ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

私本人(以後Sとします。)と問題の人間(以後Yとします。)の間に発生している借金について。
本来、Yの側が80万円必要でした。そのお金をYが用意できずに、Sが、消費者金融で80万円用意しました。その借り入れ名義人はSの名前で借り、用意できたお金だけを借用書も作成せず現金でYに渡しました。 その後、Yからの連絡も無く、今に至ります。
そのお金を、裁判に通してでも帳消し・または減額したいのですが、相手の親・兄弟しか連絡が取れず、本人がいないので、その事実を知る人間がいないのです。もちろん、連帯保証人にもYの名前は出していないので、結局、私自身の借金としかならないのでしょうか?
返済には相手の親も協力するとは言っているのですが、私自身、強い言葉で話してしまうと恐喝になるような気がするしで・・・なにか方法はありませんか?
詳しくお答えいただきたいのですが。お願いします。

A 回答 (3件)

私は以前金融関係に勤務していた者です。


大変な事になりましたね。
でも、こういうことはよくあります。
かくいう、私も以前一緒に暮らしていた同居人が私には内緒で名義貸しをしてしまい、Sさんと同じ80万円の借金を背負わされた経験があります。その人も最初のうちは払ってくれていたのですが、だんだんと払いが悪くなり、とうとう失踪。そこで勤務していた金融会社の上司に相談をしましたが結局何も出来ずに泣き寝入り…
かなり高い勉強代になりました。
そうです、#2さんがおっしゃる通り、この借金はたとえどんな事情があるにせよ、第3者からみればSさんの借金に他ならないのです。
裁判を起こしても勝ち目はゼロに等しいし、万が一勝ったとしても果たしてYさん(見つかったとしても)に支払い能力があるでしょうか?80万円のお金を自分で作ることができなかったYさんにとても払える能力があるとは思えません。きついようですが安易(←何かしらの事情はあったんでしょうが…)に名義貸しをしてしまったSさんの責任は大きいと思われます。私の同居人がそうでしたから。

ただ私の同居人と違う点はYさんの家族がいくらか協力しようとしてくれていることです。
保証人になっていない限り、親・子供・兄弟の借金は法律上、その家族に支払い義務はありません。なのに協力してくれると言ってもらっているのですから、ここは穏便に話を進めて行く方が良いでしょう。
無理に事を進めたり、家族に責任を追及したりするとそれこそ「支払う義務はない」と突っぱねられるかもしれません。そうなると本当に泣き寝入りです。
ですから大丈夫そうならせめて今出せる範囲で返済してもらうのがいいかと思います。長期に渡る支払いの約束はトラブルの元です。
全額は無理だったとしても半分、もしくは1/3でも払って貰えるならそのお金を頂き残りはコツコツと返していく事を考えた方がいいでしょう。

ただ他にも、#2さんの仰ってた「債務の減額」という方法も確かにありますが、金融会社から見ればこの借金はいかなる事情があるにせよSさんの借金。債務を整理(特定調停や任意整理→詳しくはインターネットで検索を)をしてしまうとYさんに「支払い事故発生」というレッテルが貼られてしまいます。それが「信用情報センター」なるものに掲示されます。自分が作った借金でないにもかかわらず です。
それはこの先何年か(4年~7年位)はついて回ります。それによってローンが組めなくなったり、クレジットカードが作れなくなったりと問題が発生してきます。今回の80万円の他にもSさん個人の借金があったとしたら、その80万円の融資をした会社とは別の会社は「事故を起こしたぞ、こいつは。」となってしまい、さらなるトラブルも引き起こしかねないと思います。そういう情報はすぐにチェックされるはずですから。
ですからこの方法もあまり得策とは言えないです。どうしても80万円の支払いが無理だと言うのなら仕方がないですが…

結論を言わせてもらえば、
「今回の借金はSさんの借金にほかならない。責任はYさんにある」
と言わざるを得ません。
逃げたYさんだけが得(?)とお思いでしょうが、このことで、せっぱ詰まった時に80万円もの大金を貸してくれたSさんという貴重な友人を失った他、家族の信頼も無くしたYさんを私はとても哀れに思います。今の世の中、誰が他人の為にすぐに80万円も用意してくれるでしょうか?私には残念ながらそのような友人はいません。
Yさんは80万円ではとても払えないものを無くしてしまったと思います。

これから大変でしょうが返済して行くことを考えて、頑張ってください。

あまりアドバイスにならなかったかもしれませんが、うまく行くことをお祈りしています。
    • good
    • 0

消費者金融会社がお金を貸したのは、Sさんです。


したがって、Sさんは80万円+利子を、耳を揃えて消費者金融会社に返さなければなりません。
名義貸しが事実であることが証明できようが、それを裁判で主張しようが、まず勝ち目はありません。
Sさんは、金利がかさまないうちに、消費者金融会社への債務を完済してください。
Sさんが返済しない場合、連帯保証人の方に迷惑がかかることもありえます。
で、その話とは別の話として、SさんとYさんの関係において、80万円の消費貸借契約の処理を行ってください。
Yさんの親がYさんのSさんに対する債務の存在を認めて、代わりに支払う(代位弁済する)というのであれば、それはそれで、ありです。
存在を認めていないものに対して威迫をもって代位弁済させるとそれは恐喝になるでしょうけれど。
話し合いをされることについては、法の禁ずるところではありません。
ただし、払わない、と突っぱねられたら、Yさん本人を見つけ出して払ってもらうか、Yさんの財産を押さえるしかありません。
Sさんが裁判を起こせる相手は、現状ではYさん本人だけであるとお見受けしました。

また、Sさんと消費者金融会社との間で、利息の引きなおしをして債務額を減額するというのは上記の話とは別の話として可能です。
これは、利息制限法の範囲内で利息の計算をしなおして、返済総額を圧縮するというものです。
役所などで行われる無料法律相談なんかで相談されてもよいかもしれません。

以上、ご参考になれば。
    • good
    • 0

「借用書」という証拠がないとどうしようもないと思います。

とりあえずは、このままでは、利息もふくれあがりますので、相手の親から仮払を受け、一旦返済するしかないと思います。
相手の親から勤務先を当たるなどし当人に連絡を試みてもらう一方、弁護士会での市民法律相談も三十分で五千円程度でやっているようなのでそちらも活用されたほうがいいかと思いますが、借用書なしでは苦戦が予想されます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング