【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

 私は自称発明家なのですが、特許を出願したくても、
その金額の高さから、出願ができない状態です。

アイデア(現実的に商品化可能)だけには自分自身では
、自信があるのですが、特許等出願以前に、周りに採用
を呼びかけるわけにもいかないと思います。

それで、このような場合、アイデアの権利を保護しながら、発明の採用を呼びかけることはできないでしょうか?
(過去ログを拝見しますと、秘密保持契約というのが、
キーポイントのようですが…)

出願資金が無い場合の、アイデアからロイヤリティ取得
への経路へのモデル等を示して頂けないものでしょうか。
(少なくとも、アイデアだけは商品として通用すると推定
してください。)

ご教授よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 アイデアや発明の売り込みに関しては門外漢なのですが、出願に関しては多少の知識はありますので、その観点からのアドバイスです。



>実施例に十分な記述があれば、後で、請求項は幾らでも直すことが可能です。

 非常に不正確な表現です。
 平成6(1992)年1月1日以降に出願された特許出願では、「いくらでも直すことが可能」なのは、最後の拒絶理由通知を受ける前に限られます。
 最後の拒絶理由通知を受けた場合、特許請求の範囲の補正は、「請求項の削除」、「特許請求の範囲の減縮」、「誤記の訂正」、「明瞭でない記載の釈明」以外の目的ですることはできません(特許法第17条の2第4項各号)。

 拒絶査定の不服審判(特許法第121条)を請求する際においても同様ですし、特許権を獲得した後に訂正をする場合もほぼ同様です(特許法第126条、特に第3項)。

 例えば、最後の拒絶理由通知で「Aと、Bと、Cと、Dとを有する装置」とする請求項に拒絶理由が発せられている場合、これを「Aと、Bと、Cとを有する装置」とする補正は認められません。

 更に言えば、審査請求をする前であればともかく、審査請求をした後に拒絶理由通知を受けた場合には、補正ができる時期にも制限があります(特許法第17条の2第1項但し書き)。

 仮に、拒絶理由が発せされることなく特許査定となった場合、特許請求の範囲を拡大することは最早不可能となります。

 以上のことに全く触れず、「後で、請求項は幾らでも直すことが可能です。」と断言してしまうのは、失礼ながら、特許出願の経験がなく、また、特許法に関する知識を持ち合わせていらっしゃるとは思えない方に対する説明としては、不親切すぎます。

 特許出願の経験がない方が特許出願を希望されるのであれば、弁理士に依頼なさるのが賢明です。特許明細書は、単なる技術説明書ではありません。れっきとした法律文書です。このことを全く理解していない個人発明家が自力出願した明細書など、私どもからすれば抜け穴だらけです。

 この点、下記URLのQ&Aもご参照下さい。

■実用新案を申請したい。申請書の書き方を教えてください。
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=295354

 なお、この中のご回答に、「思いつく改良案はすべて書くことです。適切な上位概念にはかないませんが、それでもかなり回避しにくい権利になるはずです。」とありますが、明細書にどのような素晴らしい技術を記載していたとしても、ある場所(本年(2003年)7月1日の出願から別文書になりますが)に記載しない限りは、特許権としては成立しません。

 その「ある場所」がどこなのか分からない、ということであれば、ますますもって自力出願は勧められません。

 「国内優先」とのアドバイスもありますが、国内優先で出願日が遡及されるのは、あくまで「優先権を主張した元の出願に記載されていた事項」であり、国内優先で追加された事項にまで遡及効果は及びません。

 新規事項の追加が認められない現在、権利範囲を解釈する際にものをいうのは、「明細書と図面に何が記載されているか」、「審査過程で拒絶理由を克服するためにどのような主張をしたか」です。拒絶理由通知に下手な応答をすると、自分自身の首を絞めることになりかねませんよ。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=295354
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。

> 平成6(1992)年1月1日以降に出願された特許出願では、「いくらでも直すことが可能」なのは、最後の拒絶理由通知を受ける前に限られます。・・・・・・
> 例えば、最後の拒絶理由通知で「Aと、Bと、Cと、Dとを有する装置」とする請求項に拒絶理由が発せられている場合、これを「Aと、Bと、Cとを有する装置」とする補正は認められません。

最後の拒絶理由通知というのは怖いものなのですね。
何回目にくるのかは分かりませんが、最後の拒絶が来たとしたらとても怖いですね。

> 新規事項の追加が認められない現在、権利範囲を解釈する際にものをいうのは、「明細書と図面に何が記載されているか」、「審査過程で拒絶理由を克服するためにどのような主張をしたか」です。拒絶理由通知に下手な応答をすると、自分自身の首を絞めることになりかねませんよ

やはり、自分で出願するのはかなりリスクが高そうです。
自分の首を絞めそうです。

大事な発明であれば、お金を稼いでから出願したほうが
よさそうです。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2003/05/16 22:06

#8です。

補足をいただきましたので、再登場させていただいただきました。
あまり建前論は好きではないのですが。


>文化の進歩と、技術の進歩とは、リンクする
>ものではないと思います

私は人類は「発明」によって文明を持ち、発明の積み重ねで文明を築いて来たと思っています。火を起こす方法を考え、石を削って矢尻をつくり、皆が幸福に暮らせる社会のしくみ(今ならビジネスモデルの特許がとれるかも)を工夫してきました。工業所有権法が施行される数千年も前から発明は行われていたのです。
明治18年の専売特許条例の公布に際しても、「されば、発明者は取りもなおさず第ニの造物主なり。若し夫れ此造物主なきときは、世は幾千年を経るとも決して開けゆく能はず、依然として太古草昧のままなること明けし。」
と書かれていたことに、発明者の末席を汚す私も、文明の担い手としての自負をちょっぴり感じたりもしています。
そんなことから、純粋な部分で、文明と技術はリンクしていると思うのです。(「文化」ではありません)

>お金を備えて、商品化する実力のある人。
>でないと、特許は認めない。

お金のない人は特許が認められないということでは決してありません。努力して自分で明細書が書ければ、21000円ちょっとで出願は可能です。もちろん特許の勉強は必要になりますし、失敗も何度も経験しなければなりませんが。お金がある人は、それが不要だというだけの話です。
要はお金のない人にも選択肢は残されているのです。
でも、これは、超建前論ですね。決して自前出願をおすすめしているわけではありませんので誤解のなきよう。
それに、依頼費用自体、事の重要性を考えれば、当然の額であり、また絶対に無理だという金額でもありませんし・・・。

このテーマでの回答を以前にもしたことがあります。
そちらが本音ですので、ご参考になさってください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=448212

この回答への補足

 こんにちは。
恐らく、このテーマにたいしては平行線をたどりそうなので、また、ここではそういったテーマの論議をする場ではないので、短く意見させていただきます。

大辞泉辞典によると文明というのは、”人知が進んで世の中が開け、精神的、物質的に生活が豊かになった状態。特に、宗教・道徳・学問・芸術などの精神的な文化に対して、技術・機械の発達や社会制度の整備などによる経済的・物質的文化をさす。”
であり、確かに、”精神的な文化に対して、技術・機械の発達や社会制度の整備などによる経済的・物質的文化をさす”ことを言うのであれば、文明と技術はリンクしているという、ejison16さんの主張は正しいと思います。
ただ、文明という言葉の中に”精神的文化”を少しでも含めるのであれば、同意できません。
技術の進歩というものは、軍事技術が最大の核(コア)であり、果たしてこれが発達しつづけていることで、”精神的文化”の発達がリンクしているか?
わたしは、前のコメントで述べさせていただきましたように、リンクしていないと思います。(軍事技術が不要である、という主張ではありません)。
この点に関しては、意見が平行線をたどることになるかも知れませんので、私はこれ以上意見するのは止めますが、私はそう思います。

テーマがずれてしまって、その他の方には申し訳ありません。

補足日時:2003/05/18 09:49
    • good
    • 0

私は発明家の立場ですが、この種の問題について過去に解答させていただいたことがあります。


「資金がなくても、権利を得るには」というテーマです。

今回顔を出させていただいた理由は、過去の私の回答を、全く訂正させていただきたいことが、ひとつにあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=460358

このときに、資金のない個人発明家でも、容易に権利が保護される仕組みを、という願望を申し上げたのですが、最近ではこれは間違っていると思っています。

もし、このような仕組みができたときに、起こりうる状況は、世の中のアイデアマンが、ちょっとした思いつきも、すべて自分の権利にしてしまうということです。しかし実際には商品化をする実力もないため、有用なアイデアが世の中の役に立つことなく、お蔵入りしてしまうでしょう。

出願に要する(ある程度高額な)費用というのは、本気で商品を世に出したい、という人(企業)の、気持ちを代弁するものとも捉えられます。
安価(安易)に権利が保護されることは、そういう意味で、かえって文明の進化を阻害することにもなると言えるのではないでしょうか。

前回と全く逆のことを申し上げることは、まことに恐縮きわまりないのですが、このテーマのご質問が出るのを、実は待っておりました。

商品化を考えられている人は、おそらく数百万~数千万円、ひょっとしたら数億円の儲けも頭にちらほらしているのではないでしょうか?(一般論ですよ)
そのような「勝負」に対する投資として、弁理士費用は、きわめてローリスクの分野に入ると思います。

電話帳で特許事務所を捜し、電話で大まかな出願費用を聞けば、このご時世ですので、安くやってくれるところも見つかるのではないでしょうか。いずれにしろ、専門家におまかせする以外、手はないと思います。

この回答への補足

ちょっと補足させてください。
コメント有難うございます。
気持ちはなんとなくわかりますが、ただこの理屈だと、
お金を備えて、商品化する実力のある人。でないと、特
許は認めない。ということになりませんか?
別に発明をすることと、商品化することにそれほどの接点はないと思いますが…。例えば、安く特許を取得した人、100万円で弁理士に依頼して特許を取得した人でも、個人であるならば、その後の企業への売り込みの力量(世に出るか)は、同じ指標ではないのではないでしょうか?
仮に、大量の商品化力のない発明家がいたとしても、
それは公開されているのですから、発見して、商品につなげて、発明家にも利益を分ければすむことではないでしょうか?
現に日本は(うわべだけでも)知的財産立国になろうとしているのですから、もっと開かれた特許制度であっても、アイデアを保護してもいいのかもしれないと思ったりもします…。

>安価(安易)に権利が保護されることは、そういう意味で、かえって文明の
>進化を阻害することにもなると言えるのではないでしょうか。

これはどうしようもなく、個人的見解ですが、
文明の進歩というのは、技術の進歩と一体ではないと思います。
たとえるなら、世界の覇権国を考えてください。
この国は、国際司法裁判所で、テロをしたという判決を受けています。(ニカラグアの問題に対して1986年だったかな?もちろん日本では話題になっていませんが)。
安保理議の”拒否権の行使”が最近話題になりましたが、もっとも拒否権を発動しているのは、(テロ行為をしたと覇権国への判決が認定されたとき、安保理で”世界の国は決議に遵守する”という採択にたいし、二ヶ国のみが反対し、その後、拒否権を発動したのは、ほかでもない覇権国です。
また、9.11テロに関しては、タリバンに対し、主犯格と目される人物を求めて?戦争を仕掛けました(タリバンは
それを引き渡す用意もしていたらしいのに)。
実は、反対のことはいくらでもあるんです。反対とは、
ある国でテロを起こして、その犯人がアメリカに逃げ込むという…
でも、この場合、テロの主犯がいるとしてもこの国に
戦争は仕掛けられません。また、良く言われますが、人権に非常に抑圧的な政権でもアメリカは支援してきたし、し続けているという、事実が存在します。また、最近では政治に宗教を持ち込んであります。

枚挙に暇がありませんが、これが、世界の覇権国の実態であり、すなわち世界の中心国であり、人類の文明を体現しています。
そしてこの国はなお、日々たゆまず、軍拡をしております。

したがって、文化の進歩と、技術の進歩とは、リンクするものではないと思います。
政治的な話になりましたが、個人的な意見ですのでご了承ください。

補足日時:2003/05/17 19:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメント有難うございます。
気持ちはなんとなくわかりますが、ただこの理屈だと、
お金を備えて、商品化する実力のある人。でないと、特
許は認めない。ということになりませんか?
別に発明をすることと、商品化することにそれほどの接点はないと思いますが…。例えば、安く特許を取得した人、100万円で弁理士に依頼して特許を取得した人でも、個人であるならば、その後の企業への売り込みの力量(世に出るか)は、同じ指標ではないのではないでしょうか?
仮に、大量の商品化力のない発明家がいたとしても、
それは公開されているのですから、発見して、商品につなげて、発明家にも利益を分ければすむことではないでしょうか?
現に日本は(うわべだけでも)知的財産立国になろうとしているのですから、もっと開かれた特許制度であっても、アイデアを保護してもいいのかもしれないと思ったりもします…。

お礼日時:2003/05/17 19:35

すみません、kawarivさんが適切なご回答をされていたので私は様子を窺っていたんですけど、専門家としてちょっと見過ごすことができないことが書かれているので私にも回答させて下さい。



> 参考URLの弁理士さんのチェックを受けて、”セカンドベスト”を目指すのがとてもよさそうです。

あんまり質問と関係なくて申し訳ないんですけど、HAL911さんが紹介されている弁理士さんの名前で過去の特許公開公報を検索したら、たった1件しかヒットしませんでした。実用新案や商標は0です。何をやって食べてる方なのか極めて疑問です。(???)

発明家に自力出願を勧めるなんてことは、弁理士さんにとっては飯の種を放棄するのと同じです。まともな話ではありません。何か裏があると考えた方がよろしいかと思いますよ。

出願手続のアドバイスだけして、それなりの報酬をもらい、依頼者の名義だけで出願させ(つまり代理人にならない)、後は一切面倒を見ないということでしょうか。

弁理士(特許事務所)にとって、出願手続だけ世話するというのは、とってもオイシイ仕事です。厄介なのは拒絶理由通知が来てからの中間手続なんです。従って、上に書いたやり方は非常に効率よくお金を稼げる手間のかからない方法と言えます。

または逆に、正式な代理人にはならずに、中間手続で発明家(出願人)がどうにも手に負えなくなったときに手助けをして、名前を出さずに高いお金を取っているということも考えられないわけではありません。(税金対策?)

どうも胡散臭いという気がして仕方がありません。そういう疑わしい方のサイトを安易に紹介してもいいものなのでしょうか? 

この質問に回答しようと思ったら、回答書き込み欄の上に
「他のサイトを検索して知った程度の生半可な知識だけで回答したり、無批判に他のサイトを紹介することは、質問者にとって大きな不利益を生むこともありえますので、お控えください。」
という注意書きが出てきましたよ。どういうことかおわかりですよね?

No.1のお礼欄より…

> ただ、自分で出願するにも、出願書類を見たことがあるのですが、とても自分ではかけそうに無いようなもので…

> 例えば、不必要に範囲を限定すると、特許取得ができなくなるとか、意見書も専門的知識が無いと書けなさそう、というより書いても失敗しそうで…

No.2のお礼欄より…

> 明細書を書くのを試してみたんですが、これで通るのか、どうも自信が無くて…

> 私の場合、素直に弁理士に頼むのが最良かもしれません。

naniwanoakinndo-さんの方が回答者の方よりよっぽどよくおわかりのようですね。

電子出願が完全に普及した現在では、一発で特許されることはまずありません。必ず1回は拒絶理由通知が来ると考えてもいいです。拒絶理由通知に対応するのは法律的な知識及び実務経験の両方を兼ね備えていないと極めて困難です。無料相談では限界があります。審査官が常に正しいと思ったら大間違いです。時にはよくよく読んだら法律的に間違っていた/審査基準の例外規定を見落としていたというようなこともあります。無料相談ではそんなところまで親身に面倒見てくれませんよ。

そして、個人の出願人の場合、その段階で特許事務所に頼みに行っても、断られてしまうか、出願時からの費用まである程度加算されて請求されるか、又は場合によったら手抜きの対処(と言っても素人さんよりはましです)しかしてもらえないか、ということになってしまうでしょう。

(上に書いたように、出願時の対価/手間と比べて中間手続の対価/手間は格安になってしまいますので、その分のお金を上乗せするか労力を削るかのいずれかになるのは、事務所を経営していく(即ち所員の生活を保障する)上で当然のことです。)

最初に専門家に任せるお金をケチってせっかくの発明を棒に振るようなことは避けるのが、賢い人間の選択肢だと思いますよ。

出願資金(弁理士に依頼する費用)がないのなら、

1.どこかから借金してでもかき集めて(たかが20万円程度のお金です)専門家に依頼して出願し、その後企業に売り込み、審査請求以降の手続費用は企業にもってもらい、さらにできれば出願時の費用も出してもらうようにするか、

2.特許を受ける権利を企業に譲渡して代わりに出願してもらう(この場合には一定の報酬がもらえるだけで、将来いくらヒット商品になってもロイヤリティーはもらえないという恐れがあります)か、

又は

3.最初から諦めるか、

といういずれかの選択肢にならざるを得ないと思います。

ちなみに、法改正により7月から出願時に添付する書類及びそれらの書き方についてかなりの変更が為されます。従来通りの書き方をしていると、猶予期間後は電子出願ができなくなります。こういう最新情報は、そこらの素人さんにはなかなか気がつくことができないものです。また、書面出願すると出願料より高い電子化手数料を取られてしまいます。

さらに、来年も大きな法改正があります。ある時期から審査請求の費用が2倍になる予定です。無料相談に頼ってちんたらやってると大変なことになりますよ。

また、明細書を素人さんが自力で書いて特許事務所に校正をお願いするなどというやり方はしない方がいいです。ある程度できあがってしまっていると、それを簡単に手直しするだけで出願されてしまう恐れがあります。実際に明細書を書いている人間の立場から考えると、それは仕方のないことなんです。私だって、他人が書いた明細書の手直しをするのはかえって面倒で、最初から自分で書いた方がよっぽど良い明細書が書けます。専門家というのはそういうものなんですよ。

従って、むしろ、技術分野、従来技術の説明、発明の目的・構成・作用効果、好ましい具体例などの要点だけを説明し、必要に応じて実施例のデータを提供し、その後の明細書の作成は一から専門家に任せた方が、経験に基づいていろんな状況を想定しながら、より良い明細書を作成してもらえます。

No.5のお礼欄より…

> 大事な発明であれば、お金を稼いでから出願したほうがよさそうです。

特許は早い者勝ちです。それに、審査請求費用の値上げの問題もあります。そんな悠長なことを仰っていないで、naniwanoakinndo-さんにとって本当に大事な(お金が稼げそうな)発明だったら、借金してでもすぐに出願した方がいいですよ。

大至急先行技術の調査をし、特許になる可能性があるかな?と判断できたらすぐに弁理士会/特許事務所に行き、出願の依頼をして下さい。

どの弁理士さんが良いかという点については、弁理士会の方で相談にのってくれるはずです。

ちなみに、特許にならないという予測はできても、特許になるだろうという予測は誰にもできませんので、もし実際に具体的な発明の内容まで話して誰かに相談した時に、これは素晴らしい発明だからぜひ出願した方がいいとか言われても信用しないで下さいね。そんなことを言う人はむしろ胡散臭いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

>あんまり質問と関係なくて申し訳ないんですけど、
>HAL911さんが紹介されている弁理士さんの名前で過去の
>特許公開公報を検索したら、たった1件しかヒットしま
>せんでした。実用新案や商標は0です。何をやって食べ
>てる方なのか極めて疑問です。(???)

確かにこれは非常に怪しいですね。
名前だけは、出さないけれども、腕は一流、良心の弁理士。という確率は、ないとはいえませが、あやしいですね…。大事なアドバイス、ありがとうございます。

>拒絶理由通知に対応するのは法律的な知識及び実務経験
>の両方を兼ね備えていないと極めて困難です。無料相談
>では限界があります。審査官が常に正しいと思ったら大
>間違いです。時にはよくよく読んだら法律的に間違って
>いた/審査基準の例外規定を見落としていたというよう
>なこともあります。無料相談ではそんなところまで親身
>に面倒見てくれませんよ。

 確かに上記のような状況になったら、お手上げになりますね…審査官の誤り(だった場合)、それを覆すのは…

貴重なアドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/17 18:51

kawarivさん こんにちは



いつも、専門的な詳しいご回答を拝見して、参考にさ
せて頂いております。

請求項の補正の件、全く、kawarivさんのご指摘のとお
りで、舌足らずな表現でした。
また、弁理士に依頼すべき、というご指摘は、常々、
そうだと思っています。

私の場合は、友人との共願で出願した最初の特許は、私
が書いたままを、特許庁に出しました(それ以前に、私
の単独で、特許と実用新案を数件、出願していました)。
1年後には、PCT出願も自力でやりましたが、それ以降、
行き詰ってしまい、たまたま、新聞で見た弁理士さんに
依頼しました。
その方は、ソフト関係が専門ではなく、苦労しましたが、
請求項を全面的に補正して、米国と日本で成立しました。
また、最初の請求項は、誤りはありませんし、そのまま
で成立したと思います(実際に、米国では、拒絶理由通
知なしで成立しましたが、継続出願しました)が、大変
に範囲が狭くて、権利を主張するには不十分すぎるもの
でした。

そういう意味では、専門家の力を借りずに出願するのは
無謀です。

ただ、普通の素人(naniwanoakinndo-さんという意味
ではなく、私もそうでした。今も??)にとっては、
弁理士さんに依頼するにしても、どなたに依頼すれば
よいのかさえ分かりませんし、特許が高くつくために、
折角のアイデアがお蔵入りになってしまう、ということ
に繋がりかねません。

ベストは弁理士さんに依頼すべきですが、セカンドベス
トとして、あのような意見としたものです。

下のURLのような弁理士さん(私は何の繋がりもありま
せん)もいらっしゃるようです。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~alhad/pt-ofice.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。アドバイスありがとうございます。

>そういう意味では、専門家の力を借りずに出願するのは
無謀です。

やはり専門家に頼んだほうが、しっかりとした範囲が、
主張できるんですね・・・

参考URLの弁理士さんのチェックを受けて、”セカンドベスト”を目指すのがとてもよさそうです。

現実的な?選択肢が見えてきました。


皆様いろいろなアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2003/05/16 22:13

再度、#2です。

お礼を拝見しました。

明細書を書くのは、労力と技術が必要でかなり大変です。
でも、明細書の内の、従来技術や実施例、図面は何とか
書けるのではないかと思います。

特許で一番大切な部分は請求項ですが、これは、私にと
って未だに苦手な部分です。
しかしながら、実施例に十分な記述があれば、後で、請
求項は幾らでも直すことが可能です。

また、最初の出願から1年以内であれば、国内優先制度
というものがあります。

従来技術や、実施例、図面を整えて、請求項は外れない
程度のことを書いて出願してはいかがですか。
そのアイデアの売込みが出来たら、相手先の負担で、弁
理士さんを雇ってもらい、国内優先出願や、請求項のブ
ラッシュアップを行う、ということが可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。

なるほど~。そう言う手もあるんですね。

>そのアイデアの売込みが出来たら、相手先の負担で、
>弁理士さんを雇ってもらい

この場合、出願から一年以内が肝心になりますね。
参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2003/05/15 22:25

弁理士会に出願の支援制度があります。



ただし、
この制度が利用されたという話は
聞いたことがないので
支援対象の制限が厳しいのかもしれません。

参考URL:http://www.jpaa.or.jp/center/syutsugan/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLを拝見しました。

>この制度が利用されたという話は
>聞いたことがないので
>支援対象の制限が厳しいのかもしれません。

多分、相当良い発明(社会に影響を与えるような)
ものでないと利用できないようですね…
さすがにそこまでの自信はないです…

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2003/05/15 22:20

特許は、他人に公開した時点で公知のものとされま


すので、例え数人の相手であっても、公開したと見
なされる可能性があります。
なので、機密保持契約を締結して、その内容を開示
するのですが、一般論として、どこの誰だか分から
ない人物が、良いアイデアがあるから聞いてくれ、
と言ってきたとして、99%の企業は門前払いでは
ないでしょうか。だって、どのようなアイデアか分
からないのに、時間を使うのは無駄だと。
そうかと言って、アイデアの具体的な内容を書いて
提示すれば、公開したと見なされるわけです。

仮に話を聞いてもらえることになったとしても、相
手の会社が不誠実であれば、その会社が勝手に特許
を出願してしまう可能性があります。

最も良いのは、jayさんが書かれているように、ご
自分で出願することでしょうが、

>出願書類を見たことがあるのですが、とても自分
>ではかけそうに無いようなもので…

という状態では、難しいですね。

私は個人発明家ですが、私の場合は、友人がソフト
ハウスの社長をやっており、費用は向こう持ちで、
権利は折半という契約で出願しています。
また、明細書はまず私が作成してから、弁理士さん
に校正をお願いしています。

仮に、相手の会社がアイデアを盗もうと思っても、
それが独創性が高く、一回盗むよりは、継続的に卵
を産んで欲しい、と思われれば、契約することも可
能だと思います。でも、こういった売り込みは、お
互いの信頼関係が無いと、まず無理です。

自分で明細書を書くか、信頼できるパートナーを探
すか、のどちからではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

>自分で明細書を書くか、信頼できるパートナーを探
>すか、のどちからではないでしょうか。

明細書を書くのを試してみたんですが、これで通るのか、どうも自信が無くて…

私の場合、素直に弁理士に頼むのが最良かもしれません。

お礼日時:2003/05/14 21:52

>特許を出願したくても、その金額の高さから、出願ができない状態です。



出願の手続きをご自分でされれば、出願手数料は\21000ですよ(ただし審査請求は約10万円)。特許庁や発明協会で無料相談できます。
とりあえず出願だけは済ませてから、行動されるべきかと思います。

参考URL:http://www.ncipi.go.jp/qanda/beginner/index.html

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

ただ、自分で出願するにも、出願書類を見たことがあるのですが、とても自分ではかけそうに無いようなもので…

例えば、不必要に範囲を限定すると、特許取得ができなくなるとか、意見書も専門的知識が無いと書けなさそう、というより書いても失敗しそうで…

自分で書いて出願するのはとてもリスクが高いような気がします…

補足日時:2003/05/12 15:12
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100円ショップへの商品提案

100円ショップに商品提案しています。
雑貨類で、出せば売れる可能性が高いと言われています。
商品内容の全貌はまだそこには伝えていません。
できるだけこちらに有利な契約に持っていきたいのですが、そのへんが全くの無知で、詳しい方がいらっしゃいましたらご教授いただけたら幸いです。
ちなみにその商品は開発費が0で、すぐにでも販売できるものです。
(現状売られているものをほんのちょっとだけアレンジするだけ。盲点を改善したものです)

Aベストアンサー

できるだけこちらに有利な契約に持っていきたい、とうことで企業と対等に契約を結ぶつもりであれば実用新案を取得する以外に方法はありません。
特に100円ショップでは製造原価から輸送までぎりぎりの採算で販売していますから経費がかかることは、おそらく取り入れないでしょう。
製造段階で全く経費を掛けないで販売できるのであれば話し合いに応じる可能性はあります。

すぐに実用新案出願を済ませてから、本社に出向いて商品提案の段階に進んでください。
特許事務所(弁理士)は喜んで実用新案出願の仕事を引き受けてくれます。
実用新案出願前に内容を話し合うなら、saikamenさんには何の権利も無くお礼程度の報酬を受け取るかアイデアを盗まれるだけです。

Qアイデア(特許かも)を、あるメーカーに売り込む際の注意点やコツを教えて

日常使っているものですが、ちょっとアレンジすると飛躍的に便利になる方法を思い付きました。
実は、この手のアイデアを複数温めております。

そのうちの1つを、その共通ジャンルのメーカーに、アイデアとして買い取ってもらうとか、したいと思います。

例えば、
メーカーに内容を伝えた時、
「ああ、それね、実はもう既に検討中だよ」とか言われて帰されたとします。
しかし、本当に「既に検討中」なのか、それとも、そう言ってその日の私のアイデアをパクったりしないか。。
などが気になります。
採用不採用の前に、アイデアの保護など、うまい方法があるのでしょうか?


かといって、自分で特許(その他、準じたもの)を申請して登録する「手間」と「費用」が捻出出来かねるので、自力での登録は避けたいです。

Aベストアンサー

メーカで、研究所、研究の企画部門、渉外担当をしています。
まず、この手売り込みに関し、よほどのことがないかぎり、お話を聞くことはないはずです。よほどのこととは、弊社のそれなりポストの人間からの依頼(指示かもしれない)がある場合です。いわゆる「こね」ですね。
ですから話しは、理由は別として、質問者のお話をお聞きすることを前提とします。たしかに特許を事前に出願されることが望ましいのですが、特許が出願され公開されるまでに、話を聞いた企業が類似特許を、より整備した形で出願することを防げませんね(そのような、耳情報を出願するなど、企業にとって日常茶飯事です)。一般にはお話をされようとする企業と「秘密保持契約」を締結します。この中で、開示されようとする技術を書面化しておき、秘密情報と明示して、その会社に開示します(ご心配なら開示する秘密情報の一覧表をつけて)。契約には、秘密情報を開示された企業は、開示以前に自らがその情報を所持している、もしくは開示時点で公知でない限り、その情報をもちいて、特許を出願することを禁じています。「秘密保持契約」は現状、極めて一般的であり、もしお話しをされようとする企業が、締結をこばむような企業であれば、つきあわれないほうがよいと思います。
また秘密保持契約のひな形は、企業が必ず持っていますので、それご自分が修正されてもよいですし、その企業に作成を依頼され内容をご検討のうえ修正されればよいので、費用は一切発生しません。特許出願より手間暇がかかりませんのでお勧めします。

メーカで、研究所、研究の企画部門、渉外担当をしています。
まず、この手売り込みに関し、よほどのことがないかぎり、お話を聞くことはないはずです。よほどのこととは、弊社のそれなりポストの人間からの依頼(指示かもしれない)がある場合です。いわゆる「こね」ですね。
ですから話しは、理由は別として、質問者のお話をお聞きすることを前提とします。たしかに特許を事前に出願されることが望ましいのですが、特許が出願され公開されるまでに、話を聞いた企業が類似特許を、より整備した形で出願すること...続きを読む

Q実用新案を申請したい。申請書の書き方を教えてください。

ある実用新案を考え出したのはいいのですが、申請するには、弁理士さんへの費用が高くて、(なんだかんだで、26万円から30万円)到底そんな費用はかけられません。先日、最寄の、発明協会支部で、相談にのっていただき、自分で申請すると印紙代などで、36900円ですむとの事。ただし、書き方があって、その表現方法が難しそうで、(そのあたりが、弁理士さんの力の出すところなんですが、)なかなか、素人では、書けそうにありませんが、難しそうなので、よい方法があれば、どなたか教えてください。(お金をかけずに、実用新案申請をするなんて、虫が良すぎますでしょうか。)アドバイスいただける方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

メーカーの特許部員です。
(弁理士ではありません。悪しからず)

まず考えるべき点は、
なぜその発明(考案)を権利化するかです。

事業として自ら実施し、
市場を独占したいからですか?
それとも
どこかの事業者へ売り込み
実施料(ロイヤリティー)を
得たいのですか?

実用新案の強さは
その登録までの早さにあります。

その発明の分野が流行していて
すぐに権利が欲しく、
侵害品がでればすぐに
対策をたてる意思があるのでしたら
実用新案で出願する意味もあるでしょう。

また、類似品がでやすい市場で、
発明が特許されるか自信がないが
ともかく他者の参入を少しでも遅れさせたい場合も
有効です。
まっとうな事業者なら、その有効性を調べるので
何もださないよりは参入は遅れます。

発明した記念に
有効性はともかく権利が欲しい場合も
実用新案がよいでしょう。
実質的な審査はないので
記載に不備がなければ必ず登録されます。

上記以外なら特許がよいでしょう。

特許の方が初期投資が安く(\21000+電子化手数料)
1年半は公開されないため
次の手をうつ時間的余裕があります。

売り込む場合も
本当に有効かつ実施の価値があるものなら
特許の方が優遇されます。

自分で出願する場合には
その分野の特許明細書を多く読み
研究しましょう。

素人向けの助言としては
思いつく改良案はすべて書くことです。
適切な上位概念にはかないませんが、
それでもかなり回避しにくい権利になるはずです。

弁理士費用が高く賄えないようですが
弁理士会に一応支援制度があります。
ただし、この制度を利用できた例を
私自身一例も知らないことを申し添えます。

参考URL:http://www.jpaa.or.jp/center/syutsugan/index.html

メーカーの特許部員です。
(弁理士ではありません。悪しからず)

まず考えるべき点は、
なぜその発明(考案)を権利化するかです。

事業として自ら実施し、
市場を独占したいからですか?
それとも
どこかの事業者へ売り込み
実施料(ロイヤリティー)を
得たいのですか?

実用新案の強さは
その登録までの早さにあります。

その発明の分野が流行していて
すぐに権利が欲しく、
侵害品がでればすぐに
対策をたてる意思があるのでしたら
実用新案で出願する意味もあるでしょう。

また...続きを読む

Q発明をしてしまったけど特許の取り方などが分からない。

今日の帰りの通勤電車で閃いてしまいました。特許が成立すると国内だけでも年間億単位(主要国まで取れば兆単位も夢ではない)が使われるだろうと皮算よをしています。

以前、円盤型の薄型モーターを閃いたのですが、特許を取らずに数年過ぎた後に、NHK特集を見ていたら同じもので特許を取った中小企業社長さんが照会されていて、年間数億円の特許料を受け取っていると聴き唖然とした苦い経験があります。

今回は、コロンブスの卵の様なものなので、特許庁のHPで案件を検索すると良く似たものが成立していることが分かりました。しかし、内容は内と外で発想が逆と言うか必ずしも同じでない。また、成立特許は特定の物を対象としていますが、私の考えたものは応用範囲が広く物を特定していません。

手っ取り早く特許申請するには、弁理士にお願いすればよいのでしょうが、今あるものは頭の中にアイデアがあるだけです。

そこで質問ですが、
1.同じ原理を使っていても方法が違う場合は、別の特許して成立しますか?
 (上述の>>内容は内と外で発想が逆と・・・・)
2.弁理士に相談するにはどんな準備をすればよいのか?
3.成立特許を見ていると課題を細分化して同様なものが複数存在します。
 基本特許と言う言葉を聞いたことがありますが、ベースすになるアイデアを
 取って、応用部分を申請しないと、別に申請されて仕舞うのでしょうか?
4.数が多くなると弁理士費用も高額になる様に思うのですがどうでしょうか?
5.特許の取り方を詳しく説明したHPはありませんか?(特許庁を除く)

色々と質問して申し訳ありませんが宜しくお願いします。

今日の帰りの通勤電車で閃いてしまいました。特許が成立すると国内だけでも年間億単位(主要国まで取れば兆単位も夢ではない)が使われるだろうと皮算よをしています。

以前、円盤型の薄型モーターを閃いたのですが、特許を取らずに数年過ぎた後に、NHK特集を見ていたら同じもので特許を取った中小企業社長さんが照会されていて、年間数億円の特許料を受け取っていると聴き唖然とした苦い経験があります。

今回は、コロンブスの卵の様なものなので、特許庁のHPで案件を検索すると良く似たものが成立し...続きを読む

Aベストアンサー

既存の特許発明と同じ原理を使っている発明ということで言えば、
あとは、前の方のおっしゃるとおりで、発明としての進歩性があるかないかです。
その応用分野の置ける知識を目いっぱい持った人(想像)を基準に、
その人が簡単に考えつきそうな事だとダメってことになります。

基本的に弁理士は特許関係の法律家なので、まれには弁理士の得意な分野に
ピンポイントでアドバイスがもらえる場合もあるかもしれませんが、
発明として完成していない発明の卵をもっていってもダメです。
つまるところは弁理士に持っていく前に発明を完成させてください。
そして、その分野の人に説明できる程度にしてください。

特許発明は技術的な思想ですので、
その思想に基づいてあらたな発想を得ることは往々にしてあります。
ということで、特許発明のさらなる発展型が特許される場合もあります。
この場合、基本的な発明を利用する形であれば、
基本発明の利用ということで、利用発明の特許権者も自由に実施することはできず、
実施には基本発明の特許権者の許諾が必要になります。
しかし、基本発明の改良型が基本発明の一部しか実施しないものならば、
基本発明の特許権の効力は及びません。

一つの出願には「出願料」「出願審査料」「特許登録料」がかかります。
出願料は1つの出願で一定ですが、「出願審査料」「特許登録料」は
出願中の「特許請求の範囲」の項目の数に依存して増えます。
増え方は基本料+α*項目数っていう形なので、
1つの出願でできる範囲は多くした方がちょっと安上がりですが・・
発明の範囲として「単一性」を満たさないといけないので、限界があります。

特許の取り方を説明したHPは参考URLにのせておきます。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~alhad/hom-pt-f.htm

既存の特許発明と同じ原理を使っている発明ということで言えば、
あとは、前の方のおっしゃるとおりで、発明としての進歩性があるかないかです。
その応用分野の置ける知識を目いっぱい持った人(想像)を基準に、
その人が簡単に考えつきそうな事だとダメってことになります。

基本的に弁理士は特許関係の法律家なので、まれには弁理士の得意な分野に
ピンポイントでアドバイスがもらえる場合もあるかもしれませんが、
発明として完成していない発明の卵をもっていってもダメです。
つまるところは弁理...続きを読む

Qあるアイデアを特許をとって商品化したいのですが。

便利なものをひらめきました。
それを特許をとって商品化したいのですが、特許庁のホームページを見ましたが一体何をすればいいのかよくわかりません。
これから私は商品化するまでに何をすればいいのでしょうか?法的手続きについて無知なので、順を追って教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

No.1のお礼より:
>弁理士さんに相談するにはいくらくらいかかるのですか

相談するだけだったら、弁理士会に無料相談室があります。
但し、出願手続をお願いするとなると、20万円はかかると思って下さい。
専門家は長年に渡って必死に法律の勉強しながら経験を積んできているのです。
素人の方には到底できないことをやっていますので、この料金は仕方がないでしょう。
特許電子図書館で調べまくれば、特許事務所を通さず自力で出願したものの中には、爆笑ものの陳腐な発明・お粗末な明細書もたくさん見つかります。

本当に素晴らしい発明でも、書き方次第では大した権利にならない場合もありますし、最近では大抵の場合に拒絶理由通知が来ます。
拒絶理由通知に応答するのは素人の方には極めて困難です。
特許法他の条文だけではなくて審査運用基準も熟知している必要があります。
そこが難しいから弁理士・特許事務所という商売が成り立つんです。
ANo.6の方は幸いにも拒絶理由通知をもらっていないようですね。
極めて特定的な権利範囲で出願すると、そういうこともあり得ます。
それがお金になるかどうかはまた別問題ですし。
素人の方が書いた明細書だと抜け穴が多くて、その権利範囲を巧みに逃れて類似商品を販売することが可能なことも多いそうですよ。
自力で出願して特許を取ったという人の甘言を鵜呑みにしないことを強くお勧めします。
大金をドブに捨てるのと同じ結果になる可能性の方が極めて高いんです。
ANo.6の方は触れていませんが、特許を取るためには出願審査請求をしなければならず、特許を取ったら登録料を支払わなければなりません。(後記)
「費用は切手と印紙代のみでした」というのは出願の際だけの話です。
自力で出願しても、その後に大金が必要なんです。
絶対に誤解しないで下さいね。

ただ、ANo.4の方が仰るように、先行技術調査ぐらいは自分でやった方がいいです。
どうせこの部分は専門家に頼んでも完璧な調査はできないんですから。
何故完璧な調査ができないかというと、出願から1年半は公開がされないからです。
つまり、最近1年半以内に出願されたものについては、原則的に他人は中身を知ることができないんです。
その中に同じ発明が記載されている可能性だってあるということです。
さらに、特許要件には、特許法第29条第1項第1号・第2号もあります。
刊行物(特許明細書他)にはまだ記載されていない発明であっても、すでにこの世に存在していて他人が知っていたり実施していたりすれば、特許にはならないんです。
この世の中にある全てのものを知ってる人間なんていません。
従って、完璧な先行技術調査は不可能なんです。
先行技術調査によって、自分の発明が「特許にならないだろう」ということはわかっても、「特許になるだろう」ということは誰にもわかりません。
そこを勘違いしないようにご注意を。

ついでに言っておくと、ANo.3の方が仰ってる出願料21,000円は今年の4月から16,000円に値下げされましたが、出願審査請求料金は2倍になりました。
請求項の数が1つしかなくても、172,600円かかります。
弁理士に頼まなくても20万円近いお金がかかるんです。
出願審査請求をしないと審査をしてもらえず、特許にはなりません。

真相を話すと、特許庁は出願件数が減るのは対外的に困るのかも知れませんけど、審査請求される件数は減らしたいんです。
どうでもいいような発明については審査請求してほしくない、審査の手間を省きたいと考えているようです。
そのため、容易には審査請求に踏み切れないような料金にしたと考えることができます。

from006さんが特許を取りたいと考えたのは、お金儲けのためですよね?
どんな商売でも、先行投資は必要です。
特許を取ってお金儲けをして左うちわで暮らしたいと願うならば、それなりの先行投資も覚悟して下さい。
言い換えれば、特許を取っても大して儲かりそうもないようなものだったら、出願なんかしないというのも1つの選択肢です。

特許になったらさらに登録料を支払わなくてはなりません。
審査請求料金とは逆に登録料は今年の4月から大幅に値下げされましたけど、それでも特許を10年間維持すると、請求項が1つしかなくても200,700円かかります。

儲かりもしないのにお金を払って特許を維持するなんて愚かとしか言いようがありませんよね。(苦笑)
費用対効果をよく考えて行動することをお勧めします。

No.1のお礼より:
>弁理士さんに相談するにはいくらくらいかかるのですか

相談するだけだったら、弁理士会に無料相談室があります。
但し、出願手続をお願いするとなると、20万円はかかると思って下さい。
専門家は長年に渡って必死に法律の勉強しながら経験を積んできているのです。
素人の方には到底できないことをやっていますので、この料金は仕方がないでしょう。
特許電子図書館で調べまくれば、特許事務所を通さず自力で出願したものの中には、爆笑ものの陳腐な発明・お粗末な明細書もたくさん...続きを読む

Q試作品なしでアイデアだけで特許をとれますか

ある発明品のアイデアはあるけれども、試作品を作る設備や資金が無い場合は、特許をとることは不可能なのですか。

もし不可能ならば、試作品を作れる設備や資金のある会社等に売り込んで、試作品を作ってもらって特許出願をするのでしょうか。
その場合は、特許の権利はその会社のものになってしまうのでしょうか。

詳しくご存知の方は、教えてください。

Aベストアンサー

アイデアだけでも特許は取れます。ただ、具体的な記述は必要ですので、どの段階までのアイデアかが問題です。
メカ系であれば、少なくとも全体組立図程度のラフスケッチは必要で、出願原稿はそれに沿って内容を説明していくことになります。
それぞれがどんな機能の部品で、それらによりどのような効果が得られるかの記述が求められます。
ソフトであれば、フローチャートや画面イメージ等が必要です。
そこまで具体化していないと特許化は無理です。

Q発明品を商品化する方法

 長年頭に描いていた電子機器があります。未だに商品化されていないようなので、誰も思いつかないのなら自分で商品化したいと思うようになりました。

 しかし私は電子機器の専門家ではないので、機能などの説明はできても自分で作ることはできません。このような場合はまずどこに依頼すれば良いのでしょうか。もちろん多額の費用が掛かるでしょうが、個人的な発明の試作品を請け負ってくれる業者はあるのでしょうか。

 もちろん特許が出願されていないか調べる、なければ自分で出願するなど色々しなくてはならないでしょうが、それをしたところで試作品ができなければ仕方ありません(アイディアを企業に持ち込むより、自分で売りたい)。

 こういうやり方は難しいのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

依頼した弁理士以外は信用したは絶対にダメです。絶対に中味を話さない事です。ヒントから発展する訳ですから、今まで苦労しても「出来ない」ものがあなたのヒントだけで「出来る」になったら、もうあなたは相手は会う必要もない訳です。名前はあまり出せませんが某有名企業としてもやられてしまう訳です。あとのまつりです。大阪方面ではマネシタデンキと聞いた事があります。
特許ではありませんが、アイデアと図面、見積もりを提出、仕事(注文)は一番安い所へアイデアは無料で頂きます。というケースも多いです。ザラにあります。
当社はゴミの様な零細企業ですがコト特許製品については営業会社が間に入っても相手がどんな大手でも当社の「契約書」に責任者(社長、専務、工場長、部長、クラス)のサイン、印、がないと東京から九州までの出張であっても何も話もしない事にしていました。それでも4社にやられた様です。どうしても必要な特許であれば相手は特許権者に対抗する手段が当面ないからです。2台目からが判らなくなります。ボールペンの自動機で日本に出すと二台目はないと言われるそうです。判ります。優秀な人材がいます。バラシテコピーすれば安く、前より良いものが出来るからです。外国の000コという名の会社製品を特許を逃げて、もっと良いものにした経験があります。安く開発出来た例です。これがバカ売れで某会社は倒産から立ちなをりました。

依頼した弁理士以外は信用したは絶対にダメです。絶対に中味を話さない事です。ヒントから発展する訳ですから、今まで苦労しても「出来ない」ものがあなたのヒントだけで「出来る」になったら、もうあなたは相手は会う必要もない訳です。名前はあまり出せませんが某有名企業としてもやられてしまう訳です。あとのまつりです。大阪方面ではマネシタデンキと聞いた事があります。
特許ではありませんが、アイデアと図面、見積もりを提出、仕事(注文)は一番安い所へアイデアは無料で頂きます。というケースも多い...続きを読む

Q特許の売り込み方

 宜しくお願いします。新しい文房具を考え、年末に特許を出願しました。これからメーカーに営業をかける予定ですが、初めてのことで足元を見られて不利な条件にならないか等不安があります。そうした営業をする際の注意やマナーなどを教えて頂けませんか。
 例えば、一度に数社にかけ合うのはマナー違反でしょうか。又、どの時期からロイヤリティーを頂けるものでしょうか。
 特許の内容は大変シンプルで開発コストはそれほどかからないのではと素人ながら思っています。又、ヒイキ目で見ているかもしれませんが、かなり需要があるのではないかと思っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご参考になるかどうかは分かりませんが、私の経験から。。。

よっぽどのことが無い限り、公開前の明細書は第三者に見せない方が良いと思います。新技術の売り込み時には通常、簡単なプレゼン&情報交換 → 秘密保持契約締結 → 詳細な情報交換という手順を踏みますが、秘密保持契約を結んでいても明細書が開示されることはまずありません。公開までの1年半は、他社が追い付けないだけの技術の蓄積を図ると共に、漏れの無い特許の壁を築くのに重要な時間だからです。従って公開前の交渉では、その発明を使った場合の効能を具体的に記したプレゼン資料や試作品等で行われるのが一般的だと思います。公開後、明細書を読んだ他者が追いかけてくる、あるいは邪魔をするのは当然のこと。そのための1年半です。

国際特許の出願を企業に協力できるかどうかについては契約次第でしょう。「特許成立後は専用実施権を貴社に与えるから国際出願はよろしく」といった内容の契約が結べるかどうかです。ただ、現実問題としてこれはよっぽどのことが無いと難しいように思います。まず第一に必然的に公開前の明細書を企業に開示しなければならないという点、第二に特許が成立するかどうか分からない時点でそこまで踏み込んだ契約を結ぶのは企業としてはかなりの勇気が必要となる点が問題になります。国際出願ができる期間は限られていますから、それまでに契約がまとまるのかという時間的な問題もあるでしょう。

国際出願の問題や、あと特許無効審判等の係争発生時の処理方法(これは重要です)については、交渉の過程でよく話し合うしか無いと思います。

ご参考になるかどうかは分かりませんが、私の経験から。。。

よっぽどのことが無い限り、公開前の明細書は第三者に見せない方が良いと思います。新技術の売り込み時には通常、簡単なプレゼン&情報交換 → 秘密保持契約締結 → 詳細な情報交換という手順を踏みますが、秘密保持契約を結んでいても明細書が開示されることはまずありません。公開までの1年半は、他社が追い付けないだけの技術の蓄積を図ると共に、漏れの無い特許の壁を築くのに重要な時間だからです。従って公開前の交渉では、その発明を使った場合...続きを読む

Q出願後1年6ヶ月、企業への売り込み方

弁理士に頼まずに出願し、1年6ヶ月経ちました。
そして今日「ユニークな発明で夢実現!!」という内容のパンフレットが送られてきました。 特許庁からは何も連絡はありませんでしたが、ホームページを開いてみると私が出願していたものが公開されていました。
今後商品化して、ロイヤリティを得たいと考えますが、審査請求費、登録代金が高額なため、もしたいした発明でもなく商品化もかなわずロイヤリティも見込めないならばこのまま流す事も考えます。
積極的に企業に売り込むためには具体的にどうゆうアクションを起こしたらよいでしょう?ホームページで公開されているだけでもしかしたら企業からのアプローチがあったりするものなのでしょうか?

Aベストアンサー

特にアプローチはありません。
むしろ、気になるのは「ユニークな発明で夢実現!!」という内容のパンフレットです。
これに迂闊に手を出すと詐欺的な落とし穴にはまる可能性が高いように思えます。目敏い人が特許電子図書館のHPで検索し、弁理士を使わず自己出願をした人に送りつけているDMのようですね。

それと、現在の企業はよほどの明細書の内容でないと相手にしないことが多いですし、万が一自社の開発に支障が出ると判断した場合は特許の潰しつまり無効に向けて資料収集へ動きます。
特許明細書は特許事務所に頼まないと特許権利を取得するのは至難の業です。審査請求し、審査しても9割は拒絶理由が出ます。これに対応するには経験と技術が必要です。質問者さんがどのような内容の出願をされたのかはわかりませんが、一度弁理士会か、発明協会に相談されることをお勧めします。
尚、似た名前の発明学会には気を付けてください。

Q特許をとるためには何から始めればよいのでしょうか。

特許をとりたいと思っているのですが、まったく何も知識がありません。自分なりに試作品は作りました。特許事務所の選び方や、すでにほかの人が申請しているか調べてもらうお金とか、実際に特許を取得するまでどのくらいお金時間が必要か、どうやって商品を売り込めばよいのか、何でもよいですので、ご存知のかた、私に知識を与えてください。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、No.4の

>すべて 独力でできます。電子出願になっています。

という部分について補足します。
現在ではまだADSL等のブロードバンドで特許出願することはできません。
また、独力で出願した場合の成功率と特許事務所に依頼した場合の成功率とでは格段の違いがあります。
専門家に任せるお金をケチって大失敗した例はたくさんあります。

>が、この世界は千三つといいまして、あたりの確率はかなり低いです。

特許事務所の成功率は7割前後です。
千三つなどというのは初めて聞きました。

また、先行技術調査をどんなに必死にやっても、特許にならないという予測はできても特許になるという予測は誰にもできません。
世界中の文献に記載されておらず、世界中で実施されていないことが必要です。
こんな事を調べることは誰にもできません。
「これは素晴らしい!特許になるよ!」なんていう人がいたら、うそつきと思って下さい。

>特許をとりたいと思っているのですが、まったく何も知識がありません。

出願をすれば、たいていの場合、一度は拒絶理由通知が来ます。
何も知識がない人に拒絶理由通知に対する応答は不可能です。

>特許事務所の選び方や、

ということは、kugokugoさんは特許事務所に依頼するおつもりなんですね。
それでしたら、弁理士会の方に相談に行った方がいいです。
弁理士会のHPはこちらです。
http://www.jpaa.or.jp/?05291100

>すでにほかの人が申請しているか調べてもらうお金とか、

上にも書いたように、先行技術調査を完璧に行うことは不可能なんです。
その部分は専門家に任せても同じことですから、調べ方を教わって自力でやった方がいいかも知れませんね。

>実際に特許を取得するまでどのくらいお金時間が必要か、

正直言って、お金を気にするんだったら諦めた方がいいです。
自分で出願した場合にも20万円近くのお金がかかります。
特許事務所を通せばさらに20万前後のお金がかかります。
さらに特許になった後の維持費(登録料)もかかります。
一攫千金を夢見るんだったら、それぐらいの先行投資が必要ということです。
その先行投資ができないんだったら、時間と労力の無駄ですから金儲けは諦めてひっそり自分だけでその発明を使っていて下さい。

厳しいようですけど、これが現実です。

>どうやって商品を売り込めばよいのか、何でもよいですので、ご存知のかた、私に知識を与えてください。どうぞよろしくお願いします。

あとは、信頼できる企業に話を持ちかけ、特許出願費用まで面倒を見てもらうという手も考えられますけど、その場合には無償で実施させろというような話にもなりかねません。
いずれにしても、弁理士に相談した方がよろしいかと思いますよ。

まず、No.4の

>すべて 独力でできます。電子出願になっています。

という部分について補足します。
現在ではまだADSL等のブロードバンドで特許出願することはできません。
また、独力で出願した場合の成功率と特許事務所に依頼した場合の成功率とでは格段の違いがあります。
専門家に任せるお金をケチって大失敗した例はたくさんあります。

>が、この世界は千三つといいまして、あたりの確率はかなり低いです。

特許事務所の成功率は7割前後です。
千三つなどというのは初めて聞きました。

...続きを読む


人気Q&Aランキング