今、新しくハウスで作物を育ててみようとはじめているのですが、ハウス内に
霧・モヤが出てちょっと不安です。作物にとって有害なのでしょうか?
有害ならその霧を抑制することはできないのでしょうか?ちょっと霧・モヤについて詳しい方、メカニズム等おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

肩口がビニペットスプリングで止めてあっても、側面用のビニールが下側、天井用が上側になっていれば、隙間はあるので、外側にも多少は流れます。

しかし、肩口部分をハウスバンドだけで固定している場合よりは排水効率が悪くなってしまうでしょうね。
ただし、天井用ビニールについた液滴が側面用ビニールの内側に伝わってしまっても、側面用の巻き上げ機部分等で外側にかなり排出されます。
それもできない構造で、ハウス内側に全て流れ落ちたとしても、狭い面積に集中的に落ちるので、局部的に濡れますが、再度蒸発することは少ないため、湿度は下がります。

>それと農ビとPOフィルムでは保温力に差があるというのは本当ですか?
本当ですが、農POでは大部改善されています。これは赤外線の吸収特性・透過特性の違いによります。
具体的に、農ビと農POのもとになるPEを、0.1mmフィルムで比較すると、赤外線領域について
農ビ 吸収率0.65 透過率0.25 反射率0.1
PE 吸収率0.15 透過率0.75 反射率0.1
PEは赤外線をどんどん透過してしまい、さめやすいので使えません。そこで、農POは多層構成とし、赤外線の反射率を高めて
農PO 吸収率0.15~0.25 透過率0 反射率0.75~0.85
となっています。
したがって、被覆資材の特性は大部近づいているのですが、農ビの方が密閉性が高いので、保温性が高いように感じます。しかし、今後は環境保全の観点から脱農ビを図る必要があります。
    • good
    • 0

補足に対する回答です。


フイルムによって霧の発生が異なる原理は以下の理由によります。
一般に霧が発生するような時はハウス内の気温が高く、ハウスの外は気温が低いと考えられます。
そのようなとき被覆資材は外気と接していますので、ハウス内の気温よりは温度が低くなります。すると、被覆資材の内側に結露が生じます。この結露した水を効率的に排出してやれば除湿できるのですが、未加工のフイルムでは液滴となってハウス内のあちこちにポタポタ落ちてしまうためなかなか除湿出来ません。
流滴性を有したフイルムの場合、結露水が膜面状に広がり、資材表面を辿って落ちてゆきます。この結果、天井用に張ったフイルム面についた結露水はハウス外へ、側面用として張ったフィルムについた結露水はハウス内の土中に集中的に排出されることになり、全体として除湿できます。
 いってみれば被覆資材の内側は、巨大な除湿器のように機能している訳です。

>1.温風暖房機を用いて、暖房または送風する。
と書きましたが、送風だけでも除湿効果があるのは、フィルム面と空気の接触を多くして、フィルム面での結露を多くするからです。

>ハウス内の水分は霧発生の有無にかかわらず一緒だと思うんです
被覆資材の表面に除湿機能があることを考えれば、そうでもないことがおわかりいただけるでしょうか?

被覆資材の種類については、次ぎにフイルムを張り替える時に注意してください。
取り敢えずは、温風暖房機の設置・運転です。
暖房機がなく、ハウスが小さいのならば、家庭用の扇風機を設置して、連続運転させておくだけでも効果がありますよ。
換気扇の効果もありますが、保温を目的としてハウスを設置しているのでしょうから、根本的な解決にはなりませんね。

>多くの水を作物にやるのがダメなのですか?
いやいや、そんなことはありませんよ。植物にはちゃんと必要なだけの水をあげないと。ただし、不必要な地面などからの蒸散防止対策を行ってください。

この回答への補足

度々、すいません
>結露水が膜面状に広がり、資材表面を辿って落ちてゆきます。この結果、天井用に張ったフイルム面についた結露水はハウス外へ、
・・・といった内容ですが天井用のフィルムは肩口のビニペットでスプリング止めしますよね、そうするとハウス内側をながれていった水滴はそのビニペットで止まりハウス内へもどるのではないでしょうか?
それと農ビとPOフィルムでは保温力に差があるというのは本当ですか?
質問ばかりですいません。DESTINYさんの説明は非常に良く理解できます。
もうすこしお付き合い願えますか?

補足日時:2001/03/26 15:50
    • good
    • 0

空気を停滞させるのは作物にも土にも良くないですので空気を循環させるような換気扇などの導入を検討下さい。

    • good
    • 0

私物理屋なので作物についてはわかりかねますが ...



霧は簡単にいうと湿度の高い空気が冷やされるとできます。冬の露天風呂などでいっぱいできているのをご存知だと思います。霧自体はただの水滴なので植物に害はないと思いますが霧ができるほどの高湿度は葉からの蒸散ができなくなって困るかもしれません。また、カビなどの繁殖も心配かもしれません。

霧が発生しないようにするためには水をやる量を少なくする、除湿機を稼動させる、温度を高くする、などが考えられます。作物に最適な温度、湿度にコントロールする、ということですね。
    • good
    • 0

 うちの親戚のイチゴ農家では、ハウスに換気扇を付けて対処しているようでした。


 たぶん、「霜」が蒸発して出来た霧だと思うのですが、よく分かりません。
    • good
    • 0

ハウス内の湿度が高い条件で、朝方冷え込むと水蒸気が凝集して霧が発生することになります。


霧が発生するような条件では、葉の表面が濡れた状態になり、病害が発生しやすくなります。作物によりますが、べと病や灰色かび病、各種細菌病などです。
霧の発生を抑えるには空気中の湿度を下げるか温度上げる必要があります。
1.温風暖房機を用いて、暖房または送風する。
2.通路やうね面をビニールシートなどで覆い、土の表面からの蒸散を抑える。
3.吸湿性の資材(稲わら)などを通路に敷く。
4.被覆資材として流滴性を有した資材を用いる。
5.農ビではなく、農ポリ、硬質フィルムなどを用いる。

なお、病害の発生さえなければ、霧の発生は開花期以外は作物に対して有害ではありません。 

この回答への補足

ありがとうございます。ハウス内の湿度が高い条件であった場合、ハウスにかける
フィルムの特性によっても霧の発生があったり、なかったりすると聞いたのですが・・・ ハウス内の水分は霧発生の有無にかかわらず一緒だと思うんです。霧が目に見えるだけで・・・やっぱり多くの水を作物にやるのがダメなのですか?
自分でも言ってる意味がよくわかりませんが

補足日時:2001/03/22 14:08
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q図らずも汚染された作物の活用法?

なかなか希望のもてぬ悲惨な状況が日々起きていますが、

今年の農作物や魚介で出荷停止に追い込まれたものから、
バイオマスエタノールなどを取り出した場合、

取り出す過程でまき散らしてしまうのでしょうか?

精製したエタノールはまだ汚染物質を含んでいるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。
回答へのお礼で、
> 蒸留する際にでる絞りかす、も踏まえて考えるべく質問したつもりでございます。
とのこと、
質問文を読み返しても、そのようには汲みとれませんが、

植物油を取り出した場合には、当然ながら、絞り粕にセシウムが濃縮されて残ります。
チェルノブイリの事例では、絞り粕をまたメタン発酵原料にしたり、
家畜のえさにしたりしていたように記憶しています。
メタン発酵の場合は、メタン発酵残渣にセシウムが濃縮されて残ります。
家畜のえさの場合も、家畜の肉や、糞尿にセシウムが移行します。

まあ、バイオエタノールを含め、どんな処理をするにしても、
放射性セシウムは、あっちかこっちに移るだけで、無くなることは決してないわけで、
非常に厄介です。

Q遺伝子組換え作物について・・・

遺伝子組換え作物に興味があるのですが・・・
(1)例えばどんな遺伝子組換え作物が栽培されているのでしょうか??
(2)またこの頃遺伝子組換え作物が多く栽培されているのをよく耳にするのですがなぜ遺伝子組換え作物が増えてきているのでしょうか??
詳しく教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

(1)
代表的なものとして、大豆やとうもろこしがあります。じゃがいもや綿花も栽培されています。ひょっとしたら、すでにあなたも口にしているかもしれませんね。

(2)
遺伝子組換え植物は病気や虫、気候変動に耐えられるように改良されています。つまり、多少過酷な条件で栽培できたり、農薬散布の手間が省けたりできます。栽培側からすると手間が省けますし、安定供給しやすくなるので価格の面でも有利です。
ただ真偽のほどはわかりませんが、遺伝子組換え植物によって免疫力が低下するなど、未知の問題はありそうですね。

QCO2削減の本命は需要の抑制では?

ある産業界で温暖化対策を担当しています。常々疑問に思っていることをお尋ねいたします。
Q1.
CO2削減対策で世界各国の産業界は、省エネ技術で少しでもCO2の削減をしようと努力していますが、産業界としては、そもそもCO2の発生は、需要に伴うものであり、市場から求められればその分CO2の発生はやむを得ません。その意味で、CO2排出量削減の本命は需要の抑制だと思います。企業は原単位(生産性)しか努力のしようがないと思います。経団連の自主行動計画ではこの意味で原単位しか目標にしていない業種が多々あります。しかし総量も掲げている業種もあります。総量規制の義務を負うのはどうみても不合理ではないか?と思うのですがどうなんでしょうか?

コメント:
極端に考えると全ての商品・製品に当該製品が出来上がるまでのCO2発生量が明確にされ、個人・法人が、それらを基に総量規制を(法的にでも)受けるということでしか究極的には需要の抑制は達成されえないと思います。

Q2.
日本では、(一般の商品は別にして)電力と熱は、需要の計測をメーターで計るため明確なため?間接排出として認められていると思うのですが、他の、計量可能な水、ガス、ガソリン、灯油、軽油等はは間接排出とはなっておりません。これはどうしてでしょうか?

以上、宜しくお願い致します。

ある産業界で温暖化対策を担当しています。常々疑問に思っていることをお尋ねいたします。
Q1.
CO2削減対策で世界各国の産業界は、省エネ技術で少しでもCO2の削減をしようと努力していますが、産業界としては、そもそもCO2の発生は、需要に伴うものであり、市場から求められればその分CO2の発生はやむを得ません。その意味で、CO2排出量削減の本命は需要の抑制だと思います。企業は原単位(生産性)しか努力のしようがないと思います。経団連の自主行動計画ではこの意味で原単位しか目標にしていな...続きを読む

Aベストアンサー

No.6です。
>私は国がなぜ産業界に総量規制を及ぼそうとするのかが理解できません。
産業界は需要が伸びれば、CO2が増えても仕方がないじゃないかという考え方です。「だって国民がそれを望んでいるんだもん。」という訳です。一方、国は1990年に比べて温室効果ガス排出量を6%削減することを国際的に公約していることはご存知だと思います。これは需要が伸びようが落ち込もうが「そんなことは関係ねぇ」とされています。つまり、国は「需要が伸びたからCO2が増えました」では国際的に言い訳できない立場にあるのです。
とりあえず、国は産業界が自主的にCO2削減努力を始めたことを良しとしていますが、ご指摘のように、産業界の考え方では需要が伸びればCO2が増加してしまうことになり、国は国際公約を果たせません。
産業界の努力によっても、全体的にCO2の発生が増えるようだと、国は総量規制を持ち出さざるを得なくなると思います。これでも効果がなければ需要の削減を行わざるを得なくなるでしょう。
考え付くところでは、テレビの深夜放送の中止だとか、ガソリンスタンドの休日休業だとか、コンビニの夜間営業停止だとか・・・。でもこれって、国民の利便性を損なってしまいますよね。CO2削減のためにどこまで国民に負担を強いるべきかというのがCO2対策の本質的な問題だと思います。

No.6です。
>私は国がなぜ産業界に総量規制を及ぼそうとするのかが理解できません。
産業界は需要が伸びれば、CO2が増えても仕方がないじゃないかという考え方です。「だって国民がそれを望んでいるんだもん。」という訳です。一方、国は1990年に比べて温室効果ガス排出量を6%削減することを国際的に公約していることはご存知だと思います。これは需要が伸びようが落ち込もうが「そんなことは関係ねぇ」とされています。つまり、国は「需要が伸びたからCO2が増えました」では国際的に言い訳できない立場にある...続きを読む

Qエタノールを作りやすい作物を紹介してください。

以下の意見に興味を持ちました。エタノールを作りやすい作物を紹介してください。

[ぶっちゃけると大麻が一番エタノールつくれるらしい。
しかしそれゆるすと大変なことになる]

Aベストアンサー

アルコール発酵を行う酵母は基本的に糖しか利用することはできません。
でんぷんは糖が結合した構造で、糖に分解して利用します。
ビールやウィスキーで麦芽をつかったり、日本酒でこうじをつかうのもでんぷんを糖に変える意味があります。

ということで、サトウキビやビート(甜菜)、果実など糖が多いものや、穀物などでんぷんを多く含むものも酵素などで簡単に糖に分解できるので、アルコール発酵に適しているといえます。
木材や茎の部分の主成分であるセルロースも糖が結合したものですが、非常に結合が強く糖への分解が技術的な課題となっています。
これが効率良くできるようになれば、栽培に手間がかからず大量に収穫できる雑草のような植物がアルコール原料の主役になると思われます。

Q可塑剤の有害成分について

建築用の接着剤に含まれている可塑剤の成分について知りたいのですが、どなたかご存知の方教えてください。
インターネットで調べてみたのですが、漠然と可塑剤としか記されておらず、可塑剤の中の何の成分が有害であるかわかりません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
返事がおくれてごめんなさい。
さて、可塑剤の中に環境ホルモンの疑いのある物質があることは前回の回答で示したとおりですが、毒性については今のところ良く判っていません。
従って、基準値みたいな値は決まっていません。
環境ホルモンの影響は、一番懸念されているのは水生生物(魚や両生類・は虫類など)に対する、メス化の問題です。
これらの物質の人体に対する影響は少ないと言う結果が多いようですが、まだ解明されていないようです。
接着剤の有害性では、接着剤に使用されているワニスを分散させる目的のシンナーも問題があります。
シンナーの成分であるトルエン、キシレン、メチルアルコールなどは「労働安全衛生法」の「有機溶剤中毒障害予防規則」で「第2種有機溶剤」に指定されており、成分の表示義務があります。
接着剤を見ると書いてありますので見て下さい。書かれていない場合はそのような溶剤は使われていないと言うことです。
次に最近シックハウスと言う言葉も流行しています。
特に新築住宅での室内化学物質が問題になっており、接着剤や可塑剤が原因物質とされています。
詳しくは以下のURLを参考にして下さい。

参考URL:http://www.ohtake-zaimoku.co.jp/ohtake/examine.html

こんにちは
返事がおくれてごめんなさい。
さて、可塑剤の中に環境ホルモンの疑いのある物質があることは前回の回答で示したとおりですが、毒性については今のところ良く判っていません。
従って、基準値みたいな値は決まっていません。
環境ホルモンの影響は、一番懸念されているのは水生生物(魚や両生類・は虫類など)に対する、メス化の問題です。
これらの物質の人体に対する影響は少ないと言う結果が多いようですが、まだ解明されていないようです。
接着剤の有害性では、接着剤に使用されているワニ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報