先日某雑誌をちらっと見たら、水島新司先生の懐かしい「野球狂の詩」の続編(?)の「新・野球狂の詩」の広告を見かけました。「モーニング」という雑誌で連載されているそうですね。

元の「野球狂の詩」が連載されていた雑誌名も忘れてしまったんですけど、登場人物の中に水原勇気という左下手投げの女性投手がいました。連載当時も毎週読んでいたわけではないのですが、プロ野球に女性選手という当時はまだ認められていなかった異質な組合せが妙に印象に残って、鮮明に覚えています。(えっ?単に好みのタイプなだけだろうって? あっ、いやまあ…その通りなんですが。^^;)

映画化された時には、水原勇気役を木之内みどりさんが演じました。映画は見なかったのでできや演技の上手下手については知りませんが、外見的には正に適役という気がします。その後TVバージョンでは斎藤由貴さんが演じたそうですけど、これはちょっと「違う!」と思ってしまいました。(笑)(えっ?それもおまえの好みのタイプなんだろうって?・・・ハイ、その通りです!^^;)

さて、前置きが長くなりましたが、今もう一度「野球狂の詩」を当時の年齢設定(続編ではないもの)で映画化するとしたら、水原勇気役が似合いそうな若手のタレントさんっていったい誰がいるんだろう?と疑問に思いました。(あっ、いや、私が歳をとって若いタレントさんを知らないだけなんですが。(^^ゞ) 

てなわけで、水原勇気役が似合うと思う最近の若いタレントさん(以外の有名人でも結構です)を教えて下さい。

また、昔のタレントさんでも構いません。若い頃のこの人だったら木之内みどりさんよりもっと水原勇気役が似合っただろうなと思うタレントさんがいたら、そちらも教えて下さい。

ついでに、続編版では誰が似合うとお思いかも教えていただけると嬉しいです。

(こんなのは各自の主観ですからいろいろ出てきそうですが。(^^ゞ)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

伊東美咲氏。


理由。痩せ具合。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

mogmogtaeさん、ご回答ありがとうございます。

伊東美咲さん、名前は聞いたことがあったんですけど思い浮かばずに検索してしまいました。(苦笑)

何かの車のCMで見かけたような気がしますね。「これ誰?」って相方に訊いた覚えがあります。と言うことは、かなり好みのタイプということです。(笑)

検索してグラビアをいろいろ確認してきました。美形ですね~。(じゅる)(←コラ!)

> 理由。痩せ具合。

そう! 水原勇気役にそれは欠かせない条件です!(笑) それと、身長も水原勇気と同じようです。ちょっと見た目がキツク見えるかな?という気もするんですけど、有力候補ですね。(*^_^*)

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/12 13:51

お礼ありがとうございました。



回答後も、誰かいないかなと何回か考えてしまい、岡田奈々さんはどうかな、いやそれでは木ノ内さんに近いし、最近のタレントではないなどと、妄想は続きました。
そして一人浮かびました。

坂井泉水さん(ZARDのボーカル)です。
「坂井泉水 写真館」
http://www3.justnet.ne.jp/~office_hamano/index.h …

細身でおとなしそうでしょう。その他の条件については…好みになるのでしょうね。
でも水原勇気役が一番似合うのは、やはり木ノ内さんですかね?

参考URL:http://www3.justnet.ne.jp/~office_hamano/index.h …

この回答への補足

doyaさん、補足欄をお借りしますね。

え~、そろそろ締め切らせていただきたいと思います。

結論として、木之内みどりさんほどのはまり役は今活躍中のタレントさんの中には見当たらないのではないかということになってしまいますが、その中でも可能性を考えて私が知らなかった若いタレントさんをお教えいただき、誠にありがとうございました。

ポイントの方なんですけど、いろいろ考えた結果、私が持っている水原勇気のイメージに一番合いそうだと思ったのは伊東美咲さん、その次は上村愛子選手でした。(←何だか、好みのタイプで選んでないか?・笑)

そのため、この二人にポイントを進呈させていただきたいと思います。(ん?回答者じゃなくて候補者にポイントを与えるみたいじゃん!・笑)

最後にもう一度、皆さん、どうもありがとうございました。m(_ _)m

補足日時:2003/06/06 15:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

doyaさん、再回答ありがとうございます。

> 回答後も、誰かいないかなと何回か考えてしまい、

あはは。。。私も質問してからずっと、ついつい考えてしまっています。(苦笑)

> 岡田奈々さんはどうかな、

そう! 私も思ったんですよ。スレンダーさでは匹敵してますし、なんと言っても可愛いし、かなりイイ線ですよね。(^_^) ちょっとお嬢様系かな?と思いましたけど、木之内みどりさんの次に来ます。(←専門家・自信あり。笑)

> そして一人浮かびました。

おっ♪

> 坂井泉水さん(ZARDのボーカル)です。
> 細身でおとなしそうでしょう。その他の条件については…好みになるのでしょうね。

な~るほど♪ 坂井泉水さんは前々からかなり好みのタイプ(←こればっかり!・笑)だったんですけど、思いつきませんでした。ミュージシャンなので女優という観点からは見てなかったのかな。(^_^;)

で、検索の旅に出ていたんですけど、どうやらもう34歳(一説によると36歳?)なんですね。ビックリしました。(@_@)

> でも水原勇気役が一番似合うのは、やはり木ノ内さんですかね?

う~ん・・・やっぱり最後はそこに落ち着いちゃいますか。(^^ゞ

現在の私の主観では、年齢、体型的な細さ、透明感から、ANo.#6のmako-youさんがオススメの上戸彩さんが最有力候補かな?と思っています。やっぱり水原勇気のあの細さの条件を満たす20歳過ぎの女性はほとんどいないような気がします。(←だんだんマニアックな談義のようになってきました。^^;)

ありがとうございました♪

お礼日時:2003/05/22 21:58

こんにちは。

お久しぶりです。

コメント欄でブツブツ言ってないで回答に来い!と言われそうですので、
やって参りました(^_^;)

和久井映見というのは、単に好みのタレントのうちの一人を挙げたまでで、
よく考えると、スポーツという素材とは合わないなあ、と感じてます。

で、誰がいいかと思いを巡らしておりましたら、一人、居ました!
柴咲コウ、なんて如何でしょう? 最近気になるタレントさんの一人です。
「グッドラック」は見ていませんでしたが、最近CMでよく見かけます。
あの、とても力のある眼つきが、野球という勝負の場に適しているのではないかと思いました。

(そう言えばあのドラマ、堤真一も出ていたような・・・あ、いや、独り言です ^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shino911さん、ご回答ありがとうございます。

> こんにちは。お久しぶりです。

ホントにお久しぶりですね。直接的には17か月ぶりですよ。

> コメント欄でブツブツ言ってないで回答に来い!と言われそうですので、
> やって参りました(^_^;)

あはは。。。やっぱりこの質問のことを仰っていたんですね。注目していただいてただけでも嬉しかったですよ。(^_^)

和久井映見さんはスポーツという素材には合いませんか? 私はそんなこともないかと思ったんですけどね。それに、清楚な感じが好きですよ。

で、本当のオススメは柴咲コウさんでしたか。
「グッドラック」は、すっかりテレビを見なくなった最近の私には珍しく、全部見ました。キリっとした感じがいいですね。

> あの、とても力のある眼つきが、野球という勝負の場に適しているのではないかと思いました。

う~む、なるほど、そういう線からきましたか。ちょっと私が思い描いていた水原勇気とは感じが違うんですけど、どうでしょうね? あんまりキツめの顔ではなくて、もうちょっとスッキリした優しそうな顔立ちの方がいいんじゃないかと私は思っているんですが。(私の主観です。(^^ゞ)

今ちょっといろいろ検索していてふと思ったんですけど、釈由美子さんなんてのはいかがでしょうか?(だんだん質問というよりも意見交換会になってきつつあります。(^^ゞ)

> (そう言えばあのドラマ、堤真一も出ていたような・・・あ、いや、独り言です ^^;)

あはは。。。shino911さんはどなたかに堤真一さんのイメージだと言われていたことがおありでしたね。ぜひ一度実物にお会いしてみたいものです。(^_^)

ありがとうございました♪

お礼日時:2003/05/17 02:43

 こんにちは。


 
 ♪お兄さん、いい娘がいまっせ。お安く紹介しておきますよ♪

 惜しいなあ。前の方の回答にも有ったけど、もう10年早ければ。演技は抜群、うちに秘めた激しさも文句無し。あとは↓で確認してね。
 かなり前から仕事を控え目にしてしまったため、知っている人はそこそこ古いファンだという気もします。将来有望な演技派の実力者だったのですが、あと何年かしたら復活してくれませんかねぇ・・・。

 ところで脇の方から、中島みゆきなんて言う声が聞こえてくるんですよ。みゆきさんがやったら、もう、始めから力が抜けてしまいそうだ・・・(^ー^;)

参考URL:http://www.sma.co.jp/artist/hasegawa/

この回答への補足

すみません、訂正させて下さい。

> NHK教育テレビのイタリア語講座をやってる加藤夏希さん・・・

イタリア語じゃなくて英会話でした。(滝汗)

補足日時:2003/06/06 13:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ichienさん、ご回答ありがとうございます。

> ♪お兄さん、いい娘がいまっせ。お安く紹介しておきますよ♪

長谷川真弓さんですね。ふむふむ、清楚さはいいですね~。演技力はどーでもいいです。(ぉぃ) う~む・・・でも30歳超えてまっせ。もっとまけて下さい。(←何のこっちゃ!・笑)

> ところで脇の方から、中島みゆきなんて言う声が聞こえてくるんですよ。みゆきさんがやったら、もう、始めから力が抜けてしまいそうだ・・・(^ー^;)

あはは。。。歌手・中島みゆきしかご存知ない方はおわかりにならないかも知れませんけど、DJで素を出してる中島みゆきさんを知っている水原勇気ファンには石をぶつけられそうです。(^_^;)

う~ん・・・ これまで延べ16人の方からご回答をいただいてますけど、どうもピンと来るタレントさんがいませんね~。それだけ木之内みどりさんがハマっていたということでしょうか。それとも、水原勇気を知っていてなおかつ若いタレントさんにも詳しい人はいないということでしょうか。

今回改めていろいろ検索したりしてみて、NHK教育テレビのイタリア語講座をやってる加藤夏希さんとか、ミスマガジンの川崎真実さんとかは、スレンダー系だからいいかな?とも思ったんですけど、もうちょっと・・・なんですよね~。

続編バージョンでは黒木瞳さんなんかどうかな?って思ったんですけど、いかがでしょうか?(ちょっと歳くい過ぎ?)

そう言えばどこかから和久井映見さんという声が聞こえてきているような気がするんですけど、続編バージョンだったらそれもありかな?

まだまだ受け付けていますので、よろしくお願いしますね。

ありがとうございました♪

お礼日時:2003/05/15 23:47

たびたびすいません。


もし今から「野球狂の詩」を再び実写化するとしたら、それは全国からオーディションで決めてみるのもいいんじゃないでしょうか。グランプリに選ばれた一人は水原勇気役で主役デビューと同時に、つんくプロデューで主題歌を歌えるとか…
それとは逆に、もし木之内みどり以前に「野球狂の詩」が実写化されていたら、水原勇気役は「木内みどり」でしょうかね。名前だけですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/15 23:00

たびたびすいません。


長身でスタイルがいい最近の若い人気タレントからだとしたら、モーニング娘の飯田圭織なんかどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ba3x307さん、5回目、ありがとうございます。

飯田圭織さん、長身でスリムという条件は満たしてますね。モー娘。の中では美形ですし。でも、私のイメージとして水原勇気=長身というのはあんまりないんですよ。

う~ん・・・どうもba3x307さんと私とでは水原勇気に対する見方が違うようです。(^_^;) 何故でしょうね?

現実離れしたスリムさと品のあるスッキリ顔というイメージ、おわかりいただけませんでしょうか?

いずれにしても、ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/15 00:10

>稲森いずみさん、美形ですね~。

う~ん、、、いいかも知れません。(^_^) ただ、もう31歳なんですね。(@_@)

そうですね、五年ぐらい前ならはまってたかもしれませんね。
もし五~十年ぐらい前にドラマ・映画化されてたなら、牧瀬里穂とか内田有紀あたりがよかったかなと思いますね。
それから斉藤由貴については僕が過去の質問にも回答したことがあります。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=460682

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=460682
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ba3x307さん、4度目のご回答ありがとうございます。

> もし五~十年ぐらい前にドラマ・映画化されてたなら、牧瀬里穂とか内田有紀あたりがよかったかなと思いますね。

牧瀬里穂さんはちょっとピンときませんでした。内田有紀さんは個人的に大ファンなので今でもOKです。(笑)

> それから斉藤由貴については僕が過去の質問にも回答したことがあります。

そのご回答は、この質問をする前に拝見していました。ba3x307さんだったんですね。気がつきませんでした。まあ、しょせん主観ですけど、水原勇気の華奢なイメージは斉藤由貴さんにはないですからね。

ありがとうございました♪

お礼日時:2003/05/14 23:56

いい質問ですね~。

木之内みどりさん、最高でした。
もちろん、漫画とテレビの水原勇気も好きでした。
やはり細さが、ポイントだと私は思います。
細くて一見ひ弱にも見える容姿なのですが、実は芯が強く、しっかりとした美しい女性なのでしょうね。

木之内みどりさん以上の人は正直思いつきませんが、無理矢理考えてみました。
細い美人という所で、田中美里さんなどは、いかがでしょうか?(もちろん、私の好みが入っております)

あと宝塚歌劇出身の人に、似合いそうな人がいそうですが
残念なことに詳しくありません…。

もう一人ということで、最近お気に入りの小西真奈美さん(参考URLです)をあげておきます。(これも勝手な好みです)
理由は、芯が強そうな役ができそうということで…。

参考URL:http://www.konishimanami.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

doyaさん、ご回答ありがとうございます。

> 木之内みどりさん、最高でした。

やっぱりファンが多いですね~。元・中3トリオ全盛期にブロマイドの売れ行きで負けていなかったという伝説通りです。(*^_^*)

> もちろん、漫画とテレビの水原勇気も好きでした。

男心をそそるものがありました。(じゅる)(←コラ!)

> やはり細さが、ポイントだと私は思います。

ですね~。(^_^)

> 細くて一見ひ弱にも見える容姿なのですが、実は芯が強く、しっかりとした美しい女性なのでしょうね。

フムフム、なかなか的を射た考察です。(笑) 相当のファンとお見受けしました。(^_^)

> 木之内みどりさん以上の人は正直思いつきませんが、

やっぱり!(笑)

で、無理矢理の候補は田中美里さん・・・ 全く顔が思い浮かばず、検索して探し回ってきました。(^_^;) ちょっと大人っぽすぎるかな?って感じましたが、かなりの美形ですね。(じゅる)(←こればっかり!・笑)

ただ、今26歳だそうですから、年齢的にはギリギリっていうより、ちょっとアウトかな?って感じです。水原勇気役には、もうちょっと若いタレントさんの方がよろしいかと思います。(←ワガママな質問者で申し訳ありません。m(_ _)m)

> あと宝塚歌劇出身の人に、似合いそうな人がいそうですが
> 残念なことに詳しくありません…。

ありゃりゃ、残念です。宝塚には凛々しい女性が多そうですから、詳しければいろいろ出てくるかも知れませんね。

> もう一人ということで、最近お気に入りの小西真奈美さん

またまた顔が思い浮かばず、参考URLで確認してきました。で、、、な~んだ、最近よく見かける方でした。顔はよ~~~く知ってたんですけどねぇ、名前は全然知りませんでした。(^_^;) ココリコミラクルタイプにも出てましたね。

若いと思っていましたけど、もう24歳なんですね。でも、童顔ですし、プロ野球選手はそれぐらいがメキメキ力を付けてくる時期ですから許容範囲かな? スレンダー具合はちょうどいいかも知れません。ただ、やはり顔立ちがちょっともの足りません。もうちょっと目鼻立ちがはっきりしてるといいんですけどね。う~ん・・・ やっぱり木之内みどりさんほどの適役はなかなか見つかりませんね~。(by みどりゾッコン)

ありがとうございました♪

お礼日時:2003/05/14 23:40

♪あした悪魔になぁれ~ ♪横浜いれぶんー



懐かしいですね~木之内みどり! 

あれっ、ちょっと恥ずかしい「野球狂の詩」の質問でしたっけ?(^_^;)


Yoshi-Pさん、こんばんは。

>(以外の有名人でも結構です)
ではでは、
■スケートの岡崎朋美
■モーグルの上村愛子
■プロゴルファーの東尾理子
■(番外)星明子

あとサウスポーといったらやはり、
■私ピンクの増田恵子(えっ、若くない!?)


刑事犬カールも懐かしいなぁ~、でもなんで竹中直人が・・・!?

失礼致しましたm(_ _;)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

igmpさん、ご回答ありがとうございます。

> ♪あした悪魔になぁれ~ ♪横浜いれぶんー

さすがによくご存知で。(^^) 木之内みどりさんのあのゾクゾクするような歌声を思い出してしまいました。(笑)

さてさて、スケートの岡崎朋美選手ですか。可愛いかった(過去形かよ!・笑)ですよね~。う~ん・・・スケート選手の太もも周りは木之内みどりさんのウエストぐらいありそうです。(爆)

モーグルの上村愛子選手はいいですね~。年齢的にも十分圏内ですし、スッキリ顔からスレンダーボディが想像されます(スキー選手はスタイルがわかんないよ~)し、有力候補だと思いました。(^_^)

プロゴルファーの東尾理子選手・・・ ゴルファーは太目の人が多いという印象があるんですけど、スレンダー系でしたっけ? それに、オヤジに顔が似てません?(←コラ!)

> ■(番外)星明子

「えっ?誰?」って一瞬考えちゃいました。(笑) 飛雄馬くんのお姉ちゃんですね? う~ん・・・アニメキャラをあげつらったら、膨大な数の候補が出てきそうです。(^_^;) つーか、アニメキャラの役をアニメキャラがやるって、ヘンじゃん!(笑)

> あとサウスポーといったらやはり、
> ■私ピンクの増田恵子(えっ、若くない!?)

う~ん。。。どちらかというと私はミーちゃんの方が似合いそうかな?って思いました。ケイちゃんは、あの声がちょっと水原勇気のイメージに合わないかな?

> 刑事犬カールも懐かしいなぁ~、でもなんで竹中直人が・・・!?

思い出すとはらわた煮えくりかえって髪の毛を掻きむしりとってしまいそうなので、聞かなかったことにします。(笑)

ありがとうございました♪

余談:
ある方から「よろしくお伝え下さい」と伝言を頼まれていますので、お伝えしておきますね♪

お礼日時:2003/05/14 18:40

たびたびすいません。


もし今だったら稲森いずみが適役かなと僕は思います。
まえに何かの番組で「趣味は野球をすること」と言ってて、司会の明石家さんまとキャッチボールをしてる映像も見たことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ba3x307さん、3度目のご回答ありがとうございます。

稲森いずみさん、美形ですね~。う~ん、、、いいかも知れません。(^_^) ただ、もう31歳なんですね。(@_@)

もうちょっと若い方がいいかも知れませんが、続編用の有力候補になりそうです。(・・・って、私が配役を決めるわけじゃありませんけど。^^;)

ありがとうございました♪

お礼日時:2003/05/14 01:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性タレントがヌードで起死回生 でも 生き返ったタレントっていますか?

芸能界でニッチもサッチもいかなくなった女性タレントがヌード 近頃はストリップ (>y<) に手を染めて、当然小銭稼ぎもあるでしょうが、多分人気を復活させてテレビなんかに返り咲きたいと思っているようですが、脱いでその後テレビに返り咲けたタレントっているんでしょうか?ワイドショーで時間稼ぎに取り上げられた後テレビでは『あの人は今?』以外で見たこと無いんですが、復活された方っておられるんでしょうか?

Aベストアンサー

私も一番最初に思いついたのは川島なお美さん。

あと写真集を出す前のことはよく知らないのですが樋口可南子さん。
たしかヘアヌードが事実上解禁になったのは彼女の写真集からだったと思う。

あと脱いで花開いたのはなんと言っても武田久美子さんでしょう。
マッチの映画の相手役で注目はされましたが、昔はC級アイドルでしたからね。
世間から忘れられたころにあの伝説の「貝殻ビキニ」で再び注目されるようになりました。
昔はどちらかというと意地悪顔でしたが、彼女は年を取るごとにゴージャス度が増して、
若い頃より今のほうがぜったいキレイと思います。
今もじゃんじゃんメディアに出ているわけではないですが、
美のカリスマの1人として、根強い女性ファンがいます。
結婚し、アメリカに渡り、家族に恵まれ、日本でも根強いファンがいて
時々日本に帰ってきてファッション誌に登場したり、本を出したりして話題になる。
ヌード写真集を出して大成功はやっぱ彼女だと思うな。
仕事もプライベートも充実してそうだもん。

Q役者と狂気 役に入る、役を抜く 役者魂、役者根性

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わずに「信じる」という言葉を使うなら、名優とは自分を演じている役だと信じきっていたり、レプリカの銃を向けられているのに本物の鉄砲を向けられていると思って恐れたりする、可能な特異な能力の持ち主だと思います。演じるには、「信じる」ことが大事で、「信じ」てさえいれば、素でいても演技していることになるのかな、という気がしています(映画じゃなくて、舞台なら発声法が大事でしょうし、場合によっては技巧的な演技が必要だと思いますが)。

「演じる」ということを「狂気」あるいは「信じる」という言葉を使ってを論じている書物などをご存知でしたら、どうかご教示いただけないでしょうか。

また、「役者魂」、「役者根性」、という言葉がありますが、どういう意味で使うのが一般的ですか?スタントマンなしで危険な演技(もちろん訓練して)をしたり、あるいは濡れ場を演じることでしょうか。あるいは徹底的に役作りをして、役に入り込むことでしょうか?この二通りの意味で使われている気がするのですが、どうでしょうか。

役作りに関する努力は、古代が舞台の映画で主演する俳優が風呂に入らない、携帯を持たない、など色々耳にすることがあります。少し前には、ジョニー・デップが酒場で酔っぱらって転倒したというニュースがあり、アルコール中毒役を演じるための役作りの可能性もある、と解説されていました。

役作りの逆(「役抜き」とはいいませんよね、なんて言うんでしょう)で、「役が抜けなくなる」ということもあると思うんですが、役作りと併せて、面白い逸話などがあったら、あるいはそうした逸話が集められた書籍があれば教えていただけないでしょうか。

映画で恋人や夫婦役で共演した役者が結婚して、すぐに離婚してしまう、ということが多いように感じるのですか、このあたりは、「役に入る」、「役を抜く」ということと関係があるでしょうか。

あるいは、狂気の役を演じた俳優が本当に精神を病む(最近なら、沢尻エリカに関してこんなニュースが流れましたが)ということは、実際におきたのでしょうか?

「山崎努」の『俳優のノート―凄烈な役作りの記録』という本と、『ドッグヴィル』の撮影風景をおさめたドキュメンタリーを購入したので、まずはここからヒントを探そうと思っています。

僕は役者志望ではないのですが、役者の仕事、精神のありように非常に感心があります。
他に考えるヒントになりそうなものが教えていただければ大変ありがたいです。

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わず...続きを読む

Aベストアンサー

 アクターズ スタジオのインタビュー集は、なかなか面白いですよ。
 成功している俳優、演出家、映画関係者を集めたインタビュー集で、なかなか突っ込んだ意見交換もありました。
 俳優さんの演技スタイルも千差万別のようで、役にはいりこむデ・ニーロのようなタイプもいたり――あくまで役と距離を保ち、どう効果的に観せるかを探求する――アンソニー・ホプキンスのようなタイプもいたりと、興味深いです。
 役者だけをあつかったインタビューではありませんが、扱う視点が多い分、思考の幅が広がり、ヒントには良いかと。
 DVDと書籍で出ているようですので、よろしければ。

Q君の名はに続編が出るって本当ですか?

君の名はに続編が出るって本当ですか?

Aベストアンサー

無いですよ、出演者は、ほとんど死んでるし(^_^;
マチコ巻きが流行りましたね (^^)v
真知子は、もう84歳のおばあちゃんですし

君の名は。
というアニメ作品なら知りません

Qデビュー当時の佐藤浩市さんについて

2世タレント、俳優が多く、中には演技力とは見合わない役をやっていらっしゃると思われる人もいるなかで、
佐藤浩市さんはもう、2世俳優などとはいえないほどの
演技力と存在感を放っていらっしゃると思います。

が、佐藤さんのデビュー当時はどうだったのでしょうか?
やはりデビューからすごかったのですか?

Aベストアンサー

私より1つお兄さんの佐藤浩市さん、演技も悪くありませんでしたが、とがった青年でしたね。決して媚びず、歯に衣を着せない感じで、テレビのトークショーでも、お父上をあからさまに批判していたのを覚えています。「サイテー」だったか「あんな奴」だったか、言葉は忘れましたが吐き捨てるように言っていて、公共の電波で有名人が有名な親を非難する様子に度肝を抜かれたのもさることながら、明らかに自分よりも年上の司会者の面前でそれをやって相手を黙らせた姿に、(私自身を差し置いて)若いなあ、と感嘆したものです。

今は、CMでも、三國さんに敬語を使っているし、トークショーでも上手にお父さまを立てつつ、大人として三國さんの破天荒(?)な生きざまを見守っている様子に好感が持てますが、渋くてダンディな役をこなしながらも、ちょい悪な感じがのぞくのは、もとからある素養ゆえなんじゃないでしょうか。役どころも、冷徹な極道だけど値は人間、というものが多いように感じます。

Qデビュー当時の松田聖子さん

デビュー当時の松田聖子さんって、音痴で通ってましたよね?
それをもじって、物真似やコントでわざと音程を外して真似をするのが流行ってた記憶があります。
今現在は外見を含め、完璧で大で世間に浸透しています。
周りに話しても、誰もそういった音程の記憶がないみたいですが、ご存知の方いますか?
ちなみに私は松田聖子さんは外見、歌とも大好きです。

Aベストアンサー

私は当時の事を非常によく覚えています。

「デビュー当時の松田聖子さんって、音痴で通ってました」

ということは全くありません。それは間違いです。


松田聖子は元々のキャッチコピーというか、コンセプトは「和製 コニー・フランシス」
つまりアイドルなのに音楽性がしっかりしていて歌唱力がある。

彼女の本来の声質の良さと声量、歌唱力が買われ、その魅力を全面的に前にだそうと、起用されたのが小田裕一郎、原田真二、財津和夫、ユーミンなどの良質のポップスが作れる実力派作曲家。それまでの企画色の強い人形的なアイドル、ピンク・レディーなどとは一線を画していました。音痴のはずがないのです。

ファンの間でも「ちっちゃいのに声量がある。歌がうまい、」ということで定評がありました。


しかし語尾で声が裏返った感じになる癖をよくマネされていました。
「あ~わたーしーの~↑」の語尾とかで、ヒョイっと音程が上にあがります。

ぶりっ子(死語)っぽくカワイコぶっているっと揶揄されていたのは事実ですし、ちょっと垢抜けなく素人臭く感じますが音痴というのとは違います。

そのことをおっしゃっているのではないでしょうか?

私は当時の事を非常によく覚えています。

「デビュー当時の松田聖子さんって、音痴で通ってました」

ということは全くありません。それは間違いです。


松田聖子は元々のキャッチコピーというか、コンセプトは「和製 コニー・フランシス」
つまりアイドルなのに音楽性がしっかりしていて歌唱力がある。

彼女の本来の声質の良さと声量、歌唱力が買われ、その魅力を全面的に前にだそうと、起用されたのが小田裕一郎、原田真二、財津和夫、ユーミンなどの良質のポップスが作れる実力派作曲家。それまでの企画色...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報