仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!>>

40代前半、男性です。

昨年までIT系企業に勤務していましたが、世界同時不況による大規模人員整理の影響を受けて、今年初めから取引先へ出向となり、夏には正式に解雇され、そのまま派遣先企業での採用と成りました。

以前勤めていた会社はIT系の企業(開発系)で、商品企画や、マニュアルの作成などを行っていました。

現在の会社は、ソフトウェア販売や出版を事業として行っています。

昨今の就職事情の厳しさを考慮すれば、望まぬ転職であったとは言え、職が有るだけ幸運だは思うのですが、悔しさも有ります。

しかしながら、転職を迫られる中で、自分自身もこれまで努力が足りなかったのではないかという反省から、この歳になって自分のキャリアデザインについて意識するようになりました。

昨年指名解雇の圧力を受けて以来、転職活動というものを考えるにつけて、第三者からは具体的にイメージしづらい「業務実績」だけに頼るのではなく、資格取得なども大事であると考えています。

また自分自身に欠けている物を補い、未知の知識を身に付けて自分を成長させたいとの思いから、手始めとして簿記の勉強を始め、今年2月には小手調べとして日商簿記3級を取得しました。仕事の都合によりその後受験のための日程が組めなかった(休日出勤のシフトが組まれた)ため、6月・11月の日商簿記は受験が出来ませんでしたが、来年の2月には2級を受験の予定です。

簿記の学校にも通って勉強もしましたし、2級までは順当に合格できると思ってはいるのですが、年末も近くなり、今年一年をふり返るとともに来年の予定を色々と考えるうちに、2級合格後の目標をどのあたりに置くべきか、で迷いが生じています。

これまで私には全く縁が無かった「簿記」という分野も、いざ勉強を始めてみると中々面白く、また企業人として仕事をするうえでも有用な知識だということがだんだん理解できて、この分野をもう少し極めてみたいとの思いが、自分の中で強くなってきました。

簿記2級取得後は、「税理士」を目指す方と「日商簿記1級」を目指す方が多いようで、自分もこのどちらかを目指してみたいとは思うものの、いざ目標を定める段階になると、どちらを目指すのが自分にとって良いことなのか、判断の決め手が無く、思案に暮れております。

(もちろん、どちらも取得が難しい資格ですので、そもそも合格できるのか、という議論は有るのですが、それを言い始めたらそもそも議論が成り立ちませんので、その点は置いておく、ということで・・・)

税理士は言うまでも無く国家資格でありますし、独立開業などにもつながるという点で人気の高い資格です。しかし、正直言って四十を超えた私が、今から税理士としての独立開業を目指しても、かなり非現実的でしょう。年齢的な問題も有りますが、なにしろ経理の実務経験ありませんから。

その一方で、(こんな時代ですので)いつ再びリストラされないとも限りませんし、そういう場合に備えると言う意味で「税理士」という資格の響きや社会的評価にもちょっぴり惹かれるものはあるんですが。

簿記1級は税理士のように独立開業などにつながる要素はありませんが、簿記の最高資格であり、企業内の経理実務担当者等の間ではそれなりに評価が高い、と聞きます。

私としては、可能性が極めて薄い「税理士としての独立開業」にはあまり関心が無く、あくまで企業の社員として、より高次元の仕事ができるようになりたい、可能であれば(社長になりたいといういみでは有りませんが)管理職として経営等にも参画するくらいの水準に到達できればベスト、と考えています。

こんな私ですが、2級合格後はどちらの資格を目指すのが有利でしょうか。

なんとなく、今の気持ちとしては税理士資格を目指してみようか、という気持ちに傾いています。独立開業のことなどは考えても居ませんが、会社におけるお金の動き等について学べる、という意味ではどちらも同じようですし、別に税理士資格を持った人が企業で働いていたとしても何も悪いことは有りませんし。

そうであれば、科目合格、という形で取り組める税理士の方が、私の性格には向いているような気がしています。勿論、科目合格制だからと言って、長く受験していれば誰でもいつかは合格する、というほど甘い試験ではないことも理解していますが、難易度の点では税理士と簿記1級では明確な差は無い、との話も聞きますので。


来春くらいまでには結論を出そうと思っているのですが、決め手がなく少々困っています。ご意見等有れば、お聞かせ頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

勤務税理士や科目合格者の従業員は、企業内でも比較的重宝される傾向にあります。

一般に外部委託料よりも給与のほうがトータルコストを抑えられる上に、従業員は企業内の事情に精通しているため税務に関してより適切なアドバイスを得られやすいからです。

1級合格者の従業員もまた、企業内でも比較的重宝される傾向にあります。会計理論その他を学習するため、簿記に関してより適切なアドバイスを得られやすいからです。

簿記や財務会計に関する学習でいえば、税理士試験よりも日商簿記1級のほうがより深く体系的に学ぶことになろうかと思います。税理士試験は重箱の隅を突く断片的知識の取得のみに陥るおそれがあります。他方、日商簿記1級は税務の知識をほとんど必要としませんから、税務に関する学習でいえば、断然税理士試験です。
    • good
    • 5

ご参考になるかどうか分かりませんが、私の経験談です。


40歳で開業し今年で22年目の税理士です。

私が、そもそもこの道に入ったきっかけは、自営業だった父が亡くなり、家業は兄が継ぎました。別の仕事をしていた私に経理を見てくれ
と頼まれたのがきっかけです。大学で簿記論、財務諸表論を学んだも
のの商業高校生以下のレベルでした。実務経験ゼロでした。
そこで、改めて仕事が終わった後、簿記学校に通い3級から始めまし
た。2級をとった時点でもう十分と思ったのですが、勉強が面白くな
り、せっかくだから1級も、と思って始めたのですが、これが難物
1年通いましたがとても歯が立たず、止めようと思ったときに知人が
受験資格があるんだから食えない資格をとるより食える資格を・・・と
税理士受験を薦めてくれました。
正直、考えてもいなかったので、取りあえずどんな試験なのかを調べ
てみましたが、とても敷居が高いと感じました。
もう、10月末でした。とても来年の試験には間に合わないだろうと
思いながら、簿記論と財務諸表論を履修しました。
週4日の夜間の学校通い、山のような宿題。これは知力より体力勝負
だなと思いました。3ヶ月もするとその辛さにもすっかり慣れていま
した。翌年、2科目とも落ちたら自分には縁のないものと思って諦めるつもりでした。ところが、自信のあった簿記論は最初に取りかかるべき
問題の選択ミスでOUT。自信のなかった財務諸表論に受かってしま
いました。これが良かったのか悪かったのか未だもって分かりません
が、1年の病気療養を挟み5年で合格しました。しかし、拙い事務経
験はあるものの会計事務所の業務は未経験です。当時35歳でしたが、
会計事務所はどこも雇ってくれませんでした。そこで自分なりに
実務の勉強を積み重ね、40歳を期に開業しました。
当初は、初歩的なことも分からず、同業の友人達に恥を承知で教えて
貰いました。食えるようになるのに5年かかりました。

私が開業したのもバブル末期で不景気が忍び寄っていました。
いまでも、この仕事を選んで良かったのかどうか分かりませんが、
少なくともここまで何とか食べてこれたので、良かったのかなと
思います。

余程大それた事でもないかぎり、人間というのはなろうと思ったもの
には成れるんだな! と言うのが実感です。

蛇足ながら、私が1級を習っていたのは東京の水道橋にある学校で
したが、先生が「3級はここから水道橋の駅まで、2級は電車に乗って
新宿まで、じゃ1級はどこだと思う?」と言ったことがあります。
みんなは「八王子!」「高尾」と答えましたが、先生曰く「富士山の
てっぺん!!」と言い、みんなため息をついたものです。

長々とつまらない話しを失礼しました。
    • good
    • 9

私は迷いながら1級を取得した者です。



私は4年制大学を卒業して、一般教養で
経済学の単位を取得した記憶があったの
ですが、それをスクールの先生に話した
ら、「国税局に行って受験資格があるか
どうか確かめて、あれば対応してくれた
人の名刺をもらっておきなさい。後で
『言った言わない』でモメないように」
とアドバイスされました。

質問者さんが受験資格をお持ちだったと
しても、その辺の確認はきっちりされた
方がいいと思います。
いざ受けようとしたら受験資格として認
められなかった、なんて悲劇です。

ちなみに、私は30代の女性ですが、経
理の実務経験が無かったので実務に就く
のに苦労しました。
若いと未経験でも雇って1から育てよう
という企業もあるかもしれませんが、
年を取ると難しくなります。
女性だとパートでなんとかもぐりこんで
ルーティンワークからキャリアアップを
狙うということもできるかもしれません
が、男性だとかなり難しいと思います。
なぜなら、資格試験で学んだことが実務
でそのまま役に立つわけではないので、
資格だけもっていても「役に立たない」
ということが多々あるからです。

又、税理士として独立・開業するといっ
ても、資格を取ったからといってすぐ
できるものでもありません。

質問者さんのお知り合いや親戚で税理士
事務所を経営されている人がいて、そこ
で修行を積ませてもらえるあてがあると
か、資格取得後に未経験からでも雇って
もらえる企業のツテがおありでしたら、
40代からでも未経験の分野に足を踏み
入れることも可能かと思います。

しかし、そのあてが無いのでしたら、資
格取得の検討をする前に、まず雇用の現
状を把握するためにキャリアアドバイザー
などに相談された方がいいと思います。
(資格スクールは資格を取ってもらって
ナンボなので、資格取得の方向でアドバ
イスされるので鵜呑みにしない方がいい
ですよ)
    • good
    • 2

他の回答と異なる部分がありますが・・・。



税理士試験の受験資格はお持ちなのでしょうか?
大学や短大などをどの学部でも良いので卒業されていますか?
大学などを中退でも一定の一般教養の科目を取得されていれば、受験資格となる場合もあります。

税理士試験と簿記1級では雲泥の差だと思います。
専門学校や大学などの学生で学歴による受験資格が無い場合に簿記1級を目指す場合も多いです。また、会計事務所などの求人を見ると、応募条件に1級となっているところもあります。

経理職や会計事務所などでの就職なども考えるのならば、簿記検定は評価上、あったほうが有利です。

税理士試験の簿記論や財務諸表論を合格すれば、簿記1級と同等かそれ以上の評価になる場合もありますが、簿記1級の合格者である場合も多いのが実情でしょう。

科目合格制度がある代わりに、各科目のレベルはとても高いです。10年計画などを考える人や院免除などを活用する人が多いことからもわかるでしょう。

私は、日商簿記2級を商業高校在学中に科目選択できず、専門学校の夜間の講習を受け、数ヶ月で合格しました。その後同じ専門学校の税理士試験を目指す学科へ入学し数ヶ月で簿記1級を合格しました。その後学習を続けましたが、簿記論・財務諸表論の合格にいたりませんでした。
検定試験は勉強すればまず間違いなく合格できるでしょう。しかし、税理士試験は落とす試験で、合格率などを調整しているような試験です。
科目合格は国家資格になりません。挫折と見られるかもしれません。

まずは簿記1級を目指されてみてはいかがですか?簿記1級もある程度の学習・演習時間が必要となりますから、仕事をしながらでは結構大変だと思います。
    • good
    • 4

キャリアパス考えるのでしたら、


資格なんてとっても何の役にも立たないということを
ご理解することをお勧めします。

資格は職歴があって初めて役に立つもので、
資格しかもっておらず、実務経験が無い人間をいまさら、
雇って、鍛えようなんて企業があると思いでしょうか。

企業は、仕事が出来るから雇うのであって、
資格を持っている人だから雇うということはありません。
ご自分が企業側の採用担当者になった気持ちで、
その視点から考えるとよくお分かりになるかと。

20代の未経験者ならともかく、
40代で社会人経験も豊富なのですから、
転職で、資格がどうとかいっていては駄目です。

今まで、自分がやってきた職歴を今一度見直して、
そのキャリアパスの延長上で必要な勉強をされてはいかがでしょうか。
世の中、職務に必要なスキルと職歴がなければ、
運にまかせた転職しかできませんので。
ペーパーな資格だけいくら増やしても意味はありませんよ。
    • good
    • 1

税理士を目指すにしても、商学部等を卒業していなければ、


税理士の受験資格として簿記1級が必要なのではないですか?

もし、質問者様が税理士試験の受験資格を満たしていなければ
1級を取得後、税理士でも良いのではないでしょうか。

ご参考までに受験資格のウェブページをリンクしておきます。
http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishi …
    • good
    • 0

税理士の受験のためには、受験資格が必要です。


日商簿記の1級合格、又は、全経簿記の上級合格というのが、
大学の経済学部系などを卒業する事などにより取得している学位での受験資格、または、税理士事務所などでの5年以上の実務経験の証明による受験資格を持たない人々が受験をするための方法です。

そのあたりの基礎情報を踏まえた上で、進路の判断をして下さい。
「税理士の資格を取得すれば、独立・開業でバラ色の人生。」などとは考えられてはおられないと思いますが、商売としての税理士は、決して楽ではないと考えますので、参考までに。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日商簿記1級取得は相当難関ですか?

日商簿記1級は努力だけじゃ合格は難しいですか?2級まで1回でとったのですが、簿記の勉強が面白く1級取得も考えているのですが、2級までは暗記、1級はセンスと聞きました
確かに1発合格なんかは難しいかもと思いますが、1級は努力の範疇を超えた試験なんでしょうか?

たとえるなら数学や国語の偏差値65までは努力だけど、それ以上はセンスっていう感じと同じですか?

Aベストアンサー

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者以外ではあまり役に立たないように思いますね。もちろん大企業などの経理・総務・財務などの担当役員などとして監査対応などをするのであれば、必要だと思いますがね。

税理士事務所などの求人で1級を求めることがありますが、私の前職の税理士事務所なんて3級や2級の人も担当を持ち、顧客に指導したりしていましたからね。
ですので、あなたが税理士などを目指したり、経理関係の職で上を目指すのであればよいですが、そうでなければ他の資格などへ力を入れた方が良いと思いますね。
簿記検定を取得したからといって、経理士のすべてを知るわけではなく、基礎にしかなりませんからね。実務と机上では大きな差がありますからね。

私は、簿記検定の他に税務会計検定を取得しました。あるサイトで登録したのですが、税理士事務所での実務経験・簿記検定・税務会計検定を記載しただけで、年俸1000万円以上の条件の求人へ応募を求められたこともありますね。

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者...続きを読む

Q日商1級と公認会計士試験の差

日商簿記1級に合格したので、次に公認会計士試験を目指そうと思います。
公認会計士試験合格者にお伺いしたのですが、
公認会計士試験の難易度(勉強量)を10とした場合、
日商簿記1級の難易度(勉強量)はいくつくらいでしょうか?
3くらいあると嬉しいのですが。。。

Aベストアンサー

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽろ落としていて結果は82点ほどでの合格でしたが)

こんな感じでした。私が受験した回はP/L作成問題が出題でしたが、
連結が出題なら1Hはかからないと思います。
また、工業簿記・原価計算についてはパズル的要素が強い問題ですが、
会計士講座で管理会計をがっちり固めていれば、極めて短時間で解くことは可能です。
これは、私のみでなく、共に学習していた会計士受験仲間も同様でした。
逆にいうと、それだけ会計士試験で学習する内容は幅広くかつ内容が深く、難易度が高いものだと言えると思います。

つらつらと書きましたが、少しは両者のレベル差が伝わったしょうか?
1級に合格されたのなら、適正は少なからずあるかと思います。
会計士受験が許される環境なら、挑戦するのも選択肢の一つかと思いますよ。
悔いなきよう、決断して下さい。

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽ...続きを読む

Q日商簿記1級って独学で合格できますか?

26歳専業主婦です。
子育ての合間に勉強を始めようかと考えています。
3年前まで経理事務をしていて日商簿記2級をとったのは20歳の時ですので、今はだいぶボケていて簿記について自信はありません。
2級をとった時は独学でとおるテキスト(TAC出版)のを自分で購入し勉強しました。
その次1級を1度受けましたが、あまりの難しさに手も足も出ませんでした。(過去問題でも年々難しくなってるように思いました。)
最近の傾向とかどうなっているのか全く知りません。以前よりもっと難しくなってますか?

独学で合格された方、1日何時間勉強して、何回目の試験で合格できたか教えてください。
秘訣などもあれば教えてください。

Aベストアンサー

NO.3です。こんばんは。

 「昔に行けば行くほど…」という感想は、すごく適切な判断だと思います。
 某予備校の有名講師(法律系)が、勉強法を説いた著書の中で、下記のようなことを主張されています。

 「個々の問題を比較すれば、近年の問題の方が圧倒的に難しい。でも、本試験問題は前年までの問題の上に成り立っているので、前年までの過去問を十分に検討した受験生にとっては、特に難しい問題ではない。従って、その年の難易度という観点からは難易度は増していない。」

 多少、割愛しましたのでうまく伝わるかどうか不安なのですが、つまり、「本試験問題は、

 前回までの本試験問題 + α (α=範囲や複雑度など)

で構成されている、ということです。ですので、一足飛びに過去問をやれば「+α+α+α・・・」で初学者やブランクがある方にとって、難易度が急激に変化したと感じてしまうのは当然だと思います。

 従って、当然ながら近年の過去問が最も重要です。それから自分の勉強時間を考慮して何年分やるのかを決めて下さい。「何年分やれば良い」ということは一概には決められませんが、5年(10回)やれば相当の力が付くと思います。時間がなければ3年(6回)というように柔軟な姿勢で勉強した方が良い結果が出易いと思います。10年を2周するよりも5年を4周というように短いサイクルで繰返す方が記憶に定着し易いからです。

 過去問分析について誤解の無いよう補足しておきます。私のとった過去問分析とは、

  「試験で問われる能力を知り、それを身に付ける」

ということです。断じてヤマ当てなどの類ではありません。目標を達成する上で、重要なことは「要求されている能力を知り、今の自分の実力との差を知る」ことだと考えています。それを知るには、出題者側の唯一のメッセージである本試験問題を解くのが一番の近道ではないでしょうか。出題者が、合格者に最低限求める能力というものがあるのだと思います。

 また、過去問をやる効用として「モチベーションの維持」があります。テキストは重要だと思いますが、「正直、ツマラナイ」と思いませんか?。一度も問題を解かずに挫折してしまう人も多いと思います。問題演習型の勉強なら、「この問題を解くためには、この知識を覚えなくては」という感じで、ゴールに近付いている実感とともに基礎を勉強することが出来ます。

 最後に、教材選びの件ですが、No3に記載した要件が満たされたものを選ぶ必要があります。必ずしも最大手予備校のものが良いとは限りません。教材と勉強法は貴重な時間を割いてでも、慎重に選択して下さい。既にこの時点で合格率が大きく変わってしまいます。
 私が使った教材は、正直、お勧めできないです。当時、全くお金が無かったので、図書館にあった「税経セミナー」のバックナンバーと、中央経済社のワークブック(1冊600円ぐらい?)で勉強しました。もし今、勉強するなら予備校が出版した本を選ぶと思います。

 独学が不利だと思わないで下さい。受験者が多く、市販の教材が充実している試験において、独学は極めて合理的で最短の勉強方法だと思います。

NO.3です。こんばんは。

 「昔に行けば行くほど…」という感想は、すごく適切な判断だと思います。
 某予備校の有名講師(法律系)が、勉強法を説いた著書の中で、下記のようなことを主張されています。

 「個々の問題を比較すれば、近年の問題の方が圧倒的に難しい。でも、本試験問題は前年までの問題の上に成り立っているので、前年までの過去問を十分に検討した受験生にとっては、特に難しい問題ではない。従って、その年の難易度という観点からは難易度は増していない。」

 多少、割愛しまし...続きを読む

Q社会人 簿記1級 税理士簿記論 どちらに進む?

はじめまして。
40歳のサラリーマンです。

会社の業績雲行きが、かなり怪しくなってきました。
リストラは避けられないです。

このような状況の中、再就職に備えて、去年から簿記の勉強をはじめました。

昨年6月に簿記3級、昨年11月に簿記2級を合格しました。
その後は簿記1級をと思っておりましたが、思うように勉強が進まず、
11月合格は難しい状況です。
※進捗としては、商業簿記のテキストと過去問を1周したぐらいです。

そうなると来年6月を目指すことになりますが、
ほぼ同じ時期の税理士の簿記論もターゲットになるかと思います。

・仮に9月から勉強すると、税理士簿記論は間に合うでしょうか。
・簿記論と簿記1級の勉強は、平行してできますでしょうか。
・dvd講座などは、実際のところ、有効的でしょうか。
・よい勉強方法はありますでしょうか。

☆数年以内のリストラが近いと思うので、
再就職に有益となる、履歴書に書ける事項が欲しいのです。
もちろん、保身としての勉強だけでなく、
願望として、簿記1級や簿記論・財務諸表論までは取りたいと思ってます。

☆独立開業としての税理士としてまでは、今は考えられません。
税法科目は、会計科目の合格の進捗次第で、その後で考えます。

【状況】
・夫婦フルタイムの共働きで、妻も残業があります。
 予備校に安定して通学できるかどうか不安があります。
・年長の娘がおり、今は保育園ですが、来年から学童に行く予定です。
・勉強時間は、平日3時間弱、休日4時間。
・勉強頭としては、Dランク大学でした。税理士の受験資格はあります。

以上です。質問以外のアドバイス等も大歓迎です。よろしくお願いします。

はじめまして。
40歳のサラリーマンです。

会社の業績雲行きが、かなり怪しくなってきました。
リストラは避けられないです。

このような状況の中、再就職に備えて、去年から簿記の勉強をはじめました。

昨年6月に簿記3級、昨年11月に簿記2級を合格しました。
その後は簿記1級をと思っておりましたが、思うように勉強が進まず、
11月合格は難しい状況です。
※進捗としては、商業簿記のテキストと過去問を1周したぐらいです。

そうなると来年6月を目指すことになりますが、
ほぼ同じ時期の税理士の簿記論もタ...続きを読む

Aベストアンサー

一般企業に勤める経理担当者で、簿記1級と税理士4科目合格者です。
現在転職活動もしております。

簿記論と財務諸表論、簿記1級どちらかで今後は再就職で有益となるのは
どちらかといえば簿記1級かと思います。

No2の方がおっしゃておりますが、私が面接受けると、将来は独立するの?
と聞かれました。その際には独立は考えておりません、と言いますが、先方
はどのように捉えているか分かりません。
ただ、たまに一般企業でも「税理士試験科目合格者優遇」というところも
あります。そのような会社では面接時にちょっと違う目で(有利っぽい)
見られます。

それで、ご質問の回答ですが、
>仮に9月から勉強すると、税理士簿記論は間に合うでしょうか。
1回目で合格できるかどうかのレベルまでは達すると思います。

>簿記論と簿記1級の勉強は、平行してできますでしょうか
簿記論と簿記1級は試験の出題内容や量が違いますので、お勧めはしません。
簿記論は2時間ですべて解けるかどうかの量です。スピード勝負(1級もある
程度は必要でしょうが)もあります。

>dvd講座などは、実際のところ、有効的でしょうか
有効的というのを通学と比較して不利はないのか、という意味でとらえま
すが、私はここ数年間Web通信で受講しており、昨年法人税受かったので、
勉強仲間が周りにいなくてもいい(ネット友達だけでもいい)、というのと
途中であきらめずに一人でとにかく勉強できる、というのであれば有効かと
思います。

>よい勉強方法はありますでしょうか
参考になるかわかりませんが、簿記論や1級の問題は、同じ個別問題を3回
は時間をあけて解きました(授業後、授業から1週間後、授業から1カ月ま
たは3カ月後)。1回でできたとしてものちに忘れてしまっていたり、たま
たまできたりということがあるので、それをなくすためです。

一般企業に勤める経理担当者で、簿記1級と税理士4科目合格者です。
現在転職活動もしております。

簿記論と財務諸表論、簿記1級どちらかで今後は再就職で有益となるのは
どちらかといえば簿記1級かと思います。

No2の方がおっしゃておりますが、私が面接受けると、将来は独立するの?
と聞かれました。その際には独立は考えておりません、と言いますが、先方
はどのように捉えているか分かりません。
ただ、たまに一般企業でも「税理士試験科目合格者優遇」というところも
あります。そのような会社では面接...続きを読む

Q税理士になりたいのですが年齢が40歳を超えてます

税理士事務所で働いている人、又は税理士をやっている方に質問です。私は簿記1級を持っています。そこで、転職して税理士受験を考えています。しかし、年齢的に40歳を超えており、会計事務所への転職は難しいとTACのアドバイザーに言われました。やっぱり、40歳を超えると、一部科目合格していても、年齢的に会計事務所への転職は難しいですか?ぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

1級取得は立派です。天晴れです。
しかし税理士試験の簿財は、求められるものが違うので、その知識を持ってしても難関ではないでしょうか。
年齢的に、試験に耐えられるかどうかです。
試験本番が夏であること、年齢的に暗記力・体力が落ちてること、ご家庭をもたれてるなら必要な勉強時間が持ちにくいこと、仮に持てても、その状態が数年間続くこと、など考えると、貴方の判断だけでなく、ご家族特に奥様の理解が必須だと存じます。

転職については「一級合格」だけでは不足です。
税理士事務所では一級知識が生きるのではなく、中小企業・個人事業主の日常の処理がほとんどですので、3級合格程度でも若い体力のある方を求めます。
高度な処理は税理士がするので、これで充分なのです。一級合格40歳だと「こき使うわけにはいかんだろうな」という面もあります。
40歳、税理士試験の簿財合格という方が、知人の税理士事務所に採用されましたが、この方は外資系営業経験があり、日常英会話と、契約書を作成するレベルの専門用語を使用しての会話ができた点を買われて採用されました。
会計事務所で「それが欲しい」という別の能力があるなら、採用もあります。

仮に45歳で合格、独立したとして、少なくとも3年間は喰っていけるような収入はないと思った方がいいです。
ここで奥様がどのように協力してくださるかも考えてください。

定年退職がない仕事ですので、魅力があります。
勧めないという意見ももっともです。
仕事以外の時間をすべて学習に向けるのは、きついですよ。
私自身は「独身時代の空白の6年間」と呼んでますが、夕食時と大晦日、元旦以外はテレビを見ない6年間でしたので、その間のアイドルとか流行歌とかまるっきりわかりません。
なつかしのアイドル番組などみても「これって誰?」状態です。流行っていたドラマなど名前も知りません。
妻は「あなたの空白時代に活躍した人だよ」と笑います。
覚悟しないとできませんよ。

一級合格してるのですから、それを無駄にしないようにして欲しく思います。

1級取得は立派です。天晴れです。
しかし税理士試験の簿財は、求められるものが違うので、その知識を持ってしても難関ではないでしょうか。
年齢的に、試験に耐えられるかどうかです。
試験本番が夏であること、年齢的に暗記力・体力が落ちてること、ご家庭をもたれてるなら必要な勉強時間が持ちにくいこと、仮に持てても、その状態が数年間続くこと、など考えると、貴方の判断だけでなく、ご家族特に奥様の理解が必須だと存じます。

転職については「一級合格」だけでは不足です。
税理士事務所では一級知識が...続きを読む

Q日商簿記2級、1級、簿記論の難易度の差について

2級取得者ですが、2級の難易度を1とした場合、1級、税理士簿記論の難易度はどのくらいになると思いますか?

Aベストアンサー

日商簿記2級取得者
日商簿記1級相当取得者(同程度の全経簿記上級)
簿記論受験経験者(数回の受験を不合格)
です。

比較は難しいですね。特に検定試験はある一定の学習をすれば、ほとんどの人が合格できますからね。
国家試験は、模試や演習問題で常に合格ラインの人でも合格できないことも多いですし、1級も国家試験の受験資格となる公的資格でも最上位級ですからね。

私のイメージで言えば、
最短で合格できる学習期間で考えても、

日商簿記2級:1・・・日商簿記3級を十分理解していても数カ月の学習期間
日商簿記1級:5・・・日商簿記2級を十分理解していても半年から1年の学習期間
簿記論:10・・・・・日商簿記1級を十分理解していても1年以上の学習期間

ぐらいではないですかね。

参考例として書かせていただきますが、私は日商簿記2級を商業高校時代に専門学校の夜間講習を受講して取得しました。商業高校で簿記科目を選択授業として授業を受けていた人でも、合格率は1割に満たなかったと思います。専門学校の学生や夜間講習を受講している人などは、半数以上は合格するのではないでしょうかね。
日商簿記1級は専門学校で学びましたが、私は入学前から含め半年程度で運よく合格(全経簿記上級)しました。しかし、同じクラスの合格率は1割程度だったと記憶しています。さらに、専門学校2年や3年に在籍していて、1級を合格できずに卒業していく同級生なども多かったようですね。
専門学校では、合格のためのテクニックを学ぶわけですが、それでも合格率は低かったですね。
簿記論についても専門学校で学びましたが、専門学校内の合格率も国家試験の合格率と変わらなかったように思います。ですので、数十人のクラスで合格できるのは数人いるかいないかだったでしょう。

私の友人で公認会計士試験の旧試験合格者がいますが、公認会計士試験の合格するまで、日商簿記1級を常に受験し、常に合格していましたね。その友人が特に優秀だったのかわかりませんが、公認会計士の学習のために日商簿記1級レベルを維持し、会計士試験の学習もしっかりとしていたため、税理士の簿記論か財務諸表論のどちらかでしたが、科目合格のための学習なしで一発合格をしていましたね。

税理士を目指したり、公認会計士を目指したり、上場企業の経理を目指すのでなければ、日商2級で十分だと思います。目指されないのであれば、税務会計検定などの他の試験を目指すことをお勧めしますね。

日商簿記2級取得者
日商簿記1級相当取得者(同程度の全経簿記上級)
簿記論受験経験者(数回の受験を不合格)
です。

比較は難しいですね。特に検定試験はある一定の学習をすれば、ほとんどの人が合格できますからね。
国家試験は、模試や演習問題で常に合格ラインの人でも合格できないことも多いですし、1級も国家試験の受験資格となる公的資格でも最上位級ですからね。

私のイメージで言えば、
最短で合格できる学習期間で考えても、

日商簿記2級:1・・・日商簿記3級を十分理解していても数カ月の学習...続きを読む

Q税理士簿財って企業の経理事務に重宝されますか?

最近日商1級取得した28歳専業主婦ですが、このまま税理士の簿財の2科目を挑戦しようか悩んでいます。
税理士になりたいわけではなく、一生どこかの企業の経理事務の仕事がしたいんですが、税理士の2科目だけの取得って意味ありますか?
独学は無理だし、お金もないので資料会員でも1科目8万もするので、やるなら合格したいのですが、大手予備校のパンフを見てるといくつか科目取得しただけでも履歴書に書けるし有利なようなことが書いてありましたが、実際どうですか?
教えてください。

Aベストアンサー

いろいろ意見が分かれている様なので、経験からお話しますね。
中途採用で必要なのは、資格よりも実務経験です。
何ができるかということと、即戦力を求められているということ。
では、資格は必要ないのかというと、「できる根拠」のひとつとして
参考にされたり、場合によっては応募条件であったりします。
どの程度の収入でどういう仕事をしたいのか、ですね。
一手に任せられる、もしくは管理職にも・・・と思うなら
財と税法(法人がいいかな)がわかるといいでしょう。
実務をこなすだけなら、1級あれば充分就職はできます。
ちなみに私は税理士もっています(現在)
就職活動中は4科目、あと社会保険労務士、日商1級
在職中に建設業経理事務士の1級も請われて取得しました。
現在は転職を半年前にしたばかりで、派遣なのですが正社員にと
声がかかっています。
新入社員に資格をとるまで育てるより、資格と実務を持った人を
中途採用することを考える企業だったからです。
どういう企業でどういう仕事をしたいかが取得した方がいいかどうかの
決め手になるでしょう。
取得して損にはならないと思いますが、費用や時間も確かにかかりますしね。
がんばってください。

いろいろ意見が分かれている様なので、経験からお話しますね。
中途採用で必要なのは、資格よりも実務経験です。
何ができるかということと、即戦力を求められているということ。
では、資格は必要ないのかというと、「できる根拠」のひとつとして
参考にされたり、場合によっては応募条件であったりします。
どの程度の収入でどういう仕事をしたいのか、ですね。
一手に任せられる、もしくは管理職にも・・・と思うなら
財と税法(法人がいいかな)がわかるといいでしょう。
実務をこなすだけなら、1級...続きを読む

Q日商簿記1級を取得したら大手企業に就職できますか?

日商簿記1級を取得したら大手企業に就職できますか?
また簿記1級のほかに就活に有利な資格を教えていただけますか。(TOEIC以外)

Aベストアンサー

>そんなものさいころ転がして 運がよければ取れるようなシロモノです

このように言われては少々気の毒ですね。実際さいころ転がして 運がよくて合格できた方なのでしょうか。
この資格はおそらく簿記の資格者の1%程度しか持っていない資格なので、それなりの権威はあります。(勿論それを理解している人ならばです)

実際は、中小企業ではこれまでの資格を必要としていない、大企業では新卒から養成か、かなりの経験者を中途採用で採るかのどちらなので、これだけで就職は困難でしょう。

やはり何とか小さいところにでももぐりこんで、できれば決算や申告まで経験をつめば生きてくるかもしれません。

私の場合、1級を取得したのが役にたったのは、転職時に経験の裏づけとしての意味があったということです。
またその後たまたまその会社が株式公開を目指すことになり、メーカーだったため原価計算が必要となり、ここで1級の勉強が大変役に立ちました。正直私以外原価計算を勉強していたものがいなかったので、社長命令でその役目にあたり、何とかシステムを完成しました。

残念ながら、中小企業の多くは原価計算はしていません。また決算も殆どは税理士任せですから、少々能力の使い道がないということが多いでしょう。

でも簿記の最高の資格ですから、どうかどこかに入社して実務経験を積む中でそれを生かすよう努力したらと思います。

>そんなものさいころ転がして 運がよければ取れるようなシロモノです

このように言われては少々気の毒ですね。実際さいころ転がして 運がよくて合格できた方なのでしょうか。
この資格はおそらく簿記の資格者の1%程度しか持っていない資格なので、それなりの権威はあります。(勿論それを理解している人ならばです)

実際は、中小企業ではこれまでの資格を必要としていない、大企業では新卒から養成か、かなりの経験者を中途採用で採るかのどちらなので、これだけで就職は困難でしょう。

やはり何とか小さ...続きを読む

Q日商簿記1級の勉強をしているのですが、将来役に立たないとよく言われます。

35歳の専業主婦で、いま、簿記の学校に通っていて簿記1級の勉強をしています。
簿記の勉強をしていることを、人に話すとたまに「役に立つの?」とか、「何のためにしよると?」と聞かれて、大変困惑します。わたしとしては税理士の受験資格取得も視野に入れての勉強なのですが、1級が取れていない時点でそのことを口に出すのは、躊躇する気持ちもあり、率直にそのことを話せません。
中に、商業高校で全商簿記1~2級をとられた方から「簿記、ぜんぜん役に立たないですよ」と3人もの方から言われました。(別々に)全商と日商の違いを説明したら気を悪くされそうで言えません。
なにより、自分のモチベーションが下がって、「この年で、簿記1級を目指すより、仕事に出たほうがいいのではないか」と考えてしまいます。1級をとるのも冷静に考えて、あと1年はかかりそうです。
すでに簿記2級とマイクロソフトのMAUS検定を2つもっています。仕事ははパートでもかまわないと思っています。
みなさんは、どう考えられますか?

Aベストアンサー

役に立つ立たないは環境によると思います。
全商1~2級もっている方からも簿記は役に立たないと言われたとのことですが、
それは簿記の知識を必要としない環境にいるからでしょう。
もちろん専業主婦にも簿記の知識なんて関係ありませんし、
その方たちは経済や株などにも興味がないのではないでしょうか。
簿記の知識を必要とするかどうかの問題だと思います。

税理士になりたくて1級の勉強をしているのならわかりますが、
eyokoさんは何のために簿記1級の勉強をしているのでしょうか?
税理士の受験資格も視野に入れてということは、
メインの動機が他にあるのでしょうか?
経理の仕事がしたいというだけでしたら、2級で十分だと思います。
時間がもったいないですし、経理の仕事ではやはり実務経験が重要だからです。
確かに1級ですから無いよりはあったほうがよいですが、
それよりも早く実務経験を積んだほうがよいと思います。

Q税理士試験 簿記論・財務諸表論 初学者の一発同時合格は現実的ですか?

働きながら税理士試験に挑戦しようと考えています。
専門学校のパンフレットなどには「簿記論・財務諸表論一発同時合格主義!」 「簿記論・財務諸表論は並行して勉強すると理解が早くなる」 など、簿記論・財務諸表論は二科目同時に受講すべきというような記述がたくさん見られます。
私は合格するまでに必要な学習量が500時間といわれている日商簿記検定1級に二度挑戦し、どちらも10点足りずに不合格となりました。
大手専門学校の通信講座を利用したのですが、講義を消化し、問題集をこなし、過去問にも幾度かあたっていると到底500時間ではこなせませんでした。
専門学校のパンフレットでは簿記論・財務諸表論は各450時間の学習時間で合格レベルにまで持っていけるとのことでしたが、私には1級より難度の高い簿記論・財務諸表論がその程度の時間でどうにかなるなど信じられません。
実際に受験された経験者の方にお尋ねします。パンフレットに書いてあるように、働きながら一日3時間の学習量で簿財一発同時合格は現実的なものなのでしょうか?
簿記論一本に絞って徹底的に練習を積み重ねて一科目ずつ合格を狙うのが現実的なのでしょうか?

働きながら税理士試験に挑戦しようと考えています。
専門学校のパンフレットなどには「簿記論・財務諸表論一発同時合格主義!」 「簿記論・財務諸表論は並行して勉強すると理解が早くなる」 など、簿記論・財務諸表論は二科目同時に受講すべきというような記述がたくさん見られます。
私は合格するまでに必要な学習量が500時間といわれている日商簿記検定1級に二度挑戦し、どちらも10点足りずに不合格となりました。
大手専門学校の通信講座を利用したのですが、講義を消化し、問題集をこなし、過去問にも幾...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

回答者に返事をされているので、本気で税理士になろうと考えているのが分かりました。
正直な意見としましては5年時間があれば人生をかけて公認会計士の方が良いかもしれません。
No.2さんの意見は納得しました。
でも実際に仕事もせず学校に通うことは難しいと思います。

実際の税理士学校の話をします。
授業の最初は生徒が多く良い席を確保するのが難しかったです。
しかし12月までに最低でも2割以上の脱落者が出ます。
また1月からは簿財に落ちた生徒が増えます。
1月から上位をキープするのは大変な努力が必要です。
参考に簿財両方の勉強時間は同時受講なら×1.5くらいでしょう。

最後にアドバイスとして今から税理士の勉強をしませんか?
通う学校から今発売されている簿財の問題集を購入して独学で勉強するのです。
9月からは、その問題集が無駄になりますが初学者よりも早く準備をします。
理由は9月からでも1回以上の受験経験者がいるからです。

問題集は応用は購入せずに基礎編のみでいいです。
簿記論の計算と財務諸表の理論を覚えます。
簿記論は簿記検定で習っていない項目を飛ばします。
財務諸表の理論は授業で3回位まわりますが今から記憶の定着のために覚えます。
それも例題で企業会計原則の7番と言われれば、何も見ずに答えられる様にして下さい。

たぶん全部は無理でしょうが出来る限り頑張って下さい。
今から勉強を始めると9月から簿財両方か簿記論のみか自分でも判断がつくかもしれませんし、ここで相談してもいいです。
誰かが答えてくれるでしょう。
ただ無理のしすぎで疲れないで下さい。
税理士試験は長期戦ですから。

No.1です。

回答者に返事をされているので、本気で税理士になろうと考えているのが分かりました。
正直な意見としましては5年時間があれば人生をかけて公認会計士の方が良いかもしれません。
No.2さんの意見は納得しました。
でも実際に仕事もせず学校に通うことは難しいと思います。

実際の税理士学校の話をします。
授業の最初は生徒が多く良い席を確保するのが難しかったです。
しかし12月までに最低でも2割以上の脱落者が出ます。
また1月からは簿財に落ちた生徒が増えます。
1月から上位をキー...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング