井出靖さんの音楽に関することについて、知りたいです。
みなさまよろしくお願いします。 すてきな音楽見つけたいのです。

A 回答 (1件)

このような作品があるようです。


パープル・ヌーン・リミックス~アフロ・ブルー \3,059 1999/3/25
パープル・ヌーン・リミックス~ブラック・ヴェルヴェット \3,059 1999/3/25
パープル・ヌーン \3,059 1998/12/16
ボーダータウン \1,835 1996/4/24
ロンサム・エコー \2,854 1995/8/30

高野寛 さんのシングル「Cheerio!」をプロデュース
金原千恵子さんのアルバム『 Silence 』プロデュース

サウンド&レコーディング・マガジン1996年5月号に掲載。(インタビュー?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速探してみます!ほんとありがとうございます。m(_ _)m<(_ _)>_(._.)__(_^_)_(^_-)

お礼日時:2001/03/22 09:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音楽に詳しい方よろしくお願いします。

音楽に詳しい方よろしくお願いします。

ギターが一定のコード進行だった場合ベースも基本的には同じコード進行になるんですか?

またドラムってメロディがこうと決まっているのならこうやって打ち込むみたいな、コード的なものって存在するんですか?

Aベストアンサー

ギター歴25年の者です。私は、仕事も含め毎月作曲をしたりしている経験から書かせて頂きます。

ギターの一定の循環コードがあるならば、一番の基本形としては、ベースもギターと同じルート音を弾けば、絶対的に音としては間違わないです。

ただ、それだけでは面白味が損なってしまうような気がします。
(曲調や他の参加する楽器の事も考えなくてはなりませんので、一概には言い切れませんが。)

ギターが一定のコードを弾いていても、ギターの刻み方やアクセントの位置などの事もあると思いますので、リズムについては気を配られた方が良いかと思いますし、メリハリの部分でも上手く聴こえたりすると思います。
(HR/HM系の音楽などの場合でしたら、パワー感も欲しいところですので、逆にルート弾きの方が良い雰囲気になる場合もありますね♪)

ドラムについてですが、私はギタリストながら、ドラムはリズムの要ですので、一番気を配っていますが、やはりアクセントの位置や、ベースとの絡みは一番リズムとして重要な部分だと思います。
基本的には、ドラムには”コード”は無いと考えていいと思います。
ドラムのコード的な部分の役割は、ベーシストが奏でると思っても考え方の1つとしては良いかもしれません。

必ず、ドラムが”打ち込む”又は”踏み込む”ポイントがあります。
バスドラム(右足で踏む部分)、スネアドラム(左手で叩く部分)、良く言葉では、「ドン・タン・ド・ド・タンなどと言いますね^^」の必要な場所が必ずあるはずです。

もしドラムマシーンなどが自宅にあるようでしたら、いろんなパターンを打ち込んで、その一定のギターとアンサンブルをしてみて下さい。
もし違和感を感じるようであれば、きっとそのドラムパターンは間違っていると思います。

後は、歌のメロディが決まっているようであれば、自ずとポイントは決まってくることが徐々に分かってくると思いますので、色々試してみて下さいね♪

参考になれば幸いです。

色々な事に慣れたり、腕が上達した時に、きっと各パートの重要性は自然に分かってくると思いますので、今のご質問から察するに、まだ楽器に対してはこれから実力を伸ばしていかれる方かな?と判断した上で、書かせて頂いております。

ギター歴25年の者です。私は、仕事も含め毎月作曲をしたりしている経験から書かせて頂きます。

ギターの一定の循環コードがあるならば、一番の基本形としては、ベースもギターと同じルート音を弾けば、絶対的に音としては間違わないです。

ただ、それだけでは面白味が損なってしまうような気がします。
(曲調や他の参加する楽器の事も考えなくてはなりませんので、一概には言い切れませんが。)

ギターが一定のコードを弾いていても、ギターの刻み方やアクセントの位置などの事もあると思いますので、リズム...続きを読む

Q曲名を知りたいです!よろしくお願いします。

大昔のTBSラジオ パックインムージックで使用された曲です。

youtubeで見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=_RXiPL6ENwE
このBGMで使用されていた曲名と演奏者をご存知なら、お教えください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オリジナルは
http://www.youtube.com/watch?v=G8dpII2la9A

 映画「パリのめぐり逢い」のカトリーヌのテーマです。
作曲者は映画音楽で有名なフランシス・レイですね。

Qクラシック音楽を以前勉強されていた方、または音楽の性質に関する分析が得意な方、助けて下さい

音楽の性質をテクスチャー、ペース、テンション、リポーズなどに分けて解説されることがあります。
今回はこの中でも特に、テンションとリポーズについてあなたの意見を聞かせて欲しいのです。下の5つの中からどれでもいいので1曲でも2曲でもピックアップしてテンションとリポーズにつて気づかれたことがあればご意見をもらえるでしょうか?もしくはその曲のもつ特色や特徴などでもよいです。
よろしくお願いします。

1. バッハ ブランデンブルク協奏曲 第4番
2. ベートーベン 交響曲第3番 第3楽章
3. モーツァルト フィガロの結婚 序曲
4. ショパン 幻想即興曲 OP66
5. サン・ハウス Clarksdale Moan

Aベストアンサー

専門家ではないので参考にならないかもしれませんが、ショパンの幻想即興曲はいきなり聴き手の意表を突くような、嬰ハ短調(♯4つ)でソ♯のオクターブで始まります。そして右手は16分音符、左手は8分音符の六連符のアルペジオといういわゆるポリリズムで、最初から作曲家の心情は内なる敵と闘っているいるような印象です。

中間部になると、一転して変ニ長調(♭5つ)になって、平穏が訪れます。再現部で嬰ト短調に戻りますが、一瞬、変ニ長調のメロディの断片が顔を出します。

ショパンの曲は、「怒り」「苛立ち」「激情」「悲壮感」を表すのが多いです。また、『スケルツォ第一番』では、「コレンダ」(クリスマスキャロル)が聞こえて来ます。
幻想即興曲の場合は、「激情」→「平穏」→「激情(憧憬)」のように曲想が変わると思います。

ヴァレンティーナ・イゴシーナ
https://www.youtube.com/watch?v=B-HosIOod_A

Q音楽人生に関する相談です。お願いします

私は音楽の専門学校2年生で、間近に迫る卒業を前に悩んでいます。
今のところは作編曲家(ヴォーカル曲中心の契約作家)を目指しています。
しかし、いろいろ悩んでいるのでアドバイスいただけたらと思いました。

悩みはこのままプロを目指すかどうかです。
プロを目指すにあたり、致命的と感じているところは「自分の曲を愛せない」ところです。
なんだか聞いていて疲れてくる気がします。
私の曲は確かに現在のプロによる音楽シーンで聴かれる曲に近い雰囲気がありますが、はっきり言えば独自色が薄いです。
一方で同級生たちは今の音楽シーンでウケるかは難しいところですが、当初の荒削りを独自の味に昇華させたような味とオリジナリティのある曲を作ります。

疲れてくる感じとは、たとえば音楽プレイヤーに入れてはいるけど、一度聞いたきりであまり聞かなくなってしまったとか、その曲になるとすぐ次を押しているなんて経験はどなたにもあると思います。
そのようなところでしょうか。

クラスで卒業後もアルバイトで生活し、プロを目指すというのはもう私だけです。
入学からの努力と勉強は同級生たちに絶対負けないものだったと思います。
しかし同時に自分の才能や実力のなさを痛感する機会もまた人一倍ありました。
荒削り感のなく、当初からそこそこのクオリティの音楽を作っていた私を当初は先生方も期待してくれていたようですが、現在は(作曲家としては)そこまで大きな期待を寄せていないのは様子を見ればやはりわかります。

今までの人生にそれなりの苦難があったので、音楽を始めたときの気持ちは「死ぬまで芽が出なくても音楽を続ける」という気でいました。
でも、今同じことを言えるかといえば難しいところです。
厳しい現実を前にちょっと心が折れているというか、精神的に落ちているような部分もあります。

どんなことでもかまいませんので、アドバイスお願いします。

私は音楽の専門学校2年生で、間近に迫る卒業を前に悩んでいます。
今のところは作編曲家(ヴォーカル曲中心の契約作家)を目指しています。
しかし、いろいろ悩んでいるのでアドバイスいただけたらと思いました。

悩みはこのままプロを目指すかどうかです。
プロを目指すにあたり、致命的と感じているところは「自分の曲を愛せない」ところです。
なんだか聞いていて疲れてくる気がします。
私の曲は確かに現在のプロによる音楽シーンで聴かれる曲に近い雰囲気がありますが、はっきり言えば独自色が薄いで...続きを読む

Aベストアンサー

「アーティスト」「表現者」にとって、大切なのは、いい作品を作ることもそうでしょうが、「自分が好き、自分の作品が好き」なことがあると思います。
自分の作品を人前に発表するんですし、人に何かを思わせるのですから、当たり前ですよね。

私も音楽が好きで、20代半ばまで「プロ」にあこがれた人間です。
自分の作品が好きで好きで、一人でも多くに聞いてもらいたいと思いライブ活動していました。
今は中年親父で、生の活動は皆無、PCでDTMを細々とする程度ですが、「音楽制作が好き」という気持ちは変わりありません。
固定した仕事に就きながらも「あわよくば、作家として・・」なんて夢も捨てきれません(まあ、ムリかな~)。

今の時代、何が受けるかわかりませんので、軽い気持ちで、がんばってやってみるのもいいのではないかと思います。
嗜好品を提供するのすから「絶対」は無いと思います。
先生の評価なんて参考程度に聞いていていいのではないでしょうか。
ただ、その前に「自分の作品に愛着を持つ、自信を持つ」ことが必要ではないでしょうか。

いったん就職して、普通のサラリーマンでも、ライブ活動や作家活動を続けている人も大勢いますし、ごくまれに、歳が行ってから日の目を見る人もいますよね。

商売なら、まず、売れることが必要だろうと思いますが、商売としてでも「楽しんでやる」ことも出来ると思います。
また、テクニックで、ある程度のレベルを維持してやっていくということも出来ると思いますし、商業作家なら、かえって有利かもしれません。
「売れっ子作家」でも地道な作家でも、飯が食えてるなら立派なプロでしょう。
アルバイトで生活してる「自称・プロ」もいると思います。
どういう風を目指しているのかわかりませんが、攻めの姿勢でイケルのも若さならではですよ、生活がかかったら、なかなか攻めていけません。
何事も、自信満々でやっている人なんて、そうはいません。
やりたいことは「やってみたほうが勝ち」です。
やってみなけりゃ「失敗」かどうかすらわかりません。
やってみなけりゃ「あきらめ」も出来ません。

狭い道かもしれませんが、方法はいろいろあると思います。
「自分を動かすのは自分」
「自分にはこの道しかない」と思い込んで、「やるっきゃない」です。

「アーティスト」「表現者」にとって、大切なのは、いい作品を作ることもそうでしょうが、「自分が好き、自分の作品が好き」なことがあると思います。
自分の作品を人前に発表するんですし、人に何かを思わせるのですから、当たり前ですよね。

私も音楽が好きで、20代半ばまで「プロ」にあこがれた人間です。
自分の作品が好きで好きで、一人でも多くに聞いてもらいたいと思いライブ活動していました。
今は中年親父で、生の活動は皆無、PCでDTMを細々とする程度ですが、「音楽制作が好き」という気持ちは変...続きを読む

Qベース経験者の方よろしくお願いします!

2本目のベース購入を考えている学生です。今すぐに買うことはできませんが、こういう感じのベースを2本目にしたいと思っています。

http://www.digimart.net/inst_detail.do?instrumen …

2本目はこれからメインとしてずっと使っていけるものにしたほうがよいと思ったので、メーカーや価格なども考えて新品を選んだのですがどうでしょうか?このベースは長く使えていい音がでるものでしょうか?

またFenderのJBやPBは20フレットですが、それで足りないと感じたことはありますか?

ご回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

前にお答えした時と、また別のベースですか?
リンク先が「見当たらない」となるので、確認できないのですが。

まぁ、学生さんで予算が・・・というのはあるでしょうが、本当に10年単位で使うつもりなら、予算確保に時間かけても多少は無理しても、定価で10万円台半ばより高い物を私は勧めます。
まぁ必死で探せば、もっと安くても一生物のベースを探し当てられることも十分有るんですけど、単純には価格なりですからね。

20フレットで足りるかどうかは、曲ジャンルにもよるでしょうね。
私自身は24フレットのベースがメイン機ですが、確かに22フレット以上があって便利だったこともないではないですけど、私が主にやるジャンルでは使っても17フレットまでなので、20フレット有ったら十分です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報