【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

現在、大学4回生で就職活動を進めている者です。今の大学は普通の大学なんですが、就職活動を進めているうちに自分の趣味であるグラフィックデザインを本気でやってみたいと感じ始めました。 特にホームページのデザインやCDジャケットなどの作成、ポスター作成などに興味があります。 現に今の大学でマーケティングを学びIT系の企業に興味があったのですが、広告会社も同時進行で就職活動を進めていました。一般に言うクリエイティブ職をやってみたいと言う想いが最近付きまとってしかたありません。 もちろん厳しい現実は覚悟しています。 しかし、やらないで後悔するよりは、やって後悔したいのです。どんな修羅場でもやってやると言う覚悟を持っています。
 
広告会社などのクリエイティブ職の皆さん、どうすればいいでしょうか? 今の大学を卒業した後専門に通うのがいいのか? これからどう言う岐路で実現させればよいか。 教えてください。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

グラフィック・デザイナーは


基本的に経験者か、美大・専門学校卒業です。
コピーライターやCMプランナーは
専門教育を受けていない4大卒が多いです。
有名代理店ほど一流大学卒が増えます。
ただしコピーライターの場合は広告批評など専門誌が主催する
コピー塾の類を受講されていた方も多いようです。
以上が基本型です。

次に私の場合、なのですが
4大の経済学部を卒業して広告制作プロダクションに入りました。
そこで「コピーライターかCMプランナー」希望を出せと言われ
CMプランナーを希望しました。
やがて、制作よりは企画がやりたくなり
紆余曲折を経て今は広告代理店で企画の職務に就いております。
大学の同窓に、制作会社に入った人が数名います。
多くは現在プロデューサーになっています。
CMの演出家になった人も2人います。
専門学校に入り直して、CDジャケットを多く手掛ける制作プロダクションで
グラフィックデザイナーとして働いている人もいます。

ただし、CDジャケットと一口に言っても
例えばカッコいいポップスばかりではありません。
まだ、デザイナーよりはレコード会社のディレクターの方が
発言力が大きい場合も多々あります。
働いてみて初めて分かることも沢山ありますし
会社が変われば、ルールも変わります。
この辺の情報収集力も、才能のひとつかと思います。
ある程度は経験値が必要なのかもしれません。

でも、最後は本人の意志の骨太さです。
ITより何となくデザインに憧れている、といったレベルでは
本当にデザインが好きな人には敵いません。
頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な助言をありがとうございます。すごく丁寧に詳しく書いてくれて参考になりました! やはり実践、そして現場こそが重要だと解りました。 最後に「ITより何となくデザインに憧れている」と言う気持ちではありません。そんななんとなくな気持ちならこんな所に質問してわざわざプロの方々に「お前の考え方など甘い」と罵声を浴びせられに来たりはしません。 しかし、甘いと言って頂くのは嬉しく感じます。一人で悩んでいる自分が情けなく感じますます士気がましました。

お礼日時:2003/05/13 18:40
    • good
    • 1
この回答へのお礼

CUE009さん。2度も回答していただき有難うございました。 全部拝見しました。本当にいろいろな人がいるのだと感じました。 他の人の意見も感じさせられるものがありました・・・。

お礼日時:2003/05/14 12:47

#1です。


まだ見ているかどうかわかりませんが、老婆心ながらアドバイスです。デザインは9割が技術(スキル)で、残りの1割がセンスです。逆に言えば、勉強さえすればクリエイティブ職として9割のことは身に付きます。

しかし、学校で身に付くスキルは、実践ではあまり役にたちません。(最初のうちは)仕事のやり方を早く飲み込めるというだけで、武器にはなりません。あくまでわたしの経験ですが。それよりどこかのデザイン会社に就職してしまった方が、実践的で武器になるスキルが身に付くと思います。

応援しています。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yang_yangさん。 2度もコメントしていただいてありがとうございます。 本当に多くの手段があるのですね。 確かにどこかのデザイン会社に就職するのが良いのかもしれませんね。 いずれにせよ決断を下すのは自分自身。 現実に押しつぶされそうになっていましたが、飛び込んで行けそうです。 自分一人では中々知れないプロの皆さんの声に感謝しています。昨日質問を載せてこんなに多くの投稿をいただけるとは思っていませんでした。 ありがとう!!

お礼日時:2003/05/13 18:59

有名所は別としてホームページ専門にデザインをやっているようなところだったら美大卒ではなくてもだいたいのソフトが使えてHTMLを理解していれば採用してくれる場合もあるかと思います。


とりあえずもてる力をアピールして求人にあたるというのが一番じゃないでしょうか。ただし今は印刷業界は不景気ですので経験者のみ採用のところでも熱意をもって食い込むぐらいの意識がないと駄目でしょう。とにかく求人先の事業規模に関係なくとっかかりとして業界入りするのが難しい。この一言に尽きます。
もし大学卒業後専門学校に入学されるにせよ就職率がよいわけではありませんのでその覚悟も必要です。運よく現場に潜り込んで生き残るのもなかなか難しい。これには理由があります。
クリエイティブ職に憧れを持ち「感性」を好んで口に出す人は芸術的指向が強い人が多いのですがデザイナーの仕事は芸術作品を作ることではないので苦労多くして報われず仕事として続けられないという場合が少なく有りません。
実際の仕事は理性的判断がほとんどで感性が挟み込む余地というのは感覚的なさじ加減ぐらいです。このことは意識されたほうがよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずはコメントをありがとうございました。 jakartaさんからの非常に現実的なコメントがグサグサ突き刺さります。「プロをなめるな!」と言わんばかりの気持ちが伝わってきました。 プロの方々の前で安易に「感性」など言う言葉を使った素人として謝らせてください。すみません。  しかし、これまでの短い人生の中でも苦労して報われずな経験などこれまでに腐るほど経験しました。自分の弱さ、若さ、至らなさから多くの物を失ってきたのも事実です。 自分の本当にやりたい事を貫く為覚悟は決めています。 すみません・・・言葉では中々自分と言う人間は伝えられないものですね・・・ 

お礼日時:2003/05/13 18:52

わたしも普通の大学から進みました。



1.やりたい職種をはっきりさせる。
2.2年制の専門学校にかよって作品集を作る
3.作品集を持って会社をまわる。
4.実力がないとわかったときはすっぱりあきらめる。

以上参考にがんばってください。
    • good
    • 0

わたしも普通の大学から進みました。



1.やりたい職種をはっきりさせる。
2.2年制の専門学校にかよって作品集を作る
3.作品集を持って会社をまわる。
4.実力がないとわかったときはすっぱりあきらめる。

以上参考にがんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスをありがとうございます。シンプルに応えていただいてますが、j1212さんもそうされたのでしょうか? きっと想像もつかない苦労があったに違いないですね。 しかし、僕は安易な気持ちではありません。 ありがとう。参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/05/13 18:29

クリエイティブっていう仕事は、やりたい意志があってもなかなか実現が難しい職種です。

それは本人のセンスと実力が大きく左右するからです。作品の評価であなたの位置づけが決まる厳しい世界です。もしあなたが本気なら、デザイン学校へ通うより、デザイン会社へ見習いで入社することをお進めします。見習いが最もデザイナーへの近道であり、学校以上の収穫があります。そういう経験者がディレクターやアートディレクターやプロディーサーに抜擢されます。広告代理店へ入社で、そのような地位に就くには大手しかありませんが、とっても狭き門です。この世界は低賃金・徹夜・休日返上も覚悟がいります。あなたの決心次第で突破できるでしょう。私も見習いから始めました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずはコメントをありがとうございます。 ここに書き込んで下さる方々の厳しいお言葉は非常に勉強になります。 「デザイン学校へ通うより、デザイン会社へ見習いで入社」とありますが、そんなに簡単にデザイン会社に見習い入社なんて出来るのですか? ともかく、そのようなやり方もあるのですね。自分の気持ちに正直に考えていきたいと思います。

お礼日時:2003/05/13 18:21

まずは普通の会社に入って、デザイン関係の夜学に通うというのはどうでしょう。


(今からでもできれば)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずは、アドバイスをありがとうございました。 確かにそう言うやり方もありますね。 経済的にも金銭的も現実を見なければなりませんもんね。 しかし、どっちつかずな気持ちで仕事をするのは普通の会社に失礼なので性格上僕には出来ないです・・・ 現実的な助言ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/13 12:44

まさに#1のかたが言うとおりですが、何もデザインの経験がなくて受かるなんてことはこのご時世にありえません。



自分で自信のもてる作品を作っておいて売り込むぐらいでないとダメです。そこで自分のスキル、センスを見せて売り込むのです。でもまあこれは「一度会いましょう」といわれた場合ですが・・・

このあたりは美大を出た人がやっぱり1歩強いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現実的なアドバイスをありがとうございました。 やはり重みがあるコメントですね。 #1の方のお礼フォームにも書きましたが、経験はなしではありません。 あります。 しかし実際のクリエイティブの方から見れば「ナマクラ刀」のような経験なのかもしれません。 才能があるとは思っていませんが、自分だけの感性をいつも貫くようにはしています。・・・きれい事かもしれないけれど・・・。 どのみち自分を売り込まなければ何も始まりませんよね。 とても参考になりました。

お礼日時:2003/05/13 12:50

いわゆるクリエイティブ職のものです。



ホームページやCDジャケットを制作する仕事につきたいのか、ホームページやCDジャケットを実際にデザインする仕事につきたいのかによって違います。両者の違いはわかりますか?前者はディレクションだけでクリエイティブはおこないません。後者は実際のクリエイティブをおこないます。

さて前者を希望する場合は広告代理店に就職してください。入社後、希望するセクションにいけなければ、異動願いを出してください。これははっきり言って運ですが、月に300枚以上の企画書を書く根性があれば、希望するセクションに行けるかもしれません。

後者の場合は、デザイン会社や制作会社に就職してください。ピンキリですが、学歴は関係ありません。就職情報誌を数冊かってきて、クリエイティブのページの企業の面接をかたっぱしから受けてください。これが近道だと思います。スキルは入社してからいくらでも身に付きます。

この業界を希望している人は本当に腐るほどいます。マスコミ電話帳を買ってきて、制作会社の「あ」から順番に電話をかけて、人事担当に自分を売り込むなんて当たり前の世界です。とにかく根性です。がんばってください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素人なので違いがはっきりと解っていなかったのは恥ずかしい限りです・・・。 素人ですが、グラフィックの経験は結構あります。小さいころから絵が好きで昔は絵画展などの受賞などもしました。 大学時代も趣味でパソコンで数百点作品を作ったり、CDジャケット作成のバイト、HPデザインなどもやっていました。  僕は本当に好きだけど、その手の世界に飛び込む勇気がなかったと言う愚か者です。 厳しい現実的な助言ありがとうございました。 じっくり考えます。

お礼日時:2003/05/13 12:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q将来広告代理店の制作部門に携わりたい

現在高校2年の女子です。

私は将来広告代理店、広告制作プロダクションといった広告業界の仕事につきたいと思っています。

そして1番の夢は
広告代理店の制作部門
(カタログやチラシ、CMなどのデザイン)
に携わり、自分が作った広告宣伝を通して『モノ』と『人』とが出会い、その人の生活や心が少しでも豊かになってくれたらいいなと思っています。

その夢のために、
大学、または短大、専門学校を決めなくてはなりません。

現在私が志望しようかなと
考えている大学は
関西学院大学の社会学部です。
この大学でこのような夢を
果たすことが
できるでしょうか?
間違っていませんか?
アドバイス下さい。


あと関西学院大学以外も考えていきたいので
広告代理店関連(デザイン部門)に携わろうと思ったら
どのような大学、短大、専門学校を志望するとよいでしょうか?
詳しく教えていただけると
幸いです(*^o^*)

よろしくお願いします(^^)!

Aベストアンサー

業界を知る者です。

いくつか手はあるんですけど、1番良い方法は美大に行く事です。
特に映像系がいいですね。
東京3美大(ムサビ、タマビ、トウゲイ、)が最も大手広告には入り易いです。
もちろん潰しは効きづらいですけどね!

一般大からでも採用はありますが、人気が高く倍率が酷くて、
とても入るのが難しい上に、営業などに廻されることが多いですね。

あと私立文系から経験0で入社願う人多いんですけど100%落ちます。
私立文系の友人で、この辺のテレビ・広告に入ったのは数ヶ月~数年、専門やサークル、テレビ局バイトなどで地力を磨いてた連中です。
あと東大京大なんかだと「頭脳枠」で入れたりしますけどね。
入ってる奴見てると「入りたいな」では100%ムリですね。「絶対に入る」と考えて、
何年も前から準備してるような奴が多かったです。
つまり関学の社学とか希望してる時点でなめてるとしか言いようがありません。
なんせ倍率が1000倍超えますから、テキトーにやって受かるってことはまずないんですね。

それからチラシや印刷物などは非常に苦しくどんどん潰れてます。
最初から「別に中小でもいいから」なんて甘い考え持たないほうがいいですよ。

当たり前なんですけども、そもそも企業はクリエーターを育てる気なんてないんです。
ずっと売り上げ減で育てる余裕も無いですし。
面接段階で既に数本は映画撮って来るような連中はごろごろいますから(レベルは低いですけど)。
だから面接時点で「計算できる奴」をごく少数採用して、あとは現場で下請けから叩き上げで生き残った
凄い奴を使いまわすんですよ(9割ぐらいは潰れるんで薦めませんけど)。

いま増えているのはネット広告部門ですね。サイバーエージェントとかミクシィとか採りまくってますよ。ただ営業もいらないし、デザイナーもだぶついてて必要なのはプログラマーですね。
プログラム組むなら情報系行って院まで進めばだいぶ強い。
ただ向き不向きがあるし、その辺は考えておいて下さい。
デザイナーの場合は「デジハリ」と言う専門学校が強いです。

僕が君なら、今すぐ美大予備校行って東京3美大目指しますね。
で、そこで映像をガンガン撮る。
一般大に進むなら、何浪してでも東京6大学辺りには入って、
1年次から広告研究会やマスコミバイトやっておく。
別にwスクールで脚本や映像を学んでおいた方がいい。


繰り返しになりますが↑やってる子は腐るほどいるんですよ。
だから、あなたのようなタイプが100人いたら100人とも落ちちゃうんですよ。

やりたいなら上記を踏まえて動いて下さい。
「地方国公立大の方がレベルが高いよ!」とか、「お金がないから私立美大はムリ」とか
そんな個人の意見なんて採用側はどうでもいいんですよ(もちろん口では言いませんけど)。
キツイ言い方をすれば代わりはいくらでもいますし、
例えばテレビ・広告は東京寡占ですが、1社につき5次試験ぐらいあります。
しかし交通費は最終まで1円も出ません。
情報も公にはしません(政治家とか企業には口出ししますけどねw)
だから地方生は不利です。でも別に構わないんですよ、先に言った通り
代わりはいくらでもいるんで。

あとは既にできるのでやる事ですね。
今は高校生でもビデオ買って来て、オモシロイ動画をニコ動とかで流せるでしょ?
ベッキー・クルーエルやジャスティン・ビーバーは君より年下でそれをやったわけだし、
君にできないって法は無い。
箭内道彦は3浪、佐藤可士和と水口哲也は2浪です。
あれだけ才能がある人でもそれだけ努力や挫折を経験してやっと入るようなとこですから、
あんまり甘く見ない方がいいです。
テキトーに大学入って、映画好きなんです、写真好きです、趣味で写真撮ってましたー、ツタヤでバイトしてましたーって9割の受験者は受かりっこないんです。

※でも逆に言えばしっかり準備すれば受かると思いますよ。
事実、僕の友人も準備してた奴はけっこう受かってますから。


僕は周囲を見ているので、あんまり難しいとは思いません。ただ記念受験は不可、しっかりとした準備が必要だとは感じますね。


紙媒体の広告収入は落ち続けてるし、テレビもジリ貧じゃないですか?
だから君が就職する5年後には、業界は規模が1/10ぐらいになってるかもしれない。
事実、航空料金は自由化のせいで、一気に1/10ぐらいになったわけだし。
高校生とは言え、それぐらい見越せるわけで、見越した上で覚悟して言ってるのか、
ただ甘いだけなのかそれって違うと思います。

例えばそれを踏まえれば、「消費力の旺盛な中国ならまだチャンスあるかも、中国語勉強しとこ」ってのも手なわけです。
ただ「絵が好きだ、絵を描きたい」では数万人のライバルの前に霞んでしまいがちです。



最後になりますが、商業デザインはゲージュツとは違うんです。
それを履き違えない事。
「キレイな絵を撮るギジュツ」はあくまで商品を売るため。
逆に言えば売れりゃクズみたいな絵でもいいわけです。

それが分かっていない人が多すぎる。
自分は1週間でやりたいと思っても、3日でって言われたら3日でそこそこのものを仕上げないといけないし、自分が満足できなくても何十人って人が関わってくるから、その多人数の意見のコンセンサスを取ったものを作らないといけない。
あくまで広告はビジネス。
ビジネスって把握した以上でやっても良いものは良いし、ただしゲージュツカ以上にはっきりと成否出るから、それが嫌なら目指してはいけない。
いま目指すなら、それを見て目指した方がいいしできないなら今すぐ諦めて別の仕事を目指した方がいい。

業界を知る者です。

いくつか手はあるんですけど、1番良い方法は美大に行く事です。
特に映像系がいいですね。
東京3美大(ムサビ、タマビ、トウゲイ、)が最も大手広告には入り易いです。
もちろん潰しは効きづらいですけどね!

一般大からでも採用はありますが、人気が高く倍率が酷くて、
とても入るのが難しい上に、営業などに廻されることが多いですね。

あと私立文系から経験0で入社願う人多いんですけど100%落ちます。
私立文系の友人で、この辺のテレビ・広告に入ったのは数ヶ月~数年、専門やサー...続きを読む

Qこちらこそ、とつけるかつけないか

あまり面識のない方(年上)からメールを頂きまして、返答に悩んでいます。

まず『また宜しくお願いします』と言われましたが、これに対して
『こちらこそ、宜しくお願い致します』と言っても大丈夫でしょうか?
こちらこそと言うのが気安い感じがするのですが…

もうひとつ、ビジネスメールではなく個人メールでは『こんにちは』以外に何かいい挨拶の文章はないでしょうか?

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

チャットのように交互にリアルタイムにやりとりするなら、
「また宜しくお願いします」に対して即座に「こちらこそ、宜しくお願い致します」で良いと思います。この場合は電話や直接会って話をしている感じになるからです。
ただ、普通のメールなら、引用でもしない限り「こちらこそ」はいらないと思います。
普通にメールを書いて、最後に「宜しくお願いいたします」だけで良いんじゃないでしょうか特にビジネスメールなら。

>個人メールでは『こんにちは』以外に

「こんにちは」だけで良いんじゃないですか。
メールに時候の挨拶を付けるのも変だし(基本的にメールは用件を手短に伝えるものだと思っていますから)突然用件というのも変ですから、はがきに書く感覚でいいと思いますよ。前略のかわりと思えば。

私の場合は
こんにちは。○○です。
から、必ず始まります。(署名と一緒にテンプレートに入っています。)

参考までに。

Q広告代理店への就職、クリエイティブ

現在大学三年生、秋からの就職活動を控えている者です。

大学では普通の文系学部で学んでいるのですが、以前より興味のあったグラフィックデザインも学ぶため、春より専門学校とダブルスクールを始めました。
文章を書くこと、ヴィジュアルを考えることの両方が好きで、様々な職業のあり方を調べるうちに、今徐々にコピーライターという職種にも惹かれつつあり、中途半端な自分に戸惑っています。

そこでお伺いしたいのですが、

1.広告代理店、できれば大手の総合職のクリエイティブ局、クリエイティブ職(デザイナー、ADは美大卒などが対象と考えられるのでコピーライターとして)に就くためにはどうすればよいのでしょうか。例えばコピーの学校に通う、具体的に何々をするべき、等をお願いします。

2.先にも述べたのですが、文章もヴィジュアルも両方ともが好きで、甘いのかもしれませんがどちらかの仕事に絞れず、どちらにも携わりたい。ですので広告のこの業種だったらどちらもやることになるとか、または全く別の職種の部署、それに近い仕事、そんな意見は甘えたすぎるなどの意見をお願いします。できれば広告代理店と広告制作会社の違いなども絡めながらお答えいただきたいです。

3.コピーライターを目指すとしたならば、デザイナーにならないのに専門学校に通い続けることは体力的にも時間的にもかなり厳しいものだと考えています。けれども通い学ぶことがなんらかのプラスにつながるのかもとも迷っています。大学と専門のダブルの知識(というほどの大それたものではないのですが)を持っているということが活かされるということもありえるのでしょうか。
マスコミに限らず就職は厳しく、今からあらゆる手を打ちたいのですが、自分で選んだ道ながら夜間に専門学校に通うとなると課題にも追われ、かなり時間をとられています。
活かされないのならば、大学一本で普通どうりに就職に挑みたい。

無茶苦茶な質問内容になってしまっているかもしれませんが、
支離滅裂な自分に決別し目標を定めて努力したいので、どうか回答をお願いいたします。

現在大学三年生、秋からの就職活動を控えている者です。

大学では普通の文系学部で学んでいるのですが、以前より興味のあったグラフィックデザインも学ぶため、春より専門学校とダブルスクールを始めました。
文章を書くこと、ヴィジュアルを考えることの両方が好きで、様々な職業のあり方を調べるうちに、今徐々にコピーライターという職種にも惹かれつつあり、中途半端な自分に戸惑っています。

そこでお伺いしたいのですが、

1.広告代理店、できれば大手の総合職のクリエイティブ局、クリエイティブ...続きを読む

Aベストアンサー

コピーライターだって、文章を書いているだけではなくビジュアルを考えたりしますよ。下っ端のうちは別ですが、経験を積んで自分がディレクターという立場で仕事を動かしていく場合、コピーを書くだけでなくビジュアルイメージをデザイナーに伝えて、それを調整したりする役回りになります。逆に文章のみを書いているコピーライターってほとんどいないんじゃないでしょうか。

それに、デザインの知識があることは無駄にならないどころか、むしろ有利だと思います。専門学校でどのような勉強をされているのかわかりませんが、とりあえず「ものづくり」のノウハウは学べるわけですよね。
自分でコピーを書いて、自分でデザインした作品づくりをして、それを就職活動に生かせるよう努めてみるのがいいのでは。


人気Q&Aランキング