ある人物と次のようなことについて論争中です

---------------------------------------

PC(パソコン)の本体は
ファンやドライブ等が原因で短い周期で振動していますよね
それに対してPCが置いている床は建物の一部ですから揺れませんし
しっかりしていていますよね
ですからPCがその床に置いてある時は
PCが無重力状態でぷかぷか浮いている時より揺れませんよね
(↑この時点であっているか心配・・・)
それでは現在のところPCは床に直接置いてあるのですが
PCと床の間に柔らかいゴムのような防振をいれたら
PCの揺れは大きくなるでしょうか?小さくなるでしょうか?

---------------------------------------

私はPCの揺れは大きくなると思うのですが
論理的に説明できなくて
相手を説得できません
(相手は小さくなると主張します
むしろ私が間違っているのでは・・・!?と少し不安・・・)

くだらない事で申し訳ありませんが
どうか正しい答えと
それに対する論理的な反論の余地のない説明を教えてください
お願いします

A 回答 (4件)

実際にPCの揺れが大きくなるのか、小さくなるのかはもちろんやってみないとわかりません。


だからそういう意味では、「小さくなる」「大きくなる」との結論は、やってみないと出ないのが答えなので、cycloid448さんもその友人の方も間違いと言えますが、、、

知りたいことは(ゴムを入れると)必ず小さくなるわけではないという根拠ですよね?

ならば、逆に大きくなるケースを考えればよろしいかと思います。

たとえば、振動は結局ケースを振り子として細かく動いているだけですから、単純なケースとしてピアノ線を手で振ることを考えると、その先が床に接すると振り子の動きは止まります。
(ピアノ線の先端がビュンビュンと動くように振るわけですね)
しかし、たとえば非常に早く振った場合は、今度は一端が床に固定されていても、ピアノ線の中央が一番振幅が大きくなるような振動が起きます。

これは、ピアノ線の端が解放されている時にあった低周波での共鳴周波数が、一端が固定されることによりピアノ線の共鳴周波数から消えたために振動が起きなくなった。
と言うことが出来ます。

振動の振幅が元々小さい場合は、ゴムによる一端の固定は、完全に床に固定した場合と違って自由度がありますから、その分開放端の条件に近くなるでしょう。
(床の場合は、床との摩擦力によりますね)

比較的に低周波で振幅が大きいような振動の場合は、床に直接置いた方がゴムの上に置くとか、空中に浮かせるよりも振動は小さくなります。
理由は結局ピアノ線の振動の例と同じことが起きるからです。

なかなか適当な例を思いつかないので、このぐらいしか説明できませんが、どんなものでしょうか?

PCの場合は難しいですね。筐体の構造、重量、発生している振動の周波数にもよりそうですから。
低周波の振動を止めるのに、どこかを固定したら、高い共振周波数が生まれてしまって、また震動源に丁度その周波数が含まれていたために、低周波の振動は小さくなったけど、高周波の振動は大きくなったなんてことも良くある話です。
(こうなるとcycloid448さんの方が結果的に間違いとなりますけどね)

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
さて論争の行方なのですが
おかげさまで「お互いに誤っていた」という事で
血で血をあらう争いに発展する事なく(笑)無事に決着しました
いろいろとわがままな質問に答えていただき
ありがとうございました

お礼日時:2001/03/23 16:07

補足読みました。


そうですね、実際はこの振動問題はかなり複雑なんですよ。
では、振動(を低減させる)の専門家がどうやっているかというと、

1)加速度センサー(振動を測定する小さな素子)を沢山筐体に張り付ける。
2)外から様々な周波数の振動を加える。
3)あと、内部で発生している振動も動作させて測定する。
4)筐体の構造をコンピュータで再現させ、有限要素法という手法で振動解析し、測定結果とつき合わせて、モデルを構築。
5)このモデルに対してどこの部材をどのように変化させれば振動が低減できるかをシミュレーションする。
  (変化とは、構造の形状(補強剤とか、重量を変えるとか、材質を変えるとか、etc..)
6)最後にその設計変更を織り込んで、また1,2を行い効果を確認する。

うまく行くと一度で振動は下がるし、だめならばまたやり直しです。
(もちろん専門家ですから、大抵は一度でうまく行きますが)

なんて事をやっています。

反射の話は、固定端の反射(床がある場合)、自由端の反射(空気の場合)ですね。
(高校で習うやつです。)
現実の物は複雑で、簡単には「これである」とはなかなか言えないのが難しいところです。

ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
いろいろ教えていただいた上で恐縮ですが
前回の回答の中で
>・上記の条件でないときにはゴムを入れると大きくなるでしょう。
この大きくなる理由を相手に説明したいのです
相手はこの点について「小さくなるだろう!」なんていっているのです
(この点を論破すれば私の勝ちなんですが)
どうかこれについて論理的に説明できないものでしょうか

お礼日時:2001/03/23 08:00

答えはどっちでもありうるでしょう。



まず、前提条件の床が揺れないというのは間違っています。
(揺れるから上の階の物音が聞こえるんです。)

で、PCの揺れが大きくなるかどうかですが、

・PCの振動が床と共振する、又はPCの足が床によって制限された時のPC本体の共鳴周波数に近いか一致する振動が起きているときには、ゴムを入れると小さくなるでしょう。
・上記の条件でないときにはゴムを入れると大きくなるでしょう。

振動が大きくなるか小さくなるかは、その系の共鳴(又は共振ともいう)周波数と実際の振動源の発生する周波数との関係で決まると言うことです。
その系の共鳴周波数は、系の重量、形状などで決まってきます。PCが床におかれたときには、完全ではなくても一部PCの筐体になりますから、変化があるでしょう。
あと、境界(ここではPCと床の間)があると反射が起きますのでそれも考慮しなければなりません。
そのため、たとえ床が「揺れない」としてもどっちになるかは、その対象物(の共鳴周波数)次第です。

これは工業的には様々なところで応用されています。
たとえば建物の地震対策でも同じ方法が利用されています。車の防振対策も同じです。

実際にPCの振動を小さくしたい場合には、試してみることが一番簡単です。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
両方試したのですが振動は両者とも手で触ってみる程度では到底比較できない差でした。こうなったら何か振動を計測する機器でも探してみようかと・・・ってそこまでする事ないっすね・・・
簡単に言えば「共振していなければ大きくなるそうでなければ小さくなる」という事なのでしょうか?
あと私の方でも調べてみようと思いますが
> 境界(ここではPCと床の間)があると反射が起きますのでそれも・・・
の「反射」とは・・・?、あと
> PCの足が床によって制限された時のPC本体の共鳴周波数に近いか一致する振動が起きているときには・・・
という所がよくわからないので補足していただけると有難いです
(物理勉強しなきゃいけないかな・・・)
とても専門的(論理的)に説明していただきまして
よい説得(あるいは結論かな?)が出来そうです!

お礼日時:2001/03/22 03:21

商社に勤めていて、防振ゴムも扱い商品の一つです。


理論的には明確じゃないかも知れませんが、体験的な見地から言わせていただきます。

本体の揺れが大きくなるかどうかは「加振力」と「自重」との関わりだと思います。
例えばファン、扇風機のような物を防振ゴムのような緩衝剤で防振するときは、本体の揺れは大きくなります。
床に伝わる振動は小さくなりますけどね。
ファンの羽は本体寸法に比して大きく、そのバランスの悪さから来る加振力は大きく作用するようです。
逆にコンプレッサーを防振すると、本体の揺れすらも小さくなるように感じます。
コンプレッサーの振動部は本体の自重に比して小さく、
その辺が関わっているのではないか、と思います。

PCの場合、ファンやドライブが振動を発生しても、PC本体の自重に比して、その加振力は小さいと感じます。
従って、小さいファンなどが振動しても、加振力が本体自重に比して小さいために、本体を防振ゴムなどで浮かした場合、本体の振動幅は小さくなるのではないでしょうか。

・・・予想ですけど。

現実にはパソコンの防振の要求は周囲の振動からの保護、と言う要求からです。
周囲から振動を食らうとハードディスクがクラッシュしたりするからです。
プリンターの防振は更に要求が高いのですが、これはプリンタヘッドの重量が本体に比して大きく、しかも極低周波数で行ったり来たりするので更に難しい防振です。
大きい加重を持った基礎で受けて、その基礎ごと防振する発想でないとなかなか解決しません。

ここまで書いても、別に理論的に解説しているわけじゃないですね。
すみません。
でも、体験的にはそういうことです。

ご参考に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
防振ゴムを扱っている商社の方のご意見ですから説得力あるかもしれません。
ありゃ・・・?
この意見だとドローって事・・・
でも、防振に付いて参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/22 03:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもしも東京の地下鉄の車輪がゴムタイヤだったら?

どうなっていたでしょうか?!

Aベストアンサー

こんにちは。
都営と東京メトロを合わせると、札幌の市営地下鉄とは桁違いの総延長距離・車両数でしょうから、タイヤメーカーはさぞ儲かったことでしょうね。
でも、私鉄との相互乗り入れが出来ないことになるので、通勤時間帯の乗り換え駅での混雑などが大変なことになっていたと思いますよ。

Q正論理と負論理について

信号の与え方(受け取り方)として、正論理と負論理があると思いますが、
これらに関してメリット、デメリットという観点でみるとどのようなものがあるのでしょうか。

別の観点からのみかたとか正論理、負論理を決定する理由とかがあるのでしょうか。

例えば、
マイコンのピンとかを見ているとリセット端子とかは負論理になっています。しかし、アドレスやデーター端子は正論理になっています。

どういう理由で使い分けが行われているのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

tanceです。

正論理、負論理は些細なことで決まることが多いと思います。
習慣
以前の仕様
配線の数
使うICの入出力仕様
集合抵抗でのプルアップやプルダウン
信号源の仕様と断線時のフェールセイフ
外部機器との電源の入り切り関係
などなど、

たとえば、入力を正論理にすると、スイッチをONにしたら電源につなが
なくてはなりません。外部に電源を出さなくてはならなくなります。
その電源は回路の電源そのものでは少々不安です。もし外部でショート
されたら装置全体がダウンしてしまいますから、ショート保護をつけて
スイッチにあげなくてはなりません。・・・面倒ですね。

負論理でも不具合がある場合もあります。スイッチではなくICの出力を
別な機器に与える場合、負論理だと、信号源側の機器の電源が切れた
だけで信号が来たことになってしまうことがあります。(電源が切れた
機器は絶対に"H"を出力することができないから)

正論理で、受け側の機器の電源が切れるとどうなるでしょうか。電源の
切れた機器に外部から信号線を通して電源を与えることになってしまい
ます。これは受け側の機器にとっては自分の電源(0V)を超える過大
入力となり、故障の原因にもなります。

では、受け側の機器の電源をつかって入力信号をもらえばよいので
しょうか。残念ながらそうとも言えません。受け側の機器の電源を
信号源側の機器に与えなければ信号源側の機器は信号を出せないので
電源の受け渡しが必要になります。すると、今度は信号源機器の
電源だけを切ったとき、受け側が信号源機器の電源まで供給する
ことになってしまいます。

このあたりは、うまい問題の避け方があるのですが、論理を変える
だけで問題が避けられるなら一番簡単です。

以上で、だいたい質問に答えていると思います。

tanceです。

正論理、負論理は些細なことで決まることが多いと思います。
習慣
以前の仕様
配線の数
使うICの入出力仕様
集合抵抗でのプルアップやプルダウン
信号源の仕様と断線時のフェールセイフ
外部機器との電源の入り切り関係
などなど、

たとえば、入力を正論理にすると、スイッチをONにしたら電源につなが
なくてはなりません。外部に電源を出さなくてはならなくなります。
その電源は回路の電源そのものでは少々不安です。もし外部でショート
されたら装置全体がダウンしてしまいますか...続きを読む

Q札幌の地下鉄の電車は何故ゴム製のタイヤを使用しているのですか?

札幌の地下鉄の電車は何故ゴム製のタイヤを使用しているのですか?

東京では見かけません。東京は鉄の車輪です。

Aベストアンサー

こんばんは。

ゴムタイヤは鉄車輪・レールの組み合わせよりも軌道面との摩擦抵抗を高くできますので、スリップを起こしにくく、急加速・減速にもある程度対応でき、勾配に強いので急な上り・下りにも対応しやすいメリットがあります。
また、ゴムは鉄と比べてやわらかいので、車輪から出る騒音も少なくすることができる効果もあります。

東京の「ゆりかもめ」もゴムタイヤにコンクリート軌道の組み合わせですが、通常の路線と比べてカーブ・勾配も多い路線でもスムーズに走行することができています。
「ゆりかもめ」の場合はカーブ・勾配が多い分だけ建設用地の買収費用を抑えることができ、建設費の圧縮にも効果がありました。

札幌地下鉄の場合も40‰という、鉄車輪・レールで走らせるにはやや辛いきつめの勾配もあったことや、計画当時は鉄車輪・レールに変わる新たなシステムとしてゴムタイヤ・コンクリート軌道の組み合わせが一種のブームになっていたこともあり、あのようなゴムタイヤを採用したのだと思います。

ただ、ゴムタイヤの摩擦抵抗が高いということは、それだけエネルギー効率が悪いわけですし、素材も自動車のタイヤと同じゴムですから、重量オーバーになるとタイヤが変形して走れなくなる可能性もあります。
また、ゴムタイヤは軌道との摩擦で粉塵が出やすく、鉄車輪と比べて寿命が短いので維持費が高くつきます。鉄車輪だと何度も削り直すことでまた走れるようになりますが、ゴムタイヤはすぐ取り替えないとダメですので。

後、これは「ゆりかもめ」などコンクリート軌道を採用している路線全てに言える問題なのですが、コンクリート軌道は一度軌道狂いが起こると修正しにくく、乗り心地の悪化が問題になりやすいデメリットがあります。
レールの場合は最悪でも交換してしまえば良いのですが、コンクリートはそのまま使い続けなければなりませんからね・・・

通常の鉄車輪・レールとどちらが良いとも言えませんが、最近は一部の新交通システムを除いてゴムタイヤは採用されなくなっているように思います。(そもそも路線を建設する需要が無いとも言えますが)

こんばんは。

ゴムタイヤは鉄車輪・レールの組み合わせよりも軌道面との摩擦抵抗を高くできますので、スリップを起こしにくく、急加速・減速にもある程度対応でき、勾配に強いので急な上り・下りにも対応しやすいメリットがあります。
また、ゴムは鉄と比べてやわらかいので、車輪から出る騒音も少なくすることができる効果もあります。

東京の「ゆりかもめ」もゴムタイヤにコンクリート軌道の組み合わせですが、通常の路線と比べてカーブ・勾配も多い路線でもスムーズに走行することができています。
「...続きを読む

Q床にばね定数kのばねを置き、その上に質量mの物体をのせて、自然長からA

床にばね定数kのばねを置き、その上に質量mの物体をのせて、自然長からAだけ縮めた状態にする。この状態で手を離すと物体の到達できる高さはいくらか。

という問題に手こずってます…

できれば式と答えも書いていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(a) ばね定数kのばねをAだけ縮めた状態の弾性エネルギー
(b) 高さhの位置にある質量mの物体が持つ位置エネルギー

 エネルギー(a)がエネルギー(b)に姿を変える、のはわかりますか。
 ということは、(a)と(b)をイコールで結んでみましょう。そうするとhが求まりますよね。

 (a)(b)の式は教科書に必ず載っているはず。

Q札幌のゴムタイヤ地下鉄って本当に静か?

開業当時はゴムタイヤによる低騒音を売りにしていましたが、
現在ではゴムタイヤではない東京の地下鉄も
最新車両に限っては非常に低騒音で、
節電で窓を開けていてもカーブでレールがきしむ時以外は、
札幌の地下鉄以上に静かになっているような気がします。
皆様はどう思いますか?

(でも名古屋の地下鉄は結構うるさいですね。)

Aベストアンサー

こんにちは。札幌市民です。
久し振りに4月に東京に行き、京急と京成・都営に乗りましたが結構静かになりましたね、ただ京急のサイリスタチョッパというのですか?加速・減速時の「ヒューン、ヒューン」という音が車内でもうるさくは感じました。だけど車輪の音の侵入は確かに静かになりましたね。
翻って札幌市営地下鉄、結構ゴムタイヤのロードノイズ(ウオーンといううなり音)が結構大きいのですよ、車外では勿論ですが、これからの夏場に向けて窓を開けると、隣り同士でも大声をあげないと会話が出来ません。
窓を閉めていればそこそこですが、今回東京で地下鉄に乗ってみて比較した感想ではゴムタイヤの優位性は、もうあまり感じませんでしたね。

*個人的には騒音よりゴムタイヤ車両(羽田モノレールを含めて)の細かな上下振動が気に入りません。あれは空気入りタイヤの弾性の影響と線路代わりのコンクリート路面の平滑度の影響ではないかと思うのですが。
*それと加速度と減速度が大きいのも気に入りません。(それがゴムタイヤのもう一つの「とりえ」なのでしょうが)発進時や減速時には、立っている人間は「鉄道」より「踏ん張り度」が大きいです。

しょせんゴムタイヤは異端児だとは思っております。なんであんなものを入れたのでしょうかね、ただ、中心部では駅間距離が市電並み(市電撤廃の代わり)のところもあるので、加減速性能を上げたかっただけかもしれないとは思っております。(騒音は副次的?)

長々とすみません、本題からちょっとずれましたが、個人的には最新型に限って比べれば東京の地下鉄に軍配を上げてもよさそうには思いました。

こんにちは。札幌市民です。
久し振りに4月に東京に行き、京急と京成・都営に乗りましたが結構静かになりましたね、ただ京急のサイリスタチョッパというのですか?加速・減速時の「ヒューン、ヒューン」という音が車内でもうるさくは感じました。だけど車輪の音の侵入は確かに静かになりましたね。
翻って札幌市営地下鉄、結構ゴムタイヤのロードノイズ(ウオーンといううなり音)が結構大きいのですよ、車外では勿論ですが、これからの夏場に向けて窓を開けると、隣り同士でも大声をあげないと会話が出来ません...続きを読む

Q論理回路(論理素子)

論理素子の入力と出力の間の遅延時間の存在で、動作しなくなる回路があると習ったのですが、それは7セグメントLED表示回路でもありえるのでしょうか?
また、それはどのような場合なのでしょうか?

Aベストアンサー

質問の意図が違っていたらごめんなさい。
前の回答者とは別な観点で考えてみました。

まず、入力信号がHighからLowに変化する場合、瞬時に切り替わる
訳ではなく、一定の時間を要します。
High→Lowに遷移している最中に、再びHighの信号が入力されると
Lowに下がりきらずにHighになる、つまりH、L、Hを期待しても
H、H、Hになってしまいます。その結果、不適切な7セグメントの
論理組み合わせが出来てしまうことがあるかもしれません。

また、論理素子というか、ICそのものに最大動作速度が決められて
おり、それを超える速度の信号を入力したり、ICの入力回路の
時定数が不適切でLPFを構成してしまっていたりする場合にも
正しい動作にならないとでしょう。

更に出力側も同じように、ICの出力に7セグメントLEDを点灯させる
ための回路をつなげる際に、不適切な回路を構成してしまうと、
H/Lの遷移がLEDにうまく伝わらないという可能性もあると思います。

Qモリのゴム販売店教えて下さい

魚を突く(モリ)のゴム(収縮性優れてる)販売してる店舗(東京23区)、又はインターネットでお知りの方教えていただけないでしょうか

Aベストアンサー

自作の手銛にて、自家消費分の魚は自給している中年男性です。

手銛用のゴムチューブで、検索をかけてすぐに出てくるのが「D-30」というアメゴムでして、1m当たり、1200~1500円で買えます。
価格の点でも、強度の点でも手銛用ゴムのスタンダードであるのは確かです。
もちろん、これよりも高性能を売り文句にした、より高価格のゴムもありますが、私は使用したことはありません。

で、入手しやすいいろんなゴムチューブを取っ替え引っ替え試用してきた経験から申しますと、結局手銛本体の強度に見合ったゴムを選ぶことが何よりも大切かと思います。
でないと、たとえば、太いゴムを使った方が確かに瞬発力も射程距離もアップしますが、そのために手銛本体がしなるようでは、命中精度がダウンしますからね。

もし、質問者さんお持ちの手銛が、たとえば丈夫なスキーストック(カーボン製)ならば、太めの強力なゴムも使えますが、ゴルフクラブ製だとすれば、D-30でも大きくしなってしまうかもしれません。

で、いずれにせよ、私がお薦めしたいのは、実はフィットネス用のセラチューブでして、都内のスポーツ用品店にはどこにでも置かれているはずです。
このセラチューブの長所は、伸縮性・強度・耐久性に優れ、しかも3m(1500~2000円)と安価である点です。
手銛用には、ブラック(強度レベル+3)か、シルバー(強度レベル+4)のいずれかが適合するはずです。

なお、全国の魚突き愛好者の多くも、この安価なセラチューブを愛用しているはずです。

自作の手銛にて、自家消費分の魚は自給している中年男性です。

手銛用のゴムチューブで、検索をかけてすぐに出てくるのが「D-30」というアメゴムでして、1m当たり、1200~1500円で買えます。
価格の点でも、強度の点でも手銛用ゴムのスタンダードであるのは確かです。
もちろん、これよりも高性能を売り文句にした、より高価格のゴムもありますが、私は使用したことはありません。

で、入手しやすいいろんなゴムチューブを取っ替え引っ替え試用してきた経験から申しますと、結局手銛本体の強度に見合っ...続きを読む

Q耐震・防振について(中学レベル)で・・・・・。

解りやすい書籍のご紹介を頂きたいです。
記号(√)を含めチンプンカンプンな私に
救いの手を・・・。お願いします。

Aベストアンサー

#1です。

>耐振? 耐振工学?を教えてください。

ダブル投稿かな? それとも宿題と思われたのかな?

もう1つの質問に答えたのですが、書き込みしている間に削除されてしまいました。利用ルールには気をつけてください。

さて回答ですが、
耐振ではなく耐震だと思います。

耐震設計とは地震に対して構造物(建物や橋、ダム、道路などや機械)が壊れないように設計することです。

このような設計をされたものを耐震構造といいます。

そして、設計に考慮する地震により生じる力(地震荷重)を研究したり、地震動(地震により発生した振動)の性質を研究したり、耐震設計法を研究したり、耐震構造物を開発したりする学問を耐震工学といいます。

もっと知りたい場合は、下のサイトなどを参考にしてみてください。

参考URL:http://www.aij.or.jp/jpn/seismj/lecture/index_s.htm

Q飛田新地の東京版のような場所はありますか?

風俗店の利用に興味があるのですが、飛田新地の東京版のようなエリアや店はありますか?

飛田新地の特徴は
・可愛い女の子が比較的多い上に、性行為をする前に店の外から女性の顔を実際に確認できる。
→一般的な風俗店のような「ホームページの写真より女の子が可愛くない」ということを避けられる。

・ゴムを付けて本番行為が確実にできる。

・しかし、ゴムなしのフェラや、嬢によっては唇同士のキスができない。
→デメリットだけど、会ったばかりの人とゴムなしで性行為したり直キスしたくない自分にとってはGood

東京にこのような特徴をもった風俗エリア/店はあるのでしょうか?
神奈川・埼玉県でも構いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今はもう、関東地方には飛田新地のような雰囲気の場所はなくなっちゃったんじゃないかなぁ・・・

10数年前までは、横浜の黄金町の「親不孝通り」や、川崎の「堀の内」なんかには『ちょんの間』と呼ばれる、ソノ手のお姐さんが居並んで客引きをするお店がたくさん軒を並べていたんだけど、神奈川県警の“バイバイ作戦”なるものが実施されて、横浜ではほぼ全滅、川崎の裏通りにほんの少し残っているだけ、という状態らしいですよ。

http://hamarepo.com/story.php?page_no=0&story_id=62&from=
http://hamarepo.com/story.php?page_no=0&story_id=942&from=

・・・蛇足ですが、売春は建前上は原則“違法”だし、なにより“病気”うつされたらコワいから、ご利用はあくまで『自己責任』でよろしく。老婆心ながらご忠告まで。

Q揺れについて

乗り物や場所で一般の人が気持ち良くなったり、心地よくなる揺れ、振動ってありますか?

良く聞く話では、電車の揺れが心地よいと聞くので電車以外でお願いします。

Aベストアンサー

ロッキングチェアに、私の祖母は晩年よく乗ってました。

子供が小さいときは、竹で編んだ馬(頭の横につかまる棒があるもの)にまたがって揺られてました。

友人に、狭いアパートの部屋にななめにハンモックを吊るして寝てる子がいました。

こんな答えでよろしい?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報