人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

「外国語の学習は世界平和に通じる」と意見について、あなたはどう考えるか、70語程度の英語で述べよ」という問題の中で、次のことで質問させていただきたいことがあります。

「外国の文化を理解すればするほど、誤解は減っていく」をいうのに、
The more you learn about a foreign culture , the less misunderstandings among them will be. というのでは間違いでしょうか? them は 国と国のことをthem と書きました。

解答では The more they learn know about foreign cultures , the fewer misunderstandings there will be . となっていました。
なぜ、the fewer ....there wil be となっているのでしょうか?
the less....will be ではいけないのでしょうか?
もしかたしたら、補足をお願いさせていただくこともあるかと思いますが、回答よろしくお願いします。英語の文章での回答でも、日本語での文章での回答どちらでもけっこうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>なぜ、the fewer ....there wil be となっているのでしょうか?the less....will be ではいけないのでしょうか?



 「fewer」と「less」の違いは「可算名詞」と「不可算名詞」という説明で理解できるでしょう。書き手が「misunderstanidng」を「可算名詞」だと考えているということ、それだけのことです。

 しかし、お尋ねの問題に関しては、単純に「the less misunderstanding」を「the fewer misunderstabding」にすれば良いというわけではありません。

 たとえ「the fewer understandings」という「可算名詞」を用いたとしても「the fewer misunderstandings among them will be」という表現を用いることはできません。それは、その英文が文法的におかしいからです。

 まず文型を考えてみましょう。「will be」が動詞であることは明白です。では、「be」の前後にあるはずの「主語」と「補語(または修飾語)」は何でしょうか。

 「the less misunderstaning」が「主語」だと考えたら「補語(または修飾語)」に相当する語句が存在しないことになります。「among them」は、置かれた位置から判断すれば「補語(または修飾語)」にはなりえません。

 また「the less misunderstanding」を「補語」だと考えたら、逆に「主語」が存在しないことになります。

 「among them」の意図を変えて「the less misunderstaniding will be among them」とすれば、まだ文型的には理解できます。一応、「the less misundestanding」が「主語」で、「among them」が「修飾語」だと理解することができそうだからです。しかし、これも厳密には不適切な英文と言わねばなりません。

 それは、「~が(・・・に)ある」という意味を英語で表す際には2通りの方法があり、その2つは明確に区別されているからです。次の2つの英文を比較してみましょう。

(1) The pen is on the desk.
(2) There is a pen on the desk.

 「特定のもの」を表す「the pen」は、普通は「There is the pen on the desk.」とはできません。逆に、「不特定のもの」を表す「a pen」を主語にして「A pen is on the desk.」とすることも普通はしません。この原則を理解しておいてください。

 では、「misunderstanding」という名詞は「特定」と「不特定」のどちらでしょうか。状況によって異なるとは思いますが、少なくともお尋ねの「外国の文化を理解すればするほど、誤解は減っていく」という日本語の中の「誤解」という言葉は、「特定のもの」ではなく「不特定のもの」と考えた方が自然でしょう。

 したがって、「ある誤解が(人々の間で)生まれるだろう。」という日本語を英文にする場合にも、「A misunderstanding will be among people.」ではなく「There will be a misunderstanding among people.」とした方が自然な英文に感じられます。

 上記の考え方に倣って「誤解がほとんど生まれない」いう日本語を英語にするには、まず「a」を「few」に変えることになりますが、次に「Few misunderstandings will be among people.」という語順ではなく「There will be few misunderstandings among people.」という語順にした方が自然な英文になります。

 これを、さらに比較級の「fewer」を用いて「The 比較級, the 比較級」の構文にすると、後半は「, the fewer misunderstandings there will be among people.」となります。最後の「among people」は言わなくても想像すれば分かることですから省略しても意味は構わないでしょう。

 これで、お尋ねの日本語に対する模範解答である 「The more they learn know about foreign cultures , the fewer misunderstandings there will be.」という英文が出来上がることになります。

 最後にもう一度まとめておきましょう。お尋ねの模範解答の英語の正しさを判断する際のポイントは2つあります。

 1つ目は、書き手が「misundestanding」を「可算名詞」として考えていると理解すること。そして、2つ目は、「不特定のもの」が「ある/生じる」という意味を表す場合には、その「不特定のもの」を主語として文頭に置くのではなく「There is/are/will be ...」という表現を用いる方が自然な英文になるということです。

 以上、ご参考になれば・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただき、いつもありがとうございます。the more..., the lessを考えるときにまず、文型から考えましょうという考え方はあまり意識していなかった考え方でした。
「・・・が(~にある)」というのを厳密に使いこなすことは知りませんでした。聞いたことはあったのですが、どう考えたらよいのかわかっていませんでした。

googoo様の回答のしかたは、「では、「misunderstanding」という名詞は「特定」と「不特定」のどちらでしょうか。」というようにぜひ考えてみてくださいというお話のしかたで、「あ、ここでこのように頭を働かせたらいいんだ!」というようにわたしたちに思考の回路を示してくださって、とても明快でわかりやすいです。ありがとうございます。お話のしかたがとても論理的で、いつもたくさんのことに気づかされます。

お礼日時:2009/11/22 18:12

単複は難問ですね。

google 検索を頼りに検討してみました。

misunderstanding は "a misunderstanding" のように可算的に用いることが非常に多い単語です。"there is misunderstanding" とは言わず "there is a misunderstanding" と言います。単数なら数えやすいのでしょうね。

ところが複数になると様子は変わります。"there are misunderstanding" というのと "there are misunderstandings" が同じ程度に用いられています。ただし前者が多いようです。

今議論になっている the less, the fewer がつく場合は "the less misunderstanding" という表現が ("the fewer misunderstandings" よりも) 多く使われています。

複数名詞と捉えるか不可算名詞と捉えるか、微妙なところがあるようなのですね。police という単語 (単数だが複数にも用いる) で "seven hundred police are on duty" などと言いますが、幾分それと似たニュアンスのようです。

だけど less, few と一緒に使うとなれば、less+複数形や few+単数形ではやはりおかしいから less+不可算、few+複数形のいずれかを用いるという意識になっているように思われます。

いずれにせよ混乱しているように感じますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

KappNets様、いつもありがとうございます。
google検索でどちらがよく使われるのかと調べることができる方法があるとは知りませんでした。わざわざ調べていただき、ありがとうございます^^

お礼日時:2009/11/22 18:16

こんばんは。



No.1さんの可算・不可算名詞についての説明に同意です。
ただし、模範解答文の the more の節で、cultureを可算名詞として捉えています。それに対応する misunderstanding も、この場合は可算名詞として捉え、 the fewer を使った模範解答のままで良いような気もします。

しかしNo.1さんもおっしゃっているように、この問題の題意としては misunderstanding を不可算と捉えたほうが良いとも思います。質問者さんはそれであえて the less をお使いになったのかもしれません。

集約すれば、
The more they learn about foreign cultures , the less misunderstanding among them there will be.
がもっとも良い解答なのではないでしょうか。

ポイントは
・misunderstanding を不可算と捉えるため、単数形にする
・foreign culture は特定・単独の文化ではないため、冠詞をつけない
(・culture は可算名詞のニュアンスが強いので複数形がベター)
といったところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。英文を書くときは可算、不可算は意識していましたが、
よくわかっていないところもありました。misunderstandingに不可算があることを理解していませんでした。culture は可算名詞の意味合いが強いので複数形のほうがよいというのは、とてもわかりやすいご説明でした。

お礼日時:2009/11/22 18:00

misunderstandings と複数形になっているから fewer です。


misunderstanding なら less です。

the less misunderstandings とはしない方がいいです。

ただ,the fewer misunderstandings よりも,the less misunderstanding の方がいいと思います。

この違いは misunderstanding という名詞が可算的か不可算的かということです。
この語は辞書でも U と C が併置されていて,結局どっちなんだ?と悩まされるものです。

具体的な一つ一つの誤解なら可算的,ばくぜんと「誤解」とか,抽象的に「誤解すること」なら不可算です。

今回の場合,ばくぜんと「誤解」の量が多いということで,the less misunderstanding がいいのではないかと思います。

この回答への補足

皆様ありがとうございます。単純に問題を考えていたわたしはとても恥ずかしく思います。少し理解するのにお時間がかかってしまいますが、必ずお礼の言葉を書かせていただきます。ご理解よろしくお願いします。

補足日時:2009/11/20 22:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一部分の回答だけしか載せなくて、ごめんなさい。ご迷惑をおかけいたしました。参考になるかと思いますので解答すべてを書かせていただきます。
I think learning a foreign language will leard to world peace.
Some international conflicts such as war occur because people
don't understand each other. if people learn a foreign language,
they will want to know about the country where it is spoken.
Then they will understand not only a language but also another
culture. The more they know about foreign cultures , the fewer
misunderstandings there will be. This will contribute to world peace.
訳は「外国の文化を理解すればするほど誤解は少なくなっていくでしょう」となっていました。
misunderstanding という単語は可算名詞だけだと思い込んでいました。ご指摘ありがとうございます。

お礼日時:2009/11/20 22:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード