ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

仕事の関係上どうしても家に着くのが
早くても21時前、遅いと23時近いことが多く
それから夕飯を食べ、ご飯を食べてから2時間もしないうちに
寝てしまうことが多々あります。

そのせいか最近お腹のお肉がぽっこりしてしまい、
どうにかこのお肉を取りたいと思い
休みの日にでも歩くか走ろうか…

と思ったんですが
どちらの方が有効的でしょうか。

また歩く・走る意外に効果的にお腹の肉を落とす方法が
ありましたら教えてください。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

脂肪を燃焼させてやせる



脂肪を燃やすには、ウォーキングや水泳、サイクリングなどの有酸素運動を20分以上つづけることが必要

体脂肪をじょうずに減らすためには食事に気をつけることはもちろん、適度な運動が不可欠になります。ただし、ここで覚えておかなければいけないのは、運 動の 目的は消費エネルギーをふやすためではない、ということ。運動で落とせるウエイトは、1カ月でも多くて1kgくらい。フルマラソンを2時間半で完走して も、たったの340gしか落とせないといわれていますから、体脂肪を運動だけで減らすのは、意外とむずかしいことなのです。
    • good
    • 1

「脂肪燃焼には心拍数(110~140、150)が影響してきます。

160を超えてしまいますと無酸素運動に近くなり効果が少なくなってきます。」

強度の筋トレのような無酸素運動時に消費されるのは、ほぼ100%糖質であって脂質ではありませんが、その後の安静時代謝が48時間程度に渡り増加するため、脂肪が燃焼します。決して効果が少なくなるわけではありません。
    • good
    • 1

当たり前の話ですが#1さんの通りです。


小学校で算数を習っているのなら燃焼効率がどうとかの話しにはならないです。

使ったカロリーと食べたカロリーの差以上に脂肪が減ったりすることは
ないです。(笑
したがって使ったエネルギーが大きい方が痩せるのは当たり前なんですがなんか変な情報
が蔓延してます。

>また歩く・走る意外に効果的にお腹の肉を落とす方法が
ありましたら教えてください。

食事を減らす以上に効果のあることはないです。
    • good
    • 0

脂肪燃焼には心拍数(110~140、150)が影響してきます。


年齢によって違ってきますが160を超えてしまいますと無酸素運動に近くなり効果が少なくなってきます。
ジョギングもウォーキングもどちらも効果があります。
トレーニング始めはウォーキングから行い慣れてきたらジョギングに移行されると良いと思います。

最近ではジョギングやウォーキングより脂肪燃焼に効果があるトレーニングとしてスロージョギング(歩幅を狭めてゆっくり走る)が注目を浴びています。

走る、歩く以外ですとスローステップ(踏み台昇降)も効果的です。
    • good
    • 1

 歩く時間と走る(ジョギングする)時間が同じなら、当然ながら運動強度の高い走る(ジョギングする)ほうが消費カロリーが多く、脂肪燃焼に効果がより高くなります。



 同じ距離を歩くのと走る(ジョギングする)のとでは、やはり走る(ジョギングする)ほうが消費カロリーは約1.6倍多くなります。走る(ジョギングする)のは歩くのと運動モードが(使う筋肉も)違いますから。

 なお同じ走る(ジョギングする)のなら、息が荒く心臓がバクバクするようなきつい(速い)運動にするのではなくて、誰かと何とか対話できるくらいの強度の運動にするのが脂肪燃焼効果がもっとも高くなるとされています。

 歩く・走るのも含めて運動による消費カロリーは苦労の割には意外と少なく、食べることによる摂取カロリーの影響は大きいので、体脂肪をもっとも効率よく落とすのにはダイエット(食事療法)がいちばんです。つまり食べる量を制限することです。
 ただしお腹周りの脂肪が落ちるのは、ダイエット(食事療法)や運動で痩せても最後の最後になります。非常に落ちにくいと思ってください。ですから、しつこくしつこくしつこく、根気よくダイエット(食事療法)や運動を続けないといけません。根気に負けるとお腹周りの脂肪をすっきりさせることはできません(私の経験談より)。
    • good
    • 0

効果的な方法はちょっと無理かも知れません。



休日でなくても下期のURLの下着は案外効果があります。
値段も高価ですが。
毎日着用で歩行がエクササイズに変わります。
http://www.wacoal.jp/product/disp/CSfLastGoodsPa …

一度お試しを。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。

以前、車内広告で見かけました!
これってホントに効果があるのでしょうか。

お礼日時:2009/11/19 15:22

短時間の運動ならジョギングが良いですよ。


ウォーキング×60分:200キロカロリー
ジョギング×60分:500キロカロリー
ってな感じです。

でも普段運動習慣がない場合はいきなり走れないでしょうからウォーキングからがいいんじゃないですか?

ボクもおなかの贅肉が気になるので毎日600回くらい腹筋運動してます。

あと、できるだけ車に乗らない事です。基本は自転車。往来50km以内なら自転車で出かけます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。ご返信ありがとうございます。

夏ごろには私も腹筋をしていたのですが
腹筋のやり方が悪いのか、ただ単に腹筋がないのか
どんなにふんばっても背中が起き上がらなく、、
約1ヶ月くらいでいつの間にかやめてしまいました。。。。

お礼日時:2009/11/19 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウォーキング・ジョギング結局どっちがやせるの?

ウォーキングの方がジョギング(ランニング)よりも痩せるという話を時々聞くことがあります。
実際ジムなどでもそれを根拠に歩いてる人は結構多いようです。

しかし経験上どうもジョギング(以下走とします)の方がウォーキング(いか歩とします)よりも痩せる気がしてしょうがありません。
正直、歩をした程度ではほとんど体重の変化を実感できないんです。

実際早く走るのは痩せないというのが真実なら、長距離の選手や減量中のボクサーは体重管理のために歩を取り入れるはずですよね?でも通常のトレーニング以外に減量のため歩いてるなんて選手聞いたことありません。(マラソン選手が長期休養後に足作りのため歩くことはありますが)

そしてなによりやっぱり走のほうがキツイんで「効いてる~」って感じがしてしまいます。

走よりも歩の方がダイエットに良いという根拠はなんなのでしょうか?
単に、走はきつい(足腰への負担や、心配機能への負担等)ので長時間&長期間の持続が困難だから歩を勧めているだけで、やっぱり同じ10キロをこなすなら歩より走のほうがやせるんでしょうか?

実際やせるのに(問題無く同頻度で実行できるとして)10キロ90分で歩くのと、60分で走るのどちらが効果的なんでしょうか?

ウォーキングの方がジョギング(ランニング)よりも痩せるという話を時々聞くことがあります。
実際ジムなどでもそれを根拠に歩いてる人は結構多いようです。

しかし経験上どうもジョギング(以下走とします)の方がウォーキング(いか歩とします)よりも痩せる気がしてしょうがありません。
正直、歩をした程度ではほとんど体重の変化を実感できないんです。

実際早く走るのは痩せないというのが真実なら、長距離の選手や減量中のボクサーは体重管理のために歩を取り入れるはずですよね?でも通常のトレ...続きを読む

Aベストアンサー

一分間あたりの消費カロリーは、ウォーキングなら80m/分で0.0747×体重、100m/分で0.1083×体重。

これに対して軽めのジョギングが0.1384×体重、速めなら0.1561×体重、となっています。

ですので、同じ時間行うなら、ジョギングのほうがおよそ1.5~2倍ほどカロリーを消費します。

ただ質問者様の場合は60分走と90分歩の比較ですから、両者に大きな差はない、というのが答えになります。

ちなみに、足首や膝にかかる負担を考えるとジョギングは着地のさいに、体重の数倍の重量が関節にかかるので、ケガの危険が自転車や水泳に比べて高めです。
また、心肺機能がしっかりしていないと酸素を十分とりこめませんし、そうでなくてもペースを上げすぎれば無酸素運動になってしまうので、長く続けることができません。

それから有酸素運動というのは脂肪だけ使うわけでなく、脂肪は「主体となる」エネルギーであって、それを使うためには十分な酸素や糖質が必要です。

そして、この糖質(グリコーゲン)も脂肪もまずは血中に溶けているもの(グルコースおよび脂肪酸)が使われます。次に糖質は筋肉→肝臓という順番でグリコーゲンがグルコースとなって、脂肪は全身の脂肪細胞から脂肪酸となって、それぞれ血中に溶け出してきてエネルギーとして使われます。

そして最終的に、肝臓の糖質まで使い切った状態になると、体を動かすエネルギーが存在できなくなってしまい、「ハンガーノック」という運動不能状態に陥ります。

通常の食事をしているならともかく、食事制限をしている場合などは、この状態に陥りやすいので、負荷が高いジョギングや水泳などでは、安全のために運動前後や運動中に果汁100%ジュースを飲んだり、飴をなめるなどの工夫が要ります。

こうしたことは運動経験のある人なら常識ですが、そうでない人だとむやみな食事制限と運動で倒れるケースがままあります。

こうしたことをふまえて考えれば、ジョギングは、運動経験がない、あるいは少ない人や基礎体力がない人、体重が重めの人(まとめるなら運動不足&知識不足な人たち)にとっては、リスクが高く、実りが少ない運動といえます。
また、心理的にも「きつい」と感じる運動は、ストレスになって続けられません。

そして現代の日本人を見ればわかるとおもいますが、全体として「運動しない」&「なるべく楽して結果を出したい」という傾向があるために、メディアなどでは、より安全かつたいした知識もいらず、楽にできるウォーキングを勧めるわけです。

ただ、負荷が低いということは、それだけ筋肉も刺激されづらいということですから、すぐに一定のレベルに達し、そこで頭打ち(=現状維持)になります。
もし体力、筋力、心肺能力などのいっそうのレベルアップを目指すなら、ウォーキングからじょじょにジョギングに切り替えていくほうがお勧めです。

一分間あたりの消費カロリーは、ウォーキングなら80m/分で0.0747×体重、100m/分で0.1083×体重。

これに対して軽めのジョギングが0.1384×体重、速めなら0.1561×体重、となっています。

ですので、同じ時間行うなら、ジョギングのほうがおよそ1.5~2倍ほどカロリーを消費します。

ただ質問者様の場合は60分走と90分歩の比較ですから、両者に大きな差はない、というのが答えになります。

ちなみに、足首や膝にかかる負担を考えるとジョギングは着地のさいに、体重の数倍の重量が関節にかかるので、...続きを読む

Q歩くのと走るのどちらが効果的?

よくダイエットでは一定の脈拍で有酸素運動をするのが
いいということでウォーキングが進められますが、
毎日はウォーキングの時間をとることができず、
正直、効果があまりじっかんできません。

やはり、週に2、3回の運動なら走ってカロリーを消費したほうが、
運動したという気分にもなるし、
汗もかき脂肪も燃焼したような感じを受けてしまいます。

実際ウォーキングとジョギングではどちらがより効果的なんでしょうか?

Aベストアンサー

ウォーキングの付加カロリーは基礎代謝の2.8倍、ジョギングの付加カロリーは7倍です。たとえば、あなたの基礎代謝が60Kcal/時とすると、ウォーキングの場合で1時間あたり168Kcal、ジョギングの場合で1時間あたり420Kcalを余分に消費することになります。
消費カロリーだけについて言えば、ジョギングの方が同じ時間で2.5倍のエネルギーを消費するので、運動時間があまり取れなくて人にはジョギングの方が効果があるといえます。

ウォーキングでもジョギングでも身体を前方へ移動するために、筋肉内でエネルギーが消費されますが、このエネルギーにはグリコーゲンと脂肪酸の2つが使われます。
グリコーゲンは筋肉内に貯蔵されているブドウ糖の塊で、燃焼速度が速いので加速のために使われます。もう一方の脂肪酸は燃焼速度が遅いので、姿勢の制御や歩行時のエネルギーに使われます。

普通のウォーキングでは、このエネルギーの消費比率はだいたい半々程度ですが、スピードを上げるとグリコーゲンの消費が多くなり、脂肪酸40%:グリコーゲン60%のように変化します。
ジョギングの場合はウォーキングよりもグリコーゲンが多く使われるので、脂肪酸40%:グリコーゲン60%程度です。

ウォーキングとジョギングの効果は、上の2つの条件で決まります。ウォーキングやジョギングに何の効果を求めるかによりますが、脂肪の燃焼を目的とするのであれば、できるだけゆっくりしたジョギングを行うのが最も効果が高くなります。

ウォーキングの付加カロリーは基礎代謝の2.8倍、ジョギングの付加カロリーは7倍です。たとえば、あなたの基礎代謝が60Kcal/時とすると、ウォーキングの場合で1時間あたり168Kcal、ジョギングの場合で1時間あたり420Kcalを余分に消費することになります。
消費カロリーだけについて言えば、ジョギングの方が同じ時間で2.5倍のエネルギーを消費するので、運動時間があまり取れなくて人にはジョギングの方が効果があるといえます。

ウォーキングでもジョギングでも身体を前方へ移動するために、筋肉内でエネルギ...続きを読む

Qウォーキングダイエット どれくらいで効果が現れましたか?

こんばんは。
ダイエットをしようと思い、ウォーキングを始めました。
毎日30分程度のウォーキング(+ダンベルなど少々)をするようになって、
2週間以上たちますが、体重もサイズも全然変わりません…。
食事は今までと変わっていないので、運動量が増えた分、痩せると思うんですが…
(ちなみにここ2年ほど、体重の増減は殆どありませんでした。
やや下降気味かな、くらいです)
そんなにすぐ効果が出るとは思っていなかったにしても、
ほんとにうんともすんともいわない(^-^;;のでがっかりです~。
ダイエット目的でウォーキングをしている方、どれくらいで効果が出てきましたか?
2週間程度じゃ、やっぱりまだまだこれからですか?

Aベストアンサー

1年前、6kmを60分くらいかけて毎日歩き、2ヶ月で10kg強痩せました。

最初は痩せない…というか、体重は落ちにくいようです。というのは、脂肪が減るかわりに筋肉がつくから。筋肉は重いので体重はかわらない時期があるけど、筋肉がつくと基礎代謝量が増えるので痩せやすい体になるそうです。。

わたしも体重はかわらないけど、体はしまってきた!という時期がありました。特におなかとか、あごとか、普段タプっとしてるところが、スッキリしはじめたのはやはり2~3週間くらいからでしょうか。2ヶ月目からはおもしろいように体重も落ちました。
(narumi27さんのおっしゃる「サイズ」ってどこですか?)

有酸素運動(ウォーキング)と、筋トレを組みあわせて行なうと、効率よく筋肉にかわるそうです。ウォーキングの後にダンベル体操、というのは理想だそうで、この時1杯牛乳を飲むとタンパク質がとれていいみたい。

欲を言えば、ウォーキングは歩きはじめて15~20分で脂肪燃焼しはじめるらしいので、もう少し時間を長めにするといいかも。
がんばってください!p(^_^)q

1年前、6kmを60分くらいかけて毎日歩き、2ヶ月で10kg強痩せました。

最初は痩せない…というか、体重は落ちにくいようです。というのは、脂肪が減るかわりに筋肉がつくから。筋肉は重いので体重はかわらない時期があるけど、筋肉がつくと基礎代謝量が増えるので痩せやすい体になるそうです。。

わたしも体重はかわらないけど、体はしまってきた!という時期がありました。特におなかとか、あごとか、普段タプっとしてるところが、スッキリしはじめたのはやはり2~3週間くらいからでしょうか。2ヶ月目か...続きを読む

Q毎日30分のジョギングしたら少なからずダイエットになりますか??

このたび、夏に向けて本格的に体を絞ろうと思いました。
当方男性20歳165cm67kgです。

前々から今度やろう今度やろうと先延ばしにしていて、もう6月です。
時間がありません。
なので、今日からジョギングを始めようと思い、先ほど、40分ほどかけて土手をジョギングしてきました。沢山汗をかいて久々に運動したなぁとか思いながら結構終わった後はすがすがしかったんですが、
はたしてこれを毎日やって本当にやせるのかどうか。。。

そこで質問です。

1.毎日ちゃんと30分ほどかけてジョギングをしたらダイエットの効果、というか、体が絞れてきますでしょうか??
2.毎日30分ではなく、10分や20分。とりあえず時間がとれなくてもなんとかジョギングするだけでは効果はありませんか?
3.毎日できずに週3.4回30分しかできなかったとしたら効果はどうでしょうか??

以上回答いただけたら幸いです。

食事のほうは、規則正しく、油物などは控えています。

Aベストアンサー

>夏に向けて本格的に体を絞ろうと思いました。
⇒ダイエットを脂肪を少なくすると言うことなら、入門としては良いでしょう。  本格的には数年かかるつもりで実行したほうが良いですが、とにかく、始めなければ何事もスタートしませんから、できる範囲で継続することです。

で、その上で、
1:それなりに効果があります。 食事量・内容にもよりますが、基本的には摂取カロリー<消費カロリーでやせます。

2:10分ずつでも、毎日何回もちょくちょくやれば効果はあります。  
3:ほかの条件との兼ね合いですね。 年齢が若いからもっと遣ったほうが良いとは思います。

私はほかの運動の為と、体力・精神強化のために、20代の時は毎日(週6日)朝1時間半から2時間、夕方から夜に1時間程度走りこみをして基礎体力をつけていましたが、幾ら食べても太れませんでした。

指導している人でも、健康人なら同じ結果がでます。

Qジョギング・水泳結局どっちがやせるの?

消費カロリー表をみると水泳はかなりの消費量とあります。

しかし自分の感覚では、どうにもジョギングの方が水泳よりキツくて、実際やせる感じがしてしょうがありません。

これは、単に私の水泳がペースがゆるいからでしょうか?それとも私が体重が重いことが理由(走は泳より体重の影響が大きいので)なんでしょうか?

参考として私のデータと運動方法を書きます。

171cm86Kg、体脂肪率13~18%(機械の種類による)、ウエスト84cm

ジョギング
筋トレある日→1kmウォームアップ+時速12キロで30分
筋トレない日→時速10キロで12~16km

水泳(クロールのみ)
筋トレある日→1km25分ペースで1~1.5km
筋トレない日→同ペースで2km+自転車40分~90分(90分はプールまで自転車で行く場合)

なお水泳・ジョギングとも習ったことがない自己流で、特に水泳は習ったことのある人に比べるとかなり非効率(言わば力まかせ)な泳ぎだと思います。

トライアスロンなど両方の実践者などの意見もお聞きできれば幸いです。

消費カロリー表をみると水泳はかなりの消費量とあります。

しかし自分の感覚では、どうにもジョギングの方が水泳よりキツくて、実際やせる感じがしてしょうがありません。

これは、単に私の水泳がペースがゆるいからでしょうか?それとも私が体重が重いことが理由(走は泳より体重の影響が大きいので)なんでしょうか?

参考として私のデータと運動方法を書きます。

171cm86Kg、体脂肪率13~18%(機械の種類による)、ウエスト84cm

ジョギング
筋トレある日→1kmウォームアッ...続きを読む

Aベストアンサー

トライアスロン実践者です。

以前は、水泳すると脂肪がつきやすくなる、ということが言われていました。これは冷たい水に長時間浸かっていると生理的な反応として脂肪をつけようとする働きが人間には備わっているためです

ですが、現在は温水プールなどが主流であり、また1日のうち数十分程度浸かるくらいで脂肪がつきやすくなるということはまずないと分かってきたので、そうしたことはあまり考慮に入れなくてもよくなっています。

それはさておき、水泳が楽に感じるのは、水の中にいることで「体温が上がりにくい」事が大きいのです。

「なんでそれくらいでそんなに楽になるの?」と思うかもしれませんが、筋肉というのは体温が上がりすぎるとパフォーマンスが急激に低下します(暑いアスファルトにゴムを置いた状態を想像してください)。

ジョギングは、発汗によって空気中に熱を放出して、体を冷やしますが、じつはそれだけでは、あまり冷却の効率はよくないのです(特に夏場)。

これに対して水泳は、温水といっても25~30度くらいですから、体温よりは低いわけです。そして熱伝導の法則により、水が体からどんどん体温を奪う(=適度に冷やしてくれる)効果があるため、体温が上がりすぎず、発汗作用と相まって、ベストパフォーマンスを維持しやすいのです。

そのため消費カロリーは多いのですが、意外に楽にできてしまう、という錯覚をするわけです。

また、水泳は浮力を得られるので、関節などに負荷をかけることなく運動できます。つまり体がよけいな緊張を強いられないため、楽にこなせるように感じるわけです。
実体験としても、同じ時間、同じ心拍数でやった場合、水泳の法がはるかに楽でした(ちなみに質問者様のおっしゃるとおり、体重のある人ほど、水泳のほうが楽に感じるようです)。

また、もうひとつ体験からの話ですが、水泳でも真剣に取り組めば、体脂肪率を9~10%くらいまで引き下げられますが、落としすぎると浮力が得られなり、タイムも悪くなるので、意図的に落とさないようにしています(実際のところ一流スイマーやトライアスリートは相当量のカロリーを摂って、10~13%程度の体脂肪率を維持しています)。

何より問題なのは、浮くようにするだけでエネルギーを使ってしまうので、負荷が増えて、無酸素運動になってしまいがちなことです。

ですので、水泳は、体脂肪が1桁クラスの人がさらに体脂肪を落とそうとする場合はあまり向いていない種目といえます。

一般的なダイエットが目的ならなんら気にすることではないですが、極限まで絞り込もうというなら、ジョギングや自転車のほうがお勧めです。
とはいえ、格闘技系なら、衝撃を受け止めるのにある程度脂肪がいるでしょうからあまり心配しなくてもいいとは思います。

ただ、自己流だと非効率=負荷が高くなり無酸素運動に近くなるので、できれば本を読んだり、指導を受けて、ゆっくり気持ちよく泳げるような、効率的なフォームを身につけたほうがより脂肪を落とすには効果的です。
もちろんジョギングも本などで正しいフォームを学んでやらないと関節の故障などが起きやすいので、注意してください。

トレーニング量は妥当だと思いますし、当面は両方を併用していけばいいと思います。
疲労や違和感があるときは無理せず、じっくりと鍛えていくようにしてください。

トライアスロン実践者です。

以前は、水泳すると脂肪がつきやすくなる、ということが言われていました。これは冷たい水に長時間浸かっていると生理的な反応として脂肪をつけようとする働きが人間には備わっているためです

ですが、現在は温水プールなどが主流であり、また1日のうち数十分程度浸かるくらいで脂肪がつきやすくなるということはまずないと分かってきたので、そうしたことはあまり考慮に入れなくてもよくなっています。

それはさておき、水泳が楽に感じるのは、水の中にいることで「体温が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報