初めての店舗開業を成功させよう>>

先日新潟県のとある温泉地に宿泊してきました。
私の他には妻と2歳の娘、8ヶ月になる息子の計4人です。

その日は早朝からの運転と睡眠不足が重なり酷く疲れていました。
布団を並べて川の字になって寝ました。
時間は深夜の12時前だったと思います。

どれくらい経ったか判りませんが
今まで経験した事のない恐怖で目が覚めました。
すると何故か私は部屋の隅に立っていて
目の前には妻が恐れおののいてこちらを睨んでいます。

この時点で夢か現かも判らないくらい気が動転してました。
なぜ自分は布団から出て立っているのか!?
なぜ妻が恐怖に満ちた顔でこちらを見ているのか!?
胸の鼓動は異常に高まり、呼吸が荒かったのを覚えています。

未だ何が起きているのか理解できず、しばらくポカンとしてました。

妻の証言
 ・気が付いたら私が見た事もない形相で襲い掛かってこようとした。
 ・無我夢中で子供を守ろうと押し払った。
 ・私が言葉にならない呻き声を出していた。

私の記憶
 ・夢とも違う感覚だった。
 ・未だ経験した事のない恐怖を覚えた。
 ・意識が戻る瞬間、自分ではないものに体を動かされてるような
  感覚を覚えた。それを自分は恐れていた気がする。
 ・脳裏に残る感覚とは別の体感的なものが感じられた。

初めての経験で上手く表現できませんが、とにかく怖かったです。
妻は今でもあの時の異常な形相を忘れられないと言います。

疲れが溜まって寝ぼけたと言ってしまえば気が楽ですが
それだと納得できないような気がしています。

これは何だったんでしょうか?
同じような経験をされた方がいればお話を聞きたいと思います。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 夢遊病でも同様の状況になる事が有り得ます。


 テレビ番組で放送された話なので、信頼性は充分ではありませんが、ダイエット中の女性が、夢遊病で毎晩無意識の内に、台所で火まで使って料理をして食べてしまい、痩せる事が出来なかった、と言う話もあります。

> ・意識が戻る瞬間、自分ではないものに体を動かされてるような感覚を覚えた。

とありますが、人間の脳と言うものは、何か不明確な事があると、無意識の内に、いくらでも記憶の捏造をしてしまうものなので、

>なぜ自分は布団から出て立っているのか!?

という疑問を持たれたまま、ご自身が意識のないまま、信じられない行動をとってしまわれた事をお聞きになり、辻褄を合わせるために、(質問者様ご自身ではなく)質問者様の脳の機能が、記憶の捏造をした可能性も排除は出来ないため、意識が戻られる瞬間の記憶に関しては、本物であるか否かを区別する方法は、存在しないと思われます。

 だからといって、ご質問の文章を読んだ限りでは、霊が憑依したのではないと言う証拠もありません。
 夢遊病であると言う確たる証拠もありませんし、さりとて霊を目撃されたわけでもない様ですし、何かいわくのある場所へ行かれたかどうかも定かではない以上、憑依によるものなのか、夢遊病によるものなのかは、判別する術はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
なかなか医学的な考察を交えて回答いただいたので
説得力を感じました。記憶の捏造という点では確かに
明確な部分ではなく自分としても疑わしいところなので
素直に飲み込ませて頂きます。
詳しい検証をして白黒付ける話でもありませんが
ただただ怖かったので冷静に回答いただけると心強い気がします。
有難うございました。

お礼日時:2009/11/24 16:54

無意識の作用でしょう。

意識は自分で自由になりますが、一旦眠ると無意識の状態に人間はなります。

夢はすべて無意識によるもので、夢遊病は無意識が体まで動かすものです。これは疲れが悪夢を呼び、体まで動かしたのでしょう。

このような科学的な説明が理解できない時代は全部幽霊の仕業とされました。

今でも科学を信じられない人が憑依だといってお払いに何万円もかけますが、ナンセンスの一言です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

jinseiwalk様
ご回答いただき有難うございました。
科学で何でも証明されちゃう時代ですもんね。
変な人に騙されてお金を取られないように気をつけます。

お礼日時:2009/11/30 17:52

キリストや釈迦が悟りを開いた時、いずれも断食や禅を組んで心身ともに疲労の極致だったでしょう。


と言う事は、基督教も仏教も幻覚による教え??
モーセの十戒も山に篭って貰ったものですから、コレもまた妄想の産物?

私は高速道路で眠気に勝てず、やっとの事でパーキングに入って寝たところ、中央分離帯に激突する夢を見ました。目を覚ますと目前に駐車場の柵が…夜中に一人で車の中で大騒ぎしてしまいました。
夢遊病の中には夢と行動が伴う場合があります。けっして変なことではありません。
常習的では加療の必要もありますが、一回きりや疲労の溜まった時だけなら、さほど心配はいりません。疲労を酷くしないようにしましょう。

霊を信じるのなら答えはもっと簡単…
常識として、考える事も出来ないほど心身に疲労を重ねた時こそ悟りを得る…僧侶の荒行の原点です。(冒頭の二人も実証済み。)
ところがこの時期には邪念や悪魔も入り込みやすくなります。いわゆる地獄の蓋が開くというヤツ。この状況も冒頭の二人のいきさつに書かれています。
つまり、通りすがりの、或いは地縛霊が入り込んだということです。
通常は問題ないですが、霊の人格が貴方の人格に影響を及ぼす事もあります。
奥さんや周りの人が「最近チョット変わった」ともらしたら要注意。
別にお祓いは最後の手段として、近所の神社に定期的に参拝するように心がけて見ましょう。


どちらの説をとるかは自由です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

michael-m様
この度はアドバイスいただき有難うございました。
現実的・科学的な見解のみを回答していただける方も科学では説明付かないことも否定しないで回答していただける方もいらっしゃいますが、そもそも物的証拠も何も無い話しです。
何を信じるかだということですので、両方をご丁寧に書いていただけるとこちらの考察も膨らみます。
正直今でも事の真相は判りません。
でも周囲から「チョット変わった」と言われたら注意です
なんてのが一番欲しかったアドバイスかもしれませんね。

お礼日時:2009/11/30 18:04

>疲れが溜まって寝ぼけたと言ってしまえば気が楽ですが


>それだと納得できないような気がしています。

「疲れが溜まって寝ぼけた」にしちゃった場合「また同じような状況に陥れば、同じ事を起すかも知れない」と言う、漠然とした不安が残ります。

なので「何かに取り憑かれた」と言う事にして、どこかで「同じ事がもう二度と起こらないように御祓い」してもらいましょう。

その方が「後に不安を残さない」ので良いです。家族にも「もうこれで大丈夫だから」って言えますし。

重要なのは「それが何だったのか?」ではなく「これからどうするのか?どう始末を付けるのか?」です。

貴方が今すべき事は「自分が納得する事」ではなく「家族を安心させる事」です。それが「一家の長」の責任であり義務です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chie65535様
まるで似たような経験をお持ちであるか、または知っているかのような感じが見受けられます。
貴重なご意見有難うございます。

お礼日時:2009/11/30 18:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング