最近ケミストリーって、デビューしましたよね。
あれって、歌はあまりうまくないですよね???
ヘタじゃないかもしれないですけど。
私は歌の練習を去年の8月から自己流で始めた24才の男性です。
私の方がもうちょっとうまい(間違いないです)のですが、それはプロデビュー出来る可能性が高いということでしょうか?
ゴスペラーズもそんなに上手くないですよね?
ビブラートは結構かかってますが,高音は声が細いですよね。
彼らもそれ程でもないと思いますが、どうなんでしょう?
日本人で本当に歌が上手いのってだれでしょうか?
歌唱力で確実にメジャーデビューさせてくれて、いっぱい宣伝してくれる事務所はどこでしょうか?
SONY?TOSHIBA?
見た目だって良いし,しゃべりもかなりおもしろいんで、日本なら、なかなか売れちゃうと思うんですけど・・・
”ちゃんとわかる方”がいましたら回答をお願いします。

ちなみに、ボーイズ2メンには、全く歯が立ちません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (38件中1~10件)

あらあら…長年この質問が受け付けられていたことに驚きました(笑)



日本人で歌が上手い歌手といえば、ベテランでありながら昨年紅白初出場で話題になった美輪明宏さんですね。

声で役を演じ分ける巧妙さ、決して口パクでズルをしないフェアプレイ精神の強さ、視聴者に想像力を持たせて引き込む舞台人としての知力などどれをとっても一流と呼んでいいくらいの術を持っています。
    • good
    • 0

質問から11年以上経っての回答です。

最初からみなさんの回答を読ませて頂きました。
当時の回答とか逆に新鮮で面白かったです。

この質問をされた2001年、僕は小学生でした。今では23歳のヒゲの濃い大人になっちゃいました笑

まず当時の印象は、とても歌が上手いと思いました。特にR&Bに向いている歌い方だと。
そして中学卒業までの約4年間はケミストリーが本当に好きでしたね。カラオケとかでもケミストリーばっか歌ってました。

そしてEXILEがChoo Choo TRAINを発売してEXILEという存在を知りました。
ケミストリーとはまた違う歌の上手さがあり、すぐにEXILEの大ファンに。

特にATSUSHIの声は透き通った癖のない歌い方が印象的で、SHUNは少だけ特徴のある感じがしました。
最初はSHUNの歌い方が好きでしたが、どんどんATSUSHIのボーカルレベルが上がっていき、その魅力の虜になっていきました。

今では新メンバーが続々とEXILEに入り、日本で知らない人はいないくらいのBIGグループになりましたよね。
質問者さんが認めるボーイズ2メンともコラボしてCDをだしたり、ライブでデュエットしたりしていましたが、ATSUSHIの歌唱力は引きを取らないくらいのモノでした。
ボーイズ2メンもATSUSHIは弟分で、とても素晴らしい声とも言っています。

今では中国へソロ・デビューしたりと、世界に通用する歌手となりましたが、実はATSUSHIもアサヤンのオーディションに出ていました。

しかし最終決戦で負けてしまいケミストリーには入ることができなかったです。確かに当時のATSUSHIより川端と堂珍の方が歌唱力はありました。

その悔しさを胸にずっと頑張ってきた結果が今のEXILE ATSUSHIです。歌唱力はケミストリーより遥かに高いと自信をもって言えるでしょう。

歌手になるには、容姿とかも必要ですが、それよりも人を引きつける何かを持っていることが重要です。
それが歌声なのか性格や雰囲気なのかわかりませんが、何か輝くものを持っているんです。

ですのでどれだけ歌がうまくて顔が良くても、芸能人として引きつける何かを持っていないと売れることは難しいでしょう。

気づけば23歳になり、小学生時代に思い描いていた20代とは全然違い、普通に平凡にくらしています。でも夢や野望はまだ心にあります。それに向けてこれからも頑張って行きたいと思っています。
おそらく次にこの質問に回答するのは何年後か何十年後かは分かりませんが、その時にはBIGになっていたいと思います。

この質問はずっと回答できるようにしておいて欲しいです。とても歴史のあるものなので。

「それでは未来の僕!社長になって有名人として世の中を変えて言っていると思うけど、23歳の今は途方にくれています。仕事も何スレばいいかすごい迷ってるし、ちょうど恋人とも別れ、仕事も辞めてすごく寂しい感じ。これからの選択が、これを見ている未来の僕に繋がるから、ここは慎重に行こうと思う。ちなみに早く結婚しないとハゲると思うから、もしかまだ結婚してないようだったらすぐに見つけて!」
    • good
    • 0

すごい昔の質問ですね笑



当時小学生でアサヤンオーディション見てましたが、
堂珍はイケメンでしたね~、今も変わらずイケメンで(※僕は男です)
歌については当時あまり分かりませんでしたが、
当時の映像をyoutubeで確認したら、上手かったです
atom31さんのブログとかyoutubeの音源きいてみましたが、
まぁ上手いかなっていう程度かと思います。
当時はもっと上手かったのかな??
歌っている時の表情はもうちょっと考えた方がイイかと・・・

ちなみにボーイズ2メンはメチャンコ上手いですね
    • good
    • 0

もうかなり長い年月が経っているようですがまだ回答できるみたいですね。

最初から全部拝見させて頂きました。そしてどれほど歌が上手いのかも某サイトMy○○○○○で分かりました。サイト名をUPしてよいものか迷っていますので控えさせていただきますが…確かにかなり上手いと思います。
おそらく相当努力されたんでしょうね。ただ発言にいただけない点が多いのが玉に瑕でしょうか。

これでもっと謙虚な方だったら好感持てたんですがね。ちょっと残念です。それと世の中どうにもならない事もあります。それだけ上手いなら敢えて別に歌手になる必要もないのでは?
それで素人でいる方がよっぽどいいですよ。周りからも相当もてはやされているでしょうし。まぁ自分よりも下手な人間が歌っていると俺の方がよっぽど上手いのにって思うかもしれませんがその点は諦めてください。

私はCHEMISTRYは大好きです。貴方の方が歌だけは上手いかもしれませんがだからと言って別にそこだけで好きになるわけではありません。
なにかが足りないです。才能は感じますが何かが足りない…
それはなんなんでしょうね。私には分かりません。

R.KellyとかUSHERの曲あたり歌ってみてはいかがでしょうか?
日本よりも海外で活動された方がいいかもしれませんね。
いずれにせよ上手い事は十分分かりました。
ですが発言には気をつけてくださいね。あまり良い気分はしませんので。
では頑張ってください。
    • good
    • 0

 7年前の質問がまだ生きているのに驚きました。

まあもう見てはいないでしょうが、思うことがありますので書いてみます。
 私の姉はピアノと声楽をやっていて、歌はTVで聴く誰よりもうまいですが、声楽家としてはものにならず、幼稚園の教師になりました。
 歌だけがTVで聴く誰よりもうまくても、声楽家としてはそんなものです。あなたの力量は、はっきり言ってボーイズ2メン程度に遠く及ばないようでは歌唱力だけでやっていくのは問題外です。

 あなたは歌がうまければ歌手になれるはずと思っているようですが、とんでもない。歌がヒットするかどうかは、作詞作曲がどれほどいいか、それにつきます。作詞作曲に全く触れていないところを見ると、それは出来ないのでしょう。それなら作詞家作曲家に作ってもらった歌を歌うことになります。そのでき次第です。歌のうまさなどヒットするかどうかにはほとんど関係しません。歌の個性は関係しますけどね。
 しかしあなたの書き方からすると、歌など適当で良いぐらいにしか思っていないようですね。それでは話になりません。

 浜崎あゆみを馬鹿にするような書き込みが目につきますが、彼女は何より作詞家として評価されているのですよ、歌唱力でなく。それは投手を打撃で下手だというような馬鹿なことですね。それだけであなたは何も判っていないことが判ります。彼女は天才作詞家ですから。
 あなたは自分は「判る」男だ。などとおもっているようですが、全く何も判っていない、そして判っていないことが判っていないとしか言いようがありません。それでは世間から馬鹿にされるだけでしょう。
 まあもう読んでいないでしょうが、このままではあなたが成功するのはきわめて難しいとしか言いようがありません。
    • good
    • 1

私は個人的には 一昔前の歌手の方が


今の若手より上手かったと思いますね
例えば 小野正利 尾崎豊 聖飢魔II(デーモン小暮)今も現役バリバリのB'z(稲葉浩志) 貴水博之 等その他大勢

この時代の歌手は声量 歌唱力 共に凄い世代の歌手が多かったと思います
    • good
    • 0

今日和、初めまして。

暫くご返答がないようですが、近況は如何ですか?歌の事とは別件で検索をかけた際、たまたまこちらの質問が引っ掛かったので読ませて頂いたところ、大変興味を持ちましたので、今更ですが参加させて頂きます。

「経験者」としていますが、歌手の経験はございません。現在駆け出し「女優」として某芸能プロダクションに所属している者です。その関係上、業界の友人にインディーズで歌手をしている人がいます。私自身はプロダクションの紹介で通っているレッスンでボイトレ・ボーカルレッスンを受けています。

先ず自分についてですが、私の歌唱力は「可もなく不可もなく」です。「音痴ではないけど誰もが聞き惚れるような歌は歌えない」です。
因みに私のボイトレの先生は舞台に立って歌うプロの歌手です。ハッキリ言ってお上手です(「プロ」なのだから当たり前でしょうが)お蔭で、レッスンを受ける前と後では、私の歌唱力は格段に上がりました。一般人(リスナー、ですね)の友人とカラオケに行った時、「前に比べて上手くなったね、歌」と褒められた事もあります。
ド素人だった自分が人に褒められるまでの歌唱力に成長したのは、他ならぬ「プロの先生」のお蔭だと思っております。atom31さんはプロの方に付いてレッスンをされていないようですが、プロの方のレッスンというのは確実に自分の力を伸ばしてくれます。私が身を持って証明致します。
「自分に合う先生がいない」から独学でボイトレをするのではなく、自分に合う先生が見付かるまで「探して下さい」。ご自分の歌唱力に自信をお持ちでないようですので、それを伸ばす為には「プロのレッスン」を受けるのが間違いなく早道です。日本は広いです。北海道から沖縄、探せば絶対良い先生が1人は見付かります。それでも駄目ならatom31さんが尊敬する歌手がいる海外に渡りましょう。英語が出来なければ学んでから行きましょう。それだけの事をして海外でレッスンを受けて帰国しても、独学でやるよりは早道だと私は思います。

それから、インディーズで歌手をしている友人ですが、当然ですが「上手い」です。私と彼女は「友人同士」だからというのもあるかもしれませんが、彼女のライブに行くと楽しい気分になります。癒される時もあります。それは彼女の魅力、歌声、ライブでの選曲、歌唱力、etc…全てから出される「オーラ」を私が感じたからだと思います。
勿論友人は殆ど無名です。でも私は彼女は「上手い」と感じます。感動や感銘も受けます。そして、私以外にも彼女のファンは何人もいらっしゃいます。ファンの方は彼女の歌は勿論、彼女の全てを見て「彼女が好き」だからファンなんでしょう。atom31さんには、そんな「人に好きになってもらえる」自身はありますか?
以前の回答で「全ての人に感動を与えたい」のような内容の発言をしていらっしゃったかと思いますが、もし貴方が誰かに感動を与えたなら、その人はきっとatom31さんの事を「好き」になってくれます。逆に言えば、誰かに好きになってもらえるような人柄でなければ、人に感動・感銘を与える事は出来ないのです。しかも、貴方の場合は「全ての人」ときたものですから大変ですよね…残念ながら無理ですよ、私、貴方にあまり好印象を持てませんでしたから。
逆に、貴方に好印象を持っていらっしゃる方もこのトピの中にはいらっしゃるようなので、まずはその方達に感動や感銘を与えられるよう、一層の努力を積まれては如何でしょうか?
…嫌味ったらしくなってしまい、申し訳ありません。しかし、マスメディア界の片隅にいる者として一言言わせて下さい。「礼儀、上下関係、自信のマインドコントロールが最重要となるこの世界で、貴方のその考え方では100%生き残れませんよ?」

まず、もっと心に柔軟性を持ちましょう。自分の考えをしっかり持つ事も大切です。しかし、自我を貫き通す事だけが強さではありません。
そして、先輩には敬意を払いましょう。最近はお考えが変わったとの事ですが、先輩への否定はタブーです。絶対に止めましょう。
そして、リスナー・ファンを大切にしましょう。以前、浜崎あゆみさんのファンを侮辱していらっしゃいましたよね?アユのファンはアユの曲だけしか聴かないって事はないです。「アユのファン」=貴方のリスナーでもあるのですから。

上記がクリアー出来たらボイトレの先生探しです。因みに、上記の友人も某大物プロに極秘でレッスンをして頂いているそうです。浜崎あゆみさんもプロの先生についています。プロだって更にプロに習うのです。今はどうかは分かりませんが、atom31さんがまだアマなら、プロに付いた方が確実ですよ?ボイトレについては是非ご検討下さい。

因みに私はJ-POPならジャンル&歌手問わず「浅く広く」聴く人間なので、atom31さんの歌は是非聴いてみたいです。いつか、メディアから貴方の歌声が聞こえてくるのを心待ちにしております。
    • good
    • 0

というか、HPでも作ってあなたのそのゴスペラーズ等より少し劣るという自慢の歌をさっさと公開したらどうですか?


私にはあなたのような素人さんの歌が誰々より上手かろうが下手だろうが全く興味はなく、平井賢が上手か下手かなんて事にも興味はありません。
ただ、ここでウダウダ言ってても、誰もあなたの歌を聴く事はできませんし、誰にもあなたの発言自体真偽が確かではありませんから。
    • good
    • 0

その人自体がすっっごい大物(というか、名前は挙げれませんが長者番付出るような大物有名人多数と知り合い)なんで、もしかしたらずれてるかもしれないですけど、その人に聞いた話です。



デビューじたいはすごく簡単みたいですよ。ライブしてて、ある程度人気出たらバシバシデビューの誘いが来るのだそうです。ただし、デビューしたとしてもだいたいは3年で終わるのだそうです。avexなどはアルバムの半分を向こうがチェックし、あと半分は自由にやっていいよとか、こういうのでやってほしいという希望にそってやるとか、自分の音楽観は貫けなくなるらしいです。で、まぁそれでも売れるなら・・・と一度乗ってしまうと、「あいつはすぐ誘いにのる」みたいに軽くみられ、売れ時が終わった3年後は悲惨らしいです。業界で相手にされなくなるとか。本気でやるならインディーズなどで固定ファンをつけ、こちらに有利にして契約し、デビューすべきらしいです。それによってある程度自分の音楽が通せるし、まわりにも認めさせれるとかなんとか。

ちなみにインディーズのほうが儲かるらしい。メジャーでデビューして同じ量儲けるには3倍売らないとダメとか。ただ、インディーズはある一定から上にいく場合に、プロモーションを行うことなどなどにより厳しい面があるそうです。

まあatom31さんは音楽にこだわりがあるわけでもなく、ただ有名になりたいだけのようですので、うまく行く自身があるのなら、いいバンド仲間を見つけ、人気バンドになり、誘いが来た時点で乗ればよい話なのではないでしょうか。
    • good
    • 0

かなり日はたっていますが、気になったのですべて読ませて頂きました。

私は中学生でちゃんと分かる方ではないのですが私が素直に思った事を書き込みたいと思いました。

そうですね、私も今の日本のJ-POPについては呆れていてどうしてこんなのが売れるんだろうかと心底悩みます。

でも、まず言っておきたいのですが私はゴスペラーズが大好きです。   「ゴスペラーズ」なんて名乗っちゃったりして。もう赤面モノです。   なんて個々を侮辱する発言だと思います。

私もプロの黒人さんが知り合いにいたりいろんな洋楽を聴いていて、日本人は下手だなと言いきれます。でも、売れるのはやっぱり技術だけではないと思います。個人的なことになるのですがゴスは子供の頃から音楽に対しての情熱
あこがれ、考えはハンパではありません。ゴスペラーズの名前にしたって高校生のときに純粋な音楽に対する気持ちからつけたものです。歌唱力だけで判断をする方は分からないかもしれませんが、そういう気持ちが歌声に表れているのではないでしょうか。だから、素直に聴く人はいいなと思うのでは?あと、生のうたをたくさん聴いてみてはどうでしょうか。違いも分かりますし、テレビでは分からなくても、生だと直接届くのでとてもよく分かります。

あくまでも私の考えで、気分を害されましたら読み飛ばしてください。根本的な問題と違いますね脱線して申し訳ありません。ただゴスや日本人で努力をしている人に対する考えがおかしいのではと思ったからです。

自分が良いと思っているものを、
他の人達にも同じ風に感じてもらえるときが来る事を願って努力し続けます。

良い考えをお持ちですね。やはり本物を聴きたいです!
活躍されることを願っています。
その時には応援しますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミドルボイスを習得したら一気に高い歌が楽になる?

ミドルボイスを習得しようと励んでいます。
今日、声の張り上げじゃなさそうな声を出せた気がします。
でももうちょっと高い声を出そうとすると変に裏返ったりします。
そこで質問なんですが、ミドルボイスというものは、習得したらさらっと高い声も出せるのでしょうか。
それとも練習を重ねて、どんどん高くなっていくのでしょうか。
教えてくださいお願いします

Aベストアンサー

ミックスボイスとも言うらしいですね。

大分前に研究して、今は普通に使っています。
ただし、多くの人(というか専門家が)ミックスボイスについて誤解しているため、
習得が難しくなってしまい、希少価値にされています。

まずはそこから。

声の出し方には色んな分野がアプローチしていて色んな話が出ています。
歌=芸術として考えると難しいのですが、音=物理として考えると内容は単純でした。
発声をするにあたり、練習法だけを知るのは科学的ではありませんし、合理的じゃないです。
音は空気の振動であり、波の性質をもちます。

人がどうやって発声し、音程を制御しているのか?ここを考えないといけません。
私は医学的なアプローチをしている論文やボイストレーナーの記事を読み着想を得ました。
また、良く響く声、上手いのだけどパンチのない声などを録音し、

周波数解析をかけて特徴を分析しました。

さらに、過去の歴史で誰かが気づいているはずですので、音楽史のあたりから調べ、
だいたい把握することが出来ました。
すると、普通の人が自己流でどんなに練習しても習得できないことが分かります。

私の場合は、まずそれに気がついて、気をつける部分を変えたのです。

まず大事な結論ですが、
地声と言うのは、喋る時の声です。ミックスボイスは、歌う時の声と解釈しましょう。
喋る時と同じ喉の使い方で歌ってよいと思っていると、歌唱力自体が頭打ちになります。
つまり、話し声と同じ発声で歌ってはいけないのです。

これを続けていると、脳が混乱して、歌うと言う作業が難しくなります。

クラシックではこれを良く知っていて、最初に発声練習をさせます。
あれは音程をあわせる練習ではなく、ミックスボイスを体得する初歩の喉使いを知る練習です。
この段階では、ミックスボイスとしてもアンコントローラブルであるため、
地声と誤解されています。物理的にはミックスと全く同じ周波数の波形が出ており、

喉の使い方も同じです。

あとは制御の問題だけなのですが、
当時の科学では音の解析等不可能でしたから、クラシックは気がつかずに終わったのです。
ミックスボイスが尊ばれるのは、歌唱力が飛躍的にアップするからです。

声楽では、発声練習をこちらの効能につかっています。
音程等は、狙わなくても一瞬で合います。

以上から、地声と裏声を混ぜて発声することが、歌声の基本であり、
ミックスボイスの体得以外に歌の練習は無いと思いましょう。

では、歌の上手い人も、なぜミックスボイスが出せないかと言うと、(次が大事)
裏声を練習していない(足り無すぎる)からです。

クラシックでは、
裏声と地声をわけてしまうため、地声で声域があるほうが良いとしてしまいます。

ところが、
実際には裏声と地声(喋る喉)を同時に出し、共鳴させると素晴らしい声量になります。
呼吸も楽で、ブレスがほとんど必要ありません。
さらにミックスボイスは、
ミックスボイスであるのに地声の音色や裏声の音色をまねる事が出来ます。

つまり裏声を練習し、
ミックスボイスを体得し、その上で地声のフリをすることができるのです。
クラシックでさえ、
あの音域と声量は、やはりミックスを使わないと物理的には出ないのですよ。

と言う事は、
世の中には、ミックスボイスを使う歌い手だけの一種類が存在し、
彼らがジャンルごとに声の音色を変えているのです。

体で覚えた人は、
実はミックスを使っているという事を知らず、自分の歌声に限界を作っていたり、
または専門家が違うものとして教えるため、
既に体得しているのに出来ないと思い込んでいるプロ歌手もいるという事です。

こんな事情で、
科学的な分析がされていないため、このジャンルは天才が出現します。


普通の人でミックスを体得したい人は、
裏声じゃないと言う表現を真に受けてしまい、
裏声を出さないように頑張ってしまうため、体得に時間が掛かかります。

ミックスボイスは、
低域を担う発声とファルセット(倍振動)を担う発声を同時に使います。
で、普通の人が呼ぶ地声と言うのは、そのどちらでもありません。

地声を獲得していると誤解しているため、更に問題がややこしくなります。

一生混ぜることが出来ませんよね? 片方(地声のほう)がないのですから。
さらに、裏声を出すまいとしますから、双方出せず、全く練習になりません。
体得の近道は、その双方を個別に出す練習をし、これらを混ぜる段階に進むことです。

ところが、実際はそれほど大変でありません。

基本は裏声です。
裏声は声量が出ないと言う定義を信じず、裏声ばかりを出す練習をします。
最初のうちは、喉が痛いし、声がかすれて全くでません。

ここがとても重要です。

頑張っていると、仕方なく、声が響く方法を工夫し始めます。

これで突然裏声でも声量が稼げるようになるのです。
だいたい1年~2年。
人により3年~5年。
これくらい掛かるものを、直ぐにできるとの誤解は禁物です。

余計な知識が無いほうが良く、ファルセットばかりをする。
突然開眼すると言うわけです。
女性や子供のほうが、声帯が小さいので出しやすいそうです。

しかし、実際にミックスを体得した後は、男性の声帯が発する低音はすさまじく、
これの合成で出来上がる高音域は女性の声を圧倒します。
(ミックスでは、完全に女性の声と同じに出すことも出来る)

裏声は声帯が倍振動をする特殊なモードなのですが、最初は喉に力が入ってしまいます。
ところが力を入れないほうが、揺るやかな振動をして、音量が大きくなり、

(ここがポイント)

音量や音程は、声帯ではなく、口のあけ方、舌のおき場所、喉の空け方(固定の仕方)
が大事だと体で分かってきます。物理としての観点でも、非常に合理的です。

更に、息の量が多いと、空気が余計に揺れてしまい、音が消えてしまうことがわかります。
普通の人が使う地声は、息の量で音の大きさをコントロールします。
ミックスで使う地声も、
裏声も、息を吐かず、声帯を閉じて、少しだけ息を漏らすようにします。
この小さな音を喉や口、舌など微妙な作業で響かせるように練習します。

つまり、口笛と原理が同じなのです。喉笛という表現が近いでしょう。

ファルセットで声量が稼げるようになると、緊張感がなくなってきて、
更に喉に力が入らず、(それはもういい加減なくらい緩む)、
段々ファルセットがとまり始めます。

ファルセットは声帯に特殊な力を入れて倍振動をいざなう訳です。
これに緊張感がなくなると、時々とまるわけですね。

つまり、
これが地声が混ざる瞬間であり、ミックスされた状態であり、
この段階でファルセット自体の音域が下がってきます。

次に低音域の発声の仕方が分からなくなります。
戸惑うと言う感覚です。
明らかに、これまで地声としてきた発声と違う声の出し方をしたくなっています。

しかしそれをすると、声が裏返るわけですね。
ここでは無理せずに、裏声で歌唱を続けます。

これもやはり1-2年たつと、「適当にやりたい」と思うと、
声が裏返らず、低音域も綺麗な声で歌うことができるようになります。
抜群の安定感になるでしょう。
声自体が甘く響き、魅力的な男性の発声になっているはずです。

こうして自然に、ミックスを制御できるようになるのです。

しかし、喉の制御を覚えても、歌では活用できません。
次が大変重要です。あることをしないと、全ての力が解放されません。
それは、リズム、拍の感覚です。しかも、メトロノームでやってはいけません。
別の脳が鍛えられてしまい、本来の音楽とは違うものを覚えてしまいます。
必ず、足や腕を振り、歩くこと、
または歩く想像(想像して歌う)をすることで、感覚を養います。

これは意外と簡単で、
人間の生理学上既に優秀な機構があるため、1ヶ月もかからないでしょう。
歌う時には、歌詞をある程度先まで思い出し、「歩かなきゃ」と心で言い続ける。
すると強烈なトランス状態になります。
(音楽にあわせて足踏みするだけの準備運動を20分すること)

この状態で歌うと歌詞がなかなか思い出せず、良く忘れます。
ただし、体に染み付かせておくと、情感を演出したり、演技ができるようになります。
(心の中は凄いボンヤリしているか、もしくは不埒なことを考えてけらけら笑っています)

さらにこの状態になると、音程精度が凄まじく向上し、
プロの歌声の音程ズレが気になるようになります。(さめるとわからなくなるが)
また、リズム感覚も素晴らしく、1000分の1秒の遅れ等が気になるようになります。

音程に関しては、必ず聴音練習を先にして、常に音楽を暇な時に聴くようにします。
特に練習はいりません。ただし、時間としては2年くらい掛かります。

聴音は、PCソフトがフリーであったりします。
これの問題形式の練習を8時間くらいするだけで足ります。
大事なのは、自分が音程差として捉えているものが、オクターブ差であると気がつくこと。
(それくらい感度が悪い。これに気がつくだけで良く、力自体は前述の音楽視聴で身につく)

音楽で最大重要事項は、先ほど述べた拍とリズムです。
これにより、脳がトランス状態にいざなわれ、俗に言う天才と同じ力を発揮します。
発声の練習をしつつ、同時に養うと良いでしょう。
トランス状態では美しいものに憧れる気持ちを維持します。

以上、まだまだ具体的な説明ができていませんが。ご参考になれば。

ミックスボイスとも言うらしいですね。

大分前に研究して、今は普通に使っています。
ただし、多くの人(というか専門家が)ミックスボイスについて誤解しているため、
習得が難しくなってしまい、希少価値にされています。

まずはそこから。

声の出し方には色んな分野がアプローチしていて色んな話が出ています。
歌=芸術として考えると難しいのですが、音=物理として考えると内容は単純でした。
発声をするにあたり、練習法だけを知るのは科学的ではありませんし、合理的じゃないです。
音は空気の振動であ...続きを読む


人気Q&Aランキング