ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

先日テレビ放映されて初めて見ました。
見終わったあと、ぼよよよ~んとしたかすみが目の前にかかったままです。
頭が悪いのか想像力に欠けているのか、ラストの意味がまったく分かりませんでした。
あの腕っぷしの強いおねぇさんは結局何者ですか?
ジョニーデップが最後に向かった版画と同じ建物の意味は?
どなたかよろしくお願いします。 (トホホ・・)

A 回答 (2件)

見ました よくわかんないですよね あれじゃ


その後DVDでも見たんですけど、さっぱりでした
(関係ないシーンがいっぱいカットされてたのがわかりました)

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/la-mer/pro-9g.html
によりますと
原作では「バルカンが偽の挿絵をつかまされ、サタン召還に失敗したところで終り」

★「映画のENDINGは原作にはない」★

本題
・版画と同じ建物は「影の王国の九つ目の扉」ということみたいです
・イレーネは創造ですが「九つの首を持つ龍にまたがる裸体の女の絵」の女と思ってます

参考URL:http://www.cam.hi-ho.ne.jp/la-mer/pro-9g.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

原作のことはまったく知らなかったので、エンディングがちがってたなんて考えもしませんでした。
少しだけもやもやがすっきりしました。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2003/05/19 15:22

腕っぷしの強いおねぇさんは空を飛んだりしてましたから、悪魔の死者じゃないでしょうか。


ラストはジョニー・デップがホンモノの版画6枚を手に入れたので、力を手に入れるために悪魔を呼び出そうとしていることを暗に示しているのではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど、最初からあやしげなあのおねえさんは、やはり悪魔の手下・・
結局ジョニーデップが悪魔に魅入られていったってことですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/05/19 15:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナインス・ゲート(ネタばれ)

ジョニー・デップ主演のこの映画、よくわからなかったのですが・・・。

1. バルカンに古書を渡した以前の持ち主(テルファーだったかな)が死んだのは何故ですか。ただの自殺?

2. あの金髪の女性は一体何者なんですか。ルシファー?それともただの悪魔?だとしてコルソーを始終助けていたのは何故?コルソーを通してばらばらの破片が一つになるから?それともただ気に入ったからか?(その割にはコルソー弱っちいと思うのだけれど)

3. この結末ってどういう・・・?
コルソーが結局悪魔(金髪の女性?)に魅せられて地獄の門を開く、みたいな感じでしたけれどその解釈でいいんでしょうか?

4. 9つの版画の最後の一枚は最後にガソリンスタンドで金髪の彼女が残していった紙切れだと思っていたのですが、ではそのあとコルソーがもういなくなった(死んだのか?)兄弟がやっていた古書店で見つけた女性と光の差す門を描いた一枚の紙切れは10枚目の版画ってことなのですか?だとしたらコルソーは10番目の扉を開いたということ?(題名には9つの扉となっているのに)

一応いろんなサイトも見て見たのですけれど詳しく書いてあるのは見つからなかったので・・・・。
どなたか教えてください。

ジョニー・デップ主演のこの映画、よくわからなかったのですが・・・。

1. バルカンに古書を渡した以前の持ち主(テルファーだったかな)が死んだのは何故ですか。ただの自殺?

2. あの金髪の女性は一体何者なんですか。ルシファー?それともただの悪魔?だとしてコルソーを始終助けていたのは何故?コルソーを通してばらばらの破片が一つになるから?それともただ気に入ったからか?(その割にはコルソー弱っちいと思うのだけれど)

3. この結末ってどういう・・・?
コルソーが結局悪魔(金髪の女...続きを読む

Aベストアンサー

以前に似た質問があるので、まず(私が答えてます)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=546479

それで、回答は99%想像ですので、ご了承を

>1. バルカンに古書を渡した以前の持ち主(テルファーだったかな)が死んだのは何故ですか。ただの自殺?

自殺となってますが、ボリス・ バルカンが殺したと思います
そうじゃなければ 奥さん(勝手に本を売ったから)

>2. あの金髪の女性は一体何者なんですか。

イレーネは「九つの首を持つ龍にまたがる裸体の女の絵」の女と思ってます

>3. この結末ってどういう・・・?

それでいいと思います が
映画のENDINGは原作にはない!
(コルソーが自分の使命、好奇心、運命なんかで行くとこまで行ったのではないでしょうか イレーネの存在理由からも)

>4. 9つの版画の最後の一枚は最後にガソリンスタンドで金髪の彼女が残していった紙切れだと思っていたのですが、ではそのあとコルソーがもういなくなった(死んだのか?)
1枚偽物でしたよね それが「九つの首を持つ龍にまたがる裸体の女の絵」
ガソリンスタンドでイレーネが残したのはの偽物で、本物があの古書店にあった

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=546479

以前に似た質問があるので、まず(私が答えてます)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=546479

それで、回答は99%想像ですので、ご了承を

>1. バルカンに古書を渡した以前の持ち主(テルファーだったかな)が死んだのは何故ですか。ただの自殺?

自殺となってますが、ボリス・ バルカンが殺したと思います
そうじゃなければ 奥さん(勝手に本を売ったから)

>2. あの金髪の女性は一体何者なんですか。

イレーネは「九つの首を持つ龍にまたがる裸体の女の絵」の女と思ってます

>3...続きを読む

Q「ストーカー」で最後に並べられた写真の意味。ネタバレ?

ロビン・ウィリアムズの「ストーカー」を観て来ました。
普通に暮らしている普通の人間が、いつ遭遇するかもしれない恐怖を描いたサスペンス、
「ルーム・メイト」とか「パシフィック・ハイツ」とか「ゆりかごを揺らす手」とか、
理解し易くて大好きです。
全編に渡ってよく理解できて楽しめたのですが、唯一最後に取調室に並べられた写真の意味が判りませんでした。
あれは不倫中のふたりを脅した時に撮った物なんですか?
それにしては、意味不明なものばかりが写ってましたけど・・・。
彼は、いつ・どうしてあんな写真を撮ったんでしょう?
そして、それらの写真を撮った意味は何なんでしょう?
最近めっきり「謎解き」ができなくなった私の錆付いた脳をサポートして下さい。

Aベストアンサー

ガソリンスタンドの店員とか、絆創膏とかのつまらないものは、写真に華をそえるのに、だれもとらない、って事をサイが言ってました。
何度もカメラを使っていくと洗練されたものしかとれなくなる??
だから撮りたかったのかな。

そして、自分でほとんど写真を撮ったことのないこどもはあげたカメラでそういうもの(ボールとか、長靴とか)をたくさん撮ってきた。
サイは現像のプロで、自分で写真を撮る事はまったくなかった。そういう意味でこどもと同じように初めてカメラを使ったので、洗練されていない、関係のないものがたくさんはいった写真になったのかな。


違う考えとして、「写真は人生で楽しい場面を切り取る」とかいう発言が冒頭にありました。楽しくない場面を撮るのは、写真を愛しているサイにはできなかったのかな。


ところで、最後の家族写真は、サイの夢?現実?
罪を償った後の、現実となってたらいいなあ。

QMISTY(ネタバレです)

原作が藪の中(芥川龍之介)で、MISTY(天海祐希、豊川悦司、金城武)という映画をご覧になった方への質問です。
・天海祐希が豊川悦司に体を許した真相は?
 昔母を殺した男と分かったのに、何故?
・豊川悦司が途中で自分の右手を切り落としますよね。
 これは何故でしょうか?
 償いとして嘘の証言をした、と私は思いました。
 でも手を切り落とした理由は分かりません。

原作の藪の中ほどは謎めいてませんが、やはり謎の多い作品です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は金城武が目当てで、この映画を観たんですが、豊川悦司の方が光ってましたね。

でも観たのは、2年ほど前、1回きりなので、記憶が
あやふやな所もあることを、お許し下さい。


天海が豊川に強く惹かれるところがあって、体を許したのではないでしょうか。それともうひとつ、いったん心を許したと見せかけ、後で裏切ることで母を殺した事への復讐を図ったのかも、と思います。

右手のことは、確かこの右手で彼女の母を殺したのでその償いとして、切り落としたんだと思います。
が、結果的に彼女には裏切られてしまうんですよね。
豊川、かわいそうでした。


以上が私が思ったことです。
この映画は、いろんな風に取れると思うので正解なんてないかもしれませんね。
なんかもう1回観たくなってしまいました。

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!


人気Q&Aランキング