先週末に友人が軽自動車を運転中、
赤信号で停止している状態で追突されたのですが
責任割合が0:1000と言われたそうです。

ちなみに友人は一昨年にも同様の条件で停車中に追突され、
そのときの責任割合は0:100でした。
友人の責任割合はどうなったのでしょうか。

友人は現在入院中でわたしはその留守を預かっています。
(といえば聞こえはいいですが自分とこより日当たりのいい部屋に居候を決め込んでようなものです)
友人にはどのようにアドバイスすべきか、アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

通常割合は何割とか何パーセントで表します。


この場合パーセントが使われているので最大は100です。
従って1方が0なら他の1方は100です。つまり0:100ということにならますね。
比喩として、片方が完全に悪いというのを、まかり間違っても0:1000といったのとちがいますか?
誰から言われたかにもよりますが、確かな筋の話なら友人の過失はなし、つまり0パーセントと言うことになります。

>友人にはどのようにアドバイスすべきか、アドバイスお願いします。
”何も心配することないじゃん”と云ってやればいいのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

数字が苦手ですので分かったような、よく分からないような・・
しかし友人には何も心配することは無いと
友人のインフルエンザが治って退院してきたら伝えます
ありがとうございました!

お礼日時:2009/11/18 11:18

○:×と言うのは比率なんですよ。


何度もたくさんの方が説明しています。
0:90でも、ひだりがわのわりあいが0%、みぎがわのわりあいが100%、
0:100でも、ひだりがわのわりあいが0%、みぎがわのわりあいが100%、
0:500でも、ひだりがわのわりあいが0%、みぎがわのわりあいが100%、
0:1000でも、ひだりがわのわりあいが0%、みぎがわのわりあいが100%、
表現の仕方の違いです。

通常これを0:100や40:60など分かりやすく合計が100になるように表すのです。
わかりませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良く分かりました ありがとうございます
しかし同様の事故で前回と今回とで
賠償額が大幅に減額されているのはどういうわけでしょう
確かに破損した車も違いますが
責任配分も異なりましたので不安になっています

お礼日時:2009/11/19 09:58

0:100は、相手が100%過失有り


0:1000は 相手が1000%過失有り?
相手の過失割合が低くなってませんが・・・・??
0:95とか0:90とか言って加害者が過失割合を低く交渉してくることは
ありますけどwww
    • good
    • 0
この回答へのお礼

0:90や0:95ならまだいいのですが
あろうことか0:1000を主張されて参っております
さすがにその厚顔は受け入れられないので
1:100で折れてやることも検討しています

お礼日時:2009/11/19 08:32

#12,13の方が1000%や10倍とか言っているのは


貴方が責任割合を0:1000とか 間を取って0:500にしようと言ってる
とかって書いているからですね。
加害者が責任問題をどうこうしているのであれば 本来はこちらが0%なのでご友人の保険会社が出てくることはなく 相手保険会社との話になるだけなのですが 相手が0:100はいやだとダダをこねているのであればこちらにも保険料の支払い義務が発生しますのでご友人の保険会社に連絡し 相手がこういうことを言っているといえば保険会社が対応するはずです。

℃の道保障するのは相手か相手の保険会社です。
ただ相手の保険会社が違法改造の車での事故なので保障できない
となった場合 最悪裁判ってことになるかと思います
どこで妥協するかはご友人次第ですね とりあえずは相手の出方を待つしかないですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます 難しいですがそのように伝えます
本日友人が退院してくる予定です
急いで家を片付けねばならないので大変です

お礼日時:2009/11/19 08:30

もともと0:1000なんていう過失割合は、まったく在り得ません。


その在り得ない過失割合への答えとして、100%が完全な全ての損害
ですので、もし0:1000という数字で示談するとすれば、
その完全な全ての責任割合の10倍の配分として、
全ての損害の10倍の補償を受けられるべきだということです。
誰が0:1000などという訳の分からない過失割合を言い出してきたのか
書かれていませんが、在り得ない1000%などという責任割合は、
完全にまったく自分が悪いという思いの現れの比喩だということです。
ただ、合計100%以上は通常在り得ませんが、
相手がその10倍を自腹で出すというなら、示談は成立させることは
できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

不確かな仮定を前提に仮定を導かないでくださいよもう
足元ぐらぐらですよ
だれが10倍も賠償金出すんですか

お礼日時:2009/11/18 21:02

おもしろい責任割合ですね。


通常、全て相手が悪いときは0:100、これは100%相手が悪いということ
です。1000%悪いとは、その10倍相手が悪いということですね。
そうすると相手は、こちらの損害が例えば10万円だとしますと、
その10倍の100万円補償してくれるのでしょうか。一度、相手に
確認してみれば良いのではないでしょうか。思い切り自分が悪いから
罪の意識で常識外である10倍の補償をしてくれるつもりなのでしょうか。
例え0:500でも、5倍になりますからうれしい話ですね。
保険会社は100%までしか補償しませんが、
相手が自腹で払ってくれるのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

0:100ですと相手が100%悪いですが
0:1000だからといってその10倍、
つまり相手が1000%悪いとは限りません
「悪さ」ではなく「責任の配分」を問うているのです

お礼日時:2009/11/18 17:38

過失割合は合計で100で計算されます


相手が50なら自分も50 つまり50%の相手に非があるのであれば
自分にも50%の非があるということです
相手が90なのであれば自分は10ってことになります。
これが過失割合(責任割合)です。
つまり追突事故だとかの場合いわゆる当てられたほうも前方不注意とかでいくらかの過失があったとされます。
そうなると過失割合が10:90とか20:80とかってことになります。
分かりますか? 今回の場合 ご友人が受けた事故に対して0:100
との見解が出ているのであればご友人は一切なにも悪くなく
相手側の100%不注意であるとの見解になっているってことです
よってご友人の加入されている保険からは一切のお金が出て行くことはないです。
車の修理費用や車を修理していることで足がないためレンタカーを
借りることも可能ですし 事故による通院や病院代も相手の保険より出ます。
もちろん相手の保険にも寄りますが上限を超えた場合は相手が自腹を切りだすことになります。
今回車の修理といっても5000万を超えることはないでしょうから
あとは車を修理したところと相手保険会社との金額折衝です。
っで相手のバイクが違法改造車だった場合 保険の適応は厳しいかと思います。ただこれもご友人が関係あるはずもなく そんなもんに乗ってた加害者が悪いだけです 保険が適応されないのであれば自腹で払うしか方法はないでしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんだか至れり尽くせりでこちらが申し訳無いくらいです
何もせずここで手をこまねいているだけで
きちんと保障されるということを友人に伝え安心させたいです
しかし加害者が責任についてどう考えているのか気になります

お礼日時:2009/11/18 17:35

>こちらが0とすれば相手は100程度でいいのでしょうか?



お互いが賠償する%だと思って下さい、%だから100%までしかありません、過失割合 (A% : B%)はA%とB%をたして100%になれば基本的には良いのです。

今回は友人 0% : 100% 加害者です。
 過失の%ですから、100%相手が悪いと言う事です。

お互い100万の損害があるとしましょう。(0%:100%)
 友人→加害者に100万×0%=0円の賠償
加害者→友人に100万×100%=100万の賠償

もしこれが(10% : 90%)だとすると
 友人→加害者に100万×10%=10万円の賠償
加害者→友人に100万×90%=90万の賠償

追突事故の場合は追突された友人は相手に0%過失ですから、何一つ賠償する必要が無いのです。

0%:50% なんて無いと思って下さい。これだと友人が修理に100万かかっても100万×50%=50万しか相手から受け取れません、残り50万は友人が負担するのですか?過失0%で悪く無いのに負担するんですよ?おかしくないですか?友人の過失の%があがるだけ損をします、また相手の過失%が下がるだけ友人が損をします。
だから 0%:100%で話を進めてください。譲歩する部分はありませんし、追突事故は相手には言い訳すらすらすることの出来ない事故です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
友人が退院して来たらアドバイスが伝わるよう冷蔵庫にメモで残します
友人には何の落ち度もないことが明らかなのに
加害者の責任が0:100から0:1000に軽減されたことが
納得いかず悩んでおります

お礼日時:2009/11/18 17:29

これだけたくさんの方から、これだけ詳しく説明されているのに


まったくおかしな質問を繰り返す質問者様はいったい何を考えているんでしょうか?
しかも、わざわざ回答してくださった方への馬鹿にしたお礼はなんでしょう。

相手の過失割合は100だろうが500だろうが1000だろうが全て同じで
100/100=100%
500/500=100%
1000/1000=100%
だと皆さんおっしゃっているじゃないですか。
簡単な説明ですよね。

これ以上いったい何が聞きたいのでしょう。

この回答への補足

回答者様から頂く苦言は至宝です
ご指摘誠に痛み入る次第でありがとうございます

> 相手の過失割合は100だろうが500だろうが1000だろうが全て同じで
> 100/100=100%
> 500/500=100%
> 1000/1000=100%

このようにおっしゃいますがたとえば相手の過失割合が
50や90ですと
50/50=100%
90/90=100%
とはならないはずなので悩んでおります
これらのケースはぞれぞれ50%、90%で決着するはずですが・・・
さまざまな解釈をご回答頂戴するごとに腹をあっいや頭を抱えております

補足日時:2009/11/18 14:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者様から頂く苦言は至宝です
ご指摘誠に痛み入る次第でありがとうございます

> 相手の過失割合は100だろうが500だろうが1000だろうが全て同じで
> 100/100=100%
> 500/500=100%
> 1000/1000=100%

このようにおっしゃいますがたとえば相手の過失割合が
50や90ですと
50/50=100%
90/90=100%
とはならないはずなので悩んでおります
これらのケースはぞれぞれ50%、90%で決着するはずですが・・・
さまざまな解釈をご回答頂戴するごとに腹をあっいや頭を抱えております

お礼日時:2009/11/18 14:56

再度失礼します。


#7さんのお礼にも言われていますが
皆さん 過失割合が0:100となっていると言うのが質問で出ている以上
あなたのご友人の責任は0だとおっしゃっていると思いますが・・・

あくまで割合計算するのでこちらが0であれば相手は100でしかありません。 逆に相手が90だった場合 残りの10は誰が払うの?
ってなりますよね

みなさんおっしゃってますが あなたは当事者ではありませんから
細かな保険内容等全く分かりませんよね?
相手が任意に入っているのか あなたのご友人が弁護士特約のついた
保険なのか 分かりますか? 基本的に話は保険屋と当事者で進みます
あなたがアドバイスできることはありません。
保険屋もこちらに責任がないのに修理代や治療費を払おうなんて
気前のいい所は存在しません。 過去の判例や保険支払の事例にあわせて負担割合を交渉します。 
あなたが出来ることは災難だったね!って友人に言うことぐらいです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保険の状況ですが
当方(被害者側)は任意保険加入済で
対人・対物無制限、同乗者傷害3000万円
車両保険にも加入してあります
今回の加害者(0:1000)も任意保険に加入しており
対人無制限、対物5000万円の契約であり
車両保険には加入していません
ちなみに前回の加害者側(0:100)も任意保険加入済で
手厚く無制限の契約になっておりましたが
追突したバイクのエンジン部を検証した結果
400ccでの登録のはずが580ccにボアアップしてあり
保険適用されるのかどうかモメた経緯がありました
ご参考にしてみて下さい

お礼日時:2009/11/18 14:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング