【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

こんばんわ
英語の品詞についてお聞きしたいのですが
副詞などありますが
それぞれ一定の位置ではなく
<動詞の前や目的語などの後ろや目的語の前:副詞の場合?>
なにか規則性があれば覚えやすいのですが
あまりわからないのですがどのようなものがあるのでしょうか
副詞に限らずほかのものも知っておきたいのですが
なにかいい本やホームページはないでしょうか
簡単なものならそのまま教えてもらうほうがいいのですが
回答よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Q1すこしそれに合わない文書があるのですがBut some dogs are not just pets


justが<副詞<全く>>(この文書は盲導犬などパートナー的存在 の犬の解説をしているところです)が目的語が長くないのに 動詞と目的語の間に現れているのですが...

A1petsは目的語ではなく補語です。


Q2形容詞のことなのですが繋辞というものが存在するそうですが どのようなものが繋辞なのでしょうかあと位置<形容詞>はどのようなものでしょうか
回答よろしくお願いします

A2英語のcopula.copulativeの訳で「連結辞」とも訳されま文法書にによって定義が違いますが、beの外に、become, remain, seem などを指すこともあり、学校文法でいう「完全自動詞」にあたります。

後にどのような形容詞も続くはずですが、ご質問の意味がよくわかりません。

この回答への補足

こんにちは
副詞の方は理解できたと思うのですが<自信はありませんが>
形容詞が理解できません

paniniXXさんが
繋辞とは完全自動詞とされていましたが
isー不完全自動詞のように示されているページが
あったのですが上は間違っていて不完全自動詞のことを
言いたかったのでしょうか
それともそのページが間違いだったのでしょうか

maijuinさんは
繋辞を=と表していたのですが
関連を示す動詞が繋辞なのですか
そしてそれは完全自動詞あるいは不完全自動詞
なのですか

「形容詞+名詞」の形で副詞句として働きます。とあるページに載っていたのですが
これは、形容詞には繋辞が必要だけれどこの名詞と+した場合は副詞句として
繋辞は必要ないということですね?

何度も回答を求めまして申し訳ありません
回答よろしくお願いします

補足日時:2003/05/16 15:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました
参考になりました
すこし形容詞のことは理解ができてないと
思いますのでまた後ほど疑問が解けない場合
投稿したいと思います
またのときはよろしくお願いします

お礼日時:2003/05/30 10:33

>本当はareを修飾して全くペットではなくという意味


ではなくて
>ペットの面もあるがほかの面もあるのような
>修飾をしたかったのですができないよう<全くでは>ですね<多分>

But some dogs are not just pets.で、上記の意味を含むと思います。このあとに続く文章にもよると思いますが・・・。



>あとbe動詞は動詞ですよね<辞書でbe動詞と打ったり引いても載っていない
>ようなのでgooの辞書など>

「動詞」は、動作または作用をあらわすだけでなく、状態有様をもあらわすので、beもまた動詞のひとつです。


>それからpetsは目的語で

これは、下記でpaniniXXさんが述べられているように、目的語ではなく補語です。


>あと繋辞のことなのですが

これもpaniniXXさんの言うとおりだと思います^^

この回答への補足

こんにちは
副詞の方は理解できたと思うのですが<自信はありませんが>
形容詞が理解できません

繋辞とは完全自動詞とされていましたが
isー不完全自動詞のように示されているページが
あったのですが上は間違っていて不完全自動詞のことを
言いたかったのでしょうか
それともそのページが間違いだったのでしょうか

maijuinさんの
>日本語では、繋辞は「~である」と教える方もいるそ
>うですが、Let it be.という文を考えたとき、beがどの
>ような意味を持つかを考えれば、単純に繋辞を「~である」
>とは訳せるわけもなく、繋辞とはなんであるかを理解
>されると思います。
のlet it be とは「ほうっておく」いうことですが
letは動詞で命令形でitは目的語?beはなんですか繋辞は=ということですが
この場合どういうことを意味しているのでしょうか<動詞は繋辞はいらないのでは>
理解力がないのかその意味がわからないのですが

繋辞は=なので関連を示す動詞が繋辞なのですか

「形容詞+名詞」の形で副詞句として働きます。とあるページに載っていたのですが
これは、形容詞には繋辞が必要だけれどこの名詞と+した場合は副詞句として
繋辞は必要ないということですね?

何度も回答を求めまして申し訳ありません
回答よろしくお願いします

補足日時:2003/05/16 15:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました
あと申し訳ありません
本当は回答いただいたので<参考にもなりましたので>
いいポイントつけたかったのですが
ひとりにしかつけられないので
>>それからpetsは目的語で
>これは、下記でpaniniXXさんが述べられているように、目>的語ではなく補語です。
>>あと繋辞のことなのですが
>これもpaniniXXさんの言うとおりだと思います^
のようにpaniniXXさんの方が先に述べられていること
のようなので申し訳ありませんが
このようになりました
また質問したときには回答よろしくお願いします

お礼日時:2003/05/30 10:38

>But some dogs are not just pets


>が目的語が長くないのに
>動詞と目的語の間に現れているのですが

これは、justがpetsを修飾しているので、
「名詞, 形容詞, 副詞, 句, 節を修飾する場合, その直前に置く」
という法則に従ってpetの前にjustが来ます。


>回数、頻度、否定の副詞は動詞の直前に位置する
>。ただし、be動詞と助動詞の場合は、その直後
>とも入力されていましたが
>全くは否定なのでしょうか
>noなら否定?なのかもしれないのですが
>{{(3)命題「 p である」に対して命題「 p でない」>をもとの命題の否定という。}}


↑  ↑  ↑  ↑  ↑
すみません、これの意味が分からないので、もうちょっと詳しくおねがいします^^



>形容詞のことなのですが繋辞というものが存在するそうですが


繋辞は形容詞ではありません。
A=Bの、「=」にあたる部分が繋辞です。This is a pen.でいう、isがそれにあたり、繋辞はbe動詞です。
日本語では、繋辞は「~である」と教える方もいるそうですが、Let it be.という文を考えたとき、beがどのような意味を持つかを考えれば、単純に繋辞を「~である」とは訳せるわけもなく、繋辞とはなんであるかを理解されると思います。

この回答への補足

こんばんわ
回答ありがとうございました
>回数、頻度、否定の副詞は動詞の直前に位置する
>。ただし、be動詞と助動詞の場合は、その直後
>とも入力されていましたが
・・・・・・・
の部分なんですが読んでいましたら自分でもわからないようなこと
書いていました申し訳ありません
本当はareを修飾して全くペットではなくという意味
ではなくて
ペットの面もあるがほかの面もあるのような
修飾をしたかったのですができないよう<全くでは>ですね<多分>

>「名詞, 形容詞, 副詞, 句, 節を修飾する場合, その直前に置く」
という法則ことを読んでいなかったので
教えていただいたページの副詞のページしか見ていなかったので
申し訳ありません
あとbe動詞は動詞ですよね<辞書でbe動詞と打ったり引いても載っていない
ようなのでgooの辞書など>
それからpetsは目的語で

>副詞は動詞と目的語の間にはいれてはならない。しかし、
>目的語が長い場合は、目的語の前に置く事が許される
で駄目なのでは
あと繋辞のことなのですが
広辞苑で形容詞のことを引くと{それ自身には単独で述語になれず繋辞の力を
借りると書いていたのですが<英語のbe動詞など>}
と書いていたのですが「など」なので他にどのようなものがあり、それがあれば
どの位置に形容詞を置いて使えるのか知りたかったのですが
あと繋辞は=なので名詞と主語なので使えたりほかのものでも可能なのですね
長々となりまして申し訳ありません
回答いただければ幸いですよろしくお願いします

補足日時:2003/05/14 19:32
    • good
    • 0

副詞については、sometimes,always,oftenなどの


頻度を表す副詞(必ず動詞の直前にくる)を除けば
原則的に規定がありません。

下のURLも参考にしてください

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=431412

この回答への補足

こんにちわ
回答ありがとうございました
もう少し回答いただければ幸いなのですが

規定はないと回答されていましたが
3ただし、動詞と目的語の間に来ることはありません
 ×I like very much this book.
できませんとも指摘されていましたが<長い場合は除くとも>

すこしそれに合わない文書があるのですが<勘違いかも知れません>
But some dogs are not just pets
justが<副詞<全く>>(この文書は盲導犬などパートナー的存在
の犬の解説をしているところです)が目的語が長くないのに
動詞と目的語の間に現れているのですがこの場合なら<近接の論理>
ならbe動詞の前に来るのでは
あと申し訳ないのですが
形容詞のことなのですが繋辞というものが存在するそうですが
どのようなものが繋辞なのでしょうかあと位置<形容詞>はどのようなものでしょうか
回答よろしくお願いします

補足日時:2003/05/14 10:06
    • good
    • 0

http://homepage.mac.com/imr_mercury/ohoyama/clea …

このサイトでは細かく分類されているようですが、実際の英会話ではここまで厳密に分けられてないと思います。自分が強調して言いたい単語の前につけているような気がします。

参考URL:http://homepage.mac.com/imr_mercury/ohoyama/clea …

この回答への補足

こんにちわ
回答ありがとうございました
もう少し回答いただければ幸いなのですが
目的語を持つ場合は、目的語の後ろにくる。
副詞は動詞と目的語の間にはいれてはならない。
しかし、
目的語が長い場合は、目的語の前に置く事が許される。

すこしそれに合わない文書があるのですが<勘違いかも知れません>
But some dogs are not just pets

justが<副詞<全く>>(この文書は盲導犬などパートナー的存在
の犬の解説をしているところです)が目的語が長くないのに
動詞と目的語の間に現れているのですが

回数、頻度、否定の副詞は動詞の直前に位置する
。ただし、be動詞と助動詞の場合は、その直後
とも入力されていましたが
全くは否定なのでしょうか
noなら否定?なのかもしれないのですが
{{(3)命題「 p である」に対して命題「 p でない」をもとの命題の否定という。}}

あと申し訳ないのですが
形容詞のことなのですが繋辞というものが存在するそうですが<形容詞のことが載っていなかったようなので>
どのようなものが繋辞なのでしょうかあと位置<形容詞の>はどのようなものでしょうか
回答よろしくお願いします

補足日時:2003/05/14 10:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q他動詞と自動詞の一番いい見分け方!最終結論

他動詞と自動詞の区別の仕方として一番いけてる方法は

有名な塾の先生が書いている参考書などを見て一覧表を
覚える

しかないのでしょうか?
(これ以上すばらしい他動詞と自動詞の瞬間的な見分け方を答えた人は今までにいません。だれか、スパッっと納得のいく見分け方を答えられる方はいないのでしょうか?失礼ですが)

参考書に書いてあるのは、せいぜい10個~20個くらいです。
しかし、テストでは絶対と言っていいほど、それ以外のものが出題されたりします。
で、今過去10年分の全大学の入試問題を見て、他動詞、自動詞の完全一覧表を作成しています。
完全一覧表というのは、なかなかありません。

それをつくって覚えるしか方法はないという結論なのでしょうか?

Aベストアンサー

日本語の自動詞と他動詞って暗記してますか?
してないですよね?

世の中の過半数が「まず先に文法ありき」と勘違いしてるんですが、
「文法」というのは、出来ちゃった結婚とか、新しい制度・法律の制定と同じことで、
まず既成事実があって、それに後から理屈を付け加えてるだけなんですよ。

・コマを回す → あ、そーか。「を」は他動詞の前に付くんだな
  ということは、「を」の後ろは他動詞だ。

・コマが回る → あ、そーか。「が」は自動詞の前に付くんだな
  ということは、「が」の後ろは自動詞だ。
  ふむふむ。


私が、かつて、北米からの留学生数人と友人関係にあった頃がありまして、ある日の、彼らとの会話。

私「日本では、SVOとかSVOCとかいうふうに英語を教えるんだよ」
留学生「なんじゃそりゃ?」(=意訳です)
私「SはSubjectで、VはVerbで・・・」
留学生「ははーん、それか。ところで、Cって何?」
私(英和辞書の中の“complement”を指差しながら)
 「これだよ。」
留学生「なんじゃそりゃ?」(=意訳です)

というわけで、
あまり、真正面から「文法」にぶち当たったり、暗記とかしなくていいですよ。
(go went gone とかを覚えるのはしょうがないですが)


コツだけ教えます。

I watched TV. 他動詞
She plays tennis. 他動詞
I speak English. 他動詞
Let's discuss Japanese music. 他動詞
(I) Thank you. 他動詞
I attended the meeting. 他動詞

I looked at her. 自動詞
(You) Listen to me. 自動詞
He comes to school by bus. 自動詞
Let's talk about Japanese music. 自動詞

自動詞って、後ろに名詞をくっ付けるときに、なんか間に入れますよね?

つまり、理屈ぬきで
looked at
listen to
comes to
talk about
というようなセットで覚えればいいんです。
つまり、「単語」ではなく「熟語」として覚えます。
自分の耳と口で、リズムで覚えればいいんです。

英語圏の子供達は「文法」は習わなくても、耳で「使える英語」は覚えます。

その「使える英語」という既成事実に、文法という理屈が、後から付いてきてるだけです。


だいぶ前にテレビで見たんですが、
芸能人(名前忘れた)が、学生時代の英語の授業の思い出を語ってました。
その英語の先生というのが面白い人で、
「discuss about, discuss about, discuss about」
と3回連呼した後、
「どーだ、お前ら。これで、お前らは一生"discuss about"って間違うようになるぞ。ざまあ見ろ。」
と言ったんだそうです。(笑)

日本語の自動詞と他動詞って暗記してますか?
してないですよね?

世の中の過半数が「まず先に文法ありき」と勘違いしてるんですが、
「文法」というのは、出来ちゃった結婚とか、新しい制度・法律の制定と同じことで、
まず既成事実があって、それに後から理屈を付け加えてるだけなんですよ。

・コマを回す → あ、そーか。「を」は他動詞の前に付くんだな
  ということは、「を」の後ろは他動詞だ。

・コマが回る → あ、そーか。「が」は自動詞の前に付くんだな
  ということは、「が」の...続きを読む

Q形容詞の位置

基本、形容詞は名詞の前に来て名詞を修飾するのだと思うのですが、その逆の語順も非常に多いと思います。
どのような場合に形容詞の位置が変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

>基本、形容詞は名詞の前に来て名詞を修飾するのだと思うのですが、その逆の語順も非常に多いと思います。

○ 次のような例があります。

【他の語句を伴っている場合】
 (1) I know a man suitable for the job.
   その仕事にうってつけの人物
 (2) This is a custom peculiar to Japan.
   日本特有の習慣

【-thing,-oneなどで終わる語を修飾する場合】
 (3) I have nothing particular to do today.
   特別な(するべき)こと
 (4) Anyone intelligent can do it.
   頭の良い人(ならだれでも)

【-able,-ibleで終わる形容詞】
 (5) Send all the tickets available.
   手に入るチップすべて
 (6) It's the only solution possible.
   可能な解決策

【決まり文句】
 (7) Secretary General
   事務総長
 (8) court martial
   軍法会議

【計測を表す場合】
 (9) two meters high
   2メートルの高さ
 (10) ten years old
   10歳の年齢

【副詞が形容詞的に用いられる場合】
 (11) the woman upstairs
   上の階に住む女性
 (12) the people outside
   外にいる人々

【特定の形容詞】
 (13) the members present
    出席者たち
 (14) the American bases in Japan proper
    日本本土にあるアメリカ軍基地

>基本、形容詞は名詞の前に来て名詞を修飾するのだと思うのですが、その逆の語順も非常に多いと思います。

○ 次のような例があります。

【他の語句を伴っている場合】
 (1) I know a man suitable for the job.
   その仕事にうってつけの人物
 (2) This is a custom peculiar to Japan.
   日本特有の習慣

【-thing,-oneなどで終わる語を修飾する場合】
 (3) I have nothing particular to do today.
   特別な(するべき)こと
 (4) Anyone intelligent can do it.
   頭の...続きを読む