魔術士オーフェンシリーズの中でこれは特に面白かった!という作品を教えて下さい。

A 回答 (5件)

自分は無謀編の最後に書き下ろされている牙の塔時代の話が好きです。


その中でも面白かったのは「リボンと赤いハイヒール」と「天魔の魔女と鋼の後継」です。

はぐれ旅編で面白いと思ったのは1巻です。

この回答への補足

補足質問で申し訳ないのですが・・・、
オーフェンシリーズは全ストーリー通して主要キャラ(オーフェン・クリーオウ・マジク)の入れ替えなどはありますか?
あと、シリーズ通してストーリーが続いているのでしょうか?

補足日時:2003/05/16 09:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
実はまだオーフェンシリーズを読んだことがなくて、どれを読むかで迷っていました。
はぐれ旅編読んでみようと思います!

お礼日時:2003/05/16 09:37

#1です。

ストーリについてですが、はぐれ旅は巻順、無謀編はだいたい出来事順になってます。
プレオーフェン(無謀編各巻の最後、牙の塔時代)→無謀編(トトカンタ市での話)→はぐれ旅(本編)
こういう順序なのではぐれ旅での主要キャラが無謀編にでてきたりします。(マジク、クリーオウなど)
現在発売中の月刊ドラゴンマガジン6月号増刊で無謀編が大復活だそうです。

参考URL:http://www.kadokawa.co.jp/fujimi/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び回答ありがとうございます!
はぐれ旅・無謀編のストーリーの流れが大腿つかめて益々読みたくなってきました。
URLも参考にします!

お礼日時:2003/05/17 06:56

#3の


無謀編 → 短編集
はぐれ旅編 → 連載

は変な言葉でしたね。

無謀編 → 番外編
はぐれ旅編 → 本編

が正しいです。

追加ですが、
はぐれ旅編は次に発売される はぐれ旅編20「我が聖域に開け扉(下)」で完結するようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

また回答してくださってありがとうございます!
tyoufuさんの言うとおり、はぐれ旅を読みつつ無謀編を読んでみたいと思います!
もうすぐ完結なんですね。良かった。追加情報も有り難かったです!

お礼日時:2003/05/17 06:50

オーフェンシリーズ(はぐれ旅編、無謀編)を通して出てくるのは


オーフェン・マジク・ボルカン・ドーチン です。
無謀編ではコンスタンス、キースが主要キャラとして出てきています。

シリーズの話の年代順(?)は
無謀編 → はぐれ旅編
となっていますが、
無謀編とはぐれ旅編では話は続いていません。

無謀編 → 短編集
はぐれ旅編 → 連載

です。

はぐれ旅編は 2部構成となっていて、1部は はぐれ旅編10「我が神に弓ひけ背約者(下)」までです。

自分ははぐれ旅編の第1部を先に読むことをお勧めします。
ただ、はぐれ旅編は話が進む毎にシリアスになっていくので、
ちょっとした息抜きに無謀編を読むのがいいかとも思います。
    • good
    • 0

無謀編はほとんど面白かったですよ。

特にコギーやキースが出てくる話が面白かったです。

この回答への補足

補足質問で申し訳ないのですが・・・、
オーフェンシリーズは全ストーリー通して主要キャラ(オーフェン・クリーオウ・マジク)の入れ替えなどはありますか?
あと、シリーズ通してストーリーが続いているのでしょうか?

補足日時:2003/05/16 09:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
実はまだオーフェンの小説を読んだ事がないので、どの作品を読もうか迷ってました。
無謀編は読んでみようと思います!

お礼日時:2003/05/16 09:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土人というのは死語では?

むかし、ジョニーワイズ・ミューラーのターザン映画の頃は槍を持って探検隊を襲う人々を土人と言ってましたけど、沖縄で言われた人たちは「土人」という言葉をどういう意味にとらえたのでしょうか?

また言った本人はどういう意味で言ったのでしょうか?

今は、土人という差別用語対象の人は存在しませんよね。土人って死語じゃないですか?

Aベストアンサー

土人が死語、というより、土人という言葉に差別的意味があるから使われなくなった、という気がします。
実際、過去にこの言葉を使ってた身としては、土人=現代文明に縁のない人、というイメージがあります。
元々そういう意味があったかどうかまではわかりませんが。それこそ原住民程度の意味だったかも。

Q著者名が作品中の登場人物として出てくる作品

太宰治を読んでいると、作中に三人称の「太宰治」が登場するものがあり、面白いと思いました。
そういえば、有栖川有栖さんの作品にも「有栖川有栖」が登場するのがあります。
 このように著者名が作中に登場し、三人称で語られる形式はいつごろからあるものなのでしょうか?
太宰治より古い作品をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

厳密には設問と違いますが
夏目漱石の「我が輩は猫である」に出てくる飼い主の作家は「送石」先生です。

最近の人ならけっこうたくさんいますよね。

Q土人という発言について

沖縄県の方に対して、土人と言ったことが問題になっていますが、土人ということのどこに差別的な意味があるのでしょうか?
また、土人という言葉自体初めて聞いたのですが、昔などはよく言われていたような言葉なのですか?
調べてみても、土人ということはその土地の人の人などとかで肯定的に思えるのですが…

Aベストアンサー

No.4です。
土人(どじん)は、その土地に土着の人間のこと。

「土人」そのものには、
土の上(地べた)の生活者→未開の生活形態を残す先住民族、
「土着」についてはは、
その地にしがみついている→行動範囲がごく狭い→要は世間知らず、井の中の蛙、
字のごとく「土を着ている」、

こんな解釈が潜在的に有り、軽蔑的感覚が優先してしまいます。

ご参考まで。

Q作品数の多い探偵・刑事もののシリーズ

・浅見光彦シリーズ(内田康夫)
・宮之原警部シリーズ(木谷恭介)
・浦上伸介シリーズ(津村秀介)

あたりが好きでよく読んでいます。

上記のように作品数が50以上ある推理小説・探偵(刑事)小説を教えていただけませんか。

作品数は多くありませんが,池袋ウエストゲートパーク(石田衣良),安積班シリーズ(今野敏)も好きです。

Aベストアンサー

和久峻三先生の名作・赤かぶ検事シリーズは
「疑わしきは罰せよ」が『野生時代』1975年3月号掲載、翌年 角川文庫で出た後、
転勤しながら、各社で刊行、
昨年、発表の「涙は血よりも濃し」光文社文庫 で
178作、101冊目

フランキー堺さんの熱演が懐かしい\(^^;)...

他にも多作はあると思いますが、50冊以上のミステリーシリーズで
私が全部、読んでいるのは、これだけ。

SFなら、グイン・サーガとかペリー・ローダンとかありますが。


※でも、
初期の作品から、定年まで あと数年と言っていたような\(^^;)...
しかも、この作品、第一作のころの相棒の刑事は署長に出世してるし、
息子は、大学行かず旧司法試験で判事補なっているし、
赤かぶ夫妻のみ 年をとらない 不思議な作品( ^^) _旦~~

Q魔術士オーフェンを読んだ方に質問!

魔術士オーフェンシリーズの中でこれは特に面白かった!という作品を教えて下さい。

Aベストアンサー

自分は無謀編の最後に書き下ろされている牙の塔時代の話が好きです。
その中でも面白かったのは「リボンと赤いハイヒール」と「天魔の魔女と鋼の後継」です。

はぐれ旅編で面白いと思ったのは1巻です。

Qシリーズものでオススメの作品を教えてください

こんにちは。
今日、「はまった!」と思ったシリーズものの小説を読み終わり、達成感と読み終わってしまったことの寂しさを感じています……。
そこで、新たにはまりそうな作品を見つけ、この気持ちを晴らそうと思いました。ぜひ、オススメの作品を教えてください!

今日読み終わった小説は高橋克彦さんの「竜の柩」。SFもので、竜・神話・タイムスリップなどのキーワードがある内容です。この話以外も高橋克彦さんものでは「ドールズ」「刻迷宮」にはまりました。どれも4作以上のシリーズもので、男キャラクターに魅力を感じました。
高橋さんのお話はこの3つ以外も読みたいと思っているので、オススメのものがあればこちらも教えていただきたいです。

・小説の傾向
日本の小説・ミステリー・SF・オカルト・伝記・時代もの
基本的に内容よりもキャラクター。出てくるキャラクターの中に好きなキャラクターがいなければ、どんなに評判のいいものでも苦手意識が生まれてしまいます。

・今まで好きになったシリーズ作品とキャラクター
有栖川有栖 「作家アリスシリーズ」(火村)
有川浩 「図書館戦争」(郁・堂上)
宮部みゆき 「初ものがたり」(茂七)
田中芳樹 「薬師寺涼子の怪奇事件簿」(涼子)
小野不由美 「十二国記」(陽子)
京極夏彦 「百鬼夜行シリーズ」(メイン4人)

参考までに上げました。
このラインナップならこれがオススメだよ、私はこのシリーズものが好きだよ、などなんでも良いです。
どうぞよろしくお願いします!

こんにちは。
今日、「はまった!」と思ったシリーズものの小説を読み終わり、達成感と読み終わってしまったことの寂しさを感じています……。
そこで、新たにはまりそうな作品を見つけ、この気持ちを晴らそうと思いました。ぜひ、オススメの作品を教えてください!

今日読み終わった小説は高橋克彦さんの「竜の柩」。SFもので、竜・神話・タイムスリップなどのキーワードがある内容です。この話以外も高橋克彦さんものでは「ドールズ」「刻迷宮」にはまりました。どれも4作以上のシリーズもので、男キャラク...続きを読む

Aベストアンサー

今野敏さんはいかがでしょうか?
「安積班」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4758432252.html
「ST」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062732068.html

あとは、逢坂剛さんの「禿鷹」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167520060.html

そして、高橋克彦さんを読んだことですが、私も大好きです。
キャラがとにかく魅力的ですね。
時代小説もどれもこれも面白いのですが、一番大好きなのは歴史小説の『火怨』です。
でも、『炎立つ』や『天を衝く』『時宗』なども面白いです。

それから、児童書(YA)なんですが、香月日輪さんの『妖怪アパートの幽雅な日常』(全10巻)も素敵キャラ満載です。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062120666.html

Q【政治】で、大阪人から見たら沖縄県民は土人なんですか?シナ人なんですか?どちらなんですか? この際

【政治】で、大阪人から見たら沖縄県民は土人なんですか?シナ人なんですか?どちらなんですか?

この際、沖縄人が土人なのかシナ人なのかはっきりさせてください。

Aベストアンサー

シナ人であり土人。

Qクリスティの作品 この作品のタイトル教えて!

ポアロシリーズだったと思うのですが
最初の方で招待客の1人が毒を盛られて死んでしまうのですが
それは、無差別殺人で誰でも良かったのです。
犯行を解明した後、「そうです、このポアロが死んでしまうかもしれなかったんですよ!」
みたいなポアロの台詞で終わっていたと思うのですが、
この作品のタイトルわかりますか?
できれば、もう一度読みたいと思っていますので
犯人は書かないで教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 作品自体は、No.1とNo.2の方が既にお答えになってるもので間違いないでしょう。現在普通に流通していて入手しやすいのは、No.2の方が挙げておられる創元推理文庫『三幕の悲劇』とハヤカワ文庫『三幕の殺人』です。
 ただしこの両者、実は犯人や終わり方は同じなのですが、途中からの展開・犯人の動機が違うという、驚くべきことになっています。
 何でも、クリスティのこの『三幕~』には、少なくとも三つのプロットがあるらしいです。どうしてこういうことになっているのかは分かりません。
 従って、以前に質問者さんが読まれたものによっては、再読したものとプロットが違ってて妙な違和感を覚えることがあるかもしれませんが、それはこのような事情によるものですので、その場合は別のものを読まれてみるとよろしいと思います。
 参考URLは『三幕の悲劇』と『三幕の殺人』の違いについての質問と回答ですが、ネタバレになっているのでご注意下さい。

参考URL:http://okwave.jp/qa1716193.html

Q白人系の土人または未開人って存在しますか?

白人系の土人または未開人って存在しますか?
黄色と黒色には文明化されたのと未開がいるのはわかりますが白人はいないような?

Aベストアンサー

メキシコのHERMOSILLOからコルテス海岸に移動しながら生活しているコンカック(セリ)人。男の身長は平均で190、女は180センチ以上のノッポ人種で白人系。

1582年にスペイン人征伐が来た際、余りにも高身長で体格のいい集団を発見、それにラテン語と似た単語が多く、怖くなったスペイン人が彼らを皆殺しにしたと記録があります。人食い人種、好戦的で野蛮とかの記録も。
それで、そのセリ人種は絶滅したものと考えられていたんですが、1950年台にどうやらまだいるらしいとの情報が。
1960年台にアメリカの純粋ヒッピー夫妻が商業的になっていくヒッピーを悔やみ、歩いてセり族集落に到着、思想、生活環境に感動したヒッピー夫妻がそこに定住、一人娘(キャッシー)を誕生。その後、夫婦は早死にで、キャッシーはセリ族に引き取られて成長。
1970年台に普通の旅行に退屈した日本人若者が、自分の体力を試すために、不毛の砂漠の道なき奥く深く歩き進んだところで、セリ人とキャッシーに遭遇。その後、この背高ノッポ人種が誰なのか自学で研究。15年後に1582年に絶滅していたコンカック(セリ)族とキャッシーとアメリカ大使館、来たダゴタ大学の共同調査で確認。
キャッシーは今、民族学者と結婚、チレに滞在しています。

このコンカック(セリ)人、1582年からまったく他民族との接触なしの、当時と変わらない生活様式。骨の検査より、一番古いので3700年くらい前。文字はなし、言語はどの流れにも共通性のない祖語(語源)、2000年調査では121人と正式発表確認ですが、推定ですが2000人近い。

今でのそこに到着方法は、4輪駆動で途中まで、そこから2日の歩行のみです。水が少ないので、大量に人が行けば、歓迎などされず、砂漠で死んでくれとなります。当然、電気も水道も井戸もなし、店もなしの自給自足の集落なので、通貨などもありません。

夏場はかなり暑いので、男・女とも裸族、冬場は大量にいるペリカンの羽根と革を利用しての衣類や寝具。男は働きづめで、女は、頬に線を描く化粧と雑談ばかり。すべての決定権は女性だけにありです。

その日本人、私の亭主なんですが、セリ語辞典作ると頑張っています。
これに伴って、メキシコ原住民は、アジアから流れ着いたという常設以外に、ヨローッパ北部からもという考えが出てき始めました。

メキシコのHERMOSILLOからコルテス海岸に移動しながら生活しているコンカック(セリ)人。男の身長は平均で190、女は180センチ以上のノッポ人種で白人系。

1582年にスペイン人征伐が来た際、余りにも高身長で体格のいい集団を発見、それにラテン語と似た単語が多く、怖くなったスペイン人が彼らを皆殺しにしたと記録があります。人食い人種、好戦的で野蛮とかの記録も。
それで、そのセリ人種は絶滅したものと考えられていたんですが、1950年台にどうやらまだいるらしいとの情報が。
1960年台にア...続きを読む

Qアレックス・シアラー作品と似た感動を味わえる作品

アレックス・シアラー作品と似た感動を味わえる作品

「青空のむこう」などアレックス・シアラーさんの作品がとても好きです
勇気や感動を与えてくれ、読んだ後に心温まる感じが何ともいえません

そこで質問なのですが、アレックス・シアラーさん以外の作者で、本を読んだ後このような気持ちになれる作品はありませんか?

Aベストアンサー

ルイス・サッカー『穴』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062755874.html

カール・ハイアセン『HOOT』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4652077270.html

金城一紀『レヴォリューションNo.3』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4043852029.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報