AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

何でサンタクロースがプレゼントを届けてくれるという嘘を信じこませる事が良い事のように扱われているんでしょうか?
子供が疑問に思っても真相を明かさず「サンタさんは居るんだよ」と嘘を付く事が、夢を壊さない良い事のように扱われるのはおかしいと思います。
「子供の夢を壊すな!」と怒る人も居ます。何故サンタクロースに限ってそこまで神経質になるんでしょうか。
全く理解できません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

サンタ・クロースのモデルは実在しています。


これを大人が知らないので子供達に説明できません。

ちなみにサンタ・クロースのモデルは昔実在した宣教師二クラウスです。彼は生前多くの貧しい大人や子供達を助けました。
無くなってからは聖(サンタ)・二クラウスとして聖人に上げられました。
やがて、クリスマス時期のプレゼントデリバリー(人々に愛を届ける)ためのサンタ・クロースとして登場しました。
やがて聖(サンタ)・二クラウス→サンタ・クラウス→サンタ・クロースとなまってしまいました。
サンタとは聖人を意味します。ですからサンタ・クロースを「サンタさん」と呼ぶの特定の聖人の名前を示していませんは大きな誤りです。

<子供に説明する例として考えました参考にしてください。>
私の子供にも下のように話、納得しています。

昔々二クラウスという人がいました。
その人は神様のお使いをするお仕事をしていた心優しいおじさんで、困っているたくさんの人達を助けた。また大勢の子供達も大切にしました。

その優しいおじさんは、年をとり、おじいさんになり、やがて死んで神様のところに行きました。
そして天国でサンタ・クロースになりました。
そして世界中のパパやママの心にずっとその優しい心が伝って、パパとママにあなた達(子供)をくれた神様や優しい心をくれたサンタクロースへのお礼に、神様の誕生日にあなた達(子供)に、プレゼントをあげるようになったのよ。

以上ですが、大人の下手なトリックで子供に夢(嘘夢)を与えようとしても、それはお子様の成長と共にいつか必ず破れる夢です。
だったらサンタ・クロースのモデルが存在したこという事実を教えてあげて、子供達が心優しいサンタ・クロースがいてくれたからこそ、今パパやママからプレゼントをもらえるんだということを伝えるべきではないかと思います。

いかがでしょうか。
大人の無駄な取り越し苦労は必要ないと思います。
    • good
    • 2

偕成社という出版社から「サンタクロースっているんでしょうか?」という本が出ています。

一読されることをお勧めします。
子どもたちの素朴な疑問の投書に対して、新聞社が社説でその返事を書いているものです。

サンタクロースの実態がなんであるか、真実は何なのかを大人も子どももよく理解できます。

サンタクロースを信じることができないでいるあなたにはぜひ読んでほしい。
    • good
    • 0

身も蓋も無いことをいってしまうと、


子供はなにも知らない無垢なままでいてほしい=コントロールしやすい子供でいてほしい
という大人にとっての願望が反映されているだけでしょう。

宇宙人、幽霊、神、悪魔、精霊などは大人にとっても未知の存在です。
そういうものを信じてもらっては大人にとって都合が悪い。

サンタというのは実際は保護者ですから、信じてもらったほうがむしろ大人にとって都合がいいのでしょう。
    • good
    • 0

サンタクロースに限ったことではありません。

幼い子供には、神様も雷様も閻魔様もサタンもナマハゲも信じ込ませるのが良い事のように扱われています。そして私は悪いことだと感じたことはありませんし、今もそれらを信じています。単に信じ方が変わっただけです。それよりも、なぜ、大人になるとサンタクロースを嘘だと信じこませようとするのか、そちらのほうが不思議です。べつに「子供の夢を壊すな!」と怒る気はさらさらありませんし、神経質になっているつもりもありませんが、なぜ、大人になってまで、目に見えず、プレゼントが届かないと信じられないのかなあと、単純に不思議です。また、サンタクロースを信じられない大人が子供に信じ込ませることに疑問を感じるのも当然だと思いますし、そのこと自体には、とりたてて異論はありません。
    • good
    • 0

まあ、いいじゃないですか。


他人のすることをそこまで気にしなくても。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子どもにサンタクロースを信じさせることは大事?

子どもにサンタクロースを信じさせること(この場合は、存在そのものではなく、クリスマスの夜にプレゼントを持ってきてくれること)は教育上大事なことですか?
サンタを信じていた子は、大きくなっても想像力の豊かな大人になりますか?
サンタを信じなかった子は、信じていた子に比べて想像力に欠けた大人になりますか?

サンタを信じた子と信じなかった子は、成長過程で明らかな差が出るのでしょうか?

Aベストアンサー

No3です
補足しますね

>私はサンタクロースを信じたことがありませんでした。実際プレゼントを持ってきてくれたことがないからです。しかし「目に見えるものしか信じない」のではなく、「科学的に証明されないものは信じない」です。

おっしゃることはわかりますよ。
私も昔から心霊番組やらUFOの類の番組は興味がないです。
いや、宇宙に生命体入る可能性は大きいと思うんですよ。
ただ、世の中にある宇宙人目撃情報みたいのは、眉唾物だと思います。

ただ、サンタは、妖精や、山の神みたいな、空想の世界のものとして否定する気は全くありませんし、
キリスト教布教+商業主義の副産物であることは否定もしません。
そもそも12月25はキリストの誕生日ではないし、
サンタが紅白の衣装を着ているのはコカコーラ社の陰謀ですし。

ただ、クリスマスになると、あちこち飾り付けしたり、誰かのためにプレゼントを考えたりといった、
家族や友人の喜ぶ顔が見たいからと、奔走したりあれこれ手間を惜しまないとことは、決して悪くはないと思います。
誰かが誰かの幸せを願っている、それをわかりやすい形にしたのがサンタクロースであると思います。
お正月には、100円のお賽銭で願うのは、まずは自分たちの幸せが最初でしょうが、
ときどきは、他人の幸せを祈ることって大事だと思います。
その機会の一つであると思います。


>しかし「クリスマスの夜にサンタクロースが姿を見せずにプレゼントを持ってくる」演技をすることに何の意味が???と考えてもわかりません。いっそサンタクロース姿の配達員に直接届けてもらえば?って思うんですが、伝説の通り、姿を見せずにプレゼントを届けないと意味がないことでしょうか?

本来は、伝統行事の一環ですから、、やる以上は「演技をすることを楽しむ」ことに意味があるんだと思います。
節分に「鬼が来るから豆をまく」ふりをしたり、
お盆には亡くなった方のために送り火をしたり。

そもそもどんな国だろうと、「文化」や「習慣化された儀式」は、たいてい非効率的で、理屈に合わなく、しちめんどうくさかったりするものです。
それこそが「味」なのです。
何気なくスルーしないでわざわざ形式化して手間暇かけるのが「文化」(行事なども含め広い意味でね)なのです。
理解しない人から見れば、「そんなの無意味じゃん」と思うのも当然です。
だったら理解しなくてもいいけれど、それをはなから否定するのは色気のないと思いませんか?



>また枕元に届けるのが定番ですが、ツリーの下とか、玄関とか、ものにより人により変わったりするようですが、“枕元”でないといけない理由はありますか?靴下の中、っていう定説もありますが、靴下に入るようなプレゼントはなかなかないらしく、これにこだわる人はいないようですね。

ちなみに枕元は、日本などですね、キリスト教国では、ツリーの下にプレゼントを並べますが、むかしはツリーなんてどの家庭にあるものでもないですし。
枕元に置くのは、別に冷蔵庫の中でも、ふろおけの中でもいいのかもしれませんが、
単に、朝起きた時に真っ先に見つけ喜ぶ顔が見たいからでしょう。
とくに深い意味なんてないのだと思いますよ。
靴下に入るようなプレゼントだと限られますからね。
豊かになる時代とともに、そのへんは都合よく変えていっているだけですね。

そういう変化は、日本の伝統行事でもありますよね。
お正月前後だけ見たって
「年越しそばは何時に食べるのが正解なのか?」とか「年賀状はいつ書くのがいいのか?」とか「お年玉」の存在とか・・・
まあ、「それを言っちゃあおしめえよ」の仲間です。

商業主義のクリスマスに反感を覚えるのはとてもいいことだと思います。私も覚えます。
しかし、行事だの伝説だのに、「意味はあるのか」とまじめに向き合うのは、
間違いではないと思いますが、なんだか野暮な気がします。



今から120年ほど前、「サンタクロースっているんですか?」と新聞社に問い合わせた8歳の女の子、バージニア・オハンロンさんを御存知でしょうか。
クリスマスの有名なお話です。
新聞の編集者の方の回答が新聞に載り、なかなかいいなあと高校生の時に思いました。
商業主義のクリスマスやサンタですが、
少なくとも、こういう小さい子供たちが、一時期だけでも、サンタの存在に胸をときめかせる思い出は、
否定するものではないと思います。
このお話(回答)は日本語訳にされ絵本にもなっていますし、ネットでも、探せば読めるかもしれませんね。

No3です
補足しますね

>私はサンタクロースを信じたことがありませんでした。実際プレゼントを持ってきてくれたことがないからです。しかし「目に見えるものしか信じない」のではなく、「科学的に証明されないものは信じない」です。

おっしゃることはわかりますよ。
私も昔から心霊番組やらUFOの類の番組は興味がないです。
いや、宇宙に生命体入る可能性は大きいと思うんですよ。
ただ、世の中にある宇宙人目撃情報みたいのは、眉唾物だと思います。

ただ、サンタは、妖精や、山の神みたいな、空想の世界の...続きを読む


人気Q&Aランキング