすら書いてある順序で内容を理解できるようにすることが重要です。そのとき、ひとかたまりで見る必要はありません。一語一語読んでいっていいのです。日本語を読むときでもそうですよね。でもこれは結局英文を英語のまま理解することと同じです。
最初はかなり難しいことかもしれません、そのときは出来るだけ易しい文章を選んで読むことです。数をこなせばだんだん早くなります。時間をかけて積み上げれば50語/分はそれほど難しいターゲットではありませんよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング