【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

先日、伊藤家の食卓で、壁に書いた「ぐるぐる渦まき状の絵」の中心点に左のひとさし指を立てて、反対側の指をOKサインのようにした場合、そのOKサインを力いっぱい閉じているのに、ほかの人が、たやすく開けられるというのがありました。その渦の方向が逆であればそういうことは起こらないそうです。(ひとによって、力が弱まる巻き方向はちがうそうですが)
このとき、博士っぽいひとが言っていましたが、「この現象は確認されているけど、なぜだか解明できていない」との趣旨の回答がありました。
(1)ほんとうにこのようなことってあるのでしょうか?
友人と試しましたが「その現象は起こりませんでした」TVなのでうそを言っているようにも思われませんでしたが(2)どうして私たちには起こらなかったのでしょうか。が質問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

O-リングテストという検査なのですが、確実性が低いんです。


実際に治療に応用している先生もおりますが、かなり熟練した方でないと、正確な結果が出ないようですね。

余談ですが、そのテレビのコメントを言っていた先生は僕の母校の教授なのですが、治療の際にO-リングテストを応用したり渦巻きシールを患者に貼ったりしていました。

学生にとっては理解しにくい治療をする先生として有名でしたが、全国の病院(リハビリ室)等に置いてある『SSP』という電気治療機を開発した優秀な先生ですから言っている事(この現象は確認されているけど、なぜだか解明できていない)は正確だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
Oリングテスト、このようなのがあったのですね。
世の中広いですね。

お礼日時:2003/05/15 22:56

ぐるぐる巻きの図ではありませんが、


もう一方の手を別の誰かがしっかり握っていたりしても、
同じように力が弱まったりします。

と、何かの本で読んだ覚えがあります。
別の本で別のパターン(もう一方の手は親指を中にしっかり握って)とかを見たこともあるので、
私個人的には単に集中力の問題だろうと思っていました・・。

(1)ちなみに私は、どのパターンでも力加減が変わってしまいます。
「力が出ない!」という思い込みが激しいのか、やはり注意が散漫になるのかと、ちょっと落ち込みます。
(2)私の考えで言うと、どんな時でも集中できるひとだから なのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/05/15 22:55

私も起きませんでした。



ドラムなどやって、左右のバランスが鍛えられているせいかと思いましたが。両手両足別々に動かせるので、互いに干渉しあうことは少ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/05/15 22:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング