吉行淳之助と宮城まり子の「不倫愛」に関する小説を
読みたいと思っています。小説のタイトルと内容がお分かりの方は感想を教えてください。同じ想いを持つ熟年者として大変興味を持っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「湿った空乾いた空」が参考になると思います。


ただ、作風からして宮城まり子さんと登場人物の[M」は微妙に異なります。
ご存知と思いますが、吉行淳之介は実生活をそのまま小説にするような作家でないようですので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速教えて頂きまして有難うございます。「湿った空乾いた空」を読んでみたいと思います。

お礼日時:2003/05/12 11:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伊集院静さんと篠ひろ子さんはいつ結婚しましたか

伊集院静さんと篠ひろ子さんがご夫婦なのは知っているのですが、いつ頃結婚しましたかな?忘れてしまいました。平成○年と大ざっぱでも結構ですのでご存知の方がおられましたら教えて下さいませ~。

Aベストアンサー

1992年8月7日です。
ご存じかと思いますが、伊集院静さんの前妻の夏目雅子さんは、1984年に結婚後、翌1985年9月11日に白血病で27歳の若さでお亡くなりになっています。

Q小説を書く事に興味がある方へ

小説家を目指している方、趣味として書いている方、
これから何か書きたいなと思っている方・・・
普段はどのようなお仕事されていますか?
それは正社員ですか?出来れば年齢・性別もお願いします。

また、いろんな小説家が有名になるまでにしていた職業などの経歴が
沢山紹介されているようなモノってありますでしょうか?
よかったら教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

同業者に聞くよりは読書家に「どんな本がor作家が好きですか?」と聞いて彼らの経歴を信用できる情報源からリサーチするほうがいいですね。

あと、以下の文は余計なお世話なのですが…。
加えて親切で言うのですが…。

傾向として、プロの小説家を目指している者は同業者に対してひどく厳しいんですよ。ボロクソにけなして自身を喪失させてやめさせようとする人間もいますし、親切を装って嘘をつく人間もいます。
私も小説を書いているということを同業者に明かしたのですが「そんな考えで小説をかけるつもり?」「才能ないし視野もせまい。ちょっと諦めたほうがいい」など色々言われたことがあります。いや、アナタまだ私の作品読んだことないですよね、って感じなんですけどね。

あくまで親切で言うのですが、質問者様も同業者には気をつけたほうがいいですよ。というか小説を書くことを隠したまま興味本位を装って質問するほうがいいです。馬鹿の振りしてたほうが情報を得やすいのと同じですよ。

趣味で書いてる人はそんなことないのですが…。
趣味レベルなのであまり参考にはなりません。

同業者に聞くよりは読書家に「どんな本がor作家が好きですか?」と聞いて彼らの経歴を信用できる情報源からリサーチするほうがいいですね。

あと、以下の文は余計なお世話なのですが…。
加えて親切で言うのですが…。

傾向として、プロの小説家を目指している者は同業者に対してひどく厳しいんですよ。ボロクソにけなして自身を喪失させてやめさせようとする人間もいますし、親切を装って嘘をつく人間もいます。
私も小説を書いているということを同業者に明かしたのですが「そんな考えで小説をかけるつも...続きを読む

Q吉行淳之介が、宮城まり子と出会って書いた短編

こんにちは。

先日吉行淳之介さんの本を読み返していて、
「石膏像のような町の人々」の中で生きていた主人公の男性が、
一人の力強い母性を持った女性との出会いにより次第に心身の状態が良いほうへ変化していく…といったあらすじの、確か短編が読みたいなぁ。

と思って「原色の街」を読んだら違いました。

正しくはなんというタイトルなのか、
ご存知の方教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

短編集の中の、鳥獣虫魚です。

Q人と正反対の感想を持った本を教えてください☆

アンケートのカテゴリーで一度質問したのですが、こちらのほうが回答を得やすいかと思い、締め切って、もう一度質問させていただきます(^0^)

私は本を読むのが好きです。母も本が好きで、お互いにおもしろかった本を実家に戻ったついでに貸し借りしたりします。
ですが、本の好みが似てるというわけじゃないです。時々、全く正反対の感想を持つことがあります。

例えば、島本理生さんの『リトル・バイ・リトル』という本を、母が「すごく心があったまる本だよ」と貸してくれ、読んで見ました。いい本だとは思ったのですが、私は読み終わったあとにすごく悲しい気持ちになりました。何か、明るくしようという感じがツライ気持ちになっちゃって。それを母に言ったら「はぁ?何でぇ?」って言われましたf^_^;

また、池澤夏樹さんの『スティル・ライフ』を私が買って、話はつまらないわけじゃないけど、文章が読みづらい本だなぁと思ったまま、実家の居間にポンっと置いておいたら、母が「スティル・ライフってあんた買ったやつ?ちょっと開いてみたらおもしろくてすぐ読んじゃった~☆」って言ってました。弟もすごくおもしろかったと言ってたので、もう一度読んだのですが、ピンとこなくて(>_<)どうやら私はカタカナが多用してある本は苦手で(笑)

このようなことってよくあるんじゃないかなぁって思うので、ぜひぜひみなさんの体験も教えてください(^0^)

アンケートのカテゴリーで一度質問したのですが、こちらのほうが回答を得やすいかと思い、締め切って、もう一度質問させていただきます(^0^)

私は本を読むのが好きです。母も本が好きで、お互いにおもしろかった本を実家に戻ったついでに貸し借りしたりします。
ですが、本の好みが似てるというわけじゃないです。時々、全く正反対の感想を持つことがあります。

例えば、島本理生さんの『リトル・バイ・リトル』という本を、母が「すごく心があったまる本だよ」と貸してくれ、読んで見ました。いい本だと...続きを読む

Aベストアンサー

NO1です
私もまた出てきてしまいました。

おもしろかったけど、世間と違う感想を持った本が、ありました。

鈴木光司さんの「リング」シリーズです。

まったく怖くなかったです。映画の方は、貞子がテレビから這い出してくるシーンだけちょっと怖かったですが。怖さでいったら、桐野夏生さんの「OUT」とか、貴志祐介さんの「黒い家」の方が、現実にありそうでよっぽど恐ろしかったです。

NO3の方とはまさに逆です。私は「永遠の仔」はわりとおもしろく読みました。本当に人それぞれですね。

Q伊集院静って何様

伊集院静っていう爺さんは何様ですか?
単なる小説家ですよね。
このまえすし屋にいってるやつみました。
途中からむかついて不快に思ったのでその番組見るのやめたんですがなんであんなに偉そうにしてるんですか?

Aベストアンサー

ああー、あの番組私も見ました。
女性に「いちいちうるさい~」って言われてマジ切れして、途中でロケ中止になったりしたやつですよね?

まあ、どこにでも偉そうな人はいますからね。
あの人は小説家としても有名だからまだわかりますが、私の周囲にもやたらと偉そうな人はいますよ。
職を転々としているチンピラなのに、高圧的な態度の人とか。

あれは、もしかしたらテレビ向けのキャラであり、台本通りだったという可能性もありますよ。
テレビで見る姿からは、真実はわからないかもしれません。

Q私はスペインに、興味があります ある映画を見てサグラダファミリアに興味がわき そして、スペインにもと

私はスペインに、興味があります
ある映画を見てサグラダファミリアに興味がわき
そして、スペインにもと言う形になりました。
いつかはサグラダファミリアに行きたいと思います

まだまだ、大まかなことしかわからず
旅行に行く人向けであろう本を買いました
そう言う系統以外にスペインの歴史や文化が学べるオススメの方はありませんか?

Aベストアンサー

スペインって、どうしようもない国で、アフリカ北部から侵略されてきたモロ人で制服されて何百年、それで、イサベラ女王の出現で旦那との協力でスペインをモロ人から取り返した頃が全盛期。1400年代末の歴史をわかりやすく、興味深く書かれた「悲劇の女王・イサベラ」ってのが。手元にその本が見つからないので、作者・出版社は覚えていないですが、日本人のオバさんがよく調べて書きあげた本だと。あれで、スペインの歴史はものすごく納得できるようになりました。

次は、スペインと日本の関係。「ヨーロッパに消えたサムライたち」太田尚樹・角川書店。1612年のノン・フィクション物です。

この2冊で、かなりのスペイン通になれます。

Q伊集院静氏の震災体験記事について

東日本大震災後に週刊誌(雑誌名は忘れてしまいました)に掲載された伊集院静氏の震災体験記は、今ならどの媒体で読むことができますか?

確か、「震災後2週間」という言葉が雑誌の表紙に書かれていたと思います。震災後2週間の記録なのか、震災後2週間で寄せられた手記なのか、もうそこからうろ覚えなのですが。

週刊誌に掲載された時は、「作家の震災体験記事がもう載るんだ」と思って立ち読みしたものの、手記の内容に違和感を感じて結局その雑誌は買いませんでした。

それから折に触れてはふと思い出すものの、何しろ一度しか読んでないので、色々な所があいまいとしております。あいまいな部分を思い出しては「何か腹立つ」と思って、またイライラするの繰り返しです。

自分の記憶に間違いがあれば訂正したいので、もう一度きちんと読みたいと思っていたところ、少し前に伊集院静氏のエッセイの単行本が出版されました。

ただ、新聞広告の文言を見た限り、収録されていないような雰囲気なのですが、ここ最近は忙しくて確認のために本屋に赴く暇もありません。

どなたかご存知の方がいらっしゃれば、ご教示いただければと思います。
よろしくお願いします。

東日本大震災後に週刊誌(雑誌名は忘れてしまいました)に掲載された伊集院静氏の震災体験記は、今ならどの媒体で読むことができますか?

確か、「震災後2週間」という言葉が雑誌の表紙に書かれていたと思います。震災後2週間の記録なのか、震災後2週間で寄せられた手記なのか、もうそこからうろ覚えなのですが。

週刊誌に掲載された時は、「作家の震災体験記事がもう載るんだ」と思って立ち読みしたものの、手記の内容に違和感を感じて結局その雑誌は買いませんでした。

それから折に触れてはふと思い出すもの...続きを読む

Aベストアンサー

その週刊誌は、ANo.1さんが答えて下さっているように
「週刊現代」かと思います。
たまたま、私も伊集院氏の書かれたその記事(かどうかは不明ですが)を持っているので
取り出して見てみましたところ、平成23年3月19日発売の週刊現代(4月2日号)でした。

普段、滅多に「週刊現代」を読んでいないので、伊集院氏が毎週この雑誌に
寄稿しているのかどうか、私にはわかりません。
また、表紙に「震災後2週間」との文字も見当たりません。
ですから、この号ではないのかもしれません。

ちなみに、私が持っている記事には「テレビは真実を映すわけではない」という副題が
付いています。
主な見出しは「映画を見ているようだと?」「何が起きようとしてるんだ」
「東京もやられたのか」「町が消えた?無数の死体?」「これは天災なのか」
「孤立する子供たち」「何を隠しているんだ?」「希望の光はいつか差す」で、
私が読んだ限りでは、腹が立ったり、イライラするような内容ではありませんでした。

仙台在住の作家として、テレビキャスターの「まるで映画を見ているようです」発言や
亡くなった方に対して「無数」などの言葉を使って良いのか?など、東京のメディアに
憤っている内容は多くありますが、震災の日の夜空が驚く程あざやかだという文が
大変印象的でした。
ですから、違う号なのかも?と思うわけです。完結した文章のようではありますが・・・。

質問者様が探していらっしゃるのは、多分、この号か次の号辺りかと思うのですが
既に2年近くが経っていますので、今の段階では出版社に直接尋ねてみるのが
一番早道ではないでしょうか?
出版社になければ古本屋で探すか、オークションで探すか、
あとは国立国会図書館で探すくらいしか思い当たりません。
あまり詳しくないのですが、逆オークション?で探してみるのも手かもしれません。

お役に立てず申し訳ありません。

その週刊誌は、ANo.1さんが答えて下さっているように
「週刊現代」かと思います。
たまたま、私も伊集院氏の書かれたその記事(かどうかは不明ですが)を持っているので
取り出して見てみましたところ、平成23年3月19日発売の週刊現代(4月2日号)でした。

普段、滅多に「週刊現代」を読んでいないので、伊集院氏が毎週この雑誌に
寄稿しているのかどうか、私にはわかりません。
また、表紙に「震災後2週間」との文字も見当たりません。
ですから、この号ではないのかもしれません。

ちなみに、私が持っている記...続きを読む

Q涼宮ハルヒの憂鬱小説版・ファンタジー小説

最近、涼宮ハルヒの憂鬱の小説などが気になっているのですが実際、面白いのでしょうか?(ちなみに女性です)ためしに読もうと思って中古書店屋さんなどで探しているのですが、見つからないので新品でも買う勇気がないというか…
また、ファンタジー小説で恋愛要素なども混じったものでお勧めのものはないでしょうか?(出来ればイラストなどは漫画チックな物のほうがいいです)最近の小説でいいのがあったらぜひ、教えてください。
過去に読んだことのあるものは…魔術師オーフェン・ロードス島戦記・フォーチュンクエスト・フルメタルパニックなどです。(少ないですが)ロードス島戦記はお話的にはすごくすきなのですが、今回探しているのは重い感じではなく、話的にも漫画っぽいのがいいなぁと…キャラクターなども魅力的なものを探しています。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

涼宮ハルヒは確かにおもしろいですね。私的には小説の方が詳細までわかるので好きです。
最近のものとしては、ゼロの使い魔、灼眼のシャナ、アリソン、リリアとトレイズ(アリソンの続編)、
デュアンサークシリーズ(フォーチュンクエストをお持ちなら知っていると思いますが)
護くんに女神の祝福を!とかですかね。

Q伊集院 静の結婚相手は?

伊集院 静の現在の結婚相手をどなたかご存知の方、
どうか教えてください。
篠ひろこと、田中好子 どちらかという事で
友人達と話し合いましたがどうしてもわかりません。
また、田中好子でないとしたら
田中好子の結婚相手も教えていただきたいです。
伊集院 静の兄弟と結婚した、という人もいます。
夏目雅子の兄弟と結婚した、という人もいます。

こんなくだらない内容なのですが、
非常に悩んでいます。
どうか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

伊集院静さんの現在の結婚相手は、「篠ひろ子さん」です。
前の奥さん(夏目雅子さん)と死別された後、1992年に
再婚されています。
参考URLでご確認を・・・

また、田中好子さんのご主人は、「小達一雄さん」です。
小達さんは、故夏目雅子さんのお兄さんで、
現在、ご夫婦揃って、「夏目雅子ひまわり基金」の活動を
なさっています。
http://www.poca2.ne.jp/ippin/natume/himawari.html

参考URL:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/meikan/sa/shinohiroko.htm

Q不倫関係の小説又は切ない恋愛小説

不倫関係の小説を探しています。
が、
渡辺淳一氏の小説は苦手です。私だけの感想かも知れませんが、「女の人が身勝手」なのは・・・。(【失楽園】読んでて腹が立ったので・・・)
どうしても、別れられずに、悩み続ける。そんなお話をお願いします。
後、そう言った不倫でなくても、切ない恋愛小説もあったらお願いします。

Aベストアンサー

むかし読んだ古めの小説ばかりです。お眼鏡にかないますかどうか。

 不倫小説

◇川端康成『みづうみ』
美少女のうしろをつけずにはいられない元教師。複数の女性たちが出てきますが、いずれも切ないほどに真実です。この小説は美しいとしか言いようがありません。

◇横光利一『寝園』
夫を絡ませた三角関係の中で、故意かはずみか謎の一瞬が訪れます。

◇大岡昇平『武蔵野夫人』
不倫の本場フランスの心理小説の系譜を踏み、戦後まもない日本の社会状況をからませています。

◇吉行淳之介『夕暮れまで』
中年の男と若い娘との恋愛モード。

 切ない恋愛

◇ドストエフスキー『白痴』
この大作、まずはとりあえず恋愛小説でしょう。それぞれが切ない恋をします。

◇ミュッセ『フレデリックとベルヌレット』
むかしパリにはお針子と呼ばれる若い女性たちがいました。そのお針子を描いて最も有名な中編の小説です。

◇フーケ『ウンディーネ』
水の妖精ウンディーネ(独語)の悲恋。仏語でオンディーヌ、あのジロドゥの演劇のもとになった小説です。


以下『椿姫』などいろいろあるところですが、現実の恋愛書簡というものも興味深いかもしれません。
勝手に三つあげてみます。

◇『アベラールとエロイーズ 愛と修道の手紙』
中世スコラ哲学の泰斗であったアベラールと、その女弟子エロイーズとの往復書簡集です。
興味おありになれば第二書簡から第五書簡まででも(「愛の書簡」と呼ばれています)お読みになるとよいでしょう。
特にエロイーズの書簡は女性の手になる、おそらく古今もっとも激越な愛の告白の一つです。

◇はるか後年、リルケが翻訳して世に知られるようになった尼僧の手紙『ポルトガル文』も思いだされます。
女性の恋愛は真剣で切ないですね。

◇『宝石の声なる人に』
タゴールとも親戚関係にあったインドの女流詩人プリヤンバダ・デーヴィーと岡倉覚三(岡倉天心)との往復書簡集です。岡倉の死とともに恋愛書簡は終わりを迎えます。贅言は要すますまい。

むかし読んだ古めの小説ばかりです。お眼鏡にかないますかどうか。

 不倫小説

◇川端康成『みづうみ』
美少女のうしろをつけずにはいられない元教師。複数の女性たちが出てきますが、いずれも切ないほどに真実です。この小説は美しいとしか言いようがありません。

◇横光利一『寝園』
夫を絡ませた三角関係の中で、故意かはずみか謎の一瞬が訪れます。

◇大岡昇平『武蔵野夫人』
不倫の本場フランスの心理小説の系譜を踏み、戦後まもない日本の社会状況をからませています。

◇吉行淳之介『夕暮れ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報