【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

タンパク質の精製にハイドロキシアパタイトカラムを使用する場合、このクロマトグラフィーに用いるサンプル中に0.1% NP-40が含まれていても実験に影響は出ないでしょうか?

A 回答 (3件)

補足を拝見し、NP-40に関して少し調べて見ましたが、結論から言って不明としか言いようがありません。

(無知ですみません。)

↓の参考URLには影響ないような事が書かれていますが、実際はどうなのか分かりません。

(私が実験していたのはもう10数年前で、まだHAPの認知度も低い時代でした。北里大学で研究していました。←出身校ではありません。)

回答にはなっていませんし、却って混乱を招くことになってしまったようで、お許し下さい。

参考URL:http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/dc080305.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ調べて頂き有り難うございました。
私も調べてみましたが、影響はなさそうなのでとりあえず実験してみます。

お礼日時:2003/05/13 09:44

ハイドロキシアパタイトでのタンパク質精製をしたことがあったので、質問を拝見しました。


おそらく影響はないかと思いますが、
使用されているカラムメーカー或いはハイドロキシアパタイトカラムを提供する他のメーカーに問い合わせされてはいかがでしょうか?
親切に返答され、勉強になる場合が多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。
そうですね。メーカーに問い合わせるのが良い方法だと思います。早速聞いてみることにします。

お礼日時:2003/05/20 20:07

0.1% NP-40とは何の事か不確かで申し訳ございませんが、HPLCにHAP(ハイドロキシアパタイト)カラムを使用して蛋白質を精製する時は、カラム内を充分洗浄してから利用するのが前提です。



私は以前HAPの製造に携わった経験があり、HPLCを使い、HAPの製造実験をしていました。粒度2μmから5μmの顆粒状アパタイト(多孔質)を造っていました。

この回答への補足

NP-40:正式名称はNonidt P-40で非イオン性界面活性剤です。

補足日時:2003/05/12 21:20
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング