痔になりやすい生活習慣とは?

身内ではなく赤の他人に喋るときに
「義母にいただいた指輪」「義父からいただいたゴルフクラブ」
などという言葉遣いは正しいでしょうか?
私としては、実母から貰った指輪のことを他人に語るときに
「母からいただいた指輪」という言い方はしませんので
義母とは言えど他人から見たら「私」の身内であるという点では
実母と同じレベルに当たるわけで
「義母にいただいた指輪」はNGだと思うのですが。

ただ、「いただく」は「義母>>自分」をあらわす謙譲語だと受け止めれば、それはそれで有りなのかしら?とも思います。

たとえば、秘書と外来客の間の会話で

外来客→秘書 「素敵なスカーフをしてらっしゃいますね」
秘書→外来客 「社長から出張のお土産としていただきました」

というのは正しいような気もします。
どなたか教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

質問者様の年齢(と家系)が気になります(失礼^^;)。



赤の他人であれば
「お義母さんからもらった指輪」
で良いと思います。
「貰い受けた」「譲り受けた」が必要な場合って、赤の他人というよりは、かなり気を使わないといけない方ではないでしょうか。

また、社長のお土産の件、「社長の出張のお土産なのです。私も気に入ってます」
と表現を変えてしまったほうらラクだと思います。
結構、そういうことってあると感じています。

この回答への補足

私がこの「いただく」という言葉に敏感になり始めたのは
とある大寄せ茶会に参りましたときに、主催者側の年配の女性Aから
「どうぞお菓子をいただいてください」
と言われたことに始まります。
Aさんからしてみればお菓子は彼女の師匠であるBが用意いしたものなので
Bに対する敬意を込めたつもりでしょうが
それは客には関係の無いことですので、ここは客に対する敬意をこめて
「どうぞお菓子をお召し上がりください」と言うべきでは無いのかと思いました。
そのお菓子が、たとえば天皇陛下からのものであれば無論、
「陛下からのお菓子をいただいてください」が良いのかもしれない、と思いますが。
(そんな経験は一生無いと思うので心配しておりませんが)

ふと気が付くと、結構年配で教養も門地も高そうな奥様たちが
「主人から銀婚式にいただいたの」とか
「主人の母からいただいたのよ」
とか仰るのを耳にしますし、
セレブっぽく自宅でマナーサロンを開いているカリスマ主婦?のブログでも
「義母に教えていただいたレシピ」とかいう文章を目にします。
ひょっとして上流の保守的家庭では
男性>女性
親>子>嫁 
という身分制度を明確なので、そういう言葉遣いが
定着しているのかしら?などと思い始めております。

補足日時:2009/11/20 12:17
    • good
    • 3

No.2です。

ふたたびこんばんは。

「社長が出張みやげに買って来てくれました」はまったく生意気には感じません。むしろ社長との身内感が出ていて、ほほえましく感じます。

「社長から出張みやげとして貰いうけました」はたしかにやや生意気に感じます。しかしそれは敬語の問題ではなくて、「貰いうける」という動詞のニュアンスだと思います。

「○○うける」というのは、たとえば「申し受ける」といった謙譲表現に使うぶんにはビジネスライクな印象が出て良いと思いますが、通常の話し言葉や丁寧表現に使ってしまうとどうしても重い・・というかやや年配なかんじのニュアンスが出てしまうように思います。少なくとも、入社したての若い人が使う言葉ではないように思います。

またもう一点、「買ってきてくれる」は「社長」が主語です。他方、「貰いうける」は「私」が主語になります。謙譲表現以外で「私」を主語にした表現は、どうしても自己アピールが強くなって生意気な印象を与えてしまいます。ここが、気をつけるポイントなのかなと思います。

余談ですが、「義母から貰い受けた指輪」は「義母から譲り受けた指輪」のほうが、謙譲してるわけではないけれどさりげなく自分が義母より下だというニュアンスが出ていて、よりエレガントなのではないでしょうか。

この回答への補足

ありがとうございます。
私が思うには、
「もらう」とか「くれる」という言葉の響きがあまりエレガントでは無く、使いたく無いので
ついつい「いただく」をくっつけといたらとりあえず安心、みたいなところがあって濫用されいるような気がするのです。
「主人の母が下さった指輪」
「主人の母からいただいた指輪」
「主人の母がくれた指輪」
「主人の母から貰った指輪」
「主人の母から貰い受けた指輪」
「主人の母から譲り受けた指輪」

下に行くほど正しくてエレガントに響きますね。

補足日時:2009/11/20 12:32
    • good
    • 0

こんばんは。



私も同じ理由から、「義母にいただいた指輪」はNGだと思います。また、「社長から出張のお土産としていただきました」も同様な気がします。

「いただく」は自分をへりくだる謙譲表現ではありますがこの場合、聞き手ではなく「義母」「社長」に敬意が払われていますよね。「いただく」の主語が「私」なのでややこしく感じますが、主語を「義母」「社長」にして「贈ってくれた」などを使えば、丁寧語だけですんなり表現できる気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
義母指輪ケースの場合ですと、私なら
「義母から貰い受けた指輪」という言い方がエレガントでもありふさわしいような気がします。
が、社長スカーフのケースではどうでしょう?
たとえば入社したての若い秘書が

「社長が出張みやげに買って来てくれました」とか
「社長から出張みやげとして貰いうけました」

と言うとどことなく生意気に聞こえたりしませんか?

お礼日時:2009/11/20 00:13

赤の他人に話すのであれば、義理と言えども義父母は身内ですから、「いただいた」はおかしいと思います。

社外の人に、「社長はいらっしゃいません」とは言いませんよね。同じだと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
A→B「社長はいらっしゃいません」の場合
社長>A=B になりますから完全にNG。これはわかります。

しかし
A→B「社長からいただいた」の場合は
社長>A は確実ですが、
社長>B の要素が入ってしまっているのかがよくわからないのです。

お礼日時:2009/11/20 00:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分の家族呼び方

こんにちは。

私には韓国人の友達がいて、その韓国人の子は日本語の勉強をしている子なのですが、
先ほどメールで「何で日本は自分の家族(親)を言う時に【お父さん】【お母さん】と言うのか」という質問の文がありました。
韓国では、会話中などに自分の家族を言う時は相手側の家族より下げて呼ぶらしいので、この様な質問をしたみたいなのですが。

一応、私は「正しい日本語としては、[父][母]という言い方が正しい言い方だよ」という
メールの返信をしたのですが、私自身も気になってしまって・・・。
私自身も普通に会話中などに「お父さん、お母さん」と相手の方に言ったりもするので、
何も違和感無く今まで使っていました。
もちろん年上の方との話の最中は「父、母」と言います。
やはり「お父さん、お母さん」と会話中にでも使うのはおかしな日本語になるのでしょうか?

そして、私自身「お父さん、お母さん」という言葉自体、敬語では無いと思っておりますので
「お父さん、お母さんという言葉が敬語ではないからじゃないかな?」ともメールに書きました。
お父さん、お母さんと言う言葉は敬語になるのでしょうか?
あと、相手側のお父さん・お母さんを呼ぶ時は何と呼ぶのが正しい言い方なのでしょうか?

少し分かりづらい文章になってしまい申し訳ございません。
韓国の友達のためにも何で日本では、自分の親の事を[お父さん、お母さん]と言うか教えてあげたいので、ご協力よろしくおねがいいたします。

こんにちは。

私には韓国人の友達がいて、その韓国人の子は日本語の勉強をしている子なのですが、
先ほどメールで「何で日本は自分の家族(親)を言う時に【お父さん】【お母さん】と言うのか」という質問の文がありました。
韓国では、会話中などに自分の家族を言う時は相手側の家族より下げて呼ぶらしいので、この様な質問をしたみたいなのですが。

一応、私は「正しい日本語としては、[父][母]という言い方が正しい言い方だよ」という
メールの返信をしたのですが、私自身も気になってしまって・・・。
...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<お父さん、お母さんと言う言葉は敬語になるのでしょうか?>

はい、なります。

1.「お」は尊敬・親しみの気持ちを添える接頭語で、他人・身内に使われる場合両方とも「尊敬語」になります。
例:
お局さま(他人)
お父さん(身内)

2.身内でも尊敬語?という疑問があれば、自分の子供や年下の兄弟に「お」をつけて使うかどうか考えてみられるとわかると思います。

「お」は目上の人に対する「尊敬」の接頭語なのです。

3.「さん」は「様」の略式化したもので、「さま」より敬意の程度が低くなります。愛称となることがありますが、基本は相手を敬う「尊敬語」の呼称です。

4.以上から、「お父さん」「お母さん」は2重の意味で「尊敬語」に分類されるのです。

5.ただ、「お」や「さん」に「愛称」としての親しみを込めた用法がありますから、尊敬のニュアンスが伝わりにくいかもしれませんが、基本は尊敬語なのです。


ご質問2:
<やはり「お父さん、お母さん」と会話中にでも使うのはおかしな日本語になるのでしょうか?>

はい、なります。

1.上記の説明から、お父さん、お母さんは「尊敬語」になりますから、敬意を表すべき相手と話す場合は、身内や自分のことは「謙譲語」にしなくてはいけないのです。

2.お父さん、お母さんの謙譲語は「父」「母」となります。

3.また、「愛称」としての「お」と「さん」としての使い方ならいいのでは?という疑問に大しては、親しい間柄ならいいですが、敬意を払うべき相手に対しては、「愛称」のニュアンスで「おとうさん」を使うと、逆に教養を疑われます。

4.それは、敬意を表す人と話している時、友人のことを「OOさん」と紹介しないで「OOちゃん」と「愛称」を使って述べた場合に、相手が感じる不快感を想像されると分かり易いでしょう。


ご質問3:
<相手側のお父さん・お母さんを呼ぶ時は何と呼ぶのが正しい言い方なのでしょうか?>

お父様、お母様でいいと思います。

1.やや堅い表現だと
「父君」(ちちぎみ/ふくん)「母君」(ははぎみ/ぼくん)
「母堂」
「父上様/母上様」
「お父上/お母上」
なども相手の父母に対する尊称になります。

2.さらに敬意を強めると
「御父君」「御母堂」
などもありますが、これらはやや文語的で、堅苦しい気がします。

3.ただ、相手との敬意の距離がかなりあったり、敬語の使用に気をつけるべき相手(かなり上の上司など)には、この漢語の用法も適切です。

4.幅広い意味での敬意のこもった尊称は、通常「お父様」「お母様」でいいと思いますが、相手との距離感や状況に応じて使い分けるといいでしょう。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<お父さん、お母さんと言う言葉は敬語になるのでしょうか?>

はい、なります。

1.「お」は尊敬・親しみの気持ちを添える接頭語で、他人・身内に使われる場合両方とも「尊敬語」になります。
例:
お局さま(他人)
お父さん(身内)

2.身内でも尊敬語?という疑問があれば、自分の子供や年下の兄弟に「お」をつけて使うかどうか考えてみられるとわかると思います。

「お」は目上の人に対する「尊敬」の接頭語なのです。

3.「さん」は「様」の略式化したも...続きを読む

Q意味がわかりません。という言い方は目上の人に対しては失礼にあたりますか

意味がわかりません。という言い方は目上の人に対しては失礼にあたりますか?
私は失礼な言い方だと思うのですが、いちおう敬語ですし、
よくわからないので、教えてください。

Aベストアンサー

それまで説明を受けていたり、何らかの状況があった上で
「意味がわかりません」だと、
相手に対し全否定の印象を受けます。
せっかく時間を割いて話をしたのに、
理解しようとしていない姿勢がうかがえます。
なので、
どこがどういう風にわからないのか、と言う感じで
具体的に疑問点を投げかける方が
相手も失礼と思わないのではないでしょうか。
「ここのこういうところが、意味がわからないのですが
どういうことでしょうか」
など、投げ出す感じでなく
歩み寄ろうとしている、感じで返すのがよいと思います。
「意味がわかりません」とだけいわれると
もっとわかるように説明しろ
といわれているように思われたり
理解する気はさしてない、と思われたり
とにかく横柄な印象を受けます。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q敬語で身内の呼び方

次の場合身内だから呼び捨てにするべきでしょうか?

1.客が受付嬢に「(社長の)OOさんいらっしゃいますか?」
2.高校の茶道部で茶道具屋の店員が注文した道具を持ってきたとして、
「OO先生いらっしゃいますか?」
3.隣のクラスの担任が自分のクラスへきて「OO先生いらっしゃる?」

Aベストアンサー

1.
 A)受付嬢
 B)客
 C)社長..受付嬢の社長
AはBに対してCを呼ぶときには敬語を使いません。
これはBからみてA,Cは明らかに同一の身内だからです。
ただ、xx社長という程度であれば許容範囲かもしれませんが、私の経験では呼び捨てにすることが多いですね。

2.少し意味が不明ですが、

A)茶道部生徒
B)店員
C)先生
AがBに対してCを呼ぶときに敬語を使うかどうかでしょうか?
この場合、BからみてA,Cは身内ではありません。同一組織に属しているとは見なされないですね。
学校内では、「生徒」「教師」という2つの組織で成り立っています。

だからAはBの前でCを呼ぶときには敬称(先生)を付け、敬語を使います。
BがCを呼ぶときにも明らかに身内ではありませんから同様です。

3.こちらもちょっと意味がつかみにくいのですが、、、
A)生徒
B)隣のクラス先生
C)自分クラスの先生

まずAがBの前でCを呼ぶときのことから行きます。

AとB,Cは同一組織ではありませんので、当然AはB,Cどちらも敬称を使い敬語で話します。

さて、ここで学校内ならではの現象がありますね。
多分ご質問者はこの点が気になったのだと思いますが、BがAの前でCのことを呼ぶときです。

ご質問2では生徒と先生は別組織と考えましたので、単純なロジックではBがCを呼ぶときには敬称、敬語を使わないはずです。
しかし、現実には敬語を使うべきでしょう。これは、生徒組織よりも先生組織の方が上位に属しているという考え方があるためであると思われます。
つまり生徒側から見ると先生組織は別組織で、絶えず敬称、敬語を使う対象ですが、しかし先生組織から生徒組織を見たときには身内と考えるという奇妙な組織関係になっていると思われます。

それ故、3でもAの前ではBは身内内での会話となりますから、組織内での敬称、敬語の使用ということで判断される物と思います。

では。

1.
 A)受付嬢
 B)客
 C)社長..受付嬢の社長
AはBに対してCを呼ぶときには敬語を使いません。
これはBからみてA,Cは明らかに同一の身内だからです。
ただ、xx社長という程度であれば許容範囲かもしれませんが、私の経験では呼び捨てにすることが多いですね。

2.少し意味が不明ですが、

A)茶道部生徒
B)店員
C)先生
AがBに対してCを呼ぶときに敬語を使うかどうかでしょうか?
この場合、BからみてA,Cは身内ではありません。同一組織に属しているとは見なされ...続きを読む

Qいただくの尊敬語

質問です。
「いただく」の尊敬語は?と聞かれたら、どう答えるのが正しいのでしょうか?

1.「食べる」の場合→召し上がる
2.「もらう」の場合→お受け取りになる?下さる?おもらいになる?

1.は問題ないのですが、2.については、いくつかのHPや書籍をあたってみたのですが、どれが正しいのか判断できませんでした。
中学校のテストで答える場合の、正しい答えをご存知の方がいれば、ぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。

1.「いただく」というのは既に敬体で、No.3で回答されている通り、「貰う」の謙譲語です。

例えば「賞を貰った」という常体を

(1)自分が「賞をいただいた」とすれば、この「いただいた」は賞をくれた人に対する、謙譲語になり、賞をくれる人に対する敬体表現になります。

(2)相手に向かって「(あなたは)賞をいただいたそうですね」と言えば、これは明らかな誤用です。相手の動作(賞を貰ったこと)に対して謙譲語を使っているからです。


2.「貰う」の尊敬語は「授かる」「授かりなさる」「お授かりになる」「お授かりなさる」「賜る」「賜りなさる」になります。

上記の例文で示せば、
「賞を授かったそうですね」
「賞を授かりなさったそうですね」
「賞をお授かりになったそうですね」
「賞をお授かりなさったそうですね」
「賞を賜ったそうですね」
「賞を賜りなさったそうですね」
などとなります。

以上ご参考までに。

Q「承知いたしました」は二重敬語になるでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「承知」も「いたす」も丁寧な言葉で、「承知いたしました」は二重敬語のような気がします。「承知しました」のほうが「わかりました」の正しい敬語ではと思われます。皆様はどう思われますか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の回答にもありますが、「承知」は丁寧な言葉ではなく硬い言葉です。
「承知した」という言い方がありますが、これは敬語表現でもないし丁寧な表現でもありません。

「承知した」
を丁寧な言い方にすると
「承知しました」
になりますし、これをもっと丁寧に敬語(「承知する」は自分の動作なので謙譲語になります)を使うと
「承知いたしました」
となります。
決して二重敬語ではありません。

なお、
「わかりました」
の敬語表現には
「かしこまりました」
もあります。

Q敬語?謙譲語?「お伝えします」

先日うちのお店に電話がありまして、社長が不在でしたので、「もしよろしければ伝言を(社長に)お伝えしておきますが」と先方さんに言ったのです。そうしたら傍らで聞いていたうちの母が「身内のことなのに『お伝えする』」はおかしいといわれました。

そこで質問です。私は「お伝えする」が身内のことだとは思えなくて、むしろ先方さんの大事な「伝言」を丁寧に扱う為にそれを「お伝えする」というニュアンスで今までずっと考えていたのですが、この場合やはり「お伝えする」ではおかしいのでしょうか?

先方さんに向って伝える客体がうちの社長だからといって「それでは伝えておきますので」というのはなんかそっけないような違和感を憶えてならないんです。

「それではそのように社長には伝えておきますので」というしかないんでしょうか?

どなたか有識者の方よろしかったら教えてください。

Aベストアンサー

私自身の感覚ですが…

「お伝えします」というのは、確かに尊敬語のような気がします。

もし私が使うなら「申し伝えます」でしょうか。

ご参考になれば。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「(人・会社を)紹介してもらった」の尊敬語は?

身内に紹介してもらった方へ初めて挨拶を送る場合、「紹介してもらった」はなんと表現したらいいのでしょうか?仕事でのやり取りです。
文章としては、「a社のA(私)と申します。弊社B(身内)よりC様(先方)を『紹介してもらった』」としたいのですが、ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

「紹介」という言葉を無理に使わなければ解決するのでは?

「弊社のBよりC様のことを伺い、この度メール差し上げた次第です」

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング